閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

レッドウィングのエンジニアブーツ秋冬着こなし~おすすめアイテムまで

レッドウィングのエンジニアブーツ秋冬着こなし~おすすめアイテムまで      の1枚目の画像

item.rakuten.co.jp

レッドウィング(RED WING)とは!?

$(“”124237″”).click( (null, $(‘#headline124237’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124237″”)

レッドウィングとは1905年、アメリカ、ミネソタ州レッドウィングちう街でチャールズ・ベックマンを中心に創業したブーツメーカーだ。

アメリカ国内での生産にこだわってグッドイヤーウェルトちう靴が丈夫になるような製法で本格的なワークブーツを製造しています。レッドウィングでは現在も多くのシリーズ・ラインのブーツが作られておるけどダンはん、元々はハンティング(狩猟)用のブーツがメインやったちうわけだ。

他にワークブーツ(作業用、労働者用)としてのエンジニアブーツは靴紐が機械に巻き込まれてしまいませんようにストラップとバックルでシンプル無機質にデザインされ、トゥにはスティールが仕込まれています。

レッドウィングのブーツの魅力

$(“”124238″”).click( (null, $(‘#headline124238’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124238″”)

シンプル、プレーンさの極みといって良いデザイン(元々、安全性を高めるために靴紐を排除しています)、ほんでワークブーツは祖国語で”安全靴”と呼ばれるだけあって頑丈で安全に作業が出来るように設計されています。

なによりレッドウィングのブーツはグッドイヤーウェルト製法と呼ばれる手間がかかるしっかりとした作りで作られています。

また、オノレの足に合わせて馴染んでくれるちう面でも優れている代物だ。

もちろんバイカーファッションなどにぴったりの無機質でシンプルなデザインはファッション性で受け入れられたと言われています。紐靴のハイカットタイプはアメカジ定番のデニムパンツスタイルや、黒の1トーンコーデにも取り入れやすいものです。

ただ、それだけではなく靴そのものの性能や履き心地が一体となったトコ、ほんで性能に対して良心的な価格が支持されている理由でしょう。

レッドウィングのブーツの特徴

$(“”124239″”).click( (null, $(‘#headline124239’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124239″”)

レッドウィングのブーツには色々なシリーズがありますが、レッドウィングちうブランドが知られるきっかけにもなった代表的なブーツは1952年に開発された通称”アイリッシュセッター”、モデル”877”だ。

モックトゥタイプのブーツで赤茶色のなめし革をアッパーに使用していて、その革色が猟犬のアイリッシュセッター種の犬を思わせるちうことでつけられたニックネームだ。当初の8インチハイト以降に同じデザインで6インチハイトのモデル875(→8875)が発売されています。

このアイリッシュセッターの評判はすごい高く、レッドウィングの製品の中でコピー商品が最も多く出ているブーツだ。

このアイリッシュセッターのソールに採用された底の平らな白いソールが後の”トラクションレッドソール”だ。

元々ハンティング用で足音を立てへんように考えられて工夫がされているシューズだ。それに加えて軽量化も実現しており、機能面でほぼ完成しているこのトラクションレッドソールは現行の他のシリーズのほとんどのブーツに採用されていて、レッドウィングのブーツの特徴でもあります。

さらにレッドウィングのソール部分には特徴があります。

ブーツのインソールとアウトソールの間にコルクフィリングが敷き詰められていて、履き心地に影響があるクッションの役割をしています。ほんで履き続けているうちに足の形に馴染むようにこのコルクフィリングが沈み込んでいくのです。

グッドイヤーウェルト製法はすごい丁寧な靴の製法で仕上がりは頑丈になります。アッパーの革がヨレヨレになっても靴自体は壊れたりせず長持ちします。数シーズンといわず何年でも履くことが出来るのがレッドウィングのブーツだ。

エンジニアブーツと呼ばれるものはワークブーツの中でも特に鉄道機関士(レイルロード・エンジニア)のために開発されたブーツだ。19世紀の半ばのゴールドラッシュによってアメリカ西部の開拓が急速に進む中、鉄道網が発達しました。当時は蒸気機関車が走っていましたが、その機関車を運転するレイルロードエンジニアは憧れの職業やったちうわけだ。

レッドウィングのエンジニアブーツは機関車のボイラーなどから出てくる蒸気や時には炎や煙、ススの中で働いとった開拓時代の男たちの仕事に欠かせへんものですったちうわけだ。エンジニアブーツには安全靴としての機能が無駄なくおさまっています。

