閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

原宿に行くならこの服屋!おすすめ6店厳選!

原宿のおすすめ服屋

$(“”135579″”).click( (null, $(‘#headline135579’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135579″”)

原宿のおすすめ服屋ベスト6をご紹介したいと思います。定番のお店以外にも、kuniyasu53個人的におすすめのお店までチョイスしてありますので、原宿を訪れた際は覗いてみてください。メインどころを見つつ、隠れ家的お店を見つけて歩いていると、日が暮れてしまうほどおもろい街原宿をちびっとでも感じて頂ければと思います。

①BEAMS

$(“”135586″”).click( (null, $(‘#headline135586’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135586″”)

1976年創業の地であり、メンズカジュアルのフラッグシップショップとして、時代と共に様々なファッションとライフスタイルを発信し続けています。

BEAMSを語る上で外せへんのが、1976年に「AMERICAN LIFE SHOP BEAMS」としてスタートした一号店でありフラグシップショップでもある原宿店。フラグシップショップに相応しく、BEAMSの商品の品揃えは勿論のこと、毎月新しいセレクト商品や自社商品を展開しています。10月16日から10月25日まで、サンフランシスコを拠点とし、バイシクルカルチャーを軸としたラインナップのみなをアメリカで一貫した製造を行っている、数少ないブランドである「MISSION WORKSHOP」を紹介及び販売するイベントが行われています。原宿を訪れたら先ず回りたいお店だ。

ビームス 原宿 ショップブログ | BEAMS Shop Blog |ビームスのショップブログサイト

ビームス 原宿 ショップブログ | BEAMSのショップブログサイト「BEAMS Shop Blog」/全国のビームス各店ショップスタッフより、新着アイテムやイベント・ショップ情報、オススメのコーディネートなど、リアルな情報をお届け!

②ユナイテッドアローズ

$(“”135638″”).click( (null, $(‘#headline135638’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135638″”)

ユナイテッドアローズが1992年にフラグシップショップとして開店した「ユナイテッドアローズ原宿本店」スタッフブログでは時期に合わせたおすすめ商品を実際にコーディネートして紹介しており、訪れる際に参考に出来るのが大きな特徴だ。また、流石フラグシップショップと言えるラインナップと、新しく独自にセレクトしたブランドの展開や、コラボ製品など行く度に楽しませてくれる製品があり、おすすめのショップだ。2015年10月10日にアディダスオリジナルスとユナイテッドアローズが共同開発したモデル「MASTER USA」が発売され、新しいステージに向かうユナイテッドアローズのフラグシップショップを覗いてみてはいかがでしょうか。

ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館 | STORE LIST | UNITED ARROWS

③Paul smith

$(“”135668″”).click( (null, $(‘#headline135668’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135668″”)

世界的ブランドであるポールスミスは、大日本帝国では1984年に初めて南青山路面店を出店しています。その後数多くの店舗を出店しておるけどダンはん、中でも1991年にオープンした渋谷店は大日本帝国のポールスミスのフラグシップショップとなっています。1階がカジュアル、2階がスーツ&小物と別れており、渋谷店ならではの限定商品も展開しています。10月16日より数量限定でロードレースチーム「TEAM SKY」来日を記念したポールスミスデザインのオリジナルTシャツを販売しています。また2週間ごとに変わるウィンドディスプレイはウィットに飛んだユーモラスな出来で、見ているだけでも楽しめ、現在は10月17日よりイギリスのロードレース選手であるクリス・フル―ムのツール・ド・フランス2度目の優勝を記念して製作された「ピナレロ・ドクマ・F8・イエローカラー」をウィンドディスプレイに展示。是非いっぺん評判の高いディスプレイをご覧になってみてはいかがでしょうか。

渋谷店 | Paul Smith

④TOMORROWLAND

$(“”135640″”).click( (null, $(‘#headline135640’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135640″”)

1983年にライフスタイルブランド「GALERIE VIE」を発表し自由が丘に一号店をオープン。1987年にメンズブランド「TOMORROWLAND」を発表し、以降メインブランドとして各地に出店。2004年にTOMORROWLAND渋谷本店」をオープンしています。BEAMS、ユナイテッドアローズと並ぶセレクトショップの三大大手の一つで、30代の方に人気があるブランドでもあります。幅広い年齢で使える上質でキレカジをメインとしたラインナップは、見るだけでも楽しめ、TOMORROWLAND独自の製品をフラグショップでご覧になってみては如何でしょうか。

