閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ロンシャンバッグで女心をわし掴みにする技とは?【モテたいメンズ必見】

バッグをみて彼女の好みを知れ!マジ恋を成就させる買い物観察

$(“”129985″”).click( (null, $(‘#headline129985’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”129985″”)

恋を成就させるためには、彼女がどんなタイプの男性が好きなのか気になりますよね?

好意を察せられる事無く、本人から聞き出すのはハードルが高いし、彼女の友達から聞いたりすると情報にズレが出て、好みのタイプと真逆の行動をとってしまう事になるかも。

そないな事にならへんよう、まずはさり気なく彼女の持ち物や欲しい物をCHECKしてみる事をおすすめします。あくまでもさり気なくや!!

なんでやねんなら、男性であれ女性であれ、ファッションと恋愛にはですかり密接な関連性があるからだ。

女性の間で流行している物の中に、男性から見て理解できないモノってけっこうおませんか?

また逆もしかり。彼女達のもってるものが女性らしくないように感じる。どこが可愛いのか理解不能。時々そう思う男性がいるように、最高級スポーツカーのよさや、多様な小物コレクションを心から理解する女性は多くおません。これには理由があるのです。

お気に入りのバッグは理想の男を象徴する。そう、愛車が恋人になるように。

$(“”130086″”).click( (null, $(‘#headline130086’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”130086″”)

女性は可愛い物が好きなのは間違おらへんのですけどアンタ、男性が思う可愛いと女性の思う可愛いのズレは、物に仮の性別を与えてみることで意味が明確になります。

それがみなではおません事は、もちろん前書きしておきますが、女性の買い物性向や男性の乗り物選びに、理想の恋人が反映されるちうのは、実は有名なジンクスだ。

改めて女性向けデザインや男性向けデザインをイメージしてみてください。女性の気を引く時は、女性のニーズに答えつつ男性的な要素を添え、男性の気を引く時も、女性的な要素はもちろん欠かせません。彼らは無意識に理想の恋人を探しておるからだ。

極端な例では、男性向けバイクの販売サイトに、バイクと一緒に水着の女性が写った写真を起用すると、売り上げが何倍にもなるそうだ。

しかもこれには理想の女性が物に反映されている、ちう面と、魅力的なモノの要素が女性に取り込まれると理想的になるちう双方向の作用があります。

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ彼女の好きな色だけでも解れば、それをちびっとファッションに取り入れるだけで、あんはんは彼女の理想の男に一歩近づく。ちうわけだ。

ただ、当然それだけでOKなどと、単純な安心はいけません。ご存知のように女性は複雑やので要用心だ。この複雑な女心をグッととらえるロンシャンバッグから学んでみましょう。

男気を忘れへんレディーファースト『トートバック』

$(“”128430″”).click( (null, $(‘#headline128430’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128430″”)

ロンシャンのトートバッグはまるで魅力的なパーフェクト紳士

$(“”130133″”).click( (null, $(‘#headline130133’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”130133″”)

現実の人間が、365日理想の恋人でいるのは不可能といえるでしょう。

ほんで人間ではおません人工の物が、本物の恋人たるにはSF的な転回が必要やし、色々問題だらけやね。

しかし、各ブランドはその彼女達の途方もない夢を実現する事ことこそを、使命といわんばかりに、魅力的な商品を提供し続け、それに一歩でも近づいた物だけが世界的な一流ブランドとして女性達から愛されているのです。

ロンシャンはフランスの老舗ファッションブランドだ。
今、ロンシャンの折りたためるトートバッグは働く女性から絶大な支持をうけています。

本革製品中心の女性向けファッションブランドバッグが異素材を使用するちうロンシャンの試みは、当時革新的な事やったちうわけだ。今でこそ働く女性に絶大の支持をあつめるロンシャンのプリア―ジュ・ナイロントート。

この歴史の始まりは、女性が喜ぶことは何ぞ?を追及したロンシャンが、オシャレでカッコイイのは重要だ!でもそれだけではだめだ!!と目覚めた瞬間やったちうわけだ。

強さこそ男気。旧習に囚われず、新しい情報を逃さないスマートな男こそが強者

$(“”133100″”).click( (null, $(‘#headline133100’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”133100″”)

