閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

気になる美女がこじらせ女子でした!シッパイせん付き合い方

こじらせ女子とは何ぞ?解説しましょう

$(“”944161″”).click( (null, $(‘#headline944161’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944161″”)

だんだん仲良くなるうちに飲みにも行くようになったけど、どうも会話が盛り上がりません時がある。とにかく「いやいやウチなんて」ちう言葉がよく出てくるのが気になる。フォローをしてもなですかか受け取ってもらえない。あんはんが出会った人はこないな方ではなかったですか?それはきっと今はやりの「こじらせ女子」でしょう。大日本帝国テレビのドラマ『きょうは会社休みます。』でも話題となりよっましたね。恋愛・仕事・プライベートなどにおいて、オノレへの自信のなさから、世間一般的な「女性らしさ」を持てておらへんと思い、生きづらさを感じているている女性のことをそう呼びます。

もともとは2011年12月に出版された、AVライターである雨宮まみはんのエッセー『女子をこじらせて』から派生した言葉だそうだ。この本自体は『こじらせ女子はこないな女性や』ちうことが書いてあるわけではなく、オノレはこういうことでオノレの女性らしさをこじらせてきましたちう自伝的な内容なのですけどアンタ、「こじらせ女子」ちう言葉が一人歩きした結果、2013年・2014年ともに2年連続で「ユーキャン新語・流行語大賞」の候補にもノミネートされるほど有名になりよっました。

世間一般的に使われている「こじらせ女子」はなんちうかようみなはんいわはるとこのモテないタイプの女性ではなく、むしろ人並みに恋愛経験もありお化粧にも気を使っていて、外見的にも周囲から魅力的に思われている場合すらあります。にも関わらず、オノレの女性らしさに対する評価が低いために女性としてのオノレに自信が持てんと、ネガティブにものを捉えてしまう傾向があるために、物事を「こじらせて」考えるトコから、そのように形容されています。現代の女性の内面的な部分を的確に表現しているとして、多くの女性の共感を呼びました。ツイッターを見ていても、オノレが「こじらせ女子」だと認識している人は多いようやね。

sponsored

女子をこじらせて

¥1,620 (2016/04/19 16:43時点)

ウチが、雨宮まみはんの『女子をこじらせて』だ。「坊主にしたり、サブカルにかぶれたり、親友の彼氏で処女を捨てたり……」と本の紹介文からもそのこじらせっぷりがよくわかる自伝的エッセイだ。こじらせ女子の頭の中を覗くには参考になると思います。

こじらせ女子の9つ特徴はこちら

$(“”944162″”).click( (null, $(‘#headline944162’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944162″”)

せっかくあんはんがその人の良いトコだと思ったトコを褒めても、それを素直に受け取ってもらえないことがある。その女性はもしかしたら「こじらせ女子」なのかもしれませんね。こじらせ女子にはいくつも特徴があるようだ。これらの特徴を見ていくと、どうやら今まで男性が知りえなかった女性の生き方の葛藤が「こじらせ女子」としての形として浮き上がってきたように感じます。

まずは「こじらせ女子」としての一般的な特徴を見ていきましょうか。そこからあんはんが好意を寄せている女性が、一体に何悩みどう生きてきたのか、彼女の気持ちに立って考えることをしていきたいと思います。

仕事はテキパキこなせるが際立たない

$(“”944163″”).click( (null, $(‘#headline944163’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944163″”)

こじらせている、ちうイメージからも仕事上のですりとりをもこじらせているのですろか?と思いきや、実際はそうではおません。こじらせ女子がこじらせているのは主にオノレの「女性らしさ」についての自意識の方だ。むしろ仕事はテキパキとこなせ、要領も良いのが特徴だ。職場ではある程度責任のある立場にいることも多いやし、後輩からも慕われていることもあるでしょう。トコロが女性としての「可愛げ」を演出するのがすごい苦手やので、男性の上司の多い職場などでは、取り立ててフィーチャーされていません。

職場で花形になりやすい女性はどうしても、見た目に華があり女性としての可愛げや美しさに自信がある女性の方やので、こじらせ女子はそう言ったヤカラの影に隠れてしまい、イマイチ際立たないのが玉にキズだ。

