閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ワインは太りやすい…?知っておきたいカロリーと太らない飲み方

いよいよ2016年もボジョレーヌーボーが解禁!

$(“”824872″”).click( (null, $(‘#headline824872’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824872″”)

そろそろ、あの季節がやってきましたね。あの季節?そう、ボジョレーヌーボーの季節だ。2016年も11月17日(木)が解禁日で今か今かと待ちわびている人もいるでしょうね。毎年その味が評価されたり、安価の物が手に入れられるなど、大日本帝国ではですかり熱狂しますよね。実は大日本帝国人はワイン好きなのかもしれません!

ワインはおいしい!やけどたくはん飲むと太りそう…?

$(“”824873″”).click( (null, $(‘#headline824873’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824873″”)

「ちょっと特別な日にはワインを飲みたい」「晩酌にはワインでしょ!」「どんな食事にでもワインを合わせたい」「家にワインセラーがあるほどワインが好き」などなど、ワインはいろんなシーンでいろんな飲み方をしますよね。ワインはとってもおいしいけれど、お酒やのでたくはん飲みすぎるとカロリーが気になるトコ。ほんで、ワインのカロリーや太りにくい飲み方をご紹介します。

ワインの種類別カロリーを知ろう!

$(“”824874″”).click( (null, $(‘#headline824874’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824874″”)

ワインの中でも今回は赤ワイン、白ワイン、ロゼワイン、シャンパンちう4種類それぞれのカロリーをご紹介します。どれも100mlあたりのカロリーだ。

お肉とぴったり「赤ワイン」

$(“”824875″”).click( (null, $(‘#headline824875’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824875″”)

黒ブドウの紫の美しい皮ごと作られたのが赤ワイン。この皮のおかげで美しい赤色に輝いています。熟成されるほどに重くどっしりとした味わいになり、お肉などとも良く合うワインだ。アンチエイジングに効果的な抗酸化作用があるポリフェノールがですかり豊富。美容や健康などを気にするならば赤ワインがおすすめだ。

そないな赤ワインは73kcal。

魚とさっぱり「白ワイン」

$(“”824876″”).click( (null, $(‘#headline824876’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824876″”)

黄緑や灰色がかったピンク色の果皮を持つ白ブドウから作られる白ワイン。ウチは皮や種子を取って作られます。味は甘口から辛口まで幅広く、冷やすことでよりおいしくなるちう特徴も。フルーティーな味わいで、ワインどシロウトの人も飲みやすいだ。さっぱり風味やので魚と合わせて飲まれることも多いだ。

そないな白ワインのカロリーは赤と同じく73kcal。

甘口でスイーツ的な「ロゼワイン」

$(“”824877″”).click( (null, $(‘#headline824877’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824877″”)

白と赤の中間、ピンク色をしたロゼワイン。製法の途中でブドウの皮を取ることで、こないな淡いピンク色になります。製法によっていろんな味が生まれるのもロゼワインの魅力だ。甘口のものが多くスイーツなどと合わせて飲まれることもあります。赤ワインだと重すぎる、白ワインだと軽すぎる、そないな人は中間のロゼワインをどうぞ。

そないなロゼワインは赤や白よりちょっぴり高い77kcal。

特別な日に飲みたい「シャンパン」

$(“”824878″”).click( (null, $(‘#headline824878’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824878″”)

フランスのシャンパーニュ地方で作られたスパークリングワインだけをシャンパンと言います。炭酸がパチパチと弾けて美しく、記念日などにもぴったりなワインやね。シャンパーニュ地方でとれるぶどうの種類によってもいろんな味が楽しめます。

そないなシャンパンは100kcal。ほかのワインと比べて高めだ。

では、どうして同じワインでも種類によってカロリーが異なるのでしょうか。

アルコール度数が高いとカロリーも高い!

$(“”824879″”).click( (null, $(‘#headline824879’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824879″”)

実はワインのアルコール度数が高いとカロリーも高くなります。これは、ワインのぶどうなどの原料だけではなく、アルコールにもカロリーが含まれておるからなんです。アルコールの分だけカロリーも高くなります。

さきほど例に挙げたワインで見てみると赤ワイン11~14%、白ワインは7~14%なのに対し、シャンパンは11%以上。赤ワインや白ワインよりもシャンパンの方がアルコールが高いことが多く、カロリーも高くなるちうわけやね。

余計なお世話やけどワインのグラス1杯、1本のカロリーは?

