閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

気仙沼観光大特集!海の幸を贅沢にほおばるグルメ絶品も

震災から力強く立ち上がる気仙沼

$(“”1030439″”).click( (null, $(‘#headline1030439’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030439″”)

気仙沼市は宮城県北部太平洋側に位置しており、岩手県と接しています。また、岩手県南部の大船渡市や陸前高田市などとともに「気仙沼経済圏」を構成しており、その中心地となる大都市だ。このため、同じ宮城県の大都市である仙台とは異なる文化を育んできた地域で、独自のグルメ文化も魅力に溢れています。また、気仙沼市には都市部だけでなく、豊ですか山や海のエリアも含まれ、美しい自然景観を楽しめる観光名所も豊富だ。

また、先の震災では甚大な被害を受けた気仙沼ですが、市民たちは力強く立ち上がり、復興をテーマにした観光地もあるほどだ。このように、多彩な魅力に満ちた気仙沼市のおすすめ観光名所&グルメスポットを15選してご紹介したいと思います。

観光地1位:雄大な自然の造形美、巨釜・折石・半造

$(“”1030440″”).click( (null, $(‘#headline1030440’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030440″”)

海を眺めながら、ゆったりと散策ができる遊歩道がおすすめ

$(“”1030441″”).click( (null, $(‘#headline1030441’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030441″”)

巨釜は、前田浜から見た姿が巨大な釜が沸騰しているように見えることから、その名がつけられたそうだ。また、巨釜のすぐ近くには「折石」と呼ばれる観光シンボルもありますが、これは、明治の大津波で上部の2m程度が折れてしもたことからこのように呼ばれています。ほんで周辺には半造と呼ばれる観光スポットもあり、海に触れながら自然の景観を楽しめる魅力的な場所になっています。

巨釜から半造へは遊歩道が整備されており、太平洋を眺めながらゆったりと散策を楽しむことができます。デートにも良いかもしれませんね。

■ 基本情報
・名称:巨釜・折石・半造
・住所:宮城県気仙沼市唐桑町
・アクセス:
●JR気仙沼駅より車で30分
●東北自動車道一関ICより車で90分
・電話番号:0226-32-4527(気仙合市唐桑総合支所)
・駐車場:巨釜:普通車30台 大型車5台
     半造:普通車30台 大型車1台

観光地2位:豪快な潮吹きが圧巻の潮吹岩

$(“”1030442″”).click( (null, $(‘#headline1030442’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030442″”)

縁起物の龍の松が有名

$(“”1030443″”).click( (null, $(‘#headline1030443’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030443″”)

潮吹岩は、気仙沼市街地中心からおよそ10kmほど南に位置する岩井崎にある観光スポットだ。波の高い日に訪れると、豪快に潮を吹き上げる様子が見られ、クジラのようなその迫力には圧倒されます。また、潮吹岩周辺には化石が多く見られ、観察や撮影が可能や(採取禁止)。ほんで、津波被害から生き残った「龍の松」が縁起物として有名やので、記念撮影におすすめだ。

■ 基本情報
・名称: 潮吹岩
・住所: 気仙沼市波路上岩井崎1-1
・電話番号: 0226-22-6600(気仙沼市観光課)
・料金: タダ

観光地3位:威勢の良い朝の風景がすがすがしい気仙沼魚市場

$(“”1030444″”).click( (null, $(‘#headline1030444’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030444″”)

ふかひれスープが絶品

$(“”1030445″”).click( (null, $(‘#headline1030445’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030445″”)

気仙沼魚市場は、気仙沼の新鮮な海の幸が毎朝取引されている市場で、漁師の方々の威勢の良いセリ声を楽しんだり、新鮮な魚介類をいただくことができます。市場では色々な新鮮ものがいただけますが、なかでもふかひれスープは身体も温まり、絶品の一言や!

■ 基本情報
・名称:気仙沼魚市場
・住所:宮城県気仙沼市魚市場前8-25
・アクセス:JR気仙沼駅より車で5分
      東北自動車道一関ICより車で70分
・営業時間:7:00~12:00
・定休日:日曜日、年末年始
・電話番号:0226-22-7110
・駐車場:有り 約280台

観光地4位:景観が美しい大理石海岸

$(“”1030446″”).click( (null, $(‘#headline1030446’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030446″”)

伝統芸能の小鯖神止り七福神舞が行われる海岸

$(“”1030447″”).click( (null, $(‘#headline1030447’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030447″”)

