閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

女子的絶対NGを回避せよ!年代別・白シャツコーデ集

白シャツをおしゃれに着こなしたいけど、なんかパッとせん…

$(“”767668″”).click( (null, $(‘#headline767668’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767668″”)

「ダサい」と「かっこ良い」の境界とは?

$(“”768846″”).click( (null, $(‘#headline768846’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768846″”)

白シャツをおしゃれに着たいのに、なぜか仕事のYシャツのようになってしまう…とお悩みのメンズは意外と多いもの。街のおしゃれな人は、一体どうやって白シャツをおしゃれカジュアルに着こなしているのでしょうか。今回はそないな白シャツのコーデ方法をご紹介。この記事で、メンズの白シャツをマスターしてください。

女子的絶対NGな白シャツの着方【透けてる】はどう対処する?

$(“”767670″”).click( (null, $(‘#headline767670’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767670″”)

白シャツのインナーが透けているのはカッコ悪いちうわけだ。

$(“”767698″”).click( (null, $(‘#headline767698’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767698″”)

女性目線で「白シャツのインナーが透けているのは絶対に許せへん」ちう声は多く聞かれます。コーデがいくらカッコよくても、どんなにイケメンでも、インナーを透けさせへんことは基本中の基本だ。

インナーに黒やボーダーは避ける。安心カラーはズバリ「ベージュ」

$(“”767715″”).click( (null, $(‘#headline767715’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767715″”)

ブランド:BEAMS
商品名:SEEK / Uネックカットソー
価格:¥3,024税込

白シャツインナーの理想は、こないなベージュのアイテム。肌色と馴染んで、インナーが透けて見えてしまうのを防ぎます。また、袖部分は縫い目がない切りっぱなしのデザインになっているので、さらにインナーのラインが響きにくいデザイン。これは必ず手に入れておきたいアイテムだ。

アイテム詳細

目指すは『あの人おしゃれだよね』と言われるようなこなれた白シャツの着こなし

$(“”767671″”).click( (null, $(‘#headline767671’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767671″”)

脱〈頑張ってる感〉シンプルにおしゃれに見せる着こなしのポイント

$(“”768008″”).click( (null, $(‘#headline768008’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768008″”)

白シャツのコーデを成功させるポイントは、「頑張ってる感」を出はんといかにおしゃれを演出できるか、ちうこと。何気なく着ているだけでも、なんでやねんだか「あの人おしゃれ」と言われるのが理想だ。

サイズ選び、着丈、素材等、アイテム選びも重要。

$(“”768011″”).click( (null, $(‘#headline768011’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768011″”)

白シャツのサイズ選びや着丈、さらに素材など、アイテムの選び方1つで、白シャツはおしゃれに見せることができます。一体どんな白シャツがオシャレになれるのかを、詳しく解説。

【サイズ感別】オシャレな白シャツコーデのポイント〜コンパクトめなシャツ

$(“”767673″”).click( (null, $(‘#headline767673’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767673″”)

小さめサイズの白シャツは、ボタン全閉めでタイトに決める

$(“”768022″”).click( (null, $(‘#headline768022’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768022″”)

小さめサイズの白シャツや、丈感の短めの白シャツは、体のラインにフィットするようにボタンをぜ良いんぶひとつのこらず閉じて着る方法が一番おしゃれだ。シンプルですが、小さめの白シャツを最もおしゃれに見せるポイント。

インナーはベージュをチョイスして、透け防止対策もお忘れなく。

$(“”768026″”).click( (null, $(‘#headline768026’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768026″”)

ボタンをぜ良いんぶひとつのこらず閉じるとインナーが透けてしまうので、先ほどご紹介したようなベージュのアイテムを選ぶようにしてください。透けやすいので、インナーカラーには要用心だ。

うっかり買ってしもた小さめサイズは、ロング丈の羽織りもので誤魔化せばOK

$(“”768036″”).click( (null, $(‘#headline768036’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768036″”)

購入した後に、うっかり小さめサイズを買ってしもたちうわけだ。なんてことはよくありますが、このようにロング丈のアウターやカーディガンを羽織って誤魔化すことも可能だ。むしろ短めの丈が活きて、ちょうど良い配分にコーデできます。

長身の人がコンパクトな白シャツを着るのなら、ネクタイを+して目線をずらす

$(“”768028″”).click( (null, $(‘#headline768028’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768028″”)

長身の人がコンパクトな白シャツを着用すると、どうしても「ピチピチ感」が出てしまいがち。それを防ぐためには、ネクタイなど小物を活用し、目線をはぐらかせます。こうすることで、小さすぎる感覚もなくなり、長身を活かせるスタイルに仕上がります。

