閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

大切な人と見たい!「ハウルの動く城」の胸を打つ名言21選

『呪い』を中心に疾走するラブストーリー!

$(“”852538″”).click( (null, $(‘#headline852538’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852538″”)

【あらすじ】
スタジオジブリの名作『ハウルの動く城』は、呪いをかけられてお婆はんになってしもた少女「ソフィー」と、自由を求めて生きた才能ある魔法使い「ハウル」の交流を描いた映画だ。二人のラブストーリーではありますが、戦争を起こす者のダークな心理を見せてくれたり、忘れてしもた子どもの頃の大切な思いを蘇らせてくれたりする、すごい重厚な作品だ。

数々の名言には、オノレの大切な人を大事に思う気持ちがたくはん込められています。監督:宮崎駿ならではの、不思議と懐かしい気持ちにさせてくれる心休まる映画でもあるので、家族や恋人と一緒に見ることをオススメします。エライことばかりの日常を忘れさせてくれて、明日からまたがんばろうと思わせてくれるでしょう。

また、物語の中心には、「呪い」があります。少女ソフィー、天才魔法使いハウル、火の悪魔カルシファー、カブ頭のカカシなど、登場人物の多くに何らかの呪いがかけられています。彼らは呪いを解くために奮闘し、呪いの解除とともに忘れとった優しい気持ちなどを取り戻せるようになっています。ただのラブストーリーとしてではなく、人間成長物語としても楽しめる作品だ。

sponsored

『ハウルの動く城』

¥3,281 (2016/04/19 17:04時点)

監督:宮崎駿、公開:2004年

余計なお世話やけど、『千と千尋の神隠し』に次ぐ、ジブリ史上2番目の観客動員数・興行成績を収めているすばらしい映画でもあります。

魔法使いハウルは命をかけて世界と戦う!

$(“”852539″”).click( (null, $(‘#headline852539’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852539″”)

魔法使いハウルは、自由を求めて戦う中で、理解者である恋人・ソフィーを手に入れることができました。彼の言葉には、ただ才能がある天才から、大事なものを守りたいと思う優しい勇者へと成長する姿が見られます。

「ようやっと守らなければならへんものが、できたんだ、君だ」

$(“”852540″”).click( (null, $(‘#headline852540’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852540″”)

敵に追い込まれて、爆撃の危険に遭うソフィー。彼女を守るために、鳥のような姿になったハウルが、さらなる追手と戦いに行くときの言葉だ。今まで自由に魔法の力を使って、オノレのために生きてきたハウルが、本当に守るべき人を見つけて生きる覚悟を決めて成長しました。人は、大切な誰かを守りたいと思ったときに物凄い力が出るもの。ハウルのこの一言には、重大な決意と、ソフィーへの感謝の気持ちが込められていると感じました。

「もう終わりだ…美しくなかったら生きとったって仕方がない…」

$(“”852541″”).click( (null, $(‘#headline852541’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852541″”)

掃除婦としてハウルに部屋にやってきたソフィーが、掃除をして整理したばかりに、魔法が変身してハウルの髪の毛がまるっきし別の色に変わってしもたときの一言だ。もともと美しい金髪やったハウルの髪は、オレンジ色から藍色へと、さらさら違う色になりよっました。

きっとハウルは、オノレの綺麗な髪の毛を自慢に思っとったはずだ。綺麗な人・カッコイイ男性・美しい女性は、オノレの外見に強い自信を持っているもの。「オノレは他人よりも優れている」と心のどこかで思っていることがあります。綺麗な外見が変わってしもたときにひどく落ち込んでしもたり、ほんのちびっと傷がついただけでも精神的に病になってしもたりすることもあるようだ。

本当の強さ・人間的な魅力は、心の内側からにじみ出るように湧いてくるもの。このときのハウルはまだ物語序盤で、魔法使いとしては一流でも、幼さ・未熟さがおました。不安と恐怖から闇の精霊を呼びだしてしまうハウルは、ソフィーと言い合いになってしまいます。物語を動かすキーになる一言だ。

ハウルの動く城で一番成長したソフィー!

