閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ロードバイクおすすめライト5選|人気のUSB式キャットアイからお洒落なリアもご紹介!

ロードバイクはライトを装着しておらへんと違反!?

$(“”950069″”).click( (null, $(‘#headline950069’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950069″”)

点滅式ライトのみでの走行はNO!

$(“”950070″”).click( (null, $(‘#headline950070’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950070″”)

ロードバイクに限らず自転車は道路交通法上、夜間にライト装着せんと乗っていると違反となります。違反を考えるより前に、夜間にライト無しでロードバイクに乗ろうとは思いませんよね、オノレの身が危なくてしゃあないだ。他の人を事故に巻き込む危険性もありますので、ライトは必需品だ。ほんで警視庁のコメントを調べたトコ、夜間点滅式ライトのみでの走行はできないとされていて、前照灯と合わせての使用をすることと明記されています。ほんで長距離を走る場合は(併用含め)3〜4灯は準備したいトコ。街乗り時も予備があれば万が一盗難にあっても真っ暗夜道を帰らんと済みます。

どのようなライトを選ぶべき?

$(“”950071″”).click( (null, $(‘#headline950071’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950071″”)

用途に合わせて使い分けも◎

$(“”950073″”).click( (null, $(‘#headline950073’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950073″”)

ライトを選ぶ時のポイントは、充電式か電池式か。ほんで明るさ、他にデザイン的な好みになってくると思いますが、まず「充電式か電池式か」ですが、最近はUSB充電式が多く気軽に充電もできよりますので、多少充電の手間はありますがコスト面でも充電式がおすすめかと思います。電池式(単三乾電池)の場合はエネループなどの充電式電池対応のものがあったり、コンビニやぐに購入できるのでいざちう時に助かります。ただちびっと重量はあります。ボタン電池式の場合は売ってへん場合もあるので、ボタン電池式を買うならUSB充電式が◎
明るさに関しては、「ルーメン」「カンデラ」「ルクス」など明るさの単位が記載されていると思いますが、ルーメン判断で良いと思います。数字が高くなるほど明るくなります。街乗りで街灯があるトコを主に走る場合には、100〜200ルーメンで充分といえます。

ロードバイクライトの取り付け位置に関して

$(“”950074″”).click( (null, $(‘#headline950074’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950074″”)

歩行者や車に紳士的な対応を。

$(“”950076″”).click( (null, $(‘#headline950076’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950076″”)

ライトの位置はハンドル(聞き手側)に付けている方がほとんどだと思います。この位置は車を運転される方からは賛否両論ありますが、自転車を乗る側からすると、この位置が1番理にですかっていると言えると思います。向きはちびっと下向きにすることで対向車にも目くらましにならんと、路面もしっかり照らせるので、位置よりも角度に用心して取り付けましょう。

ほなら、ライトのおすすめをご紹介したいと思います。街乗りやどシロウトの方にも使いやすい人気のフロントライト 選とリアライトのおすすめもピックしてみましたさかい、これからご購入予定の方はご参考にしてみてください。

コンパクトで優しい光『CAT EYE ヘッドライト VOLT200』【USB充電】

$(“”950078″”).click( (null, $(‘#headline950078’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950078″”)

街乗りで使用する場合は、コンパクトなUSB充電式のライト「VOLT200」がおすすめ。凄い明るい!ちうわけではおませんが、街灯がある場所を通勤・通学等で走行するなどの方はこちらがおすすめだ。きつい光ではなく歩行者などに配慮された光やので、街乗りでの使用であれば充分満足できます。VOLT200単体の重さも60g以内ですごい軽いので、他のVOLT系と併用しても使いやすいと思います。併用することですごい見やすい配光になります。

ハイパワーで人気の『CAT EYE ヘッドライト VOLT400 』【USB充電】

$(“”950079″”).click( (null, $(‘#headline950079’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950079″”)

キャットアイからもう1点、400ルーメンの明るさのハイパワーヘッドライト「VOLT400 」もおすすめ。VOLT200との併用にも◎ですかり明るいので、歩行者や車の多いトコではちびっと配慮が必要かも。ウチもUSB充電式で重さは120gと比較的軽量といえます。因みに現在キャットアイの充電式だと、約1600ルーメン(VOLT1600)まで販売されています。

満足度の高い明るさと価格!『GENTOS(ジェントス) XB 357RE 』【USB充電】

$(“”950081″”).click( (null, $(‘#headline950081’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950081″”)

