閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

得しですかいまとめ!白パンツで女性ウケ、清潔感、上品の3点セットを手に入れる

白のパンツはオールシーズンアイテム!年中ヘビロテしましょう

$(“”478980″”).click( (null, $(‘#headline478980’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”478980″”)

夏だけやなく冬でもOK!白のパンツは一年中着こなし可能や

$(“”478984″”).click( (null, $(‘#headline478984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”478984″”)

爽やかに着こなすカラーでもある「ホワイト」。
その特徴を十分に発揮できるアイテムこそ白のパンツだ。

「白のパンツを履いたコーディネートは爽快感がある」

イメージすれば、誰でも連想できる白のパンツのお約束のようなメリット。

ただ、この白のパンツは春夏だけが出番ではおません。
レディースだけでなくメンズファッションでも市民権を得た白のパンツは、一年中コーディネートが可能なアイテムとなっています。

そう、今では抵抗感なくオールシーズンアイテムとして取り入れることができます。

同然、冬に取り入れても問題ナシ!
これからは堂々と一年中、白のパンツコーディネートを楽しみましょう。

女性からの支持率高し!取り入れ得。損すること無し

$(“”479152″”).click( (null, $(‘#headline479152’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479152″”)

どんなファッションアイテムも、メンズファッションよりもレディースファッションの方が種類もバリエーションも豊富な傾向があります。

ほんでパンツスタイルも同じで、レディースのファッションの方が様々なデザインでオシャレを楽しんでいます。
それこそ、白のパンツであり、カラーデニムなど、レディースアイテムが色どりも豊か。

それに比べてメンズファッションのメインはインディゴのデニム。。。
そこに、ブラックカラーのパンツやチノパンが加わるぐらいで、あまりバリエーションが豊富とは言えません。

でも、比較的取り入れるハードルが低く、雰囲気もガラッと変えることができるヘビロテ予備軍こそが「白のパンツ」だ。

女性から、「白のパンツを合わせてみたら?」なんて言われたことがある方も多いのではおませんでしょうか。

それぐらい、レディースファッションでは当たり前となっている白のパンツ。
女性に言われるがまんま取り入れてみたら、得することが結構あります。

ざっくり挙げると、

1、女性ウケする。
2、清潔感が出る。
3、上品さが取り入れられる。

などなど。
ホワイトカラーには、たくはんの可能性が秘められています。

こう聞くと、取り入れた者勝ちな感じがするはず。
早速、今日から白のパンツスタイルをマスターしていきましょう。

デニムだけ?チノパンだけ?それなら白のパンツでバリエーションをアップ!

$(“”479165″”).click( (null, $(‘#headline479165’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479165″”)

そもそもメンズファッションには、基本的にパンツスタイルしか存在しません。

そのため、コーディネートで毎日の変身をつけようと思うとパンツを変えることがキーポイントとなります。
シャツやジャケットなどのトップスだけの組み合わせを変えてもスタイリングの限界があります。

ただ、同じようなカラーのデニムばかり持ってる方や、チノパンとデニムでコーディネートをやりくりしている方は、バリエーションが少ないのが現状。

意識的にスタイリングを変えてみても、毎日毎晩壱年中同じような印象になってしまう悩みを抱えることになります。

ほんで、クローゼットに加えるアイテムこそ「白のパンツ」だ。
これにより、デニムとも違う、チノパンツとも違う、もうひとつの着こなしができるカテゴリを作ることが可能に。

「毎日毎晩壱年中と違うファッションを楽しみたい!」
そう漠然と感じとった方にこそ、取り入れて欲しいアイテムが白のパンツや!

