閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

好みのカラーから選ぶ2016ロンドンコレクション30連発

ロンドンコレクションメンズの潜入レポートはこちら

〜【速報16AWロンドンコレクションメンズ1日目】イケ(てへん)メンでも分かる!〜
https://jooy.jp/26168

〜何でも2杯目くらいがちょうど良い!【速報16AWロンドンコレクションメンズ2日目】〜
https://jooy.jp/26286

〜3回くらいでコツつかむ!【速報16AWロンドンコレクションメンズ3日目】〜
https://jooy.jp/26524

〜家に帰るまでがコレクション!【速報16AWロンドンコレクションメンズ4日目】〜
https://jooy.jp/26779

目が色彩を感じる限り!ファッション好きなら「カラー」を楽しもうよ!

$(“”374928″”).click( (null, $(‘#headline374928’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374928″”)

「モノトーンカラー」や「ダークカラー」の組み合わせも良いけれど、やっぱりファッションはカラーで楽しむのが原点。

落ち着いたファッションも正解だけれども、カラーを取り入れたコーディネートも生き生きした印象を受けるはず。
白黒テレビのような世界なら別ですが、世の中はカラーで溢れています。

ほんで今回は、AW16ロンドンコレクションメンズで発表された最新コレクションを元に、カラーを取り入れたアイテムやスタイリングをご紹介します。

それぞれのカラーが持つ印象や意味も理解しつつ、「色合い」について探ってみましょう。

親切を連想するカラー!思いやりに飢えている今こそ「オレンジ」

$(“”374889″”).click( (null, $(‘#headline374889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374889″”)

オレンジカラーといえば、赤よりもちびっとソフトなイメージで、暖かみを感じるカラー。
自由を連想し、親切や深い知恵を印象づける色合いとされています。
現代社会の東京砂漠。みんな人の親切に飢えているはず。
やからこそオレンジカラーを取り入れてみましょう。それでこそハッピーカラーだ。

カラーと質感のダブルソフト!長めの毛先が特徴的

$(“”374951″”).click( (null, $(‘#headline374951’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374951″”)

鮮やですか原色に近いオレンジカラーを長い毛先の生地で表現。
そのまんまパンツとトップスとして仕上げています。トコどころに見られるブラックのテープがシルエットにメリハリを加える効果も。

ニットやからできる!計算されたランダム感が魅力

$(“”374972″”).click( (null, $(‘#headline374972’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374972″”)

ニットアイテムにオレンジカラーを取り入れながら、ホワイトやブラックも混ぜ合わせたカラーアイテム。
オレンジなのに、鮮やかすぎず、程よく混ざった多色がマイルドな印象に。
まさに何事も想定内。そないな計算しつくされた雰囲気を感じます。

落ち着きデザインの起爆剤!パッチワークはオレンジ

$(“”374979″”).click( (null, $(‘#headline374979’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374979″”)

カーキとブラックを組み合わせたミリタリーデザインに、オレンジカラーをプラス。
オレンジのアクセントがしっかりと機能し、退屈なカラーリングに表情を加えています。
若い新人を採用した会社のように、新しい風が生まれています。

何事もでっかく!オレンジカラーで顔をプリント

$(“”374988″”).click( (null, $(‘#headline374988’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374988″”)

Tシャツともなれば、デザインはインパクト勝負。
キャンバスに見立てて自由に書い殴りましょう。
オレンジカラーでアクセントとしてもキマリ!

だれがブルーって決めた?デニムオンデニムだってオレンジ

$(“”374992″”).click( (null, $(‘#headline374992’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374992″”)

デニム=インディゴでなければ、ブラックデニムでもおません。
オレンジカラーデニムであっても良いはず。
トレンドのデニムオンデニムも、この通りのオリジナリティー。

明暗を分けたのはツートーンカラー。オレンジとブラックで

$(“”374999″”).click( (null, $(‘#headline374999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374999″”)

ブルゾンをダークなブラックと明るいオレンジで組み合わせた、対比な色の組み合わせが印象的。
さらに、キャップなどの小物もオレンジでまとめて、暖ですかイメージがしるスタイリングに。
落ち着きはそのまんまに、強弱が感じられます。

アテンションプリーズ!好奇心の塊こそ「イエロー」

$(“”374893″”).click( (null, $(‘#headline374893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374893″”)