【サイズ感別】オシャレな白シャツコーデのポイント〜ゆったりめのシャツ

$(“”767674″”).click( (null, $(‘#headline767674’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767674″”)

パンツイン×ボタン2つ開けで、男らしくワイルドに着こなす

$(“”768042″”).click( (null, $(‘#headline768042’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768042″”)

ゆったりラインの大きめ白シャツは、パンツにインしたスタイルがおすすめ。さらに、ボタンは2つほど開けて胸元を見せるとよりGOOD。程よくセクシーでワイルド、男の余裕を感じるスタイリングになります。

インには見えてもOKなタンクトップ、もしくは見えないラインのベージュインナーを

$(“”768044″”).click( (null, $(‘#headline768044’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768044″”)

このスタイルでのインナーは、見えてもオシャレなデザイン性のあるタンクトップが◎。もしくは、見えないギリギリのラインでカットされている、ベージュの透けへんインナーだ。見えるとNGなインナーを着用するのなら、ボタンの開けすぎには要用心。

うっかり大きめサイズを選んでも、ベルトで華麗にコーデ可能

$(“”768045″”).click( (null, $(‘#headline768045’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768045″”)

大きめサイズの白シャツは、丈感も長くなるし、もう使い道がないちうわけだ。なんてことはおません。ベルトをゆるく合わせて、丈感長めのチュニック風に着こなしましょう。長い裾はランダムにめくり、カーディガンを羽織れば肩幅の大きさも気になりません。

小柄でもOK。裾をめくってコーデすれば、大きめシャツは着こなせる

$(“”768049″”).click( (null, $(‘#headline768049’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768049″”)

小柄やからと大きめ白シャツを諦めへんでください。長い裾は折ってめくり、あえて見せます。白シャツの上にはカーディガンを羽織り、コンパクトさを強調。写真のコーデではしていませんが、丈感が長すぎるならパンツインしても華麗で◎。

白シャツをカジュアルに着る時のボトム選び

$(“”767678″”).click( (null, $(‘#headline767678’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767678″”)

白シャツ×ノーマルジーンズは、永遠の定番

$(“”768050″”).click( (null, $(‘#headline768050’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768050″”)

白シャツをカジュアルに見せるには、やっぱり毎日毎晩壱年中のジーンズ。時代の流れに流されへん、永遠の定番スタイルでもあります。迷ったら毎日毎晩壱年中のジーンズを合わせて、まず間違いおません。

▶おすすめジーンズ

$(“”768243″”).click( (null, $(‘#headline768243’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768243″”)

ブランド:JACOB COHEN
商品名:JACOB COHEN / “BUDDY” ダメージデニム
価格:¥63,720税込

アイテム詳細

程よいダメージ加工がすでに施されており、白シャツをさらにおしゃれに演出してくれます。こなれた感じでコーデできるので、「やりすぎ感」もなく自然なコーデが可能。大きめ、小さめどちらの白シャツにも似合います。

白シャツ×短パンは動きやすくてメンズに最適

$(“”768232″”).click( (null, $(‘#headline768232’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768232″”)

白シャツに短パンの組み合わせも、欠かせません。カジュアルに仕上がる他、動きやすいのでメンズにさいてきだ。足元をきれいめにまとめるか、カジュアルを貫くかで、コーデの最終的なイメージが決まります。

▶おすすめ短パン

$(“”768244″”).click( (null, $(‘#headline768244’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768244″”)

ブランド:Gramicci
GRAMICCI/グラミチ NN-SHORTS (149)
¥8,424税込

アイテム詳細

アメカジで頼れるグラミチのショートパンツ。生地感がしっかりしており、存在感もまずまず。ちょうどよい丈感やので、白シャツをインするスタイルにも最適だ。インするのなら、サイズは1サイズUPして選んでもよさそう。

白シャツ×スキニーパンツやつきりしたアイテム選び

$(“”768236″”).click( (null, $(‘#headline768236’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768236″”)

もたつかんとスッキリとしたコーデを期待できるのが、スキニーパンツだ。カジュアルなスタイチングに向けてのアレンジもしやすく、スタイルアップも期待できる組み合わせ。定番ですが色合わせなどでおおしゃれに着こなしてください。

▶おすすめスキニーパンツ

$(“”768241″”).click( (null, $(‘#headline768241’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768241″”)

ブランド:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
商品名:【WEB限定】by ∴ 7オンス デニム ジェギンス
書価格:¥8,800税込

