閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

役立つ豆知識!腕時計ベルトの種類まとめ

知っておきたい!腕時計のバックルの種類

$(“”154069″”).click( (null, $(‘#headline154069’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154069″”)

三つ折れバックル

$(“”154077″”).click( (null, $(‘#headline154077’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154077″”)

腕時計のバックルといえば、「三つ折れバックル」が1番ポピュラーだ。三つ折れバックルといえば、折りたたんで止めるタイプのバックルのことだ。「三つ折れバックル」と言っても「ダブルロック式」、「三つ折れプッシュ型」、「三つ折れプッシュ&ダブルロック」などの形状のバックルがあります。
これらの中でも「三つ折れプッシュ型」は、一般的にワンプッシュ型と言われており、金具の両サイドにプッシュボタンがあります。このプッシュボタンにより簡単に取り外すことができます。

スライドバックル

$(“”154665″”).click( (null, $(‘#headline154665’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154665″”)

1980年頃までは、腕時計のバックルといえば「スライドバックル」が主流やったちうわけだ。腕時計のデザインが薄型に向かっとった1980年代は、誰もが認知しているほどメジャーなバックルやったちうわけだ。1995年頃までは、スライドバックルでなければお洒落やないとされとったほどだ。

両開きバックル

$(“”154670″”).click( (null, $(‘#headline154670’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154670″”)

数ある腕時計の中でも、「両開きバックル」は、ブランドの腕時計に多く存在します。大きな特徴として、バックルを閉じることでバックルが無いように見えます。そのためデザインを邪魔することなくシンプルに演出してくれます。

二つ折れバックル

$(“”154675″”).click( (null, $(‘#headline154675’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154675″”)

「二つ折れバックル」は、金具を離すことで時計が輪の状態になりません。現在は、メンズの時計では二つ折れバックルをほとんど見ませんが、昔はこのタイプのバックルの腕時計が存在しました。時代の変身とともにスライド式に変わっていきました。

二つ折れバックルは、レディースの腕時計でも少なくなっています。その原因として、はめにくさが挙げられます。時計のバックルは片手で作業しなくてはならへんので慣れていなければ装着するのに手間がかかります。

金属・貴金属バンドについての知識

$(“”155135″”).click( (null, $(‘#headline155135’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155135″”)

ステンレス・スチール

$(“”155136″”).click( (null, $(‘#headline155136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155136″”)

ステンレス・スチールは、鉄を主としたクロームとニッケルの合金だ。ステンレス・スチールの特徴は、耐蝕・耐酸性に富んでいて錆びにくいちうことと、見た目が美しい光沢があるちうことだ。

しかし、錆びにくいとされているステンレス・スチールですが一定の悪条件によって、錆びが生じてしまう場合があります。その悪条件ちうのが、ゴミや汗、塩分、水分、などの汚れが付着してしまい、

このような状態が長期にわたる場合、ニッケル、クローム、鉄の複合酸化物である酸化被膜がカンペキにカンペキに破壊されてしまいます。この酸化皮膜がカンペキにカンペキに破壊されることで錆びてしまいます。コマとコマの隙間のお手入が重要になってきます。

洋白

$(“”155140″”).click( (null, $(‘#headline155140’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155140″”)

洋白は、白色の地金で銅を主体としている銅とニッケル、亜鉛の合金だ。洋白の特徴は、加工しやすい点が挙げられます。洋白のバンドは、主にメッキ物バンドであり金張りの台金に使用します。

真鍮

$(“”155143″”).click( (null, $(‘#headline155143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155143″”)

真鍮は、銅と亜鉛の合金だ。真鍮を製品にすると、空気中の酸の影響により表面がくもります。また、黄色であり金色でないため、メッキが必要になります。
真鍮のバンドでは、リングバンドに使用し金メッキやロジュームメッキで加工を施します。

銅合金

$(“”155146″”).click( (null, $(‘#headline155146’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155146″”)

真鍮は、メッキ代がすごい高くついてしまいます。メッキの加工を施さなくても良いものとして研究開発されたのが、C・G(カクタスゴールド)、D・G(デラックスゴールド)の銅合金だ。

