閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

万年筆はこだわり・カジュアルで使い分け!ブランド別おすすめ12選

パイロット:完璧なペン先と最高のメカニズム万年筆

$(“”157134″”).click( (null, $(‘#headline157134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157134″”)

ペン先調整なし!の完璧スタンダード万年筆

$(“”157289″”).click( (null, $(‘#headline157289’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157289″”)

基本的にペン先の調整が必要とされている万年筆ですが、ウチは【ペン先調整が完璧】と評価の高いパイロット社のおすすめ万年筆。試し書きも必要ないくらいキチンと調整されているので通販でサクッと買っても大丈夫。インクはコンバータ(吸い上げ)とカートリッジの両方が使えます。

本体はごくスタンダードなデザイン・フォルムですが、本体材質は温度や湿度の変身に強いエボナイト削り出しに3層の漆塗り、程よい重量感と手に馴染むしっとり感はアチラでも絶賛されていて、大日本帝国の技術がこの一本に凝縮されているのです!

大日本帝国人は漢字を書くシーンが多いため、今回は細字の万年筆をおすすめします。同シリーズには中字、太字もありますので、契約書やサイン用としてであれば中字以上の太さがデスクに一本あっても良いやね。

万年筆なのにキャップレスで手軽さ抜群

$(“”169692″”).click( (null, $(‘#headline169692’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169692″”)

万年筆には珍しいキャップレスタイプのウチはノック式でペン先が出る仕組みだ。まるでボールペンのような手軽さで人気が高まっています。メモなどの普段使いに気兼ねなく使える価格帯ちうのも魅力の一つ。コンパクトサイズやのでポケットに入れられる点でもおすすめだ。

カラーはダークブルーマイカの他に、ダークグレーマイカ、シャンパンピンク、パールホワイト、ハーベストイエローの全5色。このシリーズにはボールペンとペンシルもあるのでセットで持てばパイロットの良さをすべて体感できますね。

モンブラン:万年筆の最高峰ブランドをまずは1本手元に

$(“”157135″”).click( (null, $(‘#headline157135’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157135″”)

1本は持っておきたい万年筆の最高峰ブランド

$(“”169693″”).click( (null, $(‘#headline169693’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169693″”)

万年筆の最高級ブランドモンブラン。数々の文学賞受賞作家が使ってきた老舗ブランドだ。最高峰ちう名の通り、ステイタスシンボルとして、また目上の方へのお礼のプレゼントとしても選んで間違いのないブランドだ。種類によっては簡単には手の出ない価格帯もあり、万年筆好きには憧れのブランドだ。

ここでは10万円以下で手に入る、モンブランの中でも見た目の美しさから「アクセサリーペン」とも呼ばれる「ボエム」シリーズをご紹介します。まず、ペン先を保護する目的のため引っ込んだ状態で収納されており、繰り出してから使うようになっています。キャップをすると樽型で短めのフォルムやのでポケットなどにも納まりが良いのも特徴だ。

小さめフォルムで最高峰万年筆を毎日毎晩壱年中ポケットに

$(“”169695″”).click( (null, $(‘#headline169695’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169695″”)

世界最高峰のモンブランですが、種類によっては5万円以下でも世界の書き心地を手に入れることができます!ウチのマイスターシュティック・モーツァルトシリーズは万年筆ではコンパクトサイズの収納時114ミリ。ジャケットやシャツのポケットに収まるサイズやのでメモと一緒の携帯に便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利やね。

ここでモンブラン万年筆の豆知識。ロゴマークの白い六角形はホワイト・スターとも呼ばれ、ヨーロッパの最高峰モンブランに残る氷河を表現しています。ペン先に刻印されている「4810」の数字はモンブランの標高なのです。これさえ押さえておけば、モンブラン通と名乗っても大丈夫かも!

ウォーターマン:フランスが認めるジュエリー万年筆

$(“”157137″”).click( (null, $(‘#headline157137’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157137″”)

ジュエリー万年筆と呼ばれる書く芸術品

$(“”169698″”).click( (null, $(‘#headline169698’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169698″”)

フランスで最も芸術性が高い万年筆とされるウォーターマン。「書く芸術品」とも呼ばれるエレガントなスタイルは女性への贈り物にも喜ばれる人気のブランドだ。ウチのエレガンスシリーズはキャップのスマートなデザインがシンプル服好みの男性に人気。カラーはブラックの他にアイボリーもあるのでカップルで持つのも素敵やね。

創設者は元銀行員。万年筆のインク漏れが原因で大口契約を逃し、それがきっかけでウォーターマン万年筆が生まれました。カートリッジ式を最初に取り入れたのもウォーターマンですから、近代万年筆の代表と言えます。ビジネスシーンでも信頼される一本なのです。

