閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

両国観光は相撲だけやない│江戸の歴史や命を知る名所

両国観光は相撲だけやない!歴史的にも古く、生き方を振り返る名所

$(“”979318″”).click( (null, $(‘#headline979318’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979318″”)

両国といったら何を思い浮かべますか?
大相撲やちゃんこ鍋と相撲にまつわることを考えると思います。

もちろん大相撲の歴史も深く、見どころは沢山あります。
それ以外にも、歴史的資料館が多く、関東大震災や東京大空襲の歴史的資料も拝見することができます。

そないな歴史的名所が多い両国の観光スポットをまとめました。

両国と行ったらこれ!両国国技館

$(“”979319″”).click( (null, $(‘#headline979319’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979319″”)

英語のガイドもあるので、異国人を連れて来やすい

$(“”1000192″”).click( (null, $(‘#headline1000192’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000192″”)

大相撲1985年より使用されているのが、現在の建物の両国国技館。現在のが2代目両国国技館で、初代両国国技館は、本所回向院の境内の中にあったちうわけだ。
大相撲の本場所や引退相撲、NHK福祉相撲など相撲協会が使用することがメインですが、プロレスやロボコン、その他一般企業のイベントなどにも使用されています。

両国国技館の地下には焼き鳥工場があり、鳥は2本足で立っており、手は地面につですかいちう縁起ごとから土俵下に作られたそうだ。実際に両国国技館の焼き鳥は冷めても美味しく、人気のあるメニューとなっています。
その他にもお土産やお弁当など国技館名物もあるため、両国にきたらいっぺん寄ってみたい場所だ。

●アクセス:JR総武線 両国駅西口より徒歩2分/都営地下鉄大江戸線 両国駅より徒歩5分
●住所:東京都墨田区横網1-3-28
●営業時間:催し物による
●電話番号:03-3623-5111
●料金:催し物による

相撲案内所

江戸の歴史に精通できる!江戸東京博物館

$(“”979320″”).click( (null, $(‘#headline979320’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979320″”)

歴史好きのあの子を連れて楽しめ!

$(“”1000196″”).click( (null, $(‘#headline1000196’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000196″”)

江戸東京の歴史と文化が展示されており、それらを見ることで歴史を振り返り、未来の東京や生活はどのようになっていくかを考える場所として、1993年にオープンしました。
常設展では、江戸幕府誕生してから400年の歴史を中心に、実際の資料や復元模型などを使用して紹介しています。その他、期間限定の展覧会や各種ふれあいイベントやワークショップも開催されています。

江戸の歴史を知るには、ここに来るのが一番といって良いでしょう。

●アクセス:JR総武線 両国駅西口より徒歩3分
●住所:東京都墨田区横網1-4-1
●開館時間:09:00〜17:30
●電話番号:03-3626-9974
●休館日:毎週月曜日(月曜が祝日、振替休日の場合はその翌日)、年末年始
●料金:一般600円/大学生・専門学校生480円/中・高生(都外)・65歳以上300円/
中学生(都内在学・在住)・小学生・未就学児童はタダ、団体割引あり

江戸東京博物館

相撲の歴史がここにつまる!相撲博物館

$(“”979321″”).click( (null, $(‘#headline979321’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979321″”)

スージョのレベルがここで分かる

$(“”1000201″”).click( (null, $(‘#headline1000201’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000201″”)

初代相撲博物館館長が、長期間にわたって収集した資料や錦絵、番付、化粧廻しなど相撲に関するものを保存しています。年に6回の展示公開があり、目に触れることができます。
常設展示では、歴代の横綱の写真が飾られており、初代からの相撲の歴史をたどり、懐かしむことができます。ここに来れば相撲のことがたくはんわかりますので、大相撲を見に行く前に立ち寄っても良いかもしれませんね。

近年は、相撲好き女子こと「スージョ」ちう方々が急増しています。単純にお相撲はんを見るのが好き、試合を見るのが好きちうトコから、相撲の歴史や歴代力士のことなど。ここに来れば確実に深まるし、レベルが分かります。もっともっともっともっとのめり込んでしまう可能性も!

