閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

ワンランク上の男を目指そう!万年筆のブランドおすすめ15選

万年筆一本でオノレの価値観が変わる!?

$(“”888757″”).click( (null, $(‘#headline888757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888757″”)

アナタは、万年筆にどんな印象を抱いていますか?「高そう」「ドラマでしか見ない」「使い方が難儀そう」など、どこかとっつきにくいちうイメージを持っていませんか?そないなイメージは今すぐに捨て去ってください!万年筆は、デザイン・機能ともに優れた素敵なアイテムなのです!

万年筆はボールペンと違い、使えば使うほどに、その人の癖に合わせて手に馴染んでくる成長するペンなのです。お手入れをして丁寧に扱えば、「一生の相棒」として使うことができります!いっぺん使うと手放はんとはいられへん万年筆は、こだわりを持つ男なら誰もが持っておきたいアイテム。

万年筆は、アナタのライフスタイルや価値観を変えてしまうかもしれへん魔法のアイテムなのです!

オノレに合った万年筆のブランドを見つけよう!

$(“”888758″”).click( (null, $(‘#headline888758’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888758″”)

万年筆には、千円とお手頃なものから何十万円もする超高級なものまで、たくはんのアイテムがあります。ブランドもたくはんあり、ブランドごとそれぞれに特徴があります。オノレに合った万年筆を選ぶためには、次のポイントを意識してみましょう!

ペン軸の太さ

$(“”888759″”).click( (null, $(‘#headline888759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888759″”)

アナタはペンを使っていて、力が入りすぎてすぐに疲れてしもたり、ペン軸が細くて使いづらいと思ったことはおませんか?長時間快適に書き続けるためには、オノレの手に合った軸の太さを選ぶことが大事なのです。ブランドごとにも軸の傾向に違いがあるので、用心深くチェックしましょう。

ペン先の出し方

$(“”888760″”).click( (null, $(‘#headline888760’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888760″”)

万年筆のペン先の出し方は、キャップ式のイメージが強いですが、実はボールペンのように、ノック式、ツイスト式、キャップ式などブランドやモデルによってさまざまな方式があります。オノレの用途に合わせて選びましょう。

デザイン

$(“”888761″”).click( (null, $(‘#headline888761’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888761″”)

ほんで、何よりも大事なのがデザイン。特にこの世におぎゃあいうて生まれてはじめて万年筆を買う人には、オノレが気に入ったデザインのものを購入することをおすすめします。万年筆と黒など重くて重厚感のあるカラーのイメージが強いですが、実はそないなことおません。

明るいカラーのモダンなデザインもたくはんあります。最近は女性向けの華やですか模様のアイテムもたくはん発売されています。ややこしいことはよくわかりませんちう人は、まずは直観でデザインだけで選ぶのもひとつの方法や!

以上の3つを意識して選べば、アナタに合う万年筆を見つけることができますよ!

万年筆で忘れちゃいけへんインクの補充方式の話

$(“”888762″”).click( (null, $(‘#headline888762’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888762″”)

万年筆を選ぶときに、忘れちゃいけへんのがインクの補充方式のこと!

ボールペンは中のカートリッジを入れ替えるカートリッジ式が主流ですが、万年筆には、カートリッジ式以外にも様々なインクの補充方式があります。それぞれに良い点があるので、選ぶ時の参考にしてください。

カートリッジ式

$(“”888763″”).click( (null, $(‘#headline888763’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888763″”)

ボールペンのように使い捨てのカートリッジ式をセッティングして、使い終わったらカートリッジごと交換してインクを補充するタイプだ。交換は簡単ですが、特定のカートリッジ式しか使えないものも多いので、用心が必要だ。

吸入式

$(“”888764″”).click( (null, $(‘#headline888764’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888764″”)

ボトルインクの中にペン先を入れ、尾栓を回転させることによりインクを吸入する方法だ。ペンの中に多くインクを入れることができ、残ったインクをもとのボトルに戻すこともできます。

出典: sailorshop.jp

コンバーター式

$(“”888765″”).click( (null, $(‘#headline888765’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888765″”)

コンバーターを使えば、尾栓回転式ではおません万年筆でもボトルインクからインクを吸入できます。 現在は、カートリッジも使用できる両用式が一般的だ。カートリッジと同様、形状はメーカーやモデルによって異なります。

出典: sailorshop.jp

カートリッジ方式も吸入方式も使い人におすすめや!

