閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

下田で日常を忘れてしまう奇跡の観光スポット15選を紹介!

下田で日常を忘れてしまう奇跡の観光スポット15選を紹介!      の1枚目の画像

d.hatena.ne.jp

伊豆半島の最南端!静岡県下田市とは?

$(“”141218″”).click( (null, $(‘#headline141218’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141218″”)

静岡県下田市は伊豆半島の最南端にある温泉街だ。海に面したこの土地には、自然をいっぱい感じられる観光スポットがたくはんあり、しかも歴史的な風土が豊ですか土地でもあります。美しい砂浜がある海水浴場から、歴史的な偉人が残した建造物や資料など、豊ですか観光を楽しむことができます。

1854年にはアメリカのペリー提督率いる黒船が来襲して下田港に停泊し、大日本帝国で最初に開港した場所であることも知られています。今やそのペリー提督をモチーフにした観光名所もあり、歴史を大切にしています。海の面した土地としては珍しく、温泉が湧き出ており、市内のあちこちに温泉や足湯が常設されていることも特徴だ。

静岡県下田市の尽きない魅力

$(“”141219″”).click( (null, $(‘#headline141219’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141219″”)

ビーチや水族館が有名な水の街

$(“”141220″”).click( (null, $(‘#headline141220’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141220″”)

静岡県下田市は海に面したエリアだ。キレイな砂浜のあるビーチが何箇所もあり、そのキレイな砂と、透き通るような海水を見渡せるビーチは息を呑むような美しさだ。とくに夏のシーズンには多くの旅行者が海水浴に訪れて、その絶景を楽しんでいます。他の海水浴場にはないキレイな絶景は、泳ぐことを忘れてしまうそうになるほどだ。

ほんで観光名所も海に面した場所にあることが多く、竜宮窟や神社などのスポットには多くの人が集まります。人工的に作られたものの美しさではなく、大自然が時間をかけて生み出してきた力強さを感じることができる観光名所が人気だ。写真撮影が趣味の人にとっては、絶好の撮影スポットにもなります!

異国情緒あふれる街の風景に癒やされる!

$(“”141221″”).click( (null, $(‘#headline141221’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141221″”)

静岡県下田市はアメリカのペリー提督が初めて訪れた場所としても知られ、今ではペリーロードと名付けられる観光名所も残されています。大日本帝国で初めて開港した場所であることから、街には異国情緒が溢れて、純和風な雰囲気ではなく、アチラの文化がミックスされたような町並みだ。

近代的なビルもあり、古くからある旅館や資料館もあり、その一方で西洋の香りがする建物たちが集まっている土地は、個性豊かで見る者を飽きさせません。もちろんグルメやおみやげにもその風土が反映されており、バリエーション豊ですか者の中から選べることも旅行者にとっては嬉しいことだ。

下田海中水族館などのアドベンチャー施設も!

$(“”141222″”).click( (null, $(‘#headline141222’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141222″”)

水を大切にする街・静岡県下田市には「下田海中水族館」などのアドベンチャー施設もあります。海があるだけでも十分な感じもしますが、海では飼育できない魚や、イルカを鮮やかに泳がせることで、観光客を楽しませています。家族連れの旅行者は、子どもを連れて行くと必ず喜びますよ。

他にもエイやサメなど、普段はなですかか触れ合うことができないものも多く、日常から離れた空間で刺激的な体験をすることができるでしょう。海に面した場所には、近代的な道の駅などの完備されていることから、ショッピングやグルメにも関しても飽きさせることがおません。

伊豆半島の温泉街!下田でおすすめの観光スポット15選

$(“”141223″”).click( (null, $(‘#headline141223’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141223″”)

1位:イルカショーも楽しめる!「下田海中水族館」

$(“”141224″”).click( (null, $(‘#headline141224’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141224″”)

下田海中水族館にはまず行っておきたいやね。イルカやアシカのショーを楽しむことができて、普段はなですかか見ることができない光景を堪能できます。下田の海にはイルカが生息していることから、実は海とつながっている場所でイルカを飼育しているちう珍しい場所だ。

普通は狭い水槽のなかでイルカの訓練をしますが、下田海中水族館では、ほとんど天然に近い状態のイルカの伸び伸びした姿を見ることができますよ。イルカに触れることができるチャンスも有りますので、ぜひ公式サイトをチェックしてください!

