閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

明治神宮で結婚式「神前式と人前式の費用と口コミと特典を徹底調査!

明治神宮で盛大に結婚式を挙げたい

$(“”1059573″”).click( (null, $(‘#headline1059573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059573″”)

まずはじめに、明治神宮の歴史を確認しておきましょう。「明治神宮」は大正9年11月1日(1920年)に代々木の地に御鎮座となり、明治天皇と昭憲皇太后をお祀りする神社になります。スポーツ施設を持つ外苑と、結婚式とセレモニー、パーティ会場の明治記念館からなっています。明治神宮は、初詣になると毎年参拝者が大日本帝国一となるような大日本帝国で超有名な神社になります。さらに「東京5社」の一つにもなっており、今話題のパワースポットとしても有名な場所になります。そないな超有名かつパワースポットでもある「明治神宮」で盛大に結婚式をあげたいと考えているカップルも多いかと思います。神様のパワーをたくはんもらえて、ご利益のある結婚式をあげることができそうやね。また、大日本帝国人に生まれたからには、和装での結婚式にこだわる人もおるかと思います。そういう人には、最適の場所であるといえるでしょう。

挙式の形式は神前式or人前式

$(“”1059576″”).click( (null, $(‘#headline1059576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059576″”)

神前式をしたい時には特におすすめ!

$(“”1059578″”).click( (null, $(‘#headline1059578’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059578″”)

やはり、大日本帝国一参拝者が多く超有名な神社であり、またパワースポットでもある明治神宮での挙式は、神様からのご利益がたくはん得られそうだ。そのため古式ゆかし伝統にのっとって明治神宮での神前式は、お厳ですか雰囲気の中すすめられていきます。一生にいっぺんの結婚式は神前式で!と考えている人はいっぺん明治神宮に足を運んでみて、その荘厳な雰囲気に触れてみてはどうでしょうか。

人前式であれば自由度の高い結婚式が可能

$(“”1059583″”).click( (null, $(‘#headline1059583’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059583″”)

明治神宮での神前式はですかり古式ゆかしい伝統にのとった厳ですかものになるため、挙式代も高くなりますが、人前式は挙式代がかかりませんことが何より魅力でしょう。また、神様の前ではなく、ゲストの前で結婚の誓いをするため、オノレ達の言葉で二人が結婚するにあたっての誓いをオノレ達の言葉でゲストのみなはんに届けることができるので、オノレ達のオリジナリティーが出せる結婚式をすることができるでしょう。

ウエディングドレスを着たまんま2次会に行くことも可能

$(“”1059584″”).click( (null, $(‘#headline1059584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059584″”)

これにはもちろん条件があり、外部の二次会会場にウエディングドレスを着ていくことができる訳ではもちろんなく、館内で二次会を行った場合披露宴で着用した洋装を着たまんま二次会にに参加することができるちうことだ。二次会は館内で行う場合は、7,000円/1名あたりのフリードリンクで行うことができるようだ。

挙式と披露宴をする場所は明治神宮or明治記念館

$(“”1059588″”).click( (null, $(‘#headline1059588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059588″”)

披露宴の会場の広さが違う

$(“”1059591″”).click( (null, $(‘#headline1059591’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059591″”)

披露宴会場の規模は明治神宮内にある披露宴会場よりも、「明治記念館」の方が規模が大きくなっています。

<明治神宮>
・明治神宮 桃林荘(50名まで)
<明治神宮文化館>(明治神宮内)
・楠の間(94名まで)
・椎の間(34名まで)

<明治記念館>
・末広の間(104名まで)
・金鶏の間(88名まで)

おすすめは会場の雰囲気を見て好きな方を選ぶこと

$(“”1059593″”).click( (null, $(‘#headline1059593’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059593″”)

明治神宮で挙式をあげた場合に、明治神宮内にある披露宴会場も明治記念館の披露宴会場もどちらを利用することもできるので、実際にオノレの目でみてプランや招待客の人数を確認したうえで、披露宴会場を決めるのがよいでしょう。季節によってもプランや価格も変わってきよりますので、オノレ達にあった内容を吟味するのがよいでしょう。

