閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

田口トモロヲさんの経歴って?才能が幅広すぎ!

田口トモロヲはんってどんな人?

$(“”143519″”).click( (null, $(‘#headline143519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143519″”)

多種多様な経歴を持つマルチプレイヤー

$(“”143520″”).click( (null, $(‘#headline143520’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143520″”)

1957年生まれ、東京都武蔵野市出身の人物。
獨協大学在学中から、自主映画、アングラ演劇などの表現活動に参加。1978年に劇団「発見の会」に入団し、本格的に俳優としての活動を始められました。ほんで4年後の1982年、映画「俗物図鑑」に初出演されたそうだ。
そのような劇団活動の一方で、本名の田口智朗名義によってイラストレーター、ライター、エロ劇画家などの仕事をすることによって生計を立てていました。

そないな中、1983年に代々木公園で伝説のファンクバンド「暗黒大陸やがたら」のライブを目撃します。これに強く影響を受けた田口はんはパンクロックバンド「ガガーリン」を結成。ミュージシャンとしての活動も始めることとなりよっました。
1年後の1984年には「ばちかぶり」を結成し、激しいライブパフォーマンスと高い音楽性をあわせ持ったこのバンドはすごい多くのファンを集めます。

またその一方で俳優としての活動も続けとった田口はんは1989年のドラマ「シャボン玉の消えた日」での植木等役や、いっぺん期の映画「鉄男」で主演を務めたことで俳優としても注目されることとなります。その後はドラマへの出演や映画監督としての活動、またNHKのドキュメント番組「プロジェクトX」でのナレーションは高い評価を得ました。

2009年にはイラストレーターの安斎肇はんが率いるパンクバンド「LASTORDERZ」にボーカルとして加入し、ミュージシャンとしての才能も余すことなく発揮されています。

田口トモロヲはんが初監督を務めた映画は?

$(“”143521″”).click( (null, $(‘#headline143521’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143521″”)

ロック青年の青臭い葛藤をストレートに表現!

$(“”143522″”).click( (null, $(‘#headline143522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143522″”)

田口トモロヲはんは2003年に映画「アイデン&ティティ」で監督デビューを果たしてから、2009年には「色即ぜねれいしょん」、2015年には「ピース アンド ケイク」とさまざまな作品でメガホンをとられています。
そないな田口はんが初監督を務めた映画「アイデン&ティティ」は、公ウチともに親交のある漫画家みうらじゅんはん原作のコミックを題材にした映画だ。大日本帝国中に一大バンドブームが訪れている時代にメジャーデビューを果たしたミュージシャンの理想と現実のはざまで揺れる様子を描いた物語で、脚本は宮藤官九郎はん、主人公にはド「銀杏BOYZ」の峯田和伸はん、そのほかにも中村獅童はん、マギーはん、麻生久美子はんなど豪華キャストで制作されました。

「ガガーリン」ってどんなバンド?

$(“”143523″”).click( (null, $(‘#headline143523’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143523″”)

想像のつですかいハプニングとパフォーマンスで圧倒!

$(“”143524″”).click( (null, $(‘#headline143524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143524″”)

田口トモロヲはんが参加しとったバンドと言えば「ばちかぶり」が有名ですが、それといっぺん期に組まれとったバンド「ガガーリン」も負けず劣らずのインパクトがあります。1980年代後半~90年代前半を中心に活動しとったこのバンドは、パンク、ジャズ、歌謡曲などをルーツにした幅広い音楽性を持つ一方、ライブ中に炊飯器でお米を炊き、その中に脱糞をするなどの過激なパフォーマンスによってアングラ界においては絶大な人気を誇りました。
惜しまれつつ解散したガガーリンですが、2012年3月には再結成を果たし秘蔵ライブ音源を集めたCD「地球は馬鹿やった」を発売。それに先駆けてレコ発イベント「ガガーリン80年代ライブ音源初CD化記念LIVE—-もう×××はしません!」を新宿ロフトで開催して、古くからのファンを喜ばせました。

ぶっ飛んだエンターテイメント「鉄男」

$(“”143525″”).click( (null, $(‘#headline143525’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143525″”)

肉体と金属の壮絶な戦い!

$(“”143526″”).click( (null, $(‘#headline143526’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143526″”)

「鉄男」は1989年に塚本晋也監督によって映画化された作品だ。ある日、主人公の男はオノレのほっぺたから金属片のようなニキビが出ていることに気づきます。その日の通勤途中、駅で男は眼鏡の女に襲い掛かられます。女の左翼翼腕は金属に覆い尽くされていました。男は何とかその女から逃げきりますが、その日を境に男の体に異変が起きるようになります。次の日、彼女を抱いているといきなり股間がドリルに変身。ちうように次第に身体が金属化していくようになり、男はこれに立ち向かっていく・・・といったストーリーだ。前衛的な撮影手法と斬新な展開が話題を呼びました。実はあの有名作「桐島、部活辞めるってよ」の劇中にもちょこっとこの映画が登場しています。

田口トモロヲはんは主人公の「鉄男」を熱演!