これらの銅合金は、金色であり酸化しにくい金属だ。さらに、酸化を防ぐために樹脂系統の透明塗料で表面処理を施します。この処理を行うことで、より酸化しにくくなります。

$(“”155163″”).click( (null, $(‘#headline155163’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155163″”)

銀は、すべての金属の中で1番白く美しい金属だ。熱や電気の伝導性は、金属の中で一番だ。銀は、常温では空気中で酸化することはおません。表面が黒くなっているのは、時計の空気中にある硫化水素により硫化銀が発生してしまうことが原因だ。

$(“”155169″”).click( (null, $(‘#headline155169’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155169″”)

黄金色の不滅の光沢がある価値ある金属として、歴史的に古くから評価されている。酸化しにくく、展性・延性共に優れています。通常、純金は(24K)のまんまでは、柔らかすぎるので銅、銀、ニッケルなどとの合金としてもちいられます。金合金の品位は、一般にカラットで表します。カラットとは、金合金の重量中に含まれる金の割合を示す品位のことだ。純金ちうのは、24K(24/24)ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は100%の金のことで、18Kは(18/24)金75%、他25%ちうことだ。この場合、重量比やので、18Kは100gのうち金の重量が75%gちうことだ。純金は黄金色てすが、金合金は、他の金属とまぜ具合により、やや赤味がかったり(銅が多い)、白味がかったりします。バンドも時計ケースに合わせ好みの色によって種々に配合率を変えます。

出典: www.watchband.jp

金張り

$(“”155178″”).click( (null, $(‘#headline155178’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155178″”)

金張りは、金以外で最も金に近い品位を持ちます。金張りちうだけあって金を張ってあるので、18Kと同じ程度の優れた特性や美しい色調を持ち合わせています。

金を張るとは、洋白、SS、ニッケル、銀等の台金の上に金を張るちうことだ。ほんで、高熱の灯中でロウ付けしたものを圧延していきます。極薄く張られた金が摩擦によりはげてしもた場合は、他の合金と同じように台金の金属が酸化して汚くなってしまうことがあります。

メッキの種類

$(“”155184″”).click( (null, $(‘#headline155184’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155184″”)

メッキとは、表面美化、耐蝕性、表面強度などを付加する目的として、被メッキ物の表面に金属の被膜を付ける事を言います。

メッキの厚さは、ミクロンで表示します。。1ミクロンは1/1000ミリで、3ミクロン、5ミクロン、など被膜の厚味により表示されます。

金メッキ

$(“”155191″”).click( (null, $(‘#headline155191’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155191″”)

金メッキとは、金の色調を出すためのメッキだ。金メッキの表面は色も美しく硬さも純金より硬いだ。耐久性があるように思えますが、単に金の原子状微粒子が水素ガスと共に表面に付着しているだけやので、粒子間は粘着性が乏しいだ。そのため、摩擦などが原因で簡単に表面がはがれてしまいます。

ホワイトゴールドメッキ

$(“”155197″”).click( (null, $(‘#headline155197’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155197″”)

ホワイトゴールドメッキは、真鍮などを素材とした地金にニッケルを施します。それに、ホワイトゴールドのメッキをし、ケツにロジウムメッキを施したもののことだ。

ホワイトゴールドメッキは、メッキの中でも重層メッキだ。その性質は、耐摩耗性、耐蝕性に富んでいて美しい銀色の色調を演出します。

パラジウムメッキ

$(“”155210″”).click( (null, $(‘#headline155210’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155210″”)

パラジウムメッキは、地金にニッケルメッキを施し、その上にパラジウムメッキをしたもののことを言います。パラジウムメッキの性質は、耐蝕性に富んでいて、硬さは、プラチナと同じ程度のため耐摩耗性もエライ優れています。

クロームメッキ

$(“”155216″”).click( (null, $(‘#headline155216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155216″”)

クロームメッキは、地金にニッケルメッキを施し、その上にクロームメッキをしたもののことをクロームメッキと言います。クロームは、色調が黒味がかっていて耐摩耗性に優れている物質だ。

スーパーゴールド

$(“”155221″”).click( (null, $(‘#headline155221’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155221″”)

真空中で窒化チタンと炭化チタンをイオンプレートし、金メッキを施したもののことを言います。被膜硬度が高く、金メッキのみのものよりスーパーゴールドは、耐蝕性、耐磨耗性に優れています。