おすすめの万年筆ブラントをご紹介!

$(“”888766″”).click( (null, $(‘#headline888766’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888766″”)

PILOT(パイロット)

$(“”888767″”).click( (null, $(‘#headline888767’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888767″”)

sponsored

PILOT 万年筆 カスタム742

文筆家に満足してもらえる高品質を追求した万年筆だ。シンプルなデザインながら、気品あふれるアイテム。

sponsored

PILOT 万年筆 キャップレスデシモ

キャップが無い変わったデザインの万年筆。ノック式でペン先が出てくる個性的すぎるアイテムだ。スリムで軽いので、携帯するのに便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

大日本帝国を代表する筆記具メーカー「PILOT」。「書くことを楽しんでもらう」ことを目的に筆記具を作り続け、多彩な機能と優美なデザインの万年筆は多くのファンから愛されています。

セーラー万年筆

$(“”888768″”).click( (null, $(‘#headline888768’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888768″”)

sponsored

セーラー万年筆 万年筆 プロフェッショナルギア金

セーラー万年筆のプロフェッショナルギアシリーズの
頂点に立つモデル。
堂々とした太軸ボディは、手にずっしりとくるほど。
重い分だけ、安定感のある書き味が特徴だ。

sponsored

セーラー万年筆 クリアーキャンディ万年筆 めろん

1976年に発売された「キャンディ万年筆」シリーズの復刻版。

お値打ちな値段で買えるので、気軽な入門用万年筆としておすすめだ。
様々なカラーバリエーションを展開していて、どれも魅力的やので、
コレクションしたくなる人も多いアイテムだ。

MONTBLANC(モンブラン)

$(“”888769″”).click( (null, $(‘#headline888769’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888769″”)

sponsored

MONTBLANC マイスターシュテュック 万年筆 MB149F

「MONTBLANC」の中でも、万年筆の最高峰と言われる主軸シリーズ「マイスターシュテュック」
太めの軸がしっくりと手に馴染みます。
一生の相棒にふさわしいアイテムだ。

sponsored

MONTBLANC スターウォーカー レッド ゴールド メタル 万年筆

「MONTBLANC」では珍しい軸素材が金属でできたユニークな万年筆。
キャップトップに浮かぶシンボルマークのデザインが、未来へ向けて、
MONTBLANCの新たな価値感を示しています。

文房具に詳しくない人でも誰もが知っている高級万年筆ブランド「MONTBLANC」その伝統と圧倒的な存在感から「万年筆の王様」と呼ばれています。

モンブランといえばボディカラーの黒をイメージする方も多いとおもいます。この黒は「ブラック・プレシャス・レジン」ちう独自開発の樹脂で、モンブランにしか出せへん高級感や存在感を演出してくれています。手に馴染みやすく、長時間使っていても、疲れを感じさせません。

ほんで、キャップヘッドにはヨーロッパの最高峰であるモンブラン山の氷河を表すホワイトスターが、ペン先にはモンブラン山の標高を表す4810の数字があしらわれています。

また、「MONTBLANC」には歴史や文化に貢献した偉人にトリビュートを捧げるリミテッドエディションちうシリーズを発売するのも特徴。2014年には、作家シリーズとしてロビンソン・クルーソーを書いた「ダニエル・デフォー」を発表しました。

PELIKAN(ペリカン)

