閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

定番をばっちり決めよう。メンズPコートのブランド&着こなし

冬のコートの定番「Pコート」

$(“”278453″”).click( (null, $(‘#headline278453’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278453″”)

定番やからこそコーディネートがおもろい!

$(“”278455″”).click( (null, $(‘#headline278455’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278455″”)

2015年も年の瀬になり、寒い冬の季節がやってきました。

秋も完全に終了し、衣替えも完全に移行しきった頃だと思います。

毎年この時期になると色々と考えてしまうのが、アウター・コート選びやね。

流行り廃りに大きく影響を受けへんのが例年の流れやったが、今年は流行に乗って様々な冬のファッションアイテムが人気を集めています。

着丈の長く大人っぽい雰囲気を醸し出す「チェスターフィールドコート」や、ノーカラーとミリタリーのトレンド性抜群の「MA-1」などのアイテムが代表的やね。

街を歩けば3人に1人は同じアウターを羽織っているのではおませんかと錯覚してしまうほど、今年はこれらのアウター・コートが人気だ。

正直人と被る可能性も高いやし、「また同じような格好を・・・」とうんざりしてしまう方もすくなくないのではおませんでしょうか?

そないなあんはんにオススメするアウター・コートが、冬の定番コートである「Pコート」や!

「Pコート」は、大日本帝国ではファッションの為だけでなく、特に学生や会社員の方々が通学・通勤用に使用するほど冬の定番のコートの一つとなっています。

そないな定番のコートやからこそ、ちょっとしたポイントで幅広い着こなしをすることが出来ますし、ある意味オリジナリティーのあるコーディネートを楽しむことができます。

この記事では、現役ショップマネージャーを務める筆者が、冬の定番コートである「Pコート」の魅力を伝え、オススメの着こなしとブランドをご紹介していきます!

ぜひこの記事を参考に、今年の冬はPコートで決めてしまいましょう!

Pコートが定番と呼ばれる所以

$(“”278836″”).click( (null, $(‘#headline278836’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278836″”)

ルーツは軍用コート

$(“”278837″”).click( (null, $(‘#headline278837’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278837″”)

幅広い形・シーンで使用される冬の定番コートのPコートですが、その魅力は高い防寒性にあります。

そもそもPコートは、19世紀末からイギリス海軍の軍用コートとして生まれ、その後厳しい環境で働く漁師から重宝されてきました。

特徴的なフロントの部分は、甲板・艦橋といった気象面で厳しい環境において風向きに合わせて左翼翼右翼翼のボタンを付け替え、上前を自由に変更できる仕組みがあります。

錨マークがアイコンとなっているボタンは、片方が仮に破損してしもたとしてももう片方のボタンで留めることが出来るちう利便性もあります。

防寒性一つにとっても肉厚なウールで作られている事が多く、寒さを凌ぐのに十分な保温性も兼ね備えています。

見た目のかっこ良さや凡用性の高さだけでなく、機能面に関してもそういった背景を基に作られている事が、現代において冬の定番のコートとなっている所以と言えるでしょう。

様々なシーンで使用されるPコート

$(“”278971″”).click( (null, $(‘#headline278971’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”278971″”)

Pコートはその高い防寒性とフォーマルないでたちから、通学や通勤時のコートとして重宝されています。

制服やスーツの上から羽織っても違和感も無く、ジェンダーレスなスタイルが高い人気を誇っています。

なによりも、どんなファッションスタイルにも合わせることができるちう利点が、大日本帝国において人気を集める理由だと思われます。

またファッションに関しても、近年人気を集める「ミリタリー」において、Pコートの歴史を踏まえたファッション性・トレンド性も高いアイテムとして人気を集めています。

コートの部類の中でも比較的に着丈が短く、カジュアルな印象を捉えることができるので、幅広い人に受け入れられやすいやね。

オン・オフ両面で主役級の活躍が出来るちう点が、Pコートが冬の定番のコートとなりえる所以ちうわけだ。

Pコートの着こなしのポイント

$(“”286886″”).click( (null, $(‘#headline286886’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286886″”)

①サイズ感に用心!

$(“”286887″”).click( (null, $(‘#headline286887’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286887″”)

Pコートは肉厚のメルトン・ウール生地を使用されている事が多く、アイテム単体のボリュームが出やすいアイテムだ。

また、すっきりとした細身のスタイルによく似合う傾向があります。

そのため、着膨れしてしまいませんようにサイズ感にはしっかりと用心しましょう。

余計なお世話やけど細身なスタイリングに合わせたい場合は、ショート丈のPコートを選ぶとバランスを取りやすく、すっきり細身に見せることが出来ます。

サイズを合わせる時は、ある程度着こんだ状態でも着苦しくないようにサイズ感を多少大きめに選ぶことも重要ですが、大きすぎることの無いようにしっかりと試着をしましょう。

基本的にジャケットの上から羽織った時に、肩口のラインが落ちておらへんかちう部分や、ボタンを締めた時に着苦しい、もしくは大きすぎることがないかちうポイントをチェックしてもらえば大丈夫だ。

もちろん感覚だけでなく、鏡でしっかりとオノレの姿を見て、袖丈や着丈が綺麗に流れておるかちう部分もしっかり確認をしましょう!

