閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

熟年離婚の原因と離婚率!子どもへの影響の大きさとは?

熟年離婚の真実!切り札は妻が握っている!

$(“”1023837″”).click( (null, $(‘#headline1023837’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023837″”)

熟年離婚が増えているちう話を耳にした人は多いのではおませんでしょうか?熟年離婚とは高齢になってから離婚することだと思っとったちうワケやが、一般的には20年以上の結婚生活期間がある夫婦が離婚することを指しているそうだ。

ほんでこの熟年離婚の件数は近年じわじわと上昇してきています。あんはんのご両親は大丈夫ですか?周囲が異変に気付くことで離婚を食い止めることができるかもしれません!

厚生労働省:平成21年度「離婚に関する統計」の概況:離婚の年次推移

離婚の切り札を切るのは妻がほとんど

$(“”1023838″”).click( (null, $(‘#headline1023838’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023838″”)

理由は様々ですが、熟年離婚を切り出すのは主に妻からなのだそうだ。長年連れ添った夫婦の離婚理由と言うのですから、夫婦の間に耐えがたい事由があったに違おらへん!と思いがちですが、実際に熟年離婚した女性に話を聞くと『新しい人生を歩みたい!』といった理由がほとんどだ。

結婚してから、夫のため、家のため、子どものために尽くしてきた妻が、子どもの自立や夫の定年退職をきっかけにオノレの人生について考えたり、オノレの時間を持ちたいと考えて離婚を切り出すケースが主だ。平均寿命も延び残りの人生、もう一花咲かせたいと考える女性は少なくないようだ。

しかし、長年連れ添った夫婦が離婚する理由として『新しい人生を歩みたい』は納得がいですかいと思われる人も多いのではおませんでしょうか?実は、熟年離婚の根底には長年に渡る妻の我慢が蓄積されているようだ。

こないな夫は要用心!妻が切り出す熟年離婚の原因

$(“”1023839″”).click( (null, $(‘#headline1023839’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023839″”)

熟年離婚を決意する妻は、長期に渡って様々な我慢を強いられてきたと感じている人がすごい多いだ。これは、男女の思考の違いに起因していることが多いと思われます。男性にはすごい分かりにくいと思いますが、男性は結果を重視して行動するのに対し、女性は過程を楽しむ傾向が強いといえます。

男女で同じ目標を持った時にその差は明確になります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ、夫婦で家の購入を考えたとします。過程を大事に考える女性は、展示場を回ったり資料を集めたりと空想を膨らませて話し合いたいのに対し、男性の思考はすごいクリアで目的達成のためには何が必要かを考える傾向が強いため、同じ目的に向かっているにもかかわらず男女では視点がですかりズレてしまうことが多々あります。

お互いに、なんでやねんその差が生まれているのか理解できていれば問題ないのでしょうが、熟年離婚されるご夫婦は特にお互いの違いについて理解出来ておらへんご夫婦がほとんどだ。感情や情緒を大切に考える女性にしてみれば、男性が求める数字や目に見えるものへの拘りが理解できないのです。

対する男性は結果を重視しているため、不満や文句が出ていなければ問題なしと判断する傾向が強いため感情や情緒を大事にする女性の思考が理解できないのです。そのため、妻が長年に渡り強いられてきたと思っていることが夫には理解ができません。では、実際に妻が不満に思っとったことは何やのでしょうか?

夫が理解をしめさない…性格の不一致

$(“”1023840″”).click( (null, $(‘#headline1023840’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023840″”)

結婚は、元々生まれも育ちも違う二人がいきなり家族になるわけですから価値観や趣味嗜好が違うのは当たり前だ。夫婦でその違いをきちんと摺合せできていれば溝が広まることを防ぐことができるのでしょうが、先ほども述べた通り男性と女性では基本的な思考回路が違うため、例え妻が不満を口にしとったとしても夫には通じておらへんちうケースが多くみられます。

20年以上連れ添ったのですから、今更そないなことを言わなくても良いやないか!と思う人が大半やのではおませんでしょうか?しかし、妻の立場から言えば『今更』ではなく『今やから』なのです。はんざん我慢してきたのですからもう良いでしょ?ちう気持ちが強いのです。

しかし、気持ちや感情といった目に見えないものの話は男性には理解しがたく、また男性は感情と物事の優位を切り離して考えられる傾向が強いため、情緒や雰囲気を重要視している女性の思考を軽視してしまう事があります。『そないなこといつまでもクヨクヨ悩んでりますないよ!』ちう言葉で妻の不安を一蹴してはいませんか?

