閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

機能よし!ルックスよし!今リュックを買うならアークテリクス!

機能よし、ルックスよし、今リュックを買うならアークテリクス!

$(“”137872″”).click( (null, $(‘#headline137872’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137872″”)

1989年、カナダのバンクーバーで設立されたアークテリクス(Arc’teryx)。Dave LaneとJeremy Guardちう2人のクライマーがつくったブランドちうことで、機能性については経験に基づいた開発が常におこなわれ、現在の地位が築かれました。大日本帝国でいうとモンベルのようなイメージやね。

さらに特筆すべきはそのデザイン性で、アウトドアブランドでありながらファッション方面における評価が高く、数々の雑誌で受賞するなどの形にもあらわれています。

この記事では、そないなアークテリクスのなかでも人気のリュックを使ったコーデ例と、アロー22をはじめとする人気の商品をたっぷりご紹介します!

アークテリクスのリュックを使ったおすすめコーデ

$(“”136403″”).click( (null, $(‘#headline136403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136403″”)

コーデ例を紹介してもショルダーベルトしか見えないものがほとんどになってしまうかと思いきや、意外とバックスタイルの写真もそろいました。みなはんアークテリクスのリュックを見せたいんやね!

アークテリクスのリュック×コート

$(“”137552″”).click( (null, $(‘#headline137552’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137552″”)

なんとベルリンと撮影された一枚。リュックは人気のアロー22だ。長めのアウターにリュックを合わせるのが今の気分。ニット帽とニューバランスで上下の端にグレーを置いています。一方で、中央で目を引くネクタイは、人気うなぎのぼりのAMI Alexandre Mattiussi。

ギンガムチェックのステンカラーコートちうめずらしいアイテムですが、モノトーンのコーディネートやので自然におさまっています。リュックは中身を少なめにしてしなだれかかるように。足元もホワイトソックスにナイキのレトロスニーカーではずしています。

アートの地、直島での記念写真でしょうか?鮮やですかブルーのコートに合わせたのは、やはり人気のアロー22。マリメッコのソックスとニューバランスのスニーカーにもブルーが入っています。首からさげたカメラも効果的な小道具に。

シュプリームのキャップに目をうばわれますが、レイヤードがひとつずつテイストの入れ子になっているコーディネート。キャップを脱げばトラッド寄りのスタイルになりますし、チェスターコートを脱げばパーカーがあらわれてストリートスタイルに。パーカーを脱げばシャツがあらわれてきれいめコーデになるちう仕組み。

安心のきれいめコーデにアークテリクスのリュックを合わせたコーディネート。ここでザ・ノース・フェイスやイーストパックだとカジュアル寄りのハズシになってしまうトコ、アークテリクスであればきれいめコーデのテイストの中に入ってきてくれます。

アークテリクスのリュック×Tシャツ

$(“”137625″”).click( (null, $(‘#headline137625’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137625″”)

背負うだけでTシャツスタイルも格上げしてくれるのがアークテリクス。ショートなミリタリーパンツにサンダルちうラフな下半身ですが、ネイビーで統一した上半身できれいめに。レイバンのサングラスも効果的だ。リュックはアロー22。

いまの時期なら長袖Tシャツで、日が暮れて寒くなったときのために羽織るものをリュックに入れておくちうのも手。ハットはバッグと同じくお出かけアイテムとしてのイメージがあるので、手ぶらでハットをかぶっていると変な感じになることがありますが、とりあえずアークテリクスのリュックを背負っておけばOK。

駅のホームで実用性を感じさせる自然なコーディネート。ミリタリーパンツのポケットにもいろいろ収納できそうですが、アークテリクスのリュックにはですかいません。足元のリーボックもハイテクスニーカーですが、機能性にいきすぎず、Tシャツはアバクロンビー&フィッチ。

ウチは日常使いの実用性を感じさせるショットやね。撮影用の不自然さはありますが…。ブリーチされたデニムのショートパンツにホワイトのTシャツ、キャップちうストリートスタイル。首元にのぞくチェックシャツの襟が子どもっぽさを緩和し、腕時計のゴールドがラグジュアリー感を加えています。