アイテム詳細

動きやすくてスマートなデニムがウチ。ストレッチでとにかく履きやすくて、動きやすいちうわけだ。そのため積極的に様々な白シャツコーデを楽しめるアイテムになっています。インもしやすく、幅広いコーディネートが可能。

白シャツ×ベージュチノパンで大人系カジュアルスタイル

$(“”768249″”).click( (null, $(‘#headline768249’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768249″”)

ベージュ系のボトムと白シャツを合わせて、大人っぽいカラーリングを積極的に使用したいコーデ。チノパン自体はすごいカジュアルですが、ベージュと白の組み合わせが落ち着いた印象に。タイトに決めるほど大人カジュアルなイメージに繋がります。

▶おすすめチノパン

$(“”768251″”).click( (null, $(‘#headline768251’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768251″”)

ブランド:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
商品名:BY ∴ チノ ノープリーツ スキニーパンツ
価格:¥9,720税込

アイテム詳細

大人っぽいラインのベージュパンツを選定。ダボ系のベージュパンツでもよいのですけどアンタ、あえてここは細身でクールにまとめましょう。白シャツもタイトなもので合わせたり、大きめをインして着用したり、色々と試せるアイテム。

相性抜群『ジーンズ』と白シャツコーデ特集

$(“”767679″”).click( (null, $(‘#headline767679’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767679″”)

ダメージジーンズ▶程よいラフさ、こなれ感を演出

$(“”768254″”).click( (null, $(‘#headline768254’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768254″”)

ダメージジーンズに白シャツを合わせると、頑張りすぎない程よい力の抜け加減を感じるコーデに繋がります。あまりにもダメージの入り方が大きいジーンズは着こなしもややこしいですが、写真のコーデなどのダメージなら、こないなにオシャレな着こなしに。柔らかい生地感でサラっとあわせるだけで、驚くほどカッコよく決まります。

7分丈色落ちジーンズ▶トップスやアウターで作る絶妙バランスコーデ

$(“”768255″”).click( (null, $(‘#headline768255’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768255″”)

辛口革ジャケを組み合わせ、バランス感を楽しんでいるコーデ。7分丈のジーンズに白シャツを合わせるのなら、シャツは小さめサイズでタイトに仕上げ、アウターも丈の短いジャケットやブルゾンなどがおすすめだ。足元にハイカットやブーツを合わせれば、絶妙にオシャレなバランス感を作ることができます。

古着風淡色ジーンズ▶とにかく爽やですかメンズになれる

$(“”768259″”).click( (null, $(‘#headline768259’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768259″”)

色合いも重要だ。淡いろできれいな水色のジーンズと白シャツなら、明るいイメージで軽い印象。白シャツをとにかく爽やかに着たい人向けだ。足元の靴も、同じくブルー系でまとめれば完璧◎

濃いインディゴのスキニージーンズ▶きれいめインスタイルには欠かせへん

$(“”768261″”).click( (null, $(‘#headline768261’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768261″”)

シャツインコーデが最適なのは、スキニージンズだ。それも濃いインディゴのものがマストで、落ち着いた白シャツコーデを楽しむことができます。ジャケットを合わせれば、自然なオフィスカジュアルにもOK。

ストレートブラックジーンズ▶落ち着いた都会風スタイル

$(“”768263″”).click( (null, $(‘#headline768263’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768263″”)

都会的なシティーボーイ風に白シャツを着こなせるのは、ブラックジーンズだ。一見デニムのように見えませんが、実はデニム。ストレートのラインで、脚を長く見せます。パリっとした生地感で、スタイリッシュでクールな着こなしに、ぜひ。

白シャツコーデの足元は何を選ぶ?

$(“”767680″”).click( (null, $(‘#headline767680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767680″”)

白シャツには、何を履くのが一番カッコイイのか。

$(“”768266″”).click( (null, $(‘#headline768266’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768266″”)

白シャツコーデで悩むのが、足元のアイテム。どんな靴を履けばオシャレに見えるのか、見ていきましょう。基本的にはコーデのなりたいイメージに合わせて決めるのが正解だ。

【カジュアル系】白のスニーカーは、どんなスタイルにも間違おらへん

$(“”768267″”).click( (null, $(‘#headline768267’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768267″”)

カジュアルな白スニーカーなら、白シャツの色ともマッチしてシッパイも少なくコーデできます。とにかくカジュアルにまとめるので、迷ったときには白スニーカーをチョイスして正解。靴はあまり汚れておらへんものを選んで、カジュアルな中にも洗練された雰囲気は保ってください。

