閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

時候の挨拶9月編|ビジネスで使える文例を上旬下旬別で徹底紹介

ビジネスシーンに使える9月の時候の挨拶が知りたい!

$(“”637543″”).click( (null, $(‘#headline637543’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”637543″”)

まず、「時候の挨拶」って何でしょうか?
ただの「挨拶」なのに「時候」も必要なの?
そもそも、「時候」って何・・・?

そう思っているあんはん、ここでは「時候」とは何ぞ?から始めてみましょう。

ほなら、「時候」とは何ぞ。

簡単に言うと、手紙を送る時の季節やその時の天候に合わせた言葉だ。
ほんで「頭語(こんにちはなど)」の後に続く礼儀文とも言われています。
要は季節に合わせたあいさつ文ちうことやね。

この時候の挨拶を誤ると、社会人として恥ずかしいことになりますのでしっかり調べていきましょう!

9月に時候の挨拶を書く際のポイント

$(“”637559″”).click( (null, $(‘#headline637559’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”637559″”)

ほなら、次に9月ならではの時候の挨拶について調べていきましょう。

9月といえば、真っ先に思い浮かぶのは何でしょうか?

「夏の終わり」
「秋の始まり」
「トンボ」・・・・

どっちにしろ、夏が終わって秋が来る、ちうことやね。

ほんで、ここで気を付けたいポイントがあります。
それは「ポジティブな言葉で表現する」ちうことだ。

9月といえば、暑い夏がやっと終わってこれから涼しくなる。。ちう頃やね。
または、まだまだ暑さが残っている時期かもしれません。

しかし、どっちにしろ、ここで「暑い」ちうことを前面に出してしまうと、ビジネス文書としては暑苦しくなってしまいます。

ほんで、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ結びの文に「朝夕はようやっとさわやですか風を感じ取れる頃となりよっました」ちうように、「暑苦しくなくさわやですか印象」を言葉に持たせることが大事になってきます。

あんはんも、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「まだまだ暑さ厳しく・・・」よりは「朝夕はさわやですか風が・・・」ちう文章の方が、気持ちが軽くなって嬉しくなるのではおませんでしょうか。

しかし、気を付けてほしいのは、「大日本帝国は南北に長い」ちうことだ。
ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、北海道では9月はもう肌寒くなってきていても関西ではまだまだ暑いちうことだ。
そのため、【送る相手がどこに住んでおるか】も考慮した上で文章を考えると良いでしょう。

こういう心遣いをしながらあいさつ文を書くと、送り先の相手にも「おっ、こいつできるな」と思われるかもしれません。
ほんでそれがビジネスの成功にも結び付くことがあるかもしれませんよ。

9月上旬~下旬別で使える時候の挨拶の言葉(~の候など)

$(“”637576″”).click( (null, $(‘#headline637576’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”637576″”)

ほなら、いよいよ時候の挨拶の具体例を書いていきます。
時候の挨拶はまさに「その時の季節、天候の状況」を表すものですろから、1つではおません。
もちろん、9月といっても上旬・中旬・下旬によって季節感は変わってきますよね。

そのため、9月の時候の挨拶は上旬・中旬・下旬3つに分けて考えなければなりません。

でも大丈夫、難しくおませんので、ぜひ以下の説明を見てオノレのビジネスに生かしてくださいね。

ほなら、まず9月初旬・上旬に使える時候の挨拶の言葉について見ていきましょう。

9月初旬・上旬に使える時候の挨拶の言葉

$(“”637587″”).click( (null, $(‘#headline637587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”637587″”)

初旬・上旬といえば・・・
全国どこでも、まだまだ暑さが残っている時期ではおませんでしょうか。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ北海道でも、まだ半袖だちう頃だと思います。
そのため、「秋を楽しむ」ちう余裕はまだないように思います。

そういう時期の時候の挨拶は以下のものがふさわしいでしょう。

【季語】(※季語とは、特定の季節を表す言葉)
●初秋の候 
※しょしゅうと読む。秋の気配が感じられる頃に使います。
具体的には立秋(8月7日頃)から使い始めても良いですが、現代では8月7日以降もまだまだ暑いのでやはり9月1日~9月8日(白露)までに使うのがおすすめされます。