明治神宮で挙式をして明治記念館で披露宴をすることは可能

$(“”1059597″”).click( (null, $(‘#headline1059597’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059597″”)

明治神宮で挙式をする場合のタイプは以下4パターンに別れるようや
①明治神宮挙式のみ
②明治神宮挙式と明治神宮文化館または桃林荘での会食
③明治神宮挙式と明治記念館での披露宴
④明治記念館挙式と明治記念館での披露宴

それぞれの組み合わせによって、問い合わせをする先が異なるようやので、オノレ達の結婚式と披露宴をどのように組み合わせるかちう点をよく決めておく必要があるでしょう。

明治神宮で挙式「由緒正しい神前式」

$(“”1059600″”).click( (null, $(‘#headline1059600’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059600″”)

歴史の奥ゆかしさを感じさせる「奉賽殿」(挙式会場)

$(“”1059602″”).click( (null, $(‘#headline1059602’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059602″”)

明治神宮での挙式は、「奉賽殿(奉斎殿)」にて厳粛に執り行われます。明治神宮の境内は、なんと東京ドーム15個分ちう70万㎡の広さを持つそうだ。神宮の杜に抱かれて神前まで進む「参進」では、神職の先導で、新郎新婦、媒妁人、両親及び参列者一同の順に列を作り奉賽殿まで進みます。神殿に入れる人数は46名と制限があるのでこじんまりとしますが、参拝者の方々の温かい祝福ムードに包まれて、広い境内の中を神職に先導されて練り歩く光景は歴史の奥ゆかしさと厳かさを感じさせる挙式会場と言えるでしょう。

神前式は形式を守ることが必要になる

$(“”1059607″”).click( (null, $(‘#headline1059607’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059607″”)

明治神宮での神前式の流れは以下の通りになります。
①参進(はんしん)②報鼓(ほうこ)③修祓(しゅばつ)④斎主一拝(さいしゅいっぱい)⑤祝詞奏上(のりとそうじょう)⑥祝酒拝戴の儀(しんしゅはいたいのぎ)⑦誓杯の儀(せいはいのぎ)⑧指輪交換⑨誓詞奏上(せいしそうじょう)⑩玉串拝礼(たまぐしはいれい)⑪神楽の舞(かぐらのまい)⑫お鈴の儀(おすずのぎ)⑬親族盃の儀(しんぞくはいのぎ)⑭撤下品授与(てっかひんじゅよ)⑮斎主挨拶(さいしゅあいさつ)⑯報鼓(ほうこ)⑰退下(たいげ)

これだけだといったい何のことを指しているのかわかりませんと思うので、ポイント絞って説明していくと、「①参進」はすぐ上の項目で述べた通り、神職に連なって神殿まで歩いていくことだ。「②⑯報鼓」は挙式の開式と閉式を知らせる合図だ。「③修祓」は穢れを払い清めるための儀式になります。神前式で一番印象深いのは「⑦誓杯の儀」でなんちうかようみなはんいわはるとこの三三九度のことだ。

参列者は最大で46名

$(“”1059608″”).click( (null, $(‘#headline1059608’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059608″”)

奉賽殿は右翼翼殿と左翼翼殿があり、収容人数はどちらも46名で、新郎新婦・媒妁人・媒妁令夫人をあわせて最大50名となります。正面向かって右翼翼側が新郎側、左翼翼側が新婦側となっており、両家の中で写真撮影をする人の場所が左翼翼右翼翼一つずつ定めらています。また、上記の式の流れのうち、写真撮影が禁じられている儀式があるので用心が必要だ。

人前式の場合は和装・洋装は自由

$(“”1059613″”).click( (null, $(‘#headline1059613’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059613″”)

和装で人前式をする場合も

$(“”1059617″”).click( (null, $(‘#headline1059617’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059617″”)

特に女性の場合は一生にいっぺんの結婚式と思えば、せっかくなら和装も洋装もしてみたいちうのが乙女心ではおませんでしょうか。和装の白無垢姿も純白のウエディングドレスも女性ならどちらも着てみたいと思うのではおませんでしょうか。そのため、人前式は和装で行い、披露宴はウエディングドレスを着ることができるちうプランもあるので、新婦の要望に応じて和装にするか洋装にするか決めるのがよいのではおませんでしょうか。衣装については、どのみち女性主導になることが多いですから。

