閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

メンズコート特集!人気ブランドおすすめ商品~注目コーデ紹介!

本命コートを決める前に!! コートのジャンル分けリスト

$(“”128071″”).click( (null, $(‘#headline128071’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128071″”)

今年の冬はコートが欲しいと言っても実際どんなコートが欲しいの?といったことに毎日毎晩壱年中なりませんか。ショップやwebでチェックする前にコートの種類さえ分かればすぐ見つけられますね。
ほんでトレンドの冬コートの種類を簡単に解説していきます。

チェスターフィールドコート

$(“”128171″”).click( (null, $(‘#headline128171’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128171″”)

今年の冬コートで一番人気はチェスターコートではおませんでしょうか。イギリスのチェスターフィールド伯爵が最初に着たとされるオーバーコートで最もフォーマルなコートとされています。ウェストが絞られたスリムなシルエットに本格的なディテール。ほんで幅広く使える使いやすさが特徴だ。

トレンチコート

$(“”128191″”).click( (null, $(‘#headline128191’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128191″”)

イギリス軍用コートとして着用した防水コートが始まりで第一次世界大戦での普及によって広まったトレンチコート。軍用コートやったものがきれい目なファッションによく使われるようになったのはその後幾多のムービースターによってハードボイルドな印象が高まったからではおませんでしょうか。

両肩についたエポレットや暴風雨用のあて布がついたストーム・トラップなどミリタリーなディテールが詰まった一着は男らしくシックに着こなすのがポイントだ。

モッズコート

$(“”128214″”).click( (null, $(‘#headline128214’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128214″”)

アメリカ軍の防寒衣料として製作された軍用アウターであるM-51が1960年代のイギリスのモッズ達に愛用されたことでモッズコートいう名前が定着しました。コットンとナイロンが混合された生地で今のような防寒性がなかったとか…
今は裏地にボアがついたり厚手の生地になっているものが多くストリートアウターの定番となっています。このあたりの定番アウターはいくつになっても手放せへんもので必ず買ってしまうのではおませんでしょうか。

ステンカラーコート

$(“”128256″”).click( (null, $(‘#headline128256’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128256″”)

ステンカラーコートちうのは大日本帝国だけの呼称で正式にはバルマカーン・コートと呼ばれることもあります。後ろの襟が高く、前の開き止まりを低くラグランスリーブなのが特徴で、男性のビジネスコートによく見られます。

フォーマルなコートのためカジュアルファッションには使いにくいと思いがちですが、意外にカジュアルにも着こなすことができて丈感も絶妙やので普段のコーディネートにサラッと取り入れられるコートだ。

ダッフルコート

$(“”128272″”).click( (null, $(‘#headline128272’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128272″”)

もとは北欧の漁民が着とったものを、第二次世界大戦でイギリス軍が採用し、そこから一般化されました。可愛い印象が強いダッフルコートですがミリタリーコートが元祖ちうトコロが驚きました!!

ダッフルは起毛した厚手のウール素材のことでベルギーのアントワープの地名に由来します。この素材を使ったフード付きのショートコートはトグル(留め木)・ボタンを細いロープにかけるのが本来のスタイルだ。

Pコート

$(“”128353″”).click( (null, $(‘#headline128353’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128353″”)

イギリス海軍の鑑上用コートとして着用しとったピーコートは一般化されてからは定番アウターの一つだ。このダブルブレストのショートコートは大きなカラーと手を暖めるマフポケット、錨をあしらった大きなボタンが特徴だ。
ニットやシャツの上から羽織ったトラッドな着こなしによく使われることがあり、ここ最近ミリタリーがトレンドになっていることもあるのでモダンで洗練度の高いミリタリースタイルなんかがオススメだ。

各ブランドコート アイテムカタログ

$(“”128709″”).click( (null, $(‘#headline128709’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128709″”)