他にワークブーツとしてラインマン(電線工)、ポストマン(郵便局員)、ランバージャック(木こり)、アイアンレンジ(鉱山や鉄鋼関連で働く人)など端的に職業をイメージさせるモデル名称とともにそれぞれのブーツに特徴が込められています。

レッドウィング社の茶芯とは

$(“”128903″”).click( (null, $(‘#headline128903’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128903″”)

革が履きこみによって茶色い下地が見えてくること。エンジニアブーツのPT91に顕著なため話題になり、また雑誌やインターネットオークションでも人気の”茶芯”だ。ビンテージのエンジニアブーツのくたっとした雰囲気とともに茶色い下地が見えてくるトコロがなんともいえず物欲を刺激してくれます。

経年変身によって茶色い下地が現れてくる、茶芯を楽しむことが出来るのは旧モデルだけかちうと現行のスタイルナンバー9268では80年代~90年代の2268の様々な特徴、バックル、タグ、RED WING刻印なども再現していてブラッククロンダイクレザー素材による経年変身もあります。

茶色いクラストを使用してブーツを作っとった頃の革ブラッククロームや加工方法は現在は使われておらへんため現行のエンジニアブーツはブラッククロンダイクが使われています。現行のものも革の表面が擦れていくうちに使用頻度にもよりますが茶色い下地がうっすらと現れてきます。

思い通りの経年変身で茶色の下地が見えてくる、この茶芯タイプのブーツが手に入りませんちう場合は現行のシリーズでブラッククロンダイクレザータイプのエンジニアブーツでも楽しめます。

レッドウィングのブーツが人気の理由

$(“”124240″”).click( (null, $(‘#headline124240’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124240″”)

レッドウィングには創業者のチャールズ・ベックマンの名前を冠したBeckman ベックマン ちうモデルのシューズがあります。上質ななめし革”フェザーストーン”を使っていて他のブーツと比べると上品な雰囲気があるモデルだ。

その他のブーツ類はシンプルなデザインのエンジニアブーツの他、6インチハイトか8インチハイトのクラッシックワークと呼ばれるブーツが主流だ。一覧で見ても追いきれないくらいのアイテムが出ています。

バリエーションが豊かになってもレッドウィングの特徴的なソールや靴そのものの履き心地や丈夫さは変身がおません。ほんで履けば履くほど自然にオノレの足にフィットするように作られたブーツは年を経ても手放せへんものになるでしょう。

レッドウィングのブーツの種類と特徴

$(“”124241″”).click( (null, $(‘#headline124241’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124241″”)

レッドウィングには以下のシリーズがあります。

●クラシックドレス 紳士靴(ドレス)でもあり、ブーツでもあるシリーズ。デザインは上品めだ。
●アイリッシュセッター レッドウィングの礎を築いたハンティング用ブーツ
●ヘリテージワークブーツ ハードな仕事で実際に使われるアホでも使えるようなワークブーツ

●サービスシューズ・オックスフォード 短靴シリーズ。モカシンタイプなど一般的なシューズのラインだ。

クラシックドレス

$(“”128228″”).click( (null, $(‘#headline128228’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128228″”)

レッドウィングが創業した当時の靴をベースとしながら現在のレッドウィングのテイストをミックスさせたラインが”クラシックドレスライン”だ。ドレスシューズ(紳士靴)と6インチ丈ブーツまではシューズと呼ばれとった時代のクラシックな表情のブーツだ。

▲ベックマン 創業者の名前を冠したベックマンブーツ。アメリカ開拓時代のドレスシューズ(紳士靴)は6インチハイトのブーツやったちうわけだ。その時代背景からフォーマルな場で履いてもらう前提で作ったドレスシューズブーツだ。

▲キャバリーチャッカ(チャッカーブーツ)1920年代にレッドウィング社のために開発されたラバーソールであるグロコードメダリオンソール。現行のキャバリーチャッカのソールは半張りのラバーを使ったレザーソールだ。シューズデザインはくるぶし丈のチャッカブーツだ。

▲ジラード 飾りモカシントゥの6インチブーツだ。アメリカの紳士靴のクラシックなデザインで落ち着いた表情だ。

アイリッシュセッター

$(“”128226″”).click( (null, $(‘#headline128226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128226″”)

ベストセラーブーツ。ハンティング市場の縮小にともない生産も減っとったものの2011年には、大日本帝国市場向けに新たにアイリッシュセッターシリーズが発売されています。

新アイリッシュセッターシリーズにはゴールドラセットセコイヤやブラッククロンダイクなどの革をアッパーに使用しているためカラーのバリエーションが増えて蘇りました。

デザインは6インチハイト×モックトゥタイプ・6インチ×ラウンドトゥタイプ
8インチハイト×モックトゥタイプがあります。アイリッシュセッターの9インチハイトのペコスブーツとアイリッシュセッター・オックスフォードなどがあります。