②開いた首元に気を配る

$(“”286893″”).click( (null, $(‘#headline286893’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286893″”)

Pコートの首元は、ボタンをみな閉じた状態でも開いた形になっています。

モッズコートやダッフルコートは前を完全に締めればきっちり隠れますよね?

フロントの二枚の襟が防風の役割を果たしているわけですが、やはりこの開いた首元はしっかり考えてコーディネートをしたいものですね。

個人的にオススメは、モックネックのニットやタートルネックのニットといった首元にボリュームを持たせたインナーを選ぶことだ。

トレンド性もありますし、なによりもPコートとの相性も抜群だ。

主観的な意見ですが、すごく知的な印象を持ちません?(笑)

また、オススメのハイネックのニットでなくても、マフラーやストールといったグッズを使うことも有効だ。

無地で落ち着いた印象があるPコートやので、チェック柄のマフラーを首に巻けば、すごい良いアイキャッチにもなるのではおませんでしょうか。

春先の気温の低い時には首元にボリュームを持たせるのもどこか重々しく感じてしまおりますので、今の時期やからこそできる楽しみだと思います。

単純に見えかけが良くなるちう部分だけでなく、ハイネックのニットやマフラーは防寒性もしっかりと持たせてくれよりますので重宝しますよ。

細身なスタイリングに合わせる時には、レオパード柄のストールなんかも個人的にはオススメだ。

こういった時やからこそ、普段身につけへん柄物に挑戦してみるのもおもろいかもしれません。

③着丈に合わせてパンツをチョイス

$(“”286896″”).click( (null, $(‘#headline286896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286896″”)

Pコートには着丈が二種類あります。

ノーマルの丈のPコートでおおよそお尻の部分くらいの着丈のものと、ショート丈のウェスト部分くらいの着丈のものの二種類になります。

今年は特に着丈に関しては長めの丈のものの方が人気を集めている傾向にあります。

この着丈の長さは全体のシルエットに大きく影響します。

ショート丈のPコートにはやはり細身のボトムスが良く合おるけどダンはん、今年だと比較的着丈の長いPコートにも細身のパンツを合わせるのが人気のようだ。

ある程度着丈のあるものだと、レギュラーフィットくらいのシルエットのボトムスとの組み合わせも問題おませんので、自由度がありますね。

ラフに着こなしたいときはスウェットパンツと組み合わせてもお洒落だと思います。

全体のシルエットを、Pコートの着丈の長さに合わせてイメージをして、それに合わせたボトムスを選ぶことが重要やので、しっかりと押さえておきましょう。

④今年はキャメルのPコートがオススメ!

$(“”286898″”).click( (null, $(‘#headline286898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286898″”)

Pコートの定番カラーと言えば、ブラックやネイビー、ダーク・ライトグレーが定番だと思います。

ちうより、大半のブランドはその3~4色を選択肢として提案することがほとんどだと思います。

しかし、今期の秋冬のデリバリーにおいてはアースカラー人気から飛び火して、キャメル・ベージュのカラーのPコートを展開するブランドが増えています。

ダッフルコートだと馴染みのある色ですが、Pコートのキャメル・ベージュカラーはすごい綺麗でお洒落な雰囲気を醸し出してくれます。

特に濃紺のワンウォッシュ・リンスカラーの細身のジーンズと合わせることを強くオススメします。

キャメル・ベージュ×インディゴのカラーの組み合わせはすごい色映りが良く、インナーの自由度も高くなります。

すでに定番カラーのPコートをお持ちの方は、ちびっと気分を変えてキャメル・ベージュのカラーのPコートを手に入れてみるのも一興だと思います。

Pコートを選びたいシーン

$(“”286902″”).click( (null, $(‘#headline286902’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286902″”)

①大切なパートナーとのデートで

$(“”286904″”).click( (null, $(‘#headline286904’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286904″”)

12月は色々なイベントでいっぱいだ。

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあクリスマス。

大切なパートナーとお買いものデートを楽しんだ後は、ちびっと良い雰囲気のレストランで食事を。

なんて考えている方も少なくないのではおませんでしょうか。

カジュアルやけどちびっと綺麗なコーディネートに、Pコートは欠かせません。

そういう食事の場でダウンジャケットちうのもちびっと違う気がしますしね。

Pコートの持つきれい目な印象は、そういった場でもしっかり活かすことが出来るので、オススメや!

