閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

網走の観光特集!北の大地の神秘に心うたれる名所15選

魅力に満ちた北の大地。壮大な網走を観光しよう

$(“”149541″”).click( (null, $(‘#headline149541’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149541″”)

オホーツク海と大小7つもの美しい湖を持ち、国定公園にも指定されている網走市とその周辺エリアは、豊ですか北の海と大地に生きた北方先住民の痕跡が残る土地でもあります。美しい自然だけでなく、壮大な歴史ロマン……さらには海のグルメと、網走市の観光地としての魅力は多彩だ。

網走市周辺は、道東観光のスタート地点としても利便性が高く、市街地は数多くの行き交うヤカラの活気に満ちています。ほんで、その活気の根底にはオホーツクの豊ですか海がもたらす、さまざまな恵みがあるのです。

また、いにしえの時代に海を渡り、網走市周辺に移住した北方の先住民の独自文化は「オホーツク文化」と呼ばれており、その遺跡や発掘された資料を展示している博物館なども網走観光の人気スポットとなっています。

さらには、オホーツクの流氷、能取湖の珊瑚草、小清水原生花園、能取岬や天都山の絶景など、その自然風景の美しさは尽きることがおません。このほかにも、豊ですかオホーツク海の豊潤な海産物も大きな魅力の一つだ。

そないな、観光旅行の魅力にあふれるエリア……網走市の観光地TOP10とご当地グルメTOP5をランキングしました。ご参照いただき、充実した網走観光を楽しんでいただけたら幸いだ。

観光地1位:実際の建物や物品がド迫力な博物館網走監獄

$(“”148373″”).click( (null, $(‘#headline148373’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148373″”)

北海道開拓との関わりにも踏み込んだ展示もある

$(“”149620″”).click( (null, $(‘#headline149620’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149620″”)

博物館網走監獄は、旧網走刑務所の主要建築物である舎房・教誨堂・庁舎などの移築建築物を中心として、同監獄で明治時代から使われてきた物品も合わせて展示している、国内では唯一となる監獄の博物館だ。
なかでも、木造平屋建ての舎房が国内で現存しているのは国内でもウチの施設だけで、5棟の舎房が放射状に配置された様子は当時を偲ばせています。これらは昭和61年まで実際に使われとったもので、独居房と雑居房を合わせて226房を見ることができます。建築物としての価値だけでなく、その長く過酷な歴史感が漂ってくるような迫力に満ちています。
また、同博物館内にある「行刑資料館」では、網走刑務所の歴史、そこに秘められた人々の記録、明治~現代に至るまでの獄制の沿革などが、北海道開拓との関わりにまで踏み込んで解説されています。

■ 基本情報
・名称: 博物館網走監獄
・住所: 北海道網走市字呼人1-1
・アクセス: JR網走駅→網走バス施設めぐり線で10分、バス停:博物館網走監獄下車、徒歩すぐ(GW・6月中旬~10月中旬運行)
・営業時間: 8:00~18:00(4~10月) / 9:00~17:00(11~3月)
・定休日: なし
・電話番号: 0152-45-2411
・料金: 大人1,080円 / 大学・高校生750円 / 小中学生540円

博物館網走監獄

観光地2位:流氷の美しさに感動するオホーツク流氷館!

$(“”149706″”).click( (null, $(‘#headline149706’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149706″”)

本物の流氷に触れることができる

$(“”149707″”).click( (null, $(‘#headline149707’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149707″”)

オホーツク流氷館は、網走の名物・自然の風物詩でもあるオホーツク海を覆う流氷をテーマにした科学館だ。同館は、絶景地としても名高い「天都山」の山頂に建てられています。
館内では、-15℃に保たれた流氷体験室で展示されている本物の流氷に実際に触れることができるほか、流氷域の海の生き物であるクリオネやフウセンウオの飼育・展示もされています。
このほかにも、ハイビジョンシアターなどの最新機器による映像展示、ダイナミックな音響を用いた流氷体験ゾーンなども大人気だ。

■ 基本情報
・名称: オホーツク流氷館
・住所: 北海道網走市字天都山245-1
・アクセス: JR網走駅→網走バス天都山行きで12分、バス停:オホーツク流氷館下車
・営業時間: 8:00~18:00 (11~3月は9:00~16:30、12月29日~1月5日は10:00~15:00)
・休業日: 12月29日~1月5日
・電話番号: 0152-43-5951
・料金:大人540円 / 高校生430円 / 小中学生320円