$(“”888770″”).click( (null, $(‘#headline888770’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888770″”)

sponsored

PELIKAN スーベレーンM1000

「PELIKAN」の代表的シリーズ「スーベレーン」の中でも、最上級モデルの一本。
長さや太さ、重心のバランスが絶妙。
ペン先が柔らかく、文字を書きやすいので長時間使う方にもぴったり。

sponsored

PELIKAN エポック P360サファイアブルー

太めで丸みを帯びたボリュームのあるボディが親しみやすい万年筆。
この世におぎゃあいうて生まれてはじめて万年筆を買う方におすすめの一本だ。

ドイツで生まれた筆記用具やインクの総合ブランド「PELIKAN」伝統的で機能的な筆記具を製造しています。

「PELIKAN」最大の特徴は、「インク」。絵具とインクの工場にルーツも持つため、インクのクオリティがすごい高く、重厚な書き味を演出します。サイズやペン先の種類の豊富さから、デザインもさることながら
アホでも使えるような筆記具としての優秀さを讃えられているブランドだ。

CARAN d’ACHE(カランダッシュ)

$(“”888771″”).click( (null, $(‘#headline888771’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888771″”)

sponsored

CARAN d’ACHE エクリドールコレクション レトロシルバー万年筆

1947年に誕生した伝統あるシリーズ。
一見、味気のないシルバーカラーのアイテムですが、
ペン先、ボディ、キャップとそれぞれ工夫を凝らしたデザインが人々の心を魅了します。

1915年創業のスイス最大の筆記用具ブランド「CARAN d’ACHE」精密な機械式腕時計で名高いスイスの職人技が詰め込まれており、現在まで一貫してスイス国内での自社生産にこだわっています。CARAN d’ACHEの万年筆の特量が六角形のボディだ。指に馴染みやすい形で、長い時間書いていても疲れにくいのが特徴だ。

定番の「バリアス」シリーズは、セラミックやカーボンなど様々な特殊素材をボディに使用するユニークなラインナップで愛されています。

PERKER(パーカー)

$(“”888772″”).click( (null, $(‘#headline888772’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888772″”)

sponsored

PERKER デュオフォールド

PERKERの代表的シリーズ。
ペン先は、くるみのチップを用いて磨かれています。
王道を行く重厚感あるデザインと機能性が融合した革新的なアイテムだ。

高級筆記用具ブランド「PARKER」はフランス生まれ。他にはないデザイン性と頑丈な作りでファンの多いブランドだ。英国王室御用達で世界中のセレブを始め多くの方に長く愛され続けています。

LAMY(ラミー)

$(“”888773″”).click( (null, $(‘#headline888773’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888773″”)

sponsored

LAMY 2000 万年筆

つや消しのステンレスボディが、炭のような質感を演出している個性的な万年筆だ。
軸部分には、インク窓があり、
道具としての使いやすさも反映されているデザイン性と機能性を追求したアイテム。

ドイツの筆記用具ブランド「LAMY」ラミーの万年筆は筆記用具としての基本である書きやすさを大切にしてデザインされています。ドイツの自社工場で丁寧に仕上げられる万年筆は使いやすさとデザイン性のバランスが取れた逸品だ。

WATERMAN(ウォーターマン)

$(“”888774″”).click( (null, $(‘#headline888774’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888774″”)

sponsored

WATERMAN エキスパート エッセンシャル

クラシックなデザインながら、各部にあしらわれたメタリックゴールドのカラーが魅力的な万年筆。

世界初の万年筆がこの「WATERMAN」のものですったちうわけだ。エレガントなデザインは特にヨーロッパで人気があります。ほかのブランドとは一線を画した魅力的な美しいデザインが特徴で、世界中からすごい高い評価を得ています。

CROSS(クロス)

$(“”888775″”).click( (null, $(‘#headline888775’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888775″”)

sponsored

CROSS 万年筆 センチュリーII クラシックブラック

細身のボディが特徴のCROSSの代表的シリーズ。
落ち着きのあるブラックカラーィに、ゴールドのクリップが映えるベーシックでありながら、ゴージャスな1本。

アメリカの歴史ある筆記用具ブランド「CROSS」。160年以上の長きに渡り世に送り続けてきた革新的な技術と、洗練されたデザインは、ビジネスマンを中心に愛され、高級万年筆の象徴として世界中に知られています。

DELTA(デルタ)

