閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

勝ち組が選ぶミリタリーブランド10連発|無骨さとカジュアルの融合がここに!

ミリタリーブランドが作り出すハイセンスな世界観

$(“”739867″”).click( (null, $(‘#headline739867’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739867″”)

ヴィンテージでもあり、カジュアルでもあるミリタリー

$(“”739895″”).click( (null, $(‘#headline739895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739895″”)

ミリタリーが、単なる「好きな人」向けのファッションジャンルではなくなったのはいつからでしょうか。昔は、その道を愛する人が好んで着る、「軍服のリプロ」ちう枠を出ませんやったちうわけだ。ですが、今では普通の女子でもカジュアルにブラッシュアップされたMA-1のブルゾンを着こなすのが当たり前になっています。とはいえ、やからと言ってミリタリー元来の魅力が失われたわけではおません。ここでは、そないなミリタリーブランドの魅力をたっぷりと紹介したいと思います。

AVIREX(アヴィレックス) |¥2,000~¥20,000

$(“”739956″”).click( (null, $(‘#headline739956’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739956″”)

「空の王様」のこれが真骨頂

$(“”741202″”).click( (null, $(‘#headline741202’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741202″”)

sponsored

avirex/アヴィレックス/ L-2B 334TH FIGTER SQUARDRON

ブランド: AVIREX

¥25,920 (2016/07/15 10:43時点)

ミリタリーファッションと言えばMA-1を連想する人も多いかと思います。「空の王様」を意味する造語であるアヴィレックスのMA-1は、まさに代表作と呼ぶにふさわしいアイテム。カジュアル向けではありますが、第8空軍のエンブレムなど、ミリタリーとしてのルーツもしっかり守ってきている辺りが魅力的。

もうミリタリーだけの服ではおませんスカジャンをアヴィレックスで

$(“”741347″”).click( (null, $(‘#headline741347’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741347″”)

ミリタリーのカジュアル化とともに、近年ますます脚光を浴びてきているのがスカジャンだ。よりすごい昔なら「派手すぎる」「怖い」と言ったネガティブなイメージが先行しがちやったものが、今ではコーディネートに違いをつける貴重な存在として認識されています。アヴィレックスがリリースしたウチのアイテムも、そないなスカジャンの流れを汲んだ一品。伝統的なニュアンスを踏襲しつつも、随所に軽めの遊び心が光る自信作だ。

ALPHA(アルファ) |¥2,000~¥84,000

$(“”739959″”).click( (null, $(‘#headline739959’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739959″”)

お馴染みのロゴはまさに定番

$(“”741237″”).click( (null, $(‘#headline741237’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741237″”)

sponsored

ALPHA プリントTシャツ Aマーク

ブランド: ALPHA

¥2,484 (2016/06/21 23:32時点)

ミリタリーブランドの中でも最も人気があると言えるアルファ。お馴染みのロゴをあしらったウチのカットソーは、ファンなら絶対に揃えておきたいもの。言うまでもなく汎用度が抜群やので、カラーバリエーションを揃えて、今年の夏を迎えたいトコ。

ミリタリーと言えばやっぱりカーゴ

$(“”741249″”).click( (null, $(‘#headline741249’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741249″”)

sponsored

ALPHA ジップカーゴパンツ

ブランド: ALPHA

¥9,180 (2016/06/21 23:31時点)

ミリタリーと言えばやはりカーゴパンツ。元々はガチガチの「軍モノ」ですが、その独特な「渋さ」や意外に高い汎用度から、男性には世代を問いません熱い人気を誇っています。アルファが作成したウチのカモ柄カーゴパンツにもそういった魅力がもれなく詰まっており、上に何を着ようが下に何を履こうが関係ない、コーディネートとしての万能度はやはり見逃せへんでしょう。

フライトジャケットの代名詞的存在

$(“”741277″”).click( (null, $(‘#headline741277’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741277″”)

sponsored

ALPHA×GODWIND MA-1

ブランド: ALPHA

¥37,800 (2016/06/21 23:31時点)