ウチはGENTOS(ジェントス)のXB357RE(320ルーメン)で、着脱の使いやすさと明るさも好評なライト。キャットアイと迷ってウチを購入している方も多く、価格的にもキャットアイと比べて安いトコも◎!配光は街乗りであればノーマルで充分な明るさやので、街乗りでハイに周りに迷惑になってしまう場合も。街灯がない真っ暗な所でハイ使用でOKだ。スポット的な明るさではなく、全体的に明るいアホでも使えるようなライトとして人気が高いだ。

リアの安心度がパワーアップ!『CAT EYE TL-LD155-R』【リアライト】

$(“”950083″”).click( (null, $(‘#headline950083’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950083″”)

キャットアイの定番のテールライトがパワーアップして登場したのが「TL-LD155-R」。3種類の点滅モードから選べて、その中のラピッドモードはですかり目立ち、後から来る車に存在を教えるのにすごい分りやすく、大きく避けてくれるようになったちう意見も多く聞かれるテールライトだ。乾電池(単4電池2本)で長持ちする点も◎!取付方法は、シートポストやサドルバッグ、シートステイなどに取付可能で縦でも横でも自由に取付出来る優れもの。

常に美しくいたい貴方にはお洒落な『HiHiLL LT-BL2』【リアライトUSB】

$(“”950085″”).click( (null, $(‘#headline950085’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950085″”)

ウチも人気が高くおすすめなテールライト「HiHiLLのLT-BL2」。ウチはコンパクトで最低限の装飾やので、どのような自転車にも邪魔にならず、美しい見た目が保てます。ほんでしっかり点灯してくれるので機能性も◎ microUSB充電できるので、もし充電が不足してもモバイルバッテリーで充電できる便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さも好評。

まとめ

$(“”950087″”).click( (null, $(‘#headline950087’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”950087″”)

ライトはロードバイクに限らず必要不可欠なアイテムだ。命に関わることでもあるので、しっかり照らし安全性の高いバイクで快適な走行を楽しみたいやね。夜間走行が少ない方も充電や明るさなど、まめにチェックしてみてくださいね。ほんで簡単着脱できるものを選んで、自転車から離れる時はカバンに入れて持ち歩きをおすすめします。走行中にオノレで落として無くしてしまう場合もありますが、盗難も良くある話しやので多少邪魔でも真っ暗な中を帰るよりはマシやので。

*本記事に掲載している価格・詳細等は2016年8月時点のものです。

関連記事▼

ロードバイクの泥除けは必要?簡易着脱できる人気フェンダーと選ぶポイントはこれ!

ロードバイクに泥除けは必要なのか疑問に思っている方にぜひ参考にして頂きたい情報をまとめてご紹介したいと思います!必要性と選ぶポイント!ほんでクールで軽く、取り外しも簡単にできる人気の泥除け6選をピックアップ。泥除けは後を走る方への配慮としても◎どんな時でも紳士的なMr.JOOYに選んで頂きたいアイテムをぜひご覧ください。

ロードバイクどシロウトにおすすめヘルメット5選|街乗りにも使えるGIROやOGKも見逃せへん!

今回はロードバイクおすすめヘルメットをご紹介したいと思います!どシロウトの方にも使いやすいOGKや、ファッショナブルで街乗りに使いやすい人気ブランド5選に加え、ヘルメット選びのポイントも解説!安全性とお洒落心も備わったヘルメットは、Mr.JOOYのロードバイクライフを更に充実させてくれます。ご購入、買い替えを考えている方はぜひご参考に。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 大日本帝国人男性の深刻な薄毛の悩み、手遅れになる前に知っておくべ…

  2. てんてんビアのリュックが人気!おすすめの防水性特化モデル・新作モ…

  3. 無地Tシャツでつくる、こなれた大人のリゾートコーデ5選

  4. 女性が好きな人にている脈あり態度や仕草|サインに気づけば心をGE…

  5. 元バイヤーが伝授!おしゃれ大人メンズカラーコート着こなしのススメ…

  6. 恋愛心理学から学ぶ女性の脈ありサイン|45センチ以上近づく女子は…

  7. 毎日毎晩壱年中おしゃれなWEARISTAのONとOFFを覗く|4…

  8. バスケットシューズ

  9. ヴェルサーチ腕時計のバリエーション厳選4種!伊達男のトップブラン…

  10. 【宇都宮の居酒屋まとめ】個室も大充実のデート向き名店を中心に30…

  11. クラシックテイストを知ればファッションが楽しくなる!取り入れるべ…

  12. オノレを律すると人生が変わる|怠け心を追い出してオノレをコントロ…

ページ上部へ戻る