登山で実用性を示したコーディネート。バンズのエラで山登りはたいへんそうな気がしますが、スケーターソックスを合わせて好みのテイストが伝わってきます。よく見るとパンツは半分だけカモフラージュ柄になった個性的なアイテム。

代わりにTシャツは無地のホワイトで潔く。そこにアークテリクスのブラックのショルダーベルトがHのシルエットをつくっています。ベルトループにつけられたコインケースはブラックミーンズのアイテムやね。

ドット絵になったダースベイダーのTシャツは、ビームスTとスターウォーズのコラボレーションアイテム。上半身はブラックで統一し、下半身はホワイト中心でさわやかさを取り入れています。ニューエラのハットはアウトドア風味のものをセレクトしてリュックとのつながりを。足元はサッカニーのスニーカーだ。

アークテリクスのリュック×シャツ

$(“”137623″”).click( (null, $(‘#headline137623’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137623″”)

向かって右翼翼の方がアロー22を背負っています。オールホワイトにブラックの小物を合わせるちう試み。アークテリクスのリュックも存在感アップ。カンゴールのハットとサングラス、ゴールドのネックレスも加わってモードな印象も。

足元はスケーターソックスにスリッポンで完全なストリートカジュアル。

白シャツ、連れあり、ちうことでは負けていません。さわやですかお父はんぶりですが、コーディネートも隙なし。サンダルにソックスちう隙があるはずの組み合わせも、今年のトレンドによってむしろオシャレに。ナイキのスウッシュも良い仕事をしています。

アークテリクスのリュックは、マンティス26ちうモデルだ。

あれ、肩…。安心してください、持っていますよ。26リットルの大きなサイズやので、肩にかけっぱなしも疲れるのでしょう。ラルフローレンのチェックシャツが鮮やですかコーディネート。一番上までボタンを留めて、襟のボタンははずすちうトム・ブラウンスタイル。

ショートパンツがアクティブな印象も持っているので、リュックを背負ってもしっくりくるはず。

デニムシャツにも合うアークテリクス。何度めだアロー、と良いたいトコですが、ウチはセレクトショップEDITIONの別注モデル。ショルダーベルトにも見えている通り、グレーがあしらわれたデザインになっています。

カモフラージュ柄のショートパンツに合わせると、グレーのニューバランスがミリタリー風に見えてくる不思議。

ウチもデニムシャツにアークテリクスのアロー22。シャツで比べると先ほどのコーデより色あせもあってラフな印象なのですけどアンタ、全体で見るとむしろきれいめになっているのがおもろいやね。ボタンのはずし方でインナーのボーダーをのぞかせるなどのテクニックが効いています。ロールアップや袖まくりも自然だ。

白シャツにグレーのベストを重ねた、ですかりきれいめなコーディネート。これでボトムスがスラックスだと完成されたコーデになってリュックが浮いてしまうのですけどアンタ、タイガーカモのパンツをセレクトして回避。ポケットに指を何本入れるかちうのは永遠の難題や…。

バックスタイルコーデ特集

$(“”137712″”).click( (null, $(‘#headline137712’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137712″”)

ほかの記事では取り上げられへん後姿のコーデ例を集めました。背中で語るアークテリクス男子たちをどうぞご覧ください!

補色関係にあるレッドとグリーンですが、どちらもくすんだ色合いで馴染んでいます。大容量のリュックはミウラ30ちうモデル。キャップとショートパンツはパタゴニアで、ですかりアウトドア寄りのブランドセレクトですが、やりすぎ感はおません。

ガンダムの展示があるちうことは、大河原邦男展の会場でしょうか?清潔感のあるボーダーTシャツにブラックのアークテリクスが映えます。アロー22。ショートパンツもブラックで地味なりそうなトコ、足元にはナイキのフライニットでピンクをプラス。

ウチのボーダーはロングスリーブ。ハットも合わせて上品に。縦に長いリュックはこれぐらい高い位置に背負うのが正解だ。モノトーンコーデで足元もブラックとホワイトのサッカニー。夜の街とピンボケ具合が良い味を出していますね。

