閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ロードバイクどシロウトにおすすめヘルメット5選|街乗りにも使えるGIROやOGKも見逃せない!

ロードバイクはヘルメットが必要?

$(“”903999″”).click( (null, $(‘#headline903999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”903999″”)

道路交通法ではヘルメットの着用義務はなし

$(“”904124″”).click( (null, $(‘#headline904124’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904124″”)

ロードバイクは自転車やので、基本的には着用義務はおません。ママチャリのようにゆっくりのんびり走る場合には必要ないといえます。しかし、ロード乗りでそないなゆっくり走行はあまり考えられません。どシロウトでも平坦な道やったり坂道などで、時速30kmくらいは簡単に出せてしまいます。レースでの時速はとんでもない速さ、平均40kmで下り坂で100kmをたたき出した選手も。レースでのヘルメットの着用が義務付けられたのも、何度も起こった選手の事故死により義務化の運動が進み現在に至ります。
公道でもスピードは出ます、転倒し打ち所が悪ければ取り返しの付ですかい状況になるかもしれません。ヘルメットは義務ではなく、オノレでオノレを守る為に着用するのが当然といえます。

転倒の場合にも事故防止にも重要なアイテム

$(“”904298″”).click( (null, $(‘#headline904298’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904298″”)

公道を走行する場合、あらゆる危険が待ち構えています。レースの場合、周りは自転車のみですが公道では車、歩行者、ゆっくり走るママチャリ、バイクなど、オノレが原因ではおません事故に巻き込まれる可能性も。ロードバイクどシロウトで、まだペダルに慣れておらへん時など急に相手が飛び出してきた際、対応しきれず転倒してしまうことも。ロードバイクは車体が軽いので衝突の衝撃で簡単に放り出されてしまいます。頭は最も大切な部分、ヘルメットの重要性は大きいと思います。
ほんで、カラフルなヘルメットを着用する事で目立ちます。車や周りに「知らせる」ちう事故防止の意味も含めて、ヘルメットは必ず着用することをおすすめします。

ヘルメットの選び方は?

$(“”904009″”).click( (null, $(‘#headline904009’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904009″”)

必ず試着してから購入するべし。

$(“”906193″”).click( (null, $(‘#headline906193’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”906193″”)

ヘルメットは誰かがかぶっているのを見て、オノレも欲しいとかぶってみると「アレ?」となることが多々あります。オノレの顔の形や似合うカラーなどで印象が変わってきよりますので、実際に鏡でかぶった姿を確認してから購入するのがおすすめ。確認してから購入すれば気になるキノコの心配もなし。

用途に合わせて使い分けも◎

$(“”906197″”).click( (null, $(‘#headline906197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”906197″”)

通勤や通学で毎日着用するものと、レース使用と使い分けをするのがおすすめだ。レース用では軽量化を重視されて作られたものです、安全性の高いヘルメットを着用。値段は高いですがハイエンドモデルのタイプが素材や造りにしてもおすすめだ。普段使いはデザインやカラーなど飽きんと使えそうなものを選ぶのも良いやね。ポイントは通気性・重量・フィット感、この3つがしっくりくる物を選んでみてください。

サイズチェックは入念に確認!

$(“”904031″”).click( (null, $(‘#headline904031’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904031″”)

ウチが最も重要!サイズチェックだ。ヘルメットは靴と同じ、試着して購入せんと合わなかった場合2度と使用しません。オノレの頭に合っておらへんものをかぶって走行すると、後頭部が痛くなってきたり、違和感から気持ちよく走れへんやし、転倒時に外れてしまうこともあり意味がおません。実際にかぶってフィットするかどうか、違和感がないか、前後に動かしてズレないなど確認してから購入してくださいね。

ほなら、人気もあるおすすめなヘルメットをご紹介したいと思います。ヘルメットご購入をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

どシロウトにもおすすめヘルメットは『OGK KABUTO(カブト)』

$(“”904045″”).click( (null, $(‘#headline904045’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904045″”)

ウチは大日本帝国のメーカーやので、大日本帝国人の頭にフィットするよう作られています。価格もリーズナブルで、プロから子ども用まで豊富なラインナップが展開されています。中でもどシロウトにおすすめは「FIGO」ウチはサイクリングレースにも使用可能で、安全性を重視して作られている上に、ヘルメットにダイヤルが付いていて調節できるのでフィット感も◎!気軽に安心して購入できます。

