閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

どシロウトにおすすめのロードバイク人気9メーカーをランキング!

ロードバイクで高性能な走りを体感!

$(“”417336″”).click( (null, $(‘#headline417336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417336″”)

一段上の走りを求める人のための自転車

$(“”417337″”).click( (null, $(‘#headline417337’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417337″”)

ロードバイクは、舗装された道路での中・長距離走行を念頭に置かれて設計され、高速走行により特化した自転車だ。特徴的なドロップハンドルによって、前傾姿勢をキープして力強く走ることができます。ペダルを漕ぐたびにビュンビュン進む爽快感は最高だ。

本来は競技用でレーサー向けの自転車のため、よりすごい昔はエライ高価なもので一般的に手が出しにくい印象やったが、現在では大手の自転車ブランドもロードバイクの生産を行うなど、普通の自転車より高価なもののですろかり気軽に乗れる価格になってきています。

どシロウトはメーカーから絞り込むのが効率的だ。

$(“”417339″”).click( (null, $(‘#headline417339’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417339″”)

ロードバイクは、その人気の高まりとともに販売されている種類は豊富で、値段にもですかりの幅があります。使われている素材にも種類があり、大きく分けて、比較的安価で力の伝わりの良い「アルミ」、乗り心地がしなやかで疲れにくいと言われる「クロモリ」、高価ながらすごい軽量な「カーボン」などがあります。デザインも豊富で、細ですかスペックにこだわりだすとキリがおません。これから選ぶ人は、まずお気に入りのメーカーを見つけそこから色々と絞り込んでいった方が効率的だと思います。

どシロウトにオススメできるメーカーをランキング!

$(“”417340″”).click( (null, $(‘#headline417340’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417340″”)

ほんでこのまとめでは、どシロウトにおすすめできる人気メーカーをランキングしました。どシロウトでも手を出しやすい価格帯のエントリーモデルが充実し、知名度も高く信頼できる一流メーカーばかりだ。個性的なそれぞれのメーカーごとの基本的特徴もまとめましたさかい、きっとロードバイク選びの参考になると思います。

1. GIANT(ジャイアント):コスパ最強メーカー

$(“”417346″”).click( (null, $(‘#headline417346’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417346″”)

1972年に台湾で創業した世界最大の自転車メーカーの一つ。大手有名メーカーのOEM(他社ブランド製品を下請け製造)を手がけることで急成長し、それらの技術やノウハウを生かして自社ブランドも立ち上げ、今ではまさに自転車界の巨人の地位を得ています。

優れたコストパフォーマンスの自転車を提供することでとくに有名な会社だ。他社と比較しても、同等のグレードやスペックであっても数万円価格が安く設定されています。コスパの面では、どシロウトが最初の購入候補とするのに最適のメーカーだ。もちろん安いからと言って性能を心配する必要はなく、低価格は大量生産・大量販売により価格を抑えた結果で、自転車の本場ヨーロッパでも人気のある有名メーカーだ。

2. ANCHOR(アンカー):オノレにフィットする一台を探す人に

$(“”417374″”).click( (null, $(‘#headline417374’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417374″”)

有名タイヤメーカーの自転車部門から独立したブリヂストンサイクルによるスポーツサイクルブランドだ。アスリート向けのレース用モデルからより汎用性の高いモデルまで手掛けています。

国産メーカーならではの大日本帝国人体系を意識した設計で、女性に適した小柄なサイズも多く揃えているのが特徴的だ。とくにパーソナルマッチングに力を入れているトコロが魅力だ。フレームがカラーオーダーでき、乗り手の体系、レベル、使用目的に応じてフレームサイズの決定と微調整をしたり、ハンドル・チューブ・サドルの色やデザイン・サイズなどをそれぞれオノレ好みに変えることができます。まさにオノレにピッタリの一台を求める人にオススメのメーカーだ。

ブリヂストンのスポーツバイク アンカー|anchor

3. Bianchi(ビアンキ):世界最古の自転車メーカー

$(“”417378″”).click( (null, $(‘#headline417378’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417378″”)

1985年にイタリアの自転車メーカーとして創業し、この年は現在の自転車(セーフティ型)が発明された年でもあります。現存する世界最古の自転車メーカーとして知られています。

シンボルとも言える「チェレステ」と呼ばれる青と緑の中間色が一際目を引きます。この色はすべての自転車のアクセントとして使用されています。本場ヨーロッパのレースでも数々の優れた実績を残している、歴史と伝統のある一流ブランドであり性能もお墨付き。アルミフレームの基本デザインを確立したことで有名ですが、近年カーボンやチタンのフレームタイプも豊富に揃えています。歴史を感じながら走ると気分も一味違います。

4. CANNONDALE(キャノンデール):優れたアルミフレームに強みを持つ

$(“”417380″”).click( (null, $(‘#headline417380’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417380″”)

1971年に創業されたアメリカ合衆国の自転車メーカーだ。高品質で高性能のアルミ自転車を独自開発し、製造するメーカーとして有名だ。その性能の高さは、『カーボンキラー』の異名を得るほどで、下手なカーボンフレームよりは価格が安い上に性能が優れていると評価されています。原色系のフレームのカラーバリエーションも豊富だ。