用心書きや道路標識にも使われるイエローカラーは、用心を引きつける効果があることで有名。
オノレに視線を集めたいのなら全身イエローで間違いなし。

さらに、イエローには集中力を高める効果があるってご存知やったか?
仕事をする前に15秒ほどイエローカラーを凝視することで集中力が高まるとか。
イエローの服を身につければ、会社のみんなの作業効率が高まるかもしれませんよ。

巨人ファンはごめんなさい!阪神タイガースカラーイエローアイテム

$(“”375009″”).click( (null, $(‘#headline375009’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375009″”)

スポーティーなコレクションで登場したのは、イエローカラーのストライプ。
ブラックと合わせれば、まさにタイガースカラー。
縦のストライプもしっかりとサマになっています。

休日に着ると、雨の日もハッピーになる!そないなダウンジャケット

$(“”375022″”).click( (null, $(‘#headline375022’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375022″”)

しっかりとしたボリュームで頼りがいのあるダウンジャケット。
カラーをイエローにするだけで、この明るさ。これで憂鬱な顔は似合いませんね。

裏地のムートンが暖かいちうわけだ。アウトドアスタイルもイエローで

$(“”375027″”).click( (null, $(‘#headline375027’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375027″”)

ウチもイエローカラーのアウター。
鮮やですかカラーと、裏地に使用された生成りのムートンがマッチした組み合わせ。
アウトドアでも明るいカラーは定番。イエローカラーで周りに笑顔を振りまきましょう。

柔らですかカラー。柔らですか質感

$(“”375031″”).click( (null, $(‘#headline375031’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375031″”)

モードな着こなしも、イエローカラーとして仕上げればこの印象。
クールさはそのまんまに、親しみやすさが加わっています。
シンプルなデザインで周りと差をつけるなら、カラーが決め手でしょう。

森を見てメンズも見る!癒しの効果バツグンの「グリーン」

$(“”374892″”).click( (null, $(‘#headline374892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374892″”)

グリーンは自然を連想する、まさに癒しのカラー。
そういえば、最近温泉旅行やキャンプに行ってへんなと言う方はグリーンカラーを身体が欲しているはず。

さらに、グリーンカラーは協調性を高めるカラーでもあります。
それでいて運気が向上!金運にも影響するんだとか。
今まで、グリーンカラーの評価を低く見積もっともっともっともっとった方、今からグリーンカラーのアイテムを買いに行きましょう。

ポップなキャラクターが魅力的!ボウズっぽく大人になるアイテム

$(“”375038″”).click( (null, $(‘#headline375038’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375038″”)

グリーンカラーをベースにしたスウェットアイテムは、キャラクターの顔を取り入れたキャッチーなデザイン。
ボウズから大人までウケを狙えること間違い無し。
注目せざる負えないほどの存在感を楽しみましょう。

アメリカ映画といえば、ベースボール観戦。

$(“”375044″”).click( (null, $(‘#headline375044’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375044″”)

野球観戦といえば、スタジアムジャンパー。
グリーンカラーでまとめたクールなアイテム。
癒し効果があるグリーンなら、ファン同士の争いごとも無くなるぐらいの効果が期待できる、、、でしょうか。

メンズでも取り入れてみよう!フェミニンな色合いがエメラルド

$(“”375047″”).click( (null, $(‘#headline375047’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375047″”)

ヒップホップなスタイルに、カラーを可愛らしいエメラルドグリーンでまとめたスタイリング。
ちょっと危険な匂いがするBボーイな服装も、カラー次第でここまで優しく仕上げられりますね。
さらに目立つので悪いこともできないはず。

まるでお菓子のようなマシュマロスリーブ発見!

$(“”375052″”).click( (null, $(‘#headline375052’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375052″”)

ウチも同じくエメラルドグリーンのトップス。
袖に付けられたソフトな触り心地のアイテムはグローブのディティール。
アイシングやマシュマロで作られたようなメルヘンデザインがインパクト大だ。

清涼感ハンパねぇ。清くキレイな空のような「ブルー」

$(“”374891″”).click( (null, $(‘#headline374891’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374891″”)

ブルーはメンズにとって味方にしたいカラーだ。
清潔感や爽やかさはブルーカラーが命。
ほんで、海や空を連想する規模の大きなカラーでもあります。
とにかく大きな器を持った男性になるためにも、冷静な気持ちにさせてくれるブルーカラーを積極的に取り入れてみましょう。

最初はさりげなくでもOK!そう、限りなく透明に近いぐらいに。

行くまで死ねるか!リオのカーニバル

$(“”375058″”).click( (null, $(‘#headline375058’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375058″”)