●アクセス:JR総武線 両国駅西口より徒歩2分/都営地下鉄大江戸線 両国駅より徒歩5分
●住所:東京都墨田区横網1-3-28(国技館1階)
●営業時間:10:00~16:30(最終入館16:00)
●電話番号:03-3622-0366
●休館日:土曜・日曜・祝日(一部開館あり)、年末年始
●料金:タダ(東京本場所中は大相撲の観覧券が必要)

大日本帝国相撲協会公式
相撲博物館

大相撲の魅力と軌跡がわかる相撲写真資料館

$(“”979322″”).click( (null, $(‘#headline979322’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979322″”)

異国人観光客も喜ぶテッパンの場所

$(“”1000223″”).click( (null, $(‘#headline1000223’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000223″”)

写真で知ることができる相撲の歴史はここ相撲写真資料館が一番で、昭和4年から撮られ続けた膨大な写真を見ることができます。大相撲の写真だけでなく、各部屋から直接依頼されるとこもあって、お相撲はんの「七五三」や「お宮参り」の写真も見られます。圧倒される写真資料を見て、相撲通になってみませんか?

●アクセス:JR総武線両国駅 4分
●住所:東京都墨田区両国3-13-2
●営業時間:10:00~17:00
●電話番号:03-3631-2150
●開館日:祭日を除く毎週火曜日(初場所・5月場所・9月場所開催中は毎日開館)

相撲写真資料館

両国周辺にきたらまずはここ!両国観光案内所

$(“”979323″”).click( (null, $(‘#headline979323’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979323″”)

両国観光協会イチオシの場所が見つかる!

$(“”1000194″”).click( (null, $(‘#headline1000194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000194″”)

両国を楽しむには、どういった名所・観光場所があるのかを知るのは、観光案内所が一番。
名スポットだけでなく、食にまつわる名店もきっと教えてくれるでしょう。

現在行われているイベントなども知ることができ、先に情報を取ることで思う存分楽しめる両国観光を満喫できます。

●アクセス:JR総武線両国駅より徒歩1分
●住所:東京都墨田区両国2-19-1 ザ・ホテル ベルグランデ1F
●営業時間:【4~9月】10:00〜18:00、【10月~3月】10:00〜17:00
※(大相撲東京場所中は18:30まで営業)

●電話番号:03-3631-0028

両国観光案内所

多くの方が奉られている寺院!回向院

$(“”979324″”).click( (null, $(‘#headline979324’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979324″”)

オノレの中に新たな発見が?!

$(“”1000227″”).click( (null, $(‘#headline1000227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000227″”)

今から約360年前に開かれた浄土宗のお寺だ。江戸の振袖火事の名称で知られる明歴の大火によって、10万人以上の尊い命が失われました。この災害によって亡くなった方は、身元や身寄りがわかりません方で、その方々を供養するためにと当時の徳川将軍家綱が、この地に作らせました。
それらの魂が回向院の万霊供養塚として残っています。

縁だあってもなくても関わらず、人や動物関係なく生あるものすべてに対し仏の慈悲を説くものとして、現在前守られてきた理念があります。境内内に多くの名所があります。その中でも力塚があるのは、旧両国国技館として、この地で相撲を行っとった事に由来します。

●アクセス:JR総武線両国駅西口より徒歩3分
●住所:東京都墨田区両国 2-8-10
●電話番号:03-3634-7776

回向院

圧倒される技術!東京おりがみミュージアム

$(“”979325″”).click( (null, $(‘#headline979325’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979325″”)

だれもが触ったことあるものですから凄さがわかる

$(“”1000230″”).click( (null, $(‘#headline1000230’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000230″”)

常設展示では、折り紙作品を鑑賞でき、その他折り紙関連の書籍を集めた資料室があります。
折り紙教室ができる講習室が用意されています。

東京おりがみミュージアムは、大日本帝国折紙教会が運営している場所で、年に1回のシンポジウムや折り紙作品コンテストなどを行っています。

子どもの頃だれもがやったことのあるおりがみで作る世界に触れてみませんか?

