閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

秋冬ダッフルコート人気ブランド新作5選~おしゃれな着こなし術まで!

定番アウター「ダッフルコート」

$(“”136421″”).click( (null, $(‘#headline136421’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136421″”)

アウター類の中でも定番中の定番、「ダッフルコート」。
優しくも知的で上品な印象を与えてくれるこのアイテムは、カラーバリエも豊富なカジュアルコーデにもってこいのこのコートですが、ありきたりすぎてコーデがマンネリ化してしまう…と感じている人も多くいるのではおませんでしょうか。

確かにトレンドを意識してしまうとアウター自体もトレンドを意識した新しい型に移行してしまう傾向が。
それはアウターが秋冬コーデの多くの範囲を占めていることによって、そのコーデを決める主役級の役割をしているためにアウターをトレンドアイテムに変更すればコーデ自体もトレンド感ある今風コーデにすることが出来るからでしょう。

結果ダッフルコートなどの定番コートの出番はなくタンスの肥やしに、なんてことになっていませんか?

それはもったおらへん!
ダッフルコートは合わせるインナーやボトム、小物を意識し、またダッフルコートのデザイン自体に目を向ければ、トレンド感満載の着こなしだってお手の物な優秀アイテムなんです!
大人っぽくもボウズっぽくも、カジュアルにもクールにも、その変身は自由自在や!

ダッフルコートの魅力

$(“”136422″”).click( (null, $(‘#headline136422’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136422″”)

ダッフルコートは何といっても定番アイテムの合わせやすさが最大の魅力!
カジュアルコーデを作り上げるのに最適なこのアイテムですが、

ブラックのダッフルコートを白シャツ×ブラックスキニーで着こなせばきれいめなクールカジュアル、 

ネイビーのダッフルコートにチャックシャツ×キャメルのチノパンで着こなせば優秀大学生カジュアル、

キャメルのダッフルコートに白タートルニット×濃い目のデニムスキニーで着こなせば大人カジュアル、

などなど合わせやすい分、様々なコーデを組み立てることが出来るため、使い道は無限大だ。
もちろんトレンドアイテムと合わせればトレンド感満載の今風ダッフルコートコーデが完成しますよ!

ダッフルコートの特徴

$(“”136423″”).click( (null, $(‘#headline136423’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136423″”)

ダッフルコートは定番アイテムでもパターンが多いアイテム。
レッドやグリーン、マスタードなどカラーバリエーションはワイが思うにはアウター内でもトップレベルの豊富さで、シンプルなものが多いものの、コートには珍しく格子チェックやコーデュロイ調、チェックなどの柄物もあります。
丈もショート丈はもちろんロング丈や最近ではスーパーロング丈が登場しており、素材もウール、ナイロン、ニットなどなど様々。
それによって価格帯も様々ですが、比較的安価なのも特徴的でしょう。

魅力の部分で言われとったように、他のインナーやボトムスをあまり選ぶことのないダッフルコートは他のアイテムと合わせやすいので、コーデに幅を利かすことができますが、このようにタイプが多いことでさらにコーデに幅を利かすことができますよ!

実は今、密かに雑誌などでも取り上げられている?!今期ダッフルコートが注目されている理由

$(“”136424″”).click( (null, $(‘#headline136424’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136424″”)

毎年定番アイテムとして雑誌に載ることは当たり前ですが、今期は力を入れたダッフルコート着こなしページなどが多数作られています。でもなんでやねん今期はこないなに注目されているのでしょう。

実は今期のトレンドアウターに本当に新しいアイテムが存在しておらへんことが関係しています。
ちうのも、今期はチェスターコートやMA-1といったアウターがトレンドとはいえ、
実際メンズファッション界には去年よりすごい昔からいる存在で、去年から注目されていて引き続き流行し続けているアイテムだ。
そのため「去年買ったアイテム=手持ちアイテムを今風に着こなそう」ちう風潮が出てきており、
手持ちアイテムで読者が多く持っているであろう定番コートが注目されているのです。

さらにその中でも、ハイネックやハット今期トレンドのアイテムと相性抜群やったダッフルコートは
多くの注目を集めており、その影響か、今期の秋冬は毎日毎晩壱年中以上に多くのブランドでそれぞれの特徴を持ったダッフルコートが販売されています。

以下ではダッフルコートの今風着こなし術から、参考にしたいおすすめコーデスナップ、今期2015年秋冬新作の使えるおすすめダッフルコートをご紹介していきます!