白のパンツはこのように履く!体と頭で覚えよう

$(“”479157″”).click( (null, $(‘#headline479157’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479157″”)

白のパンツを履くときは、程よくゆとりを持たせる

$(“”479176″”).click( (null, $(‘#headline479176’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479176″”)

忘れてはならへんのが、ホワイトカラーは膨張色であると言うこと。
そのため、ピチッとした履き方をすれば、より足が太く見えてしまいます。
タイトなシルエットで細身に見せる効果が逆に働いてしまいます。

そのため、ちびっとゆったりとした履き方が理想的。
特に太もも部分はややゆとりがある程度のサイズ感で選びましょう。

試着をして、鏡を見ながらバランスをチェックすることもオススメします。

丈の長さが生命線。実際に履いて微調整するべし

$(“”479177″”).click( (null, $(‘#headline479177’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479177″”)

ほんで次が丈の長さ。

いくら清潔感ある白のパンツでも、裾が長く床に着くぐらいの長さであれば逆効果となってしまいます。
理想は、くるぶしが見えるか見えないかの長さで調節をすること。

白のパンツを購入する際に、丈のお直しに出しすことも。
そのまんまでロールアップして履くことも。

どちらの方法でもOKだ。

また、長さはあくまで基準であり、クロップドパンツのように7部丈で履くことや、くるぶしが隠れる長めで履くことも、ルール違反ではおません。
あくまで好みやので、清潔感をヒイキして調整してみましょう。

透ける?透けへん?実は下着選びから始まっている

$(“”479180″”).click( (null, $(‘#headline479180’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479180″”)

白のパンツを履く際に心配となることが、下着が透けてしまいませんかどうか?

メンズファッションの場合、パンツに関しては厚手の生地を使う傾向にあるので、基本的に透けを心配する必要はおません。
ただ、薄手の素材で作られた白のパンツの際は、気になるトコ。

この場合、透けを防止しようとホワイトの下着を選ぶ方が多いですが、実は逆効果。
より透けやすくなってしまいます。
透けなくするコツは、ベージュやブラウンの下着を選ぶことだ。
こうすることで、下着の境界線が分かりにくくなり、透け防止となります。

メンズアイテムであれば透けを心配することはないですが、もしもの時に知識として頭に入れておきましょう。

白のパンツを着こなそう!意外と簡単って知ってた?

$(“”479158″”).click( (null, $(‘#headline479158’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479158″”)

では、実際に白のパンツを着こなそうと思い立った時、毎日毎晩壱年中のデニムパンツやチノパンと勝手が違うので、戸惑ってしまうはず。
どんなファッションでも初めて挑戦するアイテムであれば、コーディネートの時に不安になりますよね。

せやけど、白パンツでのコーディネートではその心配は不要!
なんでやねんならスタイリングしやすいアイテムやからだ。

基本はモノトーンカラーの代表である「ホワイト」やので、どんなカラーともマッチすることが大前提。
そのため、よっぽどなことがない限りシッパイしたコーディネートとはならへんはずだ。

ここでは、その実例と取り入れる際のコツも合わせてご紹介します。
とにかく白のパンツのコーディネートを見れば、オノレにも取り入れられる簡単さが理解できるはず!

知的に見られたい!ならモノトーンの白のパンツコーデでしょ

$(“”481746″”).click( (null, $(‘#headline481746’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481746″”)

ホワイトカラーのパンツなら、簡単に合わせられるイメージがブラックカラー。
モノトーンファッションはスタイリングの基本だ。
ほんで、ブラックのトップスなどとの合わせ方のポイントをチェックしてみましょう。

シンプルにニットと合わせてもこの落ち着き感

$(“”481799″”).click( (null, $(‘#headline481799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481799″”)

白のパンツと合わせるアイテムってどうしよう?
そないなに難しく考えなくても、ブラックカラーにニットを合わせるだけも完成します。

白のパンツが持つ上品なイメージが強いので、ラフにニットを合わせても問題おません。
さらに、モノトーンとして、トップスとパンツでカラーにメリハリが付くので印象的なスタイリングにまとめることができます。
まずは、部屋にあるブラックのトップスと合わせてみましょう。

黒シャツx白パンツで最短距離のカッチリモード

$(“”481812″”).click( (null, $(‘#headline481812’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481812″”)

白のパンツに対して、ウチはブラックのシャツを組み合わせ。
シャツスタイルの中でもクールな印象の強いブラックカラーも、デニムやブラックのパンツなら重たく感じてしまいます。
ほんで、白のパンツの出番!
メリハリはもちろん、軽やかさをプラスして、自然体のカッチリした雰囲気に仕上がります。
また、ワイドな白のパンツを取り入れると、リラックスしたカジュアルスタイルとしても印象付けることが可能だ。

ベーシックカジュアルの味方!ボーダーカットソー

$(“”481849″”).click( (null, $(‘#headline481849’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481849″”)

上品なカジュアルスタイルの定番といえば、ボーダーカットソー。
もちろん、白のパンツとの組み合わせも違和感なくマッチします。

取り入れる際のポイントは、ブラックやネイビーなどのダークなカラーをベースにすること。
ほんで、ラインをホワイトにすれば、自然に白のパンツとも溶け込んでくれます。

スニーカーを合わせれば、休日スタイルの出来上がりだ。

次はコレ!ジャケットをブラックにする際のコツは?