MACKINTOSH PHILOSOPHY
ダイレクトボンディング バルマカーンロングコート
¥77,760

ステンカラーコートといえばマッキントッシュを思いだすほどブランド自身も中核を担うコートだ。Aラインシルエットと無駄を省いたシンプルなデザインはハイエンドなコートの中でもビジネスからタウンユースまでシーンを選ばないコートだ。

定番の形ではありますが、高級感のある素材や腕や首周りに位置するディテールがアクセントとなり本物志向の人々に愛され続ける同ブランドからすればつけすぎなぐらいかもしれません。

購入はこちら

LANVIN en Bleu
ポリエステル ツイル ライナー付コート
¥68,040

ポリエステルツイル素材によって適度なハリ感とストレッチを持たせたコートだ。素材の特徴から光沢感もあるのでコートとしては十分なほどの存在感があります。裏地はライナーがついているため取り外し可能で冬だけでなくライナーを外して春まで使えるのではおませんでしょうか。

ベージュのコートや素材によっては安っぽく見えるものもあり着用者も多いのでよりちびっとでも上質な素材のものを着用してほしいやね。

購入はこちら

ベーシックなチェスターコートの形ですがクラシックなディテールにモダンなテイストが加わったラグジュアリーなコート。

カルヴェンが打ち出すエレガントなシック・パリジャンスタイルを素直に表現したスタイルはファンのみならずあらゆるファッショニスタから受け入れられるはずだ。このコートならシンプルなコーディネートに合わせてもその上から羽織るだけで存在感を発揮することができるでしょう。

購入はこちら

切りっぱなしの裾、両脇と左翼翼胸につけられたポケット、前の開き具合など遊び心がつまったおもちゃ箱のようなUNDERCOVERとは思えないようなコートはコットンとポリエステルを混合させた軽さも追求されています。
襟部分の切り替えに使われているベルベットが全体の引き締め役となっているのがポイントで内側にもポケットがついており収納も十分で手ぶらで外出できる機能性も備わっています。

購入はこちら

LOVELESS MENS
ベージュギャバジントレンチコート
¥84,240

完璧なシルエットやディテールはミリタリー特有のハードボイルドな印象を深く残しています。ギャバジン素材で撥水加工もしっかり施されたコートは雨風凌げて冬の強い味方になってくれること間違おらへん一着。スーツスタイルなどフォーマルなスタイルからデニムにボタンダウンシャツのきれい目カジュアルなスタイルまでシックにキメてくれるコートは数多くある中でもそないなに存在しません。

購入はこちら

ネイビーで覆われたボディの中に白が際立つトルグが目を引きます。カジュアルの代表的コートであるダッフルコートは首周りのボリューム感が懸念されますが目立つほどでもなくスッキリしています。ボックスシルエットのような四角いシルエットになっているのでレイヤードして着込んでも窮屈にならず風邪を遮ってくれるでしょう。

購入はこちら

ANREALAGE
LIGHT FADE OUT DOUBLE COAT -MENS-
¥95,040

毎回コレクションでファッショニスタを驚かせるアンリアレイジは冬のアウターにピーコートを選択。厚みがありながら柔らかみのあるウールを使用したあたりは元軍用コートの厳格さから力が抜けたような感じがします。
ディテールも面白くライトを当てた部分にだけディテールが現れるちう仕掛けはアンリアレイジらしいトコだ。

購入はこちら

見た目から中綿パンパン度合いが分かるウチは暖かさは言うまでもおません。モッズコートよりもダウンジャケットに近い部分を感じますが、毎日使えるようにするためでしょう。最近は昔のM-51のようなモッズコートも見られなくなり無骨なものが増えてきている気がしますが、アウターとしての役割は十分に果たせます。

購入はこちら

2015A/W Collection注目ブランドのコートスタイル

$(“”128708″”).click( (null, $(‘#headline128708’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128708″”)

今年行われたパリコレクション2015-16A/W。今年の冬のファッションを決定づける上で各ブランドはどのようなコートスタイルを提案してきたさかいしょうか。筆者注目のコートスタイルを早速紹介していきます!!

