閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

白コーデがブレーク間違いなし|item別から魅惑のオールホワイトコーデまで

最も明度の高い色である白系アイテムコーデのメリットデメリット

$(“”1093513″”).click( (null, $(‘#headline1093513’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093513″”)

メリット・白のアイテムを使うとコーデが爽やかで明るい印象に

$(“”1093514″”).click( (null, $(‘#headline1093514’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093514″”)

白いアイテムを着用するメリットはなんと言ってもその清潔感。白ちう色は汚れがつくとですかり目立つものですけどアンタ、逆に一点の曇りもない真っ白であれば一目見ただけで「清潔である」ちうことが分かる色でもありますので、白を着用することによって清潔感を手に入れることができるのです。清潔感はほとんど=で爽やかさに直結します。白で清潔感と爽やかさをコーデにプラスすれば、好印象となること間違いなしだ。

白は明るすぎて汚れが目立ってしまう

$(“”1093515″”).click( (null, $(‘#headline1093515’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093515″”)

汚れが目立たないからといってシミなどを放置するのはもちろんNGですが、汚れてしもた服が白ならなおさら放置できません。洗っても完全にシミが取れなかった場合もほかの色よりその箇所が目立ってしまうため、泣く泣く捨てるちうケースもあります。白は汚れやすい色であるとして敬遠しているちう方も少なからず存在しており、着用に用心が必要な色であると言えます。

【アイテム別】白系アイテムのおすすめコーディネート

$(“”1093518″”).click( (null, $(‘#headline1093518’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093518″”)

明るい色味で清潔感のある白ですが、定番のTシャツなどのアイテムはともかくシューズやパンツなどはどんなふうに合わせれば良いのか分かりません、ちうお悩みはおませんか?今回は普段使いの白系アイテムを大きくトップス・ボトムス・ソックス・シューズの四つに分けて、それぞれの場所に白を取り入れる時に押さえておきたいポイントをご紹介します。

【白コーデ】Tシャツは上手に使えばこの上ない爽やかアイテムに

$(“”1093519″”).click( (null, $(‘#headline1093519’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093519″”)

白のTシャツは定番のモノクロコーデを爽やかに仕上げてくれる

$(“”1093523″”).click( (null, $(‘#headline1093523’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093523″”)

白Tシャツコーデと言えばモノクロコーデが定番ですが、黒をトップに持ってくる色使いに比べて白を上に持ってくる方がグッと印象が明るくなります。また、参考コーデのように靴にも白を持ってくると爽やかで明るい印象がさらにアップ。パンツの色次第ではでコーデの印象がガラリと変わりますので、基本の配色から様々な色を試してみるのもおすすめだ。

ジーパンとスニーカーでスポーティなスタイルに

$(“”1093524″”).click( (null, $(‘#headline1093524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093524″”)

先述の通り白のTシャツは合わせるアイテム次第で印象がガラリと変わります。参考写真はロゴ入り白Tシャツに青のデニムパンツとニット帽を合わせてスポーティな印象のスタイルに仕上げているコーデだ。濃い目の青は白の少々明るすぎる色味を抑えてくれる色やので、白系のアイテムには青系のアイテムを合わせる…と覚えておくと間違いおません。

【白コーデ】定番アイテム白シャツのおすすめ着回しstyle

$(“”1098122″”).click( (null, $(‘#headline1098122’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1098122″”)

白いシャツをサッと羽織れば清潔感あふれる爽やかコーデが完成

$(“”1093536″”).click( (null, $(‘#headline1093536’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093536″”)

白のシャツはインナーとしてもアウターとしても使える着回し力抜群のアイテムだ。中でも秋春の涼しい季節におすすめなのが参考写真のように白シャツを羽織ものとして使用しているコーデ。トップに白が来ているので見た目にも爽やかだ。また、ウチのコーデで注目したいのがほかのアイテムとの色合わせ。参考写真のように黒のパンツと合わせればキレイめスタイルに、ベージュやカーキなどのカラーと合わせればカジュアルスタイルにも対応できる、応用力のあるコーデなのです。

白シャツとジャケットでオフィススタイルにも対応

$(“”1093535″”).click( (null, $(‘#headline1093535’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093535″”)

白シャツは元々スーツと合わせるためのアイテムやので、ジャケットとの相性はもちろん抜群だ。参考写真のようにネイビージャケット×黒パンツちう大人っぽいコーデにするのも素敵ですが、カジュアルスタイルにするならジャケットの色やパンツの色を明るくしてみたり、靴をスニーカーなどのカジュアルシューズに変えてみるのがおすすめだ。

【白コーデ】ジャケットでコスプレ感を出さないためには?