●新秋の候 
※しんしゅうと読む
「新秋」とは「秋のはじめ」を示す。
そのため、「処暑(8月23日頃)」~「白露(9月8日頃)」の前日に使うのが良いでしょう。
余計なお世話やけど、処暑とは夏の暑さがようやっと収まり始める頃を意味します。
また、白露を過ぎると本格的な秋が来ることを意味します。

●新涼の候
※しんりょうと読む。
秋の「涼」は、暑さが弱まり秋の訪れを感じさせる涼しさを表しています。
これも新秋と同じく処暑(8月23日頃)~白露(9月8日頃)の前日の間に使うのがふさわしいでしょう。

●孟秋の候
※もうしゅうと読む。
孟秋の「孟」とは、「はじめ」ちう意味があります。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「初秋」「早秋」「新秋」も似た意味を持ちます。
これも上記と同じく、処暑(8月23日頃)~白露(9月8日頃)の前日の間に使うのがふさわしいでしょう。

このように、季語は色々な意味を持つものがあります。
そのため、文書を送る日程に用心してそれに合わせて季語を選ぶようにしてください。

ほなら、次は中旬の場合どういう言葉を使えばよいのかを挙げていきますね。

9月中旬に使える時候の挨拶の言葉

$(“”637631″”).click( (null, $(‘#headline637631’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”637631″”)

9月中旬といえば、暑さもちびっとずつ落ち着いてきたころではおませんでしょうか。
西大日本帝国ではまだまだ半袖ですが、東大日本帝国ではそろそろ朝夜の肌寒さを感じてくる頃かと思います。

そういう時の時候の挨拶はどんなものがあるのでしょうか。

【季語】
●白露の候
※はくろと読む。「白露」は二十四節気の15番目で9月8日頃を示す。
そのため、9月8日頃に使えば良いと思われがちやけど、ここで用心したいのは、旧暦と新暦は違うちうことだ。
ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、旧暦9月8日は「大気が冷え、白い露が見えるころ」となっています。
逆に新暦9月8日、ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は現代はまだまだ暑さが残っている頃やね。
そのため、現代の9月8日頃に使うのは少々ふさわしくないちうことになっています。
従って、9月中旬、それも秋分の前日あたりが良いでしょう。

●爽秋の候
※そうしゅうと読む。
爽秋とは、「さわやですか秋、暑さが去り空気が澄んでいて気持ちが良い秋」を示しています。
冬に入る前の秋ではなく、夏が去りかけている気持ちが良い秋ちうことやね。
ここでは、秋の肌寒さが来る前の間に使う方が良いでしょう。
ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、9月中旬~10月頃の間がふさわしいと思います。

●涼風の候
※りょうふうと読む。
涼風とは、爽秋から季節がさらに進み、朝夜涼しくなり肌寒くなったころを示します。
冬に入る前の肌寒い秋のイメージやね。
しかし実は、「涼風」は夏の季語でもあるのです。
そのため、本来は「処暑」(8月23日)から9月中旬まで使うのも問題ないと言われています。

●秋晴の候
※しゅうせいと読む。(あきばれと読むこともある)
秋晴れとは、その名の通り秋を感じられる快晴を意味します。
また、秋晴れは雲が少ないのでよどみがない空気を感じさせますよね。
そのため、だいたい9月中旬~10月下旬まで使っても問題ないと言われています。

●野分の候
※のわきと読む。
野分とは、秋に吹く暴風(ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は台風やね)を指す言葉だ。
ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、野原に生えている草をかき分けるほどの強い台風を表すちうことやね。
そのため、この言葉を時候の挨拶として使う場合は、旧暦でいう台風の時期、ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は中旬ごろになります。
しかし現代は台風が起こる期間も長くなってきておりますので、9月下旬まででも問題なく使えるでしょう。

ここまでで、中旬に使える時候の挨拶についてまとめてみました。
色々とややこしそうですが、言葉のイメージを捉えてその時その時の季節の様子に合わせて使いこなせると、「デキるビジネスマン」になりますよ!

