閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

モラハラ職場対策|個人でできる対応&弁護士への相談方法を提案します

もしかして、これってモラハラ?

$(“”393185″”).click( (null, $(‘#headline393185’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393185″”)

簡易セルフチェックシート

$(“”393186″”).click( (null, $(‘#headline393186’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393186″”)

まずはこちらのチェックシートからどうもしも、ひとつでもチェックがついたなら、それは『モラル・ハラスメント』をあんはんが受けている可能性があると言えます。

□シカトされたり、その場におらへんような扱いを受け、同僚内から孤立させられる
□悪口や陰口、ほんで罵声を浴びせたり、過剰な叱責を受ける
□胸ぐらをつかむなど問題になりにくい程度の暴力を振るわれる
□仕事そのものです仕事に必要な情報を与えてもらえない
□シッパイの責任をなすりつけられたり、どんな仕事をしてもケチをつけられ馬鹿にされる
□ウチ生活にまで何ぞと文句をつけられる

それは人権侵害や!辛いなら我慢する必要なし!

$(“”393188″”).click( (null, $(‘#headline393188’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393188″”)

モラル・ハラスメント。なんちうかようみなはんいわはるとこのモラハラは精神的DVだ。もしも、あんはんが今職場で不当な扱いを受けていて、それで辛い思いをしているなら我慢をする必要はどこにもおません!このような行為は人権侵害であり、きちんと会社に直すよう対応してもらわなくてはいけへんこと。ほんで、それができないなら退職を考えることも必要だ。

モラハラを受けた人はくり返し罵倒され、存在を否定されちうことをくり返され、次第にオノレに自信を失くし、「こないな風に言われるのはオノレが悪いせいなんだ」とモラハラを受け入れてしまいがちなのが恐いトコ……。まずはあんはんがそのような状態になってはおらへんかを次にお話するよくあるモラハラ事例を通すことで客観的に職場を見つめてください。

実際によくあるモラハラ事例・5選

$(“”393190″”).click( (null, $(‘#headline393190’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393190″”)

①暴力を振るわれたり、脅される

$(“”393236″”).click( (null, $(‘#headline393236’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393236″”)

「なんでこないなに仕事ができないんだ!」と仕事にかこつけて胸ぐらをつかむなどの暴力を振るわれたり、「今日中にこの仕事を終わらせへんと殴るからな」などちうように脅しをかけられるちうのもモラハラ事例ではよくあります。

あくまでモラハラとは精神的暴力ですから、暴力と言っても目に見えるような怪我を与えるようなことは少ないのが特徴だ。まるでペットに躾をするかのように軽く頭を叩き、猫なで声で馬鹿にするように行う人もいます。

②オノレのお願いした仕事だけしてもらえない

$(“”393239″”).click( (null, $(‘#headline393239’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393239″”)

これは効率が悪くなり、プロ意識の欠けた行動だと思われますが、ターゲットとなった社員が持ってきた仕事に関してだけ素直に受け取ってもらえないなんてことはよくある話……。

頼んでも「忙しい」と断られてしもたり、承諾しつつもあからさまに嫌そうな顔をされたり、できたかどうかを確認しに行けば「忘れてた」などと結局してもらえてへんちうことも。

③いつまで経っても新入社員がするような仕事しかさせてもらえない

$(“”393240″”).click( (null, $(‘#headline393240’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393240″”)

もうとっくに新入社員ちうような時期は終わっても、雑用ぐらいしかやらせてもらえない。オノレで仕事を探して動いても、「何を勝手なことをやっているんだ」と叱責されてしまい、日がな雑用だけ、もしくは暇をもて余すばかりの状況になり会社に居づらくさせるちうのもモラハラ事例にはあります。

これはただの嫌がらせ以外にも、自主退職を促すために行われることもありますが、これもモラハラに当たり相手の思うまんまに自主退職をしてはもったおらへんと言えます。(会社都合による退職にするための方法は下記『モラハラを受けて退職を考えている人へ』の項目でまとめてあります)

④プライベートに口を出してくる

$(“”393244″”).click( (null, $(‘#headline393244’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393244″”)