金属・貴金属バンドのお手入れ方法

$(“”155226″”).click( (null, $(‘#headline155226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”155226″”)

時計に水がかかりませんように時計をラップなどで包みます。ほんで、軽く湿らせた歯ブラシで優しくブラッシングを行います。ここで、中性洗剤などを使用して洗うことで美しくなります。その後、固く絞った布で水分を十分に拭き取ります。このようにして金属・貴金属バンドをお手入れします。

皮革の種類

$(“”154712″”).click( (null, $(‘#headline154712’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154712″”)

アリゲーター

$(“”154732″”).click( (null, $(‘#headline154732’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154732″”)

アリゲーターは、クロコダイルに比べて胴が長く腹部の形状は長めの長方形をしています。時計に使用されるベルトは、この腹部を使います。アメリカ南部のルイジアナ州やフロリダ州中心に生息している希少性が高い種だ。

クロコダイル

$(“”154742″”).click( (null, $(‘#headline154742’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154742″”)

クロコダイルは、胸部の鱗が細かく長方形の鱗板が腹部全体に整然と並んでいます。横腹の鱗は丸みがあり幅が他の種類に比べて狭いのが良いトコだ。生息地は、アフリカ諸国の淡水の沼や河川が中心だ。

カイマンクロコ

$(“”154748″”).click( (null, $(‘#headline154748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154748″”)

カイマンクロコは、全体に骨質部が多く硬いだ。そのため利用されるのは顎から脇腹の部分になります。カイマンクロコの鱗は丸みを持っているため時計のバンドによく使用されます。南米や中米の沼や河川が中心だ。

リザード

$(“”154755″”).click( (null, $(‘#headline154755’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154755″”)

リザードは、世界各国に3000種類が生息しています。これらの種類のうち腕時計のバンドには、「リングマーク」、「ベンガル」、「アグラ」、「オーバル」などが使用されます。模様が小さいため様々なタイプに合いやすく繊細だ。

デジュー

$(“”154760″”).click( (null, $(‘#headline154760’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154760″”)

デジューは、南米のブラジル原産のトカゲの一種だ。模様の違いから別の種類として扱われています。腹部の長方形の鱗が他のトカゲには見られへんほどのボリューム感を持っています。

パイソン

$(“”154766″”).click( (null, $(‘#headline154766’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154766″”)

パイソンは連続的な斑紋・模様があります。他の動物の皮革では感じられへん美しさとワイルド感を兼ね備えています。生息地は東南アジアの熱帯地方に広く分布しています。

オーストリッチ

$(“”154770″”).click( (null, $(‘#headline154770’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154770″”)

南アフリ力の喜望峰付近で飼育されている世界最大の鳥だ。オーストリッチは、ダチョウのことを指します。羽根を抜いた後の羽軸模様が特徴的だ。羽軸模様を持つ皮質は、すごい重厚であるため丈夫だ。体は大きいですが模様の部分は背中の一部だけだ。そのため、エライ貴重な皮革だ。

シャーク

$(“”154773″”).click( (null, $(‘#headline154773’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154773″”)

東南アジア近海に生息している体長が1m50cmのブルーシャークといわれるサメの皮を使用します。ブルーシャークの皮は、水に強く、皮の凹凸で色の濃淡が出来ます。それらがスジ状になっているのがブルーシャークの皮の特徴になります。耐水性に優れており、デザイン性にも富んでいる皮だ。

カーフとヌバック

$(“”154777″”).click( (null, $(‘#headline154777’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154777″”)

カーフは、生後6ヶ月以内の子牛の皮のことだ。すごいやわらかいのが特徴で、型押しなど様々な加工を行うことができます。6ヶ月から2年ぐらいの子牛のことをキップと呼びます。2年以上は、力ウと呼ばれます。

ヌバックは、カーフの脱色した皮の表面のことだ。この皮をサンドペーパーで軽く絞り、ベルベット状に起毛させて細かい肌に仕上げたものをヌバックと言います。

ラム

$(“”154781″”).click( (null, $(‘#headline154781’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154781″”)