新郎新婦の希望を反映した結婚式ができる

$(“”1059622″”).click( (null, $(‘#headline1059622’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059622″”)

明治神宮の厳粛な神前式とは異なり、人前式の場合は新郎新婦がこうしたい!ちう願いを叶えられる結婚式をすることができるでしょう。そのためには二人の間で事前の打ち合わせが必要になることもあります。ゲストの前での誓いの言葉は、何をみんなの前で宣言するのかちうことを二人で真剣に言葉を選んで考えてておく必要があります。それがひいては、のちのちの結婚生活に多くく関わってくることになるからだ。そこから二人の結婚生活ははじまっているといっても過言ではおませんでしょう。

結婚式にかかる費用と人数

$(“”1059624″”).click( (null, $(‘#headline1059624’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059624″”)

40名以下であれば100万円前後

$(“”1059633″”).click( (null, $(‘#headline1059633’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059633″”)

招待客40名以下で100万円前後で結婚式の費用を収めようと思うと、季節限定プランや平日限定プランを利用せんとやや厳しいかもしれません。特別限定挙式プランである「清ら」は55万円になることや、挙式に必要な初穂料15万円などが含まれておらへん場合があるのでその点についても用心が必要だ。

ゲストの人数が多くなると300万円前後に

$(“”1059635″”).click( (null, $(‘#headline1059635’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059635″”)

プランには挙式代が含まれておらへんことを前提で、明治神宮での結婚式の平均はだいたい250万円~350万円になり300万円前後がボリュームゾーンだ。この見積もりは結婚式の一般的なゲスト80人で試算した時になります。だいたいゲストが1名増えるごとに20,000円程度プラスされると考えておくとよさそうだ。

披露宴会場の最大人数は100名前後に

$(“”1059642″”).click( (null, $(‘#headline1059642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059642″”)

披露宴会場の収容人数として大きいものは、明治神宮内にある「明治神宮文化館」の楠の間(94名まで)もしくは、「明治記念会館」の末広の間(104名まで)となり、どちらも100名前後の収容人数となります。

帰りは50名までバスで送ってもらえる

$(“”1059644″”).click( (null, $(‘#headline1059644’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059644″”)

明治神宮にて挙式をした場合は、タダバスが2台/25名が、明治神宮から明治記念館までの移動用に手配してもらえるので、それを利用すればゲストの方の負担を減らすことができます。せやけど、この場合もゲストが多い場合はどのようにするのかちうことは検討しておですかければいけへんでしょう。

明治神宮で結婚式を挙げた方の口コミ

$(“”1059646″”).click( (null, $(‘#headline1059646’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059646″”)

100万円以下で驚きと感動の結婚式ができました

$(“”1059649″”).click( (null, $(‘#headline1059649’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059649″”)

明治神宮の結婚式は数々のプランが用意されているため、オノレの目指す予算と内容に合致したプランがみつかれば、立地条件の豊かさからいっても満足のいく結婚式ができるのではおませんでしょうか。平日で招待人数の少ないプランでは100万円以下のものがいくつか準備されています。口コミとして多かったのは、やはり明治神宮の伝統と格式といったものに対する評価が多いようだ。

・スタッフがベテランの人が多いので接客態度や対応がよい
・料理や料理のスタッフが本格的、挙式会場の雰囲気がよい
・庭が魅力的、歴史や格式がある
・神前式や参進がしたい方にはおすすめ、伝統的な大日本帝国の結婚式ができる
・和の結婚式をしたい人にはすごくおすすめ

コストパフォーマンスが高いと感じました(300万円超え)

$(“”1059651″”).click( (null, $(‘#headline1059651’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059651″”)