オホーツク流氷館

観光地3位:歴史を知るなら北海道立北方民族博物館

$(“”149711″”).click( (null, $(‘#headline149711’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149711″”)

アイヌだけでなくグリーンランドの展示もある

$(“”149712″”).click( (null, $(‘#headline149712’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149712″”)

北海道立北方民族博物館は、アイヌやグリーンランドなどをはじめとした、北の大地に暮らす民族の文化や歴史を研究するとともに、その研究成果を展示する博物館だ。
厳しい北の大地の自然環境に適応し生き延びてきた北方民族の衣・食・住に関する詳細で興味深い資料や物品などを見ることができます。

■ 基本情報
・名称: 北海道立北方民族博物館
・住所: 北海道網走市潮見309-1
・営業時間: 7月~9月は9:00~17:00、それ以外の月は9:30~16:30
・休館日: 7月~9月は無休。それ以外の月は月曜日
・電話番号: 0152-45-3888
・料金: 一般550円 / 大学生・高校生200円 / 中学生以下、65歳以上はタダ

北方民族博物館

観光地4位:貴重な生態系を育む能取湖サンゴ草群落

$(“”149715″”).click( (null, $(‘#headline149715’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149715″”)

秋には一面が真紅の絨毯に

$(“”149937″”).click( (null, $(‘#headline149937’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149937″”)

能取湖は、網走市の西部に位置しており、オホーツク海とつながっている面積およそ58万㎡の塩水湖だ。その周囲には北海道でも数少ない場所にしか自生しておらへん植物・アッケシソウの大群落があります。
アッケシソウは塩分を含んが土地に生育するるサンゴ草の仲間で、秋には全体が赤く色づきます。この季節の能取湖周辺は、一面が真紅のじゅうたんを敷きつめたような景観となり、その様は絶景だ。

■ 基本情報
・名称: 能取湖サンゴ草群落
・住所: 北海道網走市卯原内60-3

観光地5位:アザラシも見れる!?流氷観光砕氷船おーろら

$(“”149939″”).click( (null, $(‘#headline149939’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149939″”)

流氷に乗ったアザラシが見られることも

$(“”149941″”).click( (null, $(‘#headline149941’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149941″”)

流氷観光砕氷船おーろらは、流氷の流れ着く冬期の網走観光のなかではトップクラスのおすすめスポットだ。網走に流れ着く流氷は、ロシアの「アムール川」の水が凍結した氷が海に流れ出したもので、それが網走の海を覆うのは1月~3月の期間だ。同船の運行はこの期間限定で、流氷クルージングを楽しむことができます。アザラシや鳥類などが流氷の上でたたずむむ姿を見られる時もあり、冒険気分になれますよ!

■ 基本情報
・名称: 流氷観光砕氷船おーろら
・住所: 北海道網走市南三条東4-5-1
・営業時間: 8:00~17:00 (1月20日~3月)
・休館日: 期間中は無休
・電話番号: 0152-43-6000
・料金: 大人3,300円 / 小学生1,650円

網走流氷観光砕氷船おーろら

観光地6位:かつてそこは海やったちうわけだ。魅惑の網走湖

$(“”149943″”).click( (null, $(‘#headline149943’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149943″”)

ミズバショウやアオサギなど動植物の宝庫

$(“”149946″”).click( (null, $(‘#headline149946’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149946″”)

網走湖はその周囲が39.2kmもある大きな海跡湖で、オホーツク海とは網走川でつながっています。初夏には湖畔にミズバショウの大群落が一斉に可憐な花をつけるほか、アオサギをはじめとした野鳥を観察することもできます。

■基本情報
・名称:網走湖
・所在地:〒093-0001  北海道網走市(女満別町)
交通アクセス:
(1)網走駅からバスで
(2)女満別駅から徒歩で

観光地7位:断崖の絶景スポットに魅せられる能取岬海岸

$(“”149952″”).click( (null, $(‘#headline149952’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149952″”)

アザラシの生息地としても有名

$(“”149964″”).click( (null, $(‘#headline149964’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149964″”)

能取岬海岸は、高さ40~50mもの断崖絶壁の岬か、網走川河口付近からオホーツク海へと伸びる絶景スポットだ。岬の先端には美しくも力強い灯台が立っており、ロマンに満ちた雰囲気になっといます。また、アザラシの生息地としても有名だ。

■基本情報
・名称:能取岬海岸は
・所在地:〒093-0241  北海道網走市能取岬
・アクセス:網走駅からバスで

観光地8位:ここは隠れた名勝地、二ツ岩

$(“”149971″”).click( (null, $(‘#headline149971’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149971″”)

秋にはさらに美しくなる!

