閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

メンズヘアカラーをする最適なペースとは?根元をリタッチする活用術

【実際に美容室でヘアカラーする場合】最適なペースとは?

$(“”801650″”).click( (null, $(‘#headline801650’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801650″”)

【美容院】髪色をきれいに保つための頻度

$(“”801654″”).click( (null, $(‘#headline801654’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801654″”)

髪が伸びるにしたがって、ヘアカラーの色を保てなくなってきます。
その対策として、定期的に髪を染めることによって髪色をきれいに保つことができます。
個人差はありますが、約2~3か月に1回程度染めることが髪へのダメージと髪色のキープ加減のバランスがとれているようだ。

美容院で染めるメリット

$(“”801655″”).click( (null, $(‘#headline801655’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801655″”)

髪を染める方法は大きく分けて2つあります。
美容院でプロに染めてもらう方法と、自宅でセルフカラーをする方法だ。
美容院で染める場合は以下の3つのメリットがあります。

1. オノレの髪にあった色を染められる

$(“”801680″”).click( (null, $(‘#headline801680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801680″”)

美容院ではプロがその人にあった髪色を提案してくれ、ほぼその通りに髪を染めてくれます。
そのため、ヘアカラーでシッパイすることがあまりおません。

2. オノレの希望通りに髪を染められる

$(“”801681″”).click( (null, $(‘#headline801681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801681″”)

セルフカラーでは、中々オノレが思い描いとったように染めることができません。
しかし、プロの高い技術でそれが再現でき、気に入らなかった場合はもっかい髪を染めてもらうことができることもあります。

3. 髪を染めた後のヘアケアでダメージを軽減

$(“”801683″”).click( (null, $(‘#headline801683’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801683″”)

ヘアカラー後の髪へのダメージを専用トリートメントなどで軽減してもらうことができます。
そのため、セルフカラー後ではオノレでは中々対応できない部分までのケアが実現します。

大体の価格帯

$(“”801656″”).click( (null, $(‘#headline801656’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801656″”)

地域にもよりますが、安いトコで2,500円から髪を染めることができ、高いトコでもメンズでは20,000円以内が相場になります。
セルフカラーに比べるとどうしても高くなってしまおるけどダンはん、それに見合った効果は得られると思います。

【自宅で行ったヘアカラーする場合】最適なペースとは?

$(“”801651″”).click( (null, $(‘#headline801651’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801651″”)

【セルフカラー】髪色をきれいに保つための頻度

$(“”801713″”).click( (null, $(‘#headline801713’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801713″”)

セルフカラーは美容院で行うヘアカラーに比べてカラーの持続時間が短く、髪色のバランスが早めに崩れてしまう傾向にあります。
そのため、髪色をきれいに保つためには美容院より短い頻度である、約1.5~2.5か月程度で染めるのが望ましいだ。

セルフカラーで染めるメリット

$(“”801715″”).click( (null, $(‘#headline801715’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801715″”)

1. 価格が安く、お手軽

$(“”801722″”).click( (null, $(‘#headline801722’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801722″”)

何と言っても、セルフカラーのメリットにはその価格の安さが挙げられます。
安いと、500円ぐらいから髪を染めることができ、この価格は美容院で行う場合にはほぼありえません。
その安さとお手軽さはすごい大きなメリットと言えます。

2. 自宅で気軽に髪を染められる

$(“”801723″”).click( (null, $(‘#headline801723’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801723″”)

美容院が苦手ちう方や、どの美容院であればキレイに染められるかなど調べるのが難儀な方には大きなメリットだ。
落ち着いた雰囲気で、オノレの手でヘアカラーを安心して行うことができます。

3. カラー剤によって豊富な髪色を手にいれることができる

$(“”801725″”).click( (null, $(‘#headline801725’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801725″”)

髪色を奇抜な色にしたいちう方は、美容院で行う際のラインナップにそのカラーがない場合があるので、セルフカラーがオススメだ。
また、カラーの組み合わせを行う人は美容院によってはですかりお金がかかる場合があり、セルフで行う楽しみも味わうことができます。

