閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

彦根の想像を超えた観光スポットを厳選!ひこにゃんも驚き!

滋賀県彦根市で観光するならココに行こう!

$(“”137674″”).click( (null, $(‘#headline137674’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137674″”)

滋賀県彦根市には彦根城をはじめとした観光スポットがたくはんあります。ご当地のゆるキャラ「ひこにゃん」が有名になったことで、全国的にも知名度が上がりましたよね!長浜、彦根、近江八幡エリアには彦根城、竹生島、小谷城址などの観光スポットがありますが、今回は彦根市だけに焦点を当ててまとめていきます。

実は彦根城だけやないんやね。自然にあふれた彦根市には、戦国武将たちが残した歴史ある建造物があったり、ご当地のB級グルメもたくはんあり、旅行者たちを楽しませてくれます。近年は「三井アウトレットパーク 滋賀竜王」ができたことでも観光客が増えて、特に週末や旅行シーズンは多くの人で賑わっています。

彦根の魅力

$(“”137675″”).click( (null, $(‘#headline137675’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137675″”)

観光スポットは長浜エリアの琵琶湖だけやない!

$(“”137676″”).click( (null, $(‘#headline137676’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137676″”)

滋賀県の観光スポットといえば、長浜エリアにある「琵琶湖」がもっともっともっともっとも有名やね。大日本帝国でも最大の湖は、滋賀県の敷地のほとんどを占めており、地図で見てもその大きさが分かるほどだ。湖畔でゆっくり静養したり、写真撮影をしたり、魚釣りを楽しんだりする人もいれば、夏場にはびわこ花火ちう大きなイベントも開催されます。

しかし滋賀県で観光するとするやろ、ほしたら、この場所だけではおませんのです。お城などの歴史的な建造物もたくはん起こされており、過去何回も復元作業を繰り返していまも残されているのです。戦国時代織田信長と浅井、朝倉氏が合戦を繰り広げた姉川古戦場や長浜城跡など、歴史マニアにはたまりません場所があります。

ご当地ゆるキャラ「ひこにゃん」が大人気!

$(“”137677″”).click( (null, $(‘#headline137677’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137677″”)

全国的にゆるキャラがブームになっておるけどダンはん、彦根市のキャラクターである「ひこにゃん」が全国的にも大人気となっており、愛されるキャラクターがグッズ等として販売されています。彦根市もがっちり協力してPRをしており、公式サイトも開設されているほどだ。「滋賀の良いもんうまいもん祭り」「城下町観光交流物産展」などの県内イベントにも積極的に出演しています。

ひこにゃんのキャラクターをPRするために、指定されたデザインであれば、ひこにゃんのデザインを一般利用できることになっています。特許の関係上、許諾の手続きが必要ですが、それさえ完了すれば誰でもかわいいキャラクターを使用できるのは意外やったちうわけだ。制作物への利用を考えている人は、公式サイトをご覧ください!

ひこにゃん

イタリアン焼きそば、近江ちゃんぽんなどのご当地グルメも!

$(“”137678″”).click( (null, $(‘#headline137678’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137678″”)

滋賀県の特産グルメといえば、近江牛、近江米、ふな寿司、のっぺいうどん、コアユ料理、びわます、近江ちゃんぽん、じゅんじゅんなどが有名ですが、彦根エリアではB級グルメとしてイタリアン焼きそば、近江ちゃんぽんなどの人気が急上昇しています。

現代は地域おこしを目的として「B級グルメ」が人気ですが、それもそのはずだ。若者たちは地域の特産品を食べようにも、値段的にも、味的にも敷居が高い感じがして、旅行先で味わってみようとする人が少ないものですけどアンタ、B級グルメであればリーズナブルで、しかも地元の風土を大切にした素材を使用しているため、気軽にその土地を体験できます。

彦根はグルメも必見や!