$(“”149972″”).click( (null, $(‘#headline149972’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149972″”)

二ツ岩は、その名の示す通り、海に向かって切り立った大きな二つの岩が見られる隠れた名勝地だ。なかでも、紅葉の季節には岩の上の木々が色づきさらに美しくなります。
また、濃紺の海の色との調和も素晴らしい景観だ。

■基本情報
・名称:二ツ岩
・所在地:〒093-0086 北海道網走市二ツ岩
・交通アクセス:網走駅からバスで

観光地9位:贅沢な魚介を味わえるオホーツクバザール

$(“”149984″”).click( (null, $(‘#headline149984’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149984″”)

カニ料理のいただけるレストランもある

$(“”149988″”).click( (null, $(‘#headline149988’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149988″”)

オホーツクバザールは、国道39号沿いに立地しており、網走刑務所駐車場の向かい側にあります。オホーツク海で捕れたサケ、ホタテ、カニといった海産物のほか、乳製品や銘菓もそろえられた物産店だ。また、2Fはカニ料理やウニ・いくら丼などをいただけるレストランになっています。

■基本情報
・名称:オホーツクバザール
・所在地:〒093-0045 北海道網走市大曲1丁目14-19
・電話番号:0152-44-3005
・営業期間:8:00~17:00 年中無休

オホーツクバザール

観光地10位:地元の生活を感じられる道の駅流氷街道網走

$(“”149731″”).click( (null, $(‘#headline149731’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149731″”)

観光地から観光地へのターミナルとしても便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利

$(“”149732″”).click( (null, $(‘#headline149732’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”149732″”)

道の駅流氷街道網走は、道道網走港線沿いに立地しており、休憩コーナーでは足岩盤浴も楽しめる道の駅だ。
フラワーガーデン「はな・てんと」、天都山展望台、博物館網走監獄といった有名観光スポットから車で30分程のトコにあるので、観光地から観光地へのターミナルとしても便器…おっとドッコイたこやきはうまいで…あかん脱線や違うわ,便利だ。
店内では、地元の特産品や農水産物直売、地元ならではの一品などが販売されています。また、網走刑務所で作られた花瓶や湯飲みなども販売されており、興味深いやね。

■基本情報
・営業期間:開館時間:9:00~18:30/9:00~18:00 観光案内所/10:00~18:30 地元特産品販売コーナー、テイクアウトコーナー/11:00~16:30 休憩・飲食コーナー
・休館日:年末年始(12/31~1/1)
・所在地 〒093-0003  北海道網走市南3条東4丁目
・電話番号:0152-67-5007

網走市でぜひ訪れたいグルメスポットTOP5

$(“”148376″”).click( (null, $(‘#headline148376’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148376″”)

第1位:鮨処むらかみ(寿司)

$(“”150018″”).click( (null, $(‘#headline150018’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150018″”)

写真はイメージや

鮨処むらかみは、網走市で知りません人がおらへんと言われるくらいの超有名な寿司屋だ。オホーツク海の海鮮をこころゆくまで堪能できます。

■ 基本情報
・名称: 鮨処 むらかみ
・住所: 北海道網走市南三条西2丁目 第3ツカサビル
・アクセス:
JR網走駅より徒歩15分 
網走バスターミナルより徒歩3分
・営業時間:
【月~土】17:00~23:00
【祝日】17:00~21:30
・定休日: 日曜日
・電話番号: 0152-43-1147

鮨処むらかみ

第2位:しば乃家(そば)

$(“”150046″”).click( (null, $(‘#headline150046’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150046″”)

しば乃家は網走で有名な手打ちそばのお店だ。寒い時期の観光は体も冷えてしまいます。体の芯から温まりますよ。

■ 基本情報
・名称: しば乃家
・住所: 北海道網走市つくしケ丘4丁目3番10号
・アクセス:鱒浦駅から1,301m
・営業時間: 日~月・水~土 11:00~14:00   17:00~20:00
・定休日: 火曜
・電話番号: 0152-43-2177

