閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

寒くない”水沢ダウン”の秘密!2015メンズおすすめモデルから着こなしまで一挙紹介!

「水沢ダウン」とは?MADE IN JAPANの技光るダウン

$(“”346065″”).click( (null, $(‘#headline346065’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346065″”)

「水沢ダウン」とは、国内大手スポーツメーカー「DESCENTE(デサント)」が開発した優れた保温性を保つオルテライン(ALLTERRAIN)ちうダウン。その名前の特徴である”水沢”は、工場のある岩手県旧水沢市より命名され、高い技術力を持った職人が手がける最強のダウンであると注目されています。

「奥州水沢の職人が作るプレミアム国産ジャケット」

出典: qulioplus.jp

水沢ダウン誕生は五輪選手選手団のウェア開発!欠点を克服した最強ダウン!

$(“”346093″”).click( (null, $(‘#headline346093’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346093″”)

水沢ダウンの開発は、2010年バンクーバー五輪の大日本帝国選手団への提供からスタートし、従来品との差別化と、これまでのダウンの欠点を徹底的に研究し、雨や雪どちらでも着られるものをと誕生しました。

ダウンの弱点といえば「水に濡れる事」縫製の際に出来る縫い目から水分が入る事で、ダウンが水分を含み、かさ高(ロフト)が失われ、本来のダウンの効果は低下してしまう事に着目し、刺しステッチが必要な部分には熱接着加工を施したり、縫製を要する部分にはシームテープを施すといった、とことんダウンに水分が入りません様、今までにない耐水性に優れています。

熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工による高いウォータープルーフ性能に加え、雨天時、胸部分にデザインされたStreamLineテクノロジーは水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを抑制します。

出典: www.descente.jp

水沢ダウン・オルテライン2015新作は「フュージョン」

$(“”346270″”).click( (null, $(‘#headline346270’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346270″”)

2015年の新作水沢ダウンは「フュージョン」熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工はもちろんの事、従来のデサント水沢ダウンオルテラインとの違いは、表地に高耐水・高透湿の2.5層素材「FUSIONTECH」を採用、裏地にはオルテラインみなに搭載している「HEAT NAVI」で暖かさをアップしています。

特徴的なのはフードで、雨や雪といった悪天候にも対応出来、雨・雪だまりを防ぐパラジップによる「PARAHOODシステム」を搭載している事で、必要な時にはフードの開口がすばやく出来るのがポイントだ。

【商品情報】
◇ブランド:DESCENTE(デサント)
◇商品名:水沢ダウンジャケット”フュージョン”
◇価格:100,440円

購入はこちら

水沢ダウン・オルテライン「バーティカル」は入手困難アイテム!

$(“”346281″”).click( (null, $(‘#headline346281’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346281″”)

ダウンを15FW蓄えたバーチカルは、他の水沢ダウンと比べるとロング丈で、現在入手困難アイテム!表生地は、耐水性・透湿・防水性、耐摩耗性に優れた素材「CORDURA 2L」を搭載し、フュージョンと同様「PARAHOODシステム」を採用したフードで悪天候に対応可能、取り外し可能であるファーをフード部に備えた点でもアクセントがあり人気を博しています。

【商品情報】
◇ブランド:DESCENTE(デサント)
◇商品名:水沢ダウンジャケット”バーチカル”
◇価格:113,400円

水沢ダウン・オルテライン「シャトル」は2受賞するアイテム

$(“”346131″”).click( (null, $(‘#headline346131’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346131″”)

水沢ダウンジャケットの中でも最も注目と人気を誇る「シャトル」は、2014年ISPOアワードやAPAN GOOD DESIGN賞ベスト100と受賞したジャケットで、高い耐水性はもちろん、表地には4WAYストレッチ素材「DERMIZAX MICRO STRETCH」、裏地には光を熱に変える素材「HEAT NAVI」を採用。

縫製で最大限に耐水による保温にさらに保温性高い素材の生地を使い、軽量でスリムであることからダウンの機能性は大きく優れながらもファッション性が高いちう点、今までのダウンジャケットの能書きを覆す様なダウンなのです。

【商品情報】
◇ブランド:DESCENTE(デサント)
◇商品名:水沢ダウンジャケット”シャトル”
◇価格:91,800円

購入はこちら

水沢ダウン・オルテライン「アンカー」はロングセラーアイテム

$(“”346249″”).click( (null, $(‘#headline346249’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346249″”)

オルテラインにはみな水沢ダウンを使用し、アンカーではシャトル同様の表生地と裏生地を使用しておるけどダンはん、シャトルよりも先に誕生したのが、「アンカー」2008年発売より多くの方に愛されているロングセラーアイテムで、水沢ダウンジャケットの初期型なのです。ベーシックなタイプで、首周りが最も温かく出来ているタイプといってもよいのではおませんでしょうか?