モラハラは職場の話だけに限らず、家庭などプライベートな話にまで及ぶことがあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、「こないな夫(彼氏)を持って奥はん(彼女)もエライだ」や「君は仕事に対してまるっきし精力的やないが夜のほうも役立たずなんですないか」などちうようにですかり失礼な上にセクハラまがいの発言があることも……。

男性はセクハラまがいの発言に関して我慢してしまいやすいものですけどアンタ、それも何度となくくり返されたりすることでいやな気持ちになるようであれば、これもまた間違いなくモラハラに含まれます。

⑤侮辱的な言葉を浴びせたり、陰口を叩いたり、シカトをする

$(“”393241″”).click( (null, $(‘#headline393241’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393241″”)

モラハラ事例の中でも一番多いとされるのがこれ。ターゲットを見下し、価値がなく存在して良い人間ではおませんとでも思い込ませるかのような発言や態度を取ります。上司など目上からのモラハラは「馬鹿が」「これやからお前は駄目なんだ」といったきつい発言。そのほかわざとらしいため息などで直接的にターゲットを傷つけてくることが多いものです。

また、そのほか同僚からのモラハラだと、陰口や悪い噂を流すといったなんちうかようみなはんいわはるとこの『いじめ』的なものが多く見られます。

もしも、モラハラを受けた場合にはどう対応すべき?

$(“”393194″”).click( (null, $(‘#headline393194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393194″”)

モラハラへの対抗策は受けている人もそうでない人も知っておきたいトコ

$(“”395403″”).click( (null, $(‘#headline395403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”395403″”)

事例を読んでみてどうやったか?「もしかしたら、オノレもモラハラを受けているのかもしれへん……」と思った人がいれば、以下の対応は必要不可欠!気持ちが今よりも追い込まれてしまう前にできることをやっておきませんか?

①オノレを責めへん!

$(“”393274″”).click( (null, $(‘#headline393274’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393274″”)

モラハラを受けたとき、気の弱い人であればその場やぐに自信を失ってしまうかもしれません。ほんで、たとえ気の強い人であっても何ヶ月にも渡ってひどい扱いを受けていれば、次第に自信を失くしてしまうこともあるでしょう。

そないな風にして自信を失くしたときに人はモラハラを受けているオノレ自身のことを責めてしまう傾向があります。「オノレが駄目な人間やからこないなモラハラを受けてしまうんだ。ほんでこれを耐えられず、逃げたいと思っているオノレはなんて弱いんだ」なんて。

しかし、あんはんは本当にそないなにまでひどい目に合うようなことを何ぞしたでしょうか?きっとそないなことはないはずだ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、あんはんは不当に相手の気分で苦しめられているのです。まずはそのことを自覚し、動き出しましょう。オノレをオノレの手で救い出す気持ちを昂ぶらせてください。

②相談するため&訴えるための証拠を集めよう

$(“”393278″”).click( (null, $(‘#headline393278’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393278″”)

モラハラを受けたときに取るべき手段は1に『会社へ相談し、環境を改善してもらう』こと。ほんで、『モラハラの事実を法的に訴え退職する』ことだ。どちらを選ぶかはあんはん次第ですが、どちらを選ぶにせよ大切なのはモラハラを受けているちう証拠。

証拠は以下で説明する医師からの診断書や日記などもありますが、ほかにも一般的なトコであれば罵声などを録音しておいたり、万が一怪我を負わされたさかいあれば、怪我の写真を撮っておくと良いでしょう。

③精神的に追い込まれて症状が出ているようなら医師から診断書ももらおう

$(“”393281″”).click( (null, $(‘#headline393281’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393281″”)

モラハラが続くと精神的なものから体調を崩したりする人は少なくおません。余計なお世話やけど精神状態からくる体調不良は頭痛や胃痛などのほかにもさまざまな出方をします。やので、いっぺん内科にかかって検査をしても原因が特定されなかった場合には精神状態からくるものだと考えて、精神科や心療内科にかかり診断書を書いてもらいましょう。

また、診断書を書いてもらう上でどのような扱いを職場で受けておるかがよく分かるように録音したものです日記を持っていくことをおすすめします。

④されたことなどを詳細に記した日記も証拠のひとつに

$(“”393283″”).click( (null, $(‘#headline393283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393283″”)

誰にどのようなことをされたのかを日付まで克明に記しておけば、日記はすごい有力な証拠のひとつになります。書き方のポイントとしては、辛かったなどの心情以上に相手の行為についてしっかりと書くこと。日記ちうよりは備忘録のようなものと考えてください。

長期間に渡ってモラハラを受けているちうことが分かったほうが有利に働きよりますので、モラハラを受けていることを自覚したらなるべく早めにつけ始めることをおすすめします。

モラハラの相談はどこにすれば良い?

