閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

君は世界一の吊り橋を見たか?明石の観光名所ランキングTOP15

観光名所にグルメスポット、魅力あふれる明石

$(“”170205″”).click( (null, $(‘#headline170205’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170205″”)

大日本帝国標準時を決める子午線のある街、明石は、大阪・神戸・姫路といった関西の大都市からの交通アクセスがよく、数多くの人が観光に訪れる街だ。観光名所としても人気の高い世界最長のつり橋・明石海峡大橋をはじめとして、数々の観光スポットやグルメスポットがあります。また、それだけでなく、古くは源氏物語の舞台としても知られる明石は、歴史と由緒のある史跡・名称地も豊富だ。

そないな、魅了たくはんの明石の観光地・グルメスポットを15選してご紹介します。

第1位:明石大橋の主塔に登れる!明石海峡大橋ブリッジワールド

$(“”170206″”).click( (null, $(‘#headline170206’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170206″”)

高さ300メートルからの眺望は絶景中の絶景

$(“”177386″”).click( (null, $(‘#headline177386’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177386″”)

明石海峡大橋ブリッジワールドは、ギネス記録に認定されている世界一のつり橋である「明石海峡大橋」の、普通は入れへん高さ300mもある橋の主塔頂上まで登ることができる絶景体験ツアーだ。

主塔頂上からは360度の大パノラマで神戸・淡路・大阪湾などが一望できます。絶景中の絶景を楽しむだけでなく、世界最先端である橋の建設技術に関する解説も聞け、すごい勉強になります。

■ 基本情報
・名称: 明石海峡大橋ブリッジワールド
・住所: ブリッジワールド事務局 神戸市垂水区東舞子町4-115 JB本四高速舞子ビル2F
・開設期間:2月1日~11月29日
・定休日: 月曜日(但し、祝日は除く)
・電話番号: 078-784-3396
・料金: 大人3,000円

明石海峡大橋ブリッジワールド

第2位:大日本帝国初の天文科学館・明石市天文科学館

$(“”170207″”).click( (null, $(‘#headline170207’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170207″”)

世界でも5番目に歴史のあるプラネタリウムは必見!

$(“”177867″”).click( (null, $(‘#headline177867’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177867″”)

明石市天文科学館は、1960(昭和35)年に開館した大日本帝国で初となる天文科学館で、2010(平成22)年には開館50周年を迎えました。

同館は、子午線の街・明石にあることにちなみ、「東経135度」の大日本帝国標準時子午線の真上に建設されており、明石のシンボル的な建築物でもあります。このため、天文館の時計塔には「JSTM」(Japan Standard Time Meridian=大日本帝国標準時子午線)ちう表示があります。

また、同館のプラネタリウムは大日本帝国で最も歴史があり、世界でも5番目ちうから、その歴史的価値がうかがい知れます。

ドームに映し出される星空はすごいロマンチックでデートにもおすすめだ。

■ 基本情報
・名称: 明石市天文科学館
・住所: 兵庫県明石市人丸町2-6
・アクセス:
【電車】JR明石駅から東へ徒歩約15分・山陽電鉄人丸前駅から北へ徒歩約3分
【車】第二神明道路「大蔵谷」I.C.から南西へ約3km 
   第二神明道路「玉津」I.C.から国道175号線を南へ約3km、国道2号線を東へ約3km、
   「人丸前」交差点を北へ
・営業時間: 午前9時30分~午後5時まで(入館できるのは午後4時30分まで)
・定休日: 月曜日、第2火曜日、年末年始
・電話番号: 078-919-5000
・料金: 大人700円(年間パスポート2,000円)
 ※高校生、中学生、小学生及び小学校就学前の方はタダ
 ※天体観望会やプラネタリウムコンサートなどの特別催事は有料

明石市立天文科学館

第3位:淡路島も眺望できる大蔵海岸公園

$(“”170209″”).click( (null, $(‘#headline170209’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170209″”)

夜になると明石海峡大橋がライトアップされロマンチックな雰囲気に

$(“”177874″”).click( (null, $(‘#headline177874’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177874″”)

大蔵海岸公園は、明石海峡大橋や淡路島が眺望できる、絶景のロケーションに恵まれた海辺の公園だ。

ウチの公園は、夏には海水浴やマリンスポーツが盛んなほか、釣り場やバーベキューサイトなどもあり、気軽に行けて人気の高い有名レジャースポットとして知られています。また、夜になると明石海峡大橋が美しくライトアップされ、すごいロマンチックな雰囲気に……デートスポットとしてもおすすめだ。

