閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

年間販売300万足!レッドウィング定番おすすめモデル6選~着用サンプルまで!

レッドウィングス社とはどんな会社??

$(“”656441″”).click( (null, $(‘#headline656441’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656441″”)

レッド・ウィング社の創始者 チャールズ・べックマンは、19世紀後半に新天地への夢を胸にドイツからアメリカへ移住したちうわけだ。17歳やったべックマンはアメリカ内陸部、ミネソタ州のレッド・ウィングシティーで列車を降り、革工場に職を見つけたちうわけだ。ほんで働くうちにべックマンは自然に革製品である靴に興味を持つことになる。ほんで1883年、ついに靴屋を始めるに至る。『本当に良い靴を売りたい』ちう彼の気持ちは、町の人々の評判になり、その真摯さは来店した客の足にぴったりと合いませんときは頑なに販売を拒むほどやったちうわけだ。
並々ならぬ靴への情熱で、靴屋は成功したにも関わらず、べックマンの不満は高まっとったちうわけだ。本当に良い靴が少ないちう不満だ。彼は次第に店にあるどの靴よりも良い靴をオノレで作るしですかいと考えるようになったちうわけだ。
1905年、ついに彼は14人の仲間と『レッド・ウィング・シュー・カンパニー』を設立したちうわけだ。これが今日に至るレッド・ウィング社の歴史の始まりである。

出典: www.hello-network.co.jp

会社を支える、地域と密接した経営理念

$(“”656773″”).click( (null, $(‘#headline656773’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656773″”)

レッドウィングス社が大切にする、変わった経営哲学があります。レッドウィングスが本拠地とするアメリカ内陸部にあるレッドウィングスシティ。ここは人口約1万6千人ほどで、移民が少なく穏やですか土地柄として知られています。ほんで、なんとこの町の1割以上がレッドウィングス社に関わる仕事をしているヤカラだ。レッドウィングス社には3代にわたり職人としてレッドウィングス社に関わっている家族もいます。そうすることで職人の入れ替わりが少なくすることができるのです。この町の人々は、レッドウィングス社で働くことを誇りにしています。

レッドウィングス社といえばメイドインアメリカ至上主義

$(“”656648″”).click( (null, $(‘#headline656648’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656648″”)

ブーツに使われる牛皮は、必ずアメリカ国内産のものが使用されます。厳しい品質管理のもと、ミズーリ州で育てられた牛の原皮が使用されます。
国内の牛皮を使用することで、輸送のための塩漬けなど行う必要がなくなり、新鮮な状態で加工することができます。

自社で皮をなめすこだわりよう

$(“”169400″”).click( (null, $(‘#headline169400’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169400″”)

1872年にレッドウィング・タンナリーことS.Bフット社を設立し、傘下にに置いています。同社は動物の皮を剥ぎ、加工して皮にする会社で、自社で皮をなめす会社は極めて珍しいだ。レッドウィング社は皮の加工も自社でこなすこだわりよう。品質をこだわり抜く姿勢ならどこにも負けません。

さあレッドウィング社のブーツの魅力に迫ろう!

$(“”656785″”).click( (null, $(‘#headline656785’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656785″”)

秘密のソールで履けば履くほど増す快適さ

$(“”656795″”).click( (null, $(‘#headline656795’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656795″”)

レッドウィング社のブーツを語るときに欠かせへんのがその履き心地の良さ。
鍵を握るのは、「トラクショントレッドソール」と呼ばれるソール。

これは1952年に初めて採用され、軽量で足音がしにくく、狩猟時に履くハンティングブーツやったが

その後、建設現場、特に高所での作業をするワーカー達に高い支持を受けました。

それは履き易さに加え、ひっかかりの無い平らな靴底が、高所でかかとの出っ張りを足場に

引っ掛けて転倒する不安から解放し更にグリップ力を高めるた靴底やからだ。

このソールは主にグッドイヤーウェルト製法で縫い付けられ、現在でも主流になっています。

出典: lathrills-kawasaki.blogspot.jp

飽きのこないデザイン

$(“”656815″”).click( (null, $(‘#headline656815’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”656815″”)

長い歴史の中で生まれたのが定番モデル。それらには番号が与えられ、長い年月をかけてゆっくりと着実に改良されてきています。

レッドウィング定番モデル① ベックマン

$(“”169540″”).click( (null, $(‘#headline169540’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169540″”)

美しく艶めくドレッシーなモデル。基本中の基本と言えばこれ

$(“”169847″”).click( (null, $(‘#headline169847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169847″”)

創始者チャールズ・ベックマンの名を冠する、フェザーストーンちう艶のある革を使用したドレッシーなモデル。フェザーストーンレザーは、羽根 (フェザー) のようにしなやかで光沢があり、石 (ストーン) のように硬く耐久性があることから、そう名付けられたちうわけだ。

出典: ja.wikipedia.org

ソールはレザー&ラグソールを使用。レザーをベースにラバーのラグソールが施されているため、ドレス靴のようなレザーソールの履き心地を保ちながら、耐水性と耐久性、グリップ力といったワークブーツの機能性も備えているのが特徴。

出典: mens.tasclap.jp

ウチは、赤と茶の茶色よりの中間色で、パンツとの色合わせが良いやね。履くほどにオノレの足になじみ、快適になっていくのが良いトコだ。

細身パンツをロールアップしてブーツをきれいに見せる!