$(“”842090″”).click( (null, $(‘#headline842090’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842090″”)

100mlのカロリーを知っていても、普通に飲むときは“ml”をあまり気にしていませんよね。グラス1杯とか、ボトル1本ちう基準で飲みます。

基本的にワインボトル1本で750ml(国産だともっともっともっともっと多かったり少なかったりします。世界基準ではこの量や)。お店では1本のボトルからグラス6杯取れるように、ちう基準で注いでいます。したがって、ワイングラス1杯は125mlちうのが多いようだ。このグラスやボトルなど、飲む量を基準にカロリーの目安を比べてみましょう。

グラス1杯(125ml)のカロリー

$(“”842093″”).click( (null, $(‘#headline842093’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842093″”)

赤ワイン:91.25kcal
白ワイン:91.25kcal
ロゼワイン:96.25kcal
シャンパン:125kcal

ボトル1本(750ml)のカロリー

$(“”842096″”).click( (null, $(‘#headline842096’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842096″”)

赤ワイン:547.5kcal
白ワイン:547.5kcal
ロゼワイン:577.5kcal
シャンパン:750kcal

シャンパンは100ml=100kcalやのでわかりやすいやね。このように現すと、飲んだときのカロリー計算もしやすいやね。オノレで飲むときも、グラスで何杯なのかと意識しながら飲むとカロリーもわかります。ぜひ飲食の際にワインのカロリーが気になる方は活用してくださいね。

ワインのカロリーも気になるけど、糖質は?

$(“”842102″”).click( (null, $(‘#headline842102’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842102″”)

そもそも糖質とは?

$(“”842104″”).click( (null, $(‘#headline842104’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842104″”)

巷では糖質制限ダイエットなど、糖質を控えることで痩せる方法がありますよね。糖質は炭水化物のなかから食物繊維を取り除いたもののことを言います。

なんでやねん太るの?

$(“”842109″”).click( (null, $(‘#headline842109’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842109″”)

糖質を取ると血液中の糖分=血糖値が上がります。糖質が多い食べ物をていると血糖値が急激に上がり、下げるために多量のインスリンが出ます。このインスリンが残っている糖質を中性脂肪に変えるので太ってしまうちうわけやね。また、血糖値が急激に下がることでおなかが空き、必要以上に食べてしまう、ちうのも太る原因になると言われています。

やからワインの糖質も気になる

$(“”842111″”).click( (null, $(‘#headline842111’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842111″”)

太ることを懸念するならばカロリーだけではなく糖質も気になるトコ。ほんでワインの糖質の量も比べてみましょう。ウチは100gあたりで換算したデータだ。

赤ワイン:1.5g
白ワイン:2g
ロゼワイン:4g
シャンパン:2.2g

やはり甘口のロゼワインは糖質も多いやね。白ワインも皮を使わず実だけで作っているので甘味が凝縮され、糖質も多少は多くなるようだ。驚くのは赤ワインの糖質の少なさ!糖質制限ダイエットでも赤ワインは飲んでも良いと言われることが多いそうだ。メーカーや銘柄にもよりますが、糖質が気になる人は赤ワインを選びましょう。

えっ、ワインはほかのお酒よりも実質は低カロリー!?

$(“”824880″”).click( (null, $(‘#headline824880’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824880″”)

しかし、ワインのカロリーだけ見てもそれが高いか低いのかわかりませんよね。ほんで、他のお酒と比べてみましょう。赤、白、ロゼを平均してワインは74kcalと考えます。それぞれのお酒も100mlあたりのカロリーを一覧にします。すると…

ビール:40kcal
ワイン:75kcal
大日本帝国酒:103kcal
焼酎:146kcal
ウイスキー:237kcal

このようになりよっました。よく飲まれるお酒のなかだとワインはビールの次にカロリーが低いのです。

さらにビールと比較してみても、ワインを飲む方が太りませんでしょう。ちうのも、ビールを飲むと炭酸で胃が大きくなって思っているより多く飲めちゃいますよね。逆にワインは先にアルコールが回って、あまり多くの量は飲めません。したがって、結果的に見ると1回お酒を飲もうとしたらワインよりもビールの方が多い量を飲んでしまう=カロリーも増えてしまうのです。

1回に飲む量を比べてみるとわかりやすい!