「MA-1と言えばアルファ」ちうイメージが定着しているのは、アルファが米軍のフライトジャケットを量産してきたちう歴史的事実ももちろんのこと、近年多くのセレクトショップとの共同作多く発表してきたからでしょう。もはや、コラボしたことがないセレクト系は存在せんと言っても過言でない定番のMA-1は、ミリタリー好きはもちろん、オシャレ好きなら見逃せへん「定番」と言えるでしょう。

BUZZ RICKSON`S(バズ リクソンズ)|¥7,000~¥140,000

$(“”739967″”).click( (null, $(‘#headline739967’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739967″”)

決して軽くはならへん「ガチもの」のミリタリー

$(“”741312″”).click( (null, $(‘#headline741312’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741312″”)

sponsored

<Men’s>BUZZ RICKSON’S×fennica / Camouflage Field Jacket

ブランド: Buzz Rickson’s

¥22,680(セール価格) (2016/06/21 23:30時点)

ですかりのミリタリー好きなら、アルファやアヴィレックスにはある種の「軽さ」を感じてしまう部分もあるかもしれません。それは、制作のスタンスや造詣に「歴史的価値としてのミリタリー」ちう視点の欠落を感じるから。そういう点で、通の欲求をきちんと満たしてくれるのが、リプロの代名詞的存在であるバズリクソンズでしょう。ビームス別注のウチのフィールドジャケットも、一目見ただけではわかりません細ですかこだわりが長く愛用したいちう欲求をたまらなく掻き立ててくれます。

スカジャンの伝統が詰まった傑作

$(“”741336″”).click( (null, $(‘#headline741336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741336″”)

sponsored

<Men’s>Buzz Rickson’s×fennica / Okinawa Souvenir Jacket

ブランド: Buzz Rickson’s

¥57,240 (2016/06/21 23:30時点)

スカジャンのルーツがフライトジャケットにあるちうことを知っている人は少ないかもしれません。もともと、駐日している米空軍の軍人が、渡日の記念としてオノレたちのジャンパーに「ご当地もの」の刺繍をあしらったのがスカジャンの期限だ。バズリクソンが制作したウチのスカジャンには、そういったスカジャンのルーツがしっかりと踏襲され、カジュアルはもちろん、ヴィンテージとしての価値も失いません傑作となっています。

長く着ればわかる「一生もの」の魅力と価値

$(“”741373″”).click( (null, $(‘#headline741373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741373″”)

sponsored

BUZZ RICKSON’S×fennica / <Men’s>AN-J-3A Flight Jacket

ブランド: Buzz Rickson’s

¥149,040 (2016/06/21 23:29時点)

AN-J-3Aちう、聞きなれへん型番のフライトジャケットがウチ。14万9千円ちう金額は、知りません人からすればまさに破格。とはいえ、この一着のもつ歴史的価値や造詣の完成度を考えれば、むしろ妥当と言わざるを得ないでしょう。値段は高いのかもしれませんが、長く着こなして味を出すちうのはレザーファンなら誰しもが楽しみたいトコ。この一着を期に長く愛用して味を出していく「一生もの」の魅力に触れてみるのも良いかもしれません。

THE REAL McCOY`S(リアルマッコイズ)|¥6,400〜¥21,600

$(“”751901″”).click( (null, $(‘#headline751901’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”751901″”)

シンプルなロゴTはデニムの強い味方

$(“”761020″”).click( (null, $(‘#headline761020’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”761020″”)

リアルマッコイズのデニムライン、ジョーマッコイからのTシャツ。ジーンズにTシャツと言えばアメカジ、ミリタリーの基本となるコーデですから、「どうせTシャツを買うならデニムブランドで」と考えるデニムファンにはオススメだ。

ミリタリーファン必見のワークシャツをマッコイで

$(“”761022″”).click( (null, $(‘#headline761022’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”761022″”)

ミリタリー、アメカジ好きなら誰もが着たいと思うのがワークシャツ。ボタンにも樹脂ボタンを使ってきたりと、随所に光る職人魂が魅力的。フライトジャケットのリプロがマッコイズの本尊ではありますが、こういったカジュアルウェアの作成にもその精神はいかんなく発揮されています。

