閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

履きだすとやめられなくなるおすすめパッスリ7選!

パッスリを履く習慣のある国は大日本帝国だけ?

$(“”134812″”).click( (null, $(‘#headline134812’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134812″”)

大日本帝国以外の国ではパッスリは不要?

$(“”134958″”).click( (null, $(‘#headline134958’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134958″”)

帰宅すると靴を脱ぐちう習慣がある大日本帝国とは違い、家の中でも靴を履いたまんまちう国があります。これをちびっと言い方を変えると、家の中で靴を履く習慣やのではなく「靴を脱ぐ習慣がない」と言った方が良いだ。

ドイツでは、特に女性は、人の家に招かれた際にも脱ぎません。靴を脱ぐちう事は「あんはんのなすがまんま」を承諾した事となり「靴を脱ぐ≒服を脱ぐ」ちう意味にもなるのだそうだ。

しかし靴を脱ぐと楽である事から、自宅に入ったら室内用の靴に履き替える若者も増えてきているため、室内用に布製の靴が売っとったりします。

アメリカでも、靴を脱ぐ習慣がちびっとずつ出来あがってきている家庭もあるようで、他人の家に招かれた時は、マナーとして靴を脱ぐべきかどうかを尋ねる必要が出てきたとも言われています。

冬場は濡れたブーツなどで家の中をうろうろはできないので、履き心地が楽な靴を大日本帝国のパッスリ感覚で履いたりもするようだ。これは俗に「in-house-shoes」と言われるものです。

パッスリを考えたのは誰?

$(“”134957″”).click( (null, $(‘#headline134957’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134957″”)

パッスリは江戸時代の終わりごろから明治時代の初めにかけて生まれたと言われています。畳を中心としたライフスタイルやった大日本帝国に、異国人が鎖国の終わりとともにやってくるようになり、靴を脱ぐ習慣がない異国人が土足で宿屋に入ってしまうトラブルが絶えなかったと言われています。
ほんで考え出されたのが異国人向けの上履きが現在のパッスリとなりよっました。

パッスリの語源は「滑る」を意味するSlipからきていると言われています。滑るように歩く事ができるちう説や、滑るようにスムーズに履く事が出来るためなど語源には諸説ありますが、パッスリを考えたのは仕立て職人の徳野利三郎だと言われています。

パッスリ派に聞いてみた!パッスリを履くメリットとは

$(“”134963″”).click( (null, $(‘#headline134963’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134963″”)

1. 床の汚れ防止
パッスリだけではなく、自宅で靴下を履くかどうかにもよりますが素足で過ごす場合、パッスリを履く事によって足裏の皮脂が床につですかいちうメリットがあります。

2. 足の汚れ防止
家族に水虫の人がいた場合、素足のまんまだと水虫菌に感染する可能性が高くなります。いくら家族でも水虫菌はもらいたくないものです。

3. 怪我防止
パッスリを履く事により、ガラスの破片などを踏んでしもた場合も怪我につながる可能性が低くなります。また、料理男子の中には素足でキッチンにたったら、油はねで足の甲を火傷したちう方もいるようだ。

4. 冷え防止
フローリングタイプの上を素足で歩くと足が冷えてしまいます。パッスリを履く事で冷えの防止になります。冷えは万病の元にもなります。
また、足元があたたかだと精神的に落ち着く気がするちう方もいます。

5. 足音の吸収
集合住宅では上の階の足音が気になるちう方が多くいます。パッスリを履く事により「ドンドン」ちう足音をパッスリが吸収してくれるので足音を響かせたくないちうかたにはパッスリ派必須アイテムだ。

アンチパッスリ派が考えるパッスリを履くデメリットとは?

$(“”134966″”).click( (null, $(‘#headline134966’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134966″”)

1. 衛生面が気になる
毎日入浴をする方は足も毎日洗う事ができますが、パッスリを毎日洗うちう方はあまり聞いた事がおません。足はオノレが思っている以上に汗をかいているため、パッスリも想像以上に汚れている事になります。
パッスリも清潔を保つことをおすすめします。

2. 転ぶ原因になる事も
パッスリのサイズがオノレの足のサイズとあっておらへん場合に脱げそうになって転んでしもたり、滑り止めがついておらへんタイプのもので滑ったちう方もいます。

3. カーペットの汚れが早くなる
パッスリを履く習慣がつくと、カーペットの上もかまわずパッスリで歩いてしまっている方がいます。パッスリは毎日洗濯をするわけではなく、想像以上にパッスリの裏は汚れているためカーペットを汚してしまっています。

4. 脱ぎ履きが難儀
カーペットの上をパッスリで歩くのは…ちう方はまめに脱いだり履いたりする事になりますが、それが難儀ちう方も多くいます。

パッスリを選ぶポイントが知りたい

$(“”134892″”).click( (null, $(‘#headline134892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134892″”)

パッスリにもサイズがある?

