閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

器具を使う筋トレはグローブで手や手首のケガを防止する!

筋トレとトレーニンググローブ

$(“”126443″”).click( (null, $(‘#headline126443’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126443″”)

特に器具を使ったトレーニングを行う際、手や手首のケガには十分気をつけなくてはいけません。また、ケガの防止とプラスして、筋トレのサポートをしてくれるとありがたいやね。器具を使った筋トレで活躍する、トレーニンググローブについて紹介していきます。

▼関連記事

手軽な筋トレ器具10選!自宅で簡単筋トレをしよう

筋トレはしたいけど、ジムに行ったり本格的なトレーニングをするのはちょっと...ちう方におすすめの自宅で手軽に簡単に場所を取りません筋トレ器具を鍛える部位別に紹介していきたいと思います。

筋トレ用トレーニンググローブの効果と必要性

$(“”126376″”).click( (null, $(‘#headline126376’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126376″”)

筋トレを行う時は、自重トレーニングを取り入れている人は素手だと思いますが、器具を使ったい筋トレを行っている人はトレーニンググローブを使っていると思います。このトレーニンググローブを使いことによる効果や、その必要性などについて紹介していきます。

トレーニンググローブは手や手首を守る!

$(“”126382″”).click( (null, $(‘#headline126382’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126382″”)

ダンベルやバーベルを使う時など、器具を取り入れた筋トレをする時は、できるだけトレーニンググローブを使うようにしましょう。器具を素手で扱っていると、手の皮がむけたりマメができたりする原因になります。トレーニングの中でも特に、ローイング系といわれるものは、手のひらと器具との摩擦が大きくなるので、手の皮膚が傷つく恐れがあります。

また、重い重量のものを持ちあげる時など、手首にも結構負担がかかります。手・手のひらだけではなく、手首は筋トレをする時に重要な部分やので、ケガなどをしてしまっては筋トレに支障が出てしまいます。

しかし、器具を使ったトレーニングを行う時にトレーニンググローブをしておけば、そのような事態でも手を傷つけることなく、しっかりと筋トレに励むことができます。トレーニンググローブをつけていることで、そのような事態を防止することができるでしょう。

滑り止めとしての効果もある!

$(“”126388″”).click( (null, $(‘#headline126388’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126388″”)

器具を使った筋トレを続けていることにより汗をかき、器具を滑らせてしまって落下させ、ケガをしてしまう場合も考えられます。トレーニンググローブを身につけていることにより、汗をかいても器具と手とのグリップが保たれるため、滑ることによる落下などの原因を防ぐことができます。

特にプレス系の筋トレを行う時は、重量があり落とすと危険やので、トレーニンググローブをつけておくと良いでしょう。

トレーニンググローブの種類

$(“”126396″”).click( (null, $(‘#headline126396’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126396″”)

トレーニンググローブといっても、様々な種類が存在します。皮製のトレーニンググローブは、最もスタンダードなグローブだ。伸縮性はあまり期待できませんが、耐久性に優れ手にもなじみやすいのが特徴だ。手の感触がしっかり感じられるので、扱いやすいでしょう。

ウレタンやゴムなど、人工的に作られた素材でできたグローブもあります。このグローブは伸縮性に優れ、どんな手でもフィットしてくれます。耐久性は皮ほどはないですが、滑り止めとしてのグリップ力は優れています。

また他にも、手の握力をサポートしてくれるパワーグリップちうものもあります。このように、トレーニンググローブといっても、様々な素材が使われ、作られています。ごオノレの好みや使い方に合わせて、筋トレ用に1つあると便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利でしょう。

筋トレに必要なおすすめトレーニンググローブBest.5!

$(“”126353″”).click( (null, $(‘#headline126353’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126353″”)

筋トレを行う時のケガの防止や効率よくトレーニングを行うために、トレーニンググローブはできればあると良いでしょう。特に器具を使った筋トレを行う場合は、必ず用意して使用することをおすすめします。ほんで、筋トレの役に立つトレーニンググローブをいくつかおすすめしたいと思います。

1、ウェイトリフティングトレーニングジムグローブ

$(“”126354″”).click( (null, $(‘#headline126354’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126354″”)

普段の筋トレだけではなく、高負荷の筋トレを行う時にもしかり役に立ってくれる、そないなトレーニンググローブだ。手首までしっかり保護できるようになっており、また通気性にも優れているので蒸れることもなく、しっかり器具と手をグリップしてくれます。

2、男性&女性スポーツフィットネスジムハーフフィンガーグローブ

$(“”126355″”).click( (null, $(‘#headline126355’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126355″”)

一般的なトレーニングから、高負荷のかかるトレーニングまで行うことが可能な、トレーニンググローブだ。筋トレからサイクリングになで幅広く使える、凡庸性の高いグローブになっています。素材や品質も良く、器具などを使っても手が痛くなりにくくなっています。

