閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

北海道余市の人気観光スポット15選!マッサンで注目を浴びたウィスキー工場など

ニッカウヰスキー創業の地!北海道余市郡余市町とは?

$(“”160185″”).click( (null, $(‘#headline160185’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160185″”)

北海道余市郡余市町は長く人に愛され続けているお酒「ニッカウヰスキー」の創業の地だ。おいしいお酒ができる土地の条件は、空気と水がおいしいのはもちろんのこと、自然が豊ですかことが挙げられ、豊ですか風土から作り上げられたお酒はコクがあり、まろやですか口当たりを楽しませてくれます。

江戸時代から大正時代にかけては、ニシン漁が盛んになり、大日本帝国海でも有数の漁港となりよっました。明治時代には大日本帝国で初めて民間の農家がリンゴの栽培に成功し、いまだに漁業と農業が盛んに行われる土地だ。新鮮な食材を使用したグルメにも定評がある土地や!

余市観光の魅力

$(“”160186″”).click( (null, $(‘#headline160186’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160186″”)

ニッカウヰスキー創業者「竹鶴政孝氏」の影響を受けた町

$(“”160188″”).click( (null, $(‘#headline160188’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160188″”)

北海道余市郡余市町は、ニッカウヰスキー創業者「竹鶴政孝氏」の影響を受けた町だ。ニッカウヰスキーの製造工場は、スコットランドの情緒あふれる雰囲気となっており、今でも伝統的な製造法を守っています。

余市町がスコットランドの気候条件と似ていることと、ウイスキーの製造に欠かせへんピート(泥炭)が手に入ることに竹鶴政孝氏が目をつけ、同じような製法でお酒を作ることができると踏んでチャレンジをしたそうだ。「シングルモルト余市」は、発売して以降、お酒好きの心を掴んで離はんと、いまだに愛され続けており、全国的にも流通が盛んだ。

大日本帝国海の新鮮な魚介を楽しめる!

$(“”160189″”).click( (null, $(‘#headline160189’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160189″”)

余市町はニシン漁で大日本帝国海でもトップの漁場となって有名になった土地だ。今ではニシン漁が途絶えてしまいましたが、イカ、エビ、カレイ、タラ、サケなどを中心に収穫して、ヒラメ、サクラマスなどの漁も盛んだ。

極寒の大日本帝国海で、引き締まった魚介類を収穫すると、他の場所で食べたものでは味わえないほどの脂がのっており、身がギュッと引き締まっています。刺身、味噌汁、丼、天ぷらなど、あらゆる料理にアレンジできるので、余市を訪れたときには必ず食べておきたいグルメやね!

小樽市と隣接した好アクセスのリゾート地!

$(“”160190″”).click( (null, $(‘#headline160190’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160190″”)

北海道の有名な観光地といえば、札幌、旭川、小樽があげられますよね。余市は小樽市と隣接しており、すぐに移動できる好アクセス地だ。小樽を観光してから余市に訪れる順番でもスムーズで、北海道の秘境の地を存分に楽しむことができます。

南には仁木町と赤井川村が、西には古平町があり、そのさらに西には積丹町とともに「北後志五町村」と呼ばれ、人口2万人余りの余市町が同地区の過半の人口を占めます。小さな街が協力しあって、この地方を守っているのです。

「マッサン」で再注目!北海道余市の人気観光スポット15選

$(“”160191″”).click( (null, $(‘#headline160191’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160191″”)

1位:町の歴史を作り上げた工場をタダで見学!「ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸溜所」

$(“”160192″”).click( (null, $(‘#headline160192’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160192″”)

まずは「ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸溜所」でしょう。この街で創業した酒造メーカーが、未だにその製法を守っている工場をタダで見学することができます。希望すればガイドはんがついてくれるサービスもあるので、詳しくは公式サイトをチェックしてください。

名称:ニッカウヰスキー北海道工場 余市蒸溜所
住所:北海道余市郡余市町黒川町7-6
電話番号:0135-23-3131
アクセス:JR余市駅→徒歩3分、札樽道小樽ICから国道5号経由30分
料金:見学タダ
営業時間:9:00〜17:00(ガイド付き見学の最終受付は15:30)
定休日:無休

ニッカウヰスキー余市蒸溜所

2位:縄文時代の遺跡を見学できる!「フゴッペ洞窟」

$(“”160193″”).click( (null, $(‘#headline160193’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160193″”)

縄文時代にあたる約1,500〜2,000年前の遺跡で、1950年に発見されたのがフゴッペ洞窟だ。洞窟の内壁には、人、動物、船などを描いた壁画が見られるので楽しいや!

