閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

筋トレの頻度は一日おきと二日おきどっちが最適??

筋トレを行なう正しい頻度ってどのくらいなんでしょう?

$(“”1113552″”).click( (null, $(‘#headline1113552’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113552″”)

筋トレは毎日やる必要はない!?

$(“”1142455″”).click( (null, $(‘#headline1142455’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142455″”)

筋トレの頻度は、人やトレーニング方法によって様々だと思います。自己流で行うのも良いのですけどアンタ、適切な頻度ちうのは存在するのでしょうか。また筋トレの方法などによっても、違いちうものはあるのでしょうか。詳しく調べていきましょう!

筋トレの頻度は毎日?一日おき?二日おき?

$(“”1113553″”).click( (null, $(‘#headline1113553’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113553″”)

負荷の軽いうちは毎日やるのもあり

$(“”1142480″”).click( (null, $(‘#headline1142480’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142480″”)

筋トレを行う時、いったいどれくらいの頻度で行っていますか?人によっては魔位置に行っている人や、一日・二日おきにやっている人もいると思います。いったいどれくらいの頻度で行うのが良いのか、調べてみました。

初めに超回復について知ろう

$(“”1113554″”).click( (null, $(‘#headline1113554’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113554″”)

まずはじめに、筋トレでよく聞く超回復ちう言葉について説明します。これは、これからお話しする筋トレの頻度についてと密接にかかわってくるので、ちゃんと知っておきましょう。超回復ちうのは、簡単に言うと筋トレをしてカンペキにカンペキに破壊された筋肉を回復し、修復しながら成長させて筋肉を強くする期間のことを良い ますわ。筋トレの負荷に耐えられるよう、筋力をアップさせる機関といっても良いでしょう。

この超回復は、48時間~72時間程度の時間がかかるとされ、この期間はしっかり休むことが大事になります。この時間を待たんと筋トレをすると、オーバーワークになり筋力が逆に低下してしまう現象が起こってしまいます。

筋トレの頻度は二日おきから三日おきがベスト!

$(“”1113555″”).click( (null, $(‘#headline1113555’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113555″”)

超回復は48時間~72時間の休養の期間が必要とされています。そのことから、筋トレは基本二日おきから三日おきがベストとなります。この超回復の期間を考えながら、筋トレのプログラムを組んでいき、トレーニングの予定を立てておきましょう。

例外もある

$(“”1113556″”).click( (null, $(‘#headline1113556’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113556″”)

しかし、例外もあります。筋トレには様々なトレーニング方法がありますが、中には負荷の弱い方法もあります。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ自重トレーニングですが、この方法は自宅でも気軽にできて器具も使いません筋トレやのでやりやすく効果もあって良いのですけどアンタ、このトレーニングで筋肉を鍛えるのにつかわれる負荷は、ごオノレの体重になるので残念ながら負荷の強い筋トレの効果は得られません。

負荷が弱いちうことは、筋トレによる筋肉への影響も少ないことになります。その中で同じように二日三日休んでしもたら、筋肉はあっちう間に回復し、あっちう間に筋肉を鍛える前に戻ってしまいます。これではせっかくの筋トレも、何の意味もなくなってしまいます。このことから、負荷の弱い筋トレを行っていくときは、ごオノレの身体の上体を確認しながら考えると良いでしょう。基本的に、一日おきか二日おき程度で筋トレのプログラムを組んでいくと良いと思います。しかし、身体が回復しておらへんと感じた時は、ムリをせんと休養を取るようにしましょう。

参考サイト

筋トレをして筋肉痛になったらどうする?