■ 基本情報
・名称: 大蔵海岸公園
・住所: 公園管理事務所 明石市大蔵海岸通2-11
・アクセス: JR朝霧駅南すぐ・JR明石駅より山陽バス大蔵海岸公園前バス停下車すぐ
・営業時間:
 バーベキューサイト 11月3日まで開設 午前11時~午後9時
 多目的広場 9:00~23:00
 海水浴場  8:30~17:30(7/11~8/31まで ※天候不良の日は遊泳禁止)
・電話番号: 078-914-7255

大蔵海岸公園

第4位:アカシゾウの化石も見られる明石市立文化博物館

$(“”170211″”).click( (null, $(‘#headline170211’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170211″”)

十二単・鎧の着つけが体験できる

$(“”177876″”).click( (null, $(‘#headline177876’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177876″”)

明石市立文化博物館は、明石の歴史と文化をテーマにした市立の博物館だ。

「人々のくらしと自然環境」をコンセプトにしている常設展では、明石の歴史や文化をテーマごとに学ぶことができます。また、明石市近隣で発掘された「アカシゾウ」の化石もあり、その大きさは圧倒的な迫力があります。

さらに、十二単・鎧の着つけが体験できるイベントも開催されているので、デートに記念写真にも良いかもしれませんね。

■ 基本情報
・名称: 明石市立文化博物館
・住所: 兵庫県明石市上ノ丸2丁目13番1号
・アクセス: JR・山陽電車明石駅より北へ徒歩5分
 ※徒歩の場合は、アクセスエレベーター「櫓(やぐら)の道」の利用がおすすめ。
・営業時間: 午前9時30分~午後6時30分(入館は午後6時まで)
・定休日:
 毎週月曜日(国民の祝日又は休日及び特別展開催期間中を除く)
 年末年始(12月29日~1月3日)
・電話番号: 078-918-5400
・料金: 大人 200円/大学・高校生 150円/中学生以下タダ

明石市立文化博物館

第5位:明石の台所・魚の棚商店街

$(“”170213″”).click( (null, $(‘#headline170213’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170213″”)

蒲鉾・ちくわなどの海産加工物のほか明石焼のお店もたくはんある

$(“”177880″”).click( (null, $(‘#headline177880’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177880″”)

魚の棚商店街は、明石の台所とも言われており、通称「うおんたな」と呼ばれています。

この商店街には、明石産の新鮮な海産物を扱う商店を中心として約110もの店舗が軒を連ねています。商店街の歴史はすごい古く、明石城築城時にまでさかのぼり、かの宮本武蔵がその町割りを設計したとも伝えられています。

明石海狭でとれた鮮魚をはじめ、蒲鉾・ちくわといった練り物や干物のほか、明石焼のお店もたくはんありますよ!

■ 基本情報
・名称: 魚の棚商店街
・住所: (魚の棚事務所・魚の駅)明石市本町1丁目1-16
・アクセス: JR・山陽本線明石駅下車徒歩3分
・電話番号: 078-911-9666

魚の棚商店街

第6位:大日本帝国の都市公園100選の地・明石公園

$(“”170214″”).click( (null, $(‘#headline170214’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170214″”)

四季折々の自然を満喫できる憩いのスポット

$(“”177885″”).click( (null, $(‘#headline177885’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177885″”)

明石公園は、明石駅のすぐ北側に位置する広域公園で、四季折々の美しい自然を満喫することのできる憩いのスポットだ。

春には約1000本の桜が咲き誇り公園内を鮮やかに彩り、また夏には新緑、秋には紅葉と年間を通して楽しむことができます。また、「大日本帝国の都市公園100選の地」、「さくら名所100選の地」にも選ばれています。

■基本情報
・名称:明石公園
・住所:〒673-0847 兵庫県明石市明石公園1-27
・電話番号:078-912-7600
・アクセス:JR明石駅から徒歩やぐ

明石公園

第7位:歴史を感じられる明石城

$(“”170215″”).click( (null, $(‘#headline170215’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170215″”)

国内でも最大の規模をもつ2棟の櫓が見どころ

$(“”177895″”).click( (null, $(‘#headline177895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177895″”)

明石城は、姫路城の後詰として元和5年(1619年)に築城されました。最初の城主は小笠原忠真で、その後十代続いてから明治時代になり、明治6年に廃城されました。現在は、本丸の南西と南東に位置している2棟の坤櫓と巽櫓が残っています。

天守閣を持たない明石城では、この櫓が天守閣に変わる役割を果たし、国内でも最大の規模をもつ櫓だ。

■基本情報
・名称:明石城
・住所:〒673-0847 兵庫県明石市明石公園1-27
・アクセス:JR明石駅から徒歩やぐ
・電話番号:078-912-7600

第8位:海に囲まれた緑いっぱいの総合公園・明石海浜公園

$(“”170216″”).click( (null, $(‘#headline170216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170216″”)