ラムとは、子羊のことを言います。独特のしなやかさがあり、表面の繊維が細かいだ。すごいソフトで腕へのなじみの良さが特徴になります。ラムの皮は、服飾類に多く使用されています。

コードバン

$(“”154815″”).click( (null, $(‘#headline154815’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154815″”)

コードバンとは、馬の腰部の皮のことだ。他の部分とはまるっきし違い繊維組織がすごい緻密だ。見事な光沢をもっており、牛皮の2倍の強さがあります。紳士靴の甲皮やランドセルに使用されています。

押さえておきたい!皮革についての知識

$(“”154818″”).click( (null, $(‘#headline154818’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154818″”)

押さえておきたい皮革の知識として、「色落ち」、「かぶれ」、「お手入れ方法」についてご紹介します。

色落ちについて

$(“”154824″”).click( (null, $(‘#headline154824’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154824″”)

色落ちの主な原因

$(“”154859″”).click( (null, $(‘#headline154859’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154859″”)

原因は、発汗と摩擦が考えられます。

・「発汗」
汗をかいてしまい、原皮との隙間に染み込むことで染料が溶け出してしまい色落ちにつながります。

・「摩擦」
色止めのバラつきにより、薄い部分が摩擦によって取れてしまうことにつながります。

色落ちの発生時期

$(“”154860″”).click( (null, $(‘#headline154860’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154860″”)

色落ちの発生する時期は、主に夏場になります。気温が高くなるにつれて汗の量が多くなります。真夏の場合は、数日の着用により色落ちが発生します。

色落ちへの対応策

$(“”154863″”).click( (null, $(‘#headline154863’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154863″”)

色落ちしてしもたベルトは、交換することをオススメします。代替えについては、皮革バンドでは
同じ要因による色落ちが再発ある恐れがあるので十分考慮する必要があります。

かぶれについて

$(“”154867″”).click( (null, $(‘#headline154867’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154867″”)

かぶれの原因

$(“”154869″”).click( (null, $(‘#headline154869’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154869″”)

かぶれの原因は、汗の成分による場合、皮革バンドの表面処理に使用する染料や接着剤による原因、バンドをきつく締めすぎた場合による原因、皮膚が弱い、アレルギー体質、などの体質的なものが挙げられます。

かぶれの発生時期

$(“”154878″”).click( (null, $(‘#headline154878’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154878″”)

かぶれの発生時期は、汗を多くかいてしまう夏場が多いだ。人によってはすぐに発生したり、ちーとの間してから発生する場合があります。

かぶれへの対応策

$(“”154881″”).click( (null, $(‘#headline154881’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154881″”)

かぶれの症状がある場合は、一時の使用をやめてください。体質的な問題があるため皮革バンドでは再発する恐れがあります。

皮革のお手入れ方法

$(“”154888″”).click( (null, $(‘#headline154888’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”154888″”)

・バンドは、汗やほこりが苦手だ。また、身につけている際に肌を傷めてしまう可能性もあるため頻繁に固く絞った布でふき取るようにしましょう。

・腕を締め付けず汗を付着させにくくするために、指1本くらい通気性を良くして使用してください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ワテが嫁を嫌いな3つの理由】離婚を考える夫たちの心の声を聞け!…

  2. 「気が晴れない…」気持ちをスッキリ解消する方法

  3. 【社内ニート増殖中】いっぺんなっ違うと抜け出せないほんまの恐怖と…

  4. 【ALL1,000円以下】明石ランチは絶品揃いの15選【今日はど…

  5. デザイン&実用性を兼ね備えたディズニー ショルダーバッグ!大人女…

  6. メッセンジャーバッグ人気Selection|上級者が選ぶオシャレ…

  7. 【好きすぎて辛い片思いはどうすれば改善されるの】心を解放して前を…

  8. バーバリーの最上級スーツ特集|伝統的ブリティッシュデザインでワン…

  9. 財布(赤)はほんまに金運に良い!?おすすめアイテム8選を一挙紹介…

  10. 「年下にモテる男性」の4つの特徴|今日からデキる丸秘テクを解説!…

  11. 結婚5周年は木婚式って知ってる?プレゼントなら指輪や旅行&思い出…

  12. カッコ良い親父になりたい!35歳親父のジーンズコーデ

ページ上部へ戻る