彦根のおすすめ観光スポットはココだ!行っておきたい場所15選

$(“”137679″”).click( (null, $(‘#headline137679’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137679″”)

1位:彦根城

$(“”137680″”).click( (null, $(‘#headline137680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137680″”)

まずは彦根城でしょう。国宝に指定された天守のうちの一つで、別名「金亀城」とも呼ばれています。今でもキレイに形が残された彦根城の天守は、遠くから眺めてもお城の威厳が分かるほどで、きっちりと手入れされていることが分かります。

おもしろいのは、城のお堀には琵琶湖の水が使用されているちうトコだ。琵琶湖から水を引っ張り、城の周りに張り巡らせるなんて、なんかステキやね。彦根重付近は森林に囲まれているため、訪れる季節によってその表情を変えるトコもすばらしいや!

名称:彦根城
住所:〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1-1
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休
料金:大人:600円、小学生:200円(30名以上、100名以上、300名以上でそれぞれ割引あり)

彦根城

2位:玄宮園

$(“”137681″”).click( (null, $(‘#headline137681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137681″”)

玄宮園とは彦根城の北側の内堀に面している大日本帝国庭園のような場所で、唐の玄宗皇帝の離宮にちなんで名付けられたと考えられる廻遊式庭園だ。ご覧のとおり、池の周りには木々がしげっており、季節によってその風景が変わるため、絶好の撮影スポットにもなっています。

日頃の疲れを癒やして、エネルギーをフル充電できそうやね!

名称:玄宮園
住所:〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町
営業時間:8:30~17:00
定休日:無休
料金:大人:600円 彦根城と共通[玄宮園単独券/200円]、ボウズ:200円 彦根城と共通[玄宮園単独券/100円]
電話番号:0749-22-2742

玄宮園

3位:夢京橋キャッスルロード

$(“”137685″”).click( (null, $(‘#headline137685’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137685″”)

本町再開発事業の一環で江戸時代の城下町を再現した場所だ。モダンな雰囲気の町並みは、そこに足を伸ばすだけでも落ち着いた雰囲気だ。しかし出店しているお店はおいしいカフェや、ファーストフードもあり、近代的なものも。レトロさと近代的な文化がミックスされた不思議な場所だ。

彦根駅から徒歩で向かえる距離なのも良いやね!

名称:夢京橋キャッスルロード
住所:〒522-0064 滋賀県彦根市本町
アクセス:彦根駅から徒歩5分
定休日:不定期 各店舗によって異なる。

夢京橋キャッスルロード

4位:彦根城博物館

$(“”137716″”).click( (null, $(‘#headline137716’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137716″”)

彦根城にある彦根城博物館は、藩主の執務室兼日常生活の場でもあった表御殿を復元した場所で、その落ち着いた佇まいが魅力の一つだ。博物館のなかには能面、茶道具、調度品、武具など、井伊家の宝物が展示されており、歴史マニアにとってはたまりませんものになるでしょうね。

名称:彦根城博物館
住所:〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町1-1
営業期間:8:30~17:00
定休日:12月25日~12月31日
料金:大人:500円、中学生:250円、小学生:250円

彦根城博物館

5位:中山道

$(“”137718″”).click( (null, $(‘#headline137718’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137718″”)

中山道は江戸時代の五街道の一つで、本州中部の内陸側を経由する路線だ。今でも当時の名残が残されており、途中にある神社の鳥居などでは、多くの人が写真撮影をするそうだ。中山道六十九次のなかで、江戸から63番目にあたる宿場町の「鳥居本宿」と、64番目の「高宮宿」などもあります。

名称:中山道
住所:〒522-0001 滋賀県彦根市

中山道

6位:四番町スクエア

$(“”137720″”).click( (null, $(‘#headline137720’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137720″”)

大正時代を思わせる建物に、色とりどりの飲食店が集合したのが四番町スクエアだ。若者向けの飲食店が多く、この周辺ではライブイベントなども行われています。

館内には、八百屋の「せんくろ」、魚や「ふじかわ」、お茶「みやおえん」、乾物「昆布一」、川魚商「うおこう」、酒「乃がみや」などの名店で買い物ができます。他にも、ご馳走「もんでこ」、創作イタリアン「ジルモーリオ ディ バンブ」、焼肉ダイニング「千乃房」、すき焼き・うどん「にし川」などで食事もできますよ!