胸元に「Rio」と大きくプリントされたリオのカーニバル仕様のデザインスタイル。
フェザーをモチーフとしたパンツが何ともゴージャス。
幸せを運ぶ青い鳥とはこのことでしょうか。

ブルーとホワイトの組み合わせに勝てる爽快感はない

$(“”375072″”).click( (null, $(‘#headline375072’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375072″”)

ブルーカラーをベースにプリントデザインをしたトップスにホワイトのパンツの組み合わせ。
爽やですか印象には、ブルーとホワイトの組み合わせが最強説はやはり正しいようだ。

ブルーxオレンジこそ平和的

$(“”375078″”).click( (null, $(‘#headline375078’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375078″”)

タイトなシルエットでまとめた全身ブルーな着こなしにオレンジのグラフィックTシャツをコーディネート。

実はこの2つのカラーは対比色で、正反対の色合いだ。
やので組み合わせることで、よりお互いのカラーを強調し合う効果に。
目立つなら、この組み合わせ!ご参考に。

カラーもやっぱり素材ありき!洗い加工で落ち着き感プラス

$(“”375084″”).click( (null, $(‘#headline375084’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375084″”)

ブルーカラーをベースにデザインされたスポーティーなスウェットアイテム。
ここに洗い加工を加えてビンテージのような風合いを出すことで、この仕上がり。
適度な色抜けで、目立つと言うよりも控えめな印象に。カラーを自然体で取り入れたいなら、ビンテージ加工のアイテムを探してみるのもポイントだ。

トーンの使い方で、いぶし銀!

$(“”375087″”).click( (null, $(‘#headline375087’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375087″”)

同じようなブルーカラーでも、トーンと組み合わせを変えるだけで、この貫禄。
人生を知り尽くしたようなノスタルジック感を感じられます。
「トーンで遊ぶファッション」なんて表現すると、まさにファッショニスタな感覚だ。

柄で攻める!オーバーオールスタイル

$(“”375089″”).click( (null, $(‘#headline375089’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375089″”)

ブルーのカラーでチェック柄を作り上げたオーバーオールアイテム。
キルティングの生地と組み合わせることで、モコッとソフトに仕上がっています。
胸元のポケットも可愛らしいやね。

ファッションも命がけ!生命を感じる「レッド」

$(“”374894″”).click( (null, $(‘#headline374894’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374894″”)

情熱の赤!人の気持ちを高鳴らせる効果がある色であり、元気が出る色でもあります。
存在感も高く、ファッションに取り入れればアクセントとしての効果は絶大。

闘牛に振りまくレッドのムレータのように、まさにファッションも真剣勝負だ。

アジアンチックなドレスアップをオシャレに

$(“”375105″”).click( (null, $(‘#headline375105’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375105″”)

モンゴルで見られる民族衣装のディティールを取り入れたアイテム。
深みのあるレッドカラーと合わせることで、ゴージャス感あるデザインに仕上がっています。
さらにレッドカーペット色ともいえる上品なカラーだ。

雪山でこそ目立て!レッドカラーのアウターこそエンターテイナー

$(“”375220″”).click( (null, $(‘#headline375220’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375220″”)

ウィンターホワイトな雪の降る場所でも目立つ鮮やですかカラーがこのアウター。
フードもファー素材でしっかりと寒さをガード。
真っ白な雪景色にこのレッドカラーは目立つこと間違い無し。

カーキカラーから一歩先へ!レッドカラーのブルゾン

$(“”375224″”).click( (null, $(‘#headline375224’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375224″”)

MA-1やブルゾンのカラーはカーキやブラックがメイン。
それならレッドで作ってしまえば個性的なはず。
素材やファスナーを組み合わせて作られたブルゾンはストリートスタイルにピッタリ。

夕日を見ながら船で過ごす。そないな優雅なトップスアイテム

$(“”375226″”).click( (null, $(‘#headline375226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375226″”)

レッドカラーのニットで鮮やですかスタイリング。
胸元に大きく入ったロゴは「クルーズ」。
赤く染まった夕日をボートから眺めるようなクールなデザインだ。

インナーのように着る仕上げ!ロングシャツ

$(“”375228″”).click( (null, $(‘#headline375228’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375228″”)

ロングシャツもレッドカラーにすればバツグンの存在感。
面積が広い分、視線を集めること間違いなし。
シャツではありますが、インナーよりもアウターとして使用したい軽やですかアイテムだ。