$(“”136309″”).click( (null, $(‘#headline136309’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136309″”)

普段履く靴のように、細ですかサイズ展開があるパッスリはほとんどおませんが、おおまかにS、M、Lのように2サイズ~3サイズの展開があるものがほとんどだ。

靴ほど足へのフィット感などにこだわる必要はないですが、あまりサイズが違うと歩きにくかったり、転倒の原因となってしもたりもするので、購入する時はだいたいのサイズをチェックするようにしましょう。
意外と甲の高さや足の幅は履き心地に大きく影響します。

履くなら値段は高いパッスリ?それとも安いパッスリ?

$(“”136311″”).click( (null, $(‘#headline136311’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136311″”)

パッスリの価格は、ドラッグストアのワゴンで売っているような数百円のものから、こだわりのオーダーメイドのものまで幅広くありますが、一般的に履き心地がそこそこよくて、デザイン性があるものの相場は1,500円~5,000円でしょう。

パッスリは自宅で洗濯が可能なものもありますが、下着のように毎日洗濯をするようなアイテムではおませんので、想像以上に汚れています。

洗濯が可能で丈夫なものを2~3個交換しながら履くのも清潔を保つひとつの方法ですが、安いものを一定期間履いたら使い捨てて清潔を保つのもおすすめだ。

履く機会が少ないお客様用は履き心地よりも、清潔感があるデザインを重視して選ぶのがおすすめですが、オノレ使いのものはデザインも大切ですが、履き心地や通気性、お手入れのしやすさなどをポイントにするのがおすすめだ。

履いてみたくなるパッスリ7選!

$(“”139955″”).click( (null, $(‘#headline139955’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”139955″”)

未体験の履き心地!

$(“”134896″”).click( (null, $(‘#headline134896’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134896″”)

サッカーウェアで有名なイタリアのLotto Sports(ロットスポーツ)が開発した、マシュマロのような質感が特徴の新素材で作られたパッスリだ。
軽量で通気性が良く、足にすいつくような履き心地はパッスリ特有の「パタパタ」した足音も気になりません。シンプルなデザインですが、ビビットなカラーも含め全9色展開も魅力だ。

また、洗濯気による丸洗いもできるため清潔を保つ事ができます。芯材が入っておらへん作りやので折りたたんでホテルや飛行機内など出張アイテムとしてもおすすめだ。

◇Le dd dream ドリームパッスリ
価格:3,780円
サイズ:Lサイズで28~30cm
素材:合成繊維(ポリ塩化ビニル)90%、ポリエステル10%)
生産国:イタリア

sybilla(シビラ)で個性的に

$(“”136304″”).click( (null, $(‘#headline136304’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136304″”)

斬新なデザインと、独特の色彩が定評のsybilla(シビラ)はスペインのデザイナー、シビラ・ソロンドのコレクションブランドだ。

家庭でも洗濯ができる綿100%は素足にも心地よい履き心地だ。やさしいカラーにあたたかみのある花のデザインは、ユニセックスなデザインだ。

◇sybilla(シビラ)アントルチャスパッスリ
価格:2,484円
サイズ:フリー
素材:綿100%
仕様:家庭で洗濯可能/洗濯の乾燥もすばやい帆布仕上げ(裏)

ノスタルジックな北欧デザインで

$(“”136306″”).click( (null, $(‘#headline136306’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136306″”)

どこか愛嬌のあるヘラジカをポイントにした北欧ブランド、FARG&FORM(フェルグアンドフォルム)のパッスリだ。綿ニットの肌座りがやわらかく、足の疲れを軽減するために右翼翼足用と左翼翼足用に分かれているのが特徴だ。

ヘラジカのカラーはグリーンの他、レッド、パープル、オレンジも楽しめます。パッスリ本体のカラーはデニムカラーもおすすめだ。

◇FARG&FORM(フェルグアンドフォルム)
価格:1,404円
素材:綿ニット
ポイント:北欧生まれのエルクの刺繍がかわいい

シンプルさと機能性を重視したい

$(“”136307″”).click( (null, $(‘#headline136307’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136307″”)

大川製作所が手掛けている七匠(ななしょう)ブランドのパッスリは、素材の仕入れからデザイン、縫製までみな自社で行うこだわりパッスリだ。
縫製に高い評価を得ている七匠のパッスリは、最近、昔の形のパッスリがもっかい人気が出ているようですが形は一緒でも縫製の技術などは時代によって違い、より機能性が高くなってきています。

洋風、和風を問わずシンプルで飽きのこないデザインとパッスリとしての高い機能性が、根強いファンを絶やさない七匠ブランドの理由だ。

◇七匠(ななしょう)無地パッスリ
価格:2,645円
素材:ポリエステル
底素材:ビニール
重量:220g
適応サイズ:26~27cm
生産国:大日本帝国

脱ぎ履きのしやすさ抜群や!