$(“”143527″”).click( (null, $(‘#headline143527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143527″”)

この映画には出演キャストが「男」、「女」、「眼鏡の女」、「やつ」、「謎の浮浪者」の5人しか登場せんのですけどアンタ、田口はんは主人公の「男」を迫力ある演技で演じ切ります。「肉体が金属に侵食される男」ちう、なですかか類を見ない役柄に抜擢された田口はんは、勢いのある演技を見せ鉄男の悲しみ、怒り、嘆きなどの感情を表現し、複雑、前衛的なストーリーで難易度の高いこの映画を見事成立させています。パンクバンド時代の過激なパフォーマンスに惹かれた方は必見の映画だ。

http://www.amazon.co.jp/dp/B0037N0WLY

感動の一作!「クライマーズ・ハイ」

$(“”143529″”).click( (null, $(‘#headline143529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143529″”)

未曽有の大事故に奮闘する姿が熱い!

$(“”143530″”).click( (null, $(‘#headline143530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143530″”)

大日本帝国航空123便墜落事故を題材にそれを取材する新聞記者の奮闘を描いた、2008年公開の作品だ。主演は堤真一はん、監督は原田眞人はんが務めました。物語は1985年8月12日に、乗員乗客合わせて524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の境目に墜落し、その情報が北関東新聞社に伝わるトコから始まります。編集部で全権デスクの役職に任命された、堤真一はん演じる悠木和雅たち新聞記者は一大ニュースに対する興奮を禁じえませんが、他の新聞社とのスクープ合戦や、内部での争いなどを通し、生命の重さを扱う責任感を覚えてゆきます。実体験を基にしたストーリーが反響を呼びました。

田口トモロヲはんは政治部のデスク!

$(“”143531″”).click( (null, $(‘#headline143531’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143531″”)

さまざまな部署のある新聞社が舞台となるこの映画ですが、田口トモロヲはんはその中で政治部のデスク・岸円冶役を演じられています。主人公の悠木とは同期入社で、お互いに気心が知れた同僚ちう関係であるこの人物は、主人公を影ながらサポートする名脇役として物語に不可欠な存在であり、田口はんの渋い演技がすごいハマっています。2児の父親であり、反抗期のボウズとの関係に悩んでいるといった設定や、さりげない気遣いで人間関係を取り持つシーンなどを演じる姿に、田口はんの円熟した魅力を感じることができます。

http://www.amazon.co.jp/dp/B005JAENVI

田口トモロヲはんについて紹介しました!

$(“”143532″”).click( (null, $(‘#headline143532’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143532″”)

現在もなお幅広い才能で活躍中!

$(“”143533″”).click( (null, $(‘#headline143533’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”143533″”)

いかがやったでしょうか?
個性的な役柄からちょっとした脇役までこなす名俳優であり、ナレーション、イラストレーター、ミュージシャンととにかく多彩な才能を持つ田口トモロヲはんについて紹介しました。これからも様々な分野で活躍する田口はんに注目したいやね。

〜〜有名人情報〜〜
—名前—
田口 トモロヲ

—本名—
田口 智朗

—誕生日—
1957年11月30日

—出身地—
東京都武蔵野市

—身長—
165㎝

—体重—
非公開

—血液型—
O型

—略歴—
ミュージシャンとしてはパンクロックバンド「ばちかぶり」のボーカルで注目を集め、その他にも俳優、ナレーション、イラストレーターなど多彩な経歴を持つ。所属事務所はマッシュ。

—オフィシャルサイト—
http://mash-info.com/profile/t_taguchi.html

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. イタリア代表ユニフォーム手がけた!ハイセンスなニールバレットを見…

  2. 11月の服装って?気温11度~15度に着るモテコーデ完全攻略法!…

  3. 【人生を気楽に生きる方法】仕事にも役立つ偉人の名言やお勧めの本を…

  4. 【弘前×居酒屋】彼女とのデートコースに載せて欲しい!オシャレで安…

  5. 【保存版】結婚式のシーン別サプライズ|新婦やゲストを驚かせるアイ…

  6. 【必読】オノレに投資するかが人生の鍵?男の人生を豊かにするために…

  7. 【メンズ】”ライトダウンジャケット”おすすめブランド徹底解説

  8. 面接が苦手な人にアドバイス|コツをつかんで苦手意識を克服しよう

  9. 2016流行色コーラルって?|春夏の流行色をリサーチ

  10. 大分・宇佐の観光は超神秘な魅力の旅!厳選スポット15

  11. セオリースーツは間違いなくインテリビジネスマンに似合う!

  12. 【オリジナルの志望動機】就活を完璧に攻略する参考例文の使い方!

ページ上部へ戻る