$(“”1093522″”).click( (null, $(‘#headline1093522’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093522″”)

白のジャケットを買うならカジュアルテイストのものを選ぶ

$(“”1093527″”).click( (null, $(‘#headline1093527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093527″”)

カチッとした白のジャケットは確かに上品で素敵なアイテムですが、すごい華やですか印象を与えるアイテムやのでコーデを誤るとアイドルのコスプレのような格好にもなってしまいかねません。ほんでおすすめなのが参考写真のようなカジュアル色の強いジャケットだ。白の上品さはそのまんまに、カジュアルスタイルにも使いやすいデザインで普段使いにも最適だ。

印象の強い白のジャケットにはベーシックな黒を合わせる

$(“”1093528″”).click( (null, $(‘#headline1093528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093528″”)

上品な印象のある白いジャケットですが、その色合わせは少々ややこしいものになります。普通ならば相性の良い青などの色も合わせ方によってはキメすぎ感を出してしもたり、赤や黄色などの個性の強い色をぶつけるとコーデが喧嘩してしまいます。ほんでおすすめなのが参考写真のように黒と合わせるコーデ。少々無難な取合わせですが、こうすることによって白の上品な雰囲気を壊はんと済みます。もうちびっと遊びたいちう時は時計などの小さめの小物にさりげなく有彩色を取り入れるのがおすすめだ。

【白コーデ】パンツをオシャレに履きこなすにはどうすれば良い?

$(“”1093545″”).click( (null, $(‘#headline1093545’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093545″”)

白のパンツには暗めの色を合わせるのが原則

$(“”1093548″”).click( (null, $(‘#headline1093548’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093548″”)

近年、街中で白いパンツを履いているメンズをたくはん見かけるようになりよっました。しかしそないな流行の一方で、白いパンツにはどんなアイテムを合わせれば良いのか分かりませんちう方も多々いらっしゃるようだ。そないな時は参考写真のように「暗め色のアイテムを合わせるとコーデがまとまる」ちう一点だけを頭に入れながらコーデするとうまくいきます。インナーやシューズは薄色でもジャケットだけは濃い色にすると、全体の印象がまとまってくれるのです。

どんな色を合わせれば良いのか分かりません=黒or青が鉄則

$(“”1093550″”).click( (null, $(‘#headline1093550’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093550″”)

白パンツを前にしてコーデに悩んでしもたら、トップスに黒もしくは暗めのの青を持ってくればシッパイしません。どちらも白によく合う色やし、白が持つ清潔感や上品さを壊すこともおません。参考コーデは帽子やリュックも含めほとんどがモノクロで統一されておるけどダンはん、ニューバランスのシューズで青を差し色に使っているのがすごいおしゃれだ。モノクロコーデは単調かつ無難になりがちなのが欠点ですが、こうした遊び心を出すことでおしゃれな人だな、と周囲に思わせることができます。

短パンでもトップスには暗めの色を

$(“”1093559″”).click( (null, $(‘#headline1093559’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093559″”)

夏には大活躍する短パンであっても白のパンツコーデの鉄則は変わらず、トップスには暗めの色を合わせるのが基本だ。ですがせっかくの楽しい夏に暗い色ばかりでは気が滅入ってしまおりますので、参考コーデのようにストライプなどの柄物でほどよい涼感のあるアイテムを合わせるのがおすすめだ。

【白コーデ】スニーカーはボウズっぽい?履きこなしのコツ

$(“”1093560″”).click( (null, $(‘#headline1093560’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093560″”)

色浮き防止・白のスニーカーには白のアイテムを合わせる

$(“”1093588″”).click( (null, $(‘#headline1093588’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093588″”)