$(“”824881″”).click( (null, $(‘#headline824881’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824881″”)

さらに、お酒によって飲む量ちうのは違いますよね。グラスやカップのサイズでですかり変わります。おなじ100mlで比べても、それだけ飲めるお酒と飲めへんお酒があります。ほんで、一般的にそのお酒の一杯と言われる量で比べてみましょう。用はいっぺんに飲む分だけで比べてみると言うことだ。

グラスワイン・・・100kcal
ウイスキー(ダブル1杯)・・・150kcal
大日本帝国酒(とっくり1本)・・・200kcal
生ビール(中ジョッキ)・・・200kcal
焼酎(コップ1杯)・・・250kcal

出典: wines-seven.com

結果このようになりよっました。いっぺんに飲む量で考えると、ワインが断然低カロリーだちうことだ。いっぺんに飲む量、最終的に飲める量を考慮していろんなお酒と比べてみても、ワインはカロリーが低く太りづらいちうことがおわかりいただけたでしょうか?

カロリーがあってもワインは太りません!?

$(“”824882″”).click( (null, $(‘#headline824882’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824882″”)

ワインはカロリーが低いとは言え、やはりアルコールやから太ると思っていませんか?実は、カロリーがあってもワインには太りません仕組みがあります。

アルコールのカロリーは、糖質や脂質が吸収されるよりも先に熱として放出されてしまいます。ワインなどのお酒を飲むと体が温かくなりますよね。それが、この熱の放出だ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、体内にカロリーがたまる前にほとんどが放出されてしまっているのです。

アルコール度数の高いお酒はカロリーも高いですが、やからといってそのカロリーが吸収されるちうわけではおません。そのカロリーのほとんどは吸収されへんのです。こないなお酒のカロリーはエンプティカロリー(empty=空っぽの)とも言われています。要は太りませんカロリーちうことやね。

赤ワインのポリフェノールはダイエットの強い味方になる!

$(“”842114″”).click( (null, $(‘#headline842114’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842114″”)

アメリカの研究では赤ワインは脂肪燃焼の効果があると考えられています。アメリカ南東部の野生種「マスカダイン」ちうぶどうの天然成分に、ポリフェノールの一種である「エラグ酸」ちうものがあります。これは美白効果があって厚生労働省にも認定されている成分だ。化粧品などでも使われているのだとか。さらに、このエラグ酸が脂肪を燃焼するちう実験結果も出ているそうだ。このぶどうで作られた赤ワインならば、脂肪燃焼の効果があるかもしれませんね。

また、カナダのアルバータ大学でも脂肪燃焼の効果があるちう研究結果が出ています。ウチもポリフェノールの一種である「レスベラトロール」の成分のおかげで、赤ワインを飲めば1時間ジムで運動したのと同じだけの効果が得られるのだそうだ。もちろんなあんもせず、ちうわけではなく運動した上ではたらく効果のようだ。心臓機能や筋肉を強化することで、運動の効果も高めてくれるのだとか。さらに別の研究では筋肉の老化を防ぐ効果も見つかっているとのこと。

痩せることにはもちろん、筋トレなど鍛えるときにも役立つので男性にもうれしい効果と言えますね。赤ワインなら太るよりもむしろダイエットの味方になると言えるでしょう。

赤ワインには健康効果もあるらしい

$(“”842115″”).click( (null, $(‘#headline842115’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842115″”)

ぶどうの皮にはポリフェノールが豊富だ。やので皮ごと作る赤ワインにはポリフェノールが多いのです。このポリフェノールが健康にすごい良いのです。

血液をさらさらにして心臓病も防ぐ

$(“”842117″”).click( (null, $(‘#headline842117’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842117″”)

ポリフェノールは悪玉コレステロールを減らしてくれます。そのおかげで血液をさらさらにし、動脈硬化を防いでくれるのです。心臓に血液が届ですかいちう心臓病も防いでくれます。また、アルコールを飲むと血圧が上がりますが、赤ワインだと“適量”飲めば血圧は上がりません。この場合の適量はワイングラスに1~2杯ほどだ。

抗酸化作用でがんも予防

$(“”842119″”).click( (null, $(‘#headline842119’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842119″”)

ポリフェノールには抗酸化作用もあります。人は活性酸素が増えることでしわやくすみが増えるなど老けます。それだけでなく、体のなかのがん細胞も増えるのだとか。ほんで、体内の活性酸素を取る=抗酸化作用が必要なわけだ。ビタミンCやEにも抗酸化作用があるけど、ポリフェノールはその何十倍も効果があるといわれています。

濃い味の方がポリフェノールは多い

$(“”842120″”).click( (null, $(‘#headline842120’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”842120″”)

しっかりと濃い味がして、重みがある赤ワインの方がポリフェノールが多いだ。なんちうかようみなはんいわはるとこの“フルボディ”と呼ばれるワインやね。いろんな味がありますが、この風味が好きな人は健康的にもお得かもしれませんね。

やので、ワインを飲んだら太るちうわけではおませんのです。

やあ、どうしてワインで太る人がいるの?