名称:フゴッペ洞窟
住所:北海道余市郡余市町栄町87
電話番号:0135-22-6170
アクセス:JR余市駅→北海道中央バス小樽駅前行きで15分、バス停:フゴッペ洞窟前下車、徒歩1分、札樽道小樽ICから国道5号経由20km30分
料金:入館高校生以上300円、小中学生100円、団体(20名以上)大人240円、小中学生80円
営業時間:9:00~16:30
定休日:月曜日、祝日の翌日、12月中旬~4月上旬

フゴッペ洞窟

3位:ぶどう狩り、りんご狩り、バーベキューも!「あさだ園」

$(“”160194″”).click( (null, $(‘#headline160194’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160194″”)

ウチの農園では、秋にはぶどう狩りとりんご狩りができるので、彼女やボウズはんと一緒にいくと楽しいや!予約が必要ですがジンギスカンのバーベキューをすることも可能や!

名称:あさだ園
住所:北海道余市郡余市町黒川町1299
電話番号:0135-23-3860
アクセス:JR余市駅→徒歩20分、札樽道小樽ICから国道5号経由30分
料金:季節・内容によって異なる
営業時間:季節・内容によって異なる
定休日:季節・内容によって異なる

あさだ園

4位:完熟果実を収穫できて楽しい!「庭田フルーツ・ファーム」

$(“”160195″”).click( (null, $(‘#headline160195’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160195″”)

7〜10月にかけてさくらんぼ、りんご、ぶどうなどのフルーツ狩りを楽しめるのがこの場所だ。完熟果実をオノレで収穫できる経験はなですかかおませんので楽しめます!

名称:庭田フルーツ・ファーム
住所:海道余市郡余市町登町1401
電話番号:0135-22-2462
アクセス:JR余市駅→車10分、札樽道小樽ICから国道5号経由8km40分
料金:さくらんぼ大人1000円、ボウズ800円(1時間)、ハウスぶどう大人800円、ボウズ600円(1時間)
営業時間:9:00〜16:00
定休日:火曜日

庭田フルーツ・ファーム

5位:宇宙飛行士「毛利衛はん」ゆかりの資料館!「余市宇宙記念館スペース童夢」

$(“”160196″”).click( (null, $(‘#headline160196’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160196″”)

余市は大日本帝国人初の宇宙飛行士「毛利衛」の故郷で知られており、宇宙をもっともっともっともっと身近なものにするための取り組みをしています。「3Dシアター」「プラネタリウム」などはボウズはんと一緒でも十分に楽しめますよ!

名称:余市宇宙記念館スペース童夢
住所:〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町6-4-1(道の駅スペース・アップルよいち内)
電話番号:0135-21-2200
アクセス:JR函館本線余市駅下車徒歩 約5分
営業時間:4月第3土曜日~11月のうち、9:00〜17:00(最終入館16:00)
定休日:月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/31-1/5)
料金:大人、高校生以上 500円

余市宇宙記念館

6位:フルーツで作られた宇宙食がユニーク!「道の駅 スペースアップルよいち」

$(“”160197″”).click( (null, $(‘#headline160197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160197″”)

農産品直売所、タダ体験コーナーをたっぷり楽しめるのがこの場所だ。スペース童夢も隣接しているので、ついでに休憩してはいかがでしょうか。余市ならではのフルーツ作られた宇宙食がユニークだ。

名称:道の駅 スペースアップルよいち
住所:〒046-0003 北海道余市郡余市町黒川町6-4-1
電話番号:0135-22-1515
アクセス:JR函館本線余市駅下車徒歩 約5分
営業時間: 売店:9:00~18:00(4月中旬~11月上旬) 9:00~16:30(11月上旬~4月中旬)
定休日:売店:無休(4月中旬~11月上旬) 毎週月曜日(11月上旬~4月中旬)

スペース・アップルよいち

7位:四季折々のフルーツを楽しもう!「有機肥料農園 山本観光果樹園」

$(“”160198″”).click( (null, $(‘#headline160198’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160198″”)