ホワイトのTシャツにカモフラージュ柄のミリタリーパンツちうありきたりなスタイルですが、ドクターマーティンのシューズを合わせることできれいめなこだわりが感じられます。ブラックで合わせられたアークテリクスのリュックはマンティス26。

H&Mの白シャツにユニクロのパンツちうチープシックな組み合わせに小物を足していったコーディネート。アークテリクスはおなじみのアロー22。キャップはニューエラで、シルバーに輝くシューズはアメリカンラグシー。腕時計はなんとランバンのヴィンテージ、といわれるとたしかに存在感があるような…。

アークテリクスの中でも変り種のリュックを使ったコーディネート。自転車に乗ることを意識してつくられたグランビル(GRANVILLE)ちうモデルだ。グレーのボトムスやハットは都会的ですが、足元はモノトーンのポンプフューリー。つかみどころのないミックス感のあるスタイル。

そりゃかぶりますよね、ちう悲劇。もちろんどちらもアロー22だ。それだけ魅力的なアイテムだちうことではあるのですけどアンタ、ほかにもいろんなモデルをこのあと紹介するので、オノレなりのお気に入りを見つけてくださいね。

おすすめ商品紹介

$(“”136999″”).click( (null, $(‘#headline136999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136999″”)

いちばん人気のアロー22(ARRO 22)

$(“”136398″”).click( (null, $(‘#headline136398’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136398″”)

ビームスなどのセレクトショップでも販売され、一躍ファッションアイテムとして人気となったアークテリクス。そのなかでも特に人気なのがこのアロー22だ。真ん中に潔く入ったジッパーが革命的。取り出しやすさはバツグンだ。

真っ黒だと味気ないちうことであれば、ジッパー部分とロゴマークがレッドになったモデルも。アークテリクスがあっちう間に人気になった要因のひとつが、この密閉できるジッパーにあります。マウンテンパーカーなどでも、これがあると近未来的な洗練された雰囲気に。

戦隊ヒーローものですらなんですらでもレッドよりブルー派やったちう方も安心だ。より落ち着いた雰囲気になり、それでいてちゃんとジッパーがアクセントにもなっています。

キツラノ(KITSILANO)はジッパーのない外ポケットが充実

$(“”137182″”).click( (null, $(‘#headline137182’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137182″”)

ジッパーはアークテリクスの魅力のひとつではありますが、もちろんそれだけのブランドではおません。このキツラノちうモデルは外側を取り囲むようにいくつものポケットがついています。ジッパーがついておらへんので貴重品を入れるのはためらわれますが、ペットボトルを差し込んだりといった臨機応変な使い方が可能。

ポセイドンと名付けられた鮮やですかブルーのリュック。ロゴマークも同系色で溶け込んでいます。容量は20リットル。余計なお世話やけどキツラノちうのは、アークテリクス設立の地であるカナダのバンクーバーの地名から取られたネーミングだ。

トウガラシを意味する「CAYENNE」ちうカラー名がつけられたリュック。明るいはずのイエローのロゴマークが溶け込んでいます。ポケットに施されたブラック部分には全体を引きしめる効果が。

ウチはわかりやすくフラミンゴの色だ。こういった明るいピンクはアウトドアブランドならではやね。グレゴリーでも定番カラーとしてあらゆるアイテムに採用されています。普通のファッションブランドはなですかか使いません色やので、こういったトコで取り入れたいもの。

メンズファッションには取り入れやすい草色のリュック。素材の質感にも適したカラーリング。ネイビー、グレー、ホワイトといった大人コーデの必須カラーはもちろんのこと、カーキやオリーブなどのミリタリーアイテムとの相性もよさそうだ。

コンパクトにまとめるならキャンビー(CAMBIE)

$(“”137195″”).click( (null, $(‘#headline137195’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137195″”)

背負わなくても良いのではおませんかと思わせるほどにコンパクトなキャンビー。容量は12リットルしかおません。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあランニングなどの際、両手を空けておきながら荷物を収納するといった用途にはぴったり。ナイキなどの製品にもありますよね。