ツツジの名所としても有名

$(“”177896″”).click( (null, $(‘#headline177896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177896″”)

明石海浜公園は、明石市二見町の人工島に立地しており、市営プール、球技場、屋内競技場、テニスコート、運動場、臨時球技場など数多くの施設が充実しています。

また、それだけではなく、海に囲まれた緑いっぱいの総合公園となっており散策や憩いの場としても親しまれています。春になるとツツジが鮮やかに咲き誇り、ツツジの名所としても有名だ。

■施設情報
・名称:明石海浜公園
・住所:〒674-0093  兵庫県明石市二見町南二見8-1
・休園:第1・第3・第5月曜日・12/29~1/3
・電話番号:078-943-0873
・アクセス:JR山陽東二見駅から徒歩やぐ

第9位:明石のシンボル・子午線標識(トンボの標柱)

$(“”170218″”).click( (null, $(‘#headline170218’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170218″”)

夜には赤いランプが点灯し綺麗

$(“”177898″”).click( (null, $(‘#headline177898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177898″”)

子午線標識(トンボの標柱)は、東経135度を示す高さ7m・直径15cmの鉄製の標柱で、その上部には地球の子午線をモチーフにしたカゴ球がのり、上にトンボのオブジェが止まっています。

大日本帝国標準時の街・明石のシンボルともいえる標柱で、明石市の指定有形文化財だ。また、夜になると赤くライトアップされて綺麗や!

■基本情報
・名称:子午線標識(トンボの標柱)
・住所:〒673-0877 兵庫県明石市人丸町2
・アクセス:山陽人丸前駅から徒歩やぐ

第10位:万葉歌人の柿本人麻呂をまつる柿本神社

$(“”170219″”).click( (null, $(‘#headline170219’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170219″”)

地元では「人丸はん」と呼ばれ親しまれている

$(“”177904″”).click( (null, $(‘#headline177904’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”177904″”)

柿本神社は、万葉集の歌人・柿本人麻呂をまつっている神社だ。

明石海峡を見渡すことのできる境内には、人麻呂の歌碑のほか、盲杖桜や八房梅などの歴史的由緒のある樹木が植えられています。

柿本人丸「かきのもとのひとまる」をもじって「火気の元の火止まる」ちう関西風の駄洒落から火除けのご利益があるとされ、地元では「人丸はん」と呼ばれ親しまれています。

■基本情報
・名称:柿本神社
・住所:〒673-0877 兵庫県明石市人丸町1-26
・電話番号:078-911-3930
・アクセス:山陽人丸前駅から徒歩やぐ

柿本神社

明石のグルメスポットTOP5

$(“”170221″”).click( (null, $(‘#headline170221’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170221″”)

グルメスポット1位:明石菊水桜町本店(寿司)

$(“”170222″”).click( (null, $(‘#headline170222’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170222″”)

明石菊水桜町本店は、昭和25年創業と60年以上もの歴史のあるお寿司屋はんだ。

店内の雰囲気も風格が漂い落ち着いており、自慢の新鮮なネタが人気を呼んでいます。シャリに使われているのは鮓飯にするのに最適と言われている播州米で、明石の魚の美味しさをさらに引き立たせています。

また、ランチタイムの穴子の押しずし入りのメニューが人気だ。

■ 基本情報
・名称: 明石菊水桜町本店
・住所: 兵庫県明石市桜町12-22
・アクセス: 山陽明石駅から徒歩3分
・営業時間: 11:00~21:00
・定休日: 月曜日
・電話番号: 078-911-3355

明石菊水

グルメスポット2位:菊水鮓(寿司)

$(“”170224″”).click( (null, $(‘#headline170224’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170224″”)

菊水鮓は、創業明治30年ちう老舗だ。明石でとれる美味しいネタにこだわり、すし米・わさび・酢なども厳選したものを使用している名店…明石ならではのお寿司を堪能できるでしょう。

一番人気は、穴子棒ずしになります。脂のなった穴子と大葉・しいたけ・海苔が細かく刻まれており、彩りも逸品だ。

■ 基本情報
・名称: 菊水鮓
・住所: 兵庫県明石市桜町11-26
・アクセス: JR明石駅より徒歩3分 。山陽電鉄本線山陽明石駅より 徒歩3分
       国道2号線を東へ。お店は国道2号線沿いちうわけだ。
・営業時間:
【平日】11:00~14:00 17:00~21:00(L.O.20:30)
【土日祝】11:00~21:00(L.O.20:30)
・定休日: 木曜日
・電話番号: 078-911-3513