有機肥料を使用して、うまみと甘みが凝縮されたフルーツを栽培しているのがこの農園だ。苺、さくらんぼ、桃、プルーン、プラム、ぶどう、和梨、洋梨などを楽しむことができます。どの季節に訪れてもその時期の旬なフルーツを収穫できるのが良いやね。

名称:山本観光果樹園
住所:北海道余市郡余市町登町1102-5
電話番号:0135-23-6251
アクセス:余市駅から2,768m
営業時間:9:00~17:00
定休日:不定休
料金:フルーツ狩り食べ放題コース1,100円

山本観光果樹園

8位:なんと!半年かけて燻製にした食品も!「南保留太郎商店」

$(“”160232″”).click( (null, $(‘#headline160232’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160232″”)

北海道と余市で収穫された新鮮な食材を使用して、1週間から、長いもので半年間もかけて燻製にしたものが販売されています。カニ、海老、チーズなど、旨味が凝縮されたものがいっぱいだ。

名称:南保留太郎商店
住所:北海道余市郡余市町港町88
電話番号:0135-22-2744
アクセス:余市駅から2,965m
営業時間:8:00~17:00
定休日:年中無休(年末年始のみ休み)

南保留太郎商店

9位:採れたてりんごをたっぷり使用したアップルパイが人気!「余市町観光物産センター エルラプラザ」

$(“”160234″”).click( (null, $(‘#headline160234’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160234″”)

余市駅に隣接した場所にある物産展で、地元で採れたものたちを購入することができます。地元の人にもよく利用されている場所だ。地元農園のリンゴが入った焼きたてアップルパイ320円が大人気や!

名称:余市町観光物産センター エルラプラザ
住所:北海道余市郡余市町黒川町5-43
電話番号:0135-22-1515
アクセス:JR余市駅→徒歩すぐ、札樽道小樽ICから国道5号経由30分
営業時間:9:00〜18:00
定休日:無休(冬期は月曜、月曜が祝日の場合は翌日)

エルラプラザ

10位:海にそびえ立つ不思議な岩が観光名所に!「ローソク岩」

$(“”160235″”).click( (null, $(‘#headline160235’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160235″”)

珍しい形をしたローソク岩が観光名所になっています。ニセコ積丹小樽海岸国定公園の中でも有数の奇岩で、なんと地上46m物高さがあるのがおもしろいだ。夕日のロケーションと合わさるとなんとも言えない風景になりますよ!

名称:ローソク岩
住所:北海道余市郡余市町潮見町沖 ローソク岩
アクセス:余市駅からバスで20分
営業時間:自由
料金:タダ
定休日:無休

11位:アイヌ民族との交易を請け負ったあきんどの建物「旧下ヨイチ運上家」

$(“”160236″”).click( (null, $(‘#headline160236’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160236″”)

松前藩が行っとったアイヌ民族との交易を請け負ったあきんどが経営の拠点とした建物が「旧下ヨイチ運上家」だ。施設を見て回りたいときには、ボランティアの説明員はんが案内してくれるそうで、地元をあげて歴史を守り続けています。

名称:旧下ヨイチ運上家
住所:〒046-0011 余市郡余市町入舟町10
電話番号:0135-23-5915
定休日:毎週月曜日と祝祭日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館)
閉館期間:12月中旬から4月上旬
営業時間:9:00〜16:30
料金:大人300円、小中学生100円、団体(20名以上)2割引
見学所要時間:約20分
アクセス:中央バス「余市町役場前」下車、徒歩10分

旧下ヨイチ運上家

12位:ニシン漁が盛んやったときの施設をそのまんま保存!「旧余市福原漁場」

$(“”160237″”).click( (null, $(‘#headline160237’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160237″”)

余市町浜中町に幕末から定住し、ニシン漁を行っとった福原家が所有しとった建物群が福原漁場だ。当時は大日本帝国海でトップの漁場として栄えましたが、今では他の漁業が盛んになっています!