絶対やってはいけへん!よくあるダッフルコートの間違った着こなし3選!

$(“”136429″”).click( (null, $(‘#headline136429’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136429″”)

定番で合わせやすいダッフルコートですが、100%どんなアイテムでも合うとは限りません。
他のアウターよりは少ないもののですはりNGポイントは存在します。

以下では合わせてはいけへんアイテムごとにNGポイントを3つ挙げています。
ダッフルコートコーデを作るうえでの参考にしてみてくださいね!

用心ポイント①:カジュアルコーデにありがち!インナーに「フード付きパーカー」

$(“”136430″”).click( (null, $(‘#headline136430’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136430″”)

カジュアルの定番であるダッフルコートですが、同じくカジュアルの定番であるのがフード付きパーカー。
これらを合わせて王道カジュアルコーデを作る人が多いのですけどアンタ、実はNGポイント。

でもどうしていけへんのでしょうか。
正直、テイストとしては定番カジュアルアイテム同士、合いませんわけへんのではと思いますよね。
確かにテイストの相性としてはカジュアル同士すごい相性が良いアイテムだ。

しかし問題なのは「フード」があること。
ダッフルコートにもパーカーにもこの「フード」がついていることで、パーカーがダブルになってしまいます。
無理に引っ張られたインナーのパーカーが首もとでごちゃっとしてしまうため、スッキリしたシルエットスタイルを作れず、首もとだけごちゃごちゃしてしまい、見た目最悪なコーデになってしまうのです。

たとえカラーやテイストが合っていても見た目が汚いのはせっかくおしゃれをしてももったおらへん。
ファッションにはシルエットもおしゃれに見せるための重要なポイントだ。
パーカーはPコートに合わせるなど、カジュアルの定番でもフードのないアウターがおすすめだ。
またフードのないパーカーであれば、ダッフルコートでも相性抜群になりますよ!

用心ポイント②:カジュアル系トレンドボトムスでもNG!ボトムスに「スエットパンツ」

$(“”136431″”).click( (null, $(‘#headline136431’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136431″”)

メンズ・レディースの双方でトレンドアイテムとして流行中の「スエットパンツ」、
スエットが出すリラックス感でカジュアルコーデのはずしアイテムとして活躍しており、
きれいめコーデを良い意味でアンバランスにして、ありきたりな動きのないコーデに動きを加える
アクセントの役割を果たしたりと、使い勝手も抜群だ。

しかしこのアイテム、苦手とするカジュアルアイテムがあります。
それはリラックス感・柔らか感などの優しい印象を持ったカジュアルアイテム。
具体的にはニットカーデやサーモンピンクを使うようなアイテムなどなど。
ほんで優しい印象のダッフルコートも苦手アイテムの対象になっています。

しかしなんでやねんスエットパンツはこれらのような優しい印象のアイテムが苦手なのか。
普通なら同じテイスト同士のアイテムは相性が良いはずだ。

理由はこのスエットちう生地のリラックス感が強すぎること。
柔らかい優しい印象のアイテムとあわせてしまうと締りがなくなり、ただ緩いコーデになり、
野暮ったくなってしまいます。
特に形が緩いアイテムや淡いカラーのアイテムはさらにスエットのリラックス感を強めてしまうので、
全体的にフィットしすぎた形のない優しい印象のダッフルコートは相性が良くないのです。

スエットパンツはきれいめコーデやクールコーデなどのきちんと感が強いコーデに合わせると
程よい抜け感を演出できるマッチアイテムになります。
ダッフルコートに合わせるボトムスは基本スキニーやストレートパンツなどは相性抜群だ。
個性派を狙いたいのなら太めのゆるいボトムスをチョイスするのもありや!

