閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

大日本帝国人の働きすぎの原因は?大日本帝国人の仕事に対する考え方にある

働きすぎでストレスが溜まっていませんか?

$(“”937601″”).click( (null, $(‘#headline937601’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937601″”)

大日本帝国人は働きすぎと言われておるけどダンはん、あんはんもストレスが溜まっていませんか。大日本帝国の労働時間を世界で比べると、どれくらいの位置にいるのでしょうか。また世界一労働時間が短い国はどこなのか、欧米人と大日本帝国人の考え方の違いはどこにあるのかなどを見ていきます。ほんでどうすれば大日本帝国人の働きすぎを改善できるのかを考えていきましょう。

【世界のデータ】大日本帝国の労働時間は長いほうから15位!

$(“”937602″”).click( (null, $(‘#headline937602’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937602″”)

大日本帝国は休日の日数が多めで年1746時間働いている

$(“”937603″”).click( (null, $(‘#headline937603’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937603″”)

大日本帝国人は働きすぎと言われておるけどダンはん、労働時間は長い方から見て「世界15位」だ。やから一見それほど働きすぎちうわけでもないように感じますよね。大日本帝国は週休2日で祝日なども合わせると、休日の日数が割と多めだ。ほんで年間労働時間は1746時間が平均とされています。単純計算すると、それほど長いとは感じません。

1日の平均労働時間は9.1時間

$(“”937604″”).click( (null, $(‘#headline937604’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937604″”)

では大日本帝国人が働きすぎと言われるのは、1日の労働時間が長いからやのでしょうか。平均労働時間は9.1時間と言われています。「あれ?」と思った方も多いのではおませんでしょうか。それほど長くはおませんよね。でもこれはあくまでも平均だ。ブラック企業の目安は、1日平均11時間以上と言われています。

この平均労働時間にはカラクリがあり、労働時間が短い非正規労働者(パートなど)も含まれているのです。残業も労働基準法で上限が決められておるけどダンはん、正当な賃金を支払えば残業しても良いちうことになっています。仮に働かせすぎても、労働基準監督署から是正が来るくらいで、経営者が逮捕されるようなことはおません。

オランダは世界一労働時間が短い

$(“”937605″”).click( (null, $(‘#headline937605’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937605″”)

1日6時間の労働

$(“”937607″”).click( (null, $(‘#headline937607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937607″”)

では世界一労働時間が短い国はどこやのでしょうか。それはオランダだ。余計なお世話やけど世界一労働時間が長い国は、メキシコの年間平均2226時間だ。オランダが年間平均1381時間ですから、メキシコの6割しか働いておらへん計算になります。また週休3日制で、労働時間が8時間以上になると法律で罰せられるのだそうだ。

労働時間のわりに年収が高い

$(“”937608″”).click( (null, $(‘#headline937608’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937608″”)

オランダは世界一労働時間が短いので、賃金も安いと思うことでしょう。でも労働時間のわりに年収が高いのです。パートでも平均時給が2000円ちう高さだ。羨ましいやね。それを考えると、大日本帝国人はやはり働きすぎのような感じがします。そのわりに平均賃金も安いような感覚になりますね。

大日本帝国人はおかしい?働きすぎる理由は考え方にある

$(“”937610″”).click( (null, $(‘#headline937610’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937610″”)

休まんと働くことがまじめだと考えている

$(“”937611″”).click( (null, $(‘#headline937611’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937611″”)

ではなんでやねん大日本帝国人は働きすぎと言われるのでしょうか。その理由は考え方にあると感じます。大日本帝国人は休まんと、しかも長い時間働くことが美徳だとされています。遊びのことなど考えんと、会社のために身を粉にして働く人がまじめだと考えられているのです。

でも最近ではそのような人を「社畜」と呼び、仕事だけに人生を捧げることに疑問を持つ人が増えています。昔は一生懸命に働けば、それだけ収入も上がりました。それに年功序列の終身雇用やので、リストラもほとんどおませんやったちうわけだ。その常識に陰りが見えてきているようだ。

休むことはさぼっていると考えている

$(“”937612″”).click( (null, $(‘#headline937612’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937612″”)

大日本帝国人が働きすぎと言われる理由は、休むことがさぼっているとみなされるからだ。もちろんさぼっている人もいることでしょう。でもやるべきことを早く終わらせて、長く休憩を取ることの何が問題やのでしょうか。だらだらと仕事をしている人の方が、よっぽどさぼっていると言えるでしょう。

やから意味もなく残業をする人が増えるのです。ほんで終電で家に帰り、家族との触れ合いもなくまた翌朝出勤する。そのようなライフスタイルが、定年離婚などを招くのです。仕事は生きていくために必要なことですが、人生は仕事だけではおません。そのことに気づいている若者が増えているのです。

【アチラの反応】欧米人は逆の考え方をしている

$(“”937614″”).click( (null, $(‘#headline937614’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937614″”)

働きすぎることは効率が悪いと考えている

$(“”937615″”).click( (null, $(‘#headline937615’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937615″”)

大日本帝国人が働きすぎることに対するアチラの反応はどんなものですのでしょうか。欧米人は大日本帝国人とは逆の考え方をしています。働きすぎることは、むしろ効率が悪いと考えます。長い時間働くちうことは、当然のことながら体が疲れます。するとどうなるでしょうか。