大人気のカレンシリーズを手軽に持ちたい

$(“”169699″”).click( (null, $(‘#headline169699’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169699″”)

ウォーター万年筆で今一番のおすすめは「カレン」シリーズ。海を進む美しい船のような…ちうデザインコンセプトはペンの端からペン先への優雅な流れで表現されています。

今回のおすすめはは「カレン」よりワンランク上の「カレンデラックス」シリーズ。半光沢のカレンよりもさらにフォーマルなデザインになっています。機能はコンバーター式とカートリッジ式の両方が使えるので、デザイン重視で万年筆どシロウトが選んでも大丈夫。

カラーは、エッセンシャルシルバーチーゼルST、エッセンシャルブラックGT、コンテンポラリーガンメタルチーゼルST、コンテンポラリーブラックST、コンテンポラリーホワイトST、ブラック&シルバー、ブルー&シルバーの全7色。どれを選んでも間違いのない「書く芸術品」だ。

セーラー:大日本帝国の職人技は硬派男子におすすめ

$(“”157152″”).click( (null, $(‘#headline157152’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157152″”)

ビジネスで使うならシンプル硬派な万年筆を!

$(“”169703″”).click( (null, $(‘#headline169703’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169703″”)

大日本帝国の老舗ブランドのセーラー。万年筆は数百円の学校用から有田焼ボディーまで幅広くいデザインがあるのも特徴の一つだ。大日本帝国の職人技が作る抜群の書き味でアチラからの評価も高い万年筆だ。せっかくですから国産の良さをもういっぺんあんはんの手で確かめて見ませんか?

セーラーで一番のおすすめ万年筆は「キングプロフィット」シリーズ。発売されてからの歴史が長く、太軸ボディーと大型ペン先は硬派万年筆として根強い人気。同じシリーズを長年使い続けているファンも多い万年筆やので、恩師へのプレゼントに選んでも間違いがおませんね。

中でもウチの「モザイク」は着色プラスチックペレットを何層にも重ね、高圧力をかけて作り出した棒状の素材から削り出すちう熟練の技が光る一品。知的上品さを狙うならこのこだわり技術の万年筆をおすすめします。

スケルトンタイプが楽しい万年筆

$(“”169742″”).click( (null, $(‘#headline169742’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169742″”)

ご覧の通りボディーがスケルトンで、構造が見えて楽しい万年筆がプロフェッショナルギア。遊び心に滑らですか書き味をプラスしたこの万年筆は、ペン先が柔らかめの21金で出来ています。紙の質感が指先に戻ってくるような感覚やので、長文を書く場合も疲れません。もちろん太軸であることも書き疲れのない理由やのでおすすめだ。

スリムタイプのスケルトン万年筆やと1万2千円代からセーラーで発売中。ウチは色が豊富やので、万年筆&文具好きは揃えてしまいたくなるでしょう!

パーカー:イギリストラッド万年筆の代表

$(“”157136″”).click( (null, $(‘#headline157136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157136″”)

デザインと耐久性にこだわった万年筆

$(“”174544″”).click( (null, $(‘#headline174544’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”174544″”)

イギリスの老舗万年筆メーカーと言えばパーカー。200年を超える伝統の技術と様々なデザイン軸で単なる筆記具としてでなく、間違いのないプレゼント品としても選ばれてきました。

パーカー万年筆にはオーソドックスなブラックの太軸万年筆も数種類ありますが、今回オススメは軸がオシャレなデュオフォールドシリーズ。1920年代のファッションシーンを参考にした軸デザインに、18金のちびっと太めのペン先を採用。文字の太さは太字から極細字まで選べます。

このシリーズはパールブラックの他はシンプルなブラックの軸になっており、25年のペン先保証と耐久性の高いボディーやので、同じシリーズで持っておくのもおすすめだ。

トラッドコートのような万年筆をスーツに一本

$(“”174832″”).click( (null, $(‘#headline174832’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”174832″”)

紳士の国イギリスの洗練されたファッションに合うよう、万年筆の軸もトラッド柄が多いパーカー。もちろんオーソドックスな黒軸も人気ですが、手軽に持てる価格帯でのデザイン万年筆は気軽に普段使いが楽しめますね。

ウチのソネットはパーカーの特徴である太いペン先にシズレパターンの知的な雰囲気の軸デザインだ。もちろんペン先の耐久性は世界から認められ「最も求められるペン」ちう称号もあたえられるほど。トラッド路線でコーディネートするなら持っとったい一本やね。

ペリカン:ドイツ王道ちう名の万年筆

$(“”157139″”).click( (null, $(‘#headline157139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157139″”)