内側にナイロン、フレームに豚革、これらの使用はバッグの使用性と強度を増し、なによりそれまで最大のネックやったの革の鞄自体のどうしょうもない重さを劇的に改善するものですったちうわけだ。

さらに、丈夫な鞄のコストパフォーマンスを上昇させ、よりたくはんの女性達にロンシャンバッグの女性への愛情を届ける事を可能にしたちうワケだ。

しかし当然それは「安っぽい鞄」ちう烙印を押されかねない、フランス老舗ブランドとしては賭けともいえる選択やったかもしれません。

高級な革だけで作られた鞄は何よりも丈夫で美しく、ラグジュアリー。

これには一つ間違いがあります。革が何よりも丈夫な素材やったのは、選択肢が革、布、それらの加工素材のみやった時代の話。

本当に革が一番丈夫ならNASAの宇宙服はみななめし革で作られとった事でしょう。

人類が到達した、ハイテク素材の時代。それらは軽く、安価であるだけでなく、必要とあらば一流職人が時間をかけてなめした革より強い素材を作り得る。

 そのあたりまえの事実は、皮革技術のトップランナーの誇りをたかく掲げ、フランスファッション界で戦ってきた職ヤカラにとって、目をそむけざるをえないような、たえ難い事やったにちがいおません。

イメージ画像

しかしロンシャンは、老舗の革ブランドのなかでいち早く、この新しい素材の時代を祝福するような製品を作り始めました。

彼らこそが、誰よりも超一流の素材を探し求め、無ければ創るちう強い信念を持ったパイオニアやったからだ。

イメージ画像

一番適切な場所、シーンに合わせて、最高に適切な素材を使い、最高の技術で組み合わせて、完成させる。

その信念は、たとえ異素材を使っている時でも、ロンシャンの皮革技術の歴史とともに製品の中に光っています。

モテる男性が何をしててもカッコイイのは、イケメンやからではなく何をするにも女性が喜ぶ事を一番大切にするからかもしれません。

柔軟と軟派の違い「ナンパなレディーファーストはすぐバレる。」

$(“”134373″”).click( (null, $(‘#headline134373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134373″”)

ライバル達の群れから飛び出して特別な男になるために、一歩引いてみる男気

$(“”130423″”).click( (null, $(‘#headline130423’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”130423″”)

女性が、理想の男性に求める物は人それぞれですが、ほとんどは「強さ」に要約できるのではおませんでしょうか。
特に現在のような変身の激しい時代には、女性でなくとも皆不安をかかえておるからだ。

とにかく暴れまわる蛮勇や、オノレのポリシーに固執して周りを見ない頑固ではなく、ロンシャンのように今までのオノレを否定するような変身の中でも微笑んで見せるような、信念のあるスマートな柔軟さこそ、今世紀にはいって様々な変身や危機が叫ばれる中で、女性が最も求める強さであり、レディーファーストの時に心がけるべき精神性なのかもしれません。

男だってワガママでいたいちうわけだ。強くもなりたいけど。

$(“”136697″”).click( (null, $(‘#headline136697’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136697″”)

レディーファーストちうと、大日本帝国では軟派な男だと思う人もまだまだ多いようやし、実際軟派な気持ちでレディーファーストをしている人もいるようだ。

人間の社会はなですかか複雑で、甘いものではおません。やからついつい打算で動いてしもたり、下心があったりするのも、動物の防衛本能の一種なのかもしれへんし、仕方のない事にも思えます。
でも、彼らが賢く、上手に立ちまわれておるかといえば、それは間違いだと思うのです。

なんでやねんなら複雑で厳しい社会を生き抜いているのはお互い様やからだ。せやなかったらウチ達は皆お互いのズルさによって社会を複雑にしている可能性もあります。

もし、男性が打算で思ってもないお世辞を言ってしもたり、一晩の欲を満たそうと大切とさえ思えない女性を普段やりませんレディーファーストで騙そうとしたり、ほんで万が一にも大好きな女性に形だけの紳士を気取ってしもたら、彼らは後にオノレの失った物に愕然とするでしょう。

それこそまさに流行っておるからちう理由だけで、安っぽくてすぐ壊れて使えない鞄もどきを、ブランド名だけ載せて高く売りつける行為と変わりませんからだ。

最初は騙されて買う人がいたとしても、じきに弱々しい正体と、にもかかわらず相手を見下すような傲慢さを見抜かれて、簡単に捨てられてしまうか、適当に利用はしても愛される事はないでしょう。