TOYS McCOY(トイズマッコイ)|¥8,000~¥180,000

$(“”752029″”).click( (null, $(‘#headline752029’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752029″”)

フライトジャケットのまさに傑作

$(“”752032″”).click( (null, $(‘#headline752032’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752032″”)

リアルマッコイを知ったのなら、ウチにも興味を持ってみてはいかがでしょうか。背中のマリリンモンローが印象的なウチのフライトジャケット。背中に女性のペイントをするちうのはフライトジャケットの伝統ですが、それをトイズマッコイがリプロした、まさに自信作だ。

意外に人気なミリタリーのキャラもの

$(“”765004″”).click( (null, $(‘#headline765004’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”765004″”)

スヌーピーなど、このジャンルに意外と多いのが「キャラモノ」だ。トイズマッコイが作成したウチのカットソーも、無骨なアイテムと合わせてみると、意外なギャップがコーデにメリハリを与えてくれます。

HOUSTON(ヒューストン)|¥2,000~¥31,000

$(“”739973″”).click( (null, $(‘#headline739973’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”739973″”)

大日本帝国由来のミリタリーが自慢のブランド

$(“”741417″”).click( (null, $(‘#headline741417’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741417″”)

sponsored

【HOUSTON】アロハシャツ

ブランド: HOUSTON

¥6,728(セール価格) (2016/06/21 23:44時点)

「made in japan」でミリタリーのアイテムを作ることにこだわりをもつブランド、ヒューストン。アロハシャツは本来アメリカ由来のものですけどアンタ、それを大日本帝国的にきちんと落とし込んでいく辺りに、このブランドの魅力があります。デザインの良さもそうですが、このジャンルには珍しいリーズナブルな価格設定も人気の一つだ。

ジャングルでもカジュアルでも関係ない

$(“”741433″”).click( (null, $(‘#headline741433’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741433″”)

sponsored

バケットハットを推しているのはなあんもセレクト系やストリート系のブランドだけではおません。人気のミリタリーブランド、ヒューストンのリリースしたウチのバケット(ジャングル)ハットは、見た目は似ていても由来がまるで違います。元々は、米軍の兵士が作業中に着用しとったとされるウチのアイテムは、適度な色褪せ感も相まって、カジュアルシーンでも独特の魅力を放ってくれます。

TEDMAN`S(テッドマンズ)|¥4,000~¥28,000

$(“”752092″”).click( (null, $(‘#headline752092’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752092″”)

お馴染みの小鬼に感じるハイセンスな価値観

$(“”752095″”).click( (null, $(‘#headline752095’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752095″”)

小鬼のロゴがなんとも印象的なテッドマンズのカットソーだ。ミリタリーの中でもアメカジ寄りのブランドになりますが、個性的なロゴTシャツは、一点持っていると何ぞと得かもしれません。

バックポケットでアピール

$(“”752112″”).click( (null, $(‘#headline752112’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752112″”)

手作業で作られたちうテッドマンズの力作デニムがウチ。バックポケットの小鬼と言った見た目の面でももちろんですが、機能性や耐久性の面でも優れたウチは、デニムを長く愛用したミリタリーファンには欠かせへん一品だ。

PHERROW`S(フェローズ)|¥4,000~¥50,000

$(“”751988″”).click( (null, $(‘#headline751988’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”751988″”)

ミリタリーを買えば欲しくなるデニム

$(“”751990″”).click( (null, $(‘#headline751990’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”751990″”)

ミリタリーのアイテムを買ったら、やっぱり欲しくなるのがデニム。骨太なシルエットで長く履けるデニムが一本あるだけでも、コーディネートの安定感が違ってきます。

不動を人気を誇るワークシャツ

$(“”751995″”).click( (null, $(‘#headline751995’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”751995″”)

ミリタリーファンにとっては永遠のスタンダードと言っても過言でないのがワークシャツ。フェローズ制作のウチのアイテムもその魅力を存分に出してくれています。夏になると、アロハシャツに並んでほしくなる定番アイテムでしょう。