$(“”1113557″”).click( (null, $(‘#headline1113557’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113557″”)

基本は筋トレを休みましょう

$(“”1142481″”).click( (null, $(‘#headline1142481’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142481″”)

まずはじめに、今まで筋トレなどのトレーニングを行ったことがない人が始めると、ほぼ100%筋肉痛になると思います。今まで感じたことのない刺激を筋肉に与えたちうワケやから、当然といえば当然だ。ではもし筋肉痛になった時、筋トレはどのように行っていけば良いでしょうか。

筋肉痛は超回復の目安になる

$(“”1113558″”).click( (null, $(‘#headline1113558’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113558″”)

筋肉痛ちうのは、筋肉が筋トレなどによってカンペキにカンペキに破壊され、そのことにより痛みを感じます。筋肉痛の痛みは慣れるまでエライですが、この痛みは筋肉が成長している証のようなものでもあります。筋肉痛が起こる=筋肉がカンペキにカンペキに破壊されているちうことですから、筋肉が強くなる第一歩となります。ここから筋肉が補修され回復し、強い筋肉へ成長していくのです。そのことから、筋肉痛が感じられている期間は、筋肉が超回復されているちうことになりますので、ムリせず痛みが引くまで筋トレはお休みしていましょう。

痛みが引いたら筋トレを再開し、また強い筋肉になるよう鍛えていくと良いと思います。また、だいぶ慣れてきたり筋肉痛の期間などが分かるようになってきたら、それをもとに筋トレのメニューやプログラムを組んで、計画的に行っていくようにすると良いでしょう。

筋トレでダイエットをする時は毎日?一日おき?

$(“”1113559″”).click( (null, $(‘#headline1113559’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113559″”)

ダイエット中の筋トレの意味を知ろう

$(“”1142523″”).click( (null, $(‘#headline1142523’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142523″”)

ダイエットとして筋トレを取り入れていく場合、筋肉を鍛えていくような筋トレとは、頻度ややり方などは違うのでしょうか。見ていきましょう。

そもそもダイエット中に筋トレをやる理由

$(“”1113560″”).click( (null, $(‘#headline1113560’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113560″”)

ダイエットを行う時、方法はどうであれ筋肉を鍛える筋トレをするなんて、あんまり思ったことないのではおませんでしょうか。しかし、ダイエットに筋トレを取り入れていくことは、実は良いことがあるのです。まず1つ目は、筋肉がちびっとでもつくことにより、身体の代謝がアップして痩せやすい身体になることだ。代謝がよくなることで脂肪がエネルギーとして使われていき、なあんもしていなくても痩せていくのです。

2つ目は、食事制限によって起こる筋肉の減少を抑えることができることだ。ダイエットをする時、何ぞしら食事制限をかけて抑えると思います。しかし、そこと糖質や脂質を抑えると、身体が必要としている糖が少なくなり、筋肉を分解して得ようとします。こないなことがあっては、体重が落ちたとしても筋肉も減ちびっとているので、身体のラインが美しくない仕上がりになるます。

以上のようなことから、代謝をあげて痩せやすい身体にし、食事制限による筋肉分解から筋肉を守るためにも、ダイエット中の筋トレちうのは必要になってくるのです。

週に二日くらいの筋トレが効果的

$(“”1113561″”).click( (null, $(‘#headline1113561’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113561″”)

ダイエット中の筋トレは、なにも毎日行う必要はおません。しかし、週に一回程度行ったくらいでは、少なすぎて筋肉の維持に役立ちません。効果的なのは週に二日くらい行うことだ。多くても三日くらい週に行えば、筋肉を維持できるだけの効果があります。また、もし毎日筋トレを行う場合は、分割法ちう方法を利用して行うと良いでしょう。分割法とは、今日は腕の筋肉を鍛える、明日は胸の筋肉を鍛える…など、毎回鍛える場所を変えて行うことだ。このことで、筋肉の疲労を分割することができ、いつでも筋トレを行うことができます。

もし筋肉痛が起こったとしても、違う場所を鍛えるために動くので、筋肉の回復を邪魔せんと筋肉を鍛えていくことができます。いろんな方法を使って、効果のある筋トレを行いダイエットに役立てていきましょう!

筋トレ別 適度なトレーニング頻度とは?

