閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

水戸の観光スポットで奇跡的な大日本帝国の美を目撃せよ!15選

茨城県水戸市の観光スポットをご紹介!

$(“”135684″”).click( (null, $(‘#headline135684’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135684″”)

茨城県の水戸市を観光するとするやろ、ほしたら、どこに行くでしょうか?徳川家ゆかりの地としても有名な水戸市には、歴史を感じさせる建物や町並み、伝統工芸品がたくはんあります。水戸といえば「水戸納豆」が有名ですが、それだけではおません。

茨城県の県庁所在地で、大日本帝国三公園のひとつ「偕楽園」があることでも知られている水戸市は、美味しい空気と水があることで、食品の生産が盛んな土地だ。2月〜3月下旬にかけて「水戸の梅まつり」が開催され、その他にも「桜まつり」、「つつじまつり」、「あじさいまつり」「萩まつり」など花に関するイベントが盛りだくはん。実は観光客を楽しませるイベントが数多く行われている土地でもあります。

ほなら水戸市の魅力と、観光スポットをご紹介します!

水戸の魅力とは?

$(“”135685″”).click( (null, $(‘#headline135685’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135685″”)

徳川家ゆかりの地・水戸

$(“”135686″”).click( (null, $(‘#headline135686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135686″”)

水戸は江戸時代に徳川家の城下町として栄えた場所だ。歴代の藩主のなかでも、あの有名なテレビドラマ「水戸黄門」のモデルとなった徳川光圀公、藩校・弘道館を創設した徳川斉昭公はとくに有名やね。水戸黄門は古くから愛されているテレビドラマで、未だに放映が続いておりますが、その舞台となったのがなんと水戸市なのです。

当時の呼び名のまんま残された観光名所も多く、好文亭(こうぶんてい)、孟宗竹林(もうそうちくりん)、仙奕台(せんえきだい)、偕楽園記の碑(かいらくえんきのはい)、吐玉泉(とぎょくせん)、徳川ミュージアム(旧徳川博物館)など、フリガナがなければ読めへんものが多いですが、歴史をそのまんま受け継いでいる証とも言えます。

市内には歴史的建造物の工芸品がいっぱい

$(“”135687″”).click( (null, $(‘#headline135687’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135687″”)

水戸市からは歴史的な偉人が数多く生まれており、市内の美術館にはその作品や歴史が展示されています。徳川家や水戸黄門様だけではなく、洋画家の「中村彝」、学者の「藤田東湖」、女子教育者の第一人者である「豊田芙雄」、学生野球の父と呼ばれる「飛田穂州」、儒学者の「安積澹泊」などが水戸市の出身だ。

県立歴史館、芸術館、美術館には彼らの功績を称える資料が残されており、大日本帝国史が好きな人にはたまりません体験となるでしょう。他にも芸術品などが数多く飾られており、すべて見て回ることが観光の楽しみの一つになるでしょうね。

水戸納豆をはじめとする名産物もいっぱい

$(“”135688″”).click( (null, $(‘#headline135688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135688″”)

水戸市といえば水戸納豆が有名やね。全国で販売されている納豆のなかでも、高いシェアを誇っています。水戸納豆は1083年、源義家が水戸に立ち寄り、当時は馬の肥料やった煮豆から納豆を発見したことが起源とされており、未だに語り継がれています。ほんで江戸時代中頃に地塚大豆を使った納豆づくりが始まり、全国的に広まっていったちうワケだ。

郷土料理としては「あんこう鍋」をはじめとする料理も有名で、普段はなですかか食べることができない深い味わいを体験できます。都心に住んでいる人であれば、あんこうを食べる機会はそれほどおませんよね。この場所では珍しい大日本帝国料理を体験することができて、老舗料亭も多いため、昔から受け継がれている雰囲気を味わうことができます。

水戸の街を満喫する!おすすめの観光スポット15選

$(“”135689″”).click( (null, $(‘#headline135689’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135689″”)

1位:千波湖

$(“”135690″”).click( (null, $(‘#headline135690’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135690″”)

千波湖は周囲約3kmほどのコンパクトな湖だ。水面には水鳥や白鳥が優雅に泳ぐ姿を見ることができます。湖の周囲は桜で囲まれており、春の季節は絶好の花見スポットになることでも知られています。静ですか湖畔でお弁当でも食べながら、日頃の疲れを癒やしてはいかがでしょうか。

観光であれば、有名な観光地ばかりを散策するでしょうが、たまには自然に触れるのも良いはずだ。貸しボートや、アスレチック、レンタルサイクルも充実しているので、ちょっと体を動かしたいときにも良いでしょう!