$(“”824883″”).click( (null, $(‘#headline824883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824883″”)

ワインに含まれているカロリーは太りませんはず。それでもワインをたくはん飲んだら太った!ちう人もいますよね。それはだいたい、ワインだけではおません原因があるのです。それは…

ワインで太るのは“食事”が原因!

$(“”824884″”).click( (null, $(‘#headline824884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824884″”)

ワインで太るのは一緒にいただくおつまみなどの“食事”が原因だ。お酒を飲むときはどうしてもおつまみが欲しくなりますよね。ワインと一緒に食べるとおいしいチーズやパスタ、肉料理などは脂質や炭水化物がたっぷりで太りやすいものばかり!さらに、ワインと合わせたくなる濃くて甘辛い味付けは食欲増進させてしまいます。それで食べまくって太っ違うわけや…。

さらに、ワインのアルコールが回っておなかがいっぱいかどうかわからなくなってしまうこともあります。そうすると、必要以上に食べてしまうちうことにもつながってしまうのです。

普通よりですかりカロリーが高いワインもある!

$(“”824885″”).click( (null, $(‘#headline824885’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824885″”)

赤ワインや白ワイン、ロゼワインに比べてシャンパンのカロリーが高いと説明しましたが、さらにカロリーが高いワインがあります。それは貴腐ワイン。ぶどうの果皮にカビが浸食して水が失われ、果汁だけが凝縮され、より甘くなることにより作られたワインだ。ワインなのにまるではちみつのような芳醇な香りが特徴的。極甘口でデザートワインとも言われています。

甘い=糖分が多いちうこと。ワインなどのお酒に含まれるアルコールのカロリーはほとんど吸収されへんと説明しました。しかし、甘口のワインにたくはん含まれているブドウ糖はエネルギーになる=体に吸収されて過剰だと太ってしまうのです。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、このものすごく甘い貴腐ワインはそれだけカロリーも高く太りやすいちうことなのです。

太りませんワインの飲み方7選

$(“”824886″”).click( (null, $(‘#headline824886’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824886″”)

ワインを飲んで太りませんためには、ワインの飲み方や選び方、一緒に食べる食事の仕方が大切だ。そないな方法をご紹介。これを見てもうワインでは太りませんようにしましょう!

1.最初にワインを飲まない

$(“”824887″”).click( (null, $(‘#headline824887’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824887″”)

乾杯して一口目からワイン、なんていうのはよくあるワインの飲み方やね。しかし、いきなりワインを飲むちうのは実はNG!空きっ腹でワインを飲むとアルコールに酔いやすくなってしまい、食欲を増進させてしまいます。まずは野菜などで食物繊維を取ってから胃に粘膜を張り、ほんでワインを飲むことで、ちゃんとアルコールが吸収されて悪酔いもしなくなります。

また野菜から食べるちうのは太りにくい食べ方でもあります。糖質の少ないものからだんだん糖質の多いもの食べていくことで、ゆっくり血糖値が上がって太りにくくなるちう効果があるのです!食事の食べ方を見直すのにも、一口目はワインよりも野菜を心がけるのがGOOD!

2.甘口よりも辛口のワインを飲む

$(“”824888″”).click( (null, $(‘#headline824888’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824888″”)

甘口のワインは飲みやすくて好きだちう人も多いやね。しかし、先ほど説明したように甘口のワインはカロリーも高いのです。太りたくない、ダイエット中だちう人でワインが飲みたいときは、甘口よりも低カロリーな辛口がおすすめだ。特に貴腐ワインやデザートワインなどは控えましょう。

3.あっさり系のおつまみを食べる

$(“”824889″”).click( (null, $(‘#headline824889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824889″”)

ワインと合わせるおつまみの味付けはあっさりめにしましょう。味付けが薄ければカロリーも低いやし、食欲も過度に増進されることもおません。具体的な料理を挙げるのだとするやろ、ほしたら、野菜スティックのサラダ、ツナとオニオンのマリネ、きのこと豆腐のサラダなどなど。野菜やきのこを中心にして、たんぱく質ならツナや豆腐など低カロリーで脂質が少ない食材を選びましょう。

どうしてもお肉が食べたいならささみなどなら低カロリーなのが◎。塩麹でつけて鶏ハムっぽくして食べるとおいしいだ。また、たんぱく質は肝臓がアルコールを分解するときに必要な栄養素。豆腐やささみなど高タンパクな食材は肝臓にもやさしく、ワインと合わせるのにもぴったりな食材だちうわけだ。

