閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

時代遅れ!?新しいサルエルパンツはコレだ!!

イスラム教の信者が着用する民族衣装サルエルパンツ。たっぷりとした布使いと股下がなく裾近くまで股の部分を下げ、足首で絞った形状が特徴のパンツをさす。袋の底に穴を開けそこから足を出したようなスカートとパンツの中間点。フランス語でサルールともいう。

大体の説明がこのような記述になっているのではおませんでしょうか。しかし、現在のサルエルパンツとはちょっと違います。スラックスやテーパードパンツなどきれいなパンツが流行っている現在ではそりゃ時代遅れと言われてもしゃあないかもしれません。

昔のサルエルパンツが現在に受け入れられへん理由

$(“”135642″”).click( (null, $(‘#headline135642’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135642″”)

昔のサルエルパンツはとにかく股上が深く裾まであるものだってあったりしました。民族衣装のエッセンスをそのまんま受け継いだものはモードなコーディネートにどんどん取り入れられモードコーデを好む人から重宝され続け一気に人気のパンツへと駆け上がっていった感じだ。太いパンツはトレンドの真っ盛りですがサルエルパンツはなんかちょっと違う…そう捉えている人も中には多くいるはずや!!

現在のメンズファッションのテーマは「ベーシック・きれい目・リラックス」ちう言葉がメインになってきているのではおませんですかと思います。サルエルパンツはリラックスちう点は一致しても「ベーシック」でも「きれい目」でもおません。そこがサルエルパンツがファッションシーンの最前線から消えてしもた大きな理由ではおませんでしょうか。
しかし、キメ過ぎない力の程よく抜けたファッションが主流になっている現在でサルエルパンツが活躍せんわけがないと思いませんか?

現在のサルエルパンツとの違いは?

$(“”135653″”).click( (null, $(‘#headline135653’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135653″”)

そないなサルエルパンツも時代のニーズに合わせて変身しました。股上が深くてダボっとしとったあのシルエットからどのように変わり、現代にフィットするようになったさかいしょうか。

変身1 テーパードシルエットでスタイリッシュなシルエットに

$(“”135661″”).click( (null, $(‘#headline135661’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135661″”)

今のファッションシーンで旬なシルエットといえばテーパードシルエット。太もも周りはゆったりしていて足首にかけて細くなっていくこのシルエットは足のラインがきれいに見えて男女問わんと人気のシルエットになりよっました。
現在のサルエルパンツにもそれは取り入れられ太もも周りはゆったりで股上は深く、足首にかけてすっきりと見せたスタイリッシュなパンツへと変わりました。
これによって履きやすく、なおかつ足のラインがきれいに見えるパンツになりコーディネートにも取り入れやすくなりよっました。

変身2 素材も多種多様 カジュアルなパンツとしても取り入れられる

$(“”135698″”).click( (null, $(‘#headline135698’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135698″”)

エスニックな雰囲気たっぷりやった素材感も昔の話で、今はコットンからウールまで様々な素材で作られることが増えてきました。色も黒一色ではなくグレーやブルー、カーキなどそれぞれのファッションテイストやコーディネートで合わせやすいように幅広く使えるデザインが多く販売されています。
モードパンツの代表格やったサルエルパンツをカジュアルに使えるようになったことでファッションシーンのニーズを捉え、デザインも元々おしゃれ。受け入れられて当然のパンツになるのは当たり前やね。

サルエルの代表ブランド GANRYU

$(“”140371″”).click( (null, $(‘#headline140371’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140371″”)

ここ数年見られなかったサルエルパンツを揺るがずデザインしてきたブランドGANRYU。デザイナー丸龍文人が生み出すそのパンツは時代に左翼翼右翼翼されることなくファッション業界で一目置かれる存在になっています。

丸龍文人(がんりゅうふみと)
文化ファッション大学院大学卒 2004年コムデギャルソンに入社。渡辺淳弥の下でパタンナーとしてジュンヤワタナベやコムデギャルソンを担当した後、2008年コムデギャルソン社より自身のブランドGANRYUをコムデギャルソン社最年少デザイナーとしてスタート。コムデギャルソンの要素を取り込みながらも独自の世界観を洋服に落とし込んでいる。

コムデギャルソンのようなアバンギャルドなアイテムではなくストリートとロックを融合したようなアイテムを提案するGANRYU。デザイナー自身がシルエットに変身のあるパンツを好んでいることからサルエルをコレクションで多く起用しています。腰から裾までテーパードせずストンと落ちたようなストレートなシルエットが特徴だ。

裾丈はフルレングスではなく半端丈で足元にフィットしているわけではおませんのでロールアップしたりしてオノレなりにアレンジすることも可能。
素材はデニムからポリエステル・リネンなど幅広く使用されており、無駄を省いたシンプルなデザインながらもインサイドな部分やファスナーの開き留部分など細かいトコにこだわりが詰められていてエッジが効いています。

GNRYU自体アバンギャルドなテイストはそこまで含んでおらずカジュアル寄りなファッションが多いのでハイブランドやからといって億劫になることなくすぐ穿きこなせるのではおませんかと思います。

デザイナー自身スケートボードなどのカルチャーに触れながらもトップスはデザイナーズブランドを合わせたりとバランスをとってニュートラルなファッションを心がけとったさかい普段のオノレのファッションにすぐ馴染んでくれます!!

