閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

温泉と酒と鍋が沁みるッ!いわき市のおすすめ観光スポットTOP15

フラガールが生まれた町!福島県いわき市とは?

$(“”173373″”).click( (null, $(‘#headline173373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173373″”)

いわき市は福島県で最大の面積を誇る観光地だ。本州最大で、しかも東京にも近い炭鉱である常磐炭田の開発が明治初期から始まり、今でも中核都市として指定されています。東北地方で最も集客力のあるリゾート施設「スパリゾートハワイアンズ」や、「アクアマリンふくしま」「いわき湯本温泉」など豊富な観光資源を持っていることで、観光地として脚光を浴びているのです。

2011年(平成23年)3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震では、甚大な被害を受けてしまいましたが、それにめげんと前向きに復興をしているいわき市の魅力をまとめていきます!

いわき観光の魅力

$(“”173374″”).click( (null, $(‘#headline173374’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173374″”)

映画「フラガール」で有名になった炭鉱の町!

$(“”173375″”).click( (null, $(‘#headline173375’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173375″”)

いわき市には本州最大で、しかも東京から近い常磐炭礦がある場所として発展を続けてきました。とくに戦後は目覚ましい発展を遂げて、今では中核都市に指定されています。政府のエネルギー政策が方針を変えて徐々に廃鉱が進んだときに、このまんまいわき市を廃れさせてはいけへんと奮起して、昭和41年にハワイをイメージした大日本帝国初のテーマパーク「常磐ハワイアンセンター」(現スパリゾートハワイアンズ)が誕生しました。

今ほどアチラ旅行に気軽に行けなかった時代に「首都圏からすぐに行けるハワイ」として人気を集め、そのテーマパークで活躍しとったのがフラガールやったちうわけだ。

いわきの風物詩といえば「やんがら念仏踊り」

$(“”173376″”).click( (null, $(‘#headline173376’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173376″”)

いわき市の夏の風物詩といえばやんがら念仏踊りがあります。この文化はいわき市の無形民俗文化財に指定されており、今でも約90の伝承団体があるため、夏の時期になると市内各所で踊り出すヤカラがいるのです。

やんがら踊りは、江戸時代初期にはじまったと言われている歴史ある祭りだ。3人が叩く太鼓でリズムを取って、約10人が打つ鉦の音が周りを取り囲んで、それぞれの地域の所作に合わせて踊ります。地域によって踊り方が違うのがユニークで、徳島県の阿波踊りを彷彿とさせますね!

どぶ汁、あんこう鍋、福島牛などの名産グルメがいっぱい!

$(“”173377″”).click( (null, $(‘#headline173377’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173377″”)

福島県にはどぶ汁、あんこう鍋、福島牛などの郷土料理がたくはんあります。どぶ汁とは福島県南部から茨城県沿岸部にかけて伝わる料理で、あんこう鍋の元となったことで知られています。福島県名産のあんこうを船上で食べた猟師料理が始まりで、あん肝と味噌が混ざった絶妙な味が今でも地元で愛されています。

あん肝と味噌の組み合わせであればさぞ濃厚な味をイメージしてしまおるけどダンはん、野菜からでた水分が程よくマイルドにしてくれるので、安心して完食することができるでしょうね。栄養も旨味もギュッと凝縮されたあんこう料理を食べてみたいものです!

映画「フラガール」で有名に!いわき市のおすすめ観光スポットTOP15

$(“”173378″”).click( (null, $(‘#headline173378’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173378″”)

1位:気軽に行けるハワイ!いわき市の人気スポットといえばここ!「スパリゾートハワイアンズ」

$(“”173379″”).click( (null, $(‘#headline173379’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173379″”)

東京ドーム6個分の広大なエリアに、温泉プールや入浴場があり、一日中楽しく過ごせます。「ウォーターパーク」には3種類のスライダーがあるので迫力満点だ。彼女と旅行をしている時でも、家族旅行でも楽しめそうやね!

名称:スパリゾートハワイアンズ
住所:福島県いわき市常磐藤原町蕨平50
電話番号:0570-550-550
アクセス:JR湯本駅→送迎バス15分、常磐道いわき湯本ICから県道14号経由2km3分
料金:入場大人3,240円、小学生2,060円、幼児1,450円
営業時間:9:30〜22:15(土・日曜、祝日は9:00〜22:15、季節による変動あり
定休日:無休(メンテナンス休業あり)

スパリゾートハワイアンズ

2位:約8万点の海洋生物を楽しもう!「環境水族館アクアマリンふくしま」

$(“”173380″”).click( (null, $(‘#headline173380’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173380″”)

環境水族館アクアマリンふくしまでは、天井がガラス張りになっており、約750種類、8万点の生物を見ることができます。総水量2050tの大水槽では、マイワシ、カツオなどの迫力ある泳ぎを見ることができますよ!