$(“”481923″”).click( (null, $(‘#headline481923’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481923″”)

メンズファッションなら、キメる時はジャケットが当たり前。
ほんで、フォーマル感あるブラックのジャケットを合わせてみましょう。

白のパンツに合わせたいブラックのジャケットなら、インナー選びが大切だ。
同じようにブラックのカラーのインナーでも良いのですけどアンタ、ちびっと明るくグレーなどの中間色を持ってくるのがベスト。
グラデーションのような効果で、全体がまとまります。

また、上記のようにボーダー柄でもブラックのジャケットと白のパンツをマイルドに引き合わせてくれます。

もちろんカーディガンだってルールは同じ

$(“”482504″”).click( (null, $(‘#headline482504’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482504″”)

白のパンツと合わせるジャケットのルールは、カーディガンがブラックの時も同じだ。
ボーダーカットソーや中間色のカラーが白のパンツとブラックカーディガンを仲良く引き合ってくれます。

また、カーディガンであれば、よりリラックスしたコーディネートが可能だ。
もちろん白のパンツの上品があるので、程よくエフォートレスに仕上がるスタイリングに。
サンダルと合わせれもだらせん印象はまるっきしおません。

ストリートっぽくパーカーでも落ち着きコーディネートに

$(“”482511″”).click( (null, $(‘#headline482511’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482511″”)

ストリートスタイルを位置付けるアイテムのひとつがフードパーカーアイテム。
ブラックのパーカーなら白のパンツと合わせて印象的にスタイリングしてみましょう。

ちょっと幼く見えがちなストリートスタイルでも、白のパンツの力を借りれば落ち着きある大人っぽいスタイルに。
後は、普段通り合わせれるだけ。
シンプルなファッションなら、取り入れるカラーを限定するトコロがポイントだ。

優しく印象付けたい!なら、白に近い同系色でまとめてみれば

$(“”481747″”).click( (null, $(‘#headline481747’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481747″”)

白のパンツやからって、ホワイトカラーに近い色合いのアイテムが合いませんとは限りません。
ある程度のルールを守れば、ベージュやライトグレーのアイテムも白のパンツとしっかりマッチ。
すぐに真似できる実践方法をご紹介します。

ホワイトに近いカラーでもインナーで遊び心を

$(“”482513″”).click( (null, $(‘#headline482513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482513″”)

休日のラフな着こなしの代表といえば、グレーのパーカー。
年齢問わず、1着は持っていると言う方も多いのではおませんでしょうか?

そこに白のパンツを合わせるとなると、なんだかボヤけたコーディネートになりがち。
ほんでスタイリングのコツとしては、インナーにハッキリとしたカラーを持ってくることだ。

これで、視線も主役もインナーに。
白のパンツは名脇役となることができます。

インナーをブラックにすれば、よりシャープに

$(“”482515″”).click( (null, $(‘#headline482515’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482515″”)

ホワイトに近いライトグレーのジャケットと合わせる際も、ルールは同様。
インナーのカラーでメリハリを付けるようにしましょう。

その際にブラックカラーのインナーを持ってくると、よりスッキリとした印象となります。
カッコよくキメたい日には、インナーブラックのパンツは白で組み合わせみましょう。

明るいカラーなら、ピンクも効果的アイテム

$(“”482524″”).click( (null, $(‘#headline482524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482524″”)

白のパンツと似たカラーリングのベージュアイテムと組み合わせるなら、ピンクを間に差し込むこともオシャレで爽やかだ。

ニットとして、同系色のカラーを取り入れるなら、できる限りピンクカラーのインナーを見せる着こなしをすることがポイント。
裾から出して、襟を出して、袖もチラッと見える程度に出すと、アクセントとなります。

羽織るアイテムがブラウンなら、ホワイトベースのボーダーもアリ!