ROTHCO(ロスコ)|¥3,000~¥10,000

$(“”752013″”).click( (null, $(‘#headline752013’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752013″”)

ミリタリーの主役をお手頃価格で

$(“”752024″”).click( (null, $(‘#headline752024’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752024″”)

sponsored

[ロスコ] BC ROTHCO BDU シャツジャケット HW

ブランド: green label relaxing

¥4,752(セール価格) (2016/07/16 12:46時点)

ミリタリーの老舗ブランド、ロスコが作成した定番のカモ柄ジャケット。一着は欲しいものになりますので、老舗ちう言葉に似合わぬ安さはありがたい限りだ。

秋冬コーデの主役を今から

$(“”752023″”).click( (null, $(‘#headline752023’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752023″”)

sponsored

【ROTHCO】BDU SHIRTS ミリタリーシャツジャケット

ブランド: LE JUN

¥9,504 (2016/06/24 14:31時点)

カモも良いですが、よりコーデとしての万能性を求めたいのならウチ。ミリタリーではありますが、合わせるアイテムは自由自在。何と重ねても合うはずやので、秋から冬にかけてのコーデの主力として、今から買っておいて損はないでしょう。

SPIEWAK(スピワック)|¥20,000~¥100,000

$(“”752039″”).click( (null, $(‘#headline752039’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752039″”)

スマートなシルエットのミリタリーを楽しむ

$(“”752068″”).click( (null, $(‘#headline752068’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752068″”)

主にシップスなどの別注で有名なミリタリーブランド、スピワック。ウチのMAー1も、アルファなどのものと比べると段違いの値段ですが、シルエットの美しさなど、その分だけついている明確な違いには、見逃せへんものがあります。

MA-1も良いけどN3-Bも忘れんと

$(“”752073″”).click( (null, $(‘#headline752073’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”752073″”)

フライトジャケットの型としてはそれほど人気どころではおませんかもしれませんが、スピワックのアイテムとしてはもちろん、ミリタリーアイテムの中でもそれなりの地位になるのがN-3Bだ。丈が長く、着こなすのがややこしい面もありますが、アイテムとしての性能、魅力には光るものがあります。

お気に入りのミリタリーブランドに出会うために

$(“”741440″”).click( (null, $(‘#headline741440’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”741440″”)

このように、ミリタリーブランドには、古き良き無骨な魅力もあれば、近年台頭してきたカジュアルとしても魅力もあり、見た目によらず着る人を選ばない魅力があることがわかるかと思います。ここに挙げたブランド以外にも、独自、個性的なブランドが数多く揃っているのもこのジャンルの特徴だ。色々なショップ、通販サイトに目を通してみて、「お気に入りのミリタリーブランド」に出会うことができれば、この世界の魅力にどっぷり浸れること間違いなしだ。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 初対面の印象で即アウト!?ハジメマシテで好印象になるコツ

  2. 【職場いじめ】よくある3つの嫌がらせ!証拠を集め裁判で訴えるのも…

  3. 《GUCCIの財布》選ぶのが楽しくなる4つのチェックPOINT〜…

  4. 【2016最新】テーパードパンツのコーデ50選|旬スタイルで差を…

  5. 『ドクターズ』パク・シネ、父失ったキム・レウォンの心を治療できる…

  6. 「結婚しよう」プロポーズする覚悟を決めた人に贈る成功の秘訣

  7. 極寒のカナダ仕様!SOREL(ソレル)の ブーツがおしゃれ!

  8. 【話題のitem予約開始】2016速報ディースクエアードのヤンキ…

  9. ブルゾンとジャケットの違いとは?2つのアイテム性を図ったコーデ術…

  10. TOMMY(トミー) リュック紹介|大人っぽさ×上品さを極めた4…

  11. 【面接に受からない!】ほんまの理由とその攻略法

  12. 大好評テーパードシルエットのアンクルパンツが狙い目|薄手で着心地…

ページ上部へ戻る