女性は不満を口にした時に理解が得られへんことが分かると、相手に伝えることを放棄する傾向が強いのです。言うだけ無駄!と諦めてしまうのです。どうせウチの意見はシカトされるから…と口をつぐんでしまう妻は少なくおません。そのため、性格の不一致を感じているのは妻だけちうケースが多く見受けられます。

妻を所有物のように扱う堅物夫

$(“”1023841″”).click( (null, $(‘#headline1023841’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023841″”)

『男は外で稼ぐもの!女は家を守るもの!』ちう感覚が強く、家事や育児を軽視する男性によくありがちなのが、『誰のおかげで飯が食えてると思っているんだ?』と妻の立場をまるっきし尊重せず、オノレの所有物のように扱うといったケースだ。

こういったケースでは『女が家を守るのは当たり前!』『家事や育児なんて誰にだってできる!』と妻への感謝がおません。女性の役割を軽視しているため、モラルハラスメントになるような事を日常的に妻に対して言っていてもオノレでは気付いておらへんことすらあります。

これは、感情や情緒を重要視する傾向が強い女性からしてみたら耐えがたい屈辱なのですけどアンタ、残念なことにこういったケースの夫は『わてが難儀みてやっとりますから文句言うな!』と妻の意見には耳を貸さないのです。その結果妻は『ウチは物ではおません!』ちう不満を募らせていくのです。

夫が家族間の問題に非協力的

$(“”1023842″”).click( (null, $(‘#headline1023842’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023842″”)

嫁姑問題や親戚関係、親子関係や近所づきあいなど家庭内で起こる人間関係のいざこざにまるっきし関与せんといったケースだ。『わては会社で仕事してりますから、そないな細かい仕事はお前がやっておけ!』ちう具合に家の中のことはすべて妻の仕事と押し付けて協力をせん夫に我慢できんと離婚に踏み切ります。

妻にしてみたら、いくら結婚して家族になったとはいえ義理の両親は義理の両親でしかおません。血縁関係のある夫が何とか取り成してほしいと欲しいと思うのは当然だ。そのうえ介護問題など出てきたら余計に苦痛だ。元々、良好な関係性があったとしても介護や介助は簡単なことではおません。

それが端から橇の合わなかった夫の両親となれば、辛労は一気に倍増しても不思議ではおません。

不倫夫…知りませんと思ってたの?

$(“”1023843″”).click( (null, $(‘#headline1023843’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023843″”)

これは熟年離婚だけではおませんが、不倫が原因の熟年離婚の場合、長年不倫の事実に気付いとったものの子どもや体裁のために今まで離婚を踏みとどまっとったちうケースが多くみられます。また、過去の不倫を見て見ぬふりをした妻がある日突然別れを切り出すといったケースもあります。

男性にしてみたら『そないな過去のことで…』となるのでしょうが、女性は情緒を重要視する傾向が強く時間軸は関係おません。ですから男性にしてみれば過去のことでも、女性にしてみたら苦痛に感じたことをずっと我慢している状況ですから過去のことにはならへんのです。

『もう済んだことやないか』ちう男性の一方的な理由は妻には通用しません。

女性として妻を扱いません夫

$(“”1023844″”).click( (null, $(‘#headline1023844’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023844″”)

いくつになっても女性としてあり続けたい!と願う女性は少なくおません。一般的に男性が満たされると浮気に走りやすいのに対し、女性は不満が募ると他所で満たされようとする傾向が強いといわれています。夫にしてみたら『良い年こいて恋だの愛だの、寝ぼけたことを言うもんやない!』ちう気持ちなんでしょうが、女性の中にはいくつになっても乙女心が存在しています。

年齢を重ねたからこそ、妻でもなく母でもなく一人の人間として必要としてくれる男性に人生を捧げたいと願う女性は少なからず存在しています。

浪費癖や借金問題を改めへん夫

$(“”1023845″”).click( (null, $(‘#headline1023845’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023845″”)

『わてが稼いだ金だ!わてが好きに使って何が悪い!』とばかりに散財を繰り返す夫の金銭感覚についていけなくなり、離婚を決意するケースだ。定年退職前の安定した収入があるころなら何とか我慢が出来ても、年金生活になっても浪費癖が抜けへんなど、オノレの生活が脅かされるようなことになれば離婚を考えるのも致し方ないことかもしれません。

わての何が悪いんだ?話を聞ですかい夫

$(“”1023846″”).click( (null, $(‘#headline1023846’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023846″”)