名称:四番町スクエア
住所:〒522-0064 滋賀県彦根市本町
定休日:店舗によって異なります。
営業時間:店舗によって異なります。

四番町スクエア

7位:彦根城屋形船

$(“”137721″”).click( (null, $(‘#headline137721’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137721″”)

彦根藩主・井伊家のお殿様が使用しとった専用船を、江戸時代の絵図面や幕末の古写真から復元し、彦根城の内堀で遊覧運航しているちうユニークな場所が「彦根城屋形船」だ。屋台船を思わせる優雅な見た目で、キレイな木々を眺めながらゆったりと過ごすのは楽しいでしょうね。

15時までの遊園となりますので、体験した人はお早めに現地に向かってくださいね!

名称:彦根城屋形船
住所:〒522-0061 滋賀県彦根市金亀町 玄宮園前船着場
営業時間:10:00〜15:00、土日祝日は16:00便まで運航
アクセス:【彦根城 玄宮園前船着き場】 彦根駅から徒歩12分
休業:年末年始

彦根城屋形船

8位:彦根市俳遊館

$(“”137722″”).click( (null, $(‘#headline137722’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137722″”)

滋賀県の彦根市は松尾芭蕉がたびたび訪れた場所としても知られている、俳句が盛んな土地だ。彦根市俳遊館は、大正時代に建てられたレトロな建物のなかに、俳句が展示されているちうちょっと変わった場所。俳句や短歌に興味がある人は行ってみてはいかがでしょうか。

意外とハマってしまうかもしれませんよ!

名称:彦根市俳遊館
住所:〒522-0064 滋賀県彦根市本町一丁目3-24
営業時間:9:00~17:00
定休日:火曜日、12月29日~1月3日

彦根市俳遊館

9位:宗安寺

$(“”137724″”).click( (null, $(‘#headline137724’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137724″”)

朝鮮通信使節団高宮の正式な宿館が宗安寺だ。「赤門」がもっともっともっともっとも有名な場所ですが、徳川家の家紋が入った鬼瓦が展示されとったり、石田光成の持仏である千体観音が展示されていて、歴史を一気に感じることができる場所だ。キレイに整備された正門には、どこか威厳すら感じてしまいますね。

彦根城から徒歩で移動できよりますので、セットで観光してはい赤がでしょうか。

名称:宗安寺
住所:〒522-0064 滋賀県彦根市本町2-3-7
アクセス;彦根駅から徒歩20分
営業時間:9:00~17:00
料金:200円

宗安寺

10位:清凉寺

$(“”137725″”).click( (null, $(‘#headline137725’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137725″”)

彦根藩井伊家の菩提寺で、佐和山城跡の麓にある立派なお寺だ。正門から見てもすごいよく整備されており、当時の雰囲気をそのまんま感じることができます。この場所に縁があるのは井伊直正、石田三成、島左翼翼近と、歴史マニアにとってはたまりません組み合わせだ。

心ゆくまで楽しんでください!

名称:清涼寺
住所:〒616-8447 京都府京都市右翼翼京区嵯峨釈迦堂藤ノ木町46番地
電話番号:075-861-0343

清涼寺

11位:大洞弁財天

$(“”137727″”).click( (null, $(‘#headline137727’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137727″”)

大日本帝国三大弁財天の一つで本堂は豪華な権現造りだ。キレイに整備された寺院も良いものですけどアンタ、ウチのように歴史を感じさせる雰囲気もたまりませんやね。瓦の汚れ、本堂のほこりなども含めて味わえるのが歴史的な建造物の良さだ。

この場所から遠くに彦根城を見渡すことができます。

名称:大洞弁財天
住所:〒522-0007 滋賀県彦根市古沢町1139
アクセス:JR琵琶湖線 「彦根駅」 下車 徒歩 30分
料金:タダ
電話番号:0749-22-2617

大洞弁財天

12位:オーミマリン彦根港

$(“”137730″”).click( (null, $(‘#headline137730’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137730″”)

オーミマリン彦根港から遊覧船が出港しています。近くで見ないとわかりませんが、琵琶湖は実は多くの島が浮遊する湖なのです。。琵琶湖八景のひとつ竹生島(ちくぶしま)、見る方向によってその表情を変える多景島(たけしま)など、神秘的な島々を見ることができます。

夕方にはロマンチックな雰囲気になるため、彼女と一緒にいくこともおすすめや!