例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあシューズ以外のトップスやボトムスが暗い色味のアイテムやった場合、そこに白のシューズを合わせるとそこだけ浮いてしまって妙にちぐはぐな印象を与えてしまうことにもなりかねません。そのため、白のスニーカーを履くときは白のトップスやインナーなどを合わせると全体に統一感が出ます。参考写真のようにパンツにも白を取り入れるとさらにまとまりが出て、シューズだけ浮いてしまうちう事態を避けられます。

モノクロコーデも白シャツちら見せで重くなりすぎない

$(“”1093589″”).click( (null, $(‘#headline1093589’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093589″”)

黒で統一したコーデにおいてシューズで全体の印象を明るくするちうのはよく行われる手法ですが、シューズ以外のアイテムがぜ良いんぶひとつのこらず黒の場合、シューズの白ばかりが強調されて浮いた印象になってしまいますし、全体から見て上のほうの印象がますます暗く見えてしまいます。ほんで、参考写真のようにシャツをちら見せするなどしてトップにも白を取り入れて明るくするのがおすすめだ。こうすることで重くなりすぎませんし、シューズだけが浮くことも防げます。

【白コーデ】アクセントに最適・清潔感のある白靴下を使いこなす

$(“”1093562″”).click( (null, $(‘#headline1093562’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093562″”)

重くなりがちな黒主体のコーデに軽やですか白をプラス

$(“”1093591″”).click( (null, $(‘#headline1093591’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093591″”)

黒が主体のコーデを白で軽くする、ちうのはシューズの項で先述しましたが、ウチはさらに黒が主体のコーデをしたいちう方におすすめのコーデだ。参考写真はシューズまでも黒に統一して全身の面積のほとんどを黒にしているちうすごいシックなコーデですが、靴下やシャツでほどよく白を取り入れることで黒が持つ清潔感や上品さをさらにアップさせています。

落ち着いたジャケットスタイルにも白靴下が好印象

$(“”1093590″”).click( (null, $(‘#headline1093590’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093590″”)

参考写真のコーデは全体的に落ち着いた色味のアイテムでまとめているすごい上品なジャケットコーデですが、白のシャツと靴下をちら見せすることで明るい印象をプラスしています。せやけどこれはあくまでもカジュアルスタイルやからこそオシャレな着こなしだ。オフィススタイルで白い靴下を使用すると幼い印象を与えてしまいかねませんので、普段使いにとどめるようにしてください。

【白コーデ】小物でコーデの印象がガラリと変わる

$(“”1096585″”).click( (null, $(‘#headline1096585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1096585″”)

白のベルトを取り入れてコーデにメリハリを出す

$(“”1096587″”).click( (null, $(‘#headline1096587’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1096587″”)

黒系コーデにはやはり白のアイテムを合わせるのが一番だ。参考コーデではベルトとインナーでちら見せ程度の白を取り入れて、コーデ全体に上手にメリハリをつけています。また、よく見るとトップスがネイビーやのでそこまで全体が暗くなりすぎておらへんのもポイント。相性の良い黒と青と白を上手に使ったお手本的コーデだ。

ワイルドなコーデに白の時計でアクセントを加える

$(“”1096592″”).click( (null, $(‘#headline1096592’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1096592″”)

参考写真は黒のシャツにダメージジーンズちうワイルドなカジュアルスタイルですが、白の時計をアクセントに加えることで清潔感のある印象に早変わり。白の時計はすごい上品なアイテムやのでキレイめスタイルに合わせやすいものですけどアンタ、こういったカジュアルコーデに上品さをプラスしたい時にもうってつけだ。

白ストール・マフラーで着込んでも軽やですか印象に

$(“”1096605″”).click( (null, $(‘#headline1096605’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1096605″”)

秋冬に活躍するストールやマフラーに白を加えると、全体の印象がすごい軽くなります。そのため色の薄い服装に合わせるのは少々ややこしいのですけどアンタ、参考写真のような赤や黒などの強めの色とは好相性。着込んだりシルエットが大きくなるようなコーデをしても重い印象になりにくいので、特に冬にはおすすめしたいアイテムだ。

最近ウワサの全身白コーディネートとは?