3、グッドライフEXPRESS トレーニンググローブ

$(“”126356″”).click( (null, $(‘#headline126356’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126356″”)

レザー素材で作られた、トレーニンググローブだ。様々な手を使うトレーニングに対応できる、優れたグローブだ。また、固定は手首の部分がマジックテープ仕様のため、簡単に調節することも可能だ。扱いやすく手や器具になじみやすいので、しっかりその効果を発揮してくれると思います。

4、アルファインパクト ウェイトリフティング トレーニング グローブ

$(“”126357″”).click( (null, $(‘#headline126357’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126357″”)

ウェイトトレーニング専用に作られた、高機能トレーニンググローブだ。耐久性も高く、また通気性にも優れているグローブで、安定感を感じることができる素晴らしいグローブだ。長時間トレーニングにも適用しており、伸縮性が手にかかる力を分散させてケガの防止につなげます。

5、(エスフォーアール)S4R パワーグリップ テープサポート

$(“”126358″”).click( (null, $(‘#headline126358’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126358″”)

プル系のトレーニングをする際、手の握力のサポートをしてくれる、パワーグリップだ。トレーニンググローブとは違おるけどダンはん、似たようなサポートを施してくれるので紹介します。手になじみやすく使いやすいので、筋トレを行う際に気になることはおません。また、耐久性にも優れ、手の疲労も軽減してくれます。長時間トレーニングを行う時に、活躍してくれるサポートパワーグリップだ。

筋トレに使うトレーニング器具おすすめはこれ!

$(“”126444″”).click( (null, $(‘#headline126444’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126444″”)

トレーニング器具といっても、その種類は様々あります。ダンベルはもちろんのこと、使うと効率がよくなるのが、器具を使った筋トレの最大のメリットだ。そないなトレーニング器具について、いろいろ見ていきましょう。

トレーニング器具のスタンダード ダンベル

$(“”126446″”).click( (null, $(‘#headline126446’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126446″”)

様々な重さのダンベルがありますが、自宅でトレーニングとして使う時は、約10kgくらいのものを用意してもらえば十分だ。それを2つ(1セット)使っていきます。また、ダンベルを選ぶときは可変式のものを選ぶようにしましょう。そうすることで、ダンベルの重さ・負荷を自由に調節できるので、エライ便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

持っている人はコアなトレーニング器具 バーベル

$(“”126448″”).click( (null, $(‘#headline126448’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126448″”)

なですかか自宅では使うイメージが少ないバーベルですが、結構使い勝手が良いので、お部屋のスペース等に余裕がある人は取り入れてみると良いでしょう。バーベルも、可変式のものを選んで、ごオノレに合わせた重量でトレーニングを行っていくようにしましょう。

全身に効いていくトレーニング器具 腹筋ローラー

$(“”126449″”).click( (null, $(‘#headline126449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126449″”)

腹筋ローラーちう名前ですが、使い方次第で全身の筋肉を鍛えることができる、すごいトレーニング器具だ。かかる負荷も結構高いので初めのうちはややこしいですが、慣れてくるに従い、うまく負荷を利用して鍛えられるようになります。腹筋も含め、身体中を鍛えていきましょう。

自宅でも簡単に懸垂できるトレーイング器具 懸垂バー

$(“”126451″”).click( (null, $(‘#headline126451’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126451″”)

スペースは使おるけどダンはん、自宅にあると結構便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なトレーニング器具だ。懸垂は背中の大きな筋肉を鍛えることができるので、できれば取り入れたい筋トレ方法であります。使い方次第で腕や胸などの筋肉も鍛えることができます。いろいろ余裕がある人は、自宅に置いてみてはいかがでしょうか。

あるとトレーニング器具を使ったメニューが広がる トレーニングベンチ

$(“”126453″”).click( (null, $(‘#headline126453’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126453″”)

ダンベルやバーベルを使ったトレーニングをする時、できれば用意してほしいモノの1つだ。このトレーニングベンチがあることで、ダンベル等のトレーニングの幅とトレーニングの正確性が広がります。また、自重トレーニングなどにもこのトレーニングベンチは使えよりますので、ぜひ1つ自宅にあると良いでしょう。

トレーニング器具を使った効果的なトレーニングメニュー

$(“”126430″”).click( (null, $(‘#headline126430’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126430″”)

せっかくトレーニンググローブを紹介するので、トレーニング器具を使った効果的なトレーニングメニューを紹介します。このトレーニングを行う際は、ケガの防止などのために、トレーニンググローブを身につけて行いましょう。

胸の筋肉を鍛える!