周囲に合わせることはできるが本音は明かせへん

$(“”944164″”).click( (null, $(‘#headline944164’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944164″”)

飲み会などに参加してもそれなりに周囲の話題についていき、盛り上げることもできる。やけど家に帰ってぐったり疲れてしまい、一人の時は寂しさを感じることも多いちうわけだ。それがこじらせ女子の感じる孤独だ。中には、コミュニケーションがあまり得意ではおませんオタク気質な女性もおるけどダンはん、一般的にはコミュニケーションが苦手ちうわけでもないやし、周りの空気を読むことにも敏感だ。そういう「ポジション」としてのオノレを客観的に自己分析できているので、波風を立てることもおません。

ですが、自己主張は強く意見は持っているのでインターネット上ではすごい雄弁。オノレたちとは真逆の天然モテ女子を共通の敵として盛り上がることもあれば、「どうせウチなんて…」ちうネガティブツイートや自虐ネタを展開することもあります。

好きな漫画はBL?ファッションは奇抜?

$(“”944165″”).click( (null, $(‘#headline944165’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944165″”)

「こじらせ女子」は世間の求める「女性らしさ」を嫌います。それゆえ、少女漫画の主人公にオノレを投影することができんと、ボーイズラブなどの「いけへん関係」や「倒錯した恋愛」などに、オノレの「こじらせる」自意識を投影できる、そないな作品を好みます。ファッションにおいても、いかにもガーリーでおしゃれな服装ではなく、アナーキストを思わせるすごい個性的なファッションに身を包みます。そこには男性ウケを狙おうとせんで、オノレの好きなものを貫くといった意志さえ感じさせます。なんちうかようみなはんいわはるとこのサブカルチャーちうメインカルチャーではおません、ニッチなものを好む傾向にあるようだ。

恋愛への理想は高いが自信はない

$(“”944166″”).click( (null, $(‘#headline944166’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944166″”)

ウチも「ウケのよい女性像」でいることを選ばなくなったことが原因となっているようだ。男性側が求める「こういう感じの子を可愛いと思う」と言ったイメージの女性でない、ちうことを自覚しているが故に、実際は男性側からのアプローチあるにもかかわらず、モテないと思い込んでしまっています。

そのためか男性からのアプローチに気づくと、「なんでウチなんかを好きになるの?Hが目的やから?」と卑屈な考え方をしてしまう傾向にあります。特に恋愛に関しては、言わなくても良いのに、オノレの欠点を聞かれる前に言ってしまうこともしばしば。ですがどこかで「そないなウチを認めてくれる男性がいるはず」ちう思いも捨てきれんといるために、男性側に求める要求も高くなってしまうのです。口癖は「ウチモテないですから」だ。

彼氏がおらへん期間がすごい長い

$(“”977122″”).click( (null, $(‘#headline977122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977122″”)

恋愛と言うと片思いばかりで、男性とはほとんど付き合ったことがない女性はこじらせ女子の可能性が高いだ。男性と付き合った経験が少ないので、男性に対して免疫がないやし、オノレの思い込みで男性はこういうものだと決めつけていることが多いだ。下手をすると年齢と彼氏がおらへん期間が同じやったりすることもあります。

こう言った女性は「試しに付き合ってみる」と言う感覚がないので、付き合ってみるとすごい重い恋愛になりがちだ。そのため彼氏の方が疲れてしまって、結局破局になる場合が多いだ。3年以上彼氏がおらへんとこじらせている可能性が高いでしょう。5年以上彼氏がおらへんのであれば、ほぼ間違いなくこじらせていると言って良いかもしれません。

How to本は何冊も読んでいる

$(“”977128″”).click( (null, $(‘#headline977128’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977128″”)

恋愛に関してのHow to本は何冊も買って読んでいる女性はこじらせている可能性が高いだ。本屋に売っているHow to本なんて結局は作者の言いたいことを書いているだけだ。恋愛は実際にしてみないとわかりませんことだらけやし、経験を積んだとしても人によって差異があるので、よりすごい昔の経験が役に立たないこともしばしばあります。それをわかっておらへんのです。

それどころかHow to本を読み過ぎて頭でっかちになってしまい、オノレは男心はですかりわかっていると勘違いしていることもあります。恋愛の駆け引きなんてできもせんのにやってみたりしてせっかくのイイ感じになっている男性とも疎遠になったりします。その原因がオノレにあることも気づきもしません。