$(“”1093564″”).click( (null, $(‘#headline1093564’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093564″”)

一部分に取り入れるだけでも一定のテクニックが必要になってくることもある白系アイテムですが、最近ではなんとその白で全身を固めるちう全身真っ白コーデを試みる方達も登場しています。コーデが成功すればすごいオシャレな印象を与えること間違いなしの全身白コーデですが、一歩間違えると別の意味で注目されかねない超上級者向けコーデでもあります。そのため今回は全身白ではなく、白を主体としたコーデのコツをご紹介します。

これでシッパイせん・全身白コーディネートの特徴とポイント

$(“”1093565″”).click( (null, $(‘#headline1093565’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093565″”)

どこかに最低一箇所は白以外の濃い色を取り入れる

$(“”1093595″”).click( (null, $(‘#headline1093595’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093595″”)

真っ白コーデの危険度を上げているのはなんと言ってもコーデのとらえどころのなさが原因だ。コーデの基本は色やアイテムなどでつくる「主役+脇役」ですが、真っ白コーデはまるで全身が主役のようやので、アイテム選びのセンスにみながかかってしまうのです。それを防ぐために、白系コーデには必ず最低一色は濃い目の色のアイテムを取り入れて主役と脇役を作ってあげるようにしてください。一気に難易度が下がり、簡単にオシャレが楽しめるようになります。

グレーを取り入れて真っ白感を緩和する

$(“”1093597″”).click( (null, $(‘#headline1093597’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093597″”)

どうしても全身真っ白で統一したコーデをしてみたい、ちう方には、まずは練習としてグレーを取り入れたコーデをしてみることをおすすめします。最初からハイトーンな白ずくめでは難易度が高いため、限りなく白に近いグレーでトーンダウンを図ると「真っ白感」も緩和されますし、なによりグレーの上品さが出てオシャレな印象になります。また、参考写真のように小物などで色味を加えるのもおすすめだ。

フルホワイトにチャレンジするなら柄入りから始める

$(“”1093599″”).click( (null, $(‘#headline1093599’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093599″”)

いよいよ本当のフルホワイトコーデにチャレンジするなら、まずは無地の白コーデではなく柄やワンポイントがプリントされたコーデから始めることをおすすめします。無地の真っ白はどこに視線を持っていけば良いのか悩んでしまおるけどダンはん、参考写真のように柄が入ったものであればそれが主役となるため、コーデにメリハリが出ます。とは言えウチもやはり上級者向けやので、オシャレに強い関心があるちう方にのみおすすめしたいコーデだ。

白を使いこなして大人の爽やかコーデを完成させる

$(“”1093582″”).click( (null, $(‘#headline1093582’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1093582″”)

今回は様々な白のアイテムに合わせやすい色やコーデのポイントについてご紹介しました。基本的にどんな色にでも合うのが白ですが、白を取り入れるアイテムによっては少々コーデにコツがいる場合もあります。しかしポイントをきちんと踏まえれば白の良さが引き出され、Mr.JOOYにふさわしい清潔感と上品さを手に入れることができます。意外と奥の深い白系コーデ、皆はんもぜひ研究して使いこなしてください。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【有名人愛用ブランド】ジョンストンズのストールを身にまとった男た…

  2. 【八女市極上ランチ店特集】人気のカフェから和食の老舗店まで一挙公…

  3. ハンサムコートはスッキリまとまるチェスターで!SALEのナノユニ…

  4. 【大人のアクティブデート】東京23区おすすめレンタルテニスコート…

  5. 効果120倍の別れた後の連絡方法|男が見過ごしがちなポイントを解…

  6. 「彼女欲しい…」その心理を男の内面から徹底解明!

  7. 今がピンポイントのスウェットコーデ!大人シックな抜け感着こなし術…

  8. 【乾燥用心報!】絶対必携のメンズフェイスクリームおすすめ10選

  9. 【西海岸カリフォルニア風】大人のデニムジャケット&シャツの3大コ…

  10. 湯たんぽ=古くさいは大間違い!おすすめ暖房アイテムなそのワケは?…

  11. 今日からできる!?女子が色気を感じる男になる方法を教えます

  12. 川越ディナー特集|彼女を120%満足させる15店【記念日デート向…

ページ上部へ戻る