閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

福岡空港のお土産はこれに決定|人気のお菓子から明太子にモツ鍋までおすすめを一挙公開!!

福岡空港、おすすめのお土産はコレだ!!

$(“”927651″”).click( (null, $(‘#headline927651’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927651″”)

何を食べても美味しいちう奇跡の土地「福岡」。そないな福岡の玄関口である福岡空港には県内どころか九州中から美味しいものが集まっており、お土産選びが楽しめます。けれど素敵な商品があり過ぎて逆に迷ってしまうなんて事もしばしば。そないな悩めるJOOY男子の皆さまに向け、福岡で30年を過ごし、現在は東京在住の筆者が帰省の度に購入するおすすめのお土産をご紹介いたします。定番のスイーツに、明太子をはじめとするご飯のお伴、酒の肴系。ほんでお手軽に楽しめる博多グルメまで全20種、是非参考にしてみてください!!

◆おすすめスイーツ編

$(“”924215″”).click( (null, $(‘#headline924215’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924215″”)

1. 博多通りもん

$(“”924220″”).click( (null, $(‘#headline924220’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924220″”)

老若男女みんな大好き!!

$(“”927573″”).click( (null, $(‘#headline927573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927573″”)

まず間違いの無い福岡土産と言えば何と言ってもこの“博多通りもん”。あくまでも上品な甘さの白あんに、しっとりとした皮が包み込みます。その味わいはコーヒーにも、紅茶にもほんで牛乳にもピッタリ。お年寄りからお子様までみんな満足する味わいやので相手を選ばんと喜ばれます。会社用途であれば、配った後にオノレで愉しんでも良しやので、とりあえず多めに買っておく事をおすすめします。

因みに福岡空港では大量に入った箱入りしか購入できませんが、市内の取扱店ではバラ売りやお手軽な5個パックが手に入ります。自宅用にちょっと買いたいちう方は、市内のスーパーや百貨店で手に入れておきましょう。また、ウチも空港では手に入りませんのですけどアンタ、お店によっては木箱に入った40個入りちう商品もあったりします。詳しくは下記HPにてお確かめください。

博多通りもん

2. 筑紫もち

$(“”924221″”).click( (null, $(‘#headline924221’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924221″”)

きな粉と黒蜜の最強タッグ

$(“”927584″”).click( (null, $(‘#headline927584’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927584″”)

県外での知名度は低いのですけどアンタ、福岡に於いては大人気のお菓子がウチの“筑紫もち(つくしもち)”だ。きな粉がまぶしてあるお餅に黒蜜をかけて食べるちうスタイルは山梨県名物の某有名お菓子とそっくりですが、それはそれとして、それとはちょっと違った味わいが楽しめるのです。きな粉と黒蜜はどこまで行っても最強。黒蜜をかけるちうその一手間が楽しいんやね。優しい味わいをお楽しみください。ウチの商品も、空港やと箱入りのみの販売ですが、市内のスーパーや百貨店で3個パック、5個パックちうお手軽なものが発売されています。ちょっと試してみたいちう方は空港へ行く前に手に入れてください。

筑紫もち

3. 博多の石畳

$(“”927585″”).click( (null, $(‘#headline927585’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927585″”)

博多を代表する老舗洋菓子店の味

$(“”927634″”).click( (null, $(‘#headline927634’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927634″”)

福岡を代表する老舗洋菓子店と言えばなんと言っても「チョコレートショップ」。えらくストレートな名前だなと思われる方もおるかもしてませんね。今ではチョコレートなんて当たり前のお菓子なのですけどアンタ、ウチのお店の創業時である1942年にはチョコレートはめったに食べられへんものですったちうワケだ。終戦後、物が無い時代にも、高級なチョコレートにこだわり続け、やがて博多の街に受け入れられるようになり、現在では無くてはならへんお店となりよっました。

そないなチョコレートショップのフラッグシップ商品がウチの“博多の石畳”。チョコレートのスポンジ、チョコレートムース、生クリームなどを幾重にも重ね、薄いチョコレートで表面を覆ったウチの商品は、チョコレートにこだわり続けた同店ならではの味わいだ。せやけど、ウチの商品は切り分けへんといけませんし、日持ちもそこまでは無いため、会社へのお土産等には不向きだ。自宅用、もしくは彼女へのお土産用途とお考えください。