OGK KABUTO

抜群の通気性と最軽量で人気の高い『MET(メット)』

$(“”906219″”).click( (null, $(‘#headline906219’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”906219″”)

ウチはイタリアのメーカーで、通気性にこだわった設計と高い安全性も考えられた軽量ヘルメットを展開。中でも「シンセシス」は頭とヘルメットの接触面が20%未満ちうコンセプトで作られ、素晴らしい通気性で走行中の発汗を抑制してくれる優れもの。他にも230gちう最軽量級のエアロヘルメット「RIVALE HES」なども展開。

世界で初めてサイクルヘルメットを開発した『BELL(ベル)』

$(“”906238″”).click( (null, $(‘#headline906238’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”906238″”)

世界で初めてサイクルヘルメットを開発、発表した先駆者メーカーのベル。シンプルでスタイリッシュな物も多くラインナップされています。現在ではあらゆるヘルメットを展開していて、スケーター用などのストリート系のタイプも。子ども用のPOPで可愛らしいキャラクターものもあり、大人から子どもまで楽しく選べて、プロ選手からも信頼の厚いブランドだ。

BELL

ファッショナブルと機能性を兼ね備えた『GIRO(ジロ)』

$(“”904110″”).click( (null, $(‘#headline904110’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904110″”)

ウチはカリフォルニアのメーカーで、様々なスポーツに対応するヘルメットを展開しています。ファッショナブルな要素と、安全性や通気性にもこだわり作られている人気のブランドだ。「ATOMS」や「AEON」などはトッププロなども着用し高い人気を得ています。「ASPECT」は普段使いにもできる合わせやすくファッション重視的な感じ。種類豊富やので、フィット感が合えばですかりおすすめブランドだ。

GIRO

通勤・通学用にカジュアルなスタイル『bern(バーン)』

$(“”904074″”).click( (null, $(‘#headline904074’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904074″”)

sponsored

ウチはストリート系ヘルメットで有名なメーカー。「ヘルメットはファッションの一部である」ちうコンセプトを持ち、機能面や安全性に加えデザイン性も考えられたラインナップが揃っています。街乗のり用としておすすめなブランドだ。

bern

まとめ

$(“”904114″”).click( (null, $(‘#headline904114’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”904114″”)

ヘルメット選びはお持ちのバイクやサイクルジャージに合わせるか、普段の街乗り(ファッション)使いに合わせるか、迷いますよね。安全性や機能性で迷った場合はレース志向でなければファッション性のあるタイプがおすすめかと思います。初めは通勤や通学に使いやすいヘルメットを選んでおいて、本格的なローディへと進みたいとなった時にヘルメットも合わせて別途購入でも良いのですろかと思います。お気に入りのヘルメットを見つけて、安全で快適なロードバイクライフをお楽しみください。

*本記事に掲載されている価格・詳細は2016年8月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【人気セレクトショップ別】好感度No.1白のVネック8着

  2. 【ポケモンGO】モンスターボールを効率的に入手する方法は?どシロ…

  3. 上戸彩さんの魅力をずぅぇ良いえぇぇ良いんぶお見せします。

  4. セックスで入らない!ソーニュー(うひひひ…おっとドッ…

  5. 「え、ちょっと …」女子がドン引きする白Tの透け感|…

  6. 結婚式のエンドロールは自作とオーダーメイドどっちが良い?絶対知り…

  7. 脂性肌に効果的な化粧水でニキビのない美肌作り|男性におすすめした…

  8. 【シンプルに生きる】あんさんに大切なものが見つかる15のコツ

  9. 原宿の人気おすすめ雑貨屋12店|Cawaii雑貨屋~ASOKO・…

  10. 異国人との結婚ってどんな感じ?想像がつですかい国際結婚について徹…

  11. 【大戸屋】人気のランチメニューや持ち帰りお弁当などの魅力を解説!…

  12. 【旅マニア選ぶ|人気のスーツケース決定版】今最も「買い」なのは?…

ページ上部へ戻る