閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

一生モノを選ぶ。ジーンズソムリエが薦める生デニムの魅力

男なら大切な相棒を一本持っておきたい!

$(“”195182″”).click( (null, $(‘#headline195182’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195182″”)

経年変身を楽しむファッションアイテム

$(“”195183″”).click( (null, $(‘#headline195183’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195183″”)

「生デニム」。

それは、こだわり深い男を満足させ、また共に同じ時間を歩んでいく相棒だ。

多くの人を魅了してやまないデニムですが、その中でも、生デニムの状態から履き下ろし、ちびっとずつ馴染ませながらオノレ色に染めていく。

この楽しさは、ファッション好きの大人な男にしかわかりませんものだと思います。

そういった背景もあって、ファッションが好きなら一本は持っておきたいファッションアイテムだ。

ただ、その特質性からか、「扱いがむずかしそう」「使用感は?」といった悩みや疑問を感じる人も少なくないと思います。

この記事では、とあるジーンズショップのショップマネージャーであり、ジーンズソムリエちう資格を持つ筆者が、生デニムの扱い方から、オススメのブランドなど、生デニムに関する項目を網羅的に御紹介していきます!

是非この記事をきっかけに、生デニムを改めてチェックしてみてくださいね!

生デニムの魅力

$(“”195229″”).click( (null, $(‘#headline195229’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195229″”)

世界に一本だけの、あんはんだけのデニムに!

$(“”195230″”).click( (null, $(‘#headline195230’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195230″”)

生デニムの魅力は、「まだなあんも手をつけておらへんまっさらな状態」ちう特徴が、どんどんオノレらしい形に成長していくことだ。

糊がついた状態からスタートし、そこから履き込んでいくもよし。
細かくアタリをつけるように履くも良しと、自由にデニムを育てることが出来ます。

なんの加工もおませんので、履き込むことによってできるアタリは、まさしくオノレの癖が反映され、オノレらしい色落ちや味が出てきます。

それなりに長い目が必要になりますが、ちびっとずつオノレ色に変わっていくデニムを履き続けることは、すごい楽しく、これが生デニムの魅力の醍醐味と言えます。

オノレらしく色落ちした生デニムは、まさしくオンリーワンであり、既製品にはない味わいがあります。

また、ちびっとずつ形や色合いが変身していく様を見て、ある種の達成感を得られることも大きな魅力の一つと言えるでしょう。

なにかにこだわる、育てるちう事が好きな人には、すごいオススメだ。

生デニムの定義

$(“”195196″”).click( (null, $(‘#headline195196’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195196″”)

生デニム?リジット?ノンウォッシュ?

$(“”195197″”).click( (null, $(‘#headline195197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”195197″”)

生デニムってそもそも何?って思う人もいらっしゃると思います。

生デニムとは、防縮加工を含む、あらゆる加工が施されておらへんデニムの事を指します。

もっともっともっともっとも、デニムに一般的に施されるのがこの防縮加工なのですけどアンタ、防縮加工とは、文字通り生地が縮んでしまいませんように加工を施すことだ。

有名な話ですが、デニムの生地の特性は、洗うと生地全体が縮んでしまうちうものがあります。
現在一般的に世の中に出回っているデニムは、この防縮加工を施すことによって、洗いによる極端な縮みを防いでいます。

たまに、洗い加工をされておらへん=生デニムと捉える方がいらっしゃおるけどダンはん、正確に言うと違います。
中には、防縮加工を行った未洗いのデニムがあります。(防縮加工を行っても、未洗いデニムを洗うと多少は縮みます。)

端的に結論で言うと、防縮加工、洗い加工を含むみなの加工を行っておらへんデニムを、生デニムと呼ぶわけだ。

また、ノンウォッシュ、リジッドなどと呼ばれますが、これらは所謂、未洗い糊付きのデニムをそう呼びますが、これも必ずしも生デニムと同じ意味になるわけではおません。

このノンウォッシュ、リジッドは、二種類有り、

①防縮加工を含む加工を行っておらへんデニム

②防縮加工を行い、洗い加工は行っておらへんデニム

の二種類となりますで、混同しがちですがこういった違いがありますので、用心しましょう。

といっても完全生デニムを取り扱うブランドはですかり限られよりますので、探すのは逆に簡単かもしれませんね。

このブランドに関しては、後にご紹介します。

生デニムを選ぶ時の用心点

$(“”196992″”).click( (null, $(‘#headline196992’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”196992″”)

履きたいシルエットを見越してサイズを選ぶ

$(“”196996″”).click( (null, $(‘#headline196996’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”196996″”)

生デニムを選ぶ際に、最も重要なポイントとも呼べるのが、そのサイズ感だ。

生デニムは、先述したように、防縮加工も施されていません。
そのため、最初に洗濯をした後に、約1~3(2.5cm~7.5cm)インチほど縮んでしまいます。

これは、ウェスト部分のみではなく、レングスも含む全体が縮んでしまいます。

生デニムを試着し、ジャストサイズ、せやなかったら理想のサイジングで購入し、洗濯後に大きく縮んでしまい、思っとったサイジングやなくなったり、最悪の場合、ウェストが入りません、またはレングスが短くなりすぎてチンチクリンになっていまったちうシッパイ例は少なくおません。