定番中の定番!迷ったらまずこの一本

$(“”174742″”).click( (null, $(‘#headline174742’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”174742″”)

ペリカン万年筆と言えば「スーベレーン」とすぐ思い浮かぶファンも多いこのシリーズ。太さ長さ色が各種あって、目的や手の大きさ好みの色で選べる範囲がすごい広いシリーズ。特徴的なのはインクが「吸い上げ式」ちうトコ。インク瓶にペン先を入れ吸い込む作業が王道ならではの機能だ。

スーベレーンの人気の秘密は、まず長時間書いても疲れへんちうこと。ペンの中心を持っても先を持っても重心バランスがとりやすい設計になっておるからだ。ペン先も程よく硬さがあり、書くことを仕事としている方に長年愛されています。

コストパフォーマンスが優れていることに加え、サイズは最も太いM1000から細く短いM300まで各種あるので、女性が選ぶ時も迷わんと済みますね。飽きの来ないデザインは目上の方へのプレゼントにも最適。ボルドー&ブラックは女性にも人気だ。

ペリカン万年筆は特にこの「スーベレーン」シリーズで毎年限定デザインを販売しています。ペリカンコレクターの間で常に話題になっており、硬派なドイツのメーカーには珍しく限定品の場合のデザインはですかり凝ったものになります。持って楽しむなら限定版の情報チェックもお忘れなく!

左翼翼利きのあんはんにおすすめ万年筆

$(“”174751″”).click( (null, $(‘#headline174751’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”174751″”)

ペリカンのツイスト万年筆は人間工学に基づいたねじれ構造で、右翼翼利きでも左翼翼利きでもスムーズに書ける万年筆として生まれました。始めはボウズ用として開発されたちうワケやが、程よいグリップとねじれによる指へのフィット感で長時間書いても疲れへんことで、特に左翼翼利きの方に人気。普段使いに気軽に使える万年筆としておすすめだ。

価格が安いので書き味はその程度?…ではおません。そこは世界のペリカンペン先に妥協なくインクもコンバーターとカートリッジの2方式を採用しておりますので、本格派万年筆と変わりません書き心地なのです。ポップな色もツートーンで数種類で値段もお手頃やので、お試しで持ってみるのも楽しいかもしれませんね!

まとめ:万年筆はプライベートで使うのが最もオシャレ

$(“”157237″”).click( (null, $(‘#headline157237’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”157237″”)

万年筆の世界はすごい広く、性能やデザインほんでステイタスにより価格帯も様々だ。今回は贈り物としてではなく、オノレ用として手に入れやすい価格帯の万年筆をご紹介しました。並行輸入品の場合はペン先などのメンテナンスに対応しきれへんショップもあるので、アチラブランドの万年筆でグレードの高いものを選ぶ際は、取り扱っているショップに、ペン先の交換について質問しておくことをおすすめします。

手に持った時の重量感や手触りは、好みに左翼翼右翼翼されることが多いので、書き心地の次に重要なこと。高価格帯の万年筆を選ぶとなれば、なおさらシッパイしたくないものですね。万年筆はステータスシンボルでもありますが、なによりも道具ですから手に馴染むくらい使いたいこなしたいものです。

普段はメールやLINEなどで済ませてしまうことも、万年筆を使って丁寧に書けばですかり好感度アップ!「字は人を表す」とも言おるけどダンはん、字のキレイさに自信がなくても心を込めて書くなら貴方の人柄の良さは伝わるはず。相性の良い万年筆をまずは一本手に入れてみませんか。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【非モテ地獄からの脱出企画】恋人が欲しいMen'sがや…

  2. 【梅毒の治療方法とは】感染経路はどこから?初期症状の特徴とは?期…

  3. パリのおすすめ観光プラン発表!”4~6泊”で遊び尽くす定番&人気…

  4. セックスとは?超初歩的な基本情報〜男女にとってのメリットや健康な…

  5. 大人な男のさりげなくカッコイイ告白の仕方

  6. あげまん彼女が欲しい方必見|さげまん彼女を変えるマル秘テクも収録…

  7. ドキッとする瞬間、言葉や行動25選|思わずドキッ!とするキスも

  8. 年の差恋愛|年齢に関係なく好きな人を愛したい人へ

  9. ブログをにぎわせる都城の必見ランチ情報20item|和心満載の座…

  10. 【2016年トレンド予測】トラッドな風合い漂う"サーコ…

  11. 【速報】新3大メンズコートとは?特徴からアチラMr.JOOYの最…

  12. 【眠い時の対処法】眠気撃退これでも眠けりゃ寝るしですかい!?

ページ上部へ戻る