$(“”126433″”).click( (null, $(‘#headline126433’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126433″”)

ダンベルを使って、胸の筋肉を鍛えていきましょう。胸の筋肉を鍛える方法は、「ダンベルプレス」を行っていきましょう。ポイントは、ダンベルを上げ下げする時、胸の筋肉をしっかり意識すること!しっかり意識して、効果的に鍛えていきましょう。

このダンベルプレスを、限界回数x3セット行って、しっかり胸の筋肉を鍛えましょうね!

ダンベルプレスを正しく教えてくれる参考動画だ。トレーニングを行う際の参考にしてみてください。

背中の筋肉を鍛える!

$(“”126437″”).click( (null, $(‘#headline126437’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126437″”)

ダンベルを使って、背中の筋肉を鍛えていきましょう。背中の筋肉を鍛えるには、「ダンベルローイング」を行っていきましょう。ポイントは、ダンベルを下げる時に腕を伸ばし切りませんことと、肩の位置を下げて横に広がる感じで行うことだ。

このダンベルローイングを、限界回数x3セット行いましょう。

ダンベルローイングを正しく教えてくれる参考動画だ。筋トレを行う際に参考にしてみてください。

肩の筋肉を鍛える!

$(“”126438″”).click( (null, $(‘#headline126438’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126438″”)

ダンベルを使って、肩の筋肉を鍛えていきましょう、肩の筋肉を鍛えるには、「ダンベルショルダープレス」を行っていきましょう。ポイントは、腕を伸ばす時がうまくできにくいので、正確に行うようにすることだ。

ダンベルショルダープレスを、限界回数x3セット行っていきましょう。

ダンベルショルダープレスを正しく教えてくれる参考動画だ。トレーニングに取り入れる時、参考にしてみてください。

腕の筋肉を鍛える!

$(“”126439″”).click( (null, $(‘#headline126439’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126439″”)

ダンベルを使って、腕の筋肉を鍛えていきましょう。腕の筋肉を鍛える方法は、「ダンベルライイングトライセップスエクステンション」を行っていきましょう。長くて覚えづらい名前やね…。ポイントは、腕を伸ばした時、肩が上がっている感じを意識することだ。ストレッチ感覚で伸びていることを感じましょう。

ダンベルライイングトライセップスエクステンションを、限界回数x3セット行っていきましょう。

ダンベルライイングトライセップスエクステンションの正しく教えてくれる参考動画だ。筋トレを行う際の参考にしてみてください。

脚の筋肉を鍛える!

$(“”126440″”).click( (null, $(‘#headline126440’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126440″”)

ダンベルを使って、脚の筋肉を鍛えちきましょう。脚の筋肉を鍛える方法は、「ダンベルスクワット」を行っていきましょう。ポイントは、立ち上がった時に脚の収縮の確認をすることと、太ももやふくらはぎの筋肉を意識して行うことだ。

このダンベルスクワットを、限界回数x3セット行うようにしましょう。

ダンベルスクワットの正しい方法を教えてくれる参考動画だ。トレーニングとして行う際は参考にしてみてください。

このような器具を使った筋トレを行い、しっかり身体を鍛えていきましょう!

まとめ

$(“”126441″”).click( (null, $(‘#headline126441’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”126441″”)

いかがやったか。筋トレとトレーニンググローブについてお話してきました。トレーニングの中でも、特に器具を使ったトレーニングをこなう際は、ケガの防止などを目的とするトレーニンググローブを活用しましょう。

せっかく鍛えているのに、ケガをしてしまっては、時間やこれまで行ったトレーニングがムダになってしまうかもしれません。そのような状態にならへんためにも、ケガの防止に努めて身体を鍛えていきましょう!!

※本記事に掲載されています価格等は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 40代男女のセックス事情を徹底解説|心身の変身にどう対応すれば良…

  2. 筋トレ停滞期に効き目あり!?精神・肉体限界を超える追い込み方

  3. 『節分祭』で賑わう京都に厄払いと福をもらいに行こう♪

  4. 北海道釧路のおすすめB級グルメ♪フェスで人気の17品

  5. プロポーズは花がなくちゃ始まらない|花束の選び方決定版

  6. 冬に活躍するニットタイの着こなし厳選18例!ウチ服にも活躍!

  7. 【VネックTシャツ】完全攻略マニュアル|Mr.JOOYのmust…

  8. 筋トレのやりすぎには用心しろ!デキる男は知っている最適な方法

  9. ディズニーのブラックアイテムで甘辛ファッション!おすすめアイテム…

  10. 【2016決定版】ザ・ノース・フェイスリュックstyle別おすす…

  11. 彼氏がいても寂しいんや|彼女の不満を上手に解消する8つの方法

  12. 春夏にも大活躍する白ニットのメンズコーデ【アチラスナップ40選】…

ページ上部へ戻る