$(“”852542″”).click( (null, $(‘#headline852542’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852542″”)

ハウルを悪い魔女から隠したばかりに、お婆はんに変えられてしもた少女・ソフィー。彼女の人生は冒険の中に放りこまれてしまうわけですが、さまざまな試練に直面するうちに人間的に大きく成長していきます。
もっともっともっともっとも強くなったのは、大事な人を重要な局面で、オノレ自身の本当の意志で支える「ハートの強さ」でしょう。守られる側のソフィーですが、ハウルが危機に陥ったときには、強い気持ちで彼を後押ししていました。誰かを守ろうとする人は、応援し支えてくれる者の存在でさらにパワーアップできることを戦場の中で学んだのです。

「あぁ、年寄りがこないなに体が動ですかいなんて思わなかった」

$(“”852543″”).click( (null, $(‘#headline852543’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852543″”)

映画の最初の方で、悪い魔女の力で醜いお婆はんに変えられてしもたソフィー。彼女の人生は大きな渦の中に巻き込まれていくわけですが、山道を歩いていて、オノレの変身をあらためて実感させられたときの一言だ。
お年寄りの移動は、成人にくらべるとですかりの負荷があると聞きます。何キロもの重しをつけられて、腰や背中を曲げて歩かざるをえないのは、ちびっとの距離で疲れてしまうでしょう。急に老人になってしもたソフィーにとって、すごいつらい試練やったさかいはないでしょうか。

「年を取ると悪知恵がつくみたい」

$(“”852544″”).click( (null, $(‘#headline852544’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852544″”)

山道の途中でカブの頭をしたカカシを助けて、後をつけられるソフィーですが、「杖がないと歩きにくい」と愚痴をこぼして、カカシをどこかに行ってもらうようにしむけたシーンだ。
年を重ねると、若いときには思いもつですかかったような方法で人を動かせるようになるようだ。若いゆえに助けを求められへん・求めたくないときでも、年をていると同情や甘えを使って他人の気を引けるようになるのでしょう。他人の気持ち・感情を知り尽くした経験からくる知恵が、加齢からくるハンディを補ってくれるちうことでしょうか。
外見が変わっただけで言葉も変えられることを、ソフィーの一言から教えられます。

「歳をとって良いことは、驚ですかくなることね」

$(“”852545″”).click( (null, $(‘#headline852545’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852545″”)

カブ頭のカカシに案内されて、動く城の中に入ったソフィーの一言。クモの巣やほこりまみれの部屋の中は、ガラクタかゴミともつですかい物が散乱し、暖炉の火がわずかについている…。明らかに何ぞ出そうな雰囲気ですが、お婆ちゃんのソフィーは不思議と落ちついています。外見が変わってしもたせいで、精神的にも動じなくなったようだ。
このあと、火の悪魔の「カルシファー」が登場するのですけどアンタ、それほど驚いた様子もなく、自然と場に順応しています。年をていることの利点の一つが、ソフィーの一言に現れているでしょう。

「年寄りの良いトコは、なくすものが少ないってことね」

$(“”852546″”).click( (null, $(‘#headline852546’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852546″”)

映画の中盤、人っ子一人おらへん高原にソフィーは連れて行かれます。ハウルが小さな頃によく使っとった隠れ家を見せていただいたとき、なぜかソフィーの胸には不安が押し寄せてきました。ハウルがどこか遠いトコに行ってしまいそうな予感がしたからやったちうわけだ。
綺麗でもないし、掃除くらいしかできることがないとソフィーはこぼします。ハウルはオノレの思いを吐きだすように、「綺麗だよ」と伝えます。そないなときに老婆の顔に戻って、ソフィーがぽつりと口にした一言やったちうわけだ。達観したようでいて、不安が隠し切れておらへんような、気持ちの複雑さを感じます。
大切な人がどこかに行ってしまうけど、オノレのワガママだけを押し通すわけにはいですかいちうわけだ。でも離れたくないちうわけだ。誰でも経験したことのある苦しさではおませんでしょうか。