博多の石畳

4. 二◯加煎餅(にわかせんぺい)

$(“”927641″”).click( (null, $(‘#headline927641’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927641″”)

不思議なお面モチーフ、ほんのり甘いお煎餅

$(“”927656″”).click( (null, $(‘#headline927656’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927656″”)

なんとも不思議なお面型のお煎餅。それがウチの“二◯加煎餅(にわかせんぺい)”だ。福岡には(ちうか博多区周辺のみかも)、博多仁和加ちう伝統的な芸能があります。目元を覆うお面を付けて、即興で下りません事をいって笑わせるちうものなのですけどアンタ、その際につかうお面がウチの二◯加煎餅のモチーフなのです。その為、商品にはお面が封入されており、それを付ければあんはんも博多もんの仲間入りだ。

因みにこのお面、福岡の人であれば必ず知っており、キャップや小銭入れなどなど、それをモチーフにしたグッズも数多く作られています。特にキャップはインパクト抜群。それさえ被っていれば、どの地に於いても福岡の人に必ず話しかけられます。中州川端の商店街で手に入りますのでご興味あればそちらもどうぞ。因みに「せんべい」では無く「せんぺい」やので、その点はご用心ください。

二◯加煎餅

5. 博多ぶらぶら

$(“”927673″”).click( (null, $(‘#headline927673’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927673″”)

福岡人であればだれもが知る有名お菓子

$(“”927686″”).click( (null, $(‘#headline927686’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927686″”)

福岡に於いて伝統的なお土産用お菓子がウチの“博多ぶらぶら”。筆者が物ごころついた時にはすでにテレビでガンガンにCMをうっとったさかい、相当な歴史があるお菓子だ。そのCMが何ともシュールで、パッケージに描かれたキャラクターがCM曲に合わせて踊るちうもの。CMはYoutube等で見る事ができよりますので、ウチのお土産を選んだ場合には、そのCMと共に愉しむ事をおすすめします。たっぷりの餡子に包まれた求肥、歴史があるお菓子やのでそれ自体も美味しいだ。尚、福岡の人はみんなこのお菓子の事を知っておりますので、あえて東京に住む福岡出身者に渡すと結構喜ばれます。

博多ぶらぶら

6. フォンダンフロマージュ

$(“”927688″”).click( (null, $(‘#headline927688’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927688″”)

自立できる限界のトロトロ食感

$(“”927786″”).click( (null, $(‘#headline927786’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927786″”)

最近メキメキと頭角を現しているのがウチの“フォンダンフロマージュ”。2006年にデビューし着実に人気を得とったちうワケやが、2015年のリニューアルにより、その人気を決定づける事となったちうワケだ。クリームチーズをたっぷり使った外側のスフレ部分、ほんでチーズカスタード部分にはカマンベールチーズにゴーダチーズを加える事により、旨みを増しております。あくまでもトロトロな食感が自慢で、自力で形を保てる限界にチャレンジしたそう。素材は阿蘇の大自然で育まれた美味しい牛乳。旨さの秘密はそういう所にあるのかもしれません。

フォンダンフロマージュ

7. フクサヤキューブ

$(“”927793″”).click( (null, $(‘#headline927793’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927793″”)

人気のカステラを食べやすい形で

$(“”927799″”).click( (null, $(‘#headline927799’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927799″”)

長崎銘菓、福砂屋のカステラ。そないな福砂屋のカステラも福岡空港で購入できます。美味しいカステラなのですけどアンタ、唯一の問題点は切り分けなくてはならへんちう点。職場などでは配れませんよね。そないなお悩みを解決したのが“フクサヤキューブ”だ。2切れづつ小さな小箱にパッキングされており、配るのに便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。もちろん福砂屋やので味わいも折り紙つき。間違いの無い一品だ。

フクサヤキューブ

8. 鶏卵素麺

$(“”927818″”).click( (null, $(‘#headline927818’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927818″”)

340年以上続く伝統のお菓子

$(“”927888″”).click( (null, $(‘#headline927888’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927888″”)