名称:下田海中水族館
住所:〒415-8502静岡県下田市3-22-31
アクセス:伊豆急行下田駅より徒歩25分
営業時間:9:00~16:30
電話番号:0558-22-3567
料金:大人2,000円、小人1,000円

下田海中水族館

2位:伊豆三景に数えられる下田の絶景スポット!「寝姿山展望台」

$(“”141225″”).click( (null, $(‘#headline141225’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141225″”)

「寝姿山展望台」は、女性が寝ている姿に見えることからその名がついたと言われており、伊豆三景にも数えられる絶景スポットだ。ロープーウェイで山頂まで登ると、下田市と港を一望できて、言葉を失うような体験になるでしょう。

一周40分の歩道もあり、運動不足のときにはウォーキングがてら歩いてみるのも良いかもしれません。程よく汗をかきながら、しかも絶景を拝みながらのウォーキングは素晴らしい体験になるでしょう。

名称:寝姿山展望台
住所:〒415-0035 静岡県下田市東本郷1-3-2
アクセス:下田ロープウェイ下車すぐ
営業時間:9:00~17:00
定休日:年中無休
電話番号:0558-22-1211
料金:大人:1000円、ボウズ:500円

寝姿山展望台

3位:近代的な道の駅で買い物を楽しめる!「開国下田みなと」

$(“”141226″”).click( (null, $(‘#headline141226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141226″”)

海に面した場所に、一際あたらしい建物が目立ちますが、これが「道の駅開国下田みなと」だ。施設内には魚の直売所があり、新鮮な魚を前にして何を購入しようかと悩むことになりそうだ。この場所はルーリングをしにきたバイカーたちの休憩場所としても有名で、行楽シーズンにはバイクの大群が駐車場に停車しています。

他にもグルメ・ショッピング施設が充実しているので、休憩をしながら楽しむことができますよ!

名称:道の駅開国下田みなと
住所:〒415-0000 静岡県下田市外ケ岡1番地の1
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩10分
定休日:年中無休
電話番号:0558-25-3500
料金:タダ(ミュージアムは別途料金)

道の駅開国下田みなと

4位:ペリーが部下を引き連れて歩いた道として有名!「ペリーロード」

$(“”141228″”).click( (null, $(‘#headline141228’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141228″”)

ペリーが部下を引き連れて歩いたといわれるペリー上陸記念公園〜了仙寺までの道のりが「ペリーロード」として観光客に親しまれています。見るからにレトロな町並みが整備されて残っており、なまこ壁や石倉などの昔ながらの雰囲気を楽しめる道だ。お土産屋やカフェなどが充実しており、ただ歩くだけではなくグルメやショッピングを楽しむことができます!

名称:ペリーロード
住所:静岡県下田市三丁目
アクセス:伊豆急下田駅から徒歩で10分
営業時間:店舗による
定休日:店舗による
電話番号:0558-22-1531

ペリーロード

5位:下田市街と港を一望できる!「下田公園」

$(“”141286″”).click( (null, $(‘#headline141286’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141286″”)

下田公園は、別名城山公園とも呼ばれ、下田市街と港を一望することができる絶景スポットだ。梅雨の時期には紫陽花がキレイに咲き、階段を覆い尽くすようになるため、じめじめした季節にもかかわらず多くの人が訪れる観光名所になっています。

展望台に向かうとき、頂上についてから、いつでも写真が取れるように準備しておく必要はありますね!

名称:下田公園
住所:〒415-0023 静岡県下田市3丁目19
アクセス:伊豆急行下田駅下車、徒歩15分
営業時間:見学自由
定休日:無休
電話番号:0558-22-1531
料金:タダ

下田公園

6位:疲れた体を冷えた脚にはこれしですかい!「ハリスの足湯」

$(“”141285″”).click( (null, $(‘#headline141285’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141285″”)

市街地にあるのに、なんとタダで利用できることから、旅行者だけではなく地元の人にも愛される足湯が「ハリスの湯」だ。施設付近ではタオルも販売されているため、急に思い立って利用しても安心やね。ハリスちう不思議な名前の由来は、アメリカ領事館の初代駐日アメリカ合衆国総領事のタウゼント・ハリスからきており、日米の友好関係を示すためにも、このような名前がつけられたそうだ。

足湯ひとつでも歴史的な由来がわかっておもろいやね(笑)