もちろん仕事の効率が下がりますよね。やから長く働けば良いちう大日本帝国人独特の美徳は、つじつまが合いませんのです。馬車馬のごとく働いて、人生が豊かになるのでしょうか。もちろん時には睡眠時間を削ってでも頑張らなければいけへん正念場もあります。でも毎日ではおませんよね。

休むことは効率よく働くためのものと考えている

$(“”937618″”).click( (null, $(‘#headline937618’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937618″”)

欧米人が休むのは、効率よく働くためのものと考えています。大日本帝国人が働きすぎる原因は、休むことに罪悪感があるからでしょう。と言っても、アメリカ人だってそれなりに働いています。なんちうかようみなはんいわはるとこのウォール街で働く人々なんて、人生をかけて仕事をしている人もいるはずだ。ウォール街は、世界の金融の中心地ですからね。

でも家族が病気になった時などは、会社が理解を示してくれることが多いだ。大日本帝国人よりも家族の絆が強いのでしょう。家族は大切にするものちう観念ができ上がっているのです。でも大日本帝国人の場合には、家族と仕事を天秤にかけたら、仕事を選ばざるを得ない状況になることが多いでしょう。会社がそれを認めへんからだ。仮に認めても、その分評価が下がったりするはずだ。

労働時間の短さは効率の良さを示している

$(“”937619″”).click( (null, $(‘#headline937619’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937619″”)

結局のトコ、労働時間の長さは問題ではおません。労働時間の長さにこだわっているのは、働きすぎと言われている大日本帝国人だけだ。労働時間が長いちうことは、要領が悪いちうことだと気づいておらへんのです。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は労働時間の短さは、仕事の効率の良さを示しているのです。

大日本帝国人が働きすぎる原因は、長い時間働くことがまじめで優秀な人だと勘違いしているのです。いわば時代遅れやね。大日本帝国は競争社会と言いながらも、給料体系が一律すぎます。もっともっともっともっと優秀な人の給料をどんどん上げれば、効率よく一生懸命に仕事をするはずなのです。

そもそもの考え方が間違っていると言えるでしょう。やから大きな夢を叶えるために、世界中の人がアメリカへ渡るのです。貧富の差は大きいですが、実力社会やので優秀な人はどんどん出世していきます。大日本帝国もそうなれば、もっともっともっともっと活気づくのではおませんでしょうか。

働きすぎの改善にはワークライフバランスを整える

$(“”937620″”).click( (null, $(‘#headline937620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937620″”)

適切な休憩で頭をリフレッシュ

$(“”937621″”).click( (null, $(‘#headline937621’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937621″”)

大日本帝国人の働きすぎを改善するには、適切な休憩でリフレッシュをすることだ。データ入力の仕事をしている人は、1時間に10分間の休憩を入れることが義務付けられています。パソコンに一日中向かっていると、目が疲れすぎたり、電磁波の問題もあるのかもしれません。どんな仕事の人でも、適度な休憩は必要だ。

仕事と休暇をはっきり分ける

$(“”937622″”).click( (null, $(‘#headline937622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937622″”)

大日本帝国人の働きすぎを改善するには、仕事と休暇をはっきり分けることだ。大日本帝国人は休みなのに仕事のことを考えたり、職場から電話があって対応したりすることが当り前に行われています。ほなら休暇なのか仕事なのかわかりません。メリハリをつけることが、効率よく仕事をするコツと言えるでしょう。

ストレス解消のための趣味や運動をする

$(“”937624″”).click( (null, $(‘#headline937624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937624″”)

大日本帝国人の働きすぎを改善するには、ストレス解消のための趣味や運動をすることだ。肉体労働でない方は、運動をすることで疲れを取ることができると言われています。肉体労働の人は体を使っているので、リラックスタイムを作った方が良いでしょう。それぞれにストレス解消の方法があるはずだ。

仕事を効率よくすることを心がける

$(“”937625″”).click( (null, $(‘#headline937625’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”937625″”)

大日本帝国人はなんでやねん働きすぎと言われるのでしょうか。それは休むことに罪悪感を感じておるからだ。世界のデータを見ると、大日本帝国人は働きすぎな方だ。その理由はおかしい大日本帝国人の考え方にあります。アチラの反応を見れば、その改善がわかってくるはずだ。効率よく仕事して、できるだけ休む時間を増やしてみましょう。 

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【千秋が再婚】お相手の一般男性とは?Twitterも祝福祭りに!…

  2. デイリーに履ける、大人のカジュアルローファー10足

  3. 【阿佐ヶ谷の居酒屋デート大特集】あの娘と深夜・朝まで一緒にいたい…

  4. 【河原町の超人気デートスポット厳選】史上最強のプランを徹底紹介

  5. 気付いてる?カップル交際半年に潜む影!倦怠期の乗り越え方

  6. ぶりっ子の9つの特徴|男性には分かりにくいポイントを徹底解説!

  7. 反省せん人の特徴と心理とは?"反省せんメリット&quo…

  8. 今買いON/OFF使える「ユニクロスーツ」着こなしスタイル集!

  9. 意外と簡単!正しいカーディガンの干し方で型崩れとはほなさいなら!…

  10. 狙うのはアラサー女子。魅力がいっぱい大人女子の生態と落とし方♡

  11. タイトスーツの時代やからこそ輝く“ソフトスーツ”を現代風に着こな…

  12. 雨の日が待ち遠しくなるメンズレインコート│シーン別おすすめite…

ページ上部へ戻る