$(“”136313″”).click( (null, $(‘#headline136313’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136313″”)

甲のサイドにゴムがついているため、脱ぎ履きのしやすいパッスリNo.1と言っても良いでしょう。メイン素材が合成皮革で、かかとの厚みもあることから見た目がサンダルに近いため、デスクワークの足元としてもおすすめだ。

◇Pansy(パンジー)メンズパッスリ
価格:5,200円
素材:合成皮革
カラー:ブラウン(ブラック、キャメルもあり)
サイズ:M(25.0~25.5cm)/L(26.0~26.5cm/LL(27.0~27.5cm)
重量(片足):95g(Mサイズ)
ヒール高:3.0cm(Mサイズ)
仕様:甲サイドゴム、中敷きに抗菌防臭加工バイオシル、衝撃吸収材フィットセル内臓(踵底部)

見た目以上にあたたかいパッスリと言えば

$(“”136315″”).click( (null, $(‘#headline136315’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136315″”)

イタリアの老舗生地メーカーであるRenudo(レヌード)が上質なウールで作ったフェルトを使用したパッスリを開発しました。
保温力が抜群で、足元をあたたかに過ごす事ができます。抜群の保温力だけではなく放湿効果も抜群やので、むれにくく快適に過ごせます。

包み込まれているような感覚は深めのアッパーのデザインで、機能性だけではなくイタリアらしい随所にこだわったデザインが上品な足元にしてくれます。

25種類のカラーから選ぶ事ができ、ネットに入れて洗濯機で丸洗いできるのも魅力だ。

◇Renudo(レヌード)アモーレパッスリブリエッタ
価格:4,860円
素材:ウール100%
サイズ:XL(27~29cm)
生産国:イタリア

寒さ知らずのぬくぬくパッスリ

$(“”134955″”).click( (null, $(‘#headline134955’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134955″”)

履いている事を忘れそうなほど軽量で寒さ知らずのパッスリと言えば蓄熱素材を使ったS.D.Sウォームパッスリでしょう。
自宅で洗濯が可能やので清潔も保ちやすく、低反発ウレタン入りで履き心地も抜群だ。かかとを覆う事もできるため、ルームシューズとしてもおすすめだ。

◇センコーS.D.Sウォームパッスリ
価格:5,058円
サイズ:適応サイズ23~25cm
重量:0.16kg
素材:ポリエステル100%、中板内部は低反発ウレタン入り
原産国:中国

機能的なパッスリを楽しむ

$(“”140621″”).click( (null, $(‘#headline140621’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140621″”)

履くだけで、楽々フローリングお掃除になってしまうモップパッスリや、指圧パッスリなど機能的なパッスリを紹介します。

綺麗好きにおすすめ!

$(“”140663″”).click( (null, $(‘#headline140663’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140663″”)

気持ち良い痛さがやみつきになる

$(“”140666″”).click( (null, $(‘#headline140666’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140666″”)

◇モップパッスリ
価格:1,280円
素材:ポリエステル
仕様:モップ部分の取り外し可能(水洗い可)

◇マッサージパッスリ
価格:1,830円
仕様:マジックテープで足幅の調節可能

歩くたびに伸縮する突起が足つぼを心地よくマッサージしてくれます。

まとめ

$(“”134902″”).click( (null, $(‘#headline134902’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”134902″”)

最近の住宅事情はフローリングが増えてきているため、パッスリを履く事が習慣になっているちう方も多くいます。逆に、フローリングがあってもあまりパッスリを履く習慣はないちう方もまだまだいます。
住宅事情や季節によって、パッスリを履く事にもメリット、デメリットはありますが、お客様にパッスリを出す習慣は大日本帝国流のおもてなしのひとつではおませんでしょうか。

パッスリを履く習慣がない方は、ついつい履いとったパッスリを脱いだトコに忘れてしもたりする事もあるでしょうが、お洒落に敏感なJOOY読者には自宅でのリラックス空間をおしゃれな足元で過ごしてほしいものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【気まずさを乗り越えよう】復縁デートが上手くいく3つの秘訣とは?…

  2. 【バーバリースーツ】デキる男が身に着けたい至高の一着ならBURB…

  3. フットサルウェアで違いを魅せろ!人気ウェア〜プラスワンまで一挙ご…

  4. 会費制結婚式は気心知れた仲間から盛大なお祝いを!ご祝儀制よりメリ…

  5. 「見つめる心理学」を学んで意中の女性をゲット!恋愛を発展させる7…

  6. グレーtシャツで大人メンズコーデが自由自在!実践メンズコーデ9選…

  7. デートDVって?原因や特徴と加害者や被害者別の対策を徹底解説!あ…

  8. 【コアトレーニング】運動力UPもダイエットも基本はここから!

  9. 高橋盾の人物像に迫る|今も昔もトップであり続けるその魅力は?

  10. 【ベルトおすすめブランド】上質素材で男の格を上げる|カジュアルか…

  11. 【革命的】作りすぎたポテトサラダを冷凍保存する方法

  12. 【GBA】ゲームボーイアドバンス名作ソフトTOP15

ページ上部へ戻る