用心ポイント③:メンズでも注目!シューズに「ムートンブーツ」

$(“”136432″”).click( (null, $(‘#headline136432’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136432″”)

今密かに注目されているブーツがあるのを知っていますか?
実はレディースでおなじみ「ムートンブーツ」がメンズでも注目され始めています。
特にアメカジ系やサーフ系などでコーデに使われる事が多いムートンブーツ。
レディースではどんなコーデにも合わせやすいと人気で、誰もが1足は持っているであろうアイテムだ。

見た目の丸っこいシルエットから感じることが出来る「可愛さ」と「やんちゃ感」。
優しくて可愛らしい印象をもち、ちびっとやんちゃなボウズっぽさのあるこのアイテムは、ダッフルコートと
雰囲気や印象が一致しますよね。

しかしメンズコーデには「可愛さ」や「やんちゃ感」は多く必要ではおません。
同じ特徴を持っているちうことは特徴が2倍増しになるちうこと。
可愛さが増しすぎても男性らしさがなくなり、締まりのないコーデになってしまいます。
ボウズっぽさが増すと良い意味でのですんちゃ感でなくなるので、ある程度は大人な印象も必要やね。

ムートンブーツはPコートやダウンコートなど定番でもクールな大人な印象のあるアイテムと合わせたコーデをおすすめします。
抜け感を出しながら他のアイテムの引き立て役として活躍してくれそうだ。

ダッフルコートの今風着こなし術のポイント3選!

$(“”136433″”).click( (null, $(‘#headline136433’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136433″”)

今風ポイント①:清潔感のあるハンサムな印象に!ダッフルコートのインナーには「シャツ」を

$(“”136434″”).click( (null, $(‘#headline136434’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136434″”)

定番中の定番アイテムで、一見さほど目立たんと他のアイテムを際立たせてくれるように感じる「シャツ」ですが、実は秋冬コーデで主役になりにくいインナーでありながら、全体の印象を決定付けてしまうほどコーデに影響力をもたらす、まさにファッションの「台風の目」のような存在として注目されています。

そないなインナーにシャツを使ったシャツコーデは、優しい印象が強く出がちなダッフルコートとあわせることによって、シャツコーデの強いきちんと感に影響されダッフルコートの知性的な雰囲気を引き立てます。

またシャツの種類によってまるっきしといって良いほど変身する印象を持つのもこのコーデのおもろいトコ。
「白シャツ」「チェックシャツ」「デニムシャツ」をそれぞれダッフルコートに合わせると、

「白シャツ×ダッフルコート」では清潔感あふれる白シャツがスーツとは違う大人っぽさを演出し、ダッフルコートの柔らかさで強すぎるきちんと感をバランスよく保ってくれる、大人カジュアルコーデに、

「チェックシャツ×ダッフルコート」ならブラックスキニーなどのクールボトムスを合わせれば、クール感のなかにも抜け感のあるさわやかコーデ、チノパンなどのカジュアルボトムスを合わせれば可愛さ際立つトラッドコーデ、などボトムスによって自由自在に変身します!