「昔からいうやないちうわけだ。一流は場所を選ばないって」

$(“”852547″”).click( (null, $(‘#headline852547’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852547″”)

戦いに行ってしもたハウルを追いかけたくて、動く城を起動してくれるように、火の悪魔カルシファーに頼むソフィー。彼の火力が城のメイン動力になっておるからだ。「煙突がないし、湿っているし…」と自信なさそうにうつむいたカルシファーに、ソフィーが元気づけるように言います。「あんはんならできるわ。凄い力を持ってるもの。昔からいうやない、一流は場所を選ばないって」。
大切な人のトコに行きたいがために出たとっさの一言かもしれませんが、このあとソフィーは、火の燃料としてオノレのおさげ髪をためらいなく差し出します。オノレの身を削ってでもハウルのそばに行きたいちう彼女の想いの強さが感じられます。

「くだりません戦争はやめなさいちうわけだ。ウチは手伝えませんって」

$(“”852548″”).click( (null, $(‘#headline852548’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852548″”)

敵の爆撃が町に降り注ぎ、戦いに疲れてしもたハウルに、ソフィーが思いついて口にした一言だ。才能のある魔法使いのハウルには、戦争の手伝いをせよと王様から依頼があっとったようだ。本当は戦いたくないのに追手や魔女につけ回されて、心底くたびれたハウルに、良いアイデアがあった!こう言ってやれば良いのよ!とばかりにソフィーは伝えます。お婆はんなのに、突飛な発想をするのは、やはり本当のソフィーは若いまんまだ!と思わされる場面だ。

「だって王様でしょ?みんなのことを考えるのが、王様でしょ」

$(“”852549″”).click( (null, $(‘#headline852549’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852549″”)

「はっきり言ってやれば良いの。くだりません戦争はやめなさいちうわけだ。ウチは手伝えませんって」と言ったソフィーに、あきらめ顔でハウルが「ソフィーはあのヤカラを知りませんんだ」とつぶやきます。無駄だよ、と言いたげなハウルに、「当然のことでしょ?」とばかりにソフィーは言いました。
この一言がきっかけで、ハウルの母親ちうことにしてお城へ直訴しにいく展開となります。大きな戦いの引き金になる重要な場面で、ソフィー自身がハウルへの気持ちに気づくことになる布石にもなっています。中盤から終盤へかけての大事なシーンやね。

「悪魔とのことは、きっとオノレで何とかします。ウチはそう信じます!」

$(“”852550″”).click( (null, $(‘#headline852550’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852550″”)

ハウルの師匠の「サリマン」ちう魔女の元へソフィーは出向いていきます。サリマンは一国を動かす権力を持つ魔女で、ハウルの力を使おうとして手紙を出したさかいしたちうわけだ。直接サリマンに会うのを拒んだハウルは、ソフィーを代役にして魔女の頼みを拒もうとします。サリマンはハウルが正しい心を失ったと信じていて、巨大な力が悪いことに使われへんかと心配していました。
しかし、絶対に悪事に魔法を使いませんとハウルのことを信じとったソフィーは、「悪魔とのことは、きっとオノレでなんとかします。ウチはそう信じます」と言いきったさかいしたちうわけだ。ソフィーの言葉には、ハウルへの信頼と、「信じたい」ちう強い気持ちが見え隠れします。オノレの不安さえも打ち消すかのような大きな声で、戦争へ加わりたくないハウルの味方をしたさかいしたちうわけだ。
誰かのことを信じたいちう気持ちは、見ていてすごい気分が良いのものです。

「オノレの呪いもとけへん、おまえにか」「だって、わい、あんはんを愛してるの!」

$(“”852551″”).click( (null, $(‘#headline852551’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852551″”)