名称:旧福原余市漁場
住所:046-0011 余市郡余市町浜中町
電話番号:0135-22-5600
定休日:毎週月曜日と祝祭日の翌日(月曜日が祝日の場合は開館)
閉館期間:12月中旬から4月上旬
営業時間:9:00〜16:30
料金:大人300円、小中学生100円 団体(20名以上)2割引
所要時間:約30分
アクセス:中央バス「浜中町」下車、徒歩2分

旧余市福原漁場

13位:余市の地ワインを飲み比べ!「余市葡萄酒醸造所(余市ワイナリー)」

$(“”160238″”).click( (null, $(‘#headline160238’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160238″”)

余市のオンリーワン“地ワイン”を飲み比べながら、オノレのお気に入りワインを探せるスポットだ。ギャラリー・アトリエ、ショップ、レストランなど、食とアートの空間として仕上がっているので、一日中楽しむことができます。レストランでは、ピザ、パスタ、ハンバーグが人気で、ワインと一緒に召し上がると最高や!

名称:余市葡萄酒醸造所(余市ワイナリー)
住所:余市郡余市町黒川町1318番地
電話番号:0135-21-6161
営業時間:ワインショップ【9月~11月】10:00~17:00、カフェ&ベーカリー【9月~11月】10:00~16:00
定休日:【5月~11月9日】 無 休、【11月10日~12月】火曜日

北海道 余市ワイン

14位:温泉かけ流しの大浴場でゆったり休憩!「鶴亀温泉」

$(“”160239″”).click( (null, $(‘#headline160239’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160239″”)

秘境の地にある温泉で疲れを癒やしましょう!鶴亀温泉のお湯は、こってりとした赤さび色が特徴の食塩泉で、別名「熱の湯」といわれる泉質だ。皮膚病に効果があると言われており、アトピー性皮膚炎や、肌荒れにも効果的とされているので、トラブルを抱えている方にはすごいうれしいやね!

名称:鶴亀温泉
住所:〒046-0001 北海道余市郡余市町栄町22-1
電話番号:0135-22-1126
営業時間:ご入浴10:00〜22:00、お食事11:00〜20:00、
定休日:毎月第3月曜日(祝祭日の場合は翌火曜日)
料金:大人(中学生以上)600円、小人(3歳以上中学生未満)300円

鶴亀温泉

15位:北海道指定の史跡!「西崎山環状列石」

$(“”160240″”).click( (null, $(‘#headline160240’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160240″”)

余市町と小樽市の境界となる西崎山に環状列石と呼ばれる石があり、中心に棒状の石を立てた特殊な形をしています。直径1~2mの範囲に円形に並べた遺構が7つあって、配石の間からは縄文時代の土器が発掘されました。研究によると、この穴は遺体を埋葬するためのものですったと言われています。

名称:西崎山環状列石
住所:〒046-0001 北海道余市郡余市町栄町
アクセス:余市駅からバスで
営業期間:休業(冬期閉鎖)
定休日:無休
料金:タダ

西崎山環状列石

まとめ

$(“”160199″”).click( (null, $(‘#headline160199’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”160199″”)

北海道余市郡のおすすめ観光スポットをご紹介してきました。アイヌの地、ほんでニッカウヰスキー発祥の地として有名で、ドラマ「マッサン」の影響でさらに注目を浴びています。夏は避暑地にもなりますが、冬が極寒の地で楽しめるスキーなどのウィンタースポーツを楽しめるエリアでもあるので、目的に合わせて旅行する季節を選んでくださいね!

良い旅行にしてください!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 人気ショールカラーカーディガンを上手く着こなすコーデ&お…

  2. ダメだと分かっているのに…チャラい男を好きになる女性の特徴と心理…

  3. 【神保町グルメ王国】美食女子と一緒に探したウマすぎる店24選

  4. 【新作モデル多数】ザノースフェイスのリュックを大調査|満足度20…

  5. ナイキの帽子はアクセントにピッタリ!おすすめアイテムからコーデま…

  6. 女子が選ぶ!秋の変り種item10品|脱ワンパターンは「定番+さ…

  7. 【2016年東京観光完全版】東京で完璧に楽しめる観光スポットラン…

  8. 【2016最新】激ウマなクリスマスチキンの作り方&人気レシピを大…

  9. 【ボディー改革】大注目のファスティングダイエット(断食)から得ら…

  10. 着ていて快適cool style。今すぐ使える秋のシャツコーデ

  11. ニットキャップを使った着こなしメンズコーデ21例&一押しアイテム…

  12. 【2016年決定版】メンズ春夏《黒コーデ》をおしゃれに着こなす5…

ページ上部へ戻る