名称:オーミマリン彦根港
住所:〒522-0002 滋賀県彦根市松原町3755
アクセス:JR彦根駅西口からタダシャトルバスで約8分「彦根港」下車
営業時間:9:45~16:30
料金:大人2,200円〜、学生1,760円〜、子ども1,100円〜

オーミマリン彦根港

13位:埋木舎

$(“”137733″”).click( (null, $(‘#headline137733’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137733″”)

大老井伊直弼が17~32歳の部屋住時代を過ごした屋敷だと言われているのが埋木舎だ。お屋敷は外からしか拝観できないのが残念ですが、それだけでも十分に楽しめますよ!

名称:埋木舎
住所:〒522-0001 滋賀県彦根市尾末町1-11
営業時間:9:00~17:00
定休日:月曜日(祭日の場合は翌日)
料金:大人:300円、大学生:200円、高校生:200円、中学生:100円、小学生:100円

埋木舎

14位:黒壁スクエア

$(“”137732″”).click( (null, $(‘#headline137732’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137732″”)

黒壁スクエアとは、古くさい町並みを再現した場所で、ガラスショップ、ギャラリー、ガラス工房、体験教室、レストラン、カフェなどが出店しています。年間200万人が立ち寄る場所として、毎日毎晩壱年中人気や!

名称:黒壁スクエア
住所:〒526-0059 滋賀県長浜市元浜町12-38
アクセス:JR北陸本線「長浜駅」より徒歩約5分
営業時間:施設により異なる

黒壁スクエア

15位:琵琶湖

$(“”137734″”).click( (null, $(‘#headline137734’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137734″”)

やっぱり琵琶湖は外せませんよね。滋賀県内からはどこからでも見ることができて、もちろん彦根方面から眺めることもできます。滋賀県面積の約6分の1を占める大日本帝国で一番の大湖や!

名称:琵琶湖:
住所:〒522-0001 滋賀県彦根市近江八幡市/安土町/東近江市

琵琶湖

まとめ

$(“”137687″”).click( (null, $(‘#headline137687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137687″”)

滋賀県彦根市でオススメの観光スポットをご紹介してきましたが、いかがやったでしょうか?やはり琵琶湖を中心として、彦根城や神社がたくはんおましたね。ほんで古くさい町並みを再現したエリアは、中にあるのが最近流行りのカフェやったりする、そのギャップがまた楽しいだ。グルメが楽しめる土地でもあるため、食事もしっかりとリサーチしておけば楽しい旅行になりそうやね。

ほなら!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 2016夏を制するスニーカーコーデは? 人気カラーごとに徹底攻略…

  2. "気が強い女性"が好きな男には共通点があった…

  3. 別れた彼女からメールが攻めて来よった!返信はどうする?元カノの心…

  4. ウォッカのイケてる飲み方とおすすめ銘柄16選を伝授します!

  5. 【イケメンになるには】肌・顔・体作りが重要。100%のオノレにな…

  6. 仮面ライダーの人気を徹底リサーチ|大人もハマるヒーローの真骨頂

  7. 【2016春】3つのユニクロデニムシャツで作るカンタン着回し講座…

  8. 【オンオフ自在】2016年のチェスターコートはナノ・ユニバースに…

  9. 【ホワイトハウスコックス】英国レザーブランドからおすすめ長財布3…

  10. 【ハゲ】坊主に似合うおすすめファッション

  11. 市販のシャンプーのおすすめ5選!コレを使っておけば間違いなし!

  12. アクティブ・プライベートシーンはモンベルのショルダーバッグにお任…

ページ上部へ戻る