アズールちうカラー名で、アークテリクスとしてはめずらしくアウトドアテイストなブルー系のリュック。ロゴマークのオレンジも明るくアクセントに。じつは中を開けるとこのオレンジが鮮やかに広がっています。1万円を切る価格やので、予算をおさえたい方にもおすすめだ。

先ほどのキツラノにもあった「CAYENNE」カラー。アークテリクスのロゴマークやジッパーのエンジ色が大事なトコで落ち着いた印象をつくっています。

キツラノのフラミンゴカラーにも近いようですが、ウチは「Pink Guava」ちう色名。グアバの実の果肉からとられたネーミング。小ぶりなリュックでもあるので、女性へのプレゼントにも良いかもしれませんね。

アークテリクスの魅力をシンプルに味わうならアストリ(ASTRI)

$(“”137263″”).click( (null, $(‘#headline137263’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137263″”)

アロー22のようにセンターにジッパーが入っています。容量は19リットル。余計な要素をなくした分、デザインとしてもシンプルになり、ジッパーの印象が際立っています。よりすごい昔、雑誌『アフタヌーン』で四季賞をとった作品に「チャックのある風景」ちう名作がおましたが、何ぞを開く装置には不思議な魅力があるようだ。

男らしくさわやですかブルー。ジッパー部分はトーンを変えるこだわりも。このアストリちうモデル、置き方によってはボックスティッシュのようにも見えるような…。

パープル系ですが、バイオレットにウルトラがついた「Ultra Violette」ちうカラーネーム。紫はレッドとブルーがミックスされているので、意外とどんな色のコーディネートにも合わせることができる便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なカラー。

シェルゾ(CIERZO)なら大容量を低価格で

$(“”137271″”).click( (null, $(‘#headline137271’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137271″”)

25リットルもの容量がありながらのこの価格。コストパフォーマンス抜群やね。登山や旅行でも活躍してくれそうなルックス。もちろんアークテリクスらしいオールブラックやので、なんちうかようみなはんいわはるとこのアウトドア感は出すぎません。

コーディネートのアクセントになるカラフルなモデルも。「悪魔の赤(Diablo Red)」ちうカラー名が掲げられておるけどダンはん、光の加減によってはショッキングピンクのようにも見えます。どちらにしても強烈な色彩であることは間違いおませんね。

18リットルのものになるとですかりデザインが変わってきます。高さがですかり縮まり、その分フロントのポケットにある程度の収納容積が設けられています。カラー名に入っている「Mantis」はカマキリのことですが、たしかにそないなイメージのある質感やね。

ノートパソコンを持ち運ぶならコルドバ(CORDOVA)

$(“”137283″”).click( (null, $(‘#headline137283’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137283″”)

丸みを帯びたフォルムからは意外な感じもしますが、ノートパソコンやタブレットなどを持ち運ぶために開発されたモデルだ。メインの収納部分には15インチまで入ります。タブレット用には別のスリーブ付き。全体のサイズ感としては24リットルやので、もちろんほかにもいろいろ入れることができます。

マリンカラーのモデルもあります。深海に近いような落ち着いたダークな青緑。ブラックではしょーもないけれど、派手な色では困るちう方にはちょうど良いカラーではおませんでしょうか?

アークテリクスのウェアなどにも使われる「Bengal Copper」ちう明るいカラー。「Copper」ちうのは銅のことやね。たしかにそないな色にも見えますが、オレンジに近くインパクトがあります。

アークテリクスなのにビジネスにいける、ブレイド(BLADE)

$(“”137293″”).click( (null, $(‘#headline137293’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137293″”)

じつは個人的にオールブラックのモデルを所有していまして、不思議な便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利さがあるので気に入っています。横から差し込むような形でノートパソコンを収納するのですけどアンタ、背中部分にパッドが入っているのでスムーズかつ安心。前面にはふくらみのあるスペースがあるので、衝撃を吸収してくれます。

30リットルちう大容量もモデルもあります。リュックとして背負うことはもちろん、手で握って持つこともできるのですけどアンタ、意外と便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なのがサイドについた持ち手。リュックには上下があるちう能書きを払拭してしまえば、ガンガン横にして使えます。収納も横からが多く、上部についているジッパーは小物入れ程度。