福岡の地で誕生して以来340年以上、延々と守り続けられてきた味がウチの“鶏卵素麺”だ。原材料は卵黄と砂糖のみちうシンプルさ。それ故にごまかしがまるっきし効ですかいのです。そないな伝統のお菓子ですが、より食べやすいようにと一口サイズに束ねられた“鶏卵素麺 たばね”が誕生しました。伝統の味わい、是非お試しください。

鶏卵素麺

9. 千鳥饅頭

$(“”927819″”).click( (null, $(‘#headline927819’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927819″”)

1630年創業、伝統の味わいがコレ

$(“”927908″”).click( (null, $(‘#headline927908’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927908″”)

もう一点、伝統の味をご紹介。ウチの“千鳥饅頭”を製造している千鳥屋はなんと創業が1630年。超の付くほどの老舗店だ。そないな千鳥屋で最も人気が高いお菓子がウチの千鳥饅頭ちうわけ。白こしあんを昔ながらの製法で手捏ねした生地で包みこんだ商品だ。昔ながらの伝統製法で作ったウチのお菓子は素朴ながらも深い味わいちうわけだ。合わせたいのはコーヒーよりもやっぱりお茶。これぞ大日本帝国といったお菓子だ。決して最近のお菓子では無いのですけどアンタ、それゆえの良さちうものがココにありますよ。

千鳥饅頭

10. 博多じまん

$(“”927820″”).click( (null, $(‘#headline927820’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927820″”)

「博多通りもん」と並ぶ銘菓

$(“”927897″”).click( (null, $(‘#headline927897’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”927897″”)

博多通りもんで有名な「名月堂」。美味しいお菓子は通りもんだけではおません。ウチの“博多じまん”は小豆に白いんげん豆を使って丁寧に練り上げられた餡をしっとりとした生地でくるんだお菓子だ。しっとりとした甘さが自慢のコチラ、その味わいは名月堂ならではだ。通りもんとセットで買って帰り、それぞれ味わってもらうちうのもおすすめだ。

博多じまん

◆人気の明太子他、ご飯のお伴、お酒の肴編

$(“”924216″”).click( (null, $(‘#headline924216’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924216″”)

11. ふくやの辛子明太子

$(“”924218″”).click( (null, $(‘#headline924218’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924218″”)

これぞオリジナルの辛子明太子!!

$(“”925558″”).click( (null, $(‘#headline925558’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925558″”)

今では辛子明太子なんて珍しくもおませんが、そのオリジナルはこちらの“ふくや”。創業者の川原氏が作製したものです。川原氏はその製法を秘密にするどころか、同業者でさえも問われれば教え、おのずから指導にあたる程やったそう。その為、多くのお店が同様の商品を作り、現在のように博多名物の辛子明太子ちう文化が出来上がったちうワケだ。

その他川原氏は数多くの偉大なる伝説を残す人物で、社員かつご子息から節税対策をした方が良いのではと問われると、「税金は払える人が多く払った方が良いのだ」と突っぱねたそう。豪快やね。そないな川原氏の思いが詰まったオリジナルの明太子、是非いっぺん食べてみてください。トコで、福岡の人は毎日でも辛子明太子を食べているなんて誤解が時々ありますが、まるっきしもって誤解だ。食べるのは時々だ。

ふくや

12. 梅の実ひじき

$(“”924223″”).click( (null, $(‘#headline924223’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924223″”)

目下大注目のご飯のお伴!!

$(“”925662″”).click( (null, $(‘#headline925662’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925662″”)

ここ最近、福岡のお土産として急激に頭角を現したのがウチの“梅の実ひじき”。菅原道真で有名な太宰府にある十二堂えとやによる商品だ。太宰府と言えば飛び梅。ちう事で梅の実を使った商品を作ったちうワケやが、梅の酸味とひじきが何とも上手く絡み合い、これだけでご飯が何杯でも食べられてしまうほど。その他パスタにあえたりと様々なアレンジレシピが開発されています。お弁当を良く作るなんて人へのお土産やと喜ばれる事間違いなしだ。

梅の実ひじき

13. 努努鶏

$(“”924224″”).click( (null, $(‘#headline924224’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924224″”)