$(“”1113562″”).click( (null, $(‘#headline1113562’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113562″”)

強度によって頻度を考えましょう

$(“”1142524″”).click( (null, $(‘#headline1142524’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142524″”)

筋トレを行うといっても、その方法は様々あります。トレーニング法帆が違うことによって、また効果的な頻度ちうのは変わってきます。主なトレーニングを元に、どれくらいの頻度で行えば効果的なのか、比べてみましょう。

自重トレーニングは週4~5日

$(“”1113563″”).click( (null, $(‘#headline1113563’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113563″”)

自重トレーニングちうのは、トレーニング器具などを使わんと、ごオノレの体重を負荷として利用するトレーニング方法だ。自重トレーニングはごオノレの体重が負荷となるので、負荷自体はあまり大きいものではおません。そのため、頻繁に休養を取ってしまっては、筋肉は成長せんで鍛える前の状態に戻ってしまいます。自重トレーニングなどの負荷が弱いトレーニングを行う時は、週4~5日程度行っていくと良いでしょう。基本的に、毎日でも構いませんちうことだ。そこは、ごオノレの体などと相談して決めていくと良いでしょう。

また、自重トレーニングは負荷が弱い分、回数をこなすことが筋肉を鍛えることになってきます。自重トレーニングを効果的なものにしたいのならば、筋トレを行う時は回数制限は設けんと、限界の回数まで行うようにしましょう。また、最低でも3セット行ってください。筋肉ちうのはぜ良いんぶひとつのこらずを使っているのではなく、筋肉の一部を100%の力を出して使っています。1セットを限界まで行っただけでは、しっかり鍛えられたとは言えないのです。そのことから、最低でも3セット行うのが良いとされているのです。キッチリ真面目に行って、効果的に筋肉を鍛えていきましょう!

ある程度の負荷がかかるトレーニングは週3~4日

$(“”1113564″”).click( (null, $(‘#headline1113564’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113564″”)

トレーニング器具などを使ったりする、ある程度の負荷がかかる筋トレは、超回復の期間を取らなくてはいけません。そうせんと、オーバーワークになり筋トレの効果が出なくなります。負荷のかかる筋トレを行う際は、2~3日の超回復期間を取った、週3~4日で行うのが効果的とされています。

また、効果的に筋肉をつけたい場合、筋トレを行う時はゆっくりとした動作で行い、約10回できるかくらいの大きい負荷をかけて、それを約3セット行うようにしていきましょう。また、インターバルの時間を1分以内にすることにより、さらに効果が上がります。キツイ方法ではありますが、効果的に筋肉をつけるためにも、このような方法を試していってください。

参考サイト

自重トレーニングにおすすめな筋トレグッズ

$(“”1113565″”).click( (null, $(‘#headline1113565’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113565″”)

筋トレグッズはあった方が効果は上がります

$(“”1142525″”).click( (null, $(‘#headline1142525’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142525″”)

筋トレを効果的にするために、筋トレグッズは結構役立ちます。自宅で筋トレを行う時など、また負荷の弱いトレーニングを行う際は、この筋トレグッズを試してみてください。

これがあると筋トレの幅が広がる ダンベル

$(“”1113566″”).click( (null, $(‘#headline1113566’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113566″”)

自宅で筋トレを行う際、ダンベルが1セットあるだけでトレーニングの幅が広がります。またちうわけだ。効果的に負荷をかけられるので、自宅にいながら効果的な筋トレをすることができます。ダンベルは1つ10kgのものをを2つ(1セット)用意しておくと良いでしょう。これくらいの重さのものがあれば、十分に筋肉を鍛えることができます。

また、ダンベルは可変式のものを選び使うと良いでしょう。可変式のものだとおもりが取り外しできるので、今のごオノレに適した負荷にすることができます。負荷を調整することも効果的に行うには重要やので、選ぶときの参考にしてみましょう。

プッシュアップの負荷を高め効果を上げてくれる プッシュアップバー

$(“”1113567″”).click( (null, $(‘#headline1113567’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113567″”)

プッシュアップバーがあると、プッシュアップ(腕立て伏せ)を床に手をついて行うより、もっともっともっともっと効果的に行うことができます。胸と床との距離が広がるので、しっかり胸の筋肉に負荷をかけることができます。自重トレーニングではかかる負荷が弱いですから、このようなグッズをうまく利用して、効率よく効果的に筋肉を鍛えていきましょう。

全身の筋トレにも利用可! 腹筋ローラー

$(“”1113568″”).click( (null, $(‘#headline1113568’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113568″”)