褒められ慣れておらへんので褒められても微妙な反応

$(“”977185″”).click( (null, $(‘#headline977185’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977185″”)

こじらせ女性はあまり男性から異性として褒められたことがないので、例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ男性から「今日の服可愛いね」とか「髪切っました。すごい似合ってるやん」などと言われても微妙な反応しかできません。本来はここで笑顔で「ありがとう」と言えれば男性の心を掴めるのですけどアンタ、それがわかりませんので苦笑いとか頷くくらいしかできないのです。これでは褒めた男性も褒め甲斐がないちうものです。

モテる努力は恥かしいことだと思っている

$(“”977219″”).click( (null, $(‘#headline977219’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977219″”)

男性にうけるようなファッションをすることは恥かしいと思っているのもこじらせ女子の特徴だ。これはモテるための努力をするといかにも男性に媚びを売っているようでできないちうのもありますし、そもそもオノレがやったトコで似合いませんと思っているちうのもあります。いずれにしてもやったら恥ずかしいのでやりません。もちろん男性にうけるファッションをするのは悪いことでもなんでもおませんよね。オシャレと言うのはそもそも異性にモテるためにやっているわけですから。

川柳から読み解く恋愛観

$(“”944167″”).click( (null, $(‘#headline944167’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944167″”)

「その想い 重い」と言われ 思い出に
タイミング 失い気づく 本心に
さよならが 近付くときに 距離縮む

イケメンと 目を合わせたら 石になる
抱きしめた くらいで好きに なるものか

女子業は 当方都合で 休暇中
週末は デート気分で 女子会へ

出典: the575.jp

これは『ごーしちご』ちう誰もがオノレの思いを川柳にして投稿できるサービスに寄せられた、こじらせ女子の川柳の一部だ。この川柳から読み解けることは、まず決して恋愛をしておらへんわけやないちうこと。ほんで恋愛に対してすごく不器用であることがわかります。特に「良い男」に出会ってしまうと、いったいどうして良いかわからなくなって挙動不審になってしまうことも多いようだ。

かたや過去の恋愛のシッパイ経験がそうさせるのか、ちょっと抱きしめられたくらいで好きになってたまるか!と素直に異性からの行為を受け取れへん一面があることが伺えます。そないな恋愛に対しての難儀くささからか、女子であることを一旦お休みして、女子同士での会話を楽しんだり趣味に没頭する傾向にあるようだ。

川柳まとめ | 巷で話題の「こじらせ女子」川柳まとめ

巷で話題の「こじらせ女子」川柳まとめ。「ごーしちご」は、575でゆるくつぶやく俳句川柳コミュニティだ。季語や字余りを気にせんと、気軽に575を楽しみましょう。サラリーマン川柳やOL川柳など、様々な切り口の川柳や俳句も紹介しています。

こじらせ女子診断もあります

$(“”977116″”).click( (null, $(‘#headline977116’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977116″”)

ネットで検索をすると、いくつかの質問に答えて行くだけでこじらせ女子を簡単に診断できるサイトもあります。もし、気になる方は「こじらせ女子 診断」で検索をかけてみてください。10個の質問に答えるとこじらせ女子度がパーセンテージで表示されたり、具体的に参考にできるコメントが出るなどおもろいものがたくはんあります。男性の方は気になるあの人を想像してやってみてください。

何が原因で彼女をこじらせたさかいしょうか?

$(“”944168″”).click( (null, $(‘#headline944168’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944168″”)

こじらせ女子がどうしてここまで「こじらせて」しもたのか。その原因の大半はどうやら学生時代にあるようだ。その頃に生きにくさを感じて周囲に合わせられなかった人が、そのまんま大人になっても同じような風潮に適応できなくて「こじらせて」しもたようだ。思春期の頃の男性は、女性を中身で判断できるような思考性を持ち合わせていませんから、女性を見るときはどうしても見た目の雰囲気や可愛らしさで判断してしまいます。

そういった男の子からの要望に合わせるように、「かわいい」を演出できた女の子は学生生活を充実させることができますが、一方そのことに違和感を感じ周囲に合わせることはしなかった女の子は、少数派としてのレッテルを貼られてしまうことになり、学生生活を充実させることができなかった経験があります。