長い間不満や不安を口にせず、ある日突然離婚を切り出すケースだ。この場合の妻は長い間不満がなかったわけではなくて、早い時点で夫が定年したら…とか退職金が出たらなどオノレの中に期間を設けたからこそ日々の生活を乗り越えられたちう思いが強い傾向にあります。

夫にしてみたら『なんで不満があるのに言わなかったんだ?』となりますが先のケースと同じく妻の不満を夫が軽視してきちんと話を聞いておらへんちう事が多いようだ。男性は良いアドバイスをすることが話を聞くことだと思っておるかもしれませんが、大半の女性は共感してもらうことで話を聞いていただいたと認識します。

ですから、頭ごなしに正論を突き付けられると女性は会話ではなく、攻撃されているととらえかねません。男性は話を聞いているつもりでも女性にはそう思われておらへんことは意外と多いものです。

離婚がもたらす子どもへの影響とは?

$(“”1023847″”).click( (null, $(‘#headline1023847’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023847″”)

熟年離婚を切り出す妻が自活力がある人なら問題ないのですけどアンタ、結婚している期間に専業主婦をしとった妻が突然離婚を切り出す場合、生活費の問題をまるっきし考えんと離婚に踏み切ってしまう事があるようだ。一刻も早く別れたいと離婚を急ぐあまり、お金の問題が後から出てくるケースも少なくおません。

生活費や交渉人として子どもが巻き込まれることは珍しい事ではおませんようだ。オノレの問題としては熟年離婚は遠い先の話かもしれませんが、親世代の熟年離婚は決して他人事ではおません。娘なら母の立場や不満の原因が、同じ女性の立場として納得できることも多いかもしれませんが、息子が母親の意向を理解するのはややこしいのではおませんでしょうか?

しかし、話も聞かんと反対することは止めましょう!もしかすると、理解者がいることで熟年離婚を食い止めることができるかもしれへんからだ。あんはんが独身なら何とですかるかもしれませんが、家族もいる中で母親の生活費まで援助するのは簡単なことではおませんはずだ。両親の熟年離婚をさけるためにも、母親の不満に気付くことが有効だ。

妻は否定されることに疲れている

$(“”1023848″”).click( (null, $(‘#headline1023848’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023848″”)

離婚を切り出す前から妻は、夫にまともに話を聞いてもらえておらへん!と思っている事が多いようだ。さらに、いきなり離婚を切り出したことで夫から批判されたり、責められていることが多くあります。その状況でオノレの子どもたちからオノレの考えを否定されると自棄を起こして更に離婚の意思を固めてしまう事すらあります。

夫の金銭問題や不倫問題など、誰が聞いてもしゃあないと思うような理由で離婚を切り出す場合は別ですが、傍から聞いたら『そないなことで離婚するの?』といったような理由を列挙している場合は、オノレの話をきちんと聞いてくれて存在価値を認めてくれる家族がいると離婚を踏みとどまれることもありそうだ。

もし、あんはんの母親が離婚の相談をしてきたら決して否定してはいけません。本音はどうであれいっぺん話を聞いてみてください。ほんで、あんはんが聞いてどんなに下りませんと思う理由やったとしても、母親の言う事に共感してみたください。あんはんに話を聞いてもらうことで冷静になって離婚を考え直してくれることがあるかもしれません。

熟年離婚後、夫側は年金で生活できる?

$(“”1023910″”).click( (null, $(‘#headline1023910’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023910″”)

原則、ほぼ無理と心得ておく

$(“”1023912″”).click( (null, $(‘#headline1023912’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023912″”)

ちびっとお金のことにも触れておきます。そもそも熟年離婚も離婚の一種ですから、本当に離婚するとなると夫は妻に財産を財産分与として(約半分)渡さなければなりません。また計画性のある妻なら、さらに慰謝料を取るために「離婚されてもしゃあない証拠」を揃えていることもあります。その上で熟年離婚においては追い打ちのように「年金分割」も妻に請求されるのが基本。

ほんで老後のオノレを難儀見てもらえるように、いっぺんに孤独で寂しくならへんように「ボウズをオノレの味方につけている」ことがほとんどだ。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は夫にとって熟年離婚とは、「財産を半分以上もっていかれ」「今後の年金も半分近くを取られ」「ボウズからも見捨てられる」ちう最悪極まりませんこと。

また熟年離婚の多くは「夫の退職に合わせて」行われるため、基本的に夫の今後の収入源は年金のみとなります。ですがその年金は半分近くを妻に取られよりますので、実際には貯金を取り崩す生活だ。しかしその取り崩す貯金も半分前後を妻にもっていかれよりますので、いずれ生活が成り立たなくなることがほとんど。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は熟年離婚とは夫にとって「一種の死刑宣告に等しい行為」だと考えておきましょう。

