閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

最強の相棒レッドウィング!ジャンルを決めへんオリジナルコーデ5選!

【そもそも、レッドウィングとは?!】

$(“”162962″”).click( (null, $(‘#headline162962’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162962″”)

レッドウィング (Red Wing) について

$(“”169688″”).click( (null, $(‘#headline169688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169688″”)

1905年、アメリカミネソタ州のレッドウィングちう街で、チャールズ・ベックマンが14人の仲間と共に「Red Wing Shoe Company」ちう名の小さな工場を設立。現在でも、アメリカ国内での生産にこだわり、本格的な作りに相反した控えめの値段設定などの条件が重なり、世界中のワークブーツを代表するブランドへと成長したちうわけだ。現在では、赤い羽根がロゴマークとして用いられている。

出典: ja.wikipedia.org

手作業によって丁寧につくられている

$(“”165067″”).click( (null, $(‘#headline165067’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165067″”)

履いてみればわかる、その実用性と耐久性、機能性を兼ね備えているレッドウィングのアイテムだ。一つ一つが丁寧な手作業によってつくられていて、安心感を持って履きこなす事ができます。

「レッドウィング」の魅力はコレ!!

$(“”162961″”).click( (null, $(‘#headline162961’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162961″”)

レッドウィングを代表するアイテムが、「ハンティングブーツ」だ。その名の通り、ハンティング用に主に履かれとったブーツで、丈夫な作り・デザインが基調として、幅広い仕様ではきこなす事が出来ます。色やデザインも様々で、幅広いスタイルにおいて履きこなしを楽しむ事が出来ます。

綺麗な新品の状態から、履きこんでいくごとのその風合いが様々な変身を魅せてくれます。その経年変身による履きここまれた表情も魅力的だ。長く履きこんでいきたいと思わせてくれるアイテムがみられます。

手入れを続けるほどに、オノレの色に育っていく過程は、愛用者にはたまりませんひと時や!

「レッドウィング」の特徴とは!!

$(“”162960″”).click( (null, $(‘#headline162960’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162960″”)

代表的な形状も9つ程のタイプに分かれていて、ほんでさらにカスタマイズされたアイテムなども多く見られます。ソールの厚みから、革の厚み・質感、丈の長さが違うものですらなんですら、そのどのタイプにおいても、異なる表情を魅せてくれますが、一貫してレッドウィングを感じさせてくれる履きごたえが魅力的だ。

丈夫で履きごたえを感じるブーツやからこそ、アクティブなシーンにおいてもその魅力を引き出してくれます。バイカーなどの間でも、その履き心地・使用感を持ってバイクを操る一つの道具としても見られていてるのではおませんでしょうか。

ワークシューズとしても、活躍してくれるアイテムやので、様々な職人はんの職人道具としても愛用されているのが分かります。履きごたえを直に感じる事ができて、職人はんによる確ですかものづくりを感じるからこそ、ものづくりをしている人の足元にも必要不可欠なアイテムとして見られています。

「レッドウィング」がワードローブアイテムとして人気の理由は!?

$(“”162959″”).click( (null, $(‘#headline162959’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162959″”)

これまでにみてきたように、アホでも使えるようで毎日の履きこなしによって、毎日違った表情ではきこなす事ができるので、日々のワードローブにおいてもすごい活躍してくれます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、靴に一番近い合わせのアイテムとしてソックスがあります。ソックスにおいても、厚みや生地がちびっと違うだけでも、靴の履きこなし・履き心地が変わってくるものです。一つの靴下が違うだけでも、合わせる洋服も変わってくるため、幅広いバリエーションを持ってスタイルとの合わせを楽しむ事が出来ます。

【レッドウィングのスタイル・コーデ紹介!!】

$(“”162958″”).click( (null, $(‘#headline162958’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162958″”)

スタイル①:「デニムオンデニムスタイル」

$(“”162957″”).click( (null, $(‘#headline162957’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162957″”)

近年のファッショントレンドアイテムとしても人気がある「デニム」と「デニム」を合わせるスタイルだ。硬い生地と硬い生地におけるそのスタイルは、ワークスタイルとしても支持られているスタイルの一つだ。その上、硬くてごつい印象のレッドウィングのブーツがより全体の印象をまとめてくれます。また、デニムにおいても、長く使っていく事でよりその表情を育てていく事が出来るので、レッドウィングとのモノづくりにおけるアイデンティティーの交差を感じる事が出来ます。