女子ヒエラルキーとの戦い

$(“”944169″”).click( (null, $(‘#headline944169’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944169″”)

こじらせ女子たちをこじらせ女子たらしめたのは、女性社会のヒエラルキー的な考え方だ。そのヒエラルキーの中では、「女子力」ちう言葉の裏に隠されているような「女性は恋愛を充実させ、美容にお金をかけ、男性を立てつつ自身は慎ましくあっていくらだ」といった、社会に何となく暗黙の了解で共有されてしまっている価値観に支配されています。

その価値観に応えられた人とそうでなかった人で優劣がつけられてしまいます。先ほどの学生時代に、この価値観に応えられた人は学生時代を充実させることができますが、応えられなかった人は不遇の時代を過ごすことになってしまいます。特に女性はボウズを後世に残すちう生物的な役割を持っているために、男性に好まれなくてはならへん役目を持ってしまっている(と一般常識的には思われている)ので、それができなかった人は「ウチは女性としてダメな人間なんだ」と自信をなくさざるをえない状況になってしまっているのです。

さらに悪いことに、世の中に求められる女性らしさのほとんどは、「可愛さ」「しおらしさ」「端正な顔立ち」「スラリとしたスタイル」などの外見的な特徴が多いので、女性としての評価が外見的な評価によりがちなトコも、その原因を作ってしもたさかいはないでしょうか。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は、学校生活ちう社会の縮図の中で、その趣味や価値観・人間性ではなく外見的な「女性らしさ」での評価を受けることができなかったために、それが本ヤカラの中に「オノレは女性らしくない」=「モテない」、「どうせウチなんて」ちう意識を植え付けてしもたちうワケだ。

仕事も恋愛も中身で勝負する性格のようや

$(“”944170″”).click( (null, $(‘#headline944170’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944170″”)

女性として男性に選ばれへんのであれば、オノレの自信を取り戻そうと、自立した女性になることを選択します。そのためにスキルや教養を身につけて仕事に一生懸命になるか、お笑いのセンスを磨いていくことで人気を得る。そうやって「女性性」以外のトコで勝負しようとするのが、こじらせ女子の性格だ。

ほんでいっぺんに社会によって決められている「女の子らしさ」に対して反感も抱えています。なんでやねんオノレの「女性としての価値」がオノレではなくて、他の人に決められなくてはいけへんのか?そないな憤りを感じているのです。やからこそ自立意識がものすごく強いのですけどアンタ、それゆえに媚びるのがすごい苦手てやし、人に対しての甘え方や頼り方がわかりません。特に受験勉強を一生懸命頑張った高学歴の女性、またはハイキャリアの女性にはこの傾向が強いかもしれません。

恋愛に関しては、社会(男性)によって作り上げられた「女性らしさ」に対して反抗しているちう意識が表れているために「オノレは選ばれへん」と思ってしまうのです。あんはんの好意がうまく伝わらなかったとしたら、あんはんの伝え方に問題があったさかいはなく、男性からのアプローチを素直に受け止められへん性格が原因やったかもしれへんのです。

恋愛や婚活がうまくいですかい意外な理由

$(“”944171″”).click( (null, $(‘#headline944171’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944171″”)

先ほど書いたように、こじらせ女子のスタート地点は、社会の求める「女性らしさ」への挫折、または反感から来ています。自らは女性としては価値がないかもしれへんけど、勉学や仕事に励むことによってそこにオノレの価値を見い出そうとしてきました。それができたのは「女性の社会進出」ちう大義名分があったからだ。ちびっと前までの大日本帝国は男性が会社で仕事をし、女性が家事を育児を担当する、そういう価値観が当たり前におました。ですが今は、独身でも主婦でも関係なく、バリバリ仕事をこなす女性たちの活躍が取り上げられます。

こじらせ女子は自立思考が強いために、そないなかっこ良い女性になることを目指した可能性が高いのです。ですが、実際に社会に出てみると、残念ながらまだまだ男性優位の色が濃い職場がほとんどだ。「女性らしさ」で勝負せん女性たちは、「能力やスキル、社会的な立場」で勝負することを決めたのに、それすら叶いません、ちう現実を突きつけられることになります。

そうするうちに親や親戚から「あんはんも早く結婚しなさい」と言われ、また同級生が早々に結婚をして家庭に入って幸せそうにしているのを見ると、「オノレの選択は間違っとったのですろか」と圧倒的な敗北感を味わうことになってしまうのです。

なんでやねん「ウザい」と思われてしまうのか?