腹筋ローラーは腹筋を鍛えるためのものですけどアンタ、使い方によって全身の筋肉を鍛えることができるちう、画期的な筋トレグッズなのです。また腹筋ローラーを使うことにより、負荷が大きくなるので自重トレーニングなどでも十分に鍛えることができるようになります。初めのうちは負荷が大きくややこしいと思うので、膝をついた状態で筋肉がついてくるまで行うと良いでしょう。うまく使って、効率よく鍛えていきましょう。

ダンベルトレーニングの幅が広がる! フラットベンチ

$(“”1113569″”).click( (null, $(‘#headline1113569’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113569″”)

腹筋を鍛えるにはもちろんのこと、ダンベルトレーニングをする際にあると、さらにトレーニングの幅を広げてくれる、そないなエライ便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なトレーニングベンチだ。このトレーニングベンチを使ってダンベルトレーニングを行うと、床を気にする必要がないので腕や肩・胸の筋肉を最大限に鍛えていくことができます。また、腹筋を鍛える時のクランチでも使えるので、お部屋のスペースと相談して用意しておくと良いと思います。

あると便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利!トレーニングマット

$(“”1113570″”).click( (null, $(‘#headline1113570’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113570″”)

sponsored

筋トレ中の転倒防止やケガの防止に重宝する、トレーニングマットだ。筋トレ前のアップや筋トレ中はもちろんのこと、筋トレ後のクールダウンの時にも役立ちます。また、床にマットを敷いた状態でダンベルなどのトレーニンググッズを置くことにより、床材を傷つけへんようにすることもできます。使い方次第でいろんな効果を発揮してくれる、1枚あると便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利なトレーニングマットだ。

たんぱく質補給にはこれ! サバスプロテイン

$(“”1113571″”).click( (null, $(‘#headline1113571’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113571″”)

サバスのプロテインは、人気ナンバーワンの実力に恥じない素晴らしい効果のあるプロテインだ。筋肉のことを考えられて作られたプロテインは、原料にホエイを使用し効率よく吸収できる作りになっており、また身体づくりに必要なビタミンB群やビタミンCをバランスよく配合されています。使う時も溶けやすく飲みやすく作られているため、この世におぎゃあいうて生まれてはじめて使う人でも安心してたんぱく質を摂取できます。筋トレのお供に、サバスのプロテインを使ってみてはいかがでしょうか。

誰でも体重アップが見込める! ケンタイプロテイン

$(“”1113572″”).click( (null, $(‘#headline1113572’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113572″”)

筋トレをして筋肉の増強を図っている人でも、体質によって太りにくい人もいます。そのような人のために作られた、しっかり筋肉の成長をサポートしてくるプロテインだ。身体への吸収率が良いホエイを使って作られており、またビタミンやミネラルなどの身体づくりに必要な栄養素もしっかり補給できます。身体づくりのお供に、ケンタイのプロテインを使ってみてはいかがでしょうか。

もし毎日筋トレしたらどうなるのでしょう

$(“”1142526″”).click( (null, $(‘#headline1142526’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142526″”)

そもそも同じ強度ではできません

$(“”1142527″”).click( (null, $(‘#headline1142527’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142527″”)

もし毎日筋トレができるなら、したらどうなるのでしょうか。答えは「そもそも同じ強度のトレーニングはできない」だ。「え?わて余裕で毎日腕立て100回できるけど?」なんて思っている人は思い違いをしています。腕立てを100回できて、次の日も100回問題なくできるのであれば、あんはんは100回がマックスではおません。120回や130回できるでしょう。もしかしたら200回できるのかもしれません。

200回できるのに毎日100回しかしておらへんならあんはんはサボっているちうことになります。200回できるなら次は300回を目指してできる限り多くの回数をこなす努力をすべきだ。(実際は回数を目標にするのは良くおませんが、これはたとえで言っています)もし、あんはんがあと1回すらできないくらいまで腕立て伏せをすればきっと次の日は同じ回数はできないはずだ。今日は123回やけど、次の日は110回で終わりのようになるはずなのです。