レッドウィングアイテムは、老若男女問わず幅広い愛用者がみられています。デニムオンデニムのスタイルにおいても、単にデニムとデニムを合わせるだけではなく、シックに合わせる事もモダンに合わせる事も、その一つ一つのスタイルによっても、印象深く合わせを楽しむ事が出来ます。

スタイル②:「マウンテンスタイル」

$(“”162956″”).click( (null, $(‘#headline162956’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162956″”)

マウンテンスタイルと題して、山登りをする際のファッションスタイルにおいても、カジュアルライクに着こなしを楽しむ事が出来ます。デニムパンツにパーカーやダウン系ジャケットをラフに合わせて、機能的な印象を垣間見せてくれるスタイルだ。硬さやを感じる中にも素材としての軽やかさを魅せてくれるスタイルやので、重すぎない印象のスタイルを作る事が出来ます。

スタイル③:「ミリタリースタイル」

$(“”162955″”).click( (null, $(‘#headline162955’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162955″”)

軍物アイテムはミリタリー系スタイルにもすごい相性良く履きこなしを楽しむ事が出来ます。秋冬にも毎年ミリタリー系のジャケットはトレンドアイテムとしてみられています。アクティブなスタイルに相性が良いレッドウィングのブーツやので、アクティブな背景をもった装いには比較的相性を良くあわせを楽しむ事が出来ます。

近年のファッショントレンドにおいては、「MA-1」や「フライトジャケット」がトレンドアイテムとして見られています。ボリューミーな重たい空気感を持ったスタイルにも相性良く合わせる事が出来ます。

スタイル④:「ジャケパンスタイル」

$(“”163352″”).click( (null, $(‘#headline163352’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163352″”)

綺麗目なジャケットとパンツを合わせた「ジャケパンスタイル」にも相性良く合わせる事が出来ます。ポイントは、重さや質感による比重バランスを調整する事だ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、ジャケットに薄めのカットソーを入れると、シューズだけが浮いて見える事もあります。そのため、ジャケットにシャツやタイなど硬めのレイヤード取り入れる事で、バランスを持ったスタイルを作る事が出来ます。バッグや小物なども効果的に合わせながらよりスタイルにより奥行きを演出してみてはいかがでしょうか。

ジャケットの生地感一つとっても相性の幅・印象が変わってきますね。軽い素材のシングルタイプのジャケットよりは、重たいベルベットやレザー系のダブルタイプのジャケットだとより同じバランスでスタイルを作る事が出来ます。シューズに合わせすぎる必要もおませんが、スタイルを作るうえで、アイテムや色合いの足し引きをしながらバランスをている事も着こなしのポイントの一つだ。

スタイル⑤:「ワーク系スタイル」

$(“”163354″”).click( (null, $(‘#headline163354’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”163354″”)

ワーク系スタイルにもすごい良い相性で着こなす事が出来ます。いかにも、合わせやすいスタイルでスタイルを断定するのではなく、小物やインナーアイテムなどにしても、足し引きしながら印象を一つでも作っていく事が着こなしのポイントでもあります。ストールからスカーフを取り入れたり、シャツからハイネックアイテムをとりいれても良いでしょう。スタイルの幅が広がれば、履きこなしの印象も変わってくるので、さらに魅力的なポイントを引き出す事が出来ます。

【おすすめアイテム紹介!!】

$(“”162954″”).click( (null, $(‘#headline162954’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162954″”)

「アイリッシュセッター8875」

$(“”165118″”).click( (null, $(‘#headline165118’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165118″”)

[レッドウィング] REDWING Irish Setter (アイリッシュセッター) 8875正規取扱店

価格: ¥ 36,900 – ¥ 39,852

購入はこちら

レッドウィングのアイテムの中でも、代表的な人気アイテムがアイリッシュセッター8875だ。履き合わせ・履き心地共に安定したスタイルを楽しむ事が出来ます。

「8165」

$(“”165119″”).click( (null, $(‘#headline165119’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165119″”)

[レッドウィング] RED WING プレーン ワークブーツ 8165

価格: ¥ 32,400

購入はこちら

ブラックカラーが基調のブーツで、カジュアル過ぎんとシックで綺麗目なスタイルまで幅広い着こなしを期待できます。大人の渋い印象を作る事もできるのではおませんでしょうか。

「9197」

$(“”165120″”).click( (null, $(‘#headline165120’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165120″”)

(レッドウィング) RED WING POSTMAN BOOT D [9197]

価格: ¥ 41,904

購入はこちら

「POSTMAN」ちう名の通り、ポストマン・郵便局員の為のデザインとして魅力的なラインだ。シックでクラシカルな印象があり、モードかつストリートなスタイルにおいても履き合わせる事が出来ます。比較的スタイリッシュな印象もあります。スラックスやニットなど柔らかく薄い素材のアイテムに合わせても、魅力的なスタイルを作る事ができるのではおませんでしょうか。