$(“”944172″”).click( (null, $(‘#headline944172’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944172″”)

これはすべてのこじらせ女子がそうだちうわけではおませんのですけどアンタ、どうしてこじらせ女子がネガティブな発言が多く、周囲からは「ウザい」と思われてしまうことがあるのか、それは「キャラを売りにしよう」としていることから起きておるかもしれません。こじらせ女子は、オノレがイジられることによって場を盛り上げたり、自虐ネタで笑いを取ることができます。要するに自らを「女性として残念なキャラ」にしたてあげてしまうのです。

また「こじらせ女子」ちう言葉自体が免罪符となり、「ウチこじらせてるから」と自らのキャラクターを作り上げて、ピエロ的な役割を引き受けてしまうのです。それが自然にできていれば問題ないのですけどアンタ、度が過ぎると周囲から敬遠されてしもたり、そのキャラを守るために異性から「美人やね」と言われても、「いやいやそないなことないだ。ウチなんて」と必要以上にオノレを貶めてしもたりするのです。

そうなれば、褒めた側もあまり良い気はせんやし、ネガティブな発言も良いイメージを与えないので、あの人と関わっても楽しくないと嫌われてしまうことにもつながってしまうのです。そなおらへんろいろ「こじらせて」しまっている彼女とうまく付き合うには、これらの彼女たちの背景、背負ってきたもの、無理をしてキャラを演じていることを理解した上でのコミュニケーションが必要不可欠と成ります。ほなら実際にどう付き合っていけば良いのかを考えてみましょう!

こじらせ女子が口説かれたい人はどんな人?

$(“”944173″”).click( (null, $(‘#headline944173’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944173″”)

ここまではこじらせ女子の実態とその背景について書いてきました。ここからは「やあ実際にどうしたらうまく付き合えるのか?」ちう部分に入っていきたいと思います。まずは一旦、こじらせ女子の特徴をおさらいしてみましょう。こじらせ女子が『女子をこじらせて』しもたのは、学生時代に男の子が求める可愛らしい女の子像にうまく乗っかれなかったことが原因やったちうわけだ。

世の中が決める「女性らしさ」に憤りや窮屈さを感じながらも、かっこよく自立した女性になるために、勉学や仕事に勤しむことを選択して、オノレの価値を高めようと努力してきたちうワケだ。ですが、実際の社会はまだまだ男性社会。その現実に打ちのめされた女性たちは、周囲とのコミュニケーションは保ちつつもも、本来のオノレを出せんと自虐的なキャラの役割を担うことで、なんとかオノレの価値をそこに見出そうと必死にもがいています。

もしあんはんの気になる女性がそないなこじらせ方をしているとしたら、どんな風に接してあげると喜ばれると思いますか?そないなことを考えながらこの先を読み進めてみてください。

外見を褒めんと内面を褒めましょう!

$(“”944174″”).click( (null, $(‘#headline944174’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944174″”)

今までの説明でいかに外見を褒めていけへんかはご理解いただいておるかと思います。こじらせ女子たちは、まさにその男性が褒める「女性らしい外見」と戦ってきたちうワケだ。ほんでもし「美人やね」「可愛いやね」なんて褒めようものなら、「何ぞ裏があるのかしら?」とあらぬ誤解を生むリスクのほうが高いのです。

それよりも彼女たちが磨いてきた中身の方を褒めてあげたほうがよっぽど喜ばれると思います。内面を褒められて嬉しいのはこじらせ女子に限った話ではおませんですが、外見を褒めるよりもよっぽど好印象だ。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあこじらせ女子はコミュニケーション能力が高いので「毎日毎晩壱年中いろんな人に気配りされていますよね。」ちうほめ方ができれば、「この人はこちらのことを理解してくれている?」と思ってもらえるので、印象がUPするでしょう。