「デニムシャツ×ダッフルコート」ではデニムシャツの男らしさがダッフルコートの前面に出とった可愛さを弱めており、またカジュアル感が前面に押し出されている中にも襟付きのデニムシャツがきちんと感を演出していて、男性感強めなきれいめカジュアルコーデを完成させています。

その他様々なシャツであわせてもすっきり決まってこなれたおしゃれ感アップだ。

ウチは白シャツですが、襟元のボタンをあけていることで抜け感を演出、白シャツをきちんと着るのではなくちびっと崩すことで緩めに仕上げました。パーカーやスニーカーがさらに緩さに拍車をかけたカジュアルコーデだ。

デニムシャツではなく、デニムジャケットをインしたコーデ。ジャケットだけ合ってシャツに比べて硬い生地が男らしさをより一層引き立てています。

レッドのダッフルコートをうまく大人に仕上げているこのコーデ、チャコールグレーのシャツがブラックほど強くは引き締めず、ホワイトよりは引き締めるちう程よい効果を発揮して今回のコーデの立役者になっています。首もとは開けて、さわやかさを演出だ。

どのコーデも清潔感があり、すっきりとした印象に見せてくれますね。
ハットやニット帽といった小物で遊んでみても良いでしょう。
家にあるお気に入りのシャツを使って試してみてはいかがですか?

今風ポイント②:斬新な太めシルエットを合わせて個性派モードコーデ

$(“”136435″”).click( (null, $(‘#headline136435’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136435″”)

定番ダッフルコートをトレンドモード系コーデに着こなすのも今風にするポイント。
特におすすめなのは太めなボトムスをあわせたコーデ。
去年は正統派なトレンドが多く、細めパンツが主流やったため斬新に見えるかもしれへんこの組み合わせですがそこが今年らしいポイントであり、モード系ちうトレンドだ。

モード系に着こなすにあたって、ダッフルコートなどの定番アイテムはちびっと崩しながら個性的に着るのが今年流だ。
特に定番アイテムの中でもダッフルコートは、きちんと感の強いカジュアルコーデを完成させるPコートに比べて優しい印象で柔らかく温かみのあるカジュアルコーデを完成させます。
そのため、クール感のない柔らかい印象を持ったアイテムで作る個性派、レトロ感のあるモード系に着こなすのが最適でしょう。

ブラックダッフルコート×ハイネックネックセーター×スラックスパンツで今風モードコーデの完成!だてメガネやオックスフォードシューズがこのコーデのレトロ感をさらに引き立てます。モノトーンで合わせることで落ち着いた大人の個性派コーデに。

冒頭にも紹介した太めのボトムスはダッフルコートと合わせることで斬新ながらもこなれ感のある今風個性派コーデに。スラックスボトムやサルエルパンツ、ボーイズデニムパンツなどがおすすめだ。
トップスにはこちらも今年のトレンド、ハイネックを取り入れることでさらに今風コーデを演出できるとともに、全体的に寸胴になりがちな太めボトムスのシルエットを縦長に見せてスタイルアップさせる効果が。薄手のハイネックトップスを持ってきて、ボトムスにタックインすることで、更なるスタイルアップ効果と、昭和を感じさせるレトロコーデが完成します。
さらにコーデにはハイカットスニーカーやブーツなどを合わせて全体のバランスをているとより良くなるでしょう。
ダッフルコートはキャメルやネイビー、ブラックなどの定番がおすすめや!

また小物を使ってさらにおしゃれ上級者。
だてめがねやハット、クルーソックスなどはこのレトロコーデとの相性抜群だ。
ぜひ試してみては?

今風ポイント③:秋冬にその色?!一目置かれる「ホワイトカラー」のダッフルコート

$(“”136436″”).click( (null, $(‘#headline136436’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136436″”)

今までのポイントではダッフルコートに合わせる他のアイテムについてのポイントやったが、
今回はダッフルコート本体に注目!

今年、プチブレイクによってちびっとデザインが豊富になってきているように感じるダッフルコートですが、
もともとこのコートはカラーバリエーションはもちろんのこと、丈感や素材の種類などが豊富である商品だ。定番アウターには珍しく、柄物のバリエーションを揃えているトコも。
定番であることから価格が安価なトコも多く、使い勝手の良さから何着も持っている人もいるのではおませんでしょうか。

そないなダッフルコート、今年買うならどんなポイントが?