彼らは、ほんのちびっとオノレに向けられとった信頼や尊敬の念と一緒に、将来得るかもしれなかった新しいスキルや、出会いや幸福、それを得ていくために必要な向上心や誇りをも、程度の差こそあれ失っていってしまっているのです。

相手をゴミのように軽く見て騙し、上手に儲けているつもりが、気が付けばオノレ自身の無上の価値をゴミとして捨ててしまっているような悲しい劇を、賢い人間は演じないものです。

おもえばそういったズルさや打算は、人がオノレに自信がないゆえに肝心な時に出てきてしまう、弱さなのかもしれません。

そうおもって騙されてくれる女性もおるかもしれませんが、そういう騙し合いやかけ引きは、それ事態を楽しむと言うならともかくも、

誰かに心から信頼してもらいたい時や、モテたい男性にとっては時には逆効果になってしまう、一番無駄な努力といえるでしょう。

モテるレディーファーストは万国共通。武士道に通じる騎士の精神

$(“”134959″”).click( (null, $(‘#headline134959’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134959″”)

レディーファーストをしてモテる男性には、軟派な嘘で信頼を失う男性の弱さとは真逆の、男の自信と誇りに満ちた、優しさがあるものです。

男性が先に立って守ってくれる時も、後から見守ってくれている時も、守られる女性は彼らの背中に、せやなかったら瞳に、男らしい勇気や愛情を読み取った時、この世におぎゃあいうて生まれてはじめて心から安心し、彼に守られている喜びを感じるのではおませんでしょうか。

女性の間で話題になり、長期にわたりお気に入りになるような商品には、ただ購入者におもねる様な卑屈なものはおません。

どんなにPOPなデザインのものも、またシンプルな物も、その個性に自信をもち、手に取ってくれた人と出会いを喜び合い、その期待に応えようとするありのまんまの誠実さに、女性達は満足するのです。

武士道と騎士道には無理がある。でも憧れんとはいられへん。

$(“”136452″”).click( (null, $(‘#headline136452’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136452″”)

確かに、みなの男性に老舗革ブランドの職人のような華々しい歴史や実力、新しい時代に一歩踏み込む勇気が、当たり前にあるわけではおません。

思えばロンシャンや、他のどんな有名ブランドだって、最初から有名ブランドやったわけではなく、また永遠にトップブランドたる保証があるわけではおません。

やから、頑固になり過ぎてしまう時もあれば、オノレの弱さに負けてズルくなってしまう時があっても、仕方がないともいえるでしょう。

そないな状況でも余裕をもった振る舞いをする柔軟さや強さは、いったいどうすれば身に付くのでしょうか。

この男性をとりまく永遠のテーマは、それこそ何百年も人類を悩ませ続けて現在に至っています。

「レディファースト」や「男子たるモノ子女に先立って守るべし」っといったような、理想は、どちらも騎士や武ヤカラが活躍する男性にとって最も困難な時代に生まれました。

誰も容易に柔軟になんてなれへん時代。
女性どころか、オノレだって大切になんてできない、生き残りをかけた打算を駆使して、嘘や裏切りや欺瞞で武装し合い、卑屈なカラ元気に、力づくで無理に形作ったメッキのような威厳等々、そないなものにドロッドロッにまみれながら、東西の武ヤカラはそれぞれのですり方で理想を積み上げてきたようだ。

当時のマッチョな生活を送る、一兵士だる男性達にとっては、ジェントルマンだの仁だの儀だのといわれても、カッコイイ理想ではあるけれど、実現不可能で滑稽でさえある夢想。ぐらいに思っとったかもしれません。

現代のウチ達だって、命がけの毎日ではなくとも、オノレの人生を値踏みされるような競争ストレス社会にさらされて、それでもちびっとでも豊ですか生活を送ろうと、知力と体力を駆使しています。

女性を愛せと言われても、やあ愛される女になれよ!と言ってやりたくもなるちうものです。あぁ余裕ないやね。

やけど、余裕がなく、刺々しい行動が周りにもオノレにも窮屈な状況を作り出している時に、ふと周りを見て、笑いかけてくれる誰かがいたら、苦しかった人生に意味を見出すことがあるのかもしれません。