$(“”888776″”).click( (null, $(‘#headline888776’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888776″”)

sponsored

DELTA ドルチェビータ ミディアム 万年筆

オレンジのボディカラーが特徴的な万年筆。
クリップの先にローラーがついており、
胸ポケットに入れても生地を傷めません。

斬新なデザインの筆記用具を発表し続けるイタリアのブランド「DELTA」熟練した職人によって作られた万年筆は、世界中で優れた評価をおさめています。

AURORA(アウロラ)

$(“”888777″”).click( (null, $(‘#headline888777’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888777″”)

sponsored

【中古】 AURORA アウロラ 万年筆 オプティマ グリーン F

鮮やかかつボディカラーが目を奪う万年筆。
独自開発した「アウロロイド」ちう素材をペン軸に採用。
洗練されたデザインが特徴のアイテムで、世界中で愛されています。

1919年、イタリア・トリノ生まれの「AURORA」イタリアでもっともっともっともっと古くさい伝統を持つ万年筆ブランドで、イタリアらしい独特の華やかさが特徴だ。独自の技術にこだわっており、ペン先まで自社で生産している数少ないブランドだ。

安いけれど本格的!プロが認めたおすすめ万年筆

$(“”895335″”).click( (null, $(‘#headline895335’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895335″”)

万年筆のイメージで真っ先に思い浮かべるのが「高い」ちうこと。これまでご紹介してきたブランド商品も「やっぱり結構高い」と思っている方はいらっしゃると思います。ですが万年筆の価格はピンからキリまで、その幅はですかり広いちうことをご存知でしょうか?

基本的に万年筆の価格を左翼翼右翼翼するのはペン先にあります。素材が金であれば価格は高騰しますし、金を使用していなければ安価で済みます。すべての万年筆が高値ちうわけではなく、ただこの部分に目を向ければ安価なものを求めやすいのです。

ここではそうした万年筆の高いちうイメージを払拭していただきますため、安くて本格的な万年筆をご紹介します。毎日使う方からしたらコスパ最強アイテムになることでしょう。お値段以上の良い働きをしてくれる本格的な万年筆で、ぜひ万年筆デビューを飾ってください。

ノートにもおすすめなカジュアル万年筆!プラチナ萬年筆「プレジール」

$(“”895365″”).click( (null, $(‘#headline895365’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895365″”)

普段使いに最適な1,000円以下の万年筆、それがプラチナ萬年筆から販売されている「プレジール」だ。画像では分かりづらいかもしれませんが、デザイン的にもお値段以上の高級さを醸し出しているのが魅力となっている商品だ。

カートリッジ、コンバーターの両用ができ好みによって使い分けることも可能だ。気になるペン先にはステンレスが使用されています。書き心地もなめらかで、万年筆ちうよりボールペンを使っているのとさほど変わりなく使用できます。そのため万年筆ならではの書き心地が好きな方には少々物足りませんかもしれません。

しかし日常的にノートに物書きをせなならへん方など、普通のボールペンでは安っぽくなりすぎるちう方にはオススメだ。毎日使うマイペン、そろそろ使い捨てから変更しませんか?

満足度No.1の呼び声高い万年筆♪パイロット「カクノ」

$(“”895382″”).click( (null, $(‘#headline895382’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895382″”)

上記のおすすめブランドの中でもご紹介したブランド「パイロット」。そのメーカーからリーズナブルで本格差に拘った万年筆がウチの「カクノ」だ。ウチも1,000円前後で販売されているシリーズですが、そのお値段以上の働きを見せてくれることで有名で、使用者の満足度もすごい高いのが特徴となっています。

ペン自体が六角形にデザインされており、机に置いても転がりませんようになっているので使いやすさもバッチリ。またペン先には顔のようなデザインが施され、その顔が綺麗に見えるようにペンを持つことで正しい筆使いができる工夫がされているのも特徴だ。

まだまだ馴染みのない方やと、この正しい持ち方をマスターできるのは嬉しいポイントではおませんでしょうか。形から入るではおませんが、ちびっとでも綺麗に持ったほうが万年筆の高級さも損なわんと済むような気がします。使用者の満足度の高いコスパ最強の万年筆だと言えるかもしれませんね。

プレゼントで喜ばれる万年筆はコレ!おすすめ2選

$(“”895405″”).click( (null, $(‘#headline895405’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895405″”)

文章を書く仕事をしている方以外にも営業マンや主婦だって家計簿などで日常的にペンを使用するものです。粗品で受け取った3色ボールペンや、使い捨てにもなる100円均一で買ったペンなどを使用している方って結構多いやね。これを見ているあんはんも1本は持っているのでは?