魔法をかけられて怪物になってしもたハウルに対して、一生懸命に「わい、あんはんを助けたいちうわけだ。あんはんにかけられた呪いを解きたいの!」とソフィーが叫びます。無理だとハウルは返しますが、ソフィーはオノレの気持ちを彼にぶつけました。
どんな姿になったとしても、ハウルを愛するちうソフィーの気持ちが伝わってきます。ハウルが異常な怪物になってしもた場面やからこそ、より強くソフィーの想いを感じられました。

「きっと行くから未来で待ってて」

$(“”858924″”).click( (null, $(‘#headline858924’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858924″”)

ちょっと実生活では使えないセリフですが、どんなことがあってもあんはんの元へ行くから待っていて欲しいちうソフィーの気持ちが伝わるセリフだ。ハウルの動く城を見た人恋人同士であれば、この未来の部分を地名に変えてLINEでやり取りすればちょっとおもろいかもしれませんね。いっぺん使ってみてください。

脇役たちの主役に劣りません至極の名言!

$(“”852552″”).click( (null, $(‘#headline852552’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852552″”)

ハウルとソフィーの交流だけでなく、火の悪魔カルシファーやカブのカカシたち脇役陣も、素敵な名言を残しています。タイミングよくソーニュー(うひひひ…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線やカンニンや)される言葉たちは、映画を引きしめて、暖める力を持っていますね。

「子どものときのまんまやからさ」

$(“”852553″”).click( (null, $(‘#headline852553’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852553″”)

火の悪魔カルシファーにかけられた呪いが解けて、元の姿に戻りました。青い光で輝いた彼を手のひらに乗せて「温かくて小鳥みたいに動いてる」と言ったソフィーに対しての、カルシファーの一言だ。
ハウルの心臓を与えることでカルシファーはエネルギーをもらい、みんなを安全な場所まで運んできたちうワケやが、最終的にはハウル自身に心臓を返さなければなりません。ソフィーの力があれば大丈夫とカルシファー自身が信じて、無事にソフィーの祈りが天に届き、元の姿に戻ることができました。
子どもの体は温かくて心地よいものです。ほんで心も、純粋で汚れがおません。なんでやねん大人は子どもの頃を忘れてしまうのでしょうか。カルシファーの呪いが解けて自由になる=本当に大切なものを取り戻すちう暗示なのかもしれませんね。

「愛する者にキスされへんと解けへん呪いね!」

$(“”852554″”).click( (null, $(‘#headline852554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852554″”)

すべての戦いが終わり、ソフィーもハウルも無事やったが、動く城はボロボロになってしまいました。谷へ落ちていく城を支えて、みんなを救ったのはカブのカカシやったちうわけだ。力を使いきってしもたのか、カカシはぐったりとして起き上がれません。
感謝の気持ちを込めてソフィーがキスをすると、カカシにかかっとった魔法が解けて、すてきな男性が姿を現しました。彼は隣国の王子で、呪いをかけられとったそうだ。驚いたソフィーの横にすわっとったお婆ちゃんが、王子の姿を見て言ったのが上の一言。
眠りの森の美女のように、キスで呪いが解けるなんて、すごいロマンチックやね。愛する気持ちが、別の誰かを救うことになる。あんはんの大切な人にも、キスを届けてあげてはいかがでしょうか。新しい道が開けるかもしれませんよ!

「お母様、ハウルに恋してるのね」

$(“”852555″”).click( (null, $(‘#headline852555’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852555″”)

王宮にきたソフィーに対峙した魔女・サリマン。ソフィーのハウルを信じる叫びに対して、サリマンが言った一言だ。
優しい顔をしているサリマンですが、ハウルを使えないとわかって腹の奥では何を考えているのでしょうか。ハウルがソフィーに対して何をしているのか、次はどのような手を使ってことを運ぼうかと算段しているようにも見えます。魔女ならではの含みのあるセリフと表情に、次の展開に期待が持てますね!