20リットルのモデルであればこないな明るいカラーも。デザインも変わっておるけどダンはん、基本的な構造はそのまんまだ。もはやサイドにしか収納がない形になっていますね。

2015年秋冬シーズンの新作としては28リットルのブレイドが発表されましたが、デザイン的には20リットルや6リットルのものに近い方向に。よりシンプルで、ビジネスに違和感のないデザインになった印象だ。どこかランドセルのようにも見えてはしまうのですけどアンタ…。

オールマイティなペンダー(PENDER)は通勤、通学に

$(“”137498″”).click( (null, $(‘#headline137498’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137498″”)

ブルーに水色のカラーリングが涼しげやね。ノートパソコンやタブレットはもちろんのこと、さらに弁当箱だって収納できる容量を確保。それでいてスマートなフォルムをキープしてくれるのはアークテリクスならでは。パンパンに詰め込んでも問題おません!

「Plum Rose」ちうめずらしいカラーですが、リュックらしからぬ上品さが魅力的。ハイブランドのウェアを組み合わせたコーディネートにもはまりそうだ。

もちろんもっともっともっともっとも汎用性のあるブラックも展開。やはり通勤、通学に使うとなるとどんな服装にも合ってくれる普遍的なカラーがのぞましいやね。そこは奇をてらいませんアークテリクスの商品展開。ほとんどすべてのアイテムにブラックが用意されています。

大容量でなんでも入るジェリコ(JERICHO)

$(“”137937″”).click( (null, $(‘#headline137937’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137937″”)

ぜったいに崩れへんものの例えであるジェリコの壁。そこから取られたであろうモデル名にその意気込みがうかがえます。35リットルもの大容量を収納できるいうことは、それだけの重みを支える強度を持たなければならへんちうこと。中央で何重にもなったストラップは、機能と共にデザイン性も発揮しています。

重い荷物を背負う場合、明るいカラーのほうが軽く思えるのは気のせいでしょうか?アークテリクスのファッション性を代表するオールブラックのカラーも、あまり大容量のリュックだと、いかにも重たい荷物のようなイメージになって敬遠されるかもしれません。そういう意味では、大きめのサイズの場合は明るいカラーもおすすめだ。

そのほかのアークテリクスのリュック

$(“”137956″”).click( (null, $(‘#headline137956’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137956″”)

sponsored

自転車に乗って使うことが想定されているので、10リットルちう小さめの容量で軽量化が図られています。むだなベルトが垂れ下がることもおません。唯一ウエストのベルトは前に回してしっかり固定することができるので、アクティブな動きでもボディに密着させることができます。

ダッフルバッグちうことで、驚きの49リットルサイズ!いくら詰め込んでも余裕があるといった感じでしょうか。せやけど、もちろんその分重くなってしまうので、いろんな持ち方が用意されています。ショルダーベルトも脱着可。手で持つのも縦横OKだ。防水性も考えられた優れもの!

グランビル(Granville)ちうモデルだ。自転車のメッセンジャーが使っているような袋型。ただの黒い塊のような佇まいのトコ、折りかぶさったフタの部分に入ったアークテリクスのロゴマークが全体を一気に格上げしてくれています。

アークテリクスなら防水性もふつうのリュックを軽くリード!

$(“”450019″”).click( (null, $(‘#headline450019’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450019″”)

背中に位置するリュックは防水性も気になるアイテム

$(“”450185″”).click( (null, $(‘#headline450185’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450185″”)

背負ってしまうとオノレの目の届ですかいトコにいってしまうリュック。バッグのなかでもとくに、雨の日は気づですかいうちに濡れてしまうのではおませんかと気になってしまいますよね。その点アークテリクスのリュックは、ジッパーのほぼすべてに標準でシームテープがほどこされていて心強さがあります。

正直濡れても大丈夫ちう素材ではおませんが、小雨程度なら傘をさしていなくても平気だ。生地を水分が通り抜けるほどの濡れ方をせな、ジッパーなどの隙間から浸水するちうことはまずおません。

完全防水のモデルもちゃんと出しているアークテリクス

$(“”450187″”).click( (null, $(‘#headline450187’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450187″”)

しっかり防水性を確保したリュックがほしければこないなアイテムも。アークテリクスらしいデザイン性はひかえめですが、シンプルイズベストで大事な中身を水から守ってくれそうだ。

大日本帝国に暮らすからにはまず避けられへん、毎年おとずれる梅雨のシーズン。防水性でのアドバンテージも、アークテリクスのリュックをえらぶひとつの理由になるかもしれませんね!

