閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

年収300万で生き抜く|生活・結婚・車の購入のポイント

年収300万!この年収は低いの?普通なの?

$(“”1029159″”).click( (null, $(‘#headline1029159’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029159″”)

決して低いわけではおませんですが……

$(“”1097061″”).click( (null, $(‘#headline1097061’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097061″”)

平成26年のサラリーマンの平均年収は、415万円ちう結果やったちうわけだ。男性だけで見た場合には、約514万円が平均額となっています。この年収に、納得しているJOOY読者の方は、少ないのではおませんでしょうか。それもそのはず、全体の平均は500万円超でも、最も多いのは300万円台の所得者で18.3%、年収400万円未満の男性が42.3%もいるのです。

また、年齢によっても平均年収は異なります。20歳から24歳の男性平均は265万円、25歳から29歳は378万円、30歳から34歳は446万円、35歳から39歳は502万円となっています。20代30代男性の平均年収は約398万円となることや、年収400万円未満の男性サラリーマンは40%超もいることを考えると、年収300万円ちうのは、決して少ない額ではおません。

せやけど、「年収300万は普通なんだ」と喜んではいられません。40%強を占める年収400万未満の所得者…この先も、そこから抜け出せへん可能性もあるのです。給与が上がるかもしれへんちう安易な希望を持つよりも、現状の300万円をキープした生活プランを考えてみましょう。

民間給与の実態調査結果〜国税庁

手取りの実態〜毎月25万円はもらえない

$(“”1029160″”).click( (null, $(‘#headline1029160’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029160″”)

手取りは実際には20万円程度

$(“”1097065″”).click( (null, $(‘#headline1097065’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097065″”)

年収が300万円でも、毎月の給与は300万円を12ヶ月で割った25万円にはならへんやね。年収とは、税金や保険料を控除する前の総支給額だ。実際に振込まれる際には、給与から保険料や税金が天引きされ、毎月20万円前後の手取りになるのです。

知らなきゃ痛い目を見る控除(天引き)

$(“”1029161″”).click( (null, $(‘#headline1029161’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029161″”)

毎月のお給料を、口座に振込まれた額だけで判断している人は意外に多いものです。そのため、手取り額はすぐに答えられても、オノレの年収は源泉徴収票を見ないと分かりませんちうJOOYメンズも多いのでは?毎月の給与明細も、振込額のトコだけしか見ないちう人もいます。「結局、その額が振込まれりますから」と、控除や手当の額、その種類を知っておですかければ、昇給や転職の際に痛いシッパイをすることがありますよ。

給与から控除されているのは、一般的に社会保険料と税金だ。社会保険料には健康保険料と厚生年金保険料と雇用保険料があり、税金は住民税と所得税が総支給額から天引きされています。健康保険料や年金は標準報酬月額を元に計算され、雇用保険料は総賃金から割り出されます。住民税や所得税も所得によって増減します。

年収300万円では、手取りが月20万円程度だ。生活レベルを上げるために転職を考える人もいるでしょう。また、勤務先からの昇給連絡に喜んでいる人もおるかもしれません。しかし、年収が100万円アップしても、その分控除される額が増えることを忘れては行けません。手取りで考えると100万円ではなく、約80万円の収入増なのです。

月額1万円程度の昇給では、保険料や住民税などの増額で手取りが減ってしまうことも。昇給や転職で損をせんためにも、現在の給与に含まれる控除や手当の項目と金額を把握しておきましょう。

交通費も年収に含まれている!?

$(“”1029162″”).click( (null, $(‘#headline1029162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029162″”)

勤務先から支給される各種手当は、年収に含まれています。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、通勤手当や住宅手当、残業手当。毎月1万円の定期代が支給されているなら、必ず出て行く通勤費も年収のうち12万円を占めることになります。住宅手当も毎月3万円支給されていれば、年間36万円だ。勤務先の業績悪化で、住宅手当が廃止になれば、300万円あった年収が264万円となり、そこから住宅費全額を自己負担せなならへんのです。

通勤や住宅手当で助かっていると思うのは、錯覚かもしれませんよ。なんでやねんなら、手当がなく年収300万円の人と、通勤住宅手当込みで300万円でも、結局家賃も交通費も300万円の中から捻出せへんけへんのです。手元に残るお金は同じちうことだ。また、賞与も年収に含まれています。ボーナスが年に2回支給されていると、毎月の手取額は20万円よりもさらに低いものになるのです。どんどん生活費が圧迫されていく気がしませんか。

