閉じる
閉じる
閉じる
  1. シーン別人気メンズ腕時計大特集|ビジネス~休日に似合う腕時計コレクショ…
  2. 桂川パーキングエリア特集!グルメ必見の超おすすめ情報10選
  3. 人気パトリックコックスの財布をタイプ別に紹介!オシャレなお手頃ブランド…
  4. みなとみらいの飲み放題のお店を厳選!優良5店舗を紹介
  5. ミリタリージャケットで男らしく!着こなし方法まとめ
  6. 名刺入れは、ハイブランドを選ばないのが紳士的!紳士おすすめ名刺入れ厳選…
  7. ロゴパーカーはどう着こなす?ロゴパーカーの着こなしコーデ集
  8. 厳選おすすめデイバッグまとめ!周りと差をつけるブランド紹介!
  9. 2016メンズのためのレインブーツコーデ集!大人の雨の日履きこなし術公…
  10. チノパンをロールアップして着こなしたい!着こなしコーデ集
閉じる

ファッションNAVI

羽織るだけでもカッコ良い!メンズライダースジャケットのコーデ術

羽織るだけでも存在感が出る!

$(“”158101″”).click( (null, $(‘#headline158101’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158101″”)

ライダースジャケットの着こなしとしては一番シンプルな使い方ですが、その存在感は抜群だ。普段のコーディネートの付加アイテムとしての使い方となるので、下地となる組み合わせがしっかりとしていることが前提になるでしょう。一般的にライダースジャケットは単色もののアイテムやので、出したいイメージカラーに沿ったものを身に付けるのがおすすめだ。ほとんどの場合、以下のタイプのもが多いので、参考にしてみてください。

ブラック・・・体型が引き締まって見える色彩効果があります。威圧感や重圧感が感じられるため、自信に溢れる印象を持たせてくれるでしょう。オノレに自信がもてへん人の後押しをしてくれます。

グレー・・・穏やかさを表現する配色だ。黒と白の中間色でもあることから、黒のような効果も持っておるけどダンはん、やや抑え気味な印象になります。どんな服装にも合わせることができるので、コーディネートの幅は広いだ。

アイボリー・・・信頼感や清潔感を出す色だ。ライダースジャケット本来のイメージからすると対極に位置するような色ですが、一方で威圧感などが緩和され、高い好感度がもてるようになるでしょう。

型破り?柄物のライダースジャケットも登場!

$(“”158103″”).click( (null, $(‘#headline158103’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158103″”)

一般的には単色系が多いと言われているライダースジャケットですが、柄物のアイテムも登場しています。このアイテムは意表を突くようなヒョウ柄デザインで、斬新かつ流行の先端を行くファッション性を備えています。

頭髪(または帽子等)やサングラスにもヒョウ柄と同じブラウン系の配色を施すことで統一感が出るので、ジャケットのよさをさらに引き出せるでしょう。高級感漂う柄でもあるので、トレンドアイテムとしての注目度も高いだ。

戦国武将なども高級感を追求するために動物の柄を鎧に着飾ったとも言われ、男らしい勇ましさを表現する効果がある柄でもあります。高級ブランドを着飾るより高級感があるとも評価され、柄の見え方や大きさに比例して、より高い表現効果が得られると良い ますわ。全身ヒョウ柄とまでは行きませんが、一番目に付くジャケットにヒョウ柄を取り入れることで、目に止まりやすくなるでしょう。

手軽にファッション性を付加できるライダースジャケットやからこその効果とも言えるので、自信を表現したい人にとって打って付けのコーディネートになります。

黒のジャケットにはチェック柄がよく映える

$(“”158124″”).click( (null, $(‘#headline158124’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158124″”)

黒のライダースジャケットの着こなしの一例として、チェック柄のインナーとの組み合わせがあります。このコーディネートによらず、ライダースジャケット+チェック柄のインナーのパターンは豊富で、カラーの組み合わせにより様々な視覚効果や表現が可能だ。

せやけど、チェック柄のメインの色とジャケットの色が被りません用にするのがポイントで、チェックのメインとなる色が目立つようなコーディネートが良いでしょう。

またチェック柄で用心したい点は、他のアイテムで目立つような柄物を避けたほうが、コーディネートとしてはうまくいきます。例あげたろか,例あげたろか,たとえばやなあやなあ黒のライダースジャケットならば、明るい色をベースにした柄を取り入れると良いだ。

下はデニムにするとカジュアル感がアップするので、普段の外出に格好良く決められるコーディネートになります。また黒のライダースジャケットにあえて白黒のチェック柄を合わせ、ズボンも黒かグレーでまとめると、ジャケットのもつ圧迫感が柔らかい印象になるので、ジャケットの感じ方を抑えたい時におすすめのコーデだ。

この時、帽子や靴もモノトーン調に色を揃えると全体の統一感が出ます。

最新トレンドアイテム、デニム系のライダースジャケットも登場!