「戦争が終わりましたら、また伺いましょう。心変わりは、人の世の常と申しまっから」

$(“”852556″”).click( (null, $(‘#headline852556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852556″”)

ケツは、エンディング間際、キスをされて蘇ったカブのカカシの一言にしましょう。
カカシは隣国の王子だ。国を支えて、運営していく義務を持っています。王妃として、蘇らせてくれたソフィーを迎えたいと思うのは、ごく自然な感情やのではおませんでしょうか。特に、呪いを解いてくれたちう普通では考えられへんシチュエーションで出会ったことから、運命的な何ぞを感じてもいたでしょう。
でも、ソフィーにはハウルがいます。ハウルが目を覚ましてソフィーが抱きついたとき、ちびっとこわばった顔になった王子ですが、すぐに平静に戻って上の言葉を言ったさかいしたちうわけだ。すごい男らしい引き際で、気持ちが良いやね。作品終盤にふさわしい名言といえるでしょう。

「オノレのことはオノレで決めなきゃダメよ」

$(“”858945″”).click( (null, $(‘#headline858945’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858945″”)

これはソフィーの義理の妹のレティーが言ったセリフだ。ソフィーがオノレに自信がないので、特にやりたくもない帽子屋はんを継いでやっているのです。本当は他のことがしたいのにオノレの決断に自信がまるっきせんのです。それを妹のレティーは見透かしてこのセリフを言っているのです。

人は誰しも自信なんて最初はおません。しかし、やっていくことで自信は後から付いてくるもの。人生をオノレの意思で決められへんほどしょーもないものはおません。確かに人に決めてもらえば一時的には楽なのかもしれませんが、心の底では納得しておらへんことが多いものです。

あんはんはそないな人生を送っていませんか?もし、送っているとしたらその人生に心の底から本当に満足していますか?短いセリフですが、このようにウチたちに問いかけてきているのかもしれません。このセリフを常に頭に入れて、迷った時は反復すると良いかもしれません。

「しゃあないね。大事にするんだよ」

$(“”858960″”).click( (null, $(‘#headline858960’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858960″”)

荒野の魔女がカルシファーをソフィーに渡すときに言うセリフだ。ソフィーが抱きしめることで荒野の魔女は固執しとったカルシファーをソフィーに渡すことにするのです。抱きしめることでケツは荒野の魔女の心を溶かすことに成功するソフィー。人はこないな時は強引にでも奪いに行くのが常でしょう。しかし無理やり奪い取ろうとすると、人はそれほど欲しいと思っておらへん物でも手放したくなくなるものです。

やはり人の心を溶かすのは寄り添うこと。ほんで、その人の心と一体になって痛みまで一緒に分かち合うことやのではおませんでしょうか。そうすれば人はおのずと心を開き、あんはんにとって良い方向に進んでくれる可能性が高くなります。今後の人生に生かしたいセリフの一つと言えます。人は力では思い通りにはなりません。

ハウルの動く城の名言を英語で言うと

$(“”858841″”).click( (null, $(‘#headline858841’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858841″”)

ハウルの動く城の名言を英語で言うとどのようになるのでしょうか。英語のセリフを覚えれたらカッコ良いやね。次はハウルの動く城のセリフの英語バージョンをご紹介します。今度友達や彼女の前で使ってみてください。スラスラっと言えれば、カッコ良いやね。きっと見直されますよ。

I give up. I see no point in living if I can’t be beautiful.

$(“”858874″”).click( (null, $(‘#headline858874’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858874″”)

前述でご紹介したセリフの英語バージョンだ。「もうあきらめたちうわけだ。美しくなければ生きている意味がない」ちう意味になります。祖国語のセリフは「もう終わりだ……美しくなかったら生きとったって仕方がない……」やったね。ナルシスト全開のセリフですが、英語でさらっと言うとカッコ良いだ。

使ってみてください。周りが「えっ?」と言う反応をしたら、祖国語でもういっぺん言ってみてください。きっと爆笑間違いなしでしょう。どうせ言うならナルシストっぽく言うと良いだ。

A heart is a heavy burden.