恋や男女の理想像に関する物語や文化が、余裕のない時代にこそ発展したのは、それを求めんとはいられへん、それこそ本能的な人間の心があるように思うのです。

本当の賢さは、オノレや相手を信じる勇気

$(“”134486″”).click( (null, $(‘#headline134486’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134486″”)

弱いオノレを隠してカラ威張りしたり、恰好をつけようとらしくないキャラを付加したり、本当に思っている事を周りを気にして恥ずかしいから言いません等ちうのが騎士道や武士道だちうなら、これほど長く厳しい時代の中を受け継がれてきはしなかたでしょう。

聖人君子が正義を語るのとは一味違う、弱いオノレによりそって、まさにそこから真の強さをぐっと引きだすようなアイデアを秘めてるから、レディーファーストのように女性を思いやる心はは男の魅力のカギとなるのです。

まずは誰かを喜ばせるために、オノレの時間を使ってみる事が、その第一歩なのかもしれません。

誰かの為にオノレの時間を使うのは、実はやってみるとエライ上に報われへん場合があります。ほとんどの人は、短期的にその結果を予想して無駄な事だと、そういう努力をやめてしまうのです。

もしもあんはんに、そういった経験があるなら、よければそれらの、長期的な効果を改めて考えてみてください。

男同士とは違うコミュニケーションに疲れてしまい、いっそ本気の恋よりも遊びの駆引きを楽しんでいる方が賢い気さえしてくるかもしれませんが、最高級のレザーが、腐りやすい皮から時を経るほどに味が出る革になるまでには、多様な薬品に浸けこまれ、延ばされてしなやかになる工程が欠かせへんように、まるっきし異質なものにもにふれながら、それがオノレに及ぼす影響に目をみはり、傷つきながらもちびっとずつスキルを上げていく男の道筋は、酸いも甘いも噛み分けて、どんな状況でも楽しめるようになった「本当に自由な男への道程」といえるでしょう。

ロンシャンがつかんだ女心は、最高級ブランドの地位を高め次世代の新商品をさらに生み出すエネルギーとなりよっました。しかしロンシャンが最初からそういった野心だけで女性を獲物としか考えていなかったら、今日のような成功はなかったかもしれません。なんでやねんなら女性は複雑でワガママで、時にその要求は男性のプライドを傷つけるほどになることがあります。

その時ただのハンターなら、さらに女性を軽蔑して良い加減な対応をしてしまい、女性も心の無い対応を感じとって、それに対して「言えば動くし使えるけど魅力のない男」として軽蔑で答えとった事でしょう。

さり気なく女性の荷物を軽くしてあげる。それが男の真のプライド

$(“”130350″”).click( (null, $(‘#headline130350’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”130350″”)

「使い捨てにされてしまいそうな安っぽい便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なだけの男」と、「女性の心を知り尽くしたジェントルマン」を分けるのはなんでしょうか。

それは、大げさにいうならば、女性への尊敬の念ではおませんでしょうか。

強い男に見せるために、女性の荷物をいちいちぜ良いんぶひとつのこらず持ってあげようとしたりしてませんか?

喜ばれる場合もあるとは思いますが、女性だってオノレで持ち歩きたい物もあるし、過度な甘やかしは24時間できませんから、「できない時」に甘えに馴れた女性を不安にしてしまい、喧嘩の原因になったりしてしまいます。

主婦であれ、OLであれ、女性も働き手である事が当たり前になったのは思えば最近の事。実はまだまだ女性も男性もこの新しい時代の状況に馴れておらへんのかもしれません。

確かに男性の方が力が強いのは確かやし、色んな状況はありますが、もし彼女が理由の解りません怒り方をしとったら、または、好きな女性のライバル達からひとつ飛びぬけて特別な男として彼女と接していくためには?と悩んだ時は、

考えてみてください。

一人の人間として頼りにされ、がんばっとったら応援してもらえて、その姿を素敵だとほめられ、万が一の時は助けてもらえて、安心と勇気をもろてがんばった事を喜ばれ、ありがとうって言ってもらう。