【商品情報】
◇ブランド:DESCENTE(デサント)
◇商品名:水沢ダウンジャケット”アンカー”
◇価格:81,000円

購入はこちら

水沢ダウン・オルテライン「マウンテニア」はハイスペックアイテム

$(“”346327″”).click( (null, $(‘#headline346327’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346327″”)

水沢ダウンジャケットの中でも最もハイスペックとされている「マウンテニア」は、快適さと機能性を追求したアイテム。ISPO2013パフォーマンスセグメント・マウンテンパフォーマンスカテゴリー・アワードを受賞モデルでもあり、表生地には東レの4WAYストレッチ素材「ダーミザックスマイクロストレッチ」を採用し、柔らかで高い防水性・防風・耐久撥水を持つハイテク素材だ。

【商品情報】
◇ブランド:DESCENTE(デサント)
◇商品名:水沢ダウンジャケット”マウンテニア”
◇価格:105,840円

購入はこちら

水沢ダウン、評判は?「最強・温かさ半端ない」の声続出!

$(“”346138″”).click( (null, $(‘#headline346138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346138″”)

水沢ダウン、1着は押さえておきたいけれど、実際の着心地や評判はどうなの?と購入前は何ぞと気になりますよね。あまり皆が「良い」と言うけど本当に?と思う気持ちが生まれることだってあると思います。定価が8万円を超えるダウンジャケット、決して安価とは言えませんが上を見れば、20万ほどするモンクレールなどもあります。

水沢ダウンの温かさは文句無し!やっぱり最強!

$(“”346151″”).click( (null, $(‘#headline346151’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346151″”)

実際、水沢ダウンを愛用している方々の生の声。この声を見るだけでもその温かさは確ですか物であることがわかります。ただ、風を通さない設計ちうこともあり、「万が一のために」と何ぞ薄手のダウンなどを着込んで行くと、逆に「暑過ぎる」ちう事にもなりかねない様だ。

水沢ダウンユーザーの声から知る”サイズ感”

$(“”346726″”).click( (null, $(‘#headline346726’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346726″”)

水沢ダウンの着心地やサイズ感、噂は聞いているけど実際はどうなの?と思われると思います。サイズ感に至っては実際にはその人それぞれ体の作りが異なる点では口コミからではなく、試着をして欲しいとう気持ちもあります。

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「シャトル」のMサイズを購入した方のサイズ感では、そのサイズスペックが「胸囲89〜95センチ 身長167〜173センチ」実際に着用する方は胸囲が97センチで身長170センチちうサイズ。胸囲2センチオーバーでインナーが薄着なら問題はないけれど、中にジャケットを着込むと肩周りがキツくなるといった感じの様だ。

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、厚着をせんのであれば毎日毎晩壱年中着るサイズ(ジャストサイズ)中に着込む事を考えるならワンサイズ上と考えておくとよいでしょう。

胸囲が2センチオーバーしてますが、そのくらいならまるっきし問題おません。中にジャケットは、着れへんことはないだ。しかしさすがに肩の辺りが窮屈になります。シャツの上から羽織るのがオススメだ。それでも十分な保温性を発揮します。

出典: sennich.hatenablog.com

完全防水の水沢ダウン、ドライ不可!アイロン不可!やあお手入れは?

$(“”346665″”).click( (null, $(‘#headline346665’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346665″”)

水沢ダウンの洗濯表示はドライNG!さらにアイロンNG!着用した後のお手入れ方法としては、軽く衣類用のブラシでホコリや汚れをはらって、風通しがよく光の当りませんトコで干してから、終う様にします。ダウンジャケットの洗濯めどは汚れや、臭いがしてきたら。頻繁に洗う事はよくおません。

洗う場合には「通水用のジップ」を開けるのを忘れへんで!