今年、形はダッフルコートでもショート丈よりもコーデに個性が出て、大人っぽさの強いロング丈が主流になっておるけどダンはん、問題は「色」だ。
そないな今期秋冬では個性派なコーデが秋冬には珍しい「ホワイトカラー」のダッフルコートがおすすめだ。

冬のコーデにホワイトカラーを持ってくると寒い印象がより際立つことから今まではあまり使われませんやったが、最近では重い色や明るい色など、濃い色味のアイテムを使ったコーデが多い秋冬コーデにプラスすることによって、逆に色自身が引き立てられ、存在感が増すことで、華やかさやクリーンな印象のきれいめスタイルを作る主役級の役割を果たすことが出来ます。

トップスをホワイトでまとめてクリーンやっきりとした印象に。ボトムスで美シルエットのパンツを着用したことでトップスのボリューム感をすっきり見せ、スタイルアップ。

全身ホワイトコーデを作り上げているこのコーデは、
オフホワイトの柔らかいダッフルコートが主役だ。
雪のような優しいイメージが特徴的な新鮮なコートだ。
このようなトップの場合、ボトムス部分に引き締める効果のあるブラックなどを持ってくるのが基本ですが、ここでは同じホワイトボトムスを持ってきています。
オフホワイトと違ったはっきりめのホワイトを持ってくることで同じ同系色内でも引き締め効果を発揮。
さらにトップスで細ボーダーを持ってくることでカラー・柄ともに引き締め効果を発揮し、バランスの良いコーデを作っています。

使いやすくておしゃれな2015秋冬新作ダッフルコートはここでGET!厳選ブランド5選

$(“”136445″”).click( (null, $(‘#headline136445’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136445″”)

厳選ブランド①:BLACK BY VANQUISH

$(“”136446″”).click( (null, $(‘#headline136446’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136446″”)

2014年、ブランド生誕10周年を迎えた「MURDER LICENSE」が世界展開を視野に新たなスタートを切るためにブランド名を変更すると発表。ほんで誕生したのが「Black by VANQUISH」。
3月17日に行われた東京コレクションのファッションショーにて初お披露目されたこのブランドのコレクションテーマはこのブランド名変更の意図そのまんまに「CHANGE」を掲げました。
これまで「MURDER LICENSE」として歩んできた10年を自らカンペキにカンペキに破壊し、新たに生まれ変わるちう強い決意が込められたこのブランドの記念すべき秋冬ファーストシーズンアイテムは細やですか部分までいきわたったこだわりが光る満足なアイテムが豊富だ。

ブランド名:BLACK by VANQUISH
商品名:ダブルフェイスロングダッフルコート
価格:¥23,760(税込)

購入はこちら

長い着丈がエレガントな雰囲気をかもし出したダッフルコート。外側の生地はオリジナルで織り上げた無地、内側にはチェック柄が見え隠れするちうメルトン素材のダブルフェイスちうこだわりだ。フード内や身ごろ内側にちらりとチェック柄が見え隠れするトコロが、外見では丈感で感じるエレガントさ、加えて大人のクール感を前面に出した雰囲気とマッチ。また、釦の留め紐には本革を使用するなど細部までこだわりぬいた一着。カラーバリエーションはブラック/ホワイトの2種類。

シンプルなホワイトトップスにちびっとダメージの入ったパンツがダッフルコートを引き立てつつも、上品過ぎないよう調節。その他にも大人とラッドやモード系コーデなど様々なテイストのコーデに対応してくれるでしょう。

ブランドミ:BLACK by VANQUISH
商品名:ウールチェックロングダッフルコート
価格:¥23,760(税込)

購入はこちら

長めの丈とチェック柄がマッチしたダッフルコート。上の無地のアイテムとはまたちびっと異なり、柔らかさが出てきます。裏地をつけることで防寒性をプラス。ウールの持つ柔らですか雰囲気とチェックが組み合わさることが、ふんわりとした優しい表情に仕上がっている理由。
カラーバリエーションはベージュ/オフホワイト/ネイビー/ブラックと4種あり、オノレの好きなカラーがチョイスできます。コーディネートの主役にも脇役にもなれる、幅を広げてくれる一着だ。