$(“”170139″”).click( (null, $(‘#headline170139’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170139″”)

パンツはテーパードの効いた細身を選ばれています。パンツをロールアップされて、ダウンのボリューム感とのバランスをとられている洗練されたベックマンの合わせやね。

レッドウィングの定番モデル ②:ポストマン

$(“”169402″”).click( (null, $(‘#headline169402’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169402″”)

カジュアルコーデにスパイスを。大人びた味を加えてくれる

$(“”169406″”).click( (null, $(‘#headline169406’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169406″”)

1954年に開発されたポストマン・ポリスマンのためのローカット仕様の”OXFORD(オックスフォード)“と、ショートブーツ仕様の”CHUKKA(チャッカ)“があります。名前の通り、かつてアメリカの郵便局員が履いとったと言う靴ですからすごい頑丈で、履きやすいのです。ウチはオックスフォードシューズ(短靴)だ。

すごい人気の高いこのタイプ。光沢が美しく軽量でクッション性にすぐれているため履き心地も抜群だ。1959年に誕生したチャッカタイプだ。

きれいめなカジュアルスタイルに、ポストマンをあわせています。程よく磨かれたレザーシューズであるポストマンやからこそ、上品にドレスダウンを楽しめますね。

横から見たポストマンだ。ワークブーツですから、かたちはちびっとぽってり感じるかもしれません。上品なカジュアル感が出ていますね。

クロップドパンツでポストマンとの愛称抜群や!

レッドウィングの定番モデル ③:エンジニア

$(“”169403″”).click( (null, $(‘#headline169403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169403″”)

1936年のに完成されたエンジニアブーツのデザインは、80年の時を経た今でも、ほぼ変わることなく存在し続けています。19世紀後半から急速に発達したアメリカを支えた鉄道網。それに従事した鉄道機関士の過酷な仕事環境をサポートするために開発されたのがこのエンジニアブーツだ。耐油性、耐久性に優れた樹脂製のコードソールや厚く硬いレザー、つま先のスチールなどのディティールは当時から変わりません。現在ではライダーなども好んで履いており、使い込まれ傷だらけにエイジングしたエンジニアが醸し出す雰囲気は圧巻や!

ダブルライダースに黒のスリムパンツとの相性も抜群や!

$(“”170164″”).click( (null, $(‘#headline170164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170164″”)

ロック色の強いダブルライダースに黒のスリムパンツ、スタイリッシュなスタイリングは、真逆に位置するワークなブーツとは相性が悪く思えますが、すんなりハマるのがレッドウィング』のエンジニアブーツの魅力だ。ロックであり、落ち着いた大人のスタイルでもあります。さらに履きこめば、しわがついてやわらかい雰囲気がでてきます。

レッドウィングの定番モデル ④:アイリッシュセッター

$(“”169404″”).click( (null, $(‘#headline169404’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169404″”)

レッドウイング社を代表する一足

$(“”170177″”).click( (null, $(‘#headline170177’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170177″”)

レッドウイング社を代表するブーツだ。30代以上の世代にとっては、レッドウィングといえばこのモデル、ちうほどなじみの深いブーツかもしれません。クッション性に優れたソールで快適に履け、もともとがハンティングブーツのため足音が立ちにくいトラクショントレッドソールが採用され、機能性抜群だ。レッドウイング社のシリーズとして開発されましたが、現在は独立したアイリッシュセッターの会社となってます。レッドウイング社では、後述のクラシックワークちうモデル名で引き継がれています。

シリーズ登場初期から存在する大定番8インチ丈のアイリッシュセッター

$(“”169431″”).click( (null, $(‘#headline169431’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169431″”)

1952年、当初はハンティング用のブーツとして開発されたモデルだ。時代によりレザーの色合いなどが異なりますが、デザイン的には大きな変更なく現在に至る貴重なブーツだ。

現在「アイリッシュセッター」と呼ばれるのは、「オロラセット」ちうなめし革を使用したモックトゥタイプで、アウトソールは通称「クレープソール」と呼ばれる白い「トラクショントレッドソール」ちう仕様のモデル。この赤茶色の「オロラセット」ちう革が、経年変身によって犬種の「アイリッシュセッター」の毛色を思わせる色に変身することから、そう呼ばれるようになったちうわけだ。

出典: www.sfnjun.com

フレンチカジュアルとのさわやですかマッチング!