ダウン主義のMONCLERがきれい目コートスタイルを提案

$(“”134378″”).click( (null, $(‘#headline134378’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134378″”)

MONCLERといえばダウンジャケットのイメージが強いと思うのですけどアンタ、今季はコートを中心としたタウンユースなスタイルが提案されています。実用性を重視したダウンジャケットとは打って変わり黒をベースとした落ち着いたロングコートはインナーにカットソーやニットなどシンプルなものを合わせるのがベスト。決めすぎんと程よい力の抜け加減が都会的な着こなしに仕上げてくれます。

全体的にゆとりのあるボックスシルエットに袖のロゴがポイントになっています。トレンドの襟高めのニットを合わせても良いやし、ボトムはスラックスからデニムまでオールマイティに合わせれる点は冬の本命コートとして使うのに嬉しいポイントだ。
カジュアルをメインとするモンクレールやからこそキャップやニットなどのアイテムとどうきれいに着こなすかが提案できるのだと思います。

旬のミリタリーを同系色で合わせるのがファッショニスタ JUUN.J

$(“”134412″”).click( (null, $(‘#headline134412’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134412″”)

韓国が生んだファッションブランドJUUN.Jが提案するのは旬のミリタリー。N-3Bアウターに合わせたのは同系色のジャケットにスポーティーなパンツでミリタリーに様々な要素をMIXしているのが分かります。アウターからボトムまでカーキで統一しているのでミリタリーアウターの男臭い感じはまるっきしなくして洗練された状態になっているのはミリタリーが流行っている今季に真似しやすいスタイルではおませんでしょうか。

これからますます活躍するMA-1やモッズコートをストリートに着こなすのではなく、同じカーキのシャツにベストの組み合わせに羽織ってみたりスウェットパンツやトラックパンツなどを合わせてみたりしても良いやね。
あくまで色だけ統一して後は自由に合わせてみるだけでも普段せん着こなしから新しいものが発見できるかもしれません。ぜひ”旬”な今のうちに挑戦してみてはいかがでしょうか。

BALENCIAGAは素材で見せる同系色で登場

$(“”134501″”).click( (null, $(‘#headline134501’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134501″”)

JUUN.Jがテイスト違いで見せる同系色スタイルならBALENCIAGAは素材の違いによって同じ色味でも違う雰囲気に見せるスタイルを提案しています。ブルー系のスラックスに合わせたナイロン素材のコートとレザーのブーツ。シャイニーな質感が見せるナイロンコートはレインコートとまた違って高級感と躍動感に溢れています。

独特なウールとファーを合わせたコートは重厚感のあるシックな着こなしをラグジュアリーな雰囲気に完成させています。黒やグレーなどダークトーンの洋服でも素材一つ変えるだけでコーディネートの雰囲気まで変えることができるのは幅のある着こなしと言えるのではおませんかと思います。
普段のコーディネートは青を着ることが多いけど同じ青でもデニムを合わせてみることや全身レザーにして靴だけキャンバス地にしてみると長年着ている服でも同じ服に見えないかもしれませんね。

コートスタイルに動きをつけたAcne Studios

$(“”134524″”).click( (null, $(‘#headline134524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134524″”)

コートスタイルの中でも一番ポップと言えたのがAcne Studiosではおませんかと思います。コートならではのフォーマルな雰囲気を根底から覆したようなスタイルは男らしさから随分と離れたフェミニンなスタイルだ。
多くの要素がミックスして作られたスタイルは[Acne Studios」ちうジャンルにしか当てはまりません。コートにハーフパンツを合わせたスタイルはコーディネートが似たり寄ったりになる冬に周りと差をつけられるのではおませんでしょうか。