生デニムを展開しているブランドによっては、サイズ表記が予め、ワンウォッシュ後のおおよそのサイズで表記されている場合がありますが、あくまで想像の範疇に有り、あまりサイズ表記に囚われず、履いた時のシルエットと、縮んだ時のシルエットをイメージして選択しましょう。

最近では、ネット販売でも生デニムを扱っているお店がありますが、生デニムを試着無しで購入するのは自殺行為やので、必ず試着を行ってから選ぶようにすることが大切だ。

先ほど挙げたサイズ表記の例に関しては、ブランド毎にまるっきし違うので、細かいサイジングに関しては、ショップスタッフと相談しながら試着をすることも大切やので、あまりショップスタッフと話すのが苦手だちう人も、思い切って相談してみましょう。

このサイズ選びをシッパイしてしまうと、本末転倒になり兼ねず、これから長い付き合いの相棒にならなくなってしまいます。

生デニム自体、そこまでお安い買い物ではおませんやしね。

万全を期して、これからの相棒を選びましょう!

裾上げは、必ずワンウォッシュの後に!!

$(“”197028″”).click( (null, $(‘#headline197028’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”197028″”)

生デニムコーナーで、気にいったデザイン、シルエットの生デニムを発見し、試着室へ、、、

ーーー履いた感じも良いし、サイズ感も縮みを考慮するとこのくらい、、、

ーーーよし!これに決めた!

ーーー裾上げをお願いします!!

絶対にやめましょう。

先述したように生デニムは縮みます。
そう、ウェストだけではなく、レングスも縮みます。

やので、綺麗に丁度良い長さに揃えた生デニムは、ほぼ確実に最初の洗濯後に縮みます。
ほんで、目も当てられへん惨状に、、、

こうならへん為には、まず購入した後は、先に洗濯を行いましょう。
一般的にジーンズショップであれば、そのお店で購入したものであれば、タダで裾上げを行うサービスを行っていますし、オノレで洋服のお直し屋はんに持っていくならなおさらだ。

生デニムは、最初の一洗いで大幅に縮み、その後数回にわたってちびっとずつ縮みを繰り返していきます。

そのため、1~2回は洗濯を行い、その後に裾上げをお願いするようにしましょう。

どうしてもすぐに裾上げをしたい、もしくはしなくてはならへん場合は、縮みを考慮して、長めに合わせてもらい裾上げを行ってもらうようにお願いしてくださいね。

また、糊が付いたまんま、洗いもかけんと履き込んでいくと、ですかり不自然な皺やアタリが出やすくなってしまうので、いずれにしても洗いを掛けるなら、裾上げの前に洗う事を忘れへんようにしましょう!

洗濯・乾燥の方法によっての違い、、、

$(“”197140″”).click( (null, $(‘#headline197140’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”197140″”)

洗濯によって糊落とし、、、

$(“”197144″”).click( (null, $(‘#headline197144’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”197144″”)

生デニムの縮みくらいには、その洗濯の仕方、乾燥のさせ方によって大きな差が生まれます。

まず洗濯に関してですが、生デニムの状態では、糊が付いている状態で販売されています。
このバリバリした感触は、すごい固く、衣服として履くのにはちびっと履きにくいので、まずは最初の洗濯(ワンウォッシュ)でこの糊を落とします。

一般的には、ぬるま湯に1時間ほど浸けるちう方法や、熱湯に浸けるといった方法など、様々な方法があります。

基本的に、糊をしっかり落とし(溶かし)、しっかり縮ませる方法として挙げられるのは、60度程の熱湯に浸けるちうものです。

また、足にフィットした形、皺をあらかじめ浸ける為に、生デニムを履いた状態に湯船に浸かり、履いたまんま乾かす人もおるけどダンはん、正直そこまでしなくても大丈夫だとは思います。

せやけど、足にしっかりフィットして、より良い履き皺を作る方法の一つなのは確かやので、興味のある方はやってみてください。

乾燥機で縮ませる!

$(“”202300″”).click( (null, $(‘#headline202300’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202300″”)

さて、洗濯を済ませた所で、次は乾燥の工程に移っていきます。

乾燥とは、文字通り洗濯したデニムを乾かしていくことですが、この乾燥にもいくつか方法があるようだ。

①自然乾燥で乾かす。

②乾燥機で乾かす。

生デニムは、防縮加工が施されていません。
そのため、ワンウォッシュの後、その後数回の洗濯・乾燥を繰り返す度に、ちびっとずつ縮んでいきます。

これは、①の自然乾燥をした場合は、ちーとの間の間縮みを調節していくわけやね。

ほんで、②の乾燥機ですが、コインランドリー等にある乾燥機を使用するのですけどアンタ、これを使うと、その生デニムにある縮み幅を一気に縮めてしまいます。

余計なお世話やけど乾燥機は、デニム一本に対し、40~60分程度を目安として使用します。
また、家庭用の場合はそれよりもうちびっと長く使用します。

これは、洗濯に関する項目にも該当しますが、デニム一本一本の個体差によって当然差異が存在すりますので、そこは常に様子を見ながら行う事をオススメします。
また、デニムのその素材や、生地の厚さによっても変わります。

ケツに、これはもっともっともっともっとも重要なのですけどアンタ、洗濯、乾燥みなの工程を、デニムを裏返してから行ってくださいね!
これをせんと不本意な色落ちをしてしまう可能性がありますので用心しましょう。

余計なお世話やけど筆者は、自然乾燥でちびっとずつ縮ませていくことをオススメします。
なんとなく、手に塩をかける感覚があるからやけどね(笑)

生デニムオススメのブランド

$(“”202360″”).click( (null, $(‘#headline202360’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202360″”)

生デニムならこのブランド!