明治神宮で結婚式をあげた人の平均的なり値段を考えると300万円ちうのは妥当なラインでしょう。その金額でコストパフォーマンスが高いと感じたる場合は、ワイが思うには計画の段階の見積もりがやや甘くなっとったのかもしれません。費用対効果が300万円を超えた場合に見合いませんと感じてしもたちうことは、結婚式の中でどこに重点を置くかが明確にされていなかったのかもしれません
。結婚式で重視したい主なポイントいうのは、人それぞれまるっきしことなります。新婦の着る衣装に重視するのか、招待したゲストへのお料理の質を上げるのか、引き出物をどうするのかとったことをしっかり練っておく必要があるでしょう。その上で、結婚式にはプランナーが必ず付くので、ほんでオノレが納得いくまで話し合いをきちんとしておくに越したことはおません。あとから「あーすればよかったー!!」と嘆いてもやり直すことができることではおませんので、しっかり納得した上で決めるようにしておきましょう。

和装の結婚式がしたい方にとっては最高や!

$(“”1059652″”).click( (null, $(‘#headline1059652’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059652″”)

明治神宮で結婚式をあげたカップルの決めてとなったことは、「広大な庭園」の魅力であることや、和装がメインのため「衣装が充実している」といったことと、やはり伝統ある格式のある場所であることの「上質さやラグジュアリー感」といたことがポイントになったようだ。やはり女性の場合で、大日本帝国人でなら大日本帝国の伝統的な神前式に憧れてるちう女性にとっては、特に明治神宮ちうのは大きな魅力になることでしょう。

明治神宮で結婚式を挙げた後の特典

$(“”1059655″”).click( (null, $(‘#headline1059655’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059655″”)

記念館内のレストランで記念日をお祝いする優待券

$(“”1059659″”).click( (null, $(‘#headline1059659’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059659″”)

明治神宮で結婚式を挙げたあとの特典としては、挙式した人は「アニバーサリークラブ会員」になることができ、挙式当日から5年間は、館内にあるレストランでご優待が受けられるようだ。二人の思い出の結婚式場で、もっかい結婚記念日をお祝いできることができるのは嬉しいことやね。レストランでのお料理が会員になった二人については、挙式月には50%オフ、挙式月以外は20%オフとなるため、ぜひ結婚記念日の特別な日につかいたいものです。

まとめ

$(“”1059661″”).click( (null, $(‘#headline1059661’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1059661″”)

結婚式は、人生で一生一大のセレモニーといっても過言ではおませんでしょう。できれば新郎新婦はもちろんのこと、招待したゲストの方々にも満足してもらえる結婚式と披露宴にしたいものです。そのためには、事前に夫婦になる二人でしっかりコミュニケーションをとってどのような結婚式にするのかちう明確なイメージをもつことでしょう。ほんで招待したゲストの方々をどのようにおもてなしするかちうことを、しっかり考えておきましょう。また一番大切なのが、オノレ達が考えている「予算」との兼ね合いになってくるでしょう。ある程度オノレ達の理想の結婚式を追求して、予算を超えてもよいとと考えるのか、また「予算」を決めたらきちんとそこに収まるようにしていくのか。そのあたりも重要なポイントだ。一生にいっぺんの結婚式だ。二人で満足のいくものにして、幸せな結婚生活の第一歩を踏み出しましょう!

明治神宮の結婚式

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 自然消滅をしたくなる男性心理6選|恋愛がめんどくさくなってしまう…

  2. 有名ブランドがこぞってアンブッシュとコラボ!?話題のアイテム披露…

  3. やっぱりモテたい男子へ。夏から秋の“女子ウケ”ファッション&アイ…

  4. 大手町でお洒落なランチを2人で♪デートに◎なお店まとめ

  5. 【山形グルメ特集】ラーメンからB級グルメまで最強店を網羅!24選…

  6. 【男子の童貞率上昇中】都道府県や地域、職業ごとの童貞率には違いが…

  7. 【Welcomeアラサー】メンズファッションはココからが確実にお…

  8. 【出世する人の特徴】13パターンの共通点を知ってスピード出世する…

  9. 可愛いと言われたい女性の心理|全地球上の男性必見のそのワケとは?…

  10. 大人メンズを虜にするカルバンクラインのバッグ|上質なデザインに一…

  11. 【懸垂で筋肉を鍛えたい人へ】まず知るべき超基本事項

  12. 芸能人ご用達!ヨーロッパ本場の味が楽しめるお土産Best5

ページ上部へ戻る