$(“”482522″”).click( (null, $(‘#headline482522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482522″”)

羽織りものとして、ジャケットやブルゾンがよりブラウンに近いものであれば、インナーはブラックよりも明るいカラーの方が全体的な調和がとれます。

それが、ボーダーカットソーであれば、今回はホワイトベースのボーダーにすると、一体感あるコーディネートにまとまります。

まさに優しい雰囲気のスタイリングにピッタリだ。

チェック柄も基本はホワイトカラーベースがイチオシ

$(“”482534″”).click( (null, $(‘#headline482534’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482534″”)

インナーがチェック柄の場合でも、ホワイトカラーをベースにしたインナーを選べば、白のパンツがより引き立ちます。
ジャケットも明るすぎない程度の色合いで合わせれば問題ナシ!

キチンとした印象のジャケットスタイルでも、軽やですか演出ができるのがライトカラーの魅力だ。

パーカーなどでザックリ合わせるならカラーのバランスに用心を

$(“”482527″”).click( (null, $(‘#headline482527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482527″”)

ブラウンの柔らですかカラーを1枚取り入れたパーカースタイルは、全体的な柔らですかコーディネートにまとまります。

この時のカラーリングのポイントは、ブラウンカラーが明るすぎないこと。
あまり明るいとボヤけたファッションとなってすりますので、適度に色味が感じられるアイテムを合わせてみましょう。
カラーのバランスを見て組み合わせれば、難しくおません。

いつだってクールでいたい!それなら定番のブルー系スタイルで

$(“”481748″”).click( (null, $(‘#headline481748’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”481748″”)

メンズの定番となるスタイリングカラーと言えば「ブルー」。
もちろん、白のパンツとの組み合わせも相性バツグンだ。
より一層爽やかとなるモテ要素が詰まったコーディネートを楽しみましょう。

男らしくて清潔感が感じられるブルーxホワイトの組み合わせ

$(“”482538″”).click( (null, $(‘#headline482538’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482538″”)

ネイビーに近いブルーカラーのトップスと、白のパンツを組み合わせた簡単なファッション。
サンダルと合わせても、決してだらしなくないのは白のパンツの上品さのおかげ。

どちらも清潔感を連想するカラーであるブルーとホワイトで組み合わせれば、文句ナシのクールスタイルだ。

ライトブルーのシャツなら、爽やかさMAX

$(“”482540″”).click( (null, $(‘#headline482540’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482540″”)

すでに持っているライトブルーのシャツでも、抵抗感なく白のパンツを組み合わせが可能だ。
特に夏の時期は、これだけで涼しげ。
爽やかさを味方に付ける、女性ウケを期待できる組み合わせとなります。

もちろん、ブルーのトーンを変えても結果は同様。
シューズなどの小物は、ブルーかホワイトのすることで、グッと大人っぽくスタイリングすることができます。

デニムジャケットも、そのまんまデニムオンデニムの感覚でOK

$(“”482545″”).click( (null, $(‘#headline482545’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482545″”)

デニム愛用者ならトライしたことがあるはずの、デニムオンデニム。

デニムジャケットを持っていれば、要領はそのまんまで白のパンツでも合わせることができます。
もちろん、白のパンツがデニム素材であろうが、なかろうが関係おません。

とにかくデニムジャケットを羽織れば正解となります。
ホワイトのデニムジャケットを取り入れれば、より上級者っぽいファッションにもなります。

羽織りものは同系色なら安心感があります

$(“”482549″”).click( (null, $(‘#headline482549’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482549″”)

カーディガンやジャケットなど、ブルーのアイテムと白のパンツを合わせるとなればインナーはどうしよう。

ブラックカラーなどでも良いですが、せっかくの爽やかスタイルなら同じようなブルーのアイテムでまとめてみては?