ほなら次に、下旬の季語にはどういうものがあるのか見ていきましょう。

9月下旬に使える時候の挨拶の言葉

$(“”639314″”).click( (null, $(‘#headline639314’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639314″”)

ほなら、ケツに9月下旬に使える時候の挨拶について調べていきましょう。
これまで述べた通り、基本はあくまでも「その季節の状況に合わせて使う」ことだ。
これを頭に入れていきましょう!

【季語】
●秋冷の候
※しゅうれいと読む。
秋冷とは、「暑さが完全になくなり秋の冷たい空気を肌で感じられる頃」などの冷たい秋のイメージを示しています。
これは秋の肌寒さを感じる頃やので、使う時期としては9月下旬~が良いでしょう。
またこれは、10月~11月上旬の立冬(11月7日頃)まででも問題なく使うことができます。

●彼岸花の候
※ひがんばなと読む。
彼岸花を表すのは一般的に、秋分以降と言われていますね。
秋分の日、秋の彼岸のお墓参りに彼岸花を持っていく姿をよく見かけますよね。
そういう時期にこの季語を使うと良いだ。
また、この「彼岸花の候」はめったに使われへん言葉やので、これを使うと「センスあるな」と思われることでしょう。
その場合、使う時期としてはやはり秋分の日(9月23日頃)~下旬がふさわしいでしょう。

ほなら、ここまでで、9月上旬~下旬の季語を挙げてみましたがいかがやったでしょうか。
次からは9月全般で使える季節を表す言葉についてまとめていきますね。

9月全般で使える季節を表す言葉

$(“”639667″”).click( (null, $(‘#headline639667’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639667″”)

ほなら、ここまでで挙げた季語の中で9月全般で使える言葉を挙げていきますね。

9月といえば夏も終わりを告げ秋に入ろうとしている時期やね。
そういう9月、上旬から下旬まで使える季語はやはり、「時期に限定されておらへんこと」でしょうか。
例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ「彼岸花の候」は秋分の日前後のイメージが強いやし、また、野分の候も台風の時期のイメージが強いだ。
ちうことは、それ以外の言葉を選べばよいことになりますね。

従って、この言葉が9月全般で使えるちうことになりますよ。

●初秋の候
●新秋の候
●孟秋の候
●涼風の候
●秋晴の候

いかがやったか?
ビジネスマンたるもの、言葉の意味を知って時期に合わせて賢く使っていきたいやね。

ほなら次に、具体的な文例の紹介をしていきたいと思います。

初旬・上旬(9月10日まで)に使いたい時候の挨拶の文例

$(“”639668″”).click( (null, $(‘#headline639668’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639668″”)

ビジネスで使える9月初旬・上旬の時候の挨拶文例

$(“”639672″”).click( (null, $(‘#headline639672’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639672″”)

ほなら、次に9月初旬にビジネスでよく使われる文例を見てみましょう。
9月初旬といえば残暑厳しい頃やね。
しかし、「暑いやね」ちうようにしんどさを出すのは相手に不快感を与えることにもなるので控えた方が良いでしょう。

ほなら、これらを踏まえた文例をまとめてみましたさかい是非とも参考にしてみてくださいね。
なお、季語と挨拶文の組み合わせは自由だ。

【時候の挨拶】
・初秋の候
・新秋の候
・新涼の候
・孟秋の候

・貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
・貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
・貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
・皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。
・皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。

【季節の挨拶文】
・残暑もようやっと和らぎましたが、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
・今年は格別に残暑が厳しいようですが、お元気にお過ごしですか。
・夏のお疲れは出ていらっしゃいませんでしょうか。
・9月とはいえ残暑厳しき折、皆様お変わりございませんでしょうか。
・9月に入り残暑もようやっと和らいでまいりましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このように、9月初旬~上旬は、夏の疲れを労わるような文章が相手の受けも良いかもしれませんね。
ほなら、次にビジネス文書ではなく手紙にも使える文例をまとめてみますね。