大体の価格帯とオススメアイテム

$(“”801716″”).click( (null, $(‘#headline801716’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801716″”)

商品の種類にもよりますが、大体の価格帯としては500円から2,000円程度になります。
美容院の下限が2,500円くらいやので、それよりも遥かに安くヘアカラーを行うことができます。
以下にセルフカラーのオススメアイテムをご紹介します。

リーゼプリティア メンズ泡カラーシリーズ

$(“”801742″”).click( (null, $(‘#headline801742’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801742″”)

価格:564円

ヘアカラー特有の強い匂いを抑えることで、カラー中の不快感を抑えた商品だ。
泡タイプやので、セルフカラー特有の髪の染まりムラが少なく仕上げることができます。

GATSBY ナチュラルブリーチカラーシリーズ

$(“”801747″”).click( (null, $(‘#headline801747’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801747″”)

価格:511円

普通のヘアカラーで染まりにくい方には、このGATSBYブリーチカラーがオススメだ。
裏面に元の髪色とその仕上がりが記入されていて、ほぼその通りに染めることが出来るので高い人気を誇るアイテムだ。

ホーユー レクシィ ホイップヘアカラーシリーズ

$(“”801753″”).click( (null, $(‘#headline801753’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801753″”)

価格:528円

このアイテムは男性向けヘアカラーリング向けのブランドの商品で、明るさやカラーのバリエーションが多く取り揃えられています。
泡をもみ込むタイプやので、スピーディにムラなく仕上がることが人気の商品だ。

根元をリタッチする活用術|そもそもリタッチとは?

$(“”801652″”).click( (null, $(‘#headline801652’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801652″”)

リタッチとは?

$(“”801762″”).click( (null, $(‘#headline801762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801762″”)

リタッチとは、髪を染めた後に伸びてしもた髪の部分をもっかい染め直すことを言います。
主なメリットは以下の2つがあります。

1. 髪の根元のみ染めるので、全体への髪のダメージが少ないちうわけだ。
2. 安く、速く染めることができる。

リタッチと全体染めの使い分け

$(“”801763″”).click( (null, $(‘#headline801763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801763″”)

リタッチは基本的に全体染めの後、髪の根元のカラーが気になってきたころに行うのが正しいだ。
やので、最初に全体染めを行い、その後1か月以降で伸びた部分のみをリタッチで染めるちうサイクルを繰り返していくと、髪へのダメージを抑えつつお財布にも優しいカラー方法になります。

終わりに

$(“”801653″”).click( (null, $(‘#headline801653’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”801653″”)

ヘアカラーはオシャレなMr.JOOYの皆はんに欠かすことが出来ない一方、髪へのダメージを気にすると中々頻繁には行えません。
しかし、正しい知識を身につけて、しっかりと時間を空けて正しい方法で行うことで、オシャレを楽しむ方法の1つになります。
是非、記事の内容をご参考に充実したオシャレライフを楽しんでください!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 大人グローブがワンランク上の雰囲気へ導く!気になるブランド厳選!…

  2. バッグの種類別!クラッチ、トート、リュックのおすすめブランド4選…

  3. 【納豆チャーハンの美味すぎる作り方&アレンジレシピ特集】必要素材…

  4. 新素材を生かした抜群の機能性が話題の「mont-bell」モンベ…

  5. ハズレ無しの【ウエストバッグ】ブランドを大調査|シーン別 ”即買…

  6. お口のエチケット!人気マウスウォッシュまとめ

  7. テンガロンハットとは?秋冬おすすめアイテム&人気コーデ紹…

  8. 飯田市の観光を10倍楽しむ!絶対外せないスポット15選♪

  9. イイ男は尽くされる?"尽くす女"に愛される男…

  10. 【モンスター社員に困ってる人へ】オノレが200%楽になる取扱マニ…

  11. ミディアム×パーマのおしゃれメンズヘアカタログ【20代〜30代男…

  12. 【プロポーズ大作戦】一生にいっぺん!成功のために欠かせない指輪選…

ページ上部へ戻る