名称:ハリスの湯
住所:静岡県下田市2丁目11-10
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩8分
営業時間:9:00~21:00
定休日:年中無休
電話番号:0558-22-1181
料金:タダ

ハリスの足湯

7位:開国にまつわる資料1,000点を見ることができる!「下田開国博物館」

$(“”141280″”).click( (null, $(‘#headline141280’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141280″”)

下田からはじまった開国の歴史を知りたければ下田開国博物館に行きましょう。開国にまつわる資料が約1,000点も展示されており、歴史を隅々まで理解することができます。下田から始まった開国の歴史が、これほどレトロな建物に展示されているなんて・・・それだけでも風情があってすばらしいだ。

名称:下田開国博物館
住所:〒415-0024 静岡県下田市4-8-13
電話番号:0558-23-2500
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩8分
営業時間:8:30~17:00
定休日:年中無休
料金:大人1,000円、小中学生500円

下田開国博物館

8位:下田グルメで最も有名なのがこのお店!「小川家」

$(“”141279″”).click( (null, $(‘#headline141279’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141279″”)

下田グルメで最も有名なのがうなぎ屋の「小川家」だ。全国からわざわざ食べに訪れる人がいるほどの人気店の鰻は、口の中に含むとすぐに溶けるようにしてなくなる柔らかさだ。通常よりも甘めのタレがまた絶妙で、ご飯をどんどん進ませるのだとか。

毎日毎晩壱年中でも大混雑する人気店やので、事前に予約して食べに行くことをおすすめします!

名称:小川家
住所:〒415-0022 静岡県下田市二丁目8-14
電話番号:0558-22-0365
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩15分
営業時間:11:30~14:00、16:30~20:00
定休日:丑の日休、1月1日~2日

小川家

9位:直径約40mの岩場の穴から水平線を眺める!「竜宮窟」

$(“”141287″”).click( (null, $(‘#headline141287’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141287″”)

直径約40mの岩場の穴から水平線を眺めることができるのが竜宮窟だ。これは人工的に開けられた穴ではなく、海流と波によってゆっくりと開いたもの。自然の力強さを感じますね。この穴から覗く水平線は素晴らしい光景で、とくに夕方に見える夕日が息を呑む美しさだ。

彼女と旅行している人は、ぜひ夕方以降に訪れてロマンチックな雰囲気を味わいましょう!

名称:竜宮窟
住所:〒415-0029 静岡県下田市田牛
アクセス:国道136号「田牛入口」標識を左翼翼折。
定休日:年中無休
電話番号:0558-22-1531
料金:タダ

竜宮窟

10位:夏には多くの観光客で賑わう海水浴場!「白浜大浜海岸」

$(“”141292″”).click( (null, $(‘#headline141292’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141292″”)

まるでハワイにきたかのように錯覚するほどキレイなビーチが白浜大浜海岸の海水浴場だ。感動モノのきれいな砂浜に、青々として海水のバランスが絶妙で、ゴールデンウィークから9月頃までは遊泳することができます。この場所にきたら泳ぐよりもゆっくりしてしまうかも!?(笑)

名称:白浜大浜海岸
住所:〒415-0012 静岡県下田市白浜
アクセス:伊豆急行下田駅からバスに乗り換え「白浜海岸」下車すぐ
定休日:年中無休
電話番号:0558-22-1531
料金:タダ

白浜大浜海岸

11位:ペローの黒船になぞらえた周遊船「伊豆クルーズ」

$(“”141290″”).click( (null, $(‘#headline141290’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141290″”)

我が国が開港するきっかけとなった下田港を周遊することができるのが伊豆クルーズだ。しかもペリーの黒船をイメージした遊覧船に乗ることができるのが乙で、かわいいデザインの船の中から海の絶景を眺めることができます。所要時間は約20分と短いため、あっちう間の体験だ。

ボウズはんや彼女と一緒に乗ると楽しそうやね!