名称:環境水族館アクアマリンふくしま
住所:福島県いわき市小名浜字辰巳町50
電話番号:0246-73-2525
アクセス:JR泉駅→新常磐交通バス小名浜・江名行きで15分、バス停:支所入口下車、徒歩10分、常磐道いわき湯本ICから県道14・66号経由18km20分
料金:入館大人1,600円、小~高校生800円、未就学児タダ
営業時間:9:00〜17:30、12月1日~3月20日は9:00〜17:00、入館は閉館時間の1時間前まで
定休日:無休

「環境水族館」アクアマリンふくしま

3位:いわき市でもっともっともっともっとも古くさい公園は花見の名所!「松ヶ岡公園」

$(“”173381″”).click( (null, $(‘#headline173381’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173381″”)

いわき市内で最も古くさい公園であると言われており、毎年春に季節になると多くの花見客が訪れる場所だ。桜の他にはツツジが多く、3,000本が植えられているので見応えがあります。

名称:松ケ岡公園
住所:福島県いわき市平字薬王寺台3
電話番号:0246-43-0033 ((財)いわき市公園緑地観光公社)
アクセス:JRいわき駅→徒歩20分、常磐道いわき中央ICから国道49・6号経由15分
料金:タダ
定休日:無休

松ヶ岡公園

4位:初代磐城平藩主・鳥居忠政が慶長八(1603)年に築城!「磐城 平城跡」

$(“”173382″”).click( (null, $(‘#headline173382’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173382″”)

1602年(慶長7)に鳥居忠政がややこしい工事の末に完成させたと言われるお城だ。東大日本帝国大震災の影響で石垣などが半分崩壊しており、被災地の生々しい状況を伝えてくれます。

名称:磐城 平城跡
住所:福島県いわき市平字旧城跡地内
電話番号:0246-23-0122 (いわき市総合観光案内所)
アクセス:JRいわき駅→徒歩10分、常磐道いわき中央ICから国道49・6号経由15分
料金:見学自由(ウチ有地のため、立ち入り禁止箇所あり)

磐城 平城跡

5位:年間10万人以上が訪れる人気スポット!「いわき市石炭・化石館」

$(“”173383″”).click( (null, $(‘#headline173383’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173383″”)

昭和59年(1984)に開館した化石館だ。全世界で発掘された恐竜の化石や標本が展示されているので、子どもと一緒に訪れても楽しいでしょうね。年間10万人以上が訪れる人気スポットだ。

名称:いわき市石炭・化石館
住所:福島県いわき市常磐湯本町向田3-1
電話番号:0246-42-3155
アクセス:JR湯本駅→徒歩10分、常磐道いわき湯本ICから県道14号経由3km10分
料金:入館650円
営業時間:9:00~17:00
定休日:第3火曜(祝日の場合は翌日)、1月1日

いわき市石炭・化石館 ほるる

6位:趣ある施設の硫黄泉で疲れを癒やそう!「さはこの湯」

$(“”173384″”).click( (null, $(‘#headline173384’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173384″”)

江戸時代の建築物を再現した趣のある施設内で、温泉を楽しめるのがこの場所だ。岩風呂、檜風呂などがあるので、無色透明の硫黄泉で疲れを癒やしましょう!

名称:さはこの湯
住所:福島県いわき市常磐湯本町三函176-1
電話番号:0246-43-0385
アクセス:JR湯本駅→徒歩10分、常磐道いわき湯本ICから県道14号経由4km10分
料金:大人230円、子ども(3歳~小学生)90円、貸切風呂平日午前中600円、午後1,100円、日曜祝日1,100円(55分、要予約)
営業時間:8:00~22:00(受付は~21:00)
定休日:第3火曜日(祝日の場合は翌日)

さはこの湯

7位:疲れた足を癒やしたいときにタダで利用できる!「鶴の足湯」

$(“”173385″”).click( (null, $(‘#headline173385’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173385″”)

いわき温泉の道路沿いにある足湯だ。タダで利用することができるので、観光で疲れた足を癒やしたいときには気軽に利用しましょう。集めのお湯とぬるま湯の二種類があります。