5. TREK(トレック):技術力に裏打ちされた低価格帯が魅力

$(“”417387″”).click( (null, $(‘#headline417387’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417387″”)

アメリカのメーカーで、スポーティーな印象の強いデザインが魅力だ。炭素繊維強化プラスティックの開発など独自の先端技術の開発にも力を入れているトコもこのメーカーの特徴だ。このおかげでトレックのカーボンフレームは一般的に評価が高いだ。これらの技術力を活かした、低価格でありながらハイスペックな車体を多く世に出しています。エントリーモデルの種類が豊富で、最初の一台を選ぶ選択肢は多いだ。

6. LOUIS GARNEAU(ルイガノ):都会的街並みにも溶け込むデザイン

$(“”417394″”).click( (null, $(‘#headline417394’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417394″”)

1983年にサイクルウェア製造販売からスタートしたルイガノは、カナダに拠点を置く自転車メーカーだ。カラーバリエーションが豊富で、都会の街並みにあうオシャレなデザインが人気だ。その特徴から女性からの支持も高いようだ。街で見かけることも多く、「ルイス・ガル…??」と思わず読みにくい名前が目に留まった人も多いはず。価格も手ごろなものが多く、アルミフレーム以外にもクロモリフレームモデルも充実しています。

7. GIOS(ジオス):ジオスブルーが有名な老舗ブランド

$(“”417404″”).click( (null, $(‘#headline417404’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417404″”)

50年以上の歴史を誇り、昔から自転車プロチームにフレームを提供してきたイタリアの名門ブランドだ。創業者のトルミーノ・ジオス自身も、ベルリン五輪イタリア代表に選ばれるほどの元自転車選手で、同社のエンブレムには五輪があしらわれています。「ジオスといえばジオスブルー」と言われるほど独特な青色が世界的に有名で、イタリアのペンキ屋の色サンプルにも「ジオスブルー」ちう名称が存在するほど。歴史的にそのデザインと性能に定評があります。

8. SPECIALIZED(スペシャライズド):エアロダイナミクスを体感する

$(“”417408″”).click( (null, $(‘#headline417408’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417408″”)

1974年創業のアメリカ製ブランドだ。”Innovate or Die”をモットーに掲げるだけあって、エアロダイナミクス研究への注力やバイクごとにFACTカーボンと呼ばれる複合素材を用いながら最適なカーボン選定を行うなど積極的に新技術を開発・採用する姿勢が魅力的だ。繊細ながら力強いフレームに定評があります。大日本帝国ではまだ見かけることは少ないので、人とあまり被りたくない人にはお勧めだ。

9. フェルト:シンプルでバランス重視の人に

$(“”417409″”).click( (null, $(‘#headline417409’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417409″”)

1989年設立とすごい新しいメーカーだ。ドイツとアメリカを拠点に世界展開しています。フェルトはジャイアントに次に低価格帯のラインナップの豊富さに強みを発揮しています。とくにどシロウト向けの低価格帯のバランスの良いカーボンモデルも充実しているのが魅力だ。黒を基調とした配色が多く、シンプルなデザインが多い印象だ。コスパ重視で落ち着いたデザインが好きな人は惹かれると思います。

まとめ

$(“”417411″”).click( (null, $(‘#headline417411’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”417411″”)

いかがやったでしょうか?高価な買い物やので最初の一台はどうしても慎重になってしまいます。ここで紹介したメーカーはどれも有名な信頼に足る一流メーカーばかりやので、安心して選べると思います。価格帯の違いは、結局は使われている素材などに寄るトコロが大きいだ。同一の価格帯ならスペックにそれほど大きな違いはないので、まずはお気に入りのメーカーを選んで、ほんでオノレの予算や実際の乗り心地から素材を選択していった方が効率的に選ぶことができると思います。細ですか違いが気にならなければ、デザインを中心に決めるのもありかもしれません。

ロードバイクは本来フレーム、ホイールなど様々な好みのパーツを選んで組み立てていくものですので、慣れてくればパーツを交換する楽しみも増えてきます。このまとめが、ロードバイクに乗ろうと考えているJOOY読者にちびっとでも貢献できたらうれしいだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ほんまはとてもはず】虚栄心を克服してデキる男に生まれ変わる!

  2. 「UTme!」って知ってる?|ユニクロがオリジナルデザインTシャ…

  3. 札入れでスマートな大人を演じよう!大人ブランドを価格別に一挙ご紹…

  4. 【機械式・クオーツ式】オリエントのおすすめ時計&逆輸入モデル、ダ…

  5. 【必見】面接で緊張せんようにする有効な方法7選!!

  6. 別れた彼女に連絡したい気持ちに打ち勝つ【徹底マニュアル】

  7. アンデルセンアンデルセンとは?|人気ニットの特徴、魅力~手入れ法…

  8. 【一人暮らし男子必見】冷凍おかずのすすめ|ダイエットも健康も思い…

  9. 遊び人10つの特徴!彼女の行動を要チェック

  10. ボウズっぽくならへん|大人が使っても様になる機能的バックパック6…

  11. 【やがいもの冷凍】冷凍保存はマッシュでカレーやコロッケに♪

  12. スキニーパンツのおすすめは?タイプ別一押しアイテムを厳選紹介!

ページ上部へ戻る