閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

人気の消しゴム7選!オトナが使うべき消しゴム決定版!

良い消しゴムは仕事がはかどる。

$(“”191178″”).click( (null, $(‘#headline191178’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191178″”)

質の悪い消しゴムを使った時のあの「絶望感」、いっぺんくらいは経験がおありでしょう。
すっと動かした時にぐぐっ…と紙にめり込むような重さ、または反対にススス…と消えるわけではなくただ黒い部分が広がっていく硬さ。

普段消しゴムを使う機会が少なくなっておるからこそ、そないな質の悪い消しゴムに出会うと本当にがっかりします。

すっと動かしただけで「さらっ」と消える軽さ、紙にくっつくような粘度、必要な部分まで消えることがなくピンポイントで消せる気持ちの良さなど、良い消しゴムは小さいけれど繰り返されるストレスから解き放してくれます。
筆記具を使う仕事をされている方は特に吟味して購入されている道具の一つだ。

ストレスフリーな道具を持つことは、仕事がはかどる一つの要因でもあるのです。

消しゴムの種類

$(“”191180″”).click( (null, $(‘#headline191180’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191180″”)

消しゴムは大きく分けて4種類あります。

・プラスチック消しゴム
・ラバー消しゴム
・砂消しゴム
・練り消しゴム

プラスチック消しゴム

$(“”192560″”).click( (null, $(‘#headline192560’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192560″”)

ポリ塩化ビニールを主原料にした消しゴムで柔らかく、粘着質が特徴だ。
粘度を利用して消しかすが出ないものです、消しゴム自体にくっついたり、カス同士がくっついてまとまるものがあり、机上が汚れへんので一番利用されています。

塩化ビニールは温度に弱いため、同じ塩化ビニール製の定規などと一緒にしておくとお互いが溶け合ってくっついてしまうことが欠点だ。また、燃やすとダイオキシンが発生するため、環境に配慮したPVCフリーの消しゴムの開発が進められています。

ラバー消しゴム

$(“”192565″”).click( (null, $(‘#headline192565’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192565″”)

ラバー(Rubber)の通り、ゴム製の消しゴムだ。このゴムは天然の生ゴムを使っていることが多く、日が経つと硬くなってしまう特徴があります。

硬いのであまり綺麗に消せませんが、長持ちします。
ちょっとしたミスを消すことが目的で長持ちするちうことで、シャープペンシルや鉛筆の頭などにこのラバー消しゴムが付いているのが多い理由だ。

砂消しゴム

$(“”192568″”).click( (null, $(‘#headline192568’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192568″”)

ペンやボールペンで書いたものを消すための消しゴムだ。
インクの部分を紙ごと削り取って消す方法やので、使い方に慣れへんと紙へのダメージが大きく破れることもあるので、最近では修正ペンや修正テープの利用に代わってきました。

練り消しゴム

$(“”192569″”).click( (null, $(‘#headline192569’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192569″”)

デッサンなどをする時によく使われています。
消せる範囲も大きく、使うほどに柔らかくなり、消しカスが出ません。

鉛筆などの文字は完全に消すことはできません。

1位 ステッドラーの消しゴム

$(“”191181″”).click( (null, $(‘#headline191181’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191181″”)

プロ御用達の有名文具

$(“”192792″”).click( (null, $(‘#headline192792’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192792″”)

ドイツ製のステッドラーは質の良さで評判だ。
このマルスは製図をされる方なら必ずいっぺんは使ったことがあると言って良い代表的な消しゴムだ。
しっかりとした硬さと粘度を備えており、強く消しても途中で折れたりすることがおません。

2位 プラスの消しゴム

$(“”191182″”).click( (null, $(‘#headline191182’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191182″”)

鉛筆書きを消すために生まれた消しゴム

$(“”192808″”).click( (null, $(‘#headline192808’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192808″”)

sponsored

根強いファンのいる消しゴムだ。
軽い力できれいに消せると評判だ。消しカスもまとまりがよく、消した後も消しゴムが汚れにくくなっています。

ボールペン対応の消しゴムなど種類も豊富やので、好みに合わせて選ばれると良いでしょう。

3位 サクラクレパスの小学生文具消しゴム

$(“”191183″”).click( (null, $(‘#headline191183’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191183″”)