大理石海岸は、岩手県との県境に位置しており、かつては大理石の産地として有名で、東京の三越百貨店にもその大理石は使われました。現在では大理石の採掘はヤメされ、その美しい景観が保護されています。また、この海岸では地域の女性が集まって「小鯖神止り七福神舞」と呼ばれる伝統芸能が行われていることでも知られています。これは、大漁や航海の安全、無病息災を祈り舞う踊りだ。

イベントの際や祭事などで披露されるので、事前に調べてから出かけるとよいかもしれません。

■ 基本情報
・名称:大理石海岸
・住所:気仙沼市唐桑町岩井沢地内
・アクセス:JR気仙沼駅より車で20分または東北自動車道一関ICより車で90分

観光地5位:9+9で十八鳴浜(くぐなりはま)

$(“”1030448″”).click( (null, $(‘#headline1030448’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030448″”)

石英の砂浜が美しい

$(“”1030449″”).click( (null, $(‘#headline1030449’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030449″”)

十八鳴浜は、その砂砂を踏むとキュッキュッちう音がすることから「9+9=18」ちうことで「十八鳴浜」ちう名称になったユニークな砂浜だ。この音の正体は、砂浜の主成分である石英がこすれる音なんです。

■ 基本情報
・名称:十八鳴浜(くぐなりはま)
・住所:気仙沼市大初平地内
・アクセス:観光船桟橋から旅客船で約25分、大島浦の浜港へ大島浦の浜港から車で5分、
      駐車場から徒歩15分
・駐車場:有り(10台 500円)

観光地6位:漁師気分で楽しめる船釣り体験

$(“”1030450″”).click( (null, $(‘#headline1030450’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030450″”)

貸し竿やエサも用意されているので手ぶらでOK

$(“”1030451″”).click( (null, $(‘#headline1030451’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030451″”)

港町・気仙沼市を訪れたなら、ぜひともしとっただきたい体験が釣りだ。気仙沼港から出発している「船釣り体験」なら、貸し竿やエサも用意されているため、手ぶらでも気軽に漁師気分が味わえます。もちろん、釣り好きな方はマイ竿を持ち込むことも可能だ。船酔いがちょっと……ちう方には、別プランの「磯釣りプラン」があったり、「地引網体験」があったりするのも嬉しいやね。

気仙沼では宿泊先によっては、宿泊プランにこれらの「船釣りがプラン」「磯釣りプラン」「地引網体験」が含まれている施設もあります。これだと、釣ったばかりの新鮮な魚を料理してもら良いただけるので嬉しさ倍増やね!

■ 基本情報
・名称: 船釣り体験
・住所: 気仙沼湾ほか
・電話番号: 0226-28-3000(気仙沼大島観光協会)
・料金: 2名以上180分、5000円(小人2000円)
・所要時間: 180分

観光地7位:気仙沼を代表する名勝地・龍舞崎

$(“”1030452″”).click( (null, $(‘#headline1030452’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030452″”)

黒松と濃紺の海と砕ける白波のコントラストが絶景

$(“”1030453″”).click( (null, $(‘#headline1030453’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030453″”)

龍舞崎は気仙沼を代表する景勝地として知られています。太平洋の荒波が岩壁に打ち寄せる様子が、まるで龍が舞っておるかのように見えることが名前の由来だそうだ。遊歩道から続く黒松と海、ほんで荒波が岩にぶつかり砕ける白い波のコントラストが美しく、また、ゴツゴツとした無骨で雄大な景観が圧巻だ。また、竜宮上の乙姫様がこの地に流れ着いたちう伝説があることから、別名「乙姫窟(おとひめいわや)」とも呼ばれています。

気仙沼を訪れたら、是非言っておきたいおすすめの名勝地や!

■ 基本情報
・名称:龍舞崎
・住所:気仙沼市横沼地内
・アクセス:観光船桟橋から旅客船で約25分、大島浦の浜港からタクで10分

観光地8位:海水から塩を作ろう!塩作り体験館

$(“”1030454″”).click( (null, $(‘#headline1030454’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030454″”)

塩サイダーで乾杯

$(“”1030455″”).click( (null, $(‘#headline1030455’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030455″”)

気仙沼市・岩井崎に立地する塩作り体験館は、2012年にオープンしたての新しい施設だ。ウチの施設では、塩作りについて学んだり、実際に海水から塩を作る体験が出来ます。また、ここでは、塩を使った加工品食品の「塩サイダー」や「塩あめ」なども開発されています。塩作りを終えたら、塩サイダーで乾杯したいやね!