ニューバランスの白スニーカーでオールマイティーな白シャツコーデを

$(“”768272″”).click( (null, $(‘#headline768272’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768272″”)

ブランド:E hyphen world gallery
商品名:Q216 Ehwg別注スニーカー
価格:¥7,884税込

アイテム詳細

キャンパス地がトラッドな印象。大人の白シャツスタイルを、カジュアルにまとめてくれることは、まず間違いおません。ボトムも問いませんので、一足持っておくと白シャツコーデの幅が広がります。

【大人系】しっかりローファーは白シャツコーデを格上げ

$(“”768268″”).click( (null, $(‘#headline768268’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768268″”)

確実に、白シャツをきれいめコーデに導いてくれるのが、ローファー。特にブラウン寄りのローファーは、白シャツと相性◎。足元から引き締まり、メリハリの付くスタイリングにまとめてくれます。

上質アイテムで、誤魔化さない本気靴を

$(“”768275″”).click( (null, $(‘#headline768275’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768275″”)

ブランド:SANTONI
商品名:SANTONI / 別注タッセルスリッポン
価格:¥74,520税込

アイテム詳細

本気で選ぶなら、やはり妥協なしで良いものを手に入れておきたいもの。革でできているウチの靴は、履くたびに風合いや変身する色合いを楽しめるアイテムだ。もちろん白シャツとの相性は◎。春~冬まで使えて、使い回し力もですかり良いだ。

【ラフ&リラックス系】サンダル履いて、軽やかにまとめる

$(“”768270″”).click( (null, $(‘#headline768270’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768270″”)

ラフに白シャツを着るのなら、やっぱりサンダルが一番。軽やかに見えるのはサンダルにしかできない技。きれいめボトムをチョイスしとったとしても、サンダルでハズしてカジュアルダウンさせるのもなですかか粋なおしゃれだ。

黒のカジュアルサンダルは夏の最強靴

$(“”768283″”).click( (null, $(‘#headline768283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768283″”)

ブランド:chapter world
商品名:TEVA / HURRICANE XLT
価格:¥7,884税込

アイテム詳細

黒のカジュアルサンダルは、春夏の白シャツコーデに最適。ベルトでサイズを調節できるので、コンパクトに履きたい人はワンサイズダウン、ボリュームアップしたい人はサイズアップして購入するのも◎。白シャツのきちんと感を良い感じにカジュアルダウンしてくれます。

【年代別】おしゃれ白シャツコーデ〜20代

$(“”767681″”).click( (null, $(‘#headline767681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767681″”)

ベルトと靴の色を合わせて上級者を目指す

$(“”768314″”).click( (null, $(‘#headline768314’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768314″”)

タイトのパンツに白シャツをイン。若々しく、体のラインを活かしたスタイリングに。小物の色を合わせれば統一感もアップし、コーデ力も上々。

タイトなシルエットをサスペンダーでアレンジ

$(“”768317″”).click( (null, $(‘#headline768317’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768317″”)

黒でまとめたトラッドなスタイル。やはり、シルエットは若さを活かした細身を意識しています。サスペンダーの遊び心がちょうど良いエッセンスになり、白シャツをさらにおしゃれに格上げ。

ブラックコーデに映える白シャツ

$(“”768321″”).click( (null, $(‘#headline768321’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768321″”)

黒でまとめたブラックコーデの足元にはスニーカーをオン。白シャツはタイトなものがおすすめで、ジャケットとの丈感はこのコーデを参考にし、若干出るくらいがベスト。ハットを使えばトップにボリュームが出るので、身長が高く見える効果も。

肩掛けスタイルで白シャツをイメチェン

$(“”768325″”).click( (null, $(‘#headline768325’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768325″”)

半袖白シャツを、グレーのスラックスにイン。さらにカーディガンを肩掛けにし、アクセントを追加。細身のラインですが、コーデに物足りなさを感じるときなどおすすめのスタイリングだ。

編み上げブーツで辛口スパイスを少々

$(“”768327″”).click( (null, $(‘#headline768327’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768327″”)

やはり細身のスタイリングに、小物使いのセンスが光るコーデ。編み上げブーツは辛口要素になり、サスペンダーもシンプルなスタイリングをオノレの色に染めています。白シャツコーデもここまでオリジナリティーを生み出せたら、上等。

【年代別】おしゃれ白シャツコーデ〜30代

$(“”767682″”).click( (null, $(‘#headline767682’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767682″”)

ユルいコーデもカッコよく決められるお年頃

$(“”768328″”).click( (null, $(‘#headline768328’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768328″”)