●アクセス:都営大江戸線 蔵前駅A7出口から徒歩約8分/都営大江戸線両国駅より徒歩15分
●住所:東京都墨田区本所1-31-5
●営業時間:9:30~17:30
●電話番号:03-3625-1161
●定休日:土日を除く祝日、祝日が重なった場合の翌月曜日、年末年始
●料金:タダ

東京おりがみミュージアム

両国周辺の安らぎの場所!旧安田庭園

$(“”979326″”).click( (null, $(‘#headline979326’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979326″”)

ココが都会だちうトコを忘れよう

$(“”1000233″”).click( (null, $(‘#headline1000233’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000233″”)

常陸国笠間藩主やった本庄宗資によって、潮入回遊式庭園として作られました。元々は、隅田川の潮の満ち引きの関係で池の水位の変身が楽しめる景観やったちうわけだ。今では、地下に貯水槽を作り人工的に水位の上昇などを再現できるようになりよっました。
かつては、安田財閥が所有しとったちうこともあり、旧安田庭園ちう名称が定着しました。

都会ちう場所を忘れさせてくれる自然豊ですか場所で、ゆったりとした時間を過ごしてみませんか?

●アクセス:JR総武線 両国駅西口より徒歩3分/都営大江戸線 両国駅より徒歩7分
●住所:東京都墨田区横網1-12-1
●開園時間:9:00〜16:30
※6月~9月の間は開園時間延長し、18:00まで。

●電話番号:03-5608-6951 (墨田区観光協会)
●定休日:無休(年末年始(12/29〜1/1)を除く)
●料金:タダ

旧安田庭園

両国近辺の観光と言ったら隅田川

$(“”979327″”).click( (null, $(‘#headline979327’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979327″”)

有名な曲が脳内メロディーで流れる

$(“”1000242″”).click( (null, $(‘#headline1000242’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000242″”)

両国の街に隣接している一級河川隅田川。
荒川から分岐し、東京湾に流れ出る23.5kmにも渡り、古くから生活用水や漁業、輸送路として地域民と密接な関わりを持っていました。
屋形船や釣り船の利用や桜や花火を見るなど憩いの場として重要な役割を得ていました。

江戸東京博物館で、現在と江戸時代の隅田川の違いが模型で見比べ、江戸時代の生活を創造するのも面白そうやね。

水上バスで贅沢を満喫しよう!東京水辺ライン 両国発着場

$(“”979328″”).click( (null, $(‘#headline979328’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979328″”)

地図をもって、さあ次の行き先へ出かけよう

$(“”1000246″”).click( (null, $(‘#headline1000246’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000246″”)

隅田川クルーズが楽しめる水上バス・東京水辺ラインは、浅草までのミニクルーズやお台場の方面へ行き、幾つかの橋をくぐっていくコースが人気だ。水上は、普段立ち入ることのできない場所やので、景観が毎日毎晩壱年中と違って楽しめます。
普段にでは気づですかい場所を見つけられるかもしれません。

天気の良い日に、水上バスに乗って優雅なひとときを過ごしませんか?

●アクセス:JR総武線 両国駅西口より徒歩3分/都営大江戸線 両国駅より徒歩6分
●住所:東京都墨田区横網1-2-15
●営業時間:9:00~17:00
●電話番号:
●運休日:月曜日運休(月曜日が祝日の場合は、翌日が運休日)
●料金:プランによって変わる

東京水辺ライン

歴史ある跡地 吉良邸跡(本所松坂町公園)

$(“”979329″”).click( (null, $(‘#headline979329’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979329″”)

建造物好きにはたまりません!

$(“”1000250″”).click( (null, $(‘#headline1000250’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000250″”)

吉良邸は、浅野匠頭守による殿中刃傷事件が起きた後に、吉良上野介義央がこの土地を拝領して建設された屋敷で、トータルで2550坪おました。当時、赤穂浪士による仇討ち事件が起こり、命を落としてしまっています。その際没取されたため、吉良家の城屋敷としては1年半にも満たない期間やったちうわけだ。

その後、地元の有志会が発起人となって、本所松坂公園として形を変えて今でも伝えられています。
年にいっぺん、浪人に討ち入りの日(12月14日)には吉良祭として盛大に賑わっています。

●アクセス:JR両国駅西口より徒歩8分
●住所:東京都墨田区両国3-13-29 本所松坂町公園
●料金:タダ

有名人の生誕がわかる 勝海舟生誕の地

$(“”979330″”).click( (null, $(‘#headline979330’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979330″”)