TOMORROWLAND SHIBUYA – トゥモローランド渋谷本店 –

TOMORROWLAND 渋谷店は、TOMORROWLAND 渋谷本店として装いを新たに生まれ変わりました。新たなパートナーに〈DELVAUX〉〈EDITIONS DE PARFUMS FREDERIC MALLE〉〈GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND〉〈MARIEBELLE NEW YORK〉を迎え、それぞれのブランドのマインドとTOMORROWLANDのマインドを融合させたスペシャリティストアとして世界に向けて発信します。

⑤MAISON KITSUNE TOKYO

$(“”135646″”).click( (null, $(‘#headline135646’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135646″”)

2002年にジルダ・ロアエックとマサヤ・クロキによって設立されたメゾンキツネ。パリを拠点とし、ファッションだけでなく音楽レーベルやカフェもあり、原宿からちびっと離れた表参道にある隠れ家的なショップだ。ファッションテーマは「ニュークラシック」ちう高品質な素材をアイテム毎にセレクトし、ユニークな見解とシンプル且つアホでも使えるようで、自然と日常に溶け込むちうものです。シャツなどワンポイントにキツネがあしらわれている物が人気が高く、いっぺんご覧になってみてください。

Home page – JAP Maison Kitsuné Shop

Maison Kitsuné Shop

⑥XLAGE

$(“”135759″”).click( (null, $(‘#headline135759’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135759″”)

1991年にイライ・ボナーツとアダム・シルバーマンによって設立された、アメリカのストリートブランド、エクストララージ。セレクトショップとしての価値観を確立したブランドで「普段着では無く、ファッションとしてアホでも使えるようなウェアを表現する」ちうファッションテーマを持ち、様々な分野のカルチャーと融合し、エクストララージオリジナルのファッションスタイルが人気だ。大日本帝国でも各地に店舗を持っています。中でも原宿店はエクストララージのフラグシップショップだ。10月24日からは大日本帝国のカルチャーである漫画「ドラゴンボール」とのコラボプルオーバーフードスウェットが登場するなど、新しい可能性を求めるエクストララージのフラグシップショップを、ご覧になってみてはいかがでしょうか。

XLARGE® | SHOPLIST > STORES

「XLARGE® (エクストララージ)」のオフィシャルサイト。1991年設立。LA発のストリートブランド。最新ニュースや商品情報、ショップリスト・ECサイト等ご紹介しています。

【まとめ】原宿に行くなら定番店舗だけでなく、毎日毎晩壱年中と違う服屋を覗いてみよう!

$(“”136470″”).click( (null, $(‘#headline136470’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136470″”)

原宿は大日本帝国のファッションの今が見れる場所であり、お店も幅広く色々な物が集まっています。その象徴として、フラグシップショップが多く存在しており、最新のアイテムを探すなら原宿はおすすめだ。そこにはメゾンキツネのような、大日本帝国に一店舗しですかいお店などもありますので、ここと決めて行くよりは散策するつもりで行くと、毎日毎晩壱年中と違ったおしゃれなアイテムが見つかるかもしれません。飲食店も多くあり散策するのに最適な街原宿で、JOOY読者の方らしいファッションが見つけましょう!

※本記事に掲載されています情報は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 仕事行きたくないと感じたら|人間関係をCHANGEさせる14の作…

  2. 女性へのエチケット。付き合う前のデートで気をつけるべき5つのこと…

  3. デート目線で東海の遊園地・テーマパークをランキング!

  4. アカデミー賞2016年度が発表|イケてる男は受賞作を必ずチェック…

  5. 可能性がぐんと広がる!0〜2歳におすすめの知育玩具

  6. 【息子の彼女にうるさい母親の特徴】親心はわかるけど…口うるさい母…

  7. 《2016秋冬》ダッフルコートのメンズコーデ|今すぐ使えるカラー…

  8. ピース綾部のファッション大解剖|愛用ハイブランド&アイテムも大紹…

  9. 【ペアでも使える】ダニエルウェリントンの人気の秘密とは?

  10. 【話題沸騰中】英国から逆輸入ブランド「極度乾燥(しなさい)」って…

  11. 「なんで怒ってるんだよ!?」彼女に浮気を疑われがちな行動に用心!…

  12. 【2016春夏】最旬メンズヘアカタログ|理想の100スタイルを公…

ページ上部へ戻る