ヘリテージワークブーツ

$(“”127705″”).click( (null, $(‘#headline127705’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”127705″”)

ハードな仕事でもアホでも使えるように耐えられるようなワークブーツシリーズ、ヘリテージだ。

▲クラシックワーク 分厚くて白いソール部分が特徴的な”トラクショントレッドソール”のブーツ。特に8インチ丈の877はワークブーツ市場を作った、アメリカのワークブーツそのものといっても過言ではおませんでしょう。6インチハイトと8インチハイトのモックトゥタイプがあります。
レッドウィング社の110周年記念の限定モデルのブーツハンツマン”もこのクラシックワークから発売されました。

▲ブラックスミス 
鍛冶職人向けのワークブーツだ。6インチ丈のベーシックなラウンドトゥのレースアップブーツだ。

▲ラインマン 
電線工向けのワイドパネルタイプブーツだ。危険な作業に従事するラインマンの足をホードするブーツはレーストゥレース(つま先近くまで靴紐が通っているレーストゥデザイン)だ。

▲アイアンレンジ 
鉄鋼山で働く労働者向けワークブーツ。スティールトゥが無かった時代にはつま先部分の革が二重になって強化されたキャップドトゥブーツが主流やったちうわけだ。1910年当時のレッドウィングのカタログでも大半のブーツがキャップドトゥタイプやったちうわけだ。

▲アイアンレンジマンソンラスト 
陸軍学校の教授、マンソン博士が調査を経て完成させたブーツで履きやすく足に負担をかけへんように開発されました。ミリタリーブーツとして採用され現在も一部のミリタリーブーツに使われているものです。レッドウィングでは初期から60年代まで、このマンソンラストからワークブーツを作っていました。現行モデルの8011や8012はマンソンラストがよく履かれた時代を象徴するデザインになっています。

▲スーパーソール
発泡ウレタン素材のソールを採用したモデル。この靴底のために開発された製法はレッドウィング社の特許にもなっています。

▲ペコス 
1930年代の終わり頃から製造を始めた飾りステッチが入ったカウボーイが履くカウボーイブーツ。1953年からはシンプルなプルオンブーツを発売、1959年には開拓地テキサスの町の名前であるペコスを自社ブーツの商標登録としてカウボーイブーツのバリエーションを拡大しました。
11インチハイトと9インチハイトの従来の厚い白ソールのトラクショントレッドソールタイプと9インチのローパータイプ(ソールが低いタイプ)があります。

▲エンジニア 
11インチハイトタイプのシンプルなアンクルストラップとシャフトストラップ使いが特徴的なブーツだ。特にスタイルナンバー2268はスティールトゥで頑丈さが魅力的やったため支持されました。

▲ロガー 
木こり向けのワークブーツだ。従来はひざ下丈のロングブーツを履いて作業をしとった木こりですがレッドウィングは9インチハイトのスティールトゥタイプでラグパターンのラバー製のソールを備えたロガーブーツを発売しました。

▲ワークチャッカ 
アメカジが起こったのが50年代後半から60年代にかけてだ。デニムパンツをおしゃれな普段着として履くちうブームが若者の間で定着してワークシーンでもアメカジブームとは無縁ではおませんやったちうわけだ。レッドウィングもブーツと短靴の中間アイテムとしてくるぶし丈のチャッカブーツを発売しました。特にクッション素材が厚い底が平らのソールの機能性を配したチャッカブーツは当時から注目され、手軽で丈夫なブーツとして仕事の場を離れて使われるようになったちうワケだ。

サービスシューズ・オックスフォード

$(“”127709″”).click( (null, $(‘#headline127709’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”127709″”)

軽作業用の短靴(オックスフォード)タイプもバリエーション豊富に出しています。

▲ロメオ 
両サイドにゴアを配置したスリップオンのオックスフォードブーツだ。

▲ワークオックスフォード  
モックトゥとラウンドトゥタイプの6インチ丈ブーツだ。

▲ポストマン
優れたトラクショントレッドソール(平たい厚い底)の機能性からアメリカ郵便局の指定靴にもなったスタイルナンバー101。9101はワンピースタイプのアッパー、9196はチャッカタイプだ。

▲ガレージマン 
自動車整備工向けの短靴だ。機能的で履きやすいモカシンタイプトゥだ。

▲フォアマン 
工場長や現場監督向けのイメージの短靴だ。

レッドウィングのブーツおすすめ5選!