色・アイテム・テイストなどみながバラバラのものからコラージュされたかのようなスタイルはジェンダーレスと呼ぶにふさわしいスタイルだ。男女の境界線がなくなりつつある現在のファッションシーンでは男性が女性のアイテムを取り入れても問題なく着こなしていけるようになりよっました。
コートもまた同じでマスキュリンな雰囲気だけではなくちびっと柔らかい印象にすることもできるのでサラッと合わせたレディースアイテムが意外にハマることもあるかもしれません。

これらはあくまでもコレクションのスタイルにすぎないのでここからオノレなりのコーディネートに落とし込んでいただければと思います。

Now!!なコートの選び方

$(“”134689″”).click( (null, $(‘#headline134689’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134689″”)

袖は細めでゆったりしたものが◯

$(“”134753″”).click( (null, $(‘#headline134753’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134753″”)

コートの種類にもよりますが袖はゆとりがあって通しやすいものを選ぶのが良いでしょう。現在のコートはゆったりしたサイズ感ながら美しいシルエットがだせるものが多くありますので体のラインをきれいに見せることができます。
オノレの腕よりもちびっと大きいもので袖丈はちびっと短いぐらいがだらしなく見えんとちょうど良いコートと言えます。

一番気になる丈は膝ぐらいが今季流

$(“”134790″”).click( (null, $(‘#headline134790’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134790″”)

コートを買う時に一番気になるのが丈感。オノレの身長や足の長さなど気になるトコを補ってくれるオノレに合った丈感のコートが良いやね。今冬は膝丈のコートがトレンドだと言われています。
毎年トレンドと言われておるけどダンはん今年は特に注目で各ショップでも取り扱うコートの中で一番多い種類ではおませんかと思います。背伸びしすぎずありのまんまの姿で着れる丈でカバーして欲しいトコもカバーしてくれるので重宝すること間違いなしや!!

必見!!コートの着こなしはストリートに溢れている

$(“”134850″”).click( (null, $(‘#headline134850’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134850″”)

冬に向けてコートの着こなしはどんなのがあるのですろかと思い雑誌やネットで色々とリサーチしているそこのあんはん!!お手本になる着こなしは見つかりましたか?雑誌やネットよりもコストがかからんと勉強できる方法は街に繰り出すことや!!ストリートには様々なコートの着こなしが溢れています。

インテリジェンスであり可愛らしい雰囲気を持つ男性

$(“”134915″”).click( (null, $(‘#headline134915’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134915″”)

ベージュ・カーキ・グレイの3色だけでまとめたウチはダッフルコートのボリュームに合わせてパンツの裾をソックスにインしてブーツまでをすっきりとさせています。ダッフルコートが持つ可愛らしさと足元の無骨な男らしさのバランスが絶妙でなんとも言えない雰囲気はオノレに合った一着を知っておるからこそできる着こなし。

大人が着るチェックはなんでやねんこないなにもカッコイイのか

$(“”134918″”).click( (null, $(‘#headline134918’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134918″”)

グリーンのチェック柄コートを中心にきれいに合わせたコーディネートはサングラスが良いアクセントになっています。
シャツにセーターを着てスラックスを合わせてその上からコートを羽織った真面目なコーディネートですがサングラスをかけることによってその真面目さから一気に大人の渋さへと変わっています。

年齢を重ねるにつれてどんどんこのようなファッションができるようになる大人はいくつになってもカッコイイものです。

差し色の赤が全身の黒から映えてくる

$(“”134926″”).click( (null, $(‘#headline134926’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134926″”)

黒で統一された全身にのせるようにかぶったニットキャップがアクセントになっていて、足元のスニーカーでカジュアルダウンさせたスタイルは全身黒に挑戦したいけど挑戦できない人にはぴったりだ。

おしゃれな人がする全身黒のスタイルは難しさもありますがやってみるとすぐ免疫がつき次する時には何の抵抗もなくなっているほど楽しいものへと変わります!!一歩踏み出せへん方は明日すぐやってみることをオススメします。