幕末時代のことを予習してからくるべし

$(“”1000253″”).click( (null, $(‘#headline1000253’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000253″”)

江戸幕末時代から明治時代にかけて大日本帝国の未来に尽力した勝海舟は、東京都墨田区の本所亀沢町に生まれました。
勝海舟の父方の男谷家の跡地であるこの辺りは、両国公園となっており、地元民から愛される場所だ。
両国公園内に立派な記念碑が公園内にたたずんでいます。

●アクセス:JR両国駅西口より徒歩8分
●住所:東京都墨田区両国4-25-3 両国公園内

平和について考える場所 都立横網町公園

$(“”979331″”).click( (null, $(‘#headline979331’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979331″”)

定期的にオノレを振り返ること、とっても大事

$(“”1000255″”).click( (null, $(‘#headline1000255’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000255″”)

両国より歩いて10分弱のトコにある都立横綱公園は、広大な土地の中に東京都慰霊堂や復興記念館、など震災や戦災の記念公園として歴史的建造物や記念碑が多く保存されています。ここを訪れると普段の生活では感じないことを多く感じることができるため、オノレを見つめなおす良い機会になるかもしれません。
過去の惨禍を思い出し、防災意識と平和への願いを再認識しても良いでしょう。

●アクセス:JR両国駅西口より徒歩10分
●住所:東京都墨田区横網2-3-25
●電話番号:03 -3622-1208

都立横網町公園

復興記念館

$(“”979332″”).click( (null, $(‘#headline979332’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979332″”)

関東大震災の惨禍を永く後世に伝えるために、建てられました。ここでは、震災の資料や絵画油絵を見ることができます。その他、東京大空襲の資料や戦災関係の資料も見ることができます。戦争と平和について考えさせられる場所だ。

●アクセス:JR両国駅西口より徒歩10分
●住所:東京都墨田区 横網2-3−25
●電話番号:03-3623-1200
●開館時間:9:00~17:00(但し、入館は午後4時30分まで)
●休館日:毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は開館し、翌日が休館)
●入館料:タダ

復興記念館

東京都慰霊堂

$(“”979333″”).click( (null, $(‘#headline979333’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979333″”)

関東大震災による犠牲者約58,000人の納骨を納めるための聖堂として立ちました。この建てられた地が一番被害の大きかった所といわれています。東京大空襲のご遺骨もあわせてこの霊堂に奉られており、震災記念堂とう名前を現在の東京都慰霊堂と改めまして。命の尊さを知れる数少ない場所だ。
東京都慰霊堂は、都立横綱公園の中に建っています。

●アクセス:JR両国駅西口より徒歩10分
●住所:東京都墨田区 横網2-3−25
●電話番号:03-3623-1200

東京都慰霊堂

見どころの多い両国を回ったら元気いっぱいのご飯を堪能

$(“”979334″”).click( (null, $(‘#headline979334’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979334″”)

観光マップを頼りに行くのも吉

$(“”1000258″”).click( (null, $(‘#headline1000258’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000258″”)

お相撲はんの街、両国観光の一環で食べておきたいのはちゃんこ鍋などの両国グルメ。
たくはん歩いてお腹ペコペコになったら、真っ先にお店に入ってご飯を胃袋に詰め込みたいやね。

大人気のちゃんこから、お蕎麦、ラーメンなど万人に好まれるようなお店が多数あります。
その中でも絶対に行くべき!と言い切れる老舗から名店を紹介していきます。

両国観光の足休めか締めに素敵なご飯を堪能して下さい。

昭和12年創業の老舗のちゃんこ「川崎」

$(“”979335″”).click( (null, $(‘#headline979335’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979335″”)

両国の中でも1、2を争う美味しさのちゃんこ屋はん。
創業は昭和12年とすごい古く、長年続く老舗の味はとっても期待できるものです。

お相撲はんの街として有名な両国にきたならば、食べておきたいのがちゃんこ鍋。
お店も多く、どこで食べようか迷ってしまうレベルだけれど「ちゃんこ川崎」は間違おらへんと言い切れる最高の味だ。