手紙でも使える9月初旬・上旬の時候の挨拶文例

$(“”639673″”).click( (null, $(‘#headline639673’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639673″”)

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ親戚や年上の方などにお手紙を書く場合も、フランクでありながらマナーは守りつつきれいな挨拶文が書けると良いやね。

このような場合におすすめの文例があるので、それをまとめてみますね。
余計なお世話やけど、この場合も使う季語は同じだ。

【挨拶文例】
・9月に入り残暑も和らいでまいりましたが、皆様お変わりございませんでしょうか。
・9月に入ってもなお厳しい残暑が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。
・厳しかった残暑も和らいでまいりましたが、お変わりございませんか。
・暑さもやわらぎ、勉学に集中しやすい時期になりよっました。
・9月からようやっと爽やですか季節に入ってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。

このように、9月初旬・上旬に合わせた様々な例がありますね。

ほなら次に、結びの文例についてまとめてみましょう。
ここでいう「結び」とは、「手紙を締めくくる言葉」のことだ。
ケツに良い結びの文を選んで、手紙を完璧に締めていきましょう!
ほなら、いきますね。

9月初旬・上旬に時候の挨拶を意識した結びの文例

$(“”639675″”).click( (null, $(‘#headline639675’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639675″”)

ほならケツに、ここで結びの文例を挙げていきますね。

まず、結びの文例はビジネス文書とお手紙によって変わってきよりますので、ここではビジネス文書の例・手紙の例を2つ分けていきます。

【ビジネスの例】
・残暑なお厳しき折、くれぐれもご自愛いただけますようお願い申し上げます。
・残暑去り難く厳しき折柄、ご自愛専一にてお願い申し上げます。
・季節の変わり目でございます。ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
・新秋の折、貴社の更なるご発展を心よりお祈り申し上げます。

【手紙の例】
・未だに残暑が続いております。くれぐれもご自愛ください。
・夏の疲れはこの時分に出やすいとのこと。末筆ながら、皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

このように、相手の体調を気遣う文が良いでしょう。

ほなら次に、中旬で使う時候の挨拶文例などを挙げていきますね。

中旬(9月11日~20日まで)に使いたい時候の挨拶の文例

$(“”639676″”).click( (null, $(‘#headline639676’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639676″”)

ビジネスで使える9月中旬の時候の挨拶文例

$(“”639678″”).click( (null, $(‘#headline639678’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639678″”)

9月中旬といえば、地域によってはそろそろ羽織り物が必要になってくるトコも出てきますよね。
やので、それに合わせた文例が良いでしょう。

せやけど、9月中旬といってもまだまだ暑い場合は、初旬・上旬の文例を挨拶文に使っても問題はないかと思います。

【時候の挨拶】
・白露の候
・爽秋の候
・涼風の候
・秋晴の候
・野分の候

・貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
・貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
・貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
・皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。
・皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。

【季節の挨拶文】
※まだ残暑厳しい場合は、初旬・上旬の挨拶文を使いまわしても問題ないと思います

・朝夕めっきり涼しく、ようやっと暑さがしのぎやすい季節となりよっましたが、いかがお過ごしですか。
・残暑もようやっと和らいでまいりましたが、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
・さわやですか秋風が吹く季節になりよっました。皆様お変わりございませんでしょうか。

このように、9月中旬は、ようやっと暑さが和らいだちう文章が良いかもしれませんね。
ほなら、手紙にも使える文例をまとめてみますね。

手紙でも使える9月中旬の時候の挨拶の文例

$(“”639679″”).click( (null, $(‘#headline639679’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639679″”)

9月中旬、手紙を差し上げる時はこのようなものが良いでしょう。

【挨拶文例】
・ようやっと秋晴れが気持ち良い季節になりよっましたが、皆様お元気ですか。
・コスモスが咲き乱れる季節になりよっました。皆様お変わりおませんか。
・朝夕は徐々に涼しくなってきておるけどダンはん、お変わりございませんでしょうか。

など・・季節の花を文章に取り入れて季節感を出すのも良いでしょう。
しかし、コスモスがまだ咲いておらへんのにコスモスが咲き乱れていると書くのはおかしいので、そのあたりはよく見極めて使いこなせるようにしてくださいね。