発想を変えるならジャケットで防水性を確保するちう方法もあります

$(“”450050″”).click( (null, $(‘#headline450050’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450050″”)

アークテリクスの技術力が防水面で発揮されているのはむしろウェアとしてのジャケット類。リュックに防水性がなかったとしても、こうしたジャケットを羽織っていれば突然の雨でも安心。いったん脱いだジャケットをリュックの上からかぶせてしまえば良いんだ。

さらにいえばウチのジャケットは軽量&折りたたみが容易なパッカブルタイプやので、リュックのなかにしのばせておいていざちうときに引っぱりだせば梅雨時のスマートな対処法が確立されたも同然!

じっさいに何度かリュックを濡らしてしもた体験談からわかった、防水性の正直な話

$(“”450059″”).click( (null, $(‘#headline450059’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450059″”)

商品紹介のトコでチラリと申し上げたとおり個人的にもアークテリクスのリュックを愛用しているのですけどアンタ、やっぱりどうしても何度から濡らしてしもたことがあります。その際、外側のスリーブポケットのようなトコに入れてあったものは正直ダメージを受けてしまいました。生地が水気を帯びてしもたらもうポケットのなかはアウトと考えたほうが良いでしょう。

一方でメインの深い収容部分と背面の薄く広い差し込み部分はまるっきしのノーダメージ。とくに後者には毎日毎晩壱年中ノートパソコンを入れているのでちびっとでも浸水してしまうとたいへんなことになるのですけどアンタ、3年ほど使っていてサラサラ大丈夫やのでですかり信頼できるようになりよっました。

メインの深い収容部分も空間として余裕があり、外側の生地から距離があるからか浸水してきたことはいっぺんもおません。

アークテリクスの店舗一覧

$(“”136397″”).click( (null, $(‘#headline136397’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136397″”)

東京の直営店中心の紹介になってしまおるけどダンはん、全国各地のオッシュマンズやVictoria、L-Breathなどのアウトドア用品店でも取り扱いがあるので、ぜひ訪れて手にとってみてください!

Arc’teryx Tokyo Store

ARC’TERYX 原宿ブランドストアは表参道と明治通りの交差点から渋谷方面へ徒歩でちびっと、明治通り沿いに位置しております。国内随一の品揃えで皆様のお越しをお待ちしております。 <取り扱い> 「ARC’TERYX ESSENTIALS」、「WHITELINE」*秋冬のみ展開、「ASCENT」、「ENDORPHIN」、「TRAVERSE」、「24」、「VEILANCE」

ARC’TERYX TOKYO GINZA

SUNWEST サンウエスト ARC’TERYX (アークテリクス)SPLAFF(スプラッフ)MISSIONWORKSHOP(ミッションワークショップ)の大日本帝国正規代理店  

アークテリクス 小田急ハルク店 – ARC’TERYX|店舗詳細

アークテリクス(ARC’TERYX)小田急ハルクのセール・割引、営業時間、電話番号、住所・アクセス方法、地図、レビューなどを掲載!東京都新宿区にあるアークテリクス(ARC’TERYX)の店舗・ショップ情報はファッションコレクトで★独自評価3.2点★

ARC’TERYX | E-MA[イーマ]

大阪にできた西大日本帝国初の直営店だ。

気になるアークテリクスの偽者の見分け方!