$(“”158128″”).click( (null, $(‘#headline158128’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158128″”)

ライダースジャケットの本来持っているイメージとは、一線を画すデザインのデニムジャケットがここ最近のトレンドになっています。デニムでできていることから、従来のライダースジャケットのようにコーディネートの色を気遣うことがあまりなく、ストリート系のスタイルとしても相性が良いアイテムだ。

流行の兆しを見せていることもあり、多くのライダースジャケットの製造メーカーがデニム生地によるジャケットの制作に乗り出しています。モノトーン系はもちろん、白黒やチェック柄など幅広いインナーとの相性がよく、またズボンには、同じデニム生地であるGパンを合わせると、見栄えに統一感が出せるのでおすすめだ。

この時上下ともに同じ色よりも、ズボンの色を濃い目にすると見た目の安定感が出るでしょう。デニムちうことでブルー系の色が主体やので、インナーにはブルー系ではおません色を合わせるのが良いですが、組み合わせるアイテムの色や柄でインナーかジャケットをどちらを主体にするか決めて、主張の強い色をメインに考えると全体のコーディネートがまとまりやすいだ。

主張の強い赤を主体にしたスタイル

$(“”158129″”).click( (null, $(‘#headline158129’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158129″”)

赤は最近男性も身に付ける機会が増えてきている色だ。主張の強い赤やからこそ、ライダースジャケットの色にピッタリだと言えます。

赤色は情熱的と言われるように、エネルギッシュでアクティブなイメージを持たせてくれる色だ。まさにライダースちう言葉にふさわしい色合いのひとつとも言えるでしょう。見た目としても、バイクを乗りこなす風貌に見えるので、かっこよさを演出したい人におすすめだ。

下に合わせるズボンはGパンなどのデニム系と合わせるスタイルが良く、ジャケットの印象をさらに強めてくれるでしょう。コーディネートの例のように、濃い色のマフラーと黒い靴といった感じで、これからバイクに乗るちうような格好をイメージしたコーディネートになっています。このスタイルやと、ジャケットの前は閉じたまんまでも格好が良いのですけどアンタ、前を開いて着こなす場合には、インナーは白などの地味な色を中心に選ぶと良いでしょう。

仮に目立つ色のインナーの場合には、ジャケットの赤色が邪魔をする形になってしまうので、主張の強い赤色を活かすならば無地のものが理想的と言えます。

ワンポイントアイテムで印象を変える

$(“”158131″”).click( (null, $(‘#headline158131’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158131″”)

ジャケットとインナー、ズボンを濃い系の色(黒や紺など)で統一すると、ジャケット本来の重厚感や威圧感が増します。それはそれで一つのコーディネートとして楽しめますが、それ以外のワンポイントアイテムで印象を変える工夫がこのコーデだ。

赤い帽子を身につけることであるのとないので印象が随分変わって見えるでしょう。また、身につけているインナーのプリントと靴に白が混じっているので、先ほど紹介したモノトーン系の印象も感じられます。白の面積を抑えているので、全体的に黒の主張が強いですが、部分的に色を変えることで感じる印象をコントロールすることが可能だ。

単色系でまとめるならば色彩効果を考慮していくと、見せたい印象や強調したい部分の魅せ方がわかってくるでしょう。全身黒ずくめだとしてもインナーにわずですか白が見えるだけでもガラリと印象が変わるので色々試してみるとおもろいだ。

ライダースジャケットを主役にする場合、その主張をどこまで許容するのかが、コーディネートの一つのポイントになります。帽子の他にもバッグなどの携行品の色を変えれば、同じような効果が得られるでしょう。

オールレザーでライダースジャケットの魅力を存分に発揮!

$(“”158134″”).click( (null, $(‘#headline158134’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158134″”)

全身を黒のレザーでまとめたスタイルで、黒のライダースジャケット本来の魅力が存分に発揮されるコーディネートの一つだ。

見た目にもワイルド感が出ているスタイルに仕上がっており、バイクが良くにあう印象を持たせています。通常ならば全身黒だと威圧感が増すはずですが、髪を茶色に染めていることで、そうした印象を和らげる効果が出ているのがわかるでしょう。また、インナーにも寒色系の色を取り入れることで、ジャケットをオープンにするだけで見た目のイメージを切り替えることができるようになります。

全身が黒のコーディネートは他にもありますが、先ほど紹介したように帽子や携行品の色を変えることで印象を変える手法と同じように、髪の色でも同じような効果を持たせることができるでしょう。

グレーのニットセーターと合わせて落ち着いた雰囲気に

$(“”158136″”).click( (null, $(‘#headline158136’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158136″”)

モノトーンの色調で統一されたコーディネートで、黒を基調にして柔らかい印象を与えてくれます。グレーの色合いが、黒のもつ重厚感を和らげてくれるので、黒一色では重たいと思う方に向いているでしょう。