おすすめ②:coen

$(“”136447″”).click( (null, $(‘#headline136447’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136447″”)

「気軽におしゃれを楽しもう」をブランドコンセプトに2008年ユナイテッドアローズグループから展開された「coen」は、アメリカ西海岸のリラックスカジュアルアイテムを手に届きやすい価格で提供しています。
大人のアメカジを基盤とし、ベーシックアイテムからトレンド感満載のアイテムまで豊富に取り揃えているこのブランドは、色味の使い方の暖かさや素材の質感、着心地の良さなど1つ1つにこだわりを持ったアイテムを展開する人気ブランドだ。

ブランド名:coen
商品名:フェイクムートンショートダッフルコート
価格:¥14,040 (税込)

購入はこちら

去年から人気のこのフェイクムートンダッフルがリニューアルして新作登場。
人気ちうことだけあり、このシンプルベーシックなデザインの中に多くの魅力が。
まずはこの丈感。インナーに着るトップスの長さの兼ね合いなどを考えて去年の型から修正し、よりコーディネートしやすいように仕上げました。
また素材感もフェイクムートンを纏ったこのダッフルは上品な印象を与えてくれ、大人カジュアルにはもってこい!通常使われるメルトン素材で作られたダッフルコートはそのアイテム自体はやや若く見られる印象を持ちがちで、大人っぽくするのは他のアイテムたちだ。しかしこのフェイクムートン素材はややオトナな雰囲気漂う、上品なダッフルコートとなっており、冬に大活躍間違いなし!の逸品だ。

着心地もムートンのタッチが滑らかでいっぺん着ると病みつきになります。
留め具のトグルやトグル周りの牛革を使用した留め具紐もこだわりポイントだ。

存在感があるのでベーシックなニットやパンツと合わせたスタイルにいかがでしょうか。

ブランド名:coen
商品名:イタリースライバーニットダッフルコート
価格:¥19,440 (税込)

購入はこちら

coenのなかでも値段が高く、高級品である至高のアウターシリーズ「イタリースライバーニットアウター」。上質なイタリアの生地を使用した上品な雰囲気漂う、ハイクオリティなアウターシリーズとなっております。
その中でもダッフルコートに注目すると、ベーシックなデザインで使いやすいつくりにし、絶妙な丈感は仕事でも、プライベートでも、オンオフ問わず使え、様々な着こなしにもマッチ!
紐にも贅沢に牛革を使用し質感にこだわっており、高級感を演出しております。
ヒップが隠れる程度の丈はスーツやテーラードジャケットなどの上に羽織ったりする際などに絶妙な丈感となっております。
また、生地素材にニットを使用することで、「軽い」「やわらかい」「暖かい」ちうすごい優れた機能性を実現しておりますので使いやすさ倍増だ。
ニット独特の柔らかく上品でクラシカルな雰囲気もポイント、温かみのある洗練された大人カジュアルコーデを作ることが出来ます。チェックシャツやニット帽などをあわせたアメカジカジュアルはいかがですか?

おすすめ③:BEAMS

$(“”136448″”).click( (null, $(‘#headline136448’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136448″”)

1976年、東京の原宿に小さなアパレル店としてはじまった「BEAMS」はほんでちうもの、現在にいたるまで右翼翼肩上がりで成長しています。
ブランドの人気の背景には、洗練された大人カジュアルスタイルを作り上げるアイテムの数々。
値段も手に届きやすいトコから、高価なものまで様々あります。

ブランド名:BEAMS LIGHTS Men’s
商品名:LONDON TRADITION×BEAMS LIGHTS / 別注 カモ柄ダッフルコート
価格:¥63,720(税込)