白シャツコーデには短パンをチョイス。若干丈感のある白シャツも、短パンとならバランスよく着こなせます。足元は黒でまとめてスッキリ。30代やから似合う、余裕のあるスタイリングに。

きれいめチノパンはお気に入りのスニーカーでまとめたい

$(“”768331″”).click( (null, $(‘#headline768331’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768331″”)

チノパンを合わせたスタイリング。タイトな白シャツとジョガーシルエットのチノパンが相性◎だ。革靴ではなくスニーカーをチョイスしたのは、かっちりしすぎないため。せやけど、スニーカー選びには妥協せず、大人アイテムで20代とは差を付けて。

大人の為のオールインワン着こなし術・白シャツ編

$(“”768336″”).click( (null, $(‘#headline768336’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768336″”)

若々しい印象のオールインワンを、白シャツで大人っぽく。ルーズに着こなしておるけどダンはん、ロールアップ、片方のベルトを落とすなど、所々にアクセントを追加しきちんと引き締めています。古着っぽいオールインワンもここまで大人っぽくなるのは、白シャツのおかげ。

上質大人の休日スタイル

$(“”768341″”).click( (null, $(‘#headline768341’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768341″”)

9分丈のパンツが大人顔。白シャツはボタンを開けて、タフなセクシーさをアピール。バッグやサングラスなど小物はみな、上質なものにこだわって選ぶと、コーデがラフでもキリっと引き締まります。

白シャツアレンジテクで大人の着くずしコーデ

$(“”768349″”).click( (null, $(‘#headline768349’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768349″”)

白シャツにはリボンを追加して粋なアクセントを追加。小物に至ってはカラーを統一した上級者テクを確認できます。ユルいボトムを白シャツで仕上げたすごいハイセンスな着こなしだ。

【年代別】おしゃれ白シャツコーデ〜40代

$(“”767683″”).click( (null, $(‘#headline767683’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767683″”)

余裕のある抜けたスタイリングが若者との違い

$(“”768354″”).click( (null, $(‘#headline768354’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768354″”)

もう、白シャツの着こなしもお手のもの。いかにしてアレンジをするかがテーマになってきます。ボタンを開けてセクシーさを出しつつ、アウターやボトムのチョイスはすごいハイセンス。40代の余裕を感じるスタイリング。

スラックスに白シャツ+ネクタイで、オフィスカジュアルに

$(“”768366″”).click( (null, $(‘#headline768366’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768366″”)

オフィスカジュアルは、年齢を重ねてこそ成り立つものです。欠かせへん白シャツを、上品なスラックスにイン、ネクタイとカーディガンでトラッドにまとめています。カーディガンの丈は短めにしておくのが、スタイリングをスッキリ見せるコツ。

軽くシャツインしただけなのに、なんでやねんおしゃれなのか。

$(“”768369″”).click( (null, $(‘#headline768369’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768369″”)

ベージュのチノパンに白シャツをインしただけのラフなコーデ。それなのにここまでオシャレに見えるのが、白シャツのサイズ感だ。前をちびっと開き、シャツインもややルーズにまとめておくことで、程よいこなれ感が生まれます。経験を重ねてこそできるシンプルながらも上級コーデ。

白シャツはちょっと「出す」がポイント

$(“”768372″”).click( (null, $(‘#headline768372’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768372″”)

先ほどと同様、白シャツはすべてをインしません。ちょっとだけ「出しておく」ことにより、この余裕感ができます。こなれ感、ラフ感に繋がって、頑張りすぎない白シャツコーデを制覇してください。

ちょいワル風コーデにも白シャツを活用

$(“”768373″”).click( (null, $(‘#headline768373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768373″”)

白パンとローファーのイタリアのオヤジ風コーデ。きれいめな白シャツをしっかり活用し、ジャケパンスタイルをものにしましょう。サイズはオノレに合ったものが最適で、特に袖のサイズ感は重要になってきます。

休日に着たい白シャツってどんなの?