最新サルエルパンツアイテムカタログ

$(“”140947″”).click( (null, $(‘#headline140947’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”140947″”)

リアルクローズに一番近い商品をZOZOTOWNで扱っているサルエルパンツはどのようなものがあるのでしょうか。

Jieda SARROUERL SKINNY DENIM
¥17,280

GANRYUがサルエルを代表するブランドならjiedaはサルエルスキニーを代表するブランドではおませんでしょうか。足にぴったりフィットしているけれども股上が深くなっている微妙なさじ加減は苦しまんと穿くことができます。
レングスが長めになっていて程よくたまりができたストリートな穿き方はスニーカーとの相性抜群でトップスにパーカー・スウェットはもちろんですがドレッシーなアイテムでもカジュアルダウンとして使えるのではおませんかと思います。

購入はこちら

9分丈のレングスとタックの入ったワイドなシルエットは今年のファッショントレンドらしいサルエルパンツだ。深い股上とワイドなシルエットで立体感があり穿くだけで存在感がありますが決して野暮ったいわけではなくストライプの柄がクラシックな印象とすっきりした雰囲気を演出しています。
タイトなトップスを着てメリハリのあるコーディネートにするのがオススメなパンツだ。

購入はこちら

STUDIOUS ダブルサテンドロップクロッチテーパードスラックス
¥15,120

一本持っているだけでその使い方が様々にあるグレーのスラックス。
ポリエステルの持つ上質な光沢感とセンタープレスの入った洗練されたシルエットが特徴で股上が深くなってもその上品さは変わりません。
対照的に深くなったことで抜け感のあるパンツになりテーパードされることできれいな見え方に。スラックスのような見た目ではありますが、イージーパンツのように楽に穿けるのではおませんでしょうか。

購入はこちら

ALDIES
Sounds Sarouel Pants ストレッチコーデュロイ サルエルパンツ
¥15,336

秋冬の代表素材であるコーデゥロイは今年も多く見られることだと思います。
穿き込んでいくことによって摩擦などでアジがでていく楽しさは秋冬にしか楽しめへんことだ。そないなコーデゥロイ素材も今年はサルエルパンツに挑戦してみてはいかがでしょうか。ストレッチ素材が効いているため着心地は最高によくさらに!!

前と後ろで切り替えになっていてコーデゥロイの色味が違うちうデザインが効いた一本だ。秋冬鉄板の素材ですが、これなら周りと差をつけて穿くことができますね。
シンプルなアイテムをトップには合わせてパンツをアクセントにしたコーディネートにするのがオススメだ。

購入はこちら

MIDWEST
603 サルエルデニムパンツ
¥16,200

ゴム仕様のウエストは穿きやすく、ストレートなシルエット・ノンウォッシュカラーといったオーソドックスなデニムをサルエル仕様にしたもので合わせやすさも兼ねそなえています。
ハリのある素材感でシワになることもないトコはカジュアルに着るのも良いですがジャケットなどのフォーマルなアイテムと合わせても負けることはないのではおませんかと思います。サルエルデニムはものによって高品質なものから低品質なものまで様々にあるのですけどアンタ、この603のデニムは間違いなく高品質なジャンルに入るでしょう。

購入はこちら

*本生地に記載されている商品価格は2015年10月時点のものです。

サルエルパンツスタイル ファッション性豊ですか着こなしが目を引く

$(“”141469″”).click( (null, $(‘#headline141469’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141469″”)

ここまでサルエルパンツをご紹介してきましたが、もう時代遅れだなんて思われている方も少ないのではおませんでしょうか。むしろそうであってほしいものです!!使い方様々になったサルエルパンツは着こなしも幅が広がっています。個性溢れるコーディネートを一挙ご紹介!!