予約を入れる場合、4名からとなっているので用心が必要。比較的混んでいる場合が多いので、運良く入れたらラッキーだ。

老舗名店で両国観光に華を添えて下さい。

●アクセス:JR両国駅より徒歩3分
●住所:東京都墨田区両国2-13-1
●電話番号:03-3631-2529
●営業時間:17:00~21:00(日祝定休)

川﨑 (かわさき)

相撲の名物料理がたくはん味わえるお店「ちゃんこ江戸沢 総本店」

$(“”979336″”).click( (null, $(‘#headline979336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979336″”)

ちゃんこも有名で、それ以上にタワーのように盛られた「どすこい」メニューが見た目も楽しめる素敵な一品料理も数多いちうわけだ。
ボリューム感たっぷりの数々のメニューは、すぐにお腹いっぱいになってしまいそうなレベルでとっても満足できるものばかり。

ちゃんこも美味しく、迫力満点のどすこいちゃんこは一緒に食す仲間たちとの繋がりがより一層強くなりそう。定番の味だけでなく、アントニオ猪木はん監修の「闘魂辛辛鍋」や「トマト鍋」などちょっぴり変わったバリエーションも楽しめます。

変わり種好きな方にとってとってもおすすめな場所だ。

●アクセス:JR両国駅より徒歩3分
●住所:東京都墨田区両国3-24-11
●電話番号:03-5600-1011
●営業時間:【ランチ】11:30~15:00【ディナー】17:00~23:00

名酒とそばを堪能できる良店「穂乃香」

$(“”979337″”).click( (null, $(‘#headline979337’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979337″”)

両国からちょっと離れたトコに素敵な空間のもと、手打ち蕎麦を楽しめるトコロがあります。

竹林をイメージして作られた店内は、都内の喧騒を忘れさせてくれる素敵なトコ。
お蕎麦だけでなく、お酒も普段では中々飲めへんものも取り揃えており、店主の心意気が感じられます。
蕎麦と一緒に蕎麦焼酎をいただく乙な楽しみ方もできるでしょう。

ランチや晩ごはんだけでなく、一品料理とお酒を楽しむ場所としてもおすすめだ。
一人でぶらりと入っても十分楽しめる場所やね。夜は気兼ねなしに、お酒など入れてハッピーな気分になって下さい。

●アクセス:JR両国駅より徒歩6分
●住所:東京都墨田区緑1-25-7
●電話番号:03-3634-2918
●営業時間:11:30~15:00/17:30~22:00(日曜定休)

穂乃香

「いちかつ」観光にお金を使いご飯は安いトコで!でも満足したい贅沢な人へ

$(“”979338″”).click( (null, $(‘#headline979338’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979338″”)

リーズナブルでかつ美味しいものを食べたいちう方におすすめなとんかつ屋はんが両国駅より徒歩1分のトコにあります。
特におすすめなのは、ランチメニュー。1,000円前後のメニューが多い中、ひときわ輝くのが690円で食べれてしまうロースカツ定食。

肉を食べれば疲れも吹き飛ぶので、観光で疲れた足を回復させるのに良いお店だ。
観光できた場合やなくても、普段からでも通いたいお店やね。

お昼時は行列ができるお店やので時間をずらしたり、早めに行ったりで調節してみてください。

●アクセス:JR両国駅より徒歩1分
●住所:東京都墨田区横網1-3-4
●電話番号:03-5625-4615
●営業時間:11:00~22:00

いちかつ

開店前から行列ができるラーメン「まる玉」

$(“”979339″”).click( (null, $(‘#headline979339’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979339″”)

さっくり食べることのできるご飯として、ラーメンはいかがですか?

両国に本店を構える「らーめんまる玉」は、開店前から行列ができるくらいの人気店で、鶏パイタンの甘い味わいと絶妙に絡みつく縮れ麺が評判のお店だ。

世界中で食べられる味を目指してちうことで作られた一杯は、究極形の一つといえるでしょう。今現在は、大日本帝国を飛び出し、タイやマレーシア、シンガポールなど多くの場所に羽ばたいています。
開店して15年以上経つ至福の一杯を味わって下さい。