「8106」

$(“”165122″”).click( (null, $(‘#headline165122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165122″”)

[レッドウィング] REDWING Work Oxford(ワークオックスフォード) 8106

価格: ¥ 36,000 – ¥ 38,880

購入はこちら

レッドウィングの中でも、ショート丈が印象的なオックスフォードデザインのアイテムだ。軽やですか履き心地が出来る上では、幅広いスタイルで幅広い季節感の中でファッション的に活用できるアイテムではおませんでしょうか。

「8271」

$(“”165123″”).click( (null, $(‘#headline165123’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”165123″”)

購入はこちら

エンジニア系のロングブーツだ。よりヘビーな印象でワークスタイルからミリタリースタイルまで楽しむ事が出来ます。履きこんでいくと、革が柔らかくなっていき足に徐々に慣れていく・フィット感を感じる事も出来るので、より印象的なスタイルを表現する事も出来ます。

【レッドウィングコーデのポイント・用心点?!】

$(“”162953″”).click( (null, $(‘#headline162953’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162953″”)

長くより魅力的に履くためには、メンテナンスが重要!

$(“”169803″”).click( (null, $(‘#headline169803’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169803″”)

革靴においては共通して言える事ですが、メンテナンス一つで履き心地や履きこなしが大きく変わります。革は長く履きこなす事が出来る耐久性のある素材だ。革は履きこなしていく毎に経年変身を楽しむ事が出来る点も魅力的なポイントだ。よりオノレらしく楽しむうえでも、革用の適したオイルやクリームなどで鞣してあげる事が必要だ。

ソックスとの合わせで、履き合わせがより広がる!

$(“”169809″”).click( (null, $(‘#headline169809’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169809″”)

ソックスも様々な厚みや質感を持ったアイテムが多くあります。その上では、ソックス一つによっても履きこなしのスタイルの幅が大きく変わってきます。季節感でソックの生地を変えるのもポイントだ。ソックスの厚みによっては、紐の結びに強弱をつける事も出来るので、幅広いシルエットで履きこなしを楽しむ事が出来ます。

ワードローブで変えたい、パンツの裾・丈感!

$(“”169846″”).click( (null, $(‘#headline169846’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”169846″”)

近年のファッショントレンドにおいては、8部・9部丈のパンツの裾感がトレンド的なスタイルとしてみられています。重たいブーツをより重たく見せるのも、軽やかに見せるのも、裾のスタイリング一つで表情を変える事が出来ます。ソックスとの組み合わせによりそのバランスを調整しながら、強弱あるスタイルを演出してみてはいかがでしょうか。

【レッドウィングの着こなしのコツ-合わせのアイテム-】

$(“”162952″”).click( (null, $(‘#headline162952’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162952″”)

①:「レッドウィング」×「コート」

$(“”162951″”).click( (null, $(‘#headline162951’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162951″”)

合わせのアイテムのポイントとしては、ブーツが前面に出過ぎない重量感のバランスを保つことがポイントだ。その上では、同じくらいの重量感を持ったアイテムがポイントになります。その一つとしては、コートアイテムだ。コートにおいては、ロング過ぎると逆に重たいスタイルになってしまうので、ミドル丈を主にバランスを調整していくのもポイントだ。

②:「レッドウィング」×「レイヤーインナー」

$(“”162949″”).click( (null, $(‘#headline162949’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162949″”)

近年ファッショントレンドとしても、トレンドスタイリングとしてもみられているのが、インナーのレイヤー・重ねスタイルだ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあニットの下にシャツを合わせるスタイルですが、合わせるだけではなく、ニットの下のシャツの裾をニットの裾からラフに見せる事がポイントだ。階層をつける事で、より奥行きのあるスタイルが印象付けるので、バランスのとれたスタイリングも期待できます。

③:「レッドウィング」×「パンツ」

$(“”162947″”).click( (null, $(‘#headline162947’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162947″”)

パンツにおいては、裾感で遊んでみてはいかがでしょうか。丈が短いパンツは、ソックスなどを合わせてバランスを図ったり、重たい印象のデニムパンツは、ロールアップの仕方ひとつで印象が重たく見せたり、軽く見せたりする事ができます。履きこなす日の目的によって、その表情を変える事で、より奥行きのある履きこなしが出来るのではおませんでしょうか。紐を結び方も、パンツの裾のスタイリングによって変えてみてはいかがでしょうか。