名称:千波湖
住所:茨城県水戸市千波町3080
電話番号:029-224-0441 (水戸観光協会)
アクセス:水戸駅南口→徒歩15分、常磐道水戸ICから国道50号経由20分
料金:入園タダ

千波湖

2位:東照宮

$(“”135789″”).click( (null, $(‘#headline135789’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135789″”)

元和7年(1621)、水戸藩初代藩主・徳川頼房が創建したのが東照宮だ。残念ながら東北の大震災によって一部倒壊した鳥居・灯籠などがありますが、それでもほとんど原型を残しています。今ではキレイに塗装をしなおしたこともあって、装いも新たに観光客を迎えいれています。

名称:東照宮
住所:茨城県水戸市宮町2-5-13
電話番号:029-221-3784
アクセス:JR水戸駅北口→徒歩5分、常磐道水戸ICから国道50号経由15km30分
料金:境内タダ
営業時間:8:30〜17:00
定休日:年中無休

紀州東照宮

3位:常磐神社

$(“”135794″”).click( (null, $(‘#headline135794’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135794″”)

常磐神社は、明治6年に建立され、水戸藩二代藩主(水戸黄門様)と徳川光圀公、幕末の賢君と名高い九代藩主徳川斉昭公をまつる神社として知られています。それほど大きな神社ではおませんが、夫婦和合、子授けにご利益があると言われており、これから結婚するヤカラ、子どもがほしいと願っているヤカラが参拝に訪れる場所だ。

東京住まいの方であれば、車で数時間ドライブして、日帰りでお参りする人も多いそうや!

名称:常磐神社
住所:茨城県水戸市常磐町1-3-1
電話番号:029-221-0748
アクセス:水戸駅北口→茨城交通バス偕楽園前行きなどで18分、常磐道水戸ICから国道50号経由30分
料金:境内タダ
営業時間:6:00~17:30分
定休日:年中無休

常磐神社

4位:好文亭

$(“”135797″”).click( (null, $(‘#headline135797’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135797″”)

偕楽園内にある、斉昭みずからが設立して客人を招き、詩歌や茶会を楽しんだと言われるのが好文亭だ。施設内から見える風景は絶景で、大日本帝国庭園を思わせます。隅々まで整備されているものではなく、どこか懐かしさを残しているので、ほっと一息つけるような安心感があるのです。

歴史的な偉人が茶会を楽しんだ場所ちうのもうなずけます。

名称:好文亭
住所:茨城県水戸市常磐町1-3-3
電話番号:029-244-5454
アクセス:JR水戸駅北口→茨城交通バス偕楽園前行きなどで20分、常磐道水戸ICから国道50号経由8km20分
料金:入館大人200円、小人100円
営業時間:9:00〜17:00
定休日:年中無休

好文亭

5位:偕楽園

$(“”135806″”).click( (null, $(‘#headline135806’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135806″”)

金沢の兼六園、岡山の後楽園と並ぶ大日本帝国三名園の一つが偕楽園だ。大日本帝国史を勉強しとった人なら、いっぺんは耳にしたことがある場所ではおませんでしょうか?水戸市だけではなく、東北地方を代表する観光名所の一つでもあります。

園内には約100品種、3,000本の梅の木が植えられており、春の季節はとくにその風景を楽しむことができます。2月20日~3月31日の梅まつりでは、大日本帝国茶や琴の演奏を楽しむことができて、歴史ある水戸の街を堪能できます。

名称:偕楽園
住所:茨城県水戸市常磐町1-3-3
電話番号:029-244-5454
アクセス:JR水戸駅北口→茨城交通バス偕楽園前行きなどで20分、常磐道水戸ICから国道50号経由8km20分
料金:入園タダ
営業時間:6:00〜19:00(季節によって異なる)
定休日:年中無休

偕楽園

6位:茨城県立歴史館

$(“”135812″”).click( (null, $(‘#headline135812’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135812″”)