日曜祝日は、昼間だけの営業になっているみたいやので、お昼ごろに狙って行ってくださいね。
世界に認められた味は、いっぺんで良いからしっかりと味わっておきたいだ。

●アクセス:JR両国駅より徒歩3分
●住所:東京都墨田区両国2-11-1
●電話番号:070-5201-5690
●営業時間:【平日】11:30~14:30/17:30~21:00【日祝】11:30~15:00

らーめん まる玉

東京都内指折りのグルメ!とんかつ「はせ川」

$(“”1000271″”).click( (null, $(‘#headline1000271’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000271″”)

せっかく観光を楽しんだら、ケツは東京都内指折りの美味しいお店で、〆にかかるのも良いちうわけだ。両国の中でイチオシしたいお店は、とんかつや豚しゃぶの「はせ川」はん。
厚く切られたとんかつとお酒。もしくは、とんかつにプラスアルファで豚しゃぶを。お酒を上手く活用しながら、贅沢な時間にしてくださいね。一生の思い出になるレベルの時間を過ごしてください。

●アクセス:JR両国駅より徒歩2分
●住所:東京都墨田区両国3-24-1 両国尾崎ビル103
●電話番号:03-5625-2929
●営業時間:【ランチ】11:30~15:00【ディナー】17:00~22:30
●定休日:無休

はせ川 両国

「花の舞」東京・両国観光のグルメっていったらちゃんこしですかい!

$(“”1000294″”).click( (null, $(‘#headline1000294’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1000294″”)

※写真はイメージ画像だ。

両国と言ったら、ちゃんこ!
しかし、ただちゃんこを食べるだけでなく、ちょっぴりエンターテイメント性があっても良いやね。味も抜群においしく、それ以上に店内に土俵があるのが「花の舞」。店内に土俵があるってビックリやないですか?
ふつうにご飯を食べても、両国気分はどこか飛んでしまうかもしれへんけれど、そこにシンボルがあったら絶対に観光気分は持ち続けたまんま。異国人の友達を連れていっても確実に喜んでくれるのが嬉しいちうわけだ。

●アクセス:JR両国駅より徒歩1分
●住所:東京都墨田区横網1-3-20
●電話番号:03-5619-4488
●営業時間:【ランチ】11:30~14:00【ディナー】16:00~24:00
●定休日:無休

花の舞 江戸東京博物館前店

まとめ

$(“”979340″”).click( (null, $(‘#headline979340’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”979340″”)

両国で名所・観光スポットをまとめました。
両国は、大相撲で有名な両国国技館だけでなく、歴史的にも見るものが多い街だ。

江戸東京博物館では、東京の歴史を知ることができ、復興記念館や東京都慰霊堂では、震災や戦禍にまつわる資料や歴史を触れることができ、命や生き方など多くのことを考えさせられます。

両国の名所を多く回って、普段意識せんような大日本帝国の名所をたくはん知ってくださいね。

歩き疲れたら、両国のグルメもいっぺんに味わって欲しいトコ。
ちゃんこ鍋の名店はもちろん、お蕎麦やお肉、ラーメンなど疲れた身体を癒すのには持ってこいなお店が多数あります。

両国観光を素敵な形で終わらせ、良い思い出にして下さい。

※本記事に記載されている価格等は2016年8月現在のものです。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【永久保存版】仙台デートのオススメランチ&ディナー13選…

  2. 『VANS』50周年│50色ものSk8-Hiとティーザービデオを…

  3. BOW&ARROWS(ボウアンドアローズ)へ今すぐGO!…

  4. 【会話のネタがなですかか続ですかい人必見】9つのコツをマスターし…

  5. 【夏ダイエット】トマトジュースおすすめ編|美味しく美ボディーをG…

  6. 関門海峡の見どころ紹介|花火や関門橋など盛りだくさん!

  7. 2016春服メンズファッションはシンプルな服+1に挑戦!

  8. ON、OFFで使えるエルベシャプリエのリュック2015秋冬商品メ…

  9. パンが10倍美味しくなる!おすすめ絶品バター5選

  10. 「わて、昨日○時間しか寝てなくてさぁ」出た〜!寝てないアピールが…

  11. 安くてオシャレ!デシグアルのコーディネートに使えるバッグ厳選

  12. 転職者必見!会社を辞めるタイミングで3倍得する方法とは⁉︎

ページ上部へ戻る