サルエルパンツをスポーティーものと組み合わせたスタイル

$(“”141528″”).click( (null, $(‘#headline141528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141528″”)

サルエルパンツに合わせたトップスはTシャツにジャージのスポーティーな組み合わせ。カジュアルでもなくモードでもなくスポーティーなアイテムを持ってきたのは新鮮味があって良いのではおませんかと思います。トップスからボトムまでゆるいサイズ感で統一しているトコに黒のレザーシューズできっちりと引き締められています。

抜くとこは抜いて締めるトコは締めるといった部分を抑えたコーディネートだ。

カジュアルモードなコーディネートはハットでこなれ感を演出

$(“”141571″”).click( (null, $(‘#headline141571’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141571″”)

ダークトーンで統一されたコーディネートは今ファッション雑誌がしきりに使っている「こなれ感」ちう言葉がぴったりだ。
シャツからちびっとでたインナーの丈感が絶妙で黒が多く使われたコーディネートの中で良いアクセントになっています。腰を落として穿いたサルエルパンツはレングスにゆとりがありダボっとさせたスケーター風な穿き方で足元のスニーカーとのバランスを上手くとっています。

特徴のあるニットはストリートに着こなすのがツボ

$(“”141671″”).click( (null, $(‘#headline141671’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141671″”)

腕にカラフルなカオフラージュ柄があしらわれたスウェットはシンプルなストレートジーンズでは合わせにくくサルエルデニムのシルエットやからこそ合わせられるのではおませんでしょうか。
足元はスニーカーにすることでストリートテイストに仕上げて完成させています。

このようなコーディネートは靴をドレッシーなものに変えるときれい目な雰囲気にすることもできる靴次第でイメージを変えられるコーディネートではおませんかと思います。

異素材のサルエルパンツを使ったモノトーンスタイル

$(“”141698″”).click( (null, $(‘#headline141698’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141698″”)

先ほどのダークトーンのコーディネートとは違って素材違いでポイントを作ったコーディネートだ。光沢のある素材を使っているパンツは合わせ方が難しく敬遠されがちですが、ワントーンコーデのアクセントとして使ってみたりすると使いやすいのではおませんかと思います。

スタジャンをメインに組み立てたカジュアルスタイル

$(“”141704″”).click( (null, $(‘#headline141704’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141704″”)

個性的なスタジャンは無骨なシルエットとデザインで存在感を発揮しています。そこに合わせたサルエルスキニーはシンプルなブルーデニムを選びスタジャンのカジュアルさを崩すことなくスタイリッシュな雰囲気を演出。
股上が深いことで重心が下に下りスキニーのタイトさが足のラインをきれいに出しているのでブーツを履くことによって足長効果があります。足のラインを長く見せたい人やきれいに見せたい人にはブーツとスキニーの組み合わせがオススメや!!

知的なウインドーペーンはサルエルでもイメージは変わらず

$(“”141714″”).click( (null, $(‘#headline141714’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141714″”)

きれい目なパンツなどにあしらわれるウインドーペーンの柄はサルエルでもそのイメージがそこなうことがおません。

カットソーにライダースの男らしい着こなしはボトムで大人なインテリジェンスのあるコーディネートにしています。ソックスのストライプはウインドーペーンの柄と合わせるためでスリッポンが抜け感を演出。男臭いコーディネートはチェックなどで大人な雰囲気にするのが良いでしょう。

ベーシックなコーディネートも普段とは違う雰囲気に

$(“”141720″”).click( (null, $(‘#headline141720’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”141720″”)

Gジャンにチノパンの普段何気なく見るコーディネートもボトムをサルエルチノにするだけで毎日毎晩壱年中と違った見え方がしますね。アクセントがないような気がするのでカジュアルな靴下を柄物にしてみたり靴を変えてみたりしてアクセントを作るとベーシックでも小技の効いたコーディネートになります。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. スタンスミスのスウェードシューズ再来!限定~新作アイテムまで紹介…

  2. アウトドアプロダクツのバッグは使える!おすすめアイテム集

  3. スキマ時間でスキルアップ! 社会人に人気の習い事7選

  4. 【可児市絶品ランチ特集】洋食・和食・イタリアンの美味いおすすめ店…

  5. ダイビング未経験の方でも大丈夫!スキューバダイビングの基礎から楽…

  6. 恋愛感情がわからない人の原因とは?パターン別で徹底解説!

  7. 熟練の職人が手掛けるモンブランのおすすめメンズ財布5選!

  8. 仕事でけへん男の典型的な特徴|NG行動と今日から改善できる方法解…

  9. 半同棲のメリット・デメリット|家賃がもったいなくても気が楽な方が…

  10. 【逆転の発想】風邪の引き方をマスターして、健康すぎる体になる驚き…

  11. 締めにいかが?福岡市西区の人気ラーメンを食べよう!

  12. 【スニーカー特集】ハイセンスな足元を作る旬のブランドメーカー10…

ページ上部へ戻る