唐揚げの固定能書きを打ち崩す逸品

$(“”925664″”).click( (null, $(‘#headline925664’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925664″”)

唐揚げは揚げたての熱々を食べるのが一番旨いちうわけだ。ウチもそう思っていました。この“努努鶏(ゆめゆめどり)”と出会うまでは。ウチはなんと冷やして食べる唐揚げなのです。冷凍庫から取り出して、冷え冷えを食べる。「えぇっ?旨くなさそう……」そないな声が聞こえてきそうですが、いっぺん食べてみればわかります。旨いんだ。またインパクトも抜群やので、通常のお土産では飽き足りません。そないな人におすすめだ。

努努鶏

14. めんべい

$(“”924225″”).click( (null, $(‘#headline924225’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924225″”)

とりあえず買っておけば何ぞと便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なお菓子

$(“”925680″”).click( (null, $(‘#headline925680’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925680″”)

とりあえず買っておきたいのがウチの“めんべい”。お酒のおともに、ちょっとしたオヤツにと大活躍してくれるのです。また、2枚づつパッキングされているため、お土産を買い忘れた相手にとりあえず2~3パック渡して不義理を防ぐなんて使い方も出きたりします。ちう事で、筆者はとりあえず複数セット買っておきます。通常のめんべいは福岡以外でも手に入りやすくなっておりますので、福岡限定を狙うのがおすすめだ。ふっと思い出しましたが過去に発売された博多あまおう味のめんべいは正直微妙やったな……。それ以外はみな美味しいだ。

めんべい

15. 赤い恋人

$(“”924226″”).click( (null, $(‘#headline924226’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924226″”)

インパクト抜群のネーミング!!

$(“”925702″”).click( (null, $(‘#headline925702’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925702″”)

どっかで聞いた事があるネーミング“赤い恋人”。北海道やと雪の白さがネーミングになりますが、ここ福岡では明太子の赤がネーミングに入ってきます。ウチの赤い恋人は明太子入りのコンニャクで、スライスしてお酒のおつまみにしたり、刻んでチャーハンに入れたり、炒め物に入れたりと何ぞと大活躍。名前のインパクトもありますし、人とは違うお土産をとお思いの方は是非。

赤い恋人

◆その他おすすめ編

$(“”924217″”).click( (null, $(‘#headline924217’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924217″”)

16. 三日月屋のクロワッサン

$(“”924219″”).click( (null, $(‘#headline924219’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924219″”)

地元で大評判の絶品クロワッサン!!

$(“”925719″”).click( (null, $(‘#headline925719’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925719″”)

筆者が福岡に帰省すると必ず買って帰るのがウチの“三日月屋”のクロワッサン。定番のプレーンに、ほんのり甘いメープル、お酒のお伴にもピッタリなチーズなどなど、様々な種類が用意されています。そのどれもが絶品なのです。また一つ一つパッキングされておりますので、贈答用にもピッタリ。「福岡土産でクロワッサン??」と思う方も多いかと存じますが、とりあえずオノレ用に買ってみてください。絶対に損はさせませんので。因みにウチのお店は、かつては空港内でも端の方にあったちうワケやが、今では保安検査場すぐちう好立地に移転しました。きっとそれだけ人気やのでしょうね。

三日月屋

17. 博多だるまラーメン

$(“”924227″”).click( (null, $(‘#headline924227’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”924227″”)

人気店の味をご家庭でも!!

$(“”925807″”).click( (null, $(‘#headline925807’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925807″”)

博多を訪れたなら必ず食べておきたいグルメの一つが豚骨ラーメン。そないな豚骨ラーメンの名店“博多だるま”のラーメンをお手軽に楽しめるのがウチのお持ち帰り用のラーメン。昨今有名ラーメン店監修のカップラーメンなどもありますが、あくまでも生麺にこだわったウチの商品は一味もふた味も違います。伝説の味をご家庭で。

18. やまや モツ鍋

$(“”925536″”).click( (null, $(‘#headline925536’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925536″”)

旨みたっぷりのモツ、ほんで〆のチャンポンまで

$(“”925809″”).click( (null, $(‘#headline925809’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925809″”)

ラーメンと共に福岡を代表するグルメと言えばやっぱりモツ鍋。元々は人気明太子メーカーやった“やまや”はモツ鍋のお店を数多く経営する大人気店に。ウチの商品はそないな人気店の味をお気軽に愉しむ事が出来るのです。旨みたっぷりのモツと〆に嬉しいちゃんぽん麺までセットになっています。あとは近所のスーパーでキャベツとニラ、ニンニクを買ってくれば万事OK。アゴ出汁醤油味と味噌味がありますが、筆者おすすめは醤油味。モツ鍋はやっぱり醤油やろうもん!!