【タイプ別】おすすめ生活予算一覧

$(“”1029163″”).click( (null, $(‘#headline1029163’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029163″”)

毎月の手取りで生活を考える

$(“”1097066″”).click( (null, $(‘#headline1097066’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097066″”)

一概に年収300万と言っても、ボーナスがあるですかいかで毎月の手取り額が異なります。毎日必要なお金、毎月必要なお金があります。同じ年収でも、お金の使い方が変わり、様々な一人暮らしのパターンがあります。代表的な3つのモデルケースを紹介しましょう。

Aはんの場合〜夏冬どちらも2ヶ月分のボーナス有り

$(“”1029164″”).click( (null, $(‘#headline1029164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029164″”)

年収300万円で、夏と冬に賞与が2ヶ月分ずつ支給されるとなると、毎月の手取りは通勤費込みで約15万円だ。1日千円の食費、職場や学生時代の友人などとの交際費は毎月2万円の予算。飲食費がポイントになります。

<毎月の口座引き落とし内訳>
・家賃60,000円
・光熱費10,000円
・通信費15,000円
・生命保険料10,000円
計:95,000円
<その他の支出内訳>
・通勤費10,000円
・食費30,000円
・交際費20,000円
・衣料費5,000円
・日用品費3,000円
・雑費5,000円
計:73,000円

毎月合計:178,000円(-18,000円)

毎月9万5千円が銀行口座からなあんもせんとホッタラかしといても引き落とされています。残りの6万円から通勤費を出せば、残金は5万円に。1日3食を千円でまですかうために、自炊は必須。昼食もお弁当持参でなければいけません。
年間約22万円になる赤字は、夏冬合わせて約60万円入るボーナスで補います。賞与の残り38万円のうち、20万円は貯金、残りの18万円はビジネススーツの購入や趣味のお金に回すことができます。

Bはんの場合〜冬のみ2ヶ月分のボーナス有り

$(“”1029165″”).click( (null, $(‘#headline1029165’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029165″”)

ボーナスが年に1回、2ヶ月分であれば、毎月の手取りは通勤費込みで約17万円になります。Aはんのパターンよりも毎月の収入は多くなりますが、補填タイミングが1度しかおません。ただ、手持ちのお金が2万円増えるだけで、日々の支出が多くなる傾向にあります。

<毎月の口座引き落とし内訳>
・家賃65,000円
・光熱費10,000円
・通信費15,000円
・生命保険料10,000円
計:100,000円
<その他の支出内訳>
・通勤費10,000円
・食費45,000円
・交際費20,000円
・衣料費5,000円
・日用品費3,000円
・雑費5,000円
計:88,000円

毎月合計:188,000円(-18,000円)

毎月の支出合計はAはんと同額となり、年間約22万円の赤字になります。手取りが17万円になると、住居を選ぶ幅がちびっと広がり、結果家賃が収入を圧迫することに。ほんで、手持ちのお金があれば、自炊よりも外食が多くなり、1日平均1,500円の食費がかかってしまいます。赤字22万円を補うのは、冬の30万円のボーナスのみ。残りの8万円はボーナス払いのカード決済費や娯楽費に消え、貯金に回すお金は残りませんでしょう。

Cはんの場合〜ボーナスなし

$(“”1029166″”).click( (null, $(‘#headline1029166’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029166″”)

年棒制や企業の業績によって、賞与の支給がないことも。通勤手当もなく、手取り約20万円のケースだ。ボーナスで補填不可のため、赤字を出すことはできません。お金の使い方が、より慎重になります。

<毎月の口座引き落とし内訳>
・家賃68,000円
・光熱費10,000円
・通信費15,000円
・生命保険料10,000円
計:103,000円
<その他の支出内訳>
・通勤費6,000円
・食費40,000円
・交際費15,000円
・衣料費5,000円
・日用品費3,000円
・雑費5,000円
計:74,000円

毎月合計:177,000円(+23,000円)