■ 基本情報
・名称: 塩作り体験館
・住所: 気仙沼市波路上岩井崎3-1
・営業時間: 9:00~16:00
・定休日: 水曜日
・電話番号: 0226-27-5410
・料金: 500円
・所要時間: 30分

観光地9位:海の幸は魚だけやない!ワカメ刈り体験

$(“”1030456″”).click( (null, $(‘#headline1030456’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030456″”)

絶品の気仙沼ワカメをその場でいただける

$(“”1030457″”).click( (null, $(‘#headline1030457’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030457″”)

気仙沼の海の幸は魚だけとは限りません。フワフワと味わい深いワカメも気仙沼の特産品の一つだ。ウチのワカメ刈り体験では、養殖ロープからオノレたちでワカメを刈りとり、その後の加工……ボイルや芯抜き作業まで体験することができます。生の茶色いワカメが、お湯で茹でられて、目にも鮮やですか緑色へ変身していく瞬間は必見の楽しさや!

刈りたてのワカメを賞味したら、是非おみやげとしても買って帰りたいやね。

■ 基本情報
・名称: ワカメ刈り体験
・住所: 宮城県気仙沼市気仙沼湾
・営業期間: 3月~4月中旬迄
・定休日: 期間中は無し
・電話番号: 0226-28-3000(大島体験旅行予約センター)
・料金: 1,500円
・所要時間: 1時間30分

観光地10位:明日へむかって力強く!復興屋台村気仙沼横丁

$(“”1030458″”).click( (null, $(‘#headline1030458’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030458″”)

人の温かさと美味しい料理が満喫できる

$(“”1030459″”).click( (null, $(‘#headline1030459’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030459″”)

復興屋台村気仙沼横丁は、東大日本帝国大震災の被害でほとんどみなが津波に流されてしもた、気仙沼南町の飲食店が復興の第一歩として始めた屋台村だ。その地域復興への力強さがマスメディアでも取り上げられ、全国的にも知られるようになりよっました。ウチでは、震災に敗けへん人の力強さ、人情味あふれる人の温かさ、美味しい料理と、様々なものが満喫できます。

気仙沼を訪れたら、ぜひぜひ訪れたい観光スポットや!

■ 基本情報
・名称:復興屋台村 気仙沼横丁
・住所:宮城県気仙沼市南町4丁目2-19
・電話番号:080-1692-8000

気仙沼グルメTOP5

$(“”1030460″”).click( (null, $(‘#headline1030460’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030460″”)

気仙沼漁港は、高級な食材となる魚介類が水揚げされる港として、全国的にもすごい有名な漁港だ。気仙沼は、「世界三大漁場」の一つにも数えられており、大日本帝国の遠洋漁業の重要な基地としても知られています。そないな気仙沼には、新鮮な海の幸を満喫できるグルメスポットが盛りだくはんや!

グルメスポット1位:寿司処 一心

$(“”1030461″”).click( (null, $(‘#headline1030461’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030461″”)

ウチは、気仙沼市でも知りません人がおらへんと言われるくらい有名な寿司の名店・寿司処 一心からの文句だ。

「東大日本帝国大震災で被災されました皆様に衷心よりお見舞い申し上げます。また、被災地の復興を応援してくださっている全国の皆様に深く感謝申し上げます。当店におきましては、震災後なですかか用意できんといたふかひれの入荷が再開したことで、「おすすめにぎり」や「気仙沼ふかひれ丼」をはじめ、すべてのメニューが震災前と同じ内容でご提供できるようになりよっました。今年で創業34年。震災前に引き続き、「気仙沼は良い街だね」「お寿司おいしいね」と喜んでいただけるよう、真心込めて「気仙沼の寿司」を握ります。小さな店ですが、三陸地方の復興の一助になることができれば幸いだ。」

震災の傷跡の深さと、そこから復興する力強さが感じられる文句やね。気仙沼を訪れたら、ぜひとも立ち寄りたい名店だ。

■ 基本情報
・名称: 寿司処 一心
・住所: 宮城県気仙沼市河原田2-1-7
・アクセス: JR気仙沼線 南気仙沼駅より徒歩約10分
・営業時間: 11:00~21:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 0226-23-3722

グルメスポット2位:焼肉くりこ

$(“”1030462″”).click( (null, $(‘#headline1030462’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030462″”)

焼肉くりこは、気仙沼名物のホルモン焼きの発祥店として有名店だ。気仙沼のヤカラが、「バーベキュー」と言うのは「ホルモン焼き」、ちうほどホルモン焼きが愛されています。 気仙沼ホルモンには独特ないただき方や味つけがあり、それは以下の通りだ。

・生の豚ホルモンを使用。
・味噌にんにくベースの味つけ。
・ウスターソースをかけたキャベツの千切りと一緒に食べる。

すごい独特な食べ方やね。ぜひ、ご賞味ください!