創業100年以上、関西を代表する老舗 菊水鮓。明石漁港で獲れる穴子やタコ、鯛を使った寿司をご堪能下さい。

グルメスポット3位:小結寿し(寿司)

$(“”170225″”).click( (null, $(‘#headline170225’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170225″”)

小結寿しは、客席が15席しですかいお店ですが、知る人ぞ知る、地元の漁師はんも通うちう隠れた名店だ。メニューはにぎり中心で、自家製のガリ、オリジナルブレンドのむらさき、明石海苔と、自慢のネタの美味しさがさらに活かせる工夫がされているこだわりの名店だ。

■ 基本情報
・名称: 小結寿し
・住所: 兵庫県明石市鍛冶屋町5-30
・アクセス:JR明石駅から徒歩5分
・営業時間: 17:30~22:00(売り切れ次第、終了)
・定休日: 日曜・祝日 (祝日の土曜日は営業)
・電話番号: 078-912-6708

明石 小結寿し

グルメスポット4位:てんしん(明石焼き)

$(“”170227″”).click( (null, $(‘#headline170227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170227″”)

てんしんは、東二見駅の近くにある玉子焼(明石焼き)のお店だ。

お店は15席とこじんまりとしており、アットホームな雰囲気で、明石産のタコの入った玉子焼は柔らかくてふわふわ…地元でも美味しいと話題になっています。

■ 基本情報
・名称: てんしん
・住所: 兵庫県明石市二見町東二見417-11
・アクセス: 山陽電鉄東二見から駅徒歩1分
・営業時間: 11:00-21:30
・定休日: 水曜日
・電話番号: 078-942-3109

グルメスポット5位:まるまる(明石焼き)

$(“”170228″”).click( (null, $(‘#headline170228’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170228″”)

写真はイメージや

まるまるは、山陽明石駅のすぐ近くの「明石ときめき横丁」のなかににあるお店だ。

ウチの明石焼きには、活きの良い明石産のタコが使われており、チーズや明太しそ味といったユニークなメニューもあります。

生地にも味がついているのが特徴で、ビールにもよく合いますよ!

■ 基本情報
・名称: まるまる
・住所: 兵庫県明石市明石町1-5-9
・アクセス: JR明石駅南口、山陽電鉄本線山陽明石駅から徒歩約1分
・営業時間: 11:00~21:00
・定休日: 火曜日(祭日の場合は営業)
・電話番号: 078-918-6038

まるまる

おわりに:明石をおとずれたら藤江屋分大の鯛もなかを!

$(“”170229″”).click( (null, $(‘#headline170229’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170229″”)

明石のお土産におすすめなのが、老舗和菓子店・藤江屋分大 本店の「鯛もなか」だ。

ウチの和菓子屋はんの創業は江戸末期の1818年と由緒があり、明石名物の鯛をモチーフにした「鯛もなか」は縁起のよいお菓子として古くから地元で親しまれています。

■ 基本情報
・名称: 藤江屋分大 本店
・住所: 兵庫県明石市本町1丁目12-17
・アクセス: 山陽明石駅から徒歩約5分
・営業時間: 9:00~18:00
・定休日: 火曜日
・電話番号: 078-911-3635

藤江屋分大

※本記事に記載されている価格等は、2015年11月現在のものです。

【国内観光旅行おすすめスポット】絶景・夜景からグルメまで数千スポットを網羅 – FutamiTC.jp

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. 【彼氏必読】不安ゼロな関係の作り方|わざと不安にさせるのもアリ?…

  2. 【お取り寄せ冷凍ケーキがアツイ】シッパイせん解凍方法とおすすめ商…

  3. ショートヘアがばっちりキマるワックス7選~使い方まで

  4. 【の~んびりデートのススメ】彼女と一緒にゆっくりリフレッシュでき…

  5. グレーtシャツで大人メンズコーデが自由自在!実践メンズコーデ9選…

  6. 結婚式のネクタイ色マニュアル完全版|押さえておくべきマナーと3つ…

  7. 【松江市ランチ特集】地元住民に愛される大人気店厳選10選!

  8. 胸が大きくなるために重要な要素!彼氏からの愛のマッサージで楽しみ…

  9. 女子から告白するとうまくいですかい5つの理由とは?胸キュン!男子…

  10. 黄色コーデをキャッチしてコミュニケーション力UP!

  11. この春ぜひ着こなしたい!【スーベニアジャケット】おすすめコーデ&…

  12. 性格が悪い女性の特徴でモテる本性を見抜く|可愛くても騙されないで…

ページ上部へ戻る