そうした使用頻度が高いアイテムでありながら、なですかかオノレでは買うことのないのがペン類でもあります。ほんで次回誰かにプレゼントするときには万年筆を候補に入れてみませんか?万年筆は持っている確率も低いため意外と喜ばれるアイテムでもあります。

プレゼントにおすすめ万年筆をご紹介したいと思います。

18金ロジウム使用で高級感バッチリ!「パーカー ソネット オリジナル」

$(“”895416″”).click( (null, $(‘#headline895416’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895416″”)

店舗によっては名入れ彫刻も施してくれる万年筆だ。おすすめブランドでもご紹介しましたブランド「パーカー」から販売されており、細かい線なども書きやすいため老若男女問わず使いやすいアイテムだ。ほんでペン先の素材は18金ロジウムが使用されているちう高級感漂う本格的な万年筆なのもプレゼントにおすすめの理由の一つだ。

それでいて価格は13,000円程度に収まりますので大切な人へのプレゼントには最適ではおませんでしょうか。仕事で大きなプロジェクトを成し遂げた後輩へ、毎日ノートに日記を書いている奥様へ結婚記念日に…など、何ぞの記念日に贈るのも素敵やね。名入れ彫刻をしてもらうと一生モノの贈り物になることは間違いおません。

女性は誰もが虜に?奥様へのプレゼントにおすすめ「セーラー万年筆 プロフィット」

$(“”895438″”).click( (null, $(‘#headline895438’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”895438″”)

万年筆ならではの高級感を漂わせているウチの「セーラー」から販売されている「プロフィット」は、ぜひ奥様へプレゼントしとっただきたい商品だ。女性の手に馴染みやすく、すごい軽量に作られており、その書き心地は女性の心を鷲掴みにすると言われているのだとか。

デザインも豊富でポップなものからゼブラ模様、舞子がデザインされたものまで幅広く展開されているのも女性心に響く万年筆だと言われているポイントかもしれません。ちびっと高額になるのでプレゼントにまで手が伸びないかもしれませんが、特別なときに候補として覚えておいてくださいね。

オノレだけの万年筆を見つけましょう!

$(“”888778″”).click( (null, $(‘#headline888778’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”888778″”)

万年筆はパソコンやスマートフォンが全盛の今、文字を書く楽しさや喜びを再認識させてくれます。大人のたしなみとして、オノレにぴったりの一本を見つけてみませんか。

※本記事に記載されております価格は、2016年8月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ヘビロテ確定な佐世保のおすすめ居酒屋特集】オシャレな個室ありか…

  2. 【LINEのほんまに正しい頻度とは】好きな彼女&好きな人との最適…

  3. 【東京SNAP】毎日毎晩壱年中と違う夏を過ごすなら/KED

  4. シャネルTシャツの本物と偽物の見分け方|おすすめの人気定番アイテ…

  5. 背の高い女性が好きな男性必見!実は共通する性格と恋愛事情があった…

  6. 毎日毎晩壱年中のコーデに『+α』。赤ニット帽メンズコーデ10選&…

  7. 今リアルに売れているボディバッグ大調査|最新人気ブランドランキン…

  8. 要用心!原因把握から始まるメタボの予防と対策

  9. どのスーツケースがオススメ?【国内orアチラ】用途別カタログ

  10. 花巻ランチ大特集|マニアも衝撃の絶品だらけで行ですかきゃ損する!…

  11. スパイ気分を味わえる!人気の腕時計型カメラに新モデル登場

  12. 話題の料理教室合コンで料理上手なカワイイお嫁さんをゲット!

ページ上部へ戻る