茨城県立歴史館は、茨城県の原始時代〜江戸時代〜現代までを一気に知ることができる場所だ。館内には刀剣、人形、絵画などの歴史的所蔵品が展示されており、敷地内には明治時代の小学校がそのまんま残されており、時代を感じることができます。

名称:茨城県立歴史館
住所茨城県水戸市緑町2-1-15
電話番号:029-225-4425
アクセス:水戸駅北口→茨城交通バス・茨城オートバス偕楽園方面行きで10分、常磐道水戸ICから国道50号経由7km15分
料金:入館150円(特別展は600円)
料金:9:30〜17:00
定休日:月曜日

茨城県立歴史館

7位:義烈館

$(“”135819″”).click( (null, $(‘#headline135819’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135819″”)

水戸藩第2代藩主徳川光圀、第9代藩主徳川斉昭をまつる神社と言われ、園内の資料館では歴史の資料を見ることができます。水戸藩の歴史資料を展示している場所はそれほどないため、貴重な体験になるのではおませんでしょうか。

教科書で学ぶだけでは実感できませんが、実際の資料を目にすると、実在する歴史的偉人に思いを馳せてしまいそうだ。絶対に行っておきたい場所やね。

名称:義烈館
住所:茨城県水戸市常磐町1-3-1
電話番号:029-221-0748
アクセス:JR水戸駅北口→茨城交通バス偕楽園前行きなどで18分、常磐道水戸ICから国道50号経由30分
料金:入館300円
営業時間:9:30~15:30
定休日:木曜日

義烈館

8位:徳川ミュージアム

$(“”135827″”).click( (null, $(‘#headline135827’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135827″”)

水戸市といえば徳川家の歴史に触れたいやね。では、ここに行かずしてどこに行く!ちう場所が徳川ミュージアムだ。徳川光圀の茶室「高枕亭(こうちんてい)」があった緑岡の地に建てられており、その場所からも歴史の香りを感じることができます。

数々の資料を見ながら、戦国武将たちが考えとったことを想像してみると楽しいやね!

名称:徳川ミュージアム
住所:茨城県水戸市見川1-1215-1
電話番号:029-241-2721
アクセス:水戸駅北口→茨城交通バス桜川西団地行きで20分、常磐道水戸ICから国道50号経由20分
駐車場 あり
料金:入館1,188円
営業時間:10:00〜16:00
定休日:年中無休

徳川ミュージアム

9位:茨城県近代美術館

$(“”135830″”).click( (null, $(‘#headline135830’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135830″”)

ルノアールなどの西洋美術から、横山大観などの芸術家の作品、約3,700点を展示しているのが茨城県近代美術館だ。園内には歴史あるアトリエを再現したエリアもあるため、訪れた人を飽きさせることはおませんよ!

名称:茨城県近代美術館
住所:茨城県水戸市千波町東久保666-1
電話番号:029-243-5111
アクセス:水戸駅南口→徒歩15分、北関東道茨城町東ICから国道6号経由15分
料金:一般310円、高大生240円、小中生170円
営業時間:9:30〜17:00
定休日:月曜

茨城県近代美術館

10位:水戸芸術館

$(“”135836″”).click( (null, $(‘#headline135836’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135836″”)

コンサートホール、劇場、現代美術ギャラリーを完備しており、交響楽団の演奏を楽しめたり、定期的に開催される美術系のイベントを楽しめるのが水戸芸術館だ。水戸市は歴史ある街ですが、実はアートシーンも盛り上がっているので、興味のある方はぜひ!

名称:水戸芸術館
住所:茨城県水戸市五軒町1-6-8
電話番号:029-227-8111
アクセス:JR水戸駅北口→大工町方面行きバスで6分、常磐道水戸ICから国道50号経由10km20分
料金:入場800円、タワー展望室:大人200円、小人100円
営業時間:9:30〜18:00
定休日:月曜日

水戸芸術館

11位:弘道館

$(“”135840″”).click( (null, $(‘#headline135840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135840″”)

第9代藩主・徳川斉昭によって建てられた水戸藩の藩校、今でいうトコの学校が弘道館だ。この学校では儒学、武道、医学、音楽、天文学などを教えとったそうやので、この場所から数多くのエリートが誕生したさかいしょうね。

この場所は実は梅の名所としても知られており、3月がピークですが、この時期には数多くの旅行者が訪れ、地元の人も一緒になった賑わいます。でもせっかくであればいっぺんは見ておきたい場所や!