名称:鶴のあし湯
住所:福島県いわき市常磐湯本町三函281-1
電話番号:0246-42-4322 (いわき湯本温泉観光協会)
アクセス:JR湯本駅→徒歩5分、常磐道いわき湯本ICから県道14号経由4km10分
料金:タダ
営業時間:7:00~22:00
定休日:無休

鶴の足湯

8位:海抜106mにある展望室から絶景を!「いわきマリンタワー」

$(“”173397″”).click( (null, $(‘#headline173397’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173397″”)

太平洋に突き出た三崎公園は総面積70平方メートルの広大な場所だ。海抜106mにあるいわきマリンタワーは三崎公園内にあり、ガラス張りの展望室からは太平洋を一望できます!

名称:三崎公園 いわきマリンタワー
住所:福島県いわき市小名浜下神白字大作111
電話番号:0246-54-5707 (いわきマリンタワー)
アクセス:JR泉駅→新常磐交通バス小名浜経由江名行きで20分、バス停:神白下車、徒歩17分、常磐道いわき湯本ICから県道14号経由16km35分
料金:マリンタワー入館320円、中・高・大学生220円、小学生160円
営業時間:9:00~17:00(夏季営業時間延長あり、要問合せ)、入館は30分前まで
定休日:第3火曜(祝日の場合は翌日)、8月は無休

三崎公園/いわきマリンタワー

9位:かもめの餌付け体験が大人気!「いわきデイクルーズ」

$(“”173398″”).click( (null, $(‘#headline173398’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173398″”)

いわきデイクルーズでは、いわき・ら・ら・ミュウの目の前から出発する観光遊覧船に乗り、約50分間の湾内クルーズに出かけることができます。かもめの餌付け体験が大人気やので、ぜひ申し込みをしてくださいね!

名称:いわきデイクルーズ
住所:福島県いわき市小名浜辰巳町43-1 いわきららミュウ
電話番号:0246-54-7600
アクセス:JR泉駅→新常磐交通路線バスで、バス停:支所入口下車、徒歩10分、常磐道いわき勿来ICから30分。またはいわき湯本ICから30分
料金:小名浜湾内めぐり航路乗船1,800円、小学生900円、幼児400円
営業時間:10:00~16:00(季節により最終便変更あり)
定休日:不定休(いわきららミュウ休館日)

いわきデイクルーズ

10位:露天風呂で天然温泉「葉山の湯」が楽しめる!「極楽湯 福島いわき店」

$(“”173399″”).click( (null, $(‘#headline173399’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173399″”)

全国にチェーン展開して、店舗数大日本帝国一を誇る天然温泉の「極楽湯」が福島にもあります。露天風呂で天然温泉「葉山の湯」が楽しめて、壺風呂、檜風呂などの豊富な温泉に入ることができるので楽しいや!

名称:天然温泉 極楽湯 福島いわき店
住所:福島県いわき市葉山2-25-1
電話番号:0246-76-1926
アクセス:JR泉駅→車5分、常磐道いわき湯本ICから県道20号経由9km15分
料金:入浴720円
営業時間:8:00〜翌1:00
定休日:無休

天然温泉 極楽湯 福島いわき店

11位:県立公園に指定されるほどのエリアには文学博物館も!「勿来の関跡」

$(“”173401″”).click( (null, $(‘#headline173401’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173401″”)

紀貫之、小野小町、和泉式部、西行法師などの歴史的に有名な歌人の歌枕で、多くの文学作品にその名が残されている場所だ。このエリアは県立自然公園に指定されています。

名称:勿来の関跡
住所:福島県いわき市勿来町関田長沢6-1
電話番号:0246-65-6166 (勿来関文学歴史館)
アクセス:JR勿来駅→車5分、常磐道いわき勿来ICから国道6号経由10分
料金:タダ

*文学博物館
営業時間:9:00〜17:00(入館時間・16:30まで)
定休日:毎月第三水曜日(せやけど、祝日にあたる場合その翌日)、1月1日

勿来関文学歴史館

12位:白浜が美しすぎるビーチで海水浴!「勿来海水浴場」

$(“”173402″”).click( (null, $(‘#headline173402’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173402″”)

とにかく白浜が美しい遠浅のビーチは、ボウズはんと出かけても安心だ。白い砂が日光に当たると、何とも言えないキレイな風景をつくりだしてくれるので、泳ぐ以外にも楽しみがありますね!