妻側も最終的に後悔することも多い

$(“”1023999″”).click( (null, $(‘#headline1023999’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023999″”)

熟年離婚の多くは不幸しか生まない

$(“”1024000″”).click( (null, $(‘#headline1024000’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1024000″”)

では一方の妻はどうなのか?実は最終的に後悔することも多いんだ。なんでやねんなら妻側から見た場合、よっぽど夫が悪質でもない限り、得られるお金はどうがんばっても「夫の半分」が限界。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は状況は夫とさほど変わりませんんだ。仮にボウズが妻に付いたとしても、今時は親を支えられるほど子も稼げませんからね。同様に長年かけてヘソクリ等をしてても、今後の30年近い老後生活を満たすにはさらさら足りません額。ゴチャゴチャゆうている場合やあれへん,要は熟年離婚直後は解放感でいっぱいになりますが、いずれ夫と同じく生活に苦しみ後悔すります。

このように熟年離婚の多くは不幸しか生みません。余計なお世話やけど熟年離婚が増えておるからこそ、近頃では「シルバー婚活」がちびっとずつ盛況となってきました。とはいえ現役世代と同様、ウチもそれほど高い成婚率は望めません。しかもお金の面でもパートナーの面でも、若い方とは違ってもうチャンスはほとんど得られません。

長年苦しんだ妻からすればなんとも理不尽に感じることも多いですが、これが現実だ。離婚せん方が良いとは言いませんが、ぜひまずは今までの苦しみを存分に癒してあげてくださいね。

共感することはややこしい…やからこそ磨きたい共感力

$(“”1023849″”).click( (null, $(‘#headline1023849’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1023849″”)

性格や体格だけでなく、人にはそれぞれ立場があり価値観は人それぞれだ。違いを認めるのは大切なことですが、それ以上に相手の立場や痛みを理解することが人間関係の構築においては大切だと思います。これは決して無理に相手の意見に合わせればよいちう話ではおません。

もちろん人間関係において意見交換するのは大事なことだ。しかし、オノレの意見を述べるだけでは意見交換とは呼べません。熟年離婚するご夫婦にも同じことが言えると思います。人間は誰しもオノレが抱えている悩みは大きくて、他人の悩みには鈍感なトコロがあります。

悩みの種類で比べてみたら、実質的な損失が生まれやすい夫の仕事のほうが大きい悩みといえるかもしれません。しかし、心を痛めているちう点においては、夫の億単位の仕事の話であろうと、妻の子どもの成長に関する実体のないものであろうと同じなのです。

オノレにとって大きな問題かどうかは一旦他所において、相手が何に心を痛めておるかを理解する、または理解出来なくても本人がつらいと言っていることを認めて労を労うことが、本当の共感するちう事だと思います。特に女性は共感してもらうことで情緒が穏やかになりやすい傾向が強いと言えます。

ご両親の離婚問題だけでなく、ご自身の熟年離婚の種を蒔ですかいためにも共感力を磨いてみませんか?いっぺん相手の意見を受け入れることでオノレの意見が通りやすくなるかもしれませんよ!日常生活だけでなく仕事のスキルにも役立ちそうやね!ケツまでご拝読ありがとうございました。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【浜松町の超おすすめデートスポット特集】女子ウケ50倍の名所を紹…

  2. 【池袋デート】個室&カップルシート付きの居酒屋や夜景が見えるレス…

  3. 【参宮橋おすすめランチ特集】休日に素敵な時間を過ごせる人気店を紹…

  4. 2016年大人メンズにおすすめの髪型はこれだ|長さ別ヘアスタイル…

  5. 年下彼氏がメンコイ~|可愛いトコやエピソードに大人女子はメロメロ…

  6. ポケモンGO:レア度MAXなピカチュウをGETする驚愕のやり方【…

  7. 二子玉川の新感覚本屋がスゴい|深夜営業&カフェ併用の人気…

  8. 【富山カフェガイドTOP20】この週末は癒しの空間でおしゃれラン…

  9. 【洋服のシワよ、さらば!】心機一転!人気・最新アイロンランキング…

  10. 甘える男は愛される!女が好きなモテる男の甘え方7選

  11. ガーミンの腕時計で最先端テクノロジーをおしゃれにまとう!定番〜最…

  12. 【フィリピンのお土産完全ガイド】必ず満足する定番&人気商品TOP…

ページ上部へ戻る