交通費が自己負担の場合、通勤費を抑えようと考えます。すると、便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利な路線を選ぶことになり、家賃が高くなります。昼食はお弁当持参の日を作り、夕食も半分は自炊し、1日1,300円の予算。勤務先や友ヤカラとの飲み会も金欠で断ることも。年間で考えれば28万円の黒字になりますが、毎月2万円程度のお金は「気づけば使っとった」となりがち。ボーナスで補填することができないため、日々の食費や交際費を意識せな、毎日毎晩壱年中お金がない状態が続くことになります。

手取りだけで生活を考えてはいけへん

$(“”1029167″”).click( (null, $(‘#headline1029167’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029167″”)

年収は同じ300万円でも、毎月の手取り額でお金の使い方が変わります。手取りが少なければ、家賃や食費にお金をかけることはできません。その結果、月の支出を抑え、ボーナス時に、お金の余裕が生まれます。反対に、手取りが多ければ、家賃や食費を削る考えにはなりません。しかし、ボーナスがないために、年中カツカツな生活を続けることになります。

年間約240万円の手取り額には変わりがおません。毎月の手取りで生活を考えるのではなく、この240万円をどう配分するかを考えましょう。ほんで、そこから月ごとや1日に使える金額を計算をしましょう。

ガマンばかりではおませんけれどガマンが必要

$(“”1029168″”).click( (null, $(‘#headline1029168’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029168″”)

どの程度の我慢が必要なのか

$(“”1097068″”).click( (null, $(‘#headline1097068’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097068″”)

年収300万は、決して贅沢ができる金額ではおません。支出をどれだけ抑えるかを毎日考えながら生活せな、すぐにお金が足りなくなるほどの収入だ。実家住まいなら、自由に使えるお金も増えますが、一人暮らしではそうもいきませんよね。ただ、みなをガマンせへんけへん、ちうことではおません。何ぞをガマンせへんけへん、ちうレベルなのです。

家賃は給与の1/3って無理でしょ

$(“”1029169″”).click( (null, $(‘#headline1029169’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029169″”)

一人暮らしで最も大きいものが、家賃。部屋を選ぶときのポイントは、立地条件や構造もありますが、やはり毎月支払う家賃が重要やね。その家賃は、給与の1/3以内でなければ、生活が圧迫されると言われています。手取り15万円なら5万円以内、20万円なら6万6千円以内となります。地域によっても相場は異なりますが、都心の一人暮らしにこの予算では、厳しいのが現実だ。

そのために、「あと5千円ぐらいなら…」や「プラス1万円すれば…」と物件の幅を広げ、ちびっとでも良い条件のトコを探そうとします。年間10万円前後の予算オーバーは、相当な締め付けだ。他のことをガマンするか、住居を妥協するか、どちらかしかおません。

支出を見直すために手間をかける

$(“”1029170″”).click( (null, $(‘#headline1029170’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029170″”)

お金の出入りを把握していますか?「給料が少ないから節約せな」と思っている人は多いのですけどアンタ、具体的な金額を分かっておらへん人が案外多いものです。どれぐらい足りませんのか、何にお金がかかっているのか、詳細を知っておきましょう。支出を見直すためには、内訳と金額を知ることだ。毎日書き出すと、日別や週別、月別に見ても使ったお金が一目瞭然だ。

この作業は、お金に細かいのではなく、金銭の管理能力を高める行為だ。まして他人に見せるものでもおません。書き出す手間を惜しまなければ、光熱費や保険料を見直したり、交際費や食費を節約したり、適切な節約ポイントを見極められるようになるのです。

年収300万円で車の購入は可能なのか?

$(“”1029171″”).click( (null, $(‘#headline1029171’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029171″”)

購入は可能だ。車を購入する際は、年収の半額程度と言われています。年収300万なら150万円だ。新車の軽自動車か中古車になってくるかと思いますが、車は購入費用だけではなく、維持費がかかるものです。ガソリン代や駐車場代の他に、保険や税金も必要だ。税金やガソリン代を考えれば、普通車はガマンし、軽自動車を選びましょう。車を全額ローンで購入するとなると、年収の3割から4割程度の範囲内での借入が一般的だ。90万から120万円での車選びとなるでしょう。

結婚への不安をなくすために

$(“”1029172″”).click( (null, $(‘#headline1029172’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029172″”)