明日から真似できるコート別スタイルA/W

$(“”162345″”).click( (null, $(‘#headline162345’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162345″”)

1番人気のチェスターコートは洗練度の高いコーディネートで

$(“”162424″”).click( (null, $(‘#headline162424’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162424″”)

着回しの幅広さが購買意欲をそそるチェスターコートは上下モノトーンにまとめたコーディネートに合わせて洗練されたスタイルにするのが今シーズンの流れ。上質なキャメルのコートは紳士たるエレガンスがアドバンテージなコートでシンプルなスタイルにもハマる一品だ。ややこしいことを考えんと着れるキャメルのチェスターコートはコートをこれから買い始める季節に一枚は買っておきたいコートだ。

カジュアルに着こなすならダークトーンでユニークに

$(“”162576″”).click( (null, $(‘#headline162576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162576″”)

きれい目なアイテムを合わせがちなチェスターコートもカジュアルなアウタースタイルでストリート感のあるスタイリングでユニークにすることもできます。
同系色のアイテムでまとめたパーカーとデニムが程よくカジュアルダウンさせています。しかし、そのまんまカジュアルダウンさせたまんまちうのもナンセンスやのでパーカーのインナーに合わせたシャツやハンチングをかぶって上品な部分も残してチェスターコートを引き立たせています。

クラシックな印象のステンカラーは肩肘張りませんスタイルが◯

$(“”162639″”).click( (null, $(‘#headline162639’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162639″”)

黒のワントーンにブラウンの小物がアクセントになっているクラシックなコーディネートはあえてシックに仕上げることで大人な着こなしになっています。
ボックスシルエットのコートの前をみな閉めてシルエットをふんだんに使うことでボトムに向かってスッキリとした品のある都会的なスタイルにハットのこなれ感で張り切りすぎないあたりが魅力的だ。
今シーズン買うとしたらまず使いやすい黒のコートが思い浮かぶと思いますがシルエットに用心して選ぶことがオススメだ。

トレンド感を意識したMIXスタイルはスタイルを作る上でマストなワードの一つ!!

$(“”162687″”).click( (null, $(‘#headline162687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162687″”)

今年トレンドのスポーツMIXなスタイルはコートスタイルにも取り入れられるコーディネートや!!コートとジャージーパンツを組み合わせたエッジの効いたストリートな着こなしはツボな人も多いはず。
足元のスニーカーは全体と馴染ませる色味で主張しすぎない程度に。
フォーマルなステンカラーコートはどうしてもきれい目なコーディネートにしてしまおるけどダンはん、このように異なるテイストのアイテムとコーディネートしてもフォーマルな印象が残るので新鮮なスタイルに挑戦するのも良いやね。

トレンチコートは原点回帰でトラッドに着こなす

$(“”162965″”).click( (null, $(‘#headline162965’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162965″”)

流行りのミリタリーからトレンチコートはブリティッシュトラッドを純粋に受けたスタイルが主流だ。
ここ数年は男らしいシックな着こなしが目立っていましたが、細身のパンツに白シャツ、フーディーにトレンチコートを羽織ってハットでこなれた印象を作ったロンドンの雰囲気をふんだんに含ませたコーディネートを「原点回帰」と表現したいと思います。
足元に履いているブーツは定番としてドクターマーチンなんかを履いてロンドンボーイらしくするのが良いでしょう。

フォーマルなスタイルは柄で遊び心を加える

$(“”162985″”).click( (null, $(‘#headline162985’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162985″”)

渋いフォーマルなスタイルは各アイテムの柄がアクセントになり遊び心も感じ取れます。
チャコールグレーのトレンチコートに合わせたのはタータンチェックとフェアアイル柄で落ち着いた色味のスラックスとニット。インナーに着たブルーのシャツが暗くなりすぎたコーディネートに明るさを加えています。
パンツの丈がクロップド丈になっているのが今年っぽく今年スラックスを買うなら足首よりもちびっと上でダブルのものを選ぶのがメジャーな選び方でしょう。