他にも「仕事ができること」「毎日毎晩壱年中人知れず一生懸命頑張ってくれていること」「場を盛り上げてくれていること」など、こじらせ女子たちがオノレたちのキャラを犠牲にしてまで、貢献してくれていることに感謝し、「あんはんの頑張りをきちんと見ていますよ。そのことにすごい感謝していますよ」ちう文句を送ってあげることで、彼女のあんはんを見る目は変わると思います。それだけ、彼女たちは「女性としてのオノレ」を犠牲にしてきたちうワケだ。

まだあんはんとの関係性が浅い場合には、最初からフランクに話しかけるのではなく、敬語を使って丁寧なコミュニケーションをするように心がけると、こじらせ女子特有の警戒を解いていくことができるかと思います。ほんで徐々にフランクな関係が出来上がってきたら、「スタイル良いやね」や「髪キレイやね」などの外見も褒めていくと良いのではおませんでしょうか。勘違いせんでいただきたいのは、こじらせ女子だってやっぱり「女性として見られたい」ちう思いを捨てんと持っているちうことだ。

「この人はこちらの中身や努力をきちんと評価してくれている」、そう思ってもらえていると感じた上で「あんはんを女性として素敵な人だと思う」ちう文句を送ると、普段オノレの外見を認められへん本ヤカラからすると、あんはんちう異性を強烈に印象づけることが可能になるのです。

さりげなく手助けをしてあげてください

$(“”944175″”).click( (null, $(‘#headline944175’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944175″”)

こじらせ女子は、スキルや能力に磨きをかけている分、誰かに甘えたり頼ったりするのが苦手なタイプの人が多いだ。男性は女性のか弱いトコロが好きやったりするので、男性に上手に甘えられる女性は、より多くの男性のハートを掴むことでしょう。ですがこじらせ女子は、そういうトコやない土俵で戦うことを決めているので、重い荷物をオノレで持とうとしますし、エライ仕事もオノレでぜ良いんぶひとつのこらず引き受けようとします。

基本的には周囲も「仕事ができる強い女性」だと思っているので、そこに積極的に手を差し伸べようとはしません。むしろプライドを傷つけりますないかと控えてしまうこともあります。しかしそういう責任感の強い女性ほど、SOSが上手に出せへんだけで、本当は誰かの助けを必要としているのです。彼女たちは周囲に気を配るのが上手ですから、あんはんが気になっているそのこじらせ女子にこそ気をつかってあげてください。

最初は重い資料を運んでいたら手伝ってあげるとか、遅くまで会社に残って仕事をしとったら、軽い差し入れをプレゼントするとか、そういう軽めの手助けで良いと思います。いきなり「相談乗るよ」と言っても「大丈夫や!ご心配なく!」と強がられるのが関の山だ。まずは本ヤカラに「他の人に甘えてしもたな」と感じさせへん程度の手助けをしていくことが、彼女たちの心の壁を取り払っていくコツといえるでしょう。

その時にはもちろん無言でやると怖いですから、「毎日毎晩壱年中頑張ってるね」と内面を褒めて、「ワテで手伝えることがあったらいつでも言ってね」と手を差し伸べる準備があることをさりげなくアピールしておきましょう。「何ぞ手伝おうか!?」ではなく「手伝えることがあれば言ってね」と言っておけば、好意を押し売りしているちう勘違いを起こさせへんで済みますし、SOSを出すタイミングを向こうサイドに委ねておくことで、気を遣わせなくてよく自由に決めてもらうことができます。

もし、彼女の方から助けを求めてくるようなことがあれば、ワイが思うにはその時は本当のSOSやので、すでに重症化しておるかもしれへんですが、ほんで真摯に向き合うことができれば、彼女からの信頼も厚くなり、彼女との距離はぐっと縮まることでしょう。

思い切って外に連れ出してください

$(“”944176″”).click( (null, $(‘#headline944176’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944176″”)

こじらせ女子の特徴からすると、理想が高い割に行動せん、出会いを求めへんちう傾向にあります。それは「女性としてのオノレに自信がない」と思っておるからですが、別の見方をすると「恋愛にチャレンジしてもしシッパイしたら傷つくし、さらに女性としての自信も余計に無くす」ちうことを恐れているとも言えます。