$(“”393195″”).click( (null, $(‘#headline393195’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393195″”)

①程度の軽いものであればストレス発散のための相談を友人に

$(“”393302″”).click( (null, $(‘#headline393302’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393302″”)

モラハラを長期間に渡って受けていて、自己価値がすごい低くなってしまっている状態の人ほど他人へ相談をすることすらも遠慮してしまいかねません。しかし、モラハラはオノレだけの力では解決できないことも多いことは覚えておいてください。他者への相談はすごい大切だ。

そないな中で一番相談しやすいのは友人でしょう。そこまで深刻な状況でないようなら、まずは友人に相談して愚痴を聞いてもらうのも良いかもしれません。ただ、用心したいのが、中には「頑張って耐えるべきだ」の一点張りの人もいるちうことだ。

いろんな考えの人がいるちうことを理解し、人の意見に流されたり影響されにくいタイプであれば友人へ相談してもまず問題はないのですけどアンタ、そうでなければかえってオノレを追い込んでしまうことにもなりかねません。やので、その場合にはカウンセラーや弁護士などプロへの相談をおすすめします。

②職場に苦情窓口などが用意されているのであればそこに

$(“”393304″”).click( (null, $(‘#headline393304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393304″”)

職場に社員向けの苦情窓口が用意されている会社やのであれば、まずはそこに相談してみましょう。苦情窓口がきちんと機能しておるかどうかは残念ながら会社によって異なる部分ですが、なるべく多くの証拠を集めた状態で相談を持ちかければなあんも動いてくれへんちうことは早々おません。いざとなったら「裁判に持ち込む気もあります」と強気に出るのも効果的だ。

③会社内での解決が見込めへんようであれば、弁護士へ

$(“”393305″”).click( (null, $(‘#headline393305’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393305″”)

会社内で対応してくれることが一番穏便に済むトコなのですけどアンタ、それがややこしいようであれば弁護士に相談しましょう。弁護士はその道のプロですから、あんはんがどうしたいかを踏まえた上で適切な対応を教えてくれることでしょう。

モラハラを受けて退職を考えている人へ

$(“”393197″”).click( (null, $(‘#headline393197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393197″”)

①部署異動願いをすでにしていますか?

$(“”393350″”).click( (null, $(‘#headline393350’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393350″”)

モラハラを受け続けるぐらいなら退職はしてしまって良いと思います。ただ、後悔せんためにもまず試してもらいたいのが、『部署異動願い』。モラハラを受けているのが現部署内だけちうのであれば、部署が変わるだけで解決することはよくあります。

②ただ退職願いを出してしまうと、失業保険と退職金が減ることを抑えておこう

$(“”393357″”).click( (null, $(‘#headline393357’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393357″”)

「もう、こないな会社なんて辞めてやる!」ちう心境になると、それこそ退職願いを叩きつけて出てきてしまいたくなりますが、ほなら『自己都合による退職』扱いになってしまって、退職金と失業給付金が減額されてしもたり、入金までの期間が長くなってしまいます。

やので、退職するにしてもまずは会社に証拠を突きつけ、会社都合による退職ちう形にしてもらえるようにしましょう。余計なお世話やけど会社都合による退職と自己都合による退職の場合の差は以下の通りだ。

【会社都合の場合】退職金は満額かそれ以上。失業保険給付金が入金されるのは1ヶ月後。
【自己都合の場合】退職金は減額。失業保険給付金が入金されるのは4ヶ月後。

※「中小企業退職金共済事業本部|公式サイト」
http://chutaikyo.taisyokukin.go.jp/seido/seido06.html

退職した後にモラハラをトラウマにせんための対策

$(“”393200″”).click( (null, $(‘#headline393200’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393200″”)