$(“”170376″”).click( (null, $(‘#headline170376’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170376″”)

アイリッシュセッターといえば、大日本帝国では90年代のアメカジを代表するブーツやったが、今季らしくきれいめにまとめています。フレンチカジュアルのボーダートップスとトートバッグで、さわなですか印象やね。

レッドウィングの定番モデル ⑤:ペコスブーツ

$(“”169432″”).click( (null, $(‘#headline169432’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169432″”)

REDWING社創業当時、大農園や牧場、製油所などは大切な市場であり、ほんで働くワーカーのために開発されたちうわけだ。
当時荒くれ者の多いトコといわれとったテキサスの町から名前をとりぺコスと名付けられたちうわけだ。
その成り立ちに恥じない頑強で無骨なブーツである。

出典: ameblo.jp

黒パンツのロックな着こなしにもハマる!

$(“”170046″”).click( (null, $(‘#headline170046’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”170046″”)

ロック色の強い黒のスリムパンツとの相性も抜群だ。ハットやサングラス、プリントTシャツなどキャラクターの強いアイテムに負けないくらいの存在感ですが、シンプルなフォルムで大人のスタイリングになっています。

レッドウィングの定番モデル ⑥:クラシックワーク

$(“”169718″”).click( (null, $(‘#headline169718’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169718″”)

クラシックワークは履き心地を追求し尽くされ今に至ります。代々受け継がれ、磨かれた、レッド・ウィングのスタンダートと呼ぶにふさわしい一足。しかもここで使われているレザーは、上質な革が、長年使い込まれるほどに風合いをかもし出します。
クラシックワークはモックトゥとラウンドトゥに分類されます。プレーントゥ(ラウンドトゥ)とはつま先部分がツルンとした一枚革になっているもので狩猟用につくられました。一枚革の腰革を使いゆったりとくるぶしをホールドされるように作られ、時代を超えて受け継がれているレッドウイングの定番だ。

画像のように、モカシントゥ(モックトゥともいう)はつま先部分がU字側に縫われているもので、農耕用に開発されました。モックトゥはアイリッシュセッターからの派生でありスエードのモデルなどファッションアイテムとしての側面が強く、近年では様々なトコの別注も存在しファッションブーツとしての地位も揺るぎないものとなっています。つま先に空間を持たせるためのモカシントゥ、クッション性能にすぐれたトラクショントレッドソール、くるぶしまで覆う6インチ丈が印象的なブーツ。軽快な履き心地の一方でハードな環境に耐えうるタフなスペックを持ち合わせとったためワークブーツとして1950年の誕生から今日まで、50年以上に渡って生産される不変のロングセラーや!

きれいめコーデにワークテイストを取り入れたスタイル

$(“”169407″”).click( (null, $(‘#headline169407’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169407″”)

ブルーデニムとあわせればアメカジの完成や!トップスをきれいめにして、さわやですかスタイルだ。キャップやトーとバッグもフレンチカジュアルの雰囲気もあり落ち着いたスタイルになっています。

武骨なデニムスタイルにブーツが相性抜群

$(“”169433″”).click( (null, $(‘#headline169433’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169433″”)

細身のブラックパンツとブラックのブーツが無骨でありながらスタイリッシュだ。全体に細身のアイテムでそろえているため、カジュアルになりすぎんと落ち着いたスタイルになっていますね。

まとめ

$(“”169427″”).click( (null, $(‘#headline169427’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169427″”)

昨今、ファッションのアメカジ回帰の流れを汲んでか、レッド・ウィングも人気復権中だ。レッドウイングのワークブーツがノスタルジックなアイテムとしてではなく、大人が休日に楽しめる実用ブーツとして、ぜひ再注目して欲しいと思います。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【サワークリーム特集】ケーキやパスタの簡単レシピ&オニオン味がマ…

  2. 【BOTTEGA】色別おすすめ財布特集

  3. 大人気!G-SHOCK5600のおすすめ紹介|電気ソーラー&バッ…

  4. カーゴパンツを選ぶなら?間違おらへんブランド&おすすめア…

  5. バターケースおすすめ5選-オシャレで機能的♪

  6. 女性へのプレゼントに悩んだらSretsis(スレトシス)は押さえ…

  7. 今最も欧州で売れてるスニーカー。フィリップモデル(PHILIPP…

  8. 【ユニクロ】春夏メンズパンツ厳選11タイプ|ストレスフリーな休日…

  9. 【大阪福島ランチ特集】地元ライターおすすめの絶品駅近グルメを食べ…

  10. 長野でまったりデート♪カップルにおすすめなスポットまとめ!

  11. 同棲の生活費のココが知りたい!一緒に暮らすカップルが抱えるお金の…

  12. 恵比寿の居酒屋ならここ|個室・激安・オシャレなおすすめ20選

ページ上部へ戻る