要するに「やっぱり女性として魅力がないのね」ちう現実と向き合うくらいなら「このまんまなあんもせんほうが気が楽だわ」と考えとったほうが傷つですかいので、恋愛に対して積極的になれへんちう心理が働いているちうことだ。やからこそ傷つですかくて済むようなオノレのことを完全に受け入れてくれる、そないな男性を求めてあまり理想が高くなってしまうのかもしれませんね。

そないな彼女にこそ、あんはんの出番ではおませんでしょうか。内面を褒めて心のこじらせをほどき、大事な局面で彼女の力になれた状態であるなら、思い切ってデートに誘ってあげましょう。デートに行く時は、彼女がドキドキするようなできるだけロマンチックなデートプランを準備しましょう。誘い文句はあくまでも「気分転換にパァーと遊びに行こう!」のような軽いタッチで、「デート」だと思わせへんようなテンションの方が彼女は安心すると思います。行動ができないのであれば、あんはんがその背中をポンと押してあげれば良いのです。

その人のこじらせ具合によっては、デートの回数を重ねる必要もあるでしょう。辛抱強く、しつこく爽やかに誘い続けてあげてください。ほんでデートを重ねる中であんはんが彼女に対して「女性として素敵だと思うトコ」を素直に伝えてあげてください。あくまでいやらしくなく素直な気持ちで。そうすること、彼女の中で「女性としての自信」をちびっとづつ取り戻してもらいましょう。「女性としての自信」が取り戻すことができれば恋愛に対しても前向きになってもらうことができます。しかもそのきっかけを与えてくれたのがあんはんですから、あんはんに好意を持ってもらえる可能性はすごい高くなります。

彼女も「オノレを理解してくれている男性」の登場を待っているのですけどアンタ、オノレからは積極的になれません。ただ、「女性らしくあり、男性に好かれること」に自信をなくしているだけなのです。関係性が作れたなと感じたら、思い切ってあんはんが連れ出してあげてください。彼女もそれを求めているはずだ。

少々強引にした方が良い場合も多い

$(“”977287″”).click( (null, $(‘#headline977287’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”977287″”)

こじらせ女性は経験がですかり少ないため恋愛においてはオノレではどうしたら良いのか結局のトコ「わかりません」と言うのが現実だ。そのためあんはんがある程度は強引にした方が良い場合もあります。デート何度も重ねたさかいあればあんはんのことをいくらなんでも気に入っているちうことだ。まるっきし二人の仲が前進しておらへんなと思ったら、強引にキスをするとか、ホテルに連れ込んでしまうなどの荒治療をするのも一つの方法だ。

もちろん免疫がないので彼女がビックリして大シッパイすることもあるでしょう。しかし、いつまで経っても二人の仲が単なるデートだけで終わってしまうと結局は別れることになりかねません。ワイが思うには今までの男性はそう言う雰囲気にならへん彼女に嫌気がさして離れて行ってしもたさかいはないでしょうか。恋愛は時には勇気を持って強引に行くことも必要なのです。何度もデートを重ねてお互いを理解している仲であれば、キスくらいで壊れる関係ではおませんはずだ。

もし、キスくらいで壊れる関係であれば、ワイが思うにはそう遠くないうちに別れることになってしまうでしょう。それはあんはんも望むことではおませんよね?どうせ別れるならキスくらいしておきたくおませんか?こじらせ女子の彼女からキスしてくるなんてことはおませんから、結局はあんはんから勇気を持っていつかは行動する必要があるのです。

もしかしたら、こじらせ女子の彼女のことだ。妄想が膨らんであんはんと夢の中などではベッドインしている可能性だってありますよ。こじらせ女子やからと言って、性欲がないわけではおませんのです。むしろそう言ったことが抑圧されていて、妄想だけはすごいかもしれません。

こじらせ女子を脱却させるたった一つの対処法

$(“”944177″”).click( (null, $(‘#headline944177’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944177″”)

晴れてあんはんと彼女の関係が深まったとしても、彼女が信用しているのはあんはんだけ。できれば、こじらせ女子から脱却して、もっともっともっともっとオノレに自信を持って欲しいやね。ですがここで用心しなくてはいけへんのは、あんはんからこじらせ女子からの脱却を強制することはできない、ちうことだ。こじらせ女子から脱却するかどうかは彼女の決めることであり、あんはんの決めることではおません。