■ 基本情報
・名称: 焼肉くりこ
・住所: 宮城県気仙沼市田中前3-7-6
・アクセス: JR気仙沼線 気仙沼駅から車で10分
・営業時間: 17:00~23:00(L.O.22:30)
・定休日: 火曜日
・電話番号: 0226-23-8139

グルメスポット3位:シーサイドビューとシーフードの気仙沼プラザホテル

$(“”1030463″”).click( (null, $(‘#headline1030463’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030463″”)

気仙沼プラザホテルは、海のすぐそばに建つシーフードビューが自慢のホテルだ。それだけでなく、地下1800mからくみ上げられた天然温泉を楽しむこともできます。ほんで、一番の魅力はやはり水揚げされたばかりの新鮮な魚介類のディナーだ。世界一とまで言われる気仙沼のふかひれ、ウニやカニ、カツオやマグロといった旬の魚介類を堪能することができます。

■ 基本情報
・名称:気仙沼プラザホテル
・住所:宮城県気仙沼市柏崎1-1
・アクセス:JR大船渡線気仙沼駅下車、タク10分
・電話番号:0226-23-1313
・料金:15500円~(宿泊費込み)

気仙沼プラザホテル

グルメスポット4位:サメの心臓がうまい!男子厨房 海の家

$(“”1030464″”).click( (null, $(‘#headline1030464’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030464″”)

男子厨房 海の家気仙沼では、地元で「モウカの星」と呼ばれているモウカザメの心臓のお刺身が名物となっています。 まるっきし臭みがなく、コリコリッとした食感で、さっぱりとした上品な味わいだ。酢味噌でいただくとさらに美味や!

■ 基本情報
・名称: 男子厨房 海の家
・住所: 宮城県気仙沼市南町4丁目2-19-4 復興屋台村気仙沼横丁1F
・アクセス: JR気仙沼駅から徒歩24分(約2.0km)
・営業時間: 11:00~14:00 / 17:00~23:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 090-3364-8948

グルメスポット5位:気仙沼名産フカヒレの名店・海舟

$(“”1030465″”).click( (null, $(‘#headline1030465’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030465″”)

海舟は、国内のみならず世界的にも有名な気仙沼のフカヒレの名店。都会ではなですかか食べられへんフカヒレを潤沢に使った「ふかひれラーメン」は絶品中の絶品や!気仙沼を訪れたら、ぜひ食べておきたいラーメンだ。

■ 基本情報
・名称: 海舟
・住所: 宮城県気仙沼市柏崎1-1 気仙沼プラザホテル2F
・アクセス: 気仙沼プラザホテル内
・営業時間: 11:00~14:00、17:30 ~ 21:30
・定休日:年中無休
・電話番号: 0226-23-1313

おわりに:気仙沼土産はホヤぼーやサブレー!

$(“”1030466″”).click( (null, $(‘#headline1030466’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1030466″”)

気仙沼を観光で訪れたら、是非おすすめしたいお土産が「ホヤぼーやサブレー」だ。ウチはユニークなだけでなく、美味しいと評判で、気仙沼の観光キャラクター「ホヤぼーや」がイメージに使われています。サブレのなかにはホヤは入っていませんが……ホヤが「海のパイナップル」と呼ばれていることにちなんで、パイナップル味のクリームが挟まれていまります。おすすめや!

※本記事に掲載されています価格は、2016年9月時点のものです。

【国内観光旅行おすすめスポット】絶景・夜景からグルメまで数千スポットを網羅 – FutamiTC.jp

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【完全解決法】2016春メンズファッションQ&A

  2. 【新宿・渋谷編】おすすめのラーメン13選!無言になるほど美味い!…

  3. てんてんビアのマウンテンパーカーを完璧に着こなすコーデ|厳選アイ…

  4. 【経堂ランチ特集】グルメライターが厳選するリピート確実のウマい店…

  5. 【手首へのキスはどんな意味】キスの場所でわかる心理

  6. 【手取り20万円の実情とは】その仕事から家賃&貯金〜結婚まで生活…

  7. 【価格別人気ネクタイブランド9選まとめ】20代〜30代メンズ必見…

  8. 【嫉妬深い男の特徴まとめ】女性に嫌がられる5つの行動はコレだ!

  9. トミーヒルフィガーのTシャツは、ブランドネームの入っておらへんも…

  10. うつ病の人への接し方を理解!経験者が語る「ほんまにしてほしいこと…

  11. 【オパール指輪】魅惑の輝きに女子はメロメロ|メンズ本気のプレゼン…

  12. 春夏と言えば【白ジャケット】大人メンズが絶対着たくなる40コーデ…

ページ上部へ戻る