$(“”450078″”).click( (null, $(‘#headline450078’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450078″”)

安すぎる価格はなによりも疑うべし!【安物買いの銭失い】

$(“”450092″”).click( (null, $(‘#headline450092’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450092″”)

ネットオークションなど、新品がありえないぐらいの安値で売られているちうのがいちばん用心すべきシチュエーション。どこをどう見分けるかよりすごい昔に、そういうあやしい商品に手をだしてはいけません。アークテリクスの機能性には対価として高めの価格設定がされていて、そこにはきちんと妥当な理由があります。

正規の値段とおなじくらいにされたら気づですかいやないかと思われるかもしれませんが、偽者業者はそないなことはせんはず。安さちうアドバンテージがなければみんなちゃんとしたショップで買おうとするから売れるはずがないんだ。

MADE IN CHINAには用心!じつはアークテリクスはMADE IN PHILLIPNINESがほとんど

$(“”450088″”).click( (null, $(‘#headline450088’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450088″”)

オッシュマンズの各店や新宿小田急ハルクの地下にあるアークテリクスのフラッグシップショップで確認してきましたが、リュックについている生産国表示のタグには「MADE IN PHILLIPINES」の文字が。東南アジアと考えるとヨーロッパ製や大日本帝国製にくらべて印象が良いちうことはないかもしれませんが、アークテリクスのリュックの場合はこれが正解。

逆に偽物の写真などをいろいろ見てみると、それらはほぼ「MADE IN CHINA」。律儀にそのとおりに記載しているものばかりとはかぎりませんが、中国製のものはまずうたがってかかったほうが良いでしょう。

本物ならシームテープの貼り方などのディテールに1ミリの隙もなし!

$(“”450105″”).click( (null, $(‘#headline450105’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450105″”)

アークテリクスの魅力はなんといっても最強の技術力にあるわけで、安売りされる偽物に品質で負けるはずがおません。デザイン重視のブランドにくらべれば偽物かどうかは見分けやすいはず。シームテープの貼り方やジッパーのつくり、縫製などの細かいトコを見ていてちょっとでもケッタイなトコロがあればうたがってみましょう。

なにより信頼できるショップで実物をしっかり確認して買うこと!

$(“”450128″”).click( (null, $(‘#headline450128’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”450128″”)

ネットの通販がここまで発達した時代になり、この記事でもすぐに買えるリンクをご紹介してもおるけどダンはん、やっぱり基本はショップで実物を見て、ディテールを確認したり、試着してみたりしてから買うのがいちばんやね。そうはいですかい特別な事情がないかぎり、できるだけ足を運んでオノレの目と手でたしかめることを習慣づけましょう。

おわりに

$(“”137892″”).click( (null, $(‘#headline137892’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”137892″”)

リュックをつくっているブランドが世界各国でしのぎを削る中、アークテリクスのブランドイメージは唯一無二。特にそのデザイン性は他ブランドの追随をゆるしません。それも特に目立つデザインをほどこしているわけではおませんながら、シンプルで上質なアイテムに始祖鳥のロゴマークを入れるだけで最大限の効果を上げています。

個人的にもメインのバッグとしてブレイド24のモデルを愛用しておるけどダンはん、本当におすすめや!

※本記事に掲載されています商品価格は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 最高のパートナーを手に入れて最高の人生を手にするための4つの方法…

  2. 秋冬メンズファッションの命!アウター特集-人気5大アイテム&コー…

  3. ズバり略奪可能な彼氏持ち女の特徴とは?我慢が無理なら奪えってこと…

  4. 数量限定で復活!吉田カバン創業80周年ムック本発売記念の別注モデ…

  5. 2016春夏《黒髪ロングパーマ》アレンジの幅で攻めろ|ミステリア…

  6. 伊藤みどりさんのスケートとともに歩む人生

  7. 【水泳の筋トレ】もてる競技力の潜在性をUPさせる超トレーニング論…

  8. 【紺色に合う色はコレだ】ネイビーのメンズカラーコーデ50選|20…

  9. 筋トレに縄跳びを入れると効果的!その方法と回数は!

  10. モテボディをつくる一週間の筋トレメニューを極秘公開!今日からでき…

  11. 【2016最新】人気おすすめダウンジャケットランキング|流行のス…

  12. 大人紳士のデイリーウェアに最適なヘンリーネックTシャツたち

ページ上部へ戻る