$(“”124249″”).click( (null, $(‘#headline124249’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124249″”)

シンプルなベルト使いのエンジニアブーツの他に、アメカジテイストのファッションに合わせやすそうな6インチクラシックブーツなどをご紹介します。

ブランド名:RED WING
商品名:REDWING レッドウィング 6 CLASSIC MOC 6インチ クラシック モック 5875 BROWN
価格:¥39,852税込

購入はこちら

ブランド名:JOURNAL STANDARD
商品名:RED WING / レッドウイング: BECKMAN BOOTS 6ROUND / ブーツ #
価格:¥44,820税込

購入はこちら

ブランド名:RED WING
商品名:RED WING / STYLE No.9105 ROUND TOE
価格:¥30,132 → ¥27,119税込(10%OFF)

購入はこちら

ブランド名:RED WING
商品名:RED WING / 6″ LINEMAN BOOT
価格:¥34,560税込

購入はこちら

ブランド名:RED WING
商品名:RED WING / STYLE No.8138 MOC TOE
価格:¥33,372 → ¥30,035税込(10%OFF)

購入はこちら

エンジニアブーツ、8インチハイトブーツの着こなし方!

$(“”124255″”).click( (null, $(‘#headline124255’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124255″”)

カーキのM65をメインにデニム×白シャツにキャスケット使いのエンジニアブーツスタイル

$(“”124256″”).click( (null, $(‘#headline124256’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124256″”)

シャツジャケット×カーキチノ、キャスケットをアクセントにしたエンジニアブーツコーデ

$(“”128963″”).click( (null, $(‘#headline128963’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128963″”)

ミリテイストジャケットに黒パンツスタイルをエンジニアブーツやっきりめに

$(“”128962″”).click( (null, $(‘#headline128962’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128962″”)

ブラック系レイヤードスタイルをエンジニアブーツでタフクールに

$(“”128960″”).click( (null, $(‘#headline128960’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128960″”)

ブルー系デニムレイヤードにコートとハイトワークブーツでエレガントに

$(“”128958″”).click( (null, $(‘#headline128958’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128958″”)

デニムシャツ、ジャケットにデニムパンツスタイルでカジュアルに

$(“”124257″”).click( (null, $(‘#headline124257’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124257″”)

デニムスタイルにロングコートの上品めワークブーツスタイル

$(“”124258″”).click( (null, $(‘#headline124258’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124258″”)

シーズンモードのブラウンとデニムスタイル8インチハイトブーツでアクティブに

$(“”124259″”).click( (null, $(‘#headline124259’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124259″”)

レッドウィングのフェザーストーンレザーのブーツ、ベックマンのお手入れ

$(“”127420″”).click( (null, $(‘#headline127420’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”127420″”)

フェザーストーンレザーを使っているモデル、ベックマンの場合は専用シュークリームを使ってお手入れをした方がフェザーストーンの風合いが損なわれません。

フェザーストーンレザーちう上質ななめし革を使っているモデルの場合のお手入れ方法だ。

まとめ

$(“”124267″”).click( (null, $(‘#headline124267’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”124267″”)

丈夫で頑丈な伝統的な製法で作られているレッドウィングのブーツ。チャッカーブーツやオックスフォードもカジュアルに合わせやすいものですけどアンタ、中でも特徴的なエンジニアブーツはスタイルに取り入れることでコーデの幅が広がります。

※本記事に掲載されています商品価格は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 即完売!ダウン3大ブランド、タトラスダウンをチェック!おすすめ商…

  2. イメチェン春夏ヘアカタログ【2016最新ショートパーマ】|マッシ…

  3. 美人との結婚がほんまに幸せ?男がているべき正解はズバリこうだ!

  4. ノゾミイシグロのデニム~プリントまで2015秋冬注目新作!

  5. ドレスコード別メンズビジネスバックおすすめ人気ブランド

  6. 仕事つらい時どう乗り越える?くじける前に知っておきたい5つのヒン…

  7. メンズ黒ハットのコーデ紹介!【2015-2016】のトレンドとは…

  8. 彼女が浮気しておるかもと思ったら|2分後に試せる超簡単な方法紹介…

  9. 学校でも髪型はおしゃれに!かっこ良いメンズヘアカタログ

  10. 【厳選】11つの人気ブランドからおすすめダウンコートをpick …

  11. 【永久保存版】全国の人気温泉ランキング大公開|温泉デートプラン完…

  12. 《ボタンダウンシャツ》メンズ人気定番のおすすめブランド7選

ページ上部へ戻る