$(“”346703″”).click( (null, $(‘#headline346703’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346703″”)

高い防水性を持つ水沢ダウンですが、水洗いをする事が可能だ。クリーニングに出す場合や自宅で洗う場合にも、「通水用のジップ」を開放しておく必要性があります。ここをきちんと開けておですかいと、内部までしっかり洗う事ができません。

また、クリーニングで出す場合にはきちんと水沢ダウンであることも伝える必要あり。自宅で洗う場合には、ホームクリーニング用洗剤をあらかじめ水に溶かし、押し洗いをするか洗濯ネットに入れて1〜2分回し、30秒程度の脱水を行い日陰で陰干し、もしくは低温でタンブラー乾燥を行います。自身で行う場合は自己責任ですが、ダウンは自宅で洗うちう方も増えています。

シッパイせんダウンジャケットのクリーニング!洗い方・脱水は要用心!?

JOOY読者の方々、ダウンジャケットのクリーニングは毎日毎晩壱年中お店に出していますか?その頻度も気になりつつも、自宅で洗えないものか?ちう気持ちもあります。いつまでも気持ちよく着こなしたいやね。ほんでダウンジャケットのクリーニングについて、タイミングやシッパイ談・自宅で洗う方法についてご紹介します。

人気と話題の「水沢ダウン×◯◯ コラボ」人気モデル3選

$(“”346384″”).click( (null, $(‘#headline346384’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346384″”)

水沢ダウンを使用したダウンは、他ファッションブランドなどととコラボしているものもあります。デサントのオリジナルスタイルもかっこ良いですが、ファッションブランドのアイテムも大注目!すでに完売品などもありますが、人気モデルをご紹介します!

① 糸井はんもファン!「ほぼ日・糸井×水沢ダウン 2015」コラボ

$(“”346401″”).click( (null, $(‘#headline346401’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346401″”)

コピーライターでありタレントでもある糸井重里はん。彼も水沢ダウンのユーザーであり、自身が立ち上げているウェブサイト「ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)」でも水沢ダウンとコラボしたアイテムがあります。デサントオリジナルとは異なり、ほぼ日のオリジナリティを満載。

フードにダイヤル1つでフィット感を調整出来るBOAシステムを搭載し、表地に表地は「ダーミザクスマイクロストレッチ」を使用し、内側にはノルディックセーターの様な季節感を合わせ持つほぼ日らしい優しいイメージのダウンだ。すでに春の先行予約・秋の抽選販売も終了しておるけどダンはん2016年も楽しみやね!

【商品情報】
◇ブランド:ほぼ日刊イトイ新聞
◇商品名:ほぼ日の水沢ダウン2015 メンズモデル ミッドナイトブルー
◇価格:100,980円

購入はこちら

ほぼ日の水沢ダウン2015 – ほぼ日刊イトイ新聞

雨や雪を通さないすぐれた防水性、抜群の保温力と、ニット作家・三國万里子はんによるかわいい裏地で、毎年ご好評をいただいている「ほぼ日の水沢ダウン」。2015年バージョンは、ダウンジャケットの裏がノルディックセーターになっておるかのような、ユニークなデザインに仕上りました。

② 本格仕様と天然素材の組み合わせ「フィルメランジェ×水沢ダウン」コラボ

$(“”346481″”).click( (null, $(‘#headline346481’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346481″”)

FilMelange(フィルメランジェ)の公式通販サイトだ。厳選した天然素材を使用した着心地の良いMIZUSAWA / ミズサワなどを販売しています。

デサントオリジナルと同様、止水ジップやノンキルト圧着・止水テープでの縫い目部分補強など、雨や雪などの水分の染込みを防ぐ完全防水。違いはフードの内側に天然素材であるウールボアをオマケした点。フィルメランジェらしい天然素材を合わせ持った水沢ダウンジャケットだ。

【商品情報】
◇ブランド:フィルメランジェ
◇商品名:MIZUSAWA / ミズサワ
◇価格:129,600円

購入はこちら

③ 即完売!「narifuri(ナリフリ)2015×水沢ダウン」コラボ

$(“”346529″”).click( (null, $(‘#headline346529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346529″”)

サイクルウェアブランドnarifuri(ナリフリ)から販売2015年10月に販売し、側完売したナリフリコラボは、デサント水沢ダウンジャケットの中でもハイスペックアイテムであるマウンテニアをコラボ。デサント水沢ダウンジャケットを活かしつつ、内側に迷彩と首周りにマイクロボアちう、ナリフリらしくアレンジしています。