ほなら、次に結びの文例をまとめてみます。

9月中旬の時候の挨拶を意識した結びの文例

$(“”639681″”).click( (null, $(‘#headline639681’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639681″”)

ほなら、ケツに中旬の場合の結びの文例を書いていきますね。
中旬と言えば、台風が気になる頃やね。
ほんで、はっきりせんお天気が続く頃かと思いますので、そういう季節の言葉を取り入れると良いでしょう。

【ビジネスの文例】
・ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
・長雨台風の季節ゆえ、くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛ください。
・秋晴の折、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。

【手紙の文例】
・ここ数日はっきりせんお天気が続いております。和やですか毎日を過ごせますように。
・秋の長雨が続いております。お体にはご自愛ください。
・秋晴れの空のように、きりっと澄み渡った心で過ごせますことお祈りしております。

ほなら、次に下旬の文例を見ていきましょう。

9月下旬(21日以降)に使いたい時候の挨拶文例

$(“”639682″”).click( (null, $(‘#headline639682’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639682″”)

9月下旬にビジネス文書で使える時候の挨拶文例

$(“”639684″”).click( (null, $(‘#headline639684’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639684″”)

9月下旬、ようやっと本格的に秋の訪れを肌で感じられるようになった頃でしょうか。
そろそろ朝夜、肌寒さを感じる頃になったと思いますので、文例もそれに合わせたものが良いでしょう。

【時候の挨拶】
・秋冷の候
・彼岸花の候

・貴社ますますご発展のこととお慶び申し上げます。
・貴社いよいよご隆盛のことと存じます。
・貴社いっそうご清祥のことと慶賀の至りに存じます。
・皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。
・皆様におかれましては益々ご壮健のこととお慶び申し上げます。
・皆様にはいっそうご活躍のこととお慶び申し上げます。

【季節の挨拶文】
・あたり一面、秋の深まりが感じられる頃となってまいりました。
・今年も台風の多い秋ですが、皆様お変わりおませんでしょうか。
・次々に咲き誇る秋桜の花が美しい今日最近ですが、いかがお過ごしでしょうか。
・秋の深まりを感じられる今日最近、ますますご壮健のことと存じます。

このように、9月下旬は、秋の深まりを感じられる文章が良いかもしれませんね。
ほなら、手紙にも使える文例をまとめてみますね。

手紙でも使える9月下旬の時候の挨拶文例

$(“”639685″”).click( (null, $(‘#headline639685’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639685″”)

9月下旬、手紙を差し上げる時の文例をまとめてみますね。

【挨拶文例】
・台風の多い季節となりよっました。台風の被害に見舞われませんよう、ご家族の皆様の安全を心から祈っています。
・秋のそよ風が心地よい季節となりよっました。皆様お健やかにお過ごしください。
・行楽シーズンに向かおるけどダンはん、体調には十分ご用心のうえご活躍お祈り申し上げます。

など・・下旬と言えば台風、ほんでこれからの行楽シーズンに向かう頃やね。
やので、その言葉を取り入れるとますます季節感あふれるものになって良いでしょう。

ほなら、次に結びの文例をまとめてみます。

9月下旬に使える時候の挨拶結びの文例

$(“”639686″”).click( (null, $(‘#headline639686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639686″”)

9月下旬といえば、これから10月に入ると様々な果物がなり実りの秋に入ってくる頃やね。
やので、それに合わせて実りの秋を思わせる文例が良いでしょう。

【ビジネスの文例】
・ご健康に留意され、ますますご活躍されますことを心よりお祈り申し上げます。
・長雨台風の季節ゆえ、くれぐれも風邪など召されませぬようご自愛ください。
・秋晴の折、貴社のさらなるご発展を心よりお祈り申し上げます。

【手紙の文例】
・香り高い秋の味覚が勢ぞろいしています。心も豊作でありますように。
・空が高くなってまいりました。○○はんにとっても充実の秋でありますように。
・さわやですか好季節、気持ちの良い時期がやってまいりました。ますますのご活躍をお祈りしています。