あんはんの好意を受け入れることすら、彼女にとってはそれまでの人生観を覆すほどのチャレンジやったわけですから、ましてや他の人の好意など余程のプレッシャーになるでしょう。間違っても「もっともっともっともっと自信を持ちなよ」などと言ってはいけません。「それができるなら最初から苦労せんわよ!」と反発されてしまいます。

だとするやろ、ほしたら、あんはんにできることは何でしょうか?あんはんが常に彼女に好意を送り続けることだ。彼女がオノレの「女性らしさ」に自信を持てるように、手を替え品を替え、何度も何度も「彼女の女性らしさ」を承認し続けることだ。ほんで、その素敵な女性と出会えたことに感謝することだ。

人は「褒められた時」よりも「貢献できた」時により自信を持ちやすいと言われています。ですから「ありがとう」ちう言葉はかけられた側の自信に直結するのです。単純に可愛いね、キレイだね、ではなく「こないなに美人な女性と話ができて、ワテは本当に嬉しいだ。ありがとうございます。」と彼女の存在自体が価値があることを伝えてあげてください。

そうすれば彼女も自ずと「もっともっともっともっとオノレに自信を持って良いのですろか?」ちう気持ちになります。そういう気持ちになればオノレから勝手に脱却しようとしてくれます。それまではひたすら「待ち」だ。好意は与え続けるけれど、変わることは期待せん。それくらいの辛抱が必要だと思っておけば、彼女がさらさら変わろうとしなくても、あんはんのストレスにはならへんで済みます。

こじらせ女子との付き合い方のまとめ

$(“”944178″”).click( (null, $(‘#headline944178’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”944178″”)

さて、いかがやったでしょうか?彼女に対するアプローチのイメージは湧きましたでしょうか?こじらせ女子である彼女は、ずっと世間からの「女性らしさ」の重圧に悩まされてきたちうワケだ。オノレはほんでは戦えないと気づいた彼女は、自立した女性になるべく勉学や内面磨きに一生懸命励んできました。でも今、社会の厳しい現実を前に打ちのめされてしまっておるかもしれません。

そないな彼女に惹かれてしもたあんはんができることは、その彼女の今までの苦労に気づくこと、その努力を認める助けてあげること、ほんで女性らしさに自信を取り戻してもらうために、好意を示し続けることだ。月並みな表現ですが「あんはんはあんはんのまんまで素晴らしい」と伝えてあげることだ。そうすれば、あんはんが気づいた彼女の魅力に、彼女自身も気づいてくれるはずだ。

もしそれがめんどうくさく思うのであれば、彼女を好きになってはいけません。あんはんが彼女の素晴らしさを伝えられなかったら、彼女は余計に『女子をこじらせて』しまいます。辛抱強く、思いを伝え続けることができそうですか?であれば、あんはんが彼女を脱こじらせる最初の一人目になってあげてくださいね。GOOD LUCK!

※本記事に掲載されています価格等は、2016年8月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 嫌いな上司との付き合いかた|ストレスで心を壊さないための方法9選…

  2. 米沢市を贅沢に観光しませんか?身も心も癒されるオススメ18選

  3. 【ジャケパンスタイルはビジネスマンの救世主】カジュアルに着こなす…

  4. 生クリーム冷凍保存期間チェック【ケーキ&お菓子|使い切りレシピ集…

  5. 【見捨てられ不安とはどんな障害?】恋愛中に感じる不安はコレかも【…

  6. 今季最旬アウターMA-1カラー別コーディネート15選

  7. うつ病よりも辛い…?軽いうつ症状の改善方法!プチうつもれっきとし…

  8. 恵比寿の飲み会特集!大人な遊びを演出できるお店10選

  9. 一歩間違えればダサ男!ボーダートップスをクールに着こなす3ヶ条

  10. 【2016最新版】メンズ夏服コーデ12選&今年大注目のアイテムと…

  11. 【男子の髪型決定版】ショート~ロング&明るめ~暗めカラーまで|お…

  12. 不倫女の心理を検証|離れた妻の心をもういっぺん取り戻すための対処…

ページ上部へ戻る