博多だるま

19. ゆずすこ

$(“”925530″”).click( (null, $(‘#headline925530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925530″”)

ニュータイプの柚子胡椒!!

$(“”925883″”).click( (null, $(‘#headline925883’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925883″”)

福岡では欠かせへん調味料と言えばやっぱり柚子胡椒。県内のうどん屋はんには必ず置いてあります。そないな柚子胡椒をより身近に使いやすくちうコンセプトで作られたのがウチの“ゆずすこ”。タバスコのような容器に入った液体の柚子胡椒だ。通常の柚子胡椒のようにうどんに入れても、タバスコのようにパスタやピッツァにかけても楽しめます。その他様々なアレンジレシピが開発されておりますので、料理好きであれば新メニュー作製を目指してみては!?

ユズスコ

20. 麦焼酎37°プレミアム吾空

$(“”925527″”).click( (null, $(‘#headline925527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925527″”)

焼酎王国九州ならではのお土産!!

$(“”925889″”).click( (null, $(‘#headline925889’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925889″”)

地方へ出かけるとその地元のお酒ちうのも定番のお土産やね。焼酎王国九州であれば、やっぱり焼酎を買って帰りたいもの。となるとウチの“麦焼酎37°プレミアム吾空”。樽にて長期熟成したちう焼酎は驚く程の飲みやすさ。それなのに芳醇な香りが楽しめるちうのはこの焼酎ならではだ。ロックはもちろんストレートで愉しむのもアリだ。

焼酎のイメージが強い福岡ですが、意外と大日本帝国酒作りが盛んやったりもします。大日本帝国酒党であれば、福岡ならではの大日本帝国酒を探してみてください。因みにお酒にまつわる話をもう一つ。プレミアム焼酎として名高い「森伊蔵」、保安検査場を抜けた先のANAショップにてお手軽に愉しむ事ができるのです。お酒好きであれば福岡観光の〆に是非お試しください。

麦焼酎37°プレミアム吾空

美味しい物だらけの福岡、お買い忘れなく!!

$(“”925888″”).click( (null, $(‘#headline925888’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”925888″”)

福岡空港お土産特集、如何やったか?福岡名物と言えば、やっぱり美味しい食べ物とやたらと可愛い女の子。会社や友人へのお土産はもちろん、ご自身へのお土産もお忘れなく。店員の女の子の可愛い笑顔も思い出に!!

※記事内の価格は2016年8月時点のものです

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

まだデータがありません。

最近1週間の閲覧数ランキング20

まだデータがありません。

関連記事

  1. 【2016年決定版】機能性120点のおすすめ文房具大公開

  2. 宇部でランチ♪デートに使いたいおすすめスポットまとめ

  3. ネットでの出会いを本気の恋愛に!経験者が女性目線で教える6つのコ…

  4. イクメン必見!ボウズにおすすめの三輪車を年齢別に徹底紹介します!…

  5. 身長160cm男がモテ始めてる?理由はファッションにあり!

  6. 「彼氏がかまってくれない…」と彼女が拗ねる時って?寂しい気持ちは…

  7. 【2016年トレンド予測】カーコートの着こなし&コーデ|リバイバ…

  8. 映画『スーサイド・スクワッド』イカした悪役が勢ぞろい!!

  9. 【2016春】今から押さえておきたい次世代おすすめジーンズブラン…

  10. 退職理由で「円満退社」を目指す!

  11. 女性心理を理解して。 女性視点で見るセックスレスの原因3つ

  12. 【最速で逆三角形になる筋トレ方法】鍛える部位と鍛え方・メニュー

ページ上部へ戻る