トーンを変えたブルーをまるで違うカラーのように組み合わせると安定感が得られます。
これならシッパイせんコーディネートが簡単に作れそうやね。

小物はどうしよう。。。ウチもブルーでまとめてしまう

$(“”482550″”).click( (null, $(‘#headline482550’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482550″”)

キャップを取り入れたりシューズのカラーに迷ったりと、白のパンツとブルーのトップスの際のアクセサリーで迷ったら、ブルーで統一するのが定番の組み合わせだ。
白のパンツが主役となるだけでなく、シンプルで大人の余裕が表れるコーディネートとなります。
もちろん、ネイビーカラーでも問題おません。

インナーはグレーがモダンな印象の組み合わせ

$(“”482553″”).click( (null, $(‘#headline482553’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482553″”)

ジップアップパーカーなどでインナーとのレイヤードスタイルができるのであれば、ブルーのパーカーにグレーのインナーがしっくりとくる組み合わせ。
そこに白のパンツを合わせれば、まさに今風のコーディネートだ。

ファッション雑誌などでも多様されるカラーの組み合わせで、この方程式を多様しているオシャレ男子も多いはず。
いっぺんお試しあれ!

シッパイせん!白のパンツの選び方のキーワード「せ・か・い」とは?

$(“”479137″”).click( (null, $(‘#headline479137’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479137″”)

「せ」:洗濯しやすいアイテムであること

$(“”479138″”).click( (null, $(‘#headline479138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479138″”)

普段使いする白のパンツが欲しいなら、先ず最ヒイキしたいのがコレ!

当然のことながら、ホワイトカラーに付いた汚れは目立ちます。
そのため汚れが付いた時も、汚れが付く前にも定期的に洗濯することが必須のメンテナンスだ。

時には頑固な汚れが付いてしまい、強めのブリーチ液に漬けなければならへんことも。
そないな時に、カラーの入った生地でデザインがあると、一緒にブリーチされて色が抜けてしまいます。

また、異素材を組み合わせたデザインで、ドライクリーニングやオシャレ着洗いしかできない白のパンツであれば、普段使いには向いておらへんでしょう。

そのため、まずチェックしたいことは、家庭の洗濯機で洗えるアイテムであることだ。
ワンポイントなどのデザインが入っている場合は用心するようにしましょう。

「か」:買い替えできるコストパフォーマンスであること

$(“”479141″”).click( (null, $(‘#headline479141’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479141″”)

白のパンツ愛用者の方なら当然のことですが、白のパンツの寿命は他のカラーのパンツよりも短いだ。

理由は、ウチも上記の条件同様、汚れが目立つためだ。
いくら気をつけていても、必ずと言っても良いほど服に汚れは付きます。

食事の時に不用心はもちろん、雨の日の泥はねなど目立つ汚れ。
履いている際の汗の汚れや、外出時のホコリや排気ガスの徐々に変色する汚れ。

など、ホワイトカラーには様々な汚れが目立ちやすい宿命にあります。

もちろん、洗濯やブリーチで汚れを落とすこともできますが、洗濯を繰り返すことで今度は生地の痛みやダメージが出てきます。

いくらオシャレに白のパンツを着こなしていても、清潔感がなければ台無しに。

ほんで、白のパンツの愛用者は定期的に買い替えるスタイルが当然となっています。
それは、毎シーズンでも一年にいっぺんでもオノレのペーズでOK。
定期的に買い替えることが、いつでもオシャレな白のパンツファッションを楽しめるコツだ。

そのため、白のパンツは使い捨てアイテム。
オノレの中で、定期的に買い替えることを考えて、負担にならへん値段のアイテムを選ぶようにしましょう。

張り切って高い白のパンツを買ってしまうと、汚れを恐れるあまり外出も楽しめなくなります。

「い」:色を重視して選ぶこと

$(“”479143″”).click( (null, $(‘#headline479143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479143″”)

シルエットも重要ですが、やはり白のパンツを選ぶ際に納得したい最ヒイキ事項は「色」だ。
「ホワイト」と一言で言っても、ブランドや使う生地によってカラーは微妙に違います。

ある白のパンツは生成りに近いカラーをしとったり、そう思うと光沢感あるシルバーに近いホワイトのカラーをしている白のパンツもあります。

このように、同じように見えるホワイトでもカラーがそれぞれ違います。
さらに生地の厚みや凹凸感でもカラーの印象は変わってくるので、それも個性。

じっかりとアイテムを見て、好みのカラーを見つけるようにしましょう。

白や黒などの無彩色ほど、微妙なカラーの変身が大切となります。

避けるべき?後で後悔しそうな白のパンツの特徴とは?