購入はこちら

落ち着いた色合いのカモ柄生地を使用したダッフルコート。
イギリスファクトリーブランド「LONDON TRADITION」に別注しました。
重厚感のあるウール混紡素材で、保温性にも優れています。
ジャケットの上からでも着用できる膝上丈を採用。
水牛の角を使用したトグルがアクセントを添えて、大人のトラッドスタイルに相応しい仕上がり。
1枚で存在感のあるアイテムだ。

LONDON Tradition / ロンドン トラディション
英国ロンドン郊外にロブハドソン氏によって2000年に創業。25年間、老舗メーカーで経験を積んだ熟練した職人と共に英国生産に拘り、トップクオリティの商品を手の届くプライスで提供するファクトリーブランドとして君臨し続けています。裏地を付けへんアウターウエアのスペシャリストである彼らへの信頼は厚く、自社ブランドだけでなく、バーバリーやギーヴスアンドホークスなどの一流メゾンの生産も手がけています。

ブランド名:EMMETI
商品名:EMMETI / RAIMONDO
価格:¥182,520(税込)

購入はこちら

ラグジュアリーなムートンダウン
イタリア/ラミンテス社の軽量ポリエステル素材「スーパーライト」、ヨーロッパ産の高級ムートンを纏ったダウンダッフルコート。表地は、ラグジュアリー感ある上品なナイロン素材、袖口の暖かいムートンにパーツに加え、軽く保温性に定評のあるポーランド産ホワイトグースダウンが冬の寒さから守ってくれます。袖を通した瞬間に、高級ブランドらしい軽い仕上がりとその暖かさに驚くことでしょう。ボトムシルエットを選ばないコートレングスと、スリムなフィッティングも見逃せません。

EMMETI / エンメティ
EMMETIは、1975年にフィレンツェ近郊の町ヴィンチで、毛皮を使ったファーコートとファージャケットの工房として創業したブランドだ。 「エレガンテ・スポルティーヴォ」で、スポーティーでありながらエレガンスを忘れへんちうのをコンセプトに掲げ、レザーとファー、レザーとナイロンなどの異素材を巧みに組み合わせることによって、程良いラグジュアリー感を演出しています。素材使いのみならず、人間の体躯を熟知したタイトすぎないスリムフィッティングも「エンメティ」の得意とするトコだ。

まとめ

$(“”136451″”).click( (null, $(‘#headline136451’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”136451″”)

どんな場面でも使える、万能な定番アイテム「ダッフルコート」。
ベーシックにもトレンドにあわせたコーデも様々な使い方があるこのアウター、持っていれば大活躍すること間違いなしだ。
定番すぎて使いません、タンスの肥やしになっている、何てことおませんか?
持ってへん方も持っている方も、この機会にぜひ一着新しいアウターとしていかがでしょうか。
※本記事に掲載されています商品価格は、2015年10月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【オフィスstyleも妥協なし】スーツstyle×ニットで確実に…

  2. 【自宅が居酒屋状態】2016年激ウマなおつまみランキングを大公開…

  3. 【横浜の大人散歩デート】休日を120%楽しむための情報をご案内!…

  4. 【コートより軽いコーディガン】メンズ今年の秋冬は変わりアウターで…

  5. 【相棒はリーバイス】人気種類をおさらい501~511、501CT…

  6. ヘアケアのおすすめ!今からはじめる頭皮マッサージで髪の悩みを解消…

  7. カモフラの上を行け!注目の【タイガーストライプ】徹底解説&おすす…

  8. 【VANS 50週年】限定アイテム「California Dep…

  9. 【ダウンジャケットコーデ術】coolメンズコーデはインナー&小物…

  10. 【2016版】USJの新アトラクションと絶対外せない見どころを、…

  11. 【略奪不倫をする前に】大きすぎるリスクや用心ポイントを徹底解説!…

  12. 【結婚式のウェルカムボード特集】センス◎な作り方〜おすすめ&人気…

ページ上部へ戻る