誰かに何ぞをしてあげているようで、実はすごく充実した幸せを感じるのではおませんでしょうか。

状況にはよるでしょうが、一人の人間としての喜びには、実は男女差はあまりませんように思います。

LONGCHAMP 1899 089 270 LE PLIAGE SHOULDER BAG L

関連サイト

ロンシャンのトートが、ブランドを貶めんと成功した理由、それはいっぺん持ってみたらわかります。

お姫様が一歩も動かず召使に命じて夢を叶えるラグジュアリーはなくても、それに勝るとも劣りません人間として愛していただいたような、満足感を感じるのではおませんでしょうか。

働く人間への尊敬と愛情、荷物を持ちやすいように、ジェントルマンがそっと助けてくれているような細部にわたる心遣いと職人技、仕事や旅行等色んなシーンを個性豊かに彩るカラーバリエーションと厳然とゆるがないフランス老舗ブランドのプライド。

これらの要素が渾然と一つの形となってこの不思議なナイロン素材の高級バッグは、今も沢山の女性を幸せにしつづけているのです。

ロンシャン ル・プリアージュ ナイロン トートバッグ 折り畳み

関連サイト

女性をそのまんまの姿で愛し、尊敬する。そないなロンシャンやからこそ、フランスブランドの大きな看板のまんま自由なデザインを世におくりだし、堂々と、ほんでクールにすましながらも、愛され尊敬されるのかもしれません。

メンズバッグ:ロンシャンは女性だけのブランドやなかった!

$(“”128443″”).click( (null, $(‘#headline128443’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128443″”)

大日本帝国人のほとんどがロンシャンときいて想起するのは、女性のためのバッグかもしれません。ハンドバッグは80年代好景気のなかでフランスブランドとして存在感を示し、現在に至るまで女性のニーズを正確に捕えたトートバッグのシリーズなどを生み出し続けている有名ブランドやからだ。

ロンシャンのブランドロゴはギャロップする天馬

関連サイト

しかし、ロンシャンの原点は、女性物どころかバッグでさえおません。そのヒントはロンシャンのロゴに隠されています。

時代にあった商品開発とブランドコンセプトで職人技を100%活かす

$(“”129939″”).click( (null, $(‘#headline129939’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”129939″”)

1948年、パリに生まれた「ジャンキャスグランカンパニー」ちう皮製小物のメ―カ―は「ロンシャン」と刻印された革新的な製品を生み出しました。

それは皮パイプ。ジャンキャスグランはタバコ屋の息子で、パリの有能な皮職ヤカラと共に、馬具製品や皮のシガレットケース等を提供し、連合国軍兵士達に提供していました。

イメージ

「ロンシャン」は、パリにあるロンシャン競馬場からきています。
その競馬場の奥に、昔パリ残るケツの風車(カスグラン=粉を挽くに由来する言葉。ブランド創始者の姓、キャスグランを示すマークになっとったちうわけだ。)があったからだ。

イメージ

革新的なの皮革技術のノウハウをアピールするのに、「ロンシャン」の皮パイプは当時の流行にもピッタリのアイテムやったちうわけだ。リラックスしている時も男の威厳を忘れへん、パリジャン達の男心をつかんで大流行。

シリーズ化するとともに、「ロンシャン」ちう皮小物のブランドとしてフランスファッション界にその名を刻んだのです。

革パイプのシリーズの中の「レディ」ちうモデルは、ジョルジュ・サンドのような奔放な女性をイメージしたものだそうだ。

女性が大好きなパリジャン達の期待に応える革職ヤカラの男気テクニック

$(“”130481″”).click( (null, $(‘#headline130481’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”130481″”)

このように、女性が大好きな男達に応えてきたロンシャンやからこそ、今日のように、女性をとりまく環境の変身やニーズの変身に敏感で、いちはやく喜ばれるデザインをつくってこれたのかもしれません。

そのロンシャンには、メンズモデルもあり、またレディースとして発達してきたトートバッグが男性の間でじわじわと人気になりつつあるのです。新しい時代にロンシャンが見せる“レディ達”。

新時代の新しい革技術も加わり、ロンシャンはこれからメンズフランドとしてさらに大注目のブランドなのです。

女性物とおもわれているプリア―ジュトートを上手に男性が使っとったら、ドキドキしたり、すごく使いやすいよね?!って声をかけたくなってしまいます。

ロンシャンの男の為のビジネシリーズ!!働く女性の注目を集める事間違おらへんしやね。

ロンシャンは女性が大好き。やから好きって伝える『ハンドバッグ』『リュック』

$(“”128449″”).click( (null, $(‘#headline128449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128449″”)