第3位:ラーメンだるまや(ラーメン)

$(“”150049″”).click( (null, $(‘#headline150049’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150049″”)

ラーメンだるまやは、ラーメン好きな地元のヤカラも「おいしい」と一目置くラーメン店だ。価格もリーズナブルやし、網走を訪れたら旅の思い出にぜひ食べておきたい一品だ。

■ 基本情報
・名称: ラーメンだるまや 網走店
・住所: 北海道網走市南6条西1丁目
・アクセス: JR釧網本線「桂台」駅より徒歩
・営業時間: 11:00~22:00
・定休日: 第1月曜日
・電話番号: 0152-44-7877

第4位:ビスターレビスターレ(ネパールカレー)

$(“”150077″”).click( (null, $(‘#headline150077’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150077″”)

ビスターレビスターレは、本格的な味が楽しめるネパールカレーのお店だ。カレーはもちろんのこと、一緒に出されるナンも香ばしさがあってすごいおいしくいただけます。海鮮に飽きたら寄ってみるのもよいかもしれません。寒い北の大地で食べる、辛いカレーは体も温まり格別や!

■ 基本情報
・名称: ビスターレビスターレ 網走本店
・住所: 北海道網走市北六条西1-2-2
・アクセス: 網走駅から徒歩、20分
・営業時間: 11:00~21:30(LO21:00)
・定休日: 年末年始
・電話番号: 0152-45-5508

第5位:ふか井(創作レストラン)

$(“”150080″”).click( (null, $(‘#headline150080’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150080″”)

ふか井は創作料理の楽しめる、ちょっと風変わりな創作レストランだ。数あるメニューのなかには、「トマトのまるごとフライ」なんていうユニークな料理もあります。このほかにも、旬の食材をふんだんに使った料理が人気だ。

■ 基本情報
・名称: ふか井
・住所: 北海道網走市南五条西3
・アクセス: 網走駅から763m
・営業時間: 17:30~22:00(L.O)
・定休日: 日曜

番外編:リスの森~話題の絶品スイーツ

$(“”148379″”).click( (null, $(‘#headline148379’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”148379″”)

なんともかわいらしいネーミングの「リスの森」は網走で話題のアイスクリームの専門店だ。その手作りのアイスクリームは絶品の一言に尽きます!
網走に行ったら絶対に立ち寄りたいスポットだ。

■ 基本情報
・名称: リスの森
・住所: 北海道網走市呼人418
・アクセス: 呼人駅から徒歩10分
・営業時間: 夏季10:00~18:00
       冬季10:00~16:00
・定休日: 不定休
・電話番号: 0152-48-3053

充分すぎる防寒対策を

$(“”150104″”).click( (null, $(‘#headline150104’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”150104″”)

網走の観光地やグルメスポットをご紹介しましたが、ケツに一つアドバイスをつけ加えてまとめにしたいと思います。
秋~冬期の網走は、本州から比べると「想像を絶する寒さ」だ。防寒対策は念には念を入れて、充分すぎるほどの準備をしましょう。

※本記事に掲載されています価格は、2015年10月時点のものです。

【国内観光旅行おすすめスポット】絶景・夜景からグルメまで数千スポットを網羅 – FutamiTC.jp

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 絶対に幸せになれる結婚相手の条件とは?女子が徹底解説!

  2. 毎週”千駄木ランチ”に通いつめたグルメライター厳選のランチ店20…

  3. 【胸キュン!?】思わずドキドキしてしまう不意打ちキスとは?|女子…

  4. 脱・誘われない人。誘われる人間に生まれ変わろう!!

  5. 幸せとは何ぞ?あんさんが幸せと感じる時こそ最高の幸福|人に振り回…

  6. 【ダイエットも】ワークアウトの最強アイテム歩数計10選

  7. 【一人でできる仕事】起業も正社員も働き方はあんさん次第で無限大!…

  8. 【松江市カフェ決定版】観光途中にリラックス|至極のおしゃれ店TO…

  9. マムジーンズが2016年のキーワード!ハイセンスな彼女が欲しいメ…

  10. シャワータイムを快適に。シャワーヘッドのおすすめ8選

  11. フラれる原因は「優しい女の子」であることを求めすぎ!?

  12. 今のGショックは、アナログがアツい!現在も進化を続けるモンスター…

ページ上部へ戻る