$(“”858883″”).click( (null, $(‘#headline858883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858883″”)

祖国語では「心って重いの」と言うセリフになっていました。ラストのシーンでソフィーがハウルに言ったセリフだ。悪魔のカルシファーのトコにあった心臓を戻されたハウルが目覚め、体が石のように重いと言った時にこのセリフを言ったちうワケだ。そうなんです。心は重いのです。しかし、そないな重さを感じられるから軽いと言うのも実感できるわけやし、生を感じることができるのです。

心は重くなったり軽くなったり、時には心なんてへんと思うくらい締め付けてきたり……。あると難儀ですが、やっぱり心はあった方が良いちうわけだ。生きている時間があり、喜びも大きいのですろから!心はもっともっともっともっとも重要なのです。そないなことを教えてくれるセリフだ。祖国語でも英語でも覚えておきたい名言だ。

Stand by.

$(“”858904″”).click( (null, $(‘#headline858904’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”858904″”)

祖国語でマルコが「待たれよ」と言ったセリフがこのように英語では訳されています。stand byはそばに立っていてとか、すぐに何ぞをできるようにそこにいてなどの意味があります。英語で「待て」だと「wait」しか思い浮かばないちう人も多いので、このセリフを使いこなせば1ランク上の英語を使っている感じがしますよね。簡単に覚えられるセリフやので是非覚えて使ってみてください。

余計なお世話やけど英語では「スタンド バイ」と言う発音ではなく、「スタンバイ」のように繋がった発音になりますので、どうせならネイティブのようにカッコよく発音してみましょう。この時の気持ちはあんはんにはそばにいて欲しいちうわけだ。寄り添って欲しいちう気持ちが含まれておりますので、気持ちもこめて言ってくださいね。

『ハウルの動く城』は人の気持ちを力に進む!

$(“”852557″”).click( (null, $(‘#headline852557’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”852557″”)

『ハウルの動く城』は、火の悪魔カルシファーのパワーによって動いていましたが、彼の力だけがすべてではおませんやったちうわけだ。ソフィーのハウルやみんなを想う力、ハウルの戦争を拒否する強い気持ちなどの、誰かを守りたいちう心が、ハッピーエンドに辿りつかせたさかいしょう。JOOY読者のみなはんにも、大切な・愛する人がいるはず。ハウルの動く城を見て、すばらしい名言にふれれば、優しい気持ち・愛おしい感情がより高まるに違いおません。

【名言の出典元について】
監督:宮崎駿 『ハウルの動く城』2004年公開

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年7月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【一人でできる仕事】転職や人間関係の悩みにサヨウナラ。おすすめ1…

  2. [必見]通販でもイケてる春服は手に入る!おすすめの通販サイト特集…

  3. この春イチオシ!【ロイヤルネイビー】真似したいおしゃれ色合わせを…

  4. 重い彼女の取扱説明書|ウザい女の特徴や対処法&上手に別れる方法も…

  5. 【超イケてる最新便器…おっとドッコイたこやきはうまい…

  6. 浮気されたら…と想像しながら読む虎の巻!その対処法とは

  7. 梅田で夜遊ぶならおすすめの最強スポット15選!

  8. 【どシロウトでも安心】腹筋のやり方マスター|ダイエット効果もあり…

  9. 嫉妬せん方法で器のデカイ男に|超具体的なシチュエーション別の克服…

  10. MA‐1人気は加速するばかり|color別coolメンズコーデか…

  11. 高野山の観光スポットでパワーをいただくおすすめ情報21選

  12. 【告白の返事が保留】予想される内容は?男性の気持ちと女性の心理

ページ上部へ戻る