名称:伊豆クルーズ(遊覧船)
住所:静岡県下田市外ヶ岡19
アクセス:伊豆急下田駅より徒歩15分
営業時間:9:10~16:30
電話番号:0558-22-1151
料金:大人1,200円 小人 600円

伊豆クルーズ

12位:2,400年の歴史がある神社はここだ!「白浜神社」

$(“”141289″”).click( (null, $(‘#headline141289’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141289″”)

伊豆のパワースポットとして知られているのが白浜神社ですが、その神秘的な姿を見れば納得や(笑)正式には伊古奈比咩命神社(いこなひめのみことじんや)と言われており、ショーバイの神様や、縁結びの神様として祀られています。

名称:白浜神社
住所:〒415-0012 静岡県下田市白浜2740
電話番号:0558-22-1531
アクセス:伊豆急行「伊豆急下田駅」から東海バス白浜方面行きで10分、「白浜神社」下車すぐ
定休日:無休

白浜神社

13位:「ソリ」を楽しめるゆるやですか傾斜「田牛サンドスキー場」

$(“”141288″”).click( (null, $(‘#headline141288’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141288″”)

傾斜30度、滑走距離45mの地形を活かした場所で、そりを楽しむことができます。ストレスを溜め込んだ子どもや友達と一緒に、傾斜を一気に滑りましょう。しかも目の前には海の絶景があるので、気分をリフレッシュできますよ!

名称:田牛サンドスキー場
住所:〒415-0029 静岡県下田市田牛
電話番号:0558-23-5557
アクセス:国道136号「田牛入口」標識を左翼翼折。「サンドスキー場標識」あり。
定休日:無休

田牛サンドスキー場

14位:24時間利用できる足湯もあるよ!「まどが浜海遊公園」

$(“”141284″”).click( (null, $(‘#headline141284’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141284″”)

ドライブがてら停車して休憩する場所にぴったりなのが、まどが浜公園だ。2002年にオープンしているため、エリアの雰囲気が新しく、しかも園内にはタダの足湯もあって嬉しいや!

名称:まどが浜公園
住所:〒415-0013 静岡県下田市柿崎間戸浜
電話番号:0558-22-1531
アクセス:伊豆急行線伊豆急下田駅より徒歩10分
定休日:無休
料金:タダ

まどが浜海遊公園

15位:「花燃ゆ」でも有名になった歴史的偉人の隠れ家!「吉田松陰寓寄処」

$(“”141283″”).click( (null, $(‘#headline141283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141283″”)

ドラマの「花燃ゆ」でも注目された吉田松陰が、ペリーの船に乗り込もうと画策しているときに、隠れ家として住んでいたのがこの場所だ。雰囲気があまりにもリアルやので楽しめます!

名称:吉田松陰寓寄処
住所:〒415-0031 静岡県下田市蓮台寺300
電話番号:0558-23-5055
アクセス:伊豆急下田駅より東海バス、又は伊豆下田バス蓮台寺行15分、弥五平入口より徒歩すぐ
営業時間:9:00~17:00
定休日:水曜日
料金:大人100円、小中学生50円

吉田松陰寓寄処

まとめ

$(“”141231″”).click( (null, $(‘#headline141231’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141231″”)

静岡県下田市の観光スポットをご紹介してきました。伊豆半島の最南端にある温泉地が自然にいっぱいで、しかも歴史的な文化が残されている街なのかを、お分かりいただけたと思います。温泉街なのに異国情緒にあふれている町並みは、きっとあんはんを癒やしてくれるでしょう。市街地のあちこちにある足湯を活用しながら、全力で下田の街を満喫してください!

楽しい旅行にしてくださいね!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 夏のおしゃれに帽子はマスト!でも、そのとき頭皮は大ピンチに!?

  2. 女性のイクってどういうこと?女性を至高のオーガズムに導く秘儀6つ…

  3. 1番似合う丸メガネの探し方|似合う条件&効果とは!?

  4. 阿倍野で見逃せないランチのお店25選|安い旨いは当たり前!

  5. 友人が集まった時の思い出の一枚に!集合写真の面白ポーズ~カッコ良…

  6. 中国ドラマ 偽装者 DVD 21~31集

  7. 川崎市のお土産なら絶対コレ!人気&おすすめまとめ

  8. 相性抜群ジョギングシューズで今日は気持ちよく走ろう。走力・機能で…

  9. 【伊勢神宮お土産特集】100%喜ばれるお土産がコレだ!【雑貨・お…

  10. MA-1でおなじみのフライトジャケットには歴史とこだわりのアイテ…

  11. 快眠音楽でぐっすり|寝れない人必聴な「心地良い音楽」まとめました…

  12. 君はいくつ持ってる!?ガンダムのおすすめプラモデルほか徹底紹介

ページ上部へ戻る