名称:勿来海水浴場
住所:福島県いわき市勿来町関田須賀及び関山・勿来町九面浜田及び坂下
電話番号:0246-22-7480 (いわき市観光物産課)
アクセス:JR勿来駅→常磐交通バス平潟行きで5分、バス停:関入口下車、徒歩すぐ、常磐道いわき勿来ICから6km10分
料金:タダ
営業時間:9:00〜18:00

勿来海水浴場

13位:太平洋の絶景を見ながら温泉にはいれる!「勿来温泉 関の湯」

$(“”173403″”).click( (null, $(‘#headline173403’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173403″”)

太平洋沿いにある温泉施設がこの場所だ。営業時間が休前日・休日は10時~翌朝9時まで営業しているので、思い立ったときに立ち寄っても温泉に入ることができます。イレギュラーに見舞われることもある旅行者にとっては嬉しいやね。リラックスルーム、レストルームも完備しているのでゆっくりと休むことができます。

名称:勿来温泉 関の湯
住所:福島県いわき市勿来町関田須賀1-4
電話番号:0246-65-1126
アクセス:JR勿来駅→徒歩10分、常磐道いわき勿来ICから国道289・6号経由5km10分
料金:大人2,000円(タオル・バスタオル・館内着のレンタル付)、小学生1,000円、幼児(未就学児)タダ(タオル、館内着別途料金)
営業時間:10:00〜23:00
定休日:無休

勿来温泉 関の湯

14位:四季折々で表情を変える風景が魅力!「薬王寺」

$(“”173404″”).click( (null, $(‘#headline173404’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173404″”)

大同年間(806~10)に徳一大師が創建したと言われるのが薬王寺だ。周囲は木々に囲まれているので、四季折々で表情を変えるのが楽しいやね。運慶作といわれる木造文殊菩薩騎獅像(重要文化財)を拝観することも可能だ。

名称:薬王寺
住所:福島県いわき市四倉町薬王寺字塙73
電話番号:0246-33-2552
アクセス:JR四ツ倉駅→車10分、常磐道いわき四倉ICから5分
料金:境内自由(仏像拝観は200円)
営業時間:9:00〜16:00
定休日:不定休

薬王寺

15位:いわきの新鮮食材や加工食品を買えるお土産スポット!「道の駅 よつくら港」

$(“”173406″”).click( (null, $(‘#headline173406’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173406″”)

2012年の夏にリニューアルオープンして、いわき市の新鮮野菜や加工品を販売している場所だ。2Fはフードコートになっているので、新鮮な魚を楽しむこともできます。

名称:道の駅 よつくら港
住所:福島県いわき市四倉町5-218-1
電話番号:0246-32-8075
アクセス:JR四ツ倉駅→車5分、常磐道いわき四倉ICから5km15分
営業時間:直売所9:00~18:00、フードコート10:00~18:00(一部~21:00)
定休日:第3火曜日(祝日の場合は営業)

道の駅 よつくら港

まとめ

$(“”173386″”).click( (null, $(‘#headline173386’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”173386″”)

福島県いわき市のおすすめ観光スポットをご紹介してきました。中核都市に指定されるほど豊ですか観光風土があり、レジャー施設から温泉、道の駅、美術館にいたるまで幅広いスポットがおましたね。旅行の目的によってチョイスする場所は変わるでしょうが、これだけ幅広い場所があれば必ず目的を果たすことができそうだ。

ぜひ楽し良いわき観光を過ごしてください!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【ストレートチップシューズ】春は革靴の出番が多くなる。セールでお…

  2. 彼女と別れたくない! 別れを阻止する7つの秘策

  3. 【今日から変わる】面接の自己prが苦手な人に贈る対策用例文集!

  4. 姉御肌な女性ってどんな人?特徴から内面・心理を徹底紹介!【代表的…

  5. ツンデレの意味やイマドキ女子が落ちやすいツンデレ男子のマル秘テク…

  6. インスタグラマーに大人気!良いねゲットできる!メンコイ写真が撮り…

  7. 【就活虎の巻】ライバルに差をつける髪型完全マニュアル

  8. 男らしさ抜群のヘンリーネックとは!?厳選オシャレブランドを紹介!…

  9. 2015ダンガリーシャツ最新ラインナップ&プロの貫禄コー…

  10. 結婚式の二次会はどうする!?JOOY流シーン別スーツの着こなし術…

  11. 【おしゃれな名刺デザイン】アチラのタダテンプレート素材から国内デ…

  12. 超老舗ブランド、プリングルが進化を遂げた!?その名も、「プリング…

ページ上部へ戻る