$(“”767684″”).click( (null, $(‘#headline767684’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767684″”)

ブランド:JOURNAL STANDARD
商品名:リネンレギュラー7S#
価格:¥6,912税込

アイテム詳細

【価格帯別】おすすめ白シャツコレクション〜10,000円以下

$(“”767685″”).click( (null, $(‘#headline767685’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767685″”)

シンプルでナチュラルな風合い

$(“”768448″”).click( (null, $(‘#headline768448’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768448″”)

ブランド:nano・universe
商品名:C/Lカラーシャツ 7/S
価格:¥6,500税込

アイテム詳細

扱いやすいのはもちろんのこと、柔らかい風合いやので着ていて心地良いのが何よりも魅力的。プチプライスなのもうれしい一着。カジュアルにストレートデニムなどと合わせてください。

上品な風合いは、オーバーサイズで楽しみたい

$(“”768460″”).click( (null, $(‘#headline768460’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768460″”)

ブランド:UNITED TOKYO
商品名:ICEリネンロングスリーブシャツ
価格:¥6,912税込

アイテム詳細

きれいめコーデがお好みの方にはこちら。縦シルエットが上品な一着やので、ぜひオーバーサイズの着こなしを楽しみたいだ。袖は8分丈くらいに折って、細身のデニムやジョガーパンツなどに。

ロング丈で着こなしの幅を広げる

$(“”768462″”).click( (null, $(‘#headline768462’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768462″”)

ブランド:Dickies
商品名:TCツイルノーカラーロングシャツ
価格:¥7,560税込

アイテム詳細

コーデの幅が絶対広がる、ロング丈の白シャツ。羽織りもの感覚で着るもよし、上からニットを合わせるもよし。ボトムは細身をチョイスして、スタイル美人を狙います。

コンパクトな白シャツをジャストサイズで着用

$(“”768463″”).click( (null, $(‘#headline768463’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768463″”)

ブランド:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
商品名:BY ∴ COOLMAX シャンブレー ショートスリーブ シャツ
価格:¥9,720税込

アイテム詳細

元々、やや小さめにデザインされている白の半袖シャツ。コンパクトさを活かし、ボタンをぜ良いんぶひとつのこらず閉じたスリムな着こなしがおすすめだ。きれいめに白シャツを着こなしたい人向け。

作り込まないナチュラルコーデに

$(“”768464″”).click( (null, $(‘#headline768464’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768464″”)

ブランド:nano・universe
商品名:Anti Soaked(R) OX SH L/S
価格:¥9,300税込

アイテム詳細

若干くったりした着心地になっており、ゆるめのスタイリングに重宝するのがウチ。サイズ感はジャストサイズ~大きめがオススメで、ゆるく着るのがおすすめ。ボトムは細身も良いですが、あえて太めのデニムやカーゴパンツなんかに合わせるのもよさそう。

【価格帯別】おすすめ白シャツコレクション〜20,000円以下

$(“”767687″”).click( (null, $(‘#headline767687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767687″”)

洗いざらしのリネン素材は無地コーデが似合う

$(“”768465″”).click( (null, $(‘#headline768465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768465″”)

ブランド:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
商品名:BY リネン クォータースリーブシャツ
価格:¥10,800税込

アイテム詳細

ナチュラルなリネン素材は、インナーやボトムを無地で揃えて全身ナチュラルなシンプルコーデがしっくりきます。ヘアスタイルもナチュラルにまとめて、頑張りすぎないぐらいがちょうど良いだ。

半そで白シャツも、とことんシンプルに

$(“”768467″”).click( (null, $(‘#headline768467’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768467″”)

ブランド:SHIPS
商品名:SC: SHIPS(シップス) “SAFILIN” (サフィラン)リネン ハケメ シャツ ショートスリーブ
価格:¥11,880税込

アイテム詳細

ウチもリネンの半そで白シャツ。着心地のよさはもちろんのこと、見た目にも柔らかい印象はコーデまで新鮮に演出します。あえて長袖インナーを着用し、重ね着を楽しむのもアリ。

オーバーサイズを楽しみたいワイドシャツ

$(“”768551″”).click( (null, $(‘#headline768551’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768551″”)

ブランド:BEAMS
商品名:YACA CHEM / Guayabera
価格:¥16,200税込

アイテム詳細

ビッグなシルエットがすごい印象的な一着。模様がついている白地はナチュラルな印象ですが、シルエットはワイドで大胆なイメージになります。ボトムには同じくワイド系のパンツも合いますし、ハーフパンツもなですかか良いのでは。自由な発想で着こなしを楽しんでください。

デザイン性の高い白シャツはカジュアルモードに

$(“”768556″”).click( (null, $(‘#headline768556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768556″”)

ブランド:GDC
商品名:ASYMMETRY BROAD SHIRT
価格:¥18,360税込

アイテム詳細

ボタンの位置に特徴があるデザイン白シャツは、モードな着こなしが似合います。モノトーンで統一したり、ボトムにサルエルやジョガーなど特徴的なアイテムを持ってくるとおもしろそう。小物合わせも楽しそうで、ハットやスカーフ、アクセサリーなんかをうまく合わせてオノレ流に着こなせます。