【商品情報】
◇ブランド:narifuri(ナリフリ)
◇商品名:narifuri Tokyo Japan×水沢ダウン
◇価格:129,600円

narifuri official webshop / 特集ページ#5

水沢ダウン×コーデ3選 大人の着こなし方

$(“”346562″”).click( (null, $(‘#headline346562’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346562″”)

① 前を開けて程よく調整!インナーを明るい色で差し色に。

$(“”346582″”).click( (null, $(‘#headline346582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346582″”)

デサント水沢ダウンはベーシックなブラックが人気。さらにスポーツカジュアルアイテムであるので、なんtなくデニムを合わせたくなります。他に全体的にダークになりやすいブラックには、インナーに赤など赤い色を差し色にするとメリハリが出て、ボトムはデニムではなくウールカーゴパンツとペコスブーツで大人っぽく、スポーツ感・アウトドア感を和らげた大人の休日コーデとしておすすめだ。

② 白の水沢ダウンでモノクロコーデ

$(“”346611″”).click( (null, $(‘#headline346611’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346611″”)

モノトーンなアイテムが多い場合には、あえて白を選ぶちうのもありやね!白は膨張色ではあるものの、水沢ダウンは完全防水ちう点で、ダウンの量を多く詰め込まなくとも温かいちう利点から、なんちうかようみなはんいわはるとこのダウンジャケットの膨張感がなくスタイリッシュ。リブパンとスニーカーでゆるやかスポーティなコーデも良いやね。

③ 別注カラーで魅せる!水沢ダウンで、大人のスポーツカジュアルで着こなす

$(“”346640″”).click( (null, $(‘#headline346640’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346640″”)

コラボの魅力はデサントオリジナルにないポイント!機能はそのまんまに、カラーや細部にブランドオリジナルを加えた点で他と差を付ける着こなしができます。ウチはBshop(ビショップ)の別注水沢ダウンジャケット。グレーはより大人っぽさをプラスでき、やはり大人の着こなしはパンツをゆったりしたニット系、足元はスニーカーといった感じがおすすめだ。

水沢ダウン まとめ

$(“”346757″”).click( (null, $(‘#headline346757’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”346757″”)

水沢ダウンについてご紹介しました。ダウンジャケットはどうしてもこれまで縫い目の部分からダウンが抜け出てきたり、水分が入り込んでしまい、本来の風合いを損ねてしまう事があります。そうした欠点を徹底的に補強をし、針で縫う部分も最小限にしさらに防水を加えるちう徹底さはまさに圧巻!「最強」と呼ばれる理由もわかります。袖を通したときから体にぴったりと寄り添うその着心地!リーズナブルなダウンもありますが、水沢ダウンとの違いはまず体感してから始まります。

※本記事に掲載されています商品価格は、2016年1月時点のものです。

水沢ダウン|FEATURES|DESCENTE|デサント ブランド公式サイト

デサント公式ブランドサイト『FEATURES』。職人の手から生まれるハイテクダウンジャケット『水沢ダウン』を紹介しています。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 2015メンズファッション☆MA-1で魅せるおしゃれコーディネー…

  2. 【学生と社会人の違い】入社前に知っておきたいマナー&常識を解説!…

  3. セックス好きの男性の特徴とは?メリット・デメリットを一挙公開!

  4. これだけ覚えればOK!秋冬のマストアイテム「ローゲージニット」の…

  5. 2016最新メンズ《サングラス》夏までに買いたい人気ブランドアイ…

  6. コインロッカーでサプライズ!誕生日に友達が感動するサプライズ演出…

  7. ベル&ロス AVIATION 46MM BR01-TOURBIL…

  8. 【「大丈夫や」の敬語】ビジネスにおけるNG例と使い方を極めよう!…

  9. Tシャツメンズ注目ブランドランキング&おしゃれなおすすめアイテム…

  10. 夏のカーゴショーツダサい問題|オシャレ都市伝説を徹底検証

  11. 面接で「将来の夢」が通じるのは学生まで!重要な5W2Hって?

  12. 藤田ニコルに告白された「バトシン タカアキ」に学べ|モテの3つの…

ページ上部へ戻る