①モラハラを受けたら、なるべく早めに動き出すこと

$(“”393362″”).click( (null, $(‘#headline393362’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393362″”)

モラハラをいっぺん受けてしまうとそのことがトラウマになってしまい、退職後も当時の不安や恐怖を引きずってしまうことが少なくはおません……。ほんで、モラハラをなるべくトラウマにせんためには、まずなるべく早めに動き出すことがひとつ。

やはり長期間に渡ってモラハラを受けとった人ほどトラウマになり、克服までも時間がかかってしまうケースが多いのです。

②退職した職場は「在籍していてもオノレのためにならなかった」と割り切る

$(“”393365″”).click( (null, $(‘#headline393365’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393365″”)

退職するまでは勢いづいて情熱すら感じるほどに精力的に動けとったのに、実際に退職してみると「本当にこれで良かったのですろうか……」と思い悩み、抜け殻のようになってしまうケースもあります。

その結果、なですかか新しい仕事を探し始めることができなくなることもあるのですけどアンタ、これはもうとにかく割り切るしかおません。人ちうものはどうしても失くしたものほど価値があるように思えてしまう生き物であることを理解し、オノレの選択は間違っていなかったと言い聞かせて前を向きましょう。

③フラッシュバックして日常生活に影響があるようであれば病院へ

$(“”393366″”).click( (null, $(‘#headline393366’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393366″”)

ふとした時にモラハラを受けとった当時の記憶が蘇り、不安や恐怖。それに伴い手足の震えなどさまざまな症状を起こしてしまう人もいます。このような症状を何度も経験していると、今度は「またフラッシュバックを起こしたらどうしよう」とフラッシュバックそのものに不安を覚えることからパニック障害を引き起こしてしまう恐れもあります。

トラウマが原因でまともに働くことができなくなってしもたり、常に頭や体がしんどいちうような日常生活に支障が出てきているようであれば、病院でのカウンセリングが必要になります。カウンセラーのいる病院や精神科へと足を運んでください。

パニック障害 病気事典[家庭の医学] -メディカルiタウン

パニック障害はどんな病気か、原因は何ぞ、何科を受診したらよいか、症状、検査と診断、治療方法について解説します。メディカルiタウンは、NTTタウンページ(株)が運営する医療総合サイトだ。

我慢は美徳やないんや

$(“”393231″”).click( (null, $(‘#headline393231’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”393231″”)

大日本帝国では特に耐えることが美徳とされていて、どのような理由があるにしても仕事を辞めるちうことは無責任であるだとか、辞めることは職場を裏切る行為であるなんて認識も強いものです。

しかし、明らかに耐える必要のない状況下ちうものは存在するものです。不当な扱い『モラハラ』を受けているのなら我慢せんでください。不当な扱いなのかどうなのか分からなければ、弁護士やカウンセラーに相談をしてみてください。一人で抱え込むこと、我慢することはしたら駄目!

このコラムが職場環境の悩みをちびっとでも改善して、前を向くことに役立てば幸いだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【夢占い】好きな人が夢に出てきた…!10のシチュエーション別・意…

  2. 津山ランチ大特集|空腹時閲覧用心の激ウマおすすめ店を徹底解説!

  3. ライフスタイル提案ブランド「STUSSY Livin'…

  4. 「モテない男はここがダメ。」8つの非モテ要素にあんさんはいくつ当…

  5. 忘れられない元カノが結婚?思いを断つ原因別5つの対処法

  6. 婚約破棄が起こってしまう理由って?些細なことが大きな亀裂に!

  7. 【医者の恋愛観】忙しいから恋愛でけへん?結婚のタイミングや理想の…

  8. 《スラックスコーデ》季節別に使えてヘビロテ確実な、基本のメンズ2…

  9. 今人気のノートランキング7選!どれを選んで良いか分からない人必見…

  10. 【美肌男子】ボディクリームランキング|オトコの保湿ケアに欠かせな…

  11. メンズにおすすめしたいスキーウェア15選|ブランド~お買い得品ま…

  12. 2016メンズデニムジャケット大全 – 最旬着こなし…

ページ上部へ戻る