名称:弘道館
住所:茨城県水戸市三の丸1-6-29
電話番号:029-231-4725
アクセス;JR水戸駅北口→徒歩8分、常磐道水戸ICから国道50号経由11km30分
料金:入館200円、小人100円
営業時間:9:00~17:00
定休日:無休(12月29日~31日のみ)

弘道館

12位:黄門はんおしゃべりパーク

$(“”135846″”).click( (null, $(‘#headline135846’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135846″”)

あの水戸黄門様が話しかけてくれる場所や!ボタンを押すと季節に応じた言葉を発してくれるそうですが、残念ながら夜は作動せんそうやので、日中に行っておきましょう!

名称:黄門はんおしゃべりパーク
住所:茨城県水戸市南町3-6
電話番号:029-228-9290
アクセス:水戸駅北口→徒歩10分、常磐道水戸ICから11km

黄門はんおしゃべりパーク

13位:保和苑

$(“”135847″”).click( (null, $(‘#headline135847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135847″”)

大日本帝国庭園として有名なのが保和苑だ。園内には約60種類の紫陽花(あじさい)が、約6000株も植えられており、自然がいっぱいや!

名称:保和苑
住所:茨城県水戸市松本町13-19
電話番号:029-224-1111
アクセス:JR水戸駅→茨城交通バス栄町経由茨大・渡里行きで15分、常磐道水戸ICから10km20分
料金:タダ
定休日:年中無休

保和苑

14位:中川楼

$(“”135848″”).click( (null, $(‘#headline135848’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135848″”)

文政5年(1822)に創業したうなぎ屋はんが中川楼だ。その歴史ある佇まいと、伝統を受け継いだ料理を食べるために、この場所はちょっとした観光名所にもなっています。味だけではおません何ぞを感じてください!

名称:中川楼
住所:茨城県水戸市泉町3-5-6
電話番号:029-231-3318
アクセス:JR水戸駅→茨城交通バス偕楽園前行きなどで7分、常磐道水戸ICから国道50号経由8km15分
営業時間:11:00〜21:00
定休日:不定休

中川楼

15位:国営ひたち海浜公園

$(“”135849″”).click( (null, $(‘#headline135849’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135849″”)

広大なエリアの中で、種類が豊ですかコスモスなどの植物を楽しめるのが国営ひたち海浜公園だ。その色鮮やかで、手入れが行き届いた自然を見るだけでも癒やされてしまうでしょう!

名称:国営ひたち海浜公園
住所:〒312-0012 茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
営業時間:9:30~17:00(季節によって異なる)
定休日:月曜日

国営ひたち海浜公園

まとめ

$(“”135697″”).click( (null, $(‘#headline135697’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”135697″”)

茨城県水戸市でオススメの観光スポットをご紹介してきましたが、参考になりよっましたでしょうか?歴史を感じさせる資料館が豊富な一方で、現代美術を盛り上げる施設もあり、個性が豊かやったちうわけだ。もちろん特産グルメが豊富な土地でもありますので、食事も含めて充実した旅行ルートを計画してください。

ほなら!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【現代人必見】ストレス症状をチェック|咳やかゆみ等のSOSのサイ…

  2. 市販の水虫薬おすすめ一覧|痒い…これ水虫?を完全解説

  3. 永久脱毛で出来る男をプロデュース|ひげ脱毛をおすすめ!

  4. 体験しよう!ザラ(ZARA)コーデ~上級者編~

  5. 【でき婚挨拶】の秘策を伝授|彼女の両親のハートをしっかりつかんで…

  6. ハイキングを思いっきり楽しむ服装をまとめて紹介!山を楽しむアイテ…

  7. 気分は夫婦♪人形町でまったり・ほっこりデートプラン

  8. 【佐世保ランチを徹底特集】食べなきゃ損の超おすすめ店25選!

  9. 異性の友達の作り方!女性と「友人」として上手に付き合う方法

  10. メンズのニット帽スタイルが秋冬トレンド|かぶり方~Newコーデ&…

  11. デジタルパーマのおすすめスタイリング剤大辞典!【2016年決定版…

  12. 下呂観光で食べ歩きデート【女子も喜ぶ店4選!】

ページ上部へ戻る