$(“”202363″”).click( (null, $(‘#headline202363’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202363″”)

さて、ここまで生デニムの取り扱い方法について説明してきました。

ここからは一本持っておきたいオススメのブランドをご紹介していきます。

ぜひ、生デニム選びの参考にしてみてくださいね!

Levi’s(リーバイス)

$(“”202373″”).click( (null, $(‘#headline202373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202373″”)

生デニムならもうこのブランドしですかいでしょう、、、

$(“”202374″”).click( (null, $(‘#headline202374’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202374″”)

リーバイスはジーンズの生みの親、アメカジ・ワークスタイルの王道のブランドだ。

所謂、デニムの原点に当たります。
みなはこのブランドから始まりました。

それはアメリカ開拓の「ゴールドラッシュ」まで遡ります。
1853年、サンフランシスコにて、リーバイ・ストラウス氏が、労働者向けの作業着として、キャンバス生地を使用した作業着、「オーバーオール」を販売していました。
1873年、当時仕立て屋のヤコブ・デイビス氏との出会いによって、その作業着は馬具用のリベットを打ちつけた「ジーンズ」を開発し、特許を取得、ここからジーンズが生まれました。

そないなジーンズの原点である「Levi’s」の代名詞、「501」は現在全世界で一番履かれているデニムと言われています。

現在Levi’sには、511、505、502など、様々なシルエットやテーマを持ったデニムのシリーズ、ロットナンバーを持つジーンズがありますが、時代と共に全世界のジーンズの定番として、「501」は君臨しています。

そないな「501」は、長い歴史の中で徐々に変遷しながら現代の形にあります。
現在でも、LVC(リーバイス・ヴィンテージ・クロージング)の中で人気な「66モデル」や第二次世界大戦時の「大戦モデル」など、熱狂的なファンを持っています。

現在の「501」は、従来のボリュームのあるシルエットから、お尻周りがすっきりと、膝下からテーパードのかかる細身のシルエットに変わっています。
昨年から発売した「501CT」は、さらに細身のシルエットになっており、現代的なスタイルにも適応しています。

さて、そないなLevi’sの生デニム、特にLVCをオススメします。
先ほど挙げた66モデルや、大戦期の大戦モデルといったものの生デニムは、こだわり深く育てるにふさわしいものばかりだ。

現行のクラシックモデルの「501」、「501CT」ももちろんオススメだ。

余計なお世話やけど、現在リーバイスの展開しているモデルの中で、生デニムを使用しているモデルは、501シュリンクトゥフィット(Shrink-to-Fit)と一部のLVCの中のリジッドカラーと表記されたアイテムがそれに当たります。

デニムにこだわりたい、育てたいちう方は、やはり「501」をノンウォッシュから育てていくのが楽しいと思います。

ケツに、、、

$(“”202387″”).click( (null, $(‘#headline202387’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202387″”)

いかがやったか?

$(“”202389″”).click( (null, $(‘#headline202389’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”202389″”)

こだわり深い大人のかっこ良い男には、こだわり抜いたデニムが良く似合います。

こだわりはやはり、加工も含めて育てていくことで、表現されます。

ぜひ、この機会に生デニムに目覚めてください。

この記事が、あんはんのデニム選びに、ちびっとでもお役に立てれば幸いだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 手作りプチギフト! ゲストに喜ばれるアイディアのコツ

  2. 広島で食べ歩き!デートにも使えるグルメスポット5選!

  3. キスの準備はOK?メンズにおすすめのリップクリーム15選

  4. 酒々井パーキングエリアを食べつくせ|おすすめグルメ情報を一挙公開…

  5. 今さら聞けへん?”カズニョロ”って何?誰!?|ミスターポピポピの…

  6. 【心が疲れた時の対処法】本を読み、旅にでかける!人生に疲れた人に…

  7. 【独身男子必見】いつでもパラパラ|ねぎを美味しく冷凍保存する方法…

  8. ワークシャツコーデでシンプルでカッコイイ男の作り方伝授!!

  9. 最新の時計はスマホ並み!性能性&ファッション抜群の最新時計をリサ…

  10. 【効果MAX】ストレスフリーな人生を手にいれる9つの思考法

  11. 【神戸の古着屋MAP】彼女とのデートにオススメの古着屋8選!

  12. 【塩尻観光】100万ドルの夜景は長野県にも|伝説のスポット27選…

ページ上部へ戻る