【レッドウィングコーデの着こなしのポイントおさらい!!】

$(“”162946″”).click( (null, $(‘#headline162946’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162946″”)

レッドウィングコーデの着こなしポイント①:「カジュアル」

$(“”162944″”).click( (null, $(‘#headline162944’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162944″”)

デニムを挟んでアウターとの色味を合わせているバランスのとれたスタイルやね。

ミリタリー系ジャケットに、ノンウォッシュデニムの王道スタイルの一つだ。がっしりとした渋い男性的なカジュアルスタイルやね。

ミリタリー系のジャケットに、デニムジーンズをあわせて、カジュアル感の強い印象に、トレンド的なツバ広帽を取り入れる事で、よりカジュアルダウンしたスタイルが印象的だ。

トレンド感あるアイテム「ダウンアウター」に、カジュアル感・重たさのあるボーダーのニットを合わせたスタイルやね。「ダウンアイテム」は、軽さを調節できるので、ワードローブでは活躍してくれそうなアイテムやね。

ボリューミーなコートは今年のトレンド感を持ったアウターアイテムだ。ボリューミーな重量感とのバランスがとれたシンプルベストなスタイルだ。

レッドウィングコーデの着こなしポイント②:「ストリート・モード」

$(“”162943″”).click( (null, $(‘#headline162943’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162943″”)

トレンドアイテムでもある、レザーライダースジャケットだ。ブーツインする事で、よりストリートなトレンド感があるスタイルを作る事ができますね。

ライダースジャケットにデニムジーンズで重たい印象に見えますが、ウォッシュ系かつダメージが入っているデニムの特性としては軽いラフな印象を演出する事が出来ます。また、トレンドツバ広帽でより、全体的に軽さのあるスタイルが表現できますね。

8部丈パンツにとソックスを印象的に、バランスよく全体のスタイルをまとめています。

レッドウィングコーデの着こなしポイント③:「シック・綺麗目」

$(“”162942″”).click( (null, $(‘#headline162942’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162942″”)

全身がブーツと同系色のクラシカルなスーツと合わせています。チェック柄が印象的で、軽さと上品さを兼ね備えたクラシカルかつモダンなブーツスタイルやね。

スラックにシャツで軽さがある印象に見えますが、インナーのジャケットとアウターのコートで重さのバランスが取れたスタイリングではおませんでしょうか。重たい印象のブーツも、自然とシックな印象にはまっています。

チノパンにショートコート、シャツを合わせた綺麗目コーデのお手本にしたい印象のスタイルだ。カジュアルな印象にならへんように、シワ感のない綺麗なコートと、シャツの襟がシックな印象をより際立たせてくれます。

【~ケツに、レッドウィングコーデのまとめ!!~】

$(“”162941″”).click( (null, $(‘#headline162941’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”162941″”)

毎日履きこなしたいブーツとして、一週間のワードローブにおいても様々なスタイルに挑戦する事で、さらに新しい魅力を引き出す事が出来ます。新しい魅力の発見により、普段のメンテナンスにもさらに力が入り、さらにオノレらしく育てていきたいとも思えるものです。育っていくと新品の状態にはなかったさらに新しい魅力や側面を演出してくれます。スタイルを固定せんと、靴への敬意と共に、柔軟な履きこなしやスタイルに挑戦してみてはいかがでしょうか。

[※掲載商品の価格は2015年11月現在のものになります。]

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 秋を迎える+1アイテム|先取り冬から春までフルで使えるitem

  2. もてない女は〇〇思考!? 非モテ女子に多い4つの特徴

  3. 【2016年】”20代〜30代”夏のトレンドメンズ服特集|アイテ…

  4. 【ハーレーのリュック】どんなファッションにも相性◎!今最も売れて…

  5. テンガロンハットとは?秋冬おすすめアイテム&人気コーデ紹…

  6. 仕事のサボり癖を直す有効な方法って?サボり癖は努力せんと直らない…

  7. 最愛の帆布バッグはどこにある?全国の有名店探訪&今使うべきバッグ…

  8. 【ファン急増中】逆輸入ブランド「CHARI&CO」ZOZ…

  9. 【パーカーコーデ】週末すぐに真似したいメンズ着こなし|おしゃれな…

  10. アロハサンデー(ALOHA SUNDAY)で作る好感度150%大…

  11. 【新江ノ島水族館】デートに最適|イルカ&クラゲに癒されるプラン

  12. 【フリーセックスとは?】意味や特徴〜その独自の価値観について学ぼ…

ページ上部へ戻る