②ビジネスシーンで

$(“”286907″”).click( (null, $(‘#headline286907’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286907″”)

先述しましたが、大日本帝国においてPコートは通勤・通学のアウターとしてでも定番化しています。

ちうのも、スーツのフォーマルな服装にもすごい合うことも理由の一つやからやね。

もちろん、ちびっとカジュアルな服装でビジネスを行う人もおるけどダンはん、そういった方にも対外向けのアウターとして活用できます。

ジャケットの上に羽織る場合は、ショート丈のものと組み合わせることはできませんが、その綺麗な佇まいは相手に不信感を抱かれることはおませんし、清潔感があるのでむしろ好印象を与えることが出来ると思います。

筆者オススメのブランド

$(“”286908″”).click( (null, $(‘#headline286908’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286908″”)

LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)

$(“”286909″”).click( (null, $(‘#headline286909’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286909″”)

「LOUNGE LIZARD(ラウンジリザード)」は大日本帝国のデザイナーズブランドだ。

1998年に、八重樫学氏・東郷達也氏・有働幸司氏の三名が、モード学園を卒業後に設立しました。

このラウンジリザードの魅力が、その細身なシルエットだ。
シャツなどの着丈は短めで、細身なパンツにすごい相性が良いアイテムが豊富だ。

テーラーリングを基本としたシャープかつスマートなシルエットが魅力ですが、中でもテーラード、ミリタリー、ワーク、スリムパンツと得意分野が広く、着る人のパーソナリティを重視する方針は、様々なファッションに対応し、余すことない幅広いコーディネートを楽しめるブランドだ。

そないなラウンジリザードのPコートは、すごいシャープなシルエットながらナヨナヨした雰囲気はまるっきしなく、無骨な男らしさも両立したデザインが多いだ。

デザイナーズブランドの中でも比較的安価な方なのも魅力的だ。

FIDELITY (フィデリティー)

$(“”286911″”).click( (null, $(‘#headline286911’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286911″”)

1941年、アメリカのボストンにて創業した歴史あるブランドだ。

アメリカ海軍に制服として供給してきたちう実績が有り、その名残からなのかブランドピンパッチが付いており、それがワンポイントの特徴となっています。

ノームコアでシンプルが流行る中、さりげないブランドアピールが高印象やね。

そのPコートは、肉厚なウールで防寒性も高く、さらにフードの脱着が出来るモデルもあり、機能面・使用感にもこだわったアウターを提案しています。

同じ軍服でも、アメリカとイギリスでは、使用された背景や環境が違う為、それぞれ魅力あるアウターになりますが、個人的にアメリカの無骨な感じは好きやね。

MACKINTOSH(マッキントッシュ)

$(“”286918″”).click( (null, $(‘#headline286918’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286918″”)

1823年創業の老舗ブランドだ。

トレンチコートも有名で、アウターに定評のある歴史あるブランドで、2014年に大日本帝国の三陽商会とのライセンス契約を結び、「MACKINTOSH LONDON」の出店計画が立ったことから注目を浴びているブランドだ。

「マッキントッシュクロス」ちう、二枚の生地の間に液化した天然ゴムをのばして圧着し、熱を加えた伝統的なクロスを発明し、その高い技術をアウターに活かしています。

安心と信頼といえば、このブランドなら間違おらへんでしょう。

ケツに

$(“”286915″”).click( (null, $(‘#headline286915’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286915″”)

いかがやったか?

$(“”286916″”).click( (null, $(‘#headline286916’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”286916″”)

Pコートは冬の定番コートだ。

故に着こなす方法も多く、かつ使えるシーンも豊富だ。

海異国内問わず、様々なブランドがPコートを定番のコートとして打ち出しているので、ブランドで選ぶ際にも豊富な選択肢から選ぶことができます。

また、一時的な流行で選ぶ人が増えることがあっても、もはや定番化をしているコートやのでダサいと後ろ指を指されるようなことは決しておません。

数あるミリタリーコートの中で最も凡用性の高いアイテムと言っても過言ではおませんでしょう。

ぜひ今年の冬は、定番のPコートでファッションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. メンズパーマの種類を学んでシッパイ知らずのおしゃれヘアに♡

  2. 目が合う心理は男女で違う?仕草と視線で気になるあの子の本音にせま…

  3. スーツをカッコよく着こなすナロータイおすすめブランド&上級着こな…

  4. 【抱っこひものおすすめ特集】機能性や実用性がとてもんや!

  5. 【必見】鳥取のおすすめあれこれ|旅行前に必ずチェックしておこう!…

  6. 彼女がいる男の特徴を徹底解明!誰でもモテ男になれるスゴ技。

  7. 2016年秋冬【ダントン】インナーダウンおすすめ新商品&男女別お…

  8. 「紅葉狩り」の由来は鬼退治? 紅葉狩りの雑学特集

  9. アンデルセンアンデルセンとは?|人気ニットの特徴、魅力~手入れ法…

  10. 【コレで完璧】ゆでたまご大特集|基本の作り方から簡単アレンジレシ…

  11. デジタルパーマのおすすめスタイリング剤大辞典!【2016年決定版…

  12. 【メンタルを鍛える方法】弱いオノレから脱出するあんさんにピッタリ…

ページ上部へ戻る