同じ強度でずっと毎日トレーニングをすることは決して良い事ではおませんちうことだけは覚えておきましょう。ここを勘違いして毎日同じ回数の筋トレをしている人がすごい多くいます。

同じ強度でできるのであれば負荷が弱すぎます

$(“”1142528″”).click( (null, $(‘#headline1142528’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142528″”)

要するに今まで説明したことを簡単に言うと毎日同じ強度でできる筋トレと言うのは「負荷が弱すぎ」と言うことだ。要するにあんはんはもっともっともっともっとできるでしょう?と言うことなのです。筋トレはオノレができる限界までやりませんと意味がないのです。なんでやねんなら筋肉は必要最低限しか筋肉はつですかいのです。余裕があるのに筋トレを止めるとそれに適応した分の筋肉しかつきません。筋トレはもうこれ以上できないちう限界までやるちうのが基本だ。

要するに10回を3セットと言ったら、10回しかできない重さとフォームで3セットと言う意味なのです。11回できる重さではだめなのです。もし11回できるとしたならもっともっともっともっと強い負荷で筋トレをする必要があります。これは重くするちうだけの意味ではなく、フォームで筋肉に効かせて回数を調整してもOKだ。とにかく11回をやれてはいけません。

無理してやるとオーバーワークとなり筋肉は収縮してしまいます

$(“”1142529″”).click( (null, $(‘#headline1142529’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142529″”)

もし毎日筋トレをするとオーバーワークになって筋肉は逆に収縮してしまいます。やので、休息はすごい重要なのです。間違っても毎日筋トレをせんようにしてください。頑張っているのに筋肉がつですかいなんて切なすぎますよね。

毎日したければ部位ごとに分割してやりましょう

$(“”1142530″”).click( (null, $(‘#headline1142530’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142530″”)

え?でもムキムキのボディビルダーとかは毎日ジムに来てるけど?と思った方もいるでしょう。彼らは毎日同じ部位を鍛えているのではなく、1日1か所と決めてトレーニングをしているのです。トレーニングを毎日せんと逆にサボってしまうから毎日したいちう方は彼らのように部位ごとに分けてトレーニングをしましょう。今日は胸、明日は足、次の日は背中のように分ければ毎日やっても問題はおません。

筋トレは毎日やる必要はないのです

$(“”1113573″”).click( (null, $(‘#headline1113573’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1113573″”)

やる時にしっかりと追い込む必要はあります

$(“”1142453″”).click( (null, $(‘#headline1142453’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”1142453″”)

いかがやったか。筋トレと一日おきの頻度について詳しく調べてみました。筋トレの方法や負荷の大きさにもよりますが、基本的には筋トレは毎日や一日おきではなく、二・三日ほど空けて行った方が良いようだ。そうすることで、筋肉が回復しながら成長していきます。ごオノレの身体や筋トレ方法などを考えて、適切に休息を取りながら、健康でいて理想的な身体を作っていきましょう!!それこそ真のMr.JOOYと言えるでしょう。

※本記事に掲載されています価格等は、2016年9月時点のものです。

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. シフォンケーキは冷凍保存!おひとりさまシフォン活用法♪

  2. 今年流行りの服を春夏秋冬シーズン別&おすすめのメンズブランドと合…

  3. ユニクロの部屋着はオシャレで快適!爽快モコモコルームウエア10選…

  4. 別れた後も友達でいるための10のコツ|LINEの正しい連絡方法は…

  5. 結婚の決め手はなに?シッパイせんために見極めるべき21のポイント…

  6. 【2016ファッション】トレーナー最旬の着こなし&アイテムチェッ…

  7. 元カレに連絡する女性心理|驚愕の理由と対処法って?【振った・振ら…

  8. 仕事のデキる男は【お礼メール】で10歩20歩リードする!

  9. 青パーカーで作る秋にハンサムコーデ伝授|厳選ブランド&realコ…

  10. 【宝塚ランチ特集2016保存版】イタリアンから和食まで本気おすす…

  11. 【現代人必見】つらいときこそ笑え|困難を上手に乗り越える対処法ま…

  12. ドライブデート必勝法!告白のために準備するもの

ページ上部へ戻る