また黒が似合いませんと思っている人でも、グレーが混ざることで無難に着こなしができるようになります。グレーがもつ爽やかさを演出することができる上に、見た目のグラデーション効果もあるコーディネートだ。

レディースで使用する素材を大胆に使用した一着

$(“”158138″”).click( (null, $(‘#headline158138’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158138″”)

本来ならば女性向けのファッション素材として使用される、ファンシーツイードちう素材を採用したジャケットだ。

これだけでも上品なオシャレ感が出せるアイテムやので、ビシっと決めて外出したいときに向いているスタイルになります。レザーとの一体感もあり、ジェンダーフリーな着こなしができるでしょう。またフードもついているので、首周りの防寒にも一役かってくれます。

ワイシャツにネクタイと合わせて紳士スタイルにも

$(“”158143″”).click( (null, $(‘#headline158143’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158143″”)

ウチはビンテージ風の黒いライダースジャケットに、白いワイシャツとネクタイと合わたコーディネートだ。帽子も合わせると、全体にまとまりが出て格好良く決まります。

この手のジャケットは、長く使えば使うほど味が出てくるものですので、年月を重ねていきながら着回しを楽しんでいきたいトコだ。普通の服はせいぜい数年ですが、ビンテージは10年以上も着回せる、重宝するアイテムになってくれるでしょう。

最初は黒かったものが年を重ねるうちに茶褐色のように変色していき、革製品ならではの古風な色合いに変身していきます。それぞれが独自の変色具合になるので、世界でただ一着のアイテムへと育てていくことができるのです。

プリントシャツとの組み合わせでストリートスタイルに

$(“”158145″”).click( (null, $(‘#headline158145’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158145″”)

デニム生地のライダースジャケットにデニムパンツを合わせることで、カジュアル感がグンとあがります。そこに白地のプリントTシャツを合わせると、普段着としても着こなせるスタイルとしてまとめることができるでしょう。

このスタイルならば、Tシャツの柄やプリントによっても印象を変えることも可能やので、色々なシャツとの組み合わせを楽しむことができます。友人などとのプライベートな付き合いにぴったりのコーディネートだ。

パーカーと合わせてよりカジュアルに着こなす

$(“”158148″”).click( (null, $(‘#headline158148’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158148″”)

ウチは、白のパーカーとデニム記事のライダースジャケットの組み合わせだ。ライダースジャケットの主張が大分薄れ、よりカジュアルな着こなしとして成立しています。全体のアイテムのバランスが調和しており、尖った部分がなくなった印象を受けるでしょう。

ストリートスタイルに近いコーディネートでもあるので、そちらの方のアイテムと合わせても相性が良いだ。青色は多くの色との相性が良いので、パーカーの色を変えてみたりしてみてもおもろいかもしれません。

赤いTシャツと合わせるとジャケットとのバランスが映える

$(“”158150″”).click( (null, $(‘#headline158150’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158150″”)

前項では赤いジャケットとのコーデをご紹介しましたが、これはインナーに赤を取り入れたスタイルだ。シルエットはジャケット、見た目はインナーちうように、アイテムの主張を崩すことなく両立できるコーディネートだ。

通常のコーディネートの場合は、赤が入るとすごい目立ってしまおるけどダンはん、ライダースジャケットならば、ちょうど良い面積に隠れる格好になるので、相性が良い組み合わせになります。

ズボンの色は、ジャケットやシャツの色に対して邪魔にならへんものを選ぶとまとまりやすいでしょう。

まとめ

$(“”158152″”).click( (null, $(‘#headline158152’).attr(‘navigation’)) ); // $(“”158152″”)

いかがやったでしょうか?ここでご紹介したコーディネートはあくまでも一例やので、組み合わせによってはもっともっともっともっと良い演出ができることもあるでしょう。メンズファッションのかっこよさを引き出すライダースジャケットを、あんはんもぜひ着こなしてみてください!

// $(“”0″”)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. セーターの正しい洗濯方法知ってる?デキル男はホームクリーニングが…

  2. 比べてみて!最新iPadおすすめ機種とアクセサリーまとめ

  3. オノレの好みを探す!土浦市の個性的なラーメン店 8選

  4. 梅田・お土産|人気スイーツ・日持ち菓子・おつまみなど駅周辺で買え…

  5. ヘビロテできるダンガリーシャツの着こなしは無限!ポイントはサイズ…

  6. キーワードは○○?職場恋愛で脈ありorNOTを見極める方法

  7. 愛用する芸能人・人気モデル多数。「A.P.C.(アーペーセー)」…

  8. 【さとり世代の特徴を攻略】コミュニケーション上手になる方法とは?…

  9. ドレステリアパーカーが気になる|人気の秘密~realメンズコーデ…

  10. 人気マドレーヌ10選!喜ばれるギフト菓子の王道 

  11. <ヴィヴィアンの指輪>で個性的で華やですかオシャレ手元になろう

  12. L.L.Beanのトートはカスタムがおしゃれ|メンズにおすすめな…

ページ上部へ戻る