結婚後の生活を考えてみる

$(“”1097070″”).click( (null, $(‘#headline1097070’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097070″”)

彼女との結婚を考えたとき、障害になるのは年収だ。女性の理想とする年収はズバリ500万円!控除後の手取りは約400万円で、毎月25万円の現金と夏冬それぞれ50万円ずつのボーナス支給ちうことになります。せやけど、理想と現実の違いを男性よりも理解しているのが女性。実際の年収が300万円であっても、生活ができる根拠があれば、結婚を考えてくれます。一番ダメなのは、「300万でも何とですかる」ちう甘い気持ち。これでは、プロポーズしてもうまくはいきません。お互いの不安をなくすために、しっかりとしたプランを立てましょう。

結婚前に用意すべき貯金額はいくら?

$(“”1029173″”).click( (null, $(‘#headline1029173’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029173″”)

究極は貯金額0円でも結婚はできます。結婚式もお金が貯まってから、引っ越しもお金が貯まってから、と簡単に考えるなら、今のワンルームマンションで結婚生活をスタートすれば良いのです。でも、そないなわけにはいきませんよね。お互いが納得しても、両家の親の許しをもらうのは、なですかかややこしいでしょう。そのためにはまず、新居での生活をスタートさせるために、初期費用と3カ月分の家賃として100万円は貯金しておきましょう。

また、挙式費用は200万円程度と考えておけばよいでしょう。現在は、様々な挙式プランと費用構成があります。予算内で無理なく結婚式を挙げることはできますが、双方が妥協を重ねたプランで行うと、後々後悔が出ることもあります。挙式は親の援助やお祝いでまですかうこともできよりますので、まずは新居の100万円を貯めましょう。

年収300万で住宅ローンは組める?

$(“”1029174″”).click( (null, $(‘#headline1029174’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029174″”)

住宅ローンの借入可能額は、年収の6割とも5割とも言われておるけどダンはん、必ず審査があります。返済能力がないと判断されれば、住宅ローンを組むことはできませんが、年収300万円はその範囲ではおません。金融事故や他に大きな借入がなければ、1,500万円程度のローンを組むことはできるでしょう。毎月7万円前後を30年かけて返済することになります。

このように住宅ローンを組むことはできますが、1,500万円での家探しは中古物件が主流だ。夢に描くマイホーム像は、人それぞれ違います。中古マンションでも良いちう人もいれば、庭付き一戸建ての注文住宅でなければ嫌だちう人もいます。年収300万で組めるローンは1,500万円ちうことを念頭においておきましょう。

妊活スケジュールは共働きを前提に考える

$(“”1029175″”).click( (null, $(‘#headline1029175’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029175″”)

結婚することによって、最も良いことは収入が増えるちうことだ。一人暮らしが二人暮らしになることで、支出が2倍になるちうことは決しておません。家賃や食費など全体的に支出は多くなりますが、一人暮らしと比べると1.2倍から1.5倍程度だ。もちろん、収入増のためには、共働きが絶対条件となります。

結婚したら専業主婦になって、家族のために家を守りたちう女性はたくはんいます。男性も、仕事で疲れて帰った家には明かりが灯り、料理が用意され、掃除の行き届いた部屋で子どもが笑っている…ちうのが理想ではありますよね。そないな理想の家庭を早く築くためにも、まずは共働きで家庭の収入をかさ上げし、貯蓄を残さなければいけません。妻の年収が200万円なら夫婦合わせて、500万円の年収になります。手取りは400万円となり、一人暮らしの1.5倍の支出となっても月額27万円の生活費だ。

年間約325万円を使い、残り75万円を貯金できるのです。5年で375万円の貯蓄は大きいと思いませんか?節約し1.2倍の生活水準にすれば、年間約135万、5年で675万円を貯蓄に回すことができるのです。住宅ローンも二人が継続して仕事をするのであれば、収入を合算した借入が可能だ。また、子どもの大学卒業までにかかる費用は1,000万円とも2,000万円とも言われています。いずれボウズを作り、マイホームを持ちたいとお互いが思うのなら、共働きを前提とした任活スケジュールを組むことが大切だ。

年収300万円以下の場合はどんな暮らしになるの?