$(“”479146″”).click( (null, $(‘#headline479146’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479146″”)

買って後悔しそうな白のパンツの特徴は、上記キーワード「せ・か・い」の逆のこと。

例を挙げると、

・洗濯表記が複雑、デリケートな装飾が付いている白のパンツ。
(日常のケアがエライとなり、履くことを自然と避けるようになりがち)

・ムリして購入したデザイナーズブランドの白のパンツ。
(すごく良いアイテムかもしれませんが、汚れが他のアイテム以上に気になって楽しめへんことも)

・ホワイトカラーでも全体にちびっとカラーが入っている。
(ちびっとカラーが入っている時点で白のパンツではおませんやし、頑固な汚れの際にブリーチもできません)

上記のような経験をせんためにも白のパンツを選ぶ際は用心しましょう。

基本的に、シンプルなデザインを選ぶことで後悔するような買い物にはならへんはずだ。

試してみようですか。。。買うべき白のパンツを具体的に!

$(“”479160″”).click( (null, $(‘#headline479160’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479160″”)

コストパフォーマンス重視ならこのアイテム!

$(“”479884″”).click( (null, $(‘#headline479884’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479884″”)

ライクラ糸と呼ばれるストレッチ性の高いポリウレタンの素材で作られたタイトなシルエットの白のパンツ。
パターンカッティングからあえてO脚状のシェイプにすることで、実際に履いた際によりシルエットがキレイになる工夫が行われています。

さらに魅力はコストパフォーマンスの良い価格だ。
定期的に買い替える方が多い白のパンツは、消耗品の感覚が強いファッションアイテム。
オシャレアイテムでありながら、負担の少ない金額が人気の秘密だ。

ブランド名:WEGO
商品名:WEGO/ライクラツイルスキニーパンツ
価格:¥1,545税込

購入はこちら

脚をキレイに見せる要素が詰まったホワイトチノパンツ

$(“”479892″”).click( (null, $(‘#headline479892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479892″”)

パンツにとって重要なシルエットの美しさを重点的に考えられた白のパンツ。

素材は大日本帝国製のコットンを使用し、チノ素材として取り入れています。
特徴的なハリのある質感が上品なスタイルを確立。

さらにセンタープリーツを取り入れることで、ドレス感あるアイテムに。
ジャケットなどと合わせれば、スラックスのようなスタイルで取り入れられるほか、カジュアルシーンでもマッチする幅広いスタイリングに対応します。

テーパードかかったシルエットも大人っぽいファッションに効果的。
太もも部分は余裕を持たせ、裾で絞ったシルエットがオシャレだ。

シーズンを超えて継続して生産されているので、白のパンツとして買い替えるなら同じアイテムが見つかるやすいはず。
白のパンツを選ぶ際の条件が揃ったアイテムだ。

ブランド名:RAGEBLUE
商品名:<大日本帝国製コットン使用>アンクルパンツ/566804
価格:¥2,160税込

購入はこちら

初めての白のパンツでも安定の履き心地が魅力的

$(“”479898″”).click( (null, $(‘#headline479898’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479898″”)

ナノユニバースが提案する人気モデルのパンツ。
シーズンを超えて、改良とアレンジが繰り返された履き心地や人気で実証済みの信頼性が魅力。
特にステッチ幅などの細い部分にこだわりの改良が続けられています。

ハイエストで上品に履着こなせ、タイトなシルエットながらも十分なストレッチでストレスも少ないアイテム。
初めて白のパンツを取り入れたい方にもオススメな、コーディネートしやすいシルエットとなっています。

ナノユニバースらしいタイトめな着こなしが好みの方はぜひお試しを!