定番のダッフルは合わせるアイテムに大人らしさを

$(“”165341″”).click( (null, $(‘#headline165341’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165341″”)

カジュアルコートの定番であるダッフルコートは、スウェット・ニットにデニムなど想定内の組み合わせでは今季はちびっと物足りなさを感じます。
ニットはベージュやアイボリー・ダークグレーなどの色味でちびっと複雑な柄にしてみたり、ボトムも光沢感のありウエストがゴムで楽に穿けるイージースラックスやジョガーパンツ・デニムがプリントされたパンツにドレスシューズを合わせてみたりするなどアイテム選びに大人の余裕が欲しいトコだ。

ストリート派のあんはんは一風変わったデニムダッフルがおすすめ

$(“”165347″”).click( (null, $(‘#headline165347’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165347″”)

カジュアルでもフォーマルでもないストリートファッションをこの上なく愛している方には「ケミカルウォッシュでややオーバーサイズなダッフルコート」といった変則的なアイテムはいかがでしょうか。
使い込んだユーズド加工のようなコートはスキニーパンツとスニーカーでシンプルにまとめるぐらいがベスト!!ソックスでちびっと遊ぶだけで個性的かつストリートなコーディネートが出来上がります!!

”デニムのダッフルコート”てだけでも周りとかぶりませんあたりが洋服好きには好感触なキーワードではおませんでしょうか。

クラシカルなムートンコートは旬なアイテムと組み合わせてコーディネート

$(“”165398″”).click( (null, $(‘#headline165398’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165398″”)

チェスターコートやステンカラーコートなど毎年冬になると出てくるコートですが、このどちらでもないコートで今季注目されているのがムートンコートだ。
裏ボア付きで暖かいコートはボリュームがあり1960年代のようなクラシカルな雰囲気が特徴。
そないなムートンコートは流行りのタートルネックとデニムワイドパンツの旬なアイテムとの組み合わせで雰囲気のあるコーディネートにするのが良いでしょう。
全体にゆるいサイジングですがシンプルなアイテムでコーディネートされているので野暮ったくならへんトコは嬉しいポイント。

モノトーンコーデに羽織った純粋なクラシックコーデ

$(“”165438″”).click( (null, $(‘#headline165438’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165438″”)

ノーカラーの白シャツが大人の色気を演出したコーディネートはストライプスラックスと合わせて上品なコーディネートに。襟部分がボアの切り替えになっていシャープなシルエットのムートンコートは羽織るだけで様になるコート。

英国紳士がちょっと外出するときに着て行くようなコーディネートはハットをさらっとかぶることでこなれ感を、ノーカラーのシャツで抜け感が演出された程よく力が抜けた着こなしになっています。

ミリタリーテイストなロングコートはモダンに着こなすとキマる

$(“”165513″”).click( (null, $(‘#headline165513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165513″”)

MA-1のディテールを含んだロングコートはシンプルでモダンな着こなしがベストチョイス!!
男らしいカジュアルファッションやMA-1を使ったコーディネートによく見られるストリートファッションよりもスタイリッシュなコーディネートになります。
今年は今までコートの種類で見られなかったMA-1タイプのロングコートが多く展開されておるけどダンはん、襟部分がない分首元からタートルネックなどをのぞかせることが出来るのでコーディネートにも幅が広がったさかいはないかと思います。ニットからシャツまで何でも合わせられるMA-1コートは今年の冬注目や!!

MA-1コートと同じノーカラーのコートは重宝されること間違い無し

$(“”165711″”).click( (null, $(‘#headline165711’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165711″”)

冬場になると毎日毎晩壱年中困るのはコートが主役のコーディネートになってしまうことってへんでしょうか。
その結果同じようなコーディネートになるのは嫌やからコートばかり買い足してしまい出費が多くなり財布はからっぽに。
そないな冬服ならではの悩みもノーカラーのコートなら解決してくれそうや!!襟がない分どんなスタイルにも自然に馴染んでくれますし、何ならコートのインナーとしてノーカラーのコートを使っても良いやね。外着にも中着にも両方使える有能な面を持ったコートはこの冬場のファッション事情を救ってくれる救世主になるかもしれません!!

