閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

履歴書の職歴欄にアルバイトの経歴を書く条件と書き方のポイントまとめ!

履歴書に書くべき?書ですかいべき?「アルバイトの経歴」

$(“”1029393″”).click( (null, $(‘#headline1029393’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029393″”)

就職活動や転職活動では必ず履歴書を書きますよね。その職歴の欄にアルバイトの経歴を書くかどうか、ちうのは意外と悩む問題ではおませんか。

新卒で大学在学中に就職先を見つけられなくて、アルバイトをしながら就活したりとか。せやなかったら正社員で働いとったけれど辞めて、その後はアルバイトで生活しとったけれど、また正社員として働きたいとか思ったとか。その場合のアルバイトって職歴に当たるのでしょうか?そないな履歴書でのアルバイトについての取り扱いをご説明します!

履歴書にアルバイト経歴を書くべき3パターン

$(“”1029419″”).click( (null, $(‘#headline1029419’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029419″”)

履歴書にアルバイトについて書くべきかどうか、ちうのは実は状況によって異なります。ほんで書くべきパターンについて見ていきましょう。

1.正社員として働いた後アルバイトとして働いた期間が1年以上の場合

$(“”1029420″”).click( (null, $(‘#headline1029420’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029420″”)

新卒で正社員として入社してからいっぺん退職し、その後はアルバイトとして働いて、また就活することちうのもあるでしょう。その場合、アルバイトの期間が長いときは職歴として記載しても良いだ。基本的には1年以上と考えましょう。

また、同じ企業や会社ではなく、いくつかのアルバイトを短期間で転々としてきたちう人もいるのではおませんでしょうか。その場合もトータルで1年以上になるときは履歴書に書きましょう。代表的なもの(入社したい企業と同じ業種など)を挙げて、主にこういう仕事をしていて、ほかのアルバイトもしとったと面接などで付け足すとGOOD!

アルバイト期間が長いと言うことは、正社員として働いてへん期間が長いちうことやね。職歴になあんも書かれてなければ見る側は当然気になります。面接で「この間は何しとったの?」と問われるだけならまだしも、なあんも聞かれずただ無職やったと思われてしまうこともあるでしょう。

それだけでもはじかれてしまう材料になってしまうのです。やからこそ期間が長ければ長いほど、アルバイトのことを書いておく必要があります。

2.アルバイト先で応募企業で活かせる能力を身につけている場合

$(“”1029421″”).click( (null, $(‘#headline1029421’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029421″”)

アルバイトのことを履歴書に書くのをためらう人もおるけどダンはん、その業種によっては会社側に「気になる」と思わせることだってできます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ今やっている仕事とはまるっきし別の業種に転職しようと思っているとしましょう。

その仕事をやめて新しい業種にオノレを売り込んだとしても、なあんもPRできることがおませんよね。それよりは仕事をやめた後に、就活しながらも似た業種のアルバイトをしている方がスキルや能力を身につけられます。

新しい業種で働くための経験を積むために、ちう理由を添えれば有意義な期間やったと会社側には思われますよね。未経験者よりも、アルバイトだとしても同業の経験がある方がアピールにもつながるのです。

3.アルバイトから派遣社員やアルバイトの求人へ応募する場合

$(“”1029423″”).click( (null, $(‘#headline1029423’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029423″”)

正社員の採用と比べて、経験があることが大切になるのが派遣社員やアルバイトだ。正社員ちうのは特に新卒であれば“育てる”ことや“教育”が必要だ。しかし、派遣やアルバイトちうのは“即戦力”が欲しいもの。「すぐに働ける」「たくはんの時間に入れる」ちうアルバイターが重宝されるのも即戦力が欲しいからやね。

そのため、正規雇用ではなくても働いた経験がある方が有利だ。実際にスキルもあるでしょうしね。ぜひ履歴書にはバイト経験を明記しましょう。また現在は派遣社員をして正社員になりたいちう人もアピールになるので、履歴書では派遣であることを明記した上でその職歴はしっかりと書くことをおすすめします。

履歴書にアルバイト経験を書くべきでない3パターン

$(“”1029424″”).click( (null, $(‘#headline1029424’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029424″”)

逆にアルバイトについて書くべきではおませんパターンもあります。どんなときでも書いた方が良いちうわけではおませんので、オノレに当てはまっておらへんのかしっかりチェックしておきましょう。

1.正社員から正社員への転職をする場合

$(“”1029425″”).click( (null, $(‘#headline1029425’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029425″”)

正社員の人がまた正社員への転職を考えている場合。前の会社をやめてしまってその間にアルバイトをしながら転職活動をしている人もいるでしょう。

そのアルバイト期間があまり長くないのであれば、わざわざバイトを職歴に書く必要はおません。もしこの空白の期間を聞かれたさかいあれば「アルバイトをしながら就活をしていました」と答えれば良いだけだ。

むしろ、正社員当時の職歴を詳しく書いた方がアピールにつながるでしょう。転職では履歴書よりも職務経歴書を書くことが多いやし、それによって判断されることが大きいだ。履歴書でバイト経歴を書くことによって就職につながる要素は少ないので、わざわざ書く必要はないちうことやね。

2.新卒の就職活動の場合

$(“”1029427″”).click( (null, $(‘#headline1029427’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029427″”)

新卒であれば社会経験がないのがあたりまえだ。やからこその“新”卒なわけですからね。やので職歴の欄は「なし」と書くだけでかまいません。仮に書くとしても学生時代のアルバイトを書くことになりますよね。しかし、それは職歴とは言えないので、そもそも書けへんのです。

せやけど、面接で「学生時代にやっとったバイトは?」と聞かれることもあります。そのときに答えれば良いだけで、わざわざ履歴書に書く必要はおません。

またバイトに対して思い入れがある人であれば、「学生時代に頑張ったことは?」ちう質問に対してバイトの経験で自己PRしてはいかがでしょうか。詳しい例文については後ほどご紹介しますよ。

3.バイト期間が短期の場合は書ですかい

$(“”1029429″”).click( (null, $(‘#headline1029429’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029429″”)

転職する際に退職してからの期間が空いてしまい、それが短期間だとしても空白期間が嫌でついバイトも経歴として書いてしまう人もいます。しかし、すごい短い期間であれば経験になるようなことも少なく、アピールできることもあまりませんでしょう。その会社に関わるような業種だとしても短期すぎてはアルバイトはアピールになり得ません。

就活では「ウチには“あれもこれも”ある」ではなく「ウチには“これが”ある」ちう、一つの強みが必要だ。業種にも寄りますが、欲張ってさまざまなアピールをしてしまうと、どんな人物像なのかわかりにくくなってしまいます。やからこそ強みを絞ることが大切なのです。短期間のアルバイトを履歴書に書ですかいちうのも、就活において重要な強みにはなりにくいちうことやね。

ただアルバイトをしとった事実があるだけで、アピールにはなりにくいことであれば、わざわわざ書く必要はおませんよ。

新卒の就職活動時でもアルバイト経験を書く方が良いときがある!

$(“”1029433″”).click( (null, $(‘#headline1029433’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029433″”)

基本はアルバイト経験を書く必要はない

$(“”1029435″”).click( (null, $(‘#headline1029435’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029435″”)

先述した通り新卒ではわざわざアルバイト経験を書く必要がない、ちうのが基本だ。しかし、なかにはアピールになり得るバイトちうのもあるのです。学生時代も一生懸命バイトをしてきた人には朗報やね。いったいどういう状況だと、就活でもプラスに働くのでしょうか。

書くべき場合①|アルバイト経験が1年以上あり長い場合

$(“”1029436″”).click( (null, $(‘#headline1029436’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029436″”)

アルバイトの経験が1年以上とですかり長期間であれば書いた方が良いでしょう。新卒でなくてもバイトの経験の長さちうのは重要だちうのはご説明しましたよね。

学生時代でも、それだけ長い期間アルバイトをしているちうことは何ぞ目的があるでしょうし、その目的を達成するためにオノレが努力して成し遂げてきたことちうのは、就活でのアピールにつながることもあります。

また、新卒であれば基本的に社会経験がないと思われてます。そのなかでバイトの経験が長いちう人がいれば、少なからず社会経験も積んでいて、周りよりは一歩リードしているちう見方もできますよね。その経験値は必ずアピールになるはずだ。

書くべき場合②|応募先で使えそうなスキルをバイト先で得た場合

$(“”1029439″”).click( (null, $(‘#headline1029439’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029439″”)

そのバイトによって応募先で使えそうなスキルを得た場合ちうのも、就活で使えるでしょう。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ……

・食品関係の会社:カフェやレストランで働いていてメニュー開発にも関わったことがある
・ホテルなどの接客関係の企業:飲食店で働いていてどんなクレームにも即時に対応できるようになった
・教育関係の職場:家庭教師のアルバイトをしてボウズにわかりやすく教える楽しさを知り、実際に成績UPにつなげた
・商社の営業に転職したい:引っ越し業者のバイトで体力には自信がある、出会う人が多いので対人スキルが高い

なんていうようにね。特に志望する会社と業種が一緒のバイトであれば、自己PRにもつながりやすいでしょう。デキる学生は就職を見込んだ上でバイトを探しておるかもしれませんね。

ワンポイントで好感度UP!バイト経歴の書き方

$(“”1029446″”).click( (null, $(‘#headline1029446’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029446″”)

バイトを書くべき場合ちうのは理解できましたが、実際にどのように書くべきなのか、細かいポイントで人事部の方の心証も変わることもあるようだ。

会社名は略さず正確に書くべし

$(“”1029447″”).click( (null, $(‘#headline1029447’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029447″”)

よく株式会社は(株)、有限会社は(有)と書くことがありますよね。履歴書の職歴欄が小さくて、このように省略して書きたいケースもあるでしょう。しかし、履歴書に書く場合は省略せず、「株式会社〇〇」「有限会社△△」など正式名称で書く方が良いそうだ。ちうのも、人事部の印象が変わるポイントでもあるからだ。

就活では書類選考があり、履歴書だけでもある程度絞られます。それは経歴だけでも分けられますし、小さな違いでは“書き方”に注目していることがあるのです。きちんと正式名称で書くことでその人の丁寧さや、働いた会社や企業への敬意ちうのも感じられて、悪い印象にはならへんでしょう。

ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は履歴書だけではじかれる可能性を高くせん、ちうことだ。また漢字や英語の綴りなど、細かいトコを間違いませんようにしましょう。

ある場合は部署名・役職を書くべし

$(“”1029449″”).click( (null, $(‘#headline1029449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029449″”)

どんな会社やったかわかっても、何をやっとったのかはよくわかりません、なんてことがないようにしっかり部署まで書きましょう。パッと見てわかりやすい、ちうのが履歴書での鉄則だ。

もちろんこの部署や役職ちうのも略さず正式名称で書くこと。バイトだとしても大切なポイントだ。複数のバイトをしとった場合は、入社したい会社と同じ業種のバイト、もしくは関連のあるバイトをヒイキ的に書きましょう。

また、細かい仕事内容は書く必要はおません。そもそも書くスペースもおませんしね。バイトの仕事内容は面接で聞かれたら答える、アピールポイントにしたいなら自己PR文に経験を組み込むと良いでしょう。

職歴の後ろに(アルバイト)と必ず書くべし

$(“”1029452″”).click( (null, $(‘#headline1029452’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029452″”)

履歴書の職歴ちうのは、基本的に正社員として働いとったときのことを書きます。自身としては悪気なくアルバイトを職歴に記入しても、会社側からすれば経歴詐称と捉えてしまうこともあるでしょう。

したがってアルバイトの場合はそれを明記する必要があります。会社名と部署の後に(アルバイト)と記載しておくだけでOKだ。具体的には「〇〇株式会社 企画開発部 入社(アルバイト)」ちうように。

また派遣社員やった場合も「株式会社〇〇に派遣登録。以後派遣社員として勤務」ちうように、明記しておきましょう。

▼関連記事

【ビジネス】履歴書にバイト歴・職歴を書く時のルール

バイトの経歴を自己PRに活かす例文

$(“”1029455″”).click( (null, $(‘#headline1029455’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029455″”)

パターン1.コンビニでアルバイトしとった場合

$(“”1029456″”).click( (null, $(‘#headline1029456’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029456″”)

学生時代にコンビニバイトをしとった人は意外と多いのでは?コンビニのアルバイトはやるべき仕事が多く、さまざまなスキルを培えます。その経験を就活での自己PRとして使うことができるのです。

STEP①:仕事内容を事細かに書き出す

$(“”1029458″”).click( (null, $(‘#headline1029458’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029458″”)

まずは、どのような仕事をしとったのかを細かく書き出してみましょう。コンビニであれば……

・接客(レジ対応)
・清掃(外、油物、店内、ゴミ出し)
・陳列(商品、POP作成)
・交渉(搬入や運送の業者とのですりとり)
ちうように。何がアピールになるのかわかりませんので、どんな小さなことでも書き出してみましょう。

STEP②:アピールするストーリーを作る

$(“”1029459″”).click( (null, $(‘#headline1029459’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029459″”)

書き出した仕事に対して、アピールするためのストーリー作りをしてみましょう。具体的には……

①どんな「目的」を意識しとったのか
②その目的のためにどんな「行動」をしとったのか
③そのためどんな「苦労」があったのか
④その苦労をどう「乗り越え」、目的を達成したのか
⑤目的を達成できたのは「なんでやねん」か
⑥その結果、オノレはどう「変われた」のか

ちう順番で考えていきます。①~⑥まで書けへん仕事ちうのは、自己PRにはなりません。それははじいてしまいましょう。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「レジ対応」の仕事の場合……

①目的:お客はんを待たせへんように心がけとった
②行動:レジ打ちを完璧に覚える、弁当など時間がかかるものからやる
③苦労:品数が多いと次のお客はんを待たせてしまうこともある
④乗り越え:事前に袋を用意、お客はんがお金を出す間に次のお客はんの品を把握して袋を用意
⑤なんでやねん:作業を短時間にするのは当たり前やけど、長い時間を利用すれば次のロスにつながるとわかった
⑥変われた:時間がかかってもその次のロスにならへんよう効率的に動けるようになった

STEP③:どんなスキルが身についたのか探す

$(“”1029463″”).click( (null, $(‘#headline1029463’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029463″”)

この作業によって、お客はんを待たせたくないちう「ホスピタリティ」、人を見るちう「分析力」、どうすべきかちう「発想力」、行動できるちう「実行力」などのスキルをバイトで培えたと言えますよね。

STEP④:業種に合わせた“強み”を見つける

$(“”1029464″”).click( (null, $(‘#headline1029464’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029464″”)

さらに業種に合わせてこのスキルのうちどれかをオノレの強み=自己PRとして伝えましょう。ほんで、その具体例としてコンビニバイトの話を①~⑥の流れやれば良いだけだ。

ほかにもPOPの配置を進言して売り上げに貢献したとか、OLが多い会社の近くやので女性向けの商品を積極的にPRしたら客数が増えたとか、これもアピールになりそうやね。

パターン2.掛け持ちでアルバイトをしとった場合

$(“”1029465″”).click( (null, $(‘#headline1029465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029465″”)

掛け持ちでアルバイトしとった、ちうのも特徴になるのでぜひ自己PRで使いたいやね。先ほどのコンビニバイトで使った①~⑥の流れで考えてみましょう。

①目的:大学では同世代ばかりやったさかい、もっともっともっともっとさまざまな世代との交友関係を広げたい
②行動:複数のアルバイトを掛け持ちした
③苦労:飲食店バイトでお酒によって絡んでくる人、ホテルのバイトで難易でもクレームをつけてくる人など、多く関われば関わるほど人に苦労した
④乗り越え:バイト先の正社員の方や先輩、仲間と相談して対応を考えた
⑤なんでやねん:嫌なことがあったら愚痴るのではなく、どう解決をするのか考えられる人と一緒にいられたから
⑥変われた:自身でも解決する力が身につき、臨機応変に対応する力が身についたちうわけだ。今でもバイト仲間とはよく会っている。

これによって自身の「社交的」、問題への「解決力」、突然のことへの「適応力」、嫌なことがあっても乗り越えられる「ストレス耐性」、ほんで得た「仲間」ちうスキルにつながりますね。これも業種に合わせて強みをアピールするのに使えるのです。

学生時代のアルバイト経験で身につけたスキルは企業へのアピールになる!

$(“”1029468″”).click( (null, $(‘#headline1029468’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029468″”)

コンビニや掛け持ちバイトだけでなく、どんなバイトでも①~⑥の流れに沿って考えれば自己PRを見いだすことができます。ただバイトをしてただけではなく、当時から目的を持って行うことで、将来にもつながりそうやね。

せっかくの経験を生かさない手はない!

$(“”1029470″”).click( (null, $(‘#headline1029470’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029470″”)

バイトの経験ちうのは就活でも使う場面や状況、使い方を間違わなければ、自己PRにつながります。しっかりと目的意識を持って常に行動できておるかどうか、が実は運命の別れ道かもしれませんね。

とはいえ過去は変えられません。その過去の経験は今に生かすかどうかもオノレ次第だ。Mr.JOOYならどんな状況でもそれができるはず。アルバイトの経験も正しく就活で使い、その後のステップアップとなるように努めましょう!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 男性を最も美しく魅せる!ブラックスーツの人気6ブランド紹介!

  2. 【お酒が強くなる方法】ちびっとでもお酒の付き合いをしたいあんさん…

  3. 【イク瞬間を見逃すな】演技やない女性の「イク瞬間」16のサイン

  4. 大人メンズのシンプル夏服コーデ!主役はポケットTシャツ

  5. ジャケパンスタイルをクールにきめる。おすすめの着こなし術

  6. 【共感度アップ】誕生日のお祝いに彼女にされて嬉しいこと8選

  7. 【腕の筋肉の付け方決定版】自宅での鍛え方をアームレスラーが11選…

  8. 【緊急】流れ出る手汗を「今すぐ」どうにかしたい方必見まとめ

  9. メンズにこそ薦めたい少女コミックランキングTOP15|号泣&爆笑…

  10. フリースジャケット人気メンズアイテム紹介│色で遊んでオシャレに♪…

  11. スゴい進化!おすすめプロジェクター10選!自宅&ビジネス

  12. メンズカーディガンおすすめタイプ別コーデ&人気ブランド厳選【秋冬…

ページ上部へ戻る