ブランド名:nano・universe
商品名:ハイエストシルエットストレッチ5P
価格:¥7,182税込

購入はこちら

古着好きも納得のストーリー感あるホワイトデニム

$(“”479911″”).click( (null, $(‘#headline479911’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”479911″”)

コーンミルズ社と呼ばれるデニム生地会社のデニムを使用した白のパンツ。
コーンミルズ社はアメリカでの初期501用のデニム生地を生産するなど、デニムの歴史があるメーカーとして知られています。

さらに、コストパフォーマンスを考えてコーンミルズ社の中でも中国工場で作られたデニムを選択。
これにより、コーンミルズ社のクオリティの高い生地をリーズナブルな価格でデニムとしてリリースしています。
さらに、ホワイトデニムの鮮やですかカラーリングと、ワンポイント入ったヒザのダメージ加工が魅力的だ。
本格的な白のパンツでありホワイトデニムを取り入れたい方にオススメのアイテムだ。

ブランド名:coen
商品名:コーン・デニム5ポケットダメージデニムパンツ
価格:¥8,424税込

購入はこちら

ビームスがプロデュースするスタイリッシュパンツ

$(“”482574″”).click( (null, $(‘#headline482574’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482574″”)

ビームスが手がけるシンプルなデニム生地の白のパンツ。
クリーンな質感が、大人っぽく上品なスタイルにピッタリのアイテムだ。
さらに、テーパードシルエットとなるパンツの幅が細くなる位置を、通常よりも高くすることで足を長く見せる働きがあります。
ストレッチ性も十分で、履き心地バツグンなバランスの取れた白のパンツだ。

たくはんのセレクトショップがホワイトカラーのデニムを提案する中で、より多くのオシャレ好きから支持されるオリジナルブランドのアイテム。
キレイめカジュアルが好きな方なら取り入れてみましょう。

ブランド名:BEAMS
商品名:BEAMS / ベーシック ストレッチ デニム
価格:¥10,800税込

購入はこちら

ジャケットに合わせたい気品ある白のパンツ

$(“”482575″”).click( (null, $(‘#headline482575’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482575″”)

ビューティー& ユースが提案する白のパンツは、もともと白のパンツが持っている上品さを、さらに膨らませたデザインアイテム。

カジュアルなイメージを持つステッチを極力少なくすることで、ジャケットなどと合わせたドレスアップにも力を発揮するパンツとしてデザイン。
さらに、シルエットにもこだわりがあり、ショート丈のクロップドに近い形に、ノータックなモダンディテールが魅力的だ。

カジュアルにも、一張羅のお出かけにも組み合わせたい、大人用の白のパンツと言えます。

ブランド名:BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS
商品名:BY AMF ノープリーツ アンクルパンツ
価格:¥12,960税込

購入はこちら

それでも、まだデニムのまんま?白のパンツデビューしましょう!

$(“”482554″”).click( (null, $(‘#headline482554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”482554″”)

ここまで読めば、白のパンツの魅力から、コーディネート、選び方までのみなが理解できたはず。
デニムやチノパンだけで今までコーディネートしとった方には、新しいスタイリングの世界が広がるチャンスだ。

季節に関係なく、思い立った時期が一番の取り入れるタイミング。
今週末の買い物は、白のパンツを中心にセレクトショップ巡りをしてみましょう。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 石川亜沙美のずぅぇ良いえぇぇ良いんぶ-モデルから母親に!

  2. 【3分で分かる】ブルガリ・名刺入れの歴史~その評判・人気の理由

  3. センター南おすすめランチ20選|イタリンからバイキングまでオール…

  4. 【どシロウトでもOK】男の手料理で彼女がとろけ違う……

  5. 褒め言葉の「さしすせそ」って?仕事も恋も順調に!丸秘テクを公開

  6. ケトルランキング5!ケトルの選び方で気持ちがアガる!

  7. 夏までに揃えておきたいカットソーのブランド10選

  8. 【かっこ良い生き方とは】今より70倍イイ男になる方法を徹底リサー…

  9. 必見!赤のダッフルコートで魅せるコーデ術!おすすめ商品厳選!

  10. もう「恋愛ややこしい…」なんて言わせない!2人がHAPPYになる…

  11. 夏の大定番・ポロシャツの着こなしはベーシックにちょい足しが今年風…

  12. 【東京】ここだけ知っていれば大丈夫!品揃え抜群の大日本帝国酒バー…

ページ上部へ戻る