このように、これからロンシャンのバックを見る時は、男性も使えるバッグちう可能性を念頭に置いて、見ていくのが良いでしょう。

シャイな大日本帝国人には敷居が高いかも知れませんが、ロンシャンはナイロンを高級革ブランドの大舞台に押し上げたつわものです。

それが誰かを喜ばせ、大日本帝国の女性と男性に新しいコミュニケーションや喜びをもたらすなら、彼らのロゴのように軽々と旧習など飛び越えてみせる製品を作り続けることでしょう。

ロンシャンの細部にわたる女性への思いやりは、製品になんともいえない男女共通するカワイイを生み出します。いったいどんな魔法かといえば、ただ素直に、相手の立場で、相手が何を望んでいるのか考え、どうやったら喜ぶのか愛情を伝えようと頑張る姿が、にじみ出てきているのだと思います。

しかもそれが、老舗のプライドと紳士の気品をくずさない、心からの優しさに基づくからこそ愛情を受け取る側の喜びを倍増させているのです。

ウチはロンシャンMIAOUシリーズ。もうずるいだ。猫は反則やね。ハロウィン用のポシェットも!!猫カワイイにもう説明なんていりませんものなんですね。

sponsored

ロンシャンが追い求め今到達したのは、「究極のレザー」。

$(“”128465″”).click( (null, $(‘#headline128465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128465″”)

ロンシャンは、常に上をめざし、軽やかに新しい素材を追い求めています。ル・プリア―ジュ・キュイ―ルは、2012年に発表された、そないなロンシャンの魂と確ですか技術を象徴する作品だ。

ロンシャンが追い求め今到達したのは、「究極のレザー」。
なんとナイロンのように折りたため、しかも開いた時にいっさいシワがつですかいちうのです。

この磨きあげられてきた技術力に、ナイロンの登場に安住せず、柔軟にそのコストパフォーマンスと強さを評価しつつも、それでもレザーの美しさとラグジュアリーだけは譲らなかった職人の確かで冷静ななプライドを感じます。

ル・プリアージュ 折りたたみ 2WAY ハンドバッグ ショルダー ブラウン

関連サイト

磨き上げられシルキーな手触りを表現した黒革をシンプルな造形でまとめ上げた芸術の上を、ロンシャンロゴがギャロップしている逸品。
紳士によりそう淑女として申し分おません。

【ZOZOTOWN|即日配送タダ(エリア限定)・送料タダ】

まとめ

$(“”128480″”).click( (null, $(‘#headline128480’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”128480″”)

女性に愛されるブランドロンシャンの魅力をすこしでもお伝えできたでしょうか。

女性が恋人に求めるものは本当に人それぞれですが、人として尊重し、人として愛しよりそい、喜びを共有しようとする男に心を動かされへん女性はおらへんのです。

もしも気になる女性がいたら、何ぞ一緒に楽しむ事を目指して見てください。なあんも思いつですかければ、ロンシャントートを「これ使いやすいよ」ってこっそりおそろいプレゼントしてみるのはいかがですか?

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. ジーンズソムリエが選ぶ!コンプレックス別理想のジーンズ選びQ&A…

  2. 第48代横綱「大鵬関」の人柄と足跡を追ってみました!

  3. 【男子モテる仕草】女子をキュンキュンさせる7つの仕草

  4. iPhone 7/7 Plus発売から2週間!人気のカラーとキャ…

  5. 【ムリは禁物】鬱で仕事へ行きたくない時は|元気になれる心復活術

  6. 【ボウズと楽しむ】プールやジェットコースターがある鹿児島の遊園地…

  7. 広島生まれのサン リミット|モードなひとめぼれアイテム9選

  8. 密ですかトレンド。『ニットトランクス』は履いているのを忘れる心地…

  9. 女性から告白される超モテ男になる方法♡胸キュンセリフや女性から言…

  10. 大人気のご当地焼きそば10選!地域ならではの味を堪能

  11. 【若い女性が好きな理由】男性のリアルな本音は閲覧用心

  12. チェスターコートにはクラッチバッグ?バックパック?それとも!?

ページ上部へ戻る