1つよりも2つの方が良いちうわけだ。ダブルコートスタイル

$(“”375238″”).click( (null, $(‘#headline375238’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375238″”)

真っ赤なチェスターコートをアレンジしたアイテムは、ダブルの仕様が上品なアイテム。
ブラックを組み合わせれば、スポーティーさもブレンド。
勝負服として使うか、日常使いするかはあんはん次第。

スタジャンxコート。その答えがここにある

$(“”375240″”).click( (null, $(‘#headline375240’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375240″”)

スタジャンのロゴやカラーリングをモチーフに、コートとしてデザインに取り入れたアイテム。
コートの上品さと、スタジャンのカントリー感あるロゴがうまくマッチ。
これなら、スタジアム観戦も楽しくできるスタイリングができるはず。

どんな型にもはまりたくない!ヒラメキのまんま表現された「マルチカラー」

$(“”374895″”).click( (null, $(‘#headline374895’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”374895″”)

どのカラーにも属さない、多色使いのカラーこそ、マルチカラー。
たくはんのカラーが混ざり合ってできたコンビネーションが魅力的。
デザイン性ある組み合わせで個性をしっかりと引き出してくれます。

今日はオノレが主役!
それぐらい勝負の日には、マルチカラーのインパクト力を借りてみましょう。

パレットを投げつけたようなカラー配色で登場

$(“”375243″”).click( (null, $(‘#headline375243’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375243″”)

多様なカラーで表現されたパンツとトップスはまさにマルチカラー。
イエロー、グリーン、ブルーにオレンジと贅沢にカラーを採用。
これぐらい多色なら、実はどんなアイテムともマッチするって知ってました?

お任せください!デニムはマルチカラーの味方や

$(“”375257″”).click( (null, $(‘#headline375257’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375257″”)

マルチカラーのデザインアイテムとコーディネートするなら?
ブラックカラーも良いけれど、ここはデニムが自然体。
デニムはどんな色合いともマッチするので頭に入れておきましょう。

ファッションもアート!アートもファッション

$(“”375272″”).click( (null, $(‘#headline375272’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375272″”)

マルチカラーで、デジタルプリント生地を手がけたアイテム。
ここまで来れば、まさに着ることができるアート。
同じデザインちうカテゴリーでは、どちらも表現することは同じ。
モダンアートのように楽しみましょう。

モノトーンに逃げるなよ!カラーを吸収しよう

$(“”375274″”).click( (null, $(‘#headline375274’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”375274″”)

モノトーンファッションは、確かにクールでカッコイイですが、それはファッションの1割以下の世界。
無限に広がるカラーの組み合わせこそオシャレを楽しむ醍醐味だ。

それを楽しまないのは、レストランでメインディッシュを頼まないようなもの。

せっかくカラーを選べるファッションアイテム、オノレの好みのカラーから取り入れてみましょう。

【ロンドンコレクションメンズのストリートスナップはこちら】

〜英国紳士に習え!2016最新ロンドンストリートスナップ〜
https://jooy.jp/27024

〜【脱量産】おしゃれなロンドンのストリートスナップ調査〜
https://jooy.jp/26901

〜【2016撮り立て】ロンドンのラフでお洒落な大人カジュアルスナップ発信!〜
https://jooy.jp/27161

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【一人暮らしにおすすめの調理器具】恋人と選んでおしゃれキッチンを…

  2. 最近よく聞くエシカルって何?意味&おすすめブランド紹介!

  3. 【用心】気があるサインの6つの罠|男が勘違いしやすい女の行動はコ…

  4. ショートパンツで作る春夏女子モテコーデ50選|爽やかさ3割増で好…

  5. YDKって知ってる?やればできる子から「ほんまにデキる人」になろ…

  6. スープラスニーカー:機能性バツグンのスニーカーでスポーツミックス…

  7. 狂人、変人、天才?劇的復活を果たしたテクノモンスター Aphex…

  8. 好きな子とのLINEが続ですかい!今すぐ実践できる会話継続術&仲…

  9. 【胸キュン恋愛体験談】ドキドキするエピソードから恋愛で「勝ち組」…

  10. 加古川の最強居酒屋特集|デート向け個室から飲み放題まで地元在住ラ…

  11. 就職活動の自己PRで高校時代の経験を強みに変えるポイントと例文

  12. 【破滅】セックス依存症の恐ろしい真実とは|意味や原因を徹底解説!…

ページ上部へ戻る