ストリートブランドの白シャツは一着で楽しみたい

$(“”768563″”).click( (null, $(‘#headline768563’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768563″”)

ブランド:A BATHING APE
商品名:LARGE APE HEAD OXFORD BD S/S SHIRT
価格:¥19,224税込

アイテム詳細

上に羽織るとおしゃれなブランドロゴが見えなくなってしまうので、あえてそのまんま着こなしてほしいエイプの白シャツ。作りは割としっかりしていて、ストリートはもちろんワークスタイル、アメカジスタイル等幅広く活用できます。

【価格帯別】おすすめ白シャツコレクション〜20,000円以上

$(“”767689″”).click( (null, $(‘#headline767689’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767689″”)

サイドポケットがポイントの、大人の為デニム白シャツ

$(“”768570″”).click( (null, $(‘#headline768570’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768570″”)

ブランド:Kinfolk
商品名:KINFOLK / キンフォーク LAFAYETTE デニムシャツ
価格:¥24,840税込

アイテム詳細

ウチは実は白のデニムシャツ。生地感がしっかりしているので、アウター感覚で楽しめます。従来のデニムシャツのように、ワークパンツやカーキパンツなどに合わせると◎。プリントTシャツをインナーに着用し、前を開けて着るのもオシャレ。

雰囲気のある上質シャツで大人のユルカジを提案

$(“”768576″”).click( (null, $(‘#headline768576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768576″”)

ブランド:glamb
商品名:Sullivan long SH
価格:¥24,732税込

アイテム詳細

ユルく着れる、柔らかい質感のロングシャツ。前は閉じんと羽織りもの感覚で着用し、大人のユルカジを楽しんでください。モノトーンだとぼんやりしてしまうので、淡いカラーなど差し色をコーデに入れることをおすすめします。

デニムに一着でもサマになる存在感

$(“”768581″”).click( (null, $(‘#headline768581’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768581″”)

ブランド:A.P.C.
商品名:CHEMISE SOBRE 16P
価格:¥27,000税込

アイテム詳細

仕立ての良い白シャツで、デニムパンツに合わせるだけでサマになります。合わせるデニムは、同ブランドのAPCのアイテムのような、固めのストレートなどがおすすめ。オーセンティックなコーデに仕上がります。

ワークシーンで活躍する半袖白シャツ

$(“”768583″”).click( (null, $(‘#headline768583’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768583″”)

ブランド:Dickies
商品名:<PALMER TRADING COMPANY×Dickies 1922> WORKSHIRT/SL/シャツ
価格:¥31,320税込

アイテム詳細

意外とミリタリー柄が似合うのが、ウチの白シャツ。ワークスタイルからアメカジ、ストリートに活用できるよう、短めの丈感と着やすさ、ゆとりのある肩幅をキープ。男らしいシルエットで、白シャツの洗練さを取り入れてください。

360℃どこから見ても無駄のないデザイン

$(“”768585″”).click( (null, $(‘#headline768585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768585″”)

ブランド:Y-3
商品名:M BAR TACK SHIRT
価格:¥42,660税込

アイテム詳細

すごいシンプルで一見どこにでもある白シャツですが、着用時の裾のライン、バックスタイルのシルエット、襟のデザインなど、とことんこだわって作られているこだわりの白シャツだ。スタンダートでありながら、一生モノの白シャツになってくれるドレスシャツ。

女子的NGな白シャツは『黄ばんでるシャツ』

$(“”767690″”).click( (null, $(‘#headline767690’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767690″”)

不潔に見えてしまう黄ばみは、絶対に付けへんのがマナー

$(“”768603″”).click( (null, $(‘#headline768603’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768603″”)

白シャツは爽やかですが、汚れが目立ちやすいちうデメリットも。特に襟や袖の黄ばみは気になります。女子からの目線も厳しいので、白シャツの黄ばみはなんとしても避けたいものです。

黄ばみの原因は「汗」

$(“”768608″”).click( (null, $(‘#headline768608’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768608″”)

白シャツが黄ばんでしまう原因は、汗による皮脂汚れだ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、汗をかですかければ白シャツに黄ばみはできないちうこと。汗はこまめに拭き取って、極力白シャツに汗がうつりませんように心がけてください。

保護シートで、密かに黄ばみ防止◎

$(“”768624″”).click( (null, $(‘#headline768624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768624″”)