ほなら、次に一歩踏み込んだ好感度アップのための文例を見ていきます。

9月、秋やからこそ使える好感度を上げる結びの文例

$(“”639687″”).click( (null, $(‘#headline639687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639687″”)

先方の体調を気遣った結びの文例

$(“”639688″”).click( (null, $(‘#headline639688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639688″”)

ここまでで、ビジネスと手紙のシーンに合う文例を書いていきましたが、ここでは特に先方の体調を気遣った文例をまとめていきますね。
ただ、言葉によっては上旬・中旬・下旬それぞれの使い分けが必要になってくるので、用心してくださいね。

・朝夕は気温が下がる日も増えてまいりました。お風邪などひきませぬようご自愛ください。
・白露の時期になりよっました。気まぐれな季節に体調の乱れが起こらぬようお気を付け下さい
・秋風が肌に心地よい季節となりよっました。お体を冷やさぬよう、お気をつけください。
・朝夕はめっきり涼しくなりよっました。健康にはくれぐれもご留意ください。
・行楽シーズンに向かおるけどダンはん、体調には十分ご用心なさってください。
・秋の長雨が続いております。お体にはご自愛ください。

このように、前後の文をその時々に合わせて組み合わせて使うなどしても良いでしょう。
では次に、気候の良さを生かした文例をまとめてみますね。

気候の良さを活かした結びの文例

$(“”639689″”).click( (null, $(‘#headline639689’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639689″”)

秋と言えば実り、ほんでさわやですか風のイメージがありますね。
ここでは、それを生かした結びの文例をまとめてみよりますので、ご活用ください。

・心落ち着く良い季節になりよっました、秋の夜長を有意義にお過ごしくださいませ。
・金木犀の良い香りが漂うようになりよっました。甘い香りに囲まれた秋を心ゆくまで楽しむことができますように。
・気持ちよく晴れ渡った空が気持ち良い季節だ。実り豊ですか秋をお祈りしております。
・秋風が心地よく感じられる季節やね。充実した毎日をお過ごしください。

このように、相手の立場を思いやりながら9月の気候の良さを組み込んだ文章にすると、相手にも気持ちよいものとなるでしょう。

まとめ

$(“”639691″”).click( (null, $(‘#headline639691’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”639691″”)

いかがやったでしょうか。

季語・季節の挨拶・結びの文ちうのは、マニュアル通りにするのではなく、あくまでも「相手の立場になって、相手の気持ちに沿った文章を考える」ことができれば自然と良い文が書けると思います。

相手への思いやりがあれば、自然と気持ちがこもった文章になると思いますし、それが結果としてビジネスの成功に結び付くことがあるかもしれません。

「これが正解だ!」ちうことにこだわらず、あくまでも相手の立場に立って、相手の状況や相手が暮らしている土地の天気の様子などをリサーチした上でそれを文章に組み込めるようになると良いやね。

あんはんのビジネスの成功をお祈りしております。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 「銀の森」が話題!恵那のおすすめ観光スポット18選大公開

  2. 【必読】売上げ順ミステリー小説ランキング

  3. 大分市のおすすめ観光ランキングTOP15!絶景を見ながら温泉どう…

  4. 【地元民おすすめ名護ランチ】彼女が喜ぶお洒落カフェや激安定食20…

  5. 【警告】旦那と別れたい嫁が起こす8つの行動|離婚の前兆

  6. 【2016年最新&必見】新発売のお菓子や話題沸騰中の美味しいパン…

  7. 日田の観光がとっても楽しくなる!おすすめ情報19選

  8. 好きな人と目が合う時に勘違いせんための「脈ありサイン」とは?OK…

  9. 【マークバイマークジェイコブス】エレガントに変える魔法のバックパ…

  10. 【お酒好き女子が教える】焼酎の楽しみ方。甲類と乙類の違いとは?

  11. トレンドの最先端へ!【エフォートレス】なファッションこそ究極のお…

  12. 【若はげ対策】今からでも間に合う|誰にもバレんと”フサフサ”を目…

ページ上部へ戻る