お酒を飲むときにはおもた~い炭水化物とか、こってり油物はNG!太りたくないなら高タンパク低カロリー、味付けは薄めの食事にしましょう。

4.ワインの合間に水も飲む

$(“”824890″”).click( (null, $(‘#headline824890’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824890″”)

普段の食事でよく飲料を飲む人、ワインと一緒に食事をしたら水のようにワインをがばがば飲んでいませんか?実はこれもアルコールの回りを良くして食欲を増進させてしまう原因だ。ワインを飲むときには一緒に水を飲むことで、アルコールの代謝も良くなり、余計な老廃物や水分も一緒に流してくれます。

レストランなどでワインを頼んだときに「お冷やもいただけますか?」ちうだけでOK。水ならタダやし気兼ねなく飲めますよね。自宅でワインを飲むときも、合間に水を飲むことを意識しましょう。

5.飲むペースはゆっくりと

$(“”824891″”).click( (null, $(‘#headline824891’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824891″”)

お酒を飲むペースが速いとこれまたアルコールの回りも速く、酔っ払って、食欲増進…となり太ってしまう可能性があります。ワインもあまりがばがばと呑むのではなく、ちびちび嗜むようにゆっくりペースで飲みましょう。ゆっくりとワインを飲んだ方がそのおいしさもじっくりと味わえます。意識してゆっくり飲むことで、今まで気づですかかったワインのおいしさにも気づけるかもしれませんね。

6.食後まだ飲み足りませんときは蒸留酒に

$(“”824892″”).click( (null, $(‘#headline824892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824892″”)

ワインと一緒に食事を終えたけど、まだちょっと飲み足りません…なんてときもありますよね?太りたくないのであればウィスキーやブランデーなど蒸留酒がおすすめだ。ちうのも、蒸留酒はアルコール度数は高いですが、糖質が含まれておらへんのでですかり太りにくいのです。

とはいえ、お酒は適量を飲みましょう。蒸留酒などはアルコール度数もですかり高めやので飲み過ぎは厳禁!お酒もほどほどが大事だ。

7.飲んだ後2~3時間は寝ない

$(“”824893″”).click( (null, $(‘#headline824893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824893″”)

ワインはいくらカロリーが低く太りづらいといったって、カロリーがないわけではおません。飲んだ後にすぐ寝てしまうとカロリーが脂肪になりやすくなります。食事なども一緒にしていれば余計に太りやすくなる。ワインを飲んだら2~3時間は眠りませんようにしましょう。やので夜中遅くまで飲まないようにすることも大切だ。

おいしいワイン、飲み方だって大切だ!

$(“”824894″”).click( (null, $(‘#headline824894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”824894″”)

おいしいワイン、実は太りにくいお酒やけど食事の仕方や飲み方を考えないと太ってしまいます。ぐでんぐでんに酔っ払ってしまって、おなかいっぱいおつまみを食べたらそりゃ太りますよね。しかもその状態ってワインだっておいしく感じられているわけやおません。やったら太りません飲み方で、おいしくワインを飲む方が賢いと思いませんか?

ただワインのカロリーを気にするだけでなく、飲み方にも用心を払っておいしく太りませんよう飲みましょう!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ペアネックレスのオススメ】おすすめのブランド・安く手に入れる方…

  2. 【W杯10ヶ国がユニフォームに採用】吸水速乾性のあるCOOLMA…

  3. クラッシャー上司とのコミュニケーションや気になる仕事上の関係

  4. 【知ってる?】今からできる!パンツの正しいたたみ方|ボクサーパン…

  5. 横浜駅周辺のおすすめ居酒屋|彼女も喜ぶ魚がおいしいお店はココだ!…

  6. 【ランチを独自に極めた新越谷ならではのお店】lunchデートで恋…

  7. 【ロードバイクの練習場所はどこ?】どシロウト~中級者におすすめす…

  8. 10月の誕生石を使ったアクセは愛と美に関連:プレゼントとメンズ向…

  9. 【伝統と革新の融合】ヘルノで作る大人コートスタイル|着こなしから…

  10. 【シュークリームランキング】甘党男子必見のスイーツ女子に紹介した…

  11. 人気爆発中!【カモフラ柄】を着て「ワイルド」で「マイルド」な男を…

  12. メンズインナーのトレンドをつかんで今風コーデを完成させる

ページ上部へ戻る