すごい便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なアイテムがウチ。黄ばみが気になりがちな白シャツの襟や袖に貼るだけで、汗や皮脂汚れから白シャツを守ってくれます。これならどんな白シャツにも使えますし、汚れを予防するのにすごい効果的だ。お気に入りの白シャツには、絶対使っておきたいちうわけだ。

いつでも清潔に-白シャツお手入れ講座

$(“”767691″”).click( (null, $(‘#headline767691’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”767691″”)

せっかくの白シャツを、きれいに状態良く保つためのお手入れ方法を解説します。メンズにも簡単にできる方法でご紹介するので、ぜひ参考に。

洗濯前:汚れが気になる部分には、「塗るだけ」の汚れ落としを

$(“”768641″”).click( (null, $(‘#headline768641’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768641″”)

いくら気を付けていても、シミになってしもたり、汗がついてしまうことはあります。洗濯前には、そないな気になる部分にウチをシュッシュッ。特に汚れがひどい場合は、歯ブラシなどで軽くゴシゴシすると、さらに効果的だ。洗濯機に入れる前にこれをするだけで、汚れの落ち具合が大きく変わります。余計なお世話やけど、洗い流さずそのまんま洗濯機に入れてもOKやので、本当に便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。

洗濯機:デリケート専用コースで優しく洗う

$(“”768662″”).click( (null, $(‘#headline768662’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768662″”)

洗濯機で洗う際には、ゆるめのコースに設定します。洗濯機によって違うのですけどアンタ、「もみあらい」「デリケート」など通常よりも優しく洗えるコースがあるはずだ。シャツの生地感を大切にするためにも、優しく洗ってください。

干す時:白シャツは陰干しがベスト

$(“”768671″”).click( (null, $(‘#headline768671’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768671″”)

紫外線ちうのは意外と強敵で、白シャツの生地にとってもよくおません。色褪せやくったり感などの原因となりますので、陰干しがベスト。干す際には、手でシワを伸ばしながらハンガーにかけるときれいに乾きます。

アイロン:シワ感のあるアイテムはナシでOK。

$(“”768673″”).click( (null, $(‘#headline768673’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768673″”)

ブランド:JOURNAL STANDARD
商品名:オックスオーバーダイ レギュラーシャツ#
価格:¥10,800税込

アイテム詳細

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあウチのような、シワ感のあるアイテムや、洗いざらしの生地など、ユル系の白シャツの場合、アイロンをせん方が良いアイテムは多くあります。反対に、ビジネスシャツのようにシワのない仕上がりが完成形になる白シャツは、アイロンをする方がカッコ良く着れます。

アイロンはちびっとずつ、丁寧に行う

$(“”768678″”).click( (null, $(‘#headline768678’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768678″”)

基本的にはまず襟をきれいにし、次第に形を整えていく手順で行います。ウチの動画はプロのクリーニング屋はんが行うアイロン方法で、分かりやすく解説してくれるので是非ご覧ください。こないなにうまくはいですかくとも、自宅でやる手順は参考になります。

まとめ:白シャツをマスターすれば誰からも好印象まちがいなし

$(“”768681″”).click( (null, $(‘#headline768681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”768681″”)

メンズの白シャツは女子からも人気でおすすめのアイテムですが、インナーが透けてしまうことや、黄ばみには十分用心しましょう。またおしゃれなコーデやアイテム合わせも参考にしながら、カッコ良い白シャツコーデをマスターしてください。オノレに似合う白シャツを見つけ、どこに行っても好印象なコーデをマスターしてください。長く愛用するためには、正しいお手入れ方法もお忘れなく。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 1万円以下で買える人気ワイシャツブランド10選!モテシャツのカラ…

  2. 2016秋冬【ハイカットスニーカー】鉄板コーデ術&人気スニーカー…

  3. 【2016夏】カーディガンで作るオールラウンダーなリアルメンズコ…

  4. トッズはシューズだけやない!?財布も同じ品質、知って欲しいおすす…

  5. 山口・お土産|ふぐだけやない!お菓子・おつまみetc..宇部空港…

  6. 泣ける映画VS笑える映画。失恋時にはどっちを観る?

  7. 【早起きのメリット】朝活があんさんをもっともっともっともっとデキ…

  8. 笠間市のおいしいラーメン店5選−たまには違うものを!

  9. 大人メンズに選ばれている定番・人気リュックサックブランド一覧

  10. 30代から始めるMA-1の基本講座|「それなり」→「おしゃれ」に…

  11. モテるスポーツ”フットサル”どシロウトのための準備講座〜簡単なル…

  12. 2016年夏のメンズ髪型決定版|最新ヘアースタイル集

ページ上部へ戻る