イギリス発の「All Saints」が来年大日本帝国上陸!!

$(“”165807″”).click( (null, $(‘#headline165807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165807″”)

ここまでこの冬に備えたコート情報をご紹介してきましたが、冬のコートでは主要となったチェスターコートやトレンチコートなどを生んだイギリスのブランド「All Saints」が来年大日本帝国に初上陸します。これまでマッキントッシュやバーバリーなどコートのブランドとして名を馳せておるけどダンはん次に注目するべきブランドはAll Saintsでしょう。

All Saints(オールセインツ)

$(“”165811″”).click( (null, $(‘#headline165811’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165811″”)

1994年にハロッズやハーヴェイ・ニコルズなどで経験を積んだスチュワート・トレヴァーが設立したイギリスのプレミアムカジュアルブランド。商品・内装・音楽・ウェブサイトなど社内のあらゆるものを自社でコントロールしています。レザー素材を核としてコレクションを中心としたアウターやバイカージャケット、ニットやカットソーなどブリティッシュなものづくりを大切にしながら製造された商品はヒット商品になっています。

店舗デザインも独特なものになっており、アンティークミシンを多く並べたファーサイドや錆びた鉄やコンクリート・レンガなどを使って雰囲気のあるものになっています。アジアでは韓国・台湾に続き3番目の出店。イギリス・アメリカ・カナダなどで高い評価を得ているブランドが満を持して大日本帝国に登場や!!

商品構成としてはメンズ・レディース50:50の内容で元々はメンズラインからスタートし、その後レディースラインを開始するといったトコだ。上質な素材をミリタリーや80年代風に加工しているものが多くシンプルやけどエッジの効いた商品が展開されています。そのデザイン性の高さとコンセプトの強さはコレクションブランドにも引けを取りませんほどしっかりと確立され、ファッション感度の高い大日本帝国人にも伝わることでしょう。

価格帯としてはアウターが¥40000~80000代。カットソーが¥20000代。パンツが¥30000代とハイブランドと同じぐらいの価格帯となっています。世界各国のブランドが集中し、ファストファッションも充実している大日本帝国でどこまで飛躍できるかが楽しみだ。

ケツまでご覧いただきありがとうございました。冬はもうすぐそこまでやってきています!!コートをまだ買っておらへん方ももう買われた方も今からトレンド情報をキャッチしておき2015A/Wファッションシーンに乗り遅れへんようにしましょう!!

*本記事に記載されている商品価格は2015年11月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 退職前にあんさんがやるべきこと5選

  2. 慰謝料の相場って?浮気の場合はズバリ「約100〜300万円」!?…

  3. 【赤い秒針がトレードマーク】モンディーンの人気おすすめモデル一挙…

  4. 筋トレに縄跳びを入れると効果的!その方法と回数は!

  5. 今季一押し!メンズヘアスタイル・マッシュパーマヘアカタログ18選…

  6. 【3分で分かる結納品の選び方】結婚に必要な基礎知識まとめ完全版

  7. 【最新】メンズビーチサンダル人気ブランドTOP10|夏までにこれ…

  8. 【目からウロコ】手取り13万円で「貯金」ができるハッピーな人!

  9. メンズの髪型、ツーブロックショートをカッコよく決めるには?ヘアカ…

  10. 【落ち着いた雰囲気】北浜カフェ20選があれば女性にデキる男と思わ…

  11. 「骨の髄まで愛してる♥」。女性に超絶愛される丸秘テク公開!

  12. 女子が選ぶ人気「ストリートファッション」6つの基本ブランド

ページ上部へ戻る