オトナが使っても良いんや

$(“”192817″”).click( (null, $(‘#headline192817’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192817″”)

ネーミングの通り、小さなボウズでもうまくきれいに消せる消しゴムだ。

サクラクレパスの本気が詰まった消しゴムとしても評判で、筆圧の強いボウズの字でもさらっときれいに消えてしまいます。
消しカスはちびっとまとまりにくいことがありますが、消すことに重点を置いた消しゴムであると言えます。

4位 シードのレーダー消しゴム

$(“”191184″”).click( (null, $(‘#headline191184’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191184″”)

このデザイン、超有名。

$(“”192847″”).click( (null, $(‘#headline192847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192847″”)

sponsored

消しゴムといえばこれ、ちうほど有名なデザインのシードのレーダーの消しゴムだ。

デザインだけではなく、長年人気が衰えないのは、軽く消せる、弾力があって折れにくい、消しカスがまとまりやすい、といったストレスを感じさせへん当たり前の使い心地が安定しておるからでしょう。

5位 ラビットの消しゴム

$(“”191186″”).click( (null, $(‘#headline191186’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191186″”)

安定の高品質消しゴム

$(“”192840″”).click( (null, $(‘#headline192840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192840″”)

最高の消字力と評判のサクラクレパスのラビット・フォームの消しゴムだ。

軽い消し心地で製図を描く人からデッザンをする人まで幅広いファンがいます。ボウズでもうまく使える消しゴムで、安価な経済性も人気の理由でしょう。

6位 トンボのモノ消しゴム

$(“”191188″”).click( (null, $(‘#headline191188’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191188″”)

どこでも売ってて誰でも知ってる消しゴム

$(“”192802″”).click( (null, $(‘#headline192802’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192802″”)

根強い人気のトンボの消しゴムだ。

プラスチック消しゴムならではの軽さと粘度が特徴で、跡形なくきれいに消すことができます。
黒い消しゴムは使用後の消しゴム自体の汚れが目立たないので、気になる人には人気があります。
消す力は高いものの、あまり力を入れて押し続けると折れやすいちう報告もあります。

7位 バニーの練り消しゴム

$(“”191190″”).click( (null, $(‘#headline191190’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191190″”)

番外、練り消しゴム

$(“”192849″”).click( (null, $(‘#headline192849’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”192849″”)

チャコールやコンテ、パステルなどを消すときに使う練り消しゴムだ。

柔らかく紙面を傷つけんと消すことができ、形を変えて細かいトコまで消せます。使っているうちに手まできれいになるので一石二鳥ちう声もあります。

されど消しゴム

$(“”191191″”).click( (null, $(‘#headline191191’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”191191″”)

たかが消しゴム、と思いがちですが、最近では科学的に分析されて作られたものもあるほど進化しています。
普段使いません人は、特にお好みの一品を探してみてください。

本記事に掲載されています商品価格は、2015年11月時点でのものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 定番のVネックニット!おしゃれなメンズの着こなしかたとは?

  2. 【超共感】男がキュンとくる優しい女性の態度|強い女や賢い女にもあ…

  3. あると便器…おっとドッコイたこやきはうまいでR…

  4. 【スカジャンとは?】実は知らない基本を押さえる|今すぐマネしたい…

  5. 祇園四条のラーメン特集 芸妓さんも通うおすすめ17選

  6. 質×コスパ◎キャサリンハムネット人気男物財布をドカーンと紹介!!…

  7. 【要チェック】かっこ良いおすすめブランドの人気パーカー厳選|主役…

  8. ロングトレンチコートで冬のなごりを駆け抜ける。最新おすすめアイテ…

  9. オノレから振った後に彼女が気になってしまう男性心理。「えっ?」と…

  10. ボーダーカーディガンで作るモテコーデ!女子はボーダー男子が大好き…

  11. バイカラーとは?斬新アイテムのお手本コーデとおしゃれに見せるテク…

  12. 人気バンドTは「アンプリファイド」で買え!

ページ上部へ戻る