$(“”1097076″”).click( (null, $(‘#headline1097076’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097076″”)

案外多い年収300万円以下の労働者

$(“”1097077″”).click( (null, $(‘#headline1097077’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097077″”)

今までは年収300万円台の方の話をしてきましたが、年収が300万円以下の労働者の方も数多くいます。300万円以下と言うと要するに200万円台と言うことになります。年間で100万円以上収入が減ってしまうので、単純に言うと月々の給料が8万円以上少ないちうことになります。この場合はどのような暮らしになるのでしょうか。実は昨今のブラック企業問題で意外にこの200万円台の収入の方が多いことがわかりました。割合で言うと2割強もいるのです。

確かに若いうちはそれくらいで暮らしている人も珍しくはないのですけどアンタ、30代や40代になっても年収が200万円台の人がですかりいるのです。こうなると月々の給料は手取りで15万円おません。ボーナスが出る会社であれば12万円前後でしょう。もし、一人暮らしならほとんどなあんもできないと言っても過言ではおません。もちろん節約すれば暮らしていくことは可能ですが、無駄な出費を完全にカットせんと厳しいでしょう。

昔はブラック企業で働いていても年齢とともに給料は上がりましたし、終身雇用やったたためある程度の安定は手に入れることができました。しかし、今は給料は上がりません上に終身雇用なんてあり得ない世の中になっています。企業も簡単にリストラをするのです。不安定な上に給料も少ないちうわけだ。それでいて昇給もないちうわけだ。そないなことで結婚を考えられるでしょうか。このようなブラック企業の存在が晩婚化や少子化の一因とも言われています。

副業をするしですかいですが……

$(“”1097091″”).click( (null, $(‘#headline1097091’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097091″”)

今やブラック企業で正社員として働くより都市部ではアルバイトで働いたほうが手取りが良いちう状態にまでなっています。それやから都市部ではある程度の年齢になってもフリーターが増えているのでしょう。とは言ってもアルバイトはボーナスがないので、年収ベースで言うとそれほど良いちうわけではおません。やので、これからの時代はもしかしたら正社員だとしても副業を持たなければいけへんちう時代が来るのかもしれません。

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ中国などでは正社員でもほとんどの人が副業を持っています。これは正社員で働いても生活に十分な給料をくれへんからなのです。これからの大日本帝国はそのようになっていくかもしれません。200万円台の正社員が増えて行く現状を見ているとそう思ってしまうのはオノレだけでしょうか。

頭を使って充実した人生にしよう

$(“”1029176″”).click( (null, $(‘#headline1029176’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1029176″”)

300万円でも工夫次第や

$(“”1097072″”).click( (null, $(‘#headline1097072’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1097072″”)

数年前から年収300万円時代と言われ、男性の平均年収が500万円を上回っている現在でも、300万円台の所得者の割合が最も多くなっています。今回紹介したように、一人暮らしの生活事情は決して余裕のあるものではおません。しかし、何ぞら何までできないちう状況でもないのです。住まい、車、結婚など、これからの人生のためには、どれだけお金を残せるかがカギになってくるでしょう。オノレのお金の出入りを把握することから始めてみてください。この収入でも可能な限り充実した生活を送るのが真のMr.JOOYと言えるでしょう。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 超ロングコートで大人クール着こなし

  2. 人には相談でけへん仕事の悩みをすっきり解決♪超効果的な5つの方法…

  3. 【おすすめコーヒーメーカー】ミル付き、豆から全自動、ドルチェグス…

  4. 《2016秋冬》アウター人気メンズブランドの最新アイテム&おすす…

  5. ポケモンGO ラプラスの出現場所!【北海道/札幌】

  6. スラッシャーのリュックはなんでですねん人気|話題のおすすめアイテ…

  7. 春夏大人メンズコーデはスウェットパンツで決まり!手軽にできるコー…

  8. 「働く目的・意味」が「無い・見つからない」と感じたら読むまとめ

  9. ディグラム診断って知ってますか?オノレの深層心理に出会える方法

  10. リーボックのスカイスケープ|女性にお勧めしたいハイテクスニーカー…

  11. 今年もアディダス人気が止まらない!リュック、ボストンetc人気バ…